生理をととのえる うさぴこ飯

生理をととのえる うさぴこ飯

食べ物や生活が変われば、生理も変わる。長年の過長月経を3ヶ月でととのえた、うさぴこ飯を紹介するブログ

NEW !
テーマ:
朝食の味噌汁
 
生理をととのえるうさぴこ飯・朝
 
昨夜の残りの味噌汁
 
 
今朝はこれだけ。
昨日芋を食べすぎて、目覚めた後もお腹がまだ重いという(苦笑)
 
 
これもからだのサインです。
「あんた食べ過ぎだよ!」っていう。
 
これを無視していつも通り、普通の食事を摂ったとしましょう。
内臓は「あ、無視された」とご機嫌ななめになります。
 
 
 
 
「朝食は●●を!」
とか、
「必ず朝は食べましょう!」
とか、
わりとありがちなフレーズをよく見聞きしますが、
からだとの対話を抜きにして決めつけるのは、うさぴこ飯では行いません。
 
 
だっておかしいですよね。
からだの冷えやすい人が陰性の食べ物で熱を逃したり、
からだに熱がこもりやすい人が、肉魚をがっつり食べてサプリで補うとか。
 
 
人のからだはベースがあって、その時々コンディションが異なります。
それを感じながら調整していくのがうさぴこ飯です。
 
食べ過ぎた翌日や、元々深夜にがっつり食べる食生活を送らざるをえないのであれば、
朝は抜いたっていいし、軽めに済ましたっていいんです。
 
 
 
みんなそれぞれ違うのに、1つのやり方を鵜呑みにして
季節やからだの声を聴かずに続けてしまう。
 
最初の頃合っていたものが、だんだん合わなくなることだってあるんです。
 
 
情報を見る目と、からだとの対話力を養いましょう。
いや、わたしも修行中ですが。
 
地面の匂いをかいで調べるうさぴこ
 
 

西武新宿線下井草の女性のからだの悩みに寄り添うサロン

整体・ピラティスうさぴこ

 
NEW !
テーマ:
夕ごはんの画像
 
生理をととのえるうさぴこ飯・夜
 
ごはん(五分づき・雑穀入り)
小松菜の味噌汁
じゃがいもと春キャベツのホットサラダ(胡麻ドレッシング)
かぼちゃレモン煮
納豆
切り昆布の煮物
 
 
ホットサラダは蒸しています。
胡麻ドレはこちらのレシピを参考にしました。

https://cookpad.com/recipe/5332976

 

砂糖は入れずみりんと醤油を足しています。

いやー美味しい!

でもちょっと食べ過ぎた…

 
 
ちなみに夫と母には鰹のたたき
(水菜、大葉、春たまねぎ)
 

鰹のたたきの画像

いいないいな〜爆  笑

 

 

 

うさぴこ飯を始めた頃、今よりも厳しく動物性食品や砂糖、小麦を断っていました。

 

そのことをひどく母が心配して、果物やパン、肉や魚などを

ちょいちょいわたしの分まで買ってくるわけですよ。

 

そのときはまだ、術後で氣が足りていなかったし、

人がせっかく覚悟を決めたのに、

やたらとものを与えようとする母の言動に(本人にそのつもりはない)

イライラして腹が立つこともありました。

 

 

その頃いろいろな食事療法の本を読んでいたのですが、

図書館で見つけた本に、こんなことばがありました。

 

 

「家族と『2割以上違う食事』をしてはいけない」

 

 

別に家族の食事まで変えようとしたわけではないのですが、

わたしが肉や魚をほぼ食べない食卓に

母は違和感が強かったのだろうと思います。

 

自分たちと違う上に、子どもの頃からやせっぽっちのわたしが

肉や魚を食べないことが、心配でならなかったのでしょう。

 

 

夫は黙っていましたが、薄い味付けや根菜ばかりの食事は

いささか物足りなかったのだと思います。

たまにリクエストを聞くと「揚げ物」をセレクトしてきました(笑)

 

 

 

何がいいたいのかというと、

家族の反感を買うような食事は長続きしないというのが、

「2割以上違う食事をしてはいけない」理由です。

 

手間がかかりすぎるとか、

食べるものが大きく違いすぎるとか。

 

しかも病気ならいざ知らず、そうでない家族を巻き込んで

これまでの食事をガラッと変える(変えさせる)のは、容易なことではありません。

 

それに、本人が必要を感じて自主的にやらなければ、

食事療法なんて正直あまり意味がありません。

食事を変えずに治りたいという人は、素直に病院に行かせたほうがいい。

 

家族のことよりもまずは当事者である自分のことを優先して考えるべきです。

石を蹴りいじけるうさぴこ

 

 

ただ、理解してもらうことは大切です。

今、自分がこれこれこういう体調で、こうしたいから協力してほしい、と。

家族を敵にするのではなく、味方にしないと、長丁場は乗り切れません。

 

 

4ヶ月近く経った今、わたしが夜、動物性食品を食べないことは

自然になっています。

薄味や油ものの少ない食卓にも慣れてきているみたいです。

 

朝昼には基本解禁にしていますし、だから安心ということもあると思いますが、

家族が誘惑してくることはありません。

 

 

作るときに誘惑されそうにはなりますが(笑)

 

 

でも今、食事のことを考えたり作ることがすごく楽しいです。

 

手間ではあるし、面倒なときには簡単にすることもありますが、

出汁をとった味噌汁や煮物は美味しいし、

お米の配合を気分で変えることも、

レシピを見て工夫することも、

東洋医学と結びつけることも楽しいのです。

 

 

これで生理がととのうなんて本当にすごいこと。

手放したものもたくさんありますが、

手に入れたものもたくさんあります。

 

次の生理は来週アタマの予定。

今から楽しみです。

 

 

 

★生理をととのえる習慣(3)はこちらからどうぞ

 

西武新宿線下井草の女性のからだの悩みに寄り添うサロン

整体・ピラティスうさぴこ

 

 

テーマ:
 
生理をととのえるうさぴこ飯・朝
 
ごはん(五分づき・黒米入り)
豆腐とわかめの和風スープ
オムレツ
春玉ねぎのピクルス
かぼちゃのレモン煮
 
 
オムレツの具は冷凍保存していたもの。
卵を焼いた以外は全て残り物。
 
昨夜は気温が高くて布団から腕を出していたら、
いつの間にか体がひんやりしていて慌ててしまいました。
ふう、危ない危ない。
 
 
 
 
昨夜お米に初めて混ぜた黒米、スプーン1杯程度なのだけど、
色も食感も良かったです。
 
パンを食べていた頃は、惣菜パンやジャム、豊富な種類で飽きることがなかったので、
ごはん食にしたらつまらなくなるかなぁ、と思っていました。
 
でも、ごはんでも白米、玄米、分づき米、雑穀、黒米、小豆入りなど、
工夫しだいで味も食感もバリエーションを増やすことはできるんですよね。
あとお粥、雑炊、たまにはチャーハンだっていいし。
 
 
麺系ではビーフンとか春雨、玄米ヌードルをごくたまに食べます。
フォーはまだ食べていないな。
 
ラーメンは体が確実に心配がなくなってから口にしたいです。
パンにしろ甘い物にしろ大好きなので、
中途半端に口にすると決意が揺らぐから。
 
 
 
 
 

昨夜寝る前に見えた月。
ちょっとだけ霞がかかっています。
 
持っているパワーストーンを月光浴で浄化できました。満足。
 
 
 
 
 
昨日リンクに失敗していたので再掲載↓
★生理をととのえる習慣(3)をアップしました!(画像をクリック)
肝臓のゴールデンタイムを示すイラスト
 

西武新宿線下井草の女性のからだの悩みに寄り添うサロン

整体・ピラティスうさぴこ

 

テーマ:
豚肉とニラの味噌炒めのお昼ご飯
 
生理をととのえるうさぴこ飯・昼
 
ご飯(五分づき・玄米・白米・小豆入り)
とろろ昆布汁
豚肉とニラと舞茸のピリ辛味噌炒め
卵豆腐
 
 
味噌炒めはこちらを参考にしました。

https://cookpad.com/recipe/4882859

 

砂糖なし、みりんで代用。

舞茸をプラスしていますが、これめっちゃ美味しいです。

基本、味噌炒めが好きなのでしょうね。

 

 

 

朝書き損ねましたが、

寝起きは悪くないものの、首と肩のハリ感があり。

そのくせPC作業ばかりしているという…

 

 

お外いきたいけど風が強すぎて萎えます。

 

 

とはいうものの、東洋医学では、春は「風」の季節です。

 

万物を2つに分けるのが「陰陽」ですが、

さらに細かく5つに分けるのが五行。

「木・火・土・金・水」がそれです。

五行を示すイラスト

 

「木」の性質は

「草木が芽を出し、万物が生じる時期で、季節は春を象徴する」

とされています。

草木だけでなく、人間も活動的になる季節がこの春なのです。

 

春は肝臓、胆嚢が中心となって働きますが、「風」の影響を受けやすく、

弱ってくると目が充血したり爪がもろくなったり、筋肉に症状が出たりします。

 

あと、イライラしたり怒りんぼになったり、決断や実行ができなくなったり。

 

 

弱っているときには酸っぱいものをとるか、

相生関係にある「水」を助ける塩分を摂ると良いですね。

例えば梅干し。

 

そうだ、夜は梅干し食べよう。

 

でも逆に頭に熱がこもってのぼせやすいようなときには、

氣をおろして発散させてあげる必要があるので、

相克関係にある「金」を助ける辛味なんかを摂ると良いかもしれません。

 

辛味はネギ、生姜などの薬味、スパイスなんかもいいですね。

 

 

それぞれ「ばっかり」食べるのではなく、

自分のからだの状態を感じながらバランスよく食べましょう。

 

 

 

★生理をととのえる習慣(3)をアップしました!(画像をクリック)

肝臓と胆嚢のゴールデンタイムを示すイラスト

 

 

西武新宿線下井草の女性のからだの悩みに寄り添うサロン

整体・ピラティスうさぴこ


テーマ:
 

朝ごはんの画像

 

生理をととのえるうさぴこ飯・朝

 

ごはん(五分づき・玄米・白米・あずき入り)

あさりのお吸い物

れんこんのきんぴら

菜の花の胡麻和え

出汁こんぶの佃煮

 

全て残り物。

 

昨夜はおにぎり1個と味噌汁だけだったので、

今朝はお腹が減ってます。

あ〜美味しい。

 

 

今日は春分の日ですね。

天気は崩れる模様です。

夜には満月、見られるといいなあ。

 

長靴に入ったうさぴこの画像

 

 

 

西武新宿線下井草の女性のからだの悩みに寄り添うサロン

整体・ピラティスうさぴこ

 

Ameba人気のブログ