「CAn」서울→東京ストーリー

「CAn」서울→東京ストーリー

안녕하세요!

日韓の芸能活動や自分が感じたものを100エピソードの達成を目指して更新します。

Pray for the life.

 

2011年3月11日、日本では忘れられないことがありました。

関東大震災。

 

当時私は日本に住んでいなかったが、丁度The Whiteのライブツアーで東京に来ていました。

 

11日夜の便でソウルに帰る予定だったが、いきなり大きい揺れが始まり全ての交通手段が止まってしまいました。

 

何時間を歩いてホテルに着いたが、既に空港まで行ける方法がなくなっていました。

泊まっていたホテルは破損があり、安全のため宿泊の延長が出来なくなって新しいホテルを探していましたが、沢山の人が家に帰る手段がなくなって空いてるホテルは中々見つけられませんでした。

 

また何時間を探し回って、地震で施設が一部破損されてるがそれでも大丈夫ならという条件でようやく新しいいホテルに入れました。

当時日本側のコーディネーターは連絡が出来なくなっていて、少しでも日本語が出来る人は自分しかいなくてメンバーやスタッフの分までの責任があり本当に重い雰囲気が続いていました。

 

今だに当時ホテルの入口で電話に出ない親の安否で泣いていた人の声は覚えています。

当時は3月の春にもかかわらず、強風でかなり寒かったです。

 

ホテルでは次の朝まで眠れず、テレビでずっとニュースをみていました。

4時半ごろから大江戸線が動くとニュースをみてから、全員荷物を持って移動を始めました。

 

お土産など不要な荷物は全部捨ててホテルから一番近い大江戸線の駅まで徒歩で移動していました。

 

皆無言。

当時はまだスマートフォンの機能やアプリもあまり使えなかったのでとりあえず駅に着いて聞いてみるしかなかったですが、モノレールも動き始めようやく午後には羽田空港に着きました。

 

空港では見たことない光景が広がっていました。歩く隙間も少ないほど沢山の人が空港を埋めていました。

とりあえず航空券の再手配を求め、予約してから順番を待ってました。

 

実際に帰れたのは次の日の夕方の便でした。

無事ソウルに戻れましたが、初めて経験する災害にしばらくは不安定な状態が続きました。

 

その気持ちと、震災で苦しんでる方々に少しでも力になりたいと思い作った曲がHope

 

自分の思いは人の心を動かし、Ponycanyonさんから自ら制作したアルバム「Pray for the life」のメジャー発売が決まりました。

 

 

メジャーデビューにこだわっていたのはもっと沢山の方々に聞いてもらうためにはメジャーの拡散力が必要だったからです。

 

当時韓国は配信発売(デジタルシングル)という形が決まっていましたが、日本ではまだCDがメインだった時期でCDはインディーズだと全国発売が難しかったのでメジャーデビューにこだわっていました。

 

それからフジテレビ「モノマネ紅白」にも呼んで頂き、沢山方々に知ってもらうことが出来ました。

 

それで「Hope」を少しでも多くの方々に届けることが出来ました。

 

それから周りからは色んな心配事でとめる意見も多かったが、私は日本に在留しながら活動をすることを決め本日までたどり着きました。

 

 

 

13日の夜遅くから10年ぶりに東北、関東ではまた大きい地震がありました。

今回は福島、宮城では地震の被害は10年前より大きいと記事が出ていました。

 

東京もかなり揺れていて、10年前の揺れ方や当時の空気感と似ていると感じました。

10年間、ようやく復興されたものが一瞬で壊れることは本当に辛いことだと思います。

 

また10年前のように、地震の次の日には冷たい雨が降って現地の不安な方々を苦しめていました。

 

まだ福島の原発問題は10年前から解決されてないです。

10年をかけ復興していた町がまた一瞬で壊れ。

次々悲しむ方が増えていく。

 

特に今はコロナウィルスの影響で前のようにボランティア活動や避難なども難しい状況だと思います。

何より今回は津波がなく、10年前とは大分違う対応や速やかな判断で良かったと思いますが、これからもこれ以上被害がないように切実に願っています。

 

本当に生きて行くことは大変なことの連続だと思います。

混乱が次々現れ、私達の意思は折れそうにもなるが。

 

それでも負けずにお互いを助け合いながら前に向け進んでいたらきっと乗り越えられると信じています。

 

私は今自分が日本で来た目標を。

遅らせず叶えていくことが沢山の方々に一番の力になれると思います。

 

 

今出来ることをやって行きます。

希望は捨てない限り、近くにあると信じています。

 

————————————————

U CAn

 

アメブロのエッセイ→Movie Essayがスタート!

 

But without you.

 

2020年から続くコロナウィルスの影響で1年が過ぎた2021年も全世界的に移動が大変時になっています。

私達の生活は一変しました。


 

皆が集まって楽しく盛り上がるのはしばらく出来ない。

何より会いたい人に会えない。

 

それが同じ国にいても。

特に国が違ったら会えない時代になりました。

 

何の準備もなく今の時期を直面してる人がほとんどだと思いますが、人類の存続をかけた戦いの中で甘いことは言えない時期です。

 

 

その中、国際恋愛中のカップルのお話がよく耳にしています。

今地上波放送でもテーマにするくらいですが、特に日韓のカップルについての国際恋愛ストーリーは色々見ています。

 

日本と韓国、韓国と日本とは外国の中で特に近い距離にあります。

習慣や見た目も似ていて、特に韓流という言葉が使われ始めから沢山のカップルが生まれたと思います。

 

遠距離+国際恋愛で、月に何回も韓国に行ったり韓国から日本に来るカップルも増えていました。

でも1年以上お互いが会えなくなった今、大変悲しんでるカップルが沢山いると思います。

 

ではここで、会わなくても人の関係性って続くものか?

私が思うにはこれは続くものでもあり、続かないものでもあると思います。

 

まず続くための条件は

 

①お互いの関係性が成り立っている。

既に何度か会って、お互いに信頼性を持っていることが前提になるかと思います。

あるほどコミュニケーションをとられて、お互いについて理解しているくらいなら離れていても気持ちが続きやすいかと思います。

 

 

②連絡を定期的にとれる努力をしている。

よく日韓カップルで問題になっているのが連絡の頻度や度合いの問題ですが、早く又頻繁に連絡をとりたい韓国人と決まった時間もしくはゆるく連絡をとりたい日本人の習慣でトラブルが多いことをよくみています。

 

これは両方合わせて努力していかないと上手くいかないと思います。

どっちらが完全に合わせていくと負担になります。この特徴を意識して韓国の方は少しゆるく、日本の方はもっと頻繁に連絡をとれるように努力することが大事だと思います。

 

連絡の数だけが人の関係性を作る訳ではないが、「合わせていく過程」が大事でしょう。

たまに映像通話もよいかと思います。

 

 

③日本人、韓国人じゃなく人間対人間で!

よくみるのが日本人はこうだとか、韓国人はこうだとかの先入観を持ち過ぎてお互いに期待しすぎる場合があります。

あるほどの国柄や文化の特徴はあると思いますが、結局個人1人ずつの差が大きいので長く付き合いたいと思うならこんな先入観やネット知識は持たない方がよいと思います。

 

思ったことがあれば素直に相談したり、話し合うことが大事でしょう。

 

 

④自分が出来ることを考えて実行する。

相手が自分にやってほしいことばっかり求めて悩んで自滅することが一番よくないパターンだと思います。

相手のために自分が何が出来るかを思えるからこそ離れていても、しばらく会えなくても価値の高い関係になれるかと。

 

貴方から韓国語で書いて送った手紙一通や。

誕生日プレゼントが相手には大きい衝動につながるかもしれません。

貴方との未来を本気で考えるきっかけになるかもしれません。


今は熱く盛り上がる恋愛よりは暖かく包容力のある恋が必要な時期じゃないと思います。

今会えない人とも必ず会える日が来ると信じています。

 

その日のために今出来ることをやり続けることが一番懸命な選択じゃないかと思います。

 

言葉を、距離を、国を超えた想いは美しいでしょう。

ロミオとジュリエットのように、混乱のある愛はもっと美しいでしょう。

 

————————————————

U CAn

Song for tomorrow。

 

ちょうど去年の今頃でした。

イベントでお世話になってる社長から連絡があり、韓国からの新人ガールズグループのイベントのMCを頼まれました。

大体12月はかなり仕事詰めで活動していましたがクリスマス・イブでタイミングよく空いていて、すぐ受け入れました。

 

実は去年の今頃まではかなりMCの仕事が多く、あるほど自信をもっていました。笑

ですが、彼女達は日本で初イベントということでどうやったら記念すべき1回目の日本のイベントを盛り上げていくかのプレッシャーがありました。

 

2019年今頃MCで担当したいたPurplebeck(퍼플백)さん。

メンバー皆個性が強く、ステージでの熱量が凄かったと覚えています。

MCを担当すると、まずはそのグループについてかなり細かく調べますが。

自分のスタイルは

 

①韓国ネットをベースにしてメンバーの特徴や歴を調べ、最近の活動を調べます。

特にグループ名の由来や発売のきっかけなどを細かく調べてます。

また最近1年間の受賞歴や出演番組・イベントなどを主に確認します。

 

②メンバー1人つづの特徴を覚えます。

名前、身長、グループ内の担当、好きなもの、得意な分野などを細かく調べ覚えます。

特にアイドルは特技が多いし、メンバーの数が多いと覚えるのが大変な(?)時があります。

 

③進行表に基づき、当日の計画を立てる。

会場の構造による出演者が立つ位置、カメラのアングルから自分の立ち位置などを確認・調整します。

進行表がある時には当日打ち合わせしながら、色んな要望があるのでそれを調整して行きます。

 

④本人達の話しを聞く!

これは自分が必ずやってることですが、こちらで大分内容が変ったり短いインタビューにより他のMCとかなり違うスタイルになると思います。短くてもメンバーだけが知ってることや、本人達の願望を聞いてから作られる自然に進行するステージを作ることにしています。

なので笑いをとるなどは認識せず、出演者のエピソードからストーリーを作って観客を喜ばせることを大事にしています。

 

KPOPアーティストのMCが多いため、通訳さんがない場合は通訳をしながら進行することもあるのでたまに自分が何語で喋ってるか認識してない時があります。笑

 

MCの仕事をスタートしたのは、アーティストをやってるからこそ分かってることが多いからかもしれません。

本人達がステージで何をしたいか、また何をお届けすればいいかを確実に分かってるからだと思います。

 

また長年行っていた番組やライブを毎日行っていた進行能力を活かせることもあり、去年までは色んなアーティストのステージを担当していました。

今はMCの時は出演者達を知り、ステージでは一番の協力者になるスタンスを取ることを大事にしています。

 

早く今の状況がよくなりまたイベントで色んなアーティストさんと色んな形で会いたいですね。

担当していたグループが解散になったり活動中止などのニュースは悲しいですね。

 

またお会いできる日まで元気で活動を続けて欲しいです。

ちなみに、アーティスト写真だけをみて当日実物との差が大きく(?)混乱したアーティストもいました。笑

————————————————

U CAn

Song for tomorrow.

 

韓国は世界唯一の分担国家であり、南と北が違う理念で分かれています。

北朝鮮(북한)の兵力の数に合わせ、韓国(대한민국)も男性に関しては全国民を対象に義務軍人制になっていています。

 

満19歳になる男性は陸軍、海軍、空軍、海兵隊どちらかに入隊しなければなりません。

陸軍以外の各軍に入るためには試験があり、条件をみたせれば本人が希望する軍に入隊することが出来ます。

 

そこへ、芸能人も例外はありません。

昔は芸能兵士(연예병사)制度があり、一般兵士とは違う形で服務できたがある事件をきっかけでなくなり今は皆同じく一般入隊の形になりました。

 

ただ入隊への例外があります。

 

芸能関連ではオリンピックでメダルを取ったスポーツ選手、クラシック音楽では国際コンクールで受賞すれば入隊が免除される特例がありますが。

年齢により身体能力に敏感な点を考えたことだと思われます。

 

基準としては国のイメージアップに貢献したというのが主なポイントだが。

この考えはかなり古いと思います。

今は時代が変わり、クラシックだけではなくポップ音楽にも色んなチャート、コンテストがあります。

スポーツもEスポーツなど今までとはない新しい形のスポーツが生まれました。

 

「国のイメージアップ」なら、海外のフォロワーを沢山持ってるYouTuberやインフルエンザの方が影響があるかもしれません。

なので時代に合わせ免状の基準を見直す必要があると思います。

 

そこで今韓国での話題はBTS(방탄소년단)の軍隊免除の件です。

なぜなら今彼らは世界一公信力のあるアメリカのポップ音楽チャートBillboardでなんと1位を記録し、完全に新しい歴史を作ったからです。

 

BTSを通じ、世界各国に韓国のイメージアップ効果は想像以上凄く、UNの大使としてスピーチするなど世界的な活動をおこなっています。

国のイメージアップのところだけ考えれば、今までどんなスポーツ選手よりも、どんなクラシックコンクールでの受賞者よりも影響力を与えてると思います。

 

では彼らを免除するべきでは?

そこで疑問点です。

 

①そんなに大事な軍隊制度ならなぜ身体的な問題や生計に直接関連のある人以外に例外が作られたんでしょう?

 

②全国民が対象なら現在は女性の幹部や職業軍人がいる、また学生幹部(ROTC)がいるのに女性には兵士制は適応しない?

 

③軍隊へ行って来てからのメリットが少なすぎるでは?

 

現代は愛国心やイデオロギーにうったえる時代ではありません。

国家の存続と人間としての個人の幸福を平等に求められない制度は、問題があると思います。

 

ブログで書けるのはここまで。

 

時代が変わりました。

韓国の映画「パラサイト」(기생충)が韓国語でアカデミー賞を受賞、KPOPと言うジャンルが生まれBillboard 1位になる。

国のイメージアップの面だけ考えればBTSの軍隊免除にはなんの問題がありません。

 

ただ、それにより新しい「例外」ばっかり増え、結局国のために服務した人だけが損するおかしい社会になってしまいます。

 

解決方法は2つ:

①義務軍隊制度の破棄

職業軍人のみで軍制度を運営できるようにすること。すぐは難しいと思うが、これによりこれからが期待されるアーティスト、スポーツ選手などは悩まず活動出来ると思います。

 

②例外を完全破棄

男女関係なく、入隊もしくはそれに準する服務をすること。

イスラエルの場合は男女同じく軍に服務し、台湾では男性は軍隊へ、女性はその期間に税金を払う制度などがあります。

今、特に平等を大事にする韓国で男性だけ服務することもおかしいことで、軍もしくは機関などで服務することにより平等制が満たされると思い、これから誰も疑問を持たなくなると思います。

 

将来的には①に変わっていかなければならないと思います。

人生の20代で、自分のことを思い切り活躍できず2年以上の空白は大きい問題です。

特に人気に敏感な芸能関係のものには本当に残酷なことです。

 

BTSに関しては韓国では彼らが全員同じタイミングで入隊出来るように、延期出来る法案を作ってるという記事をみました。

今のところ、免除が全てではないと思います。

 

ヒョンビンさんは海兵隊を卒業してから、もっと優しく強い男になり「愛の不時着」を大ヒットさせました。

韓国男の悩みでもある入隊。

今思うと自分も行って良かったと思う点も多いが2度は無理ですね。笑

 

時代に合わせ、全般的な制度の作り直しが必要な時期かと思います。


————————————————

U CAn

Song for tomorrow.

 

11月になると、韓国では受験生に敏感な時期になります。

本来なら11月中旬ごろ入試がありますが2020年はコロナウィルスの影響で12月に延期され、12月3日に開催されました。

 

 

自分は入試から大分時間が経ってましたが当時のことは覚えていますいます。

 

韓国は人口も少なく、自然資源も少ない国です。

なので社会の雰囲気は何より「人材」を大事にしていると思います。

 

その社会雰囲気の中、学生の時に最初格差をつくのが大学かと思います。

まず、韓国ではソウル内か外により大学の差がつく雰囲気です。

 

いわゆる名門と呼ばれる大学の大多数がソウル市またその近くに集中しています。

なので全国の受験生まずははソウル市内の大学に進学しよう思うことが多く、目標してる学生は小学生からいい大学に入るための準備をすることが多いです。

 

学校ではもちろん、塾に通ったり余裕のある家庭では科目ずつプライベートレッスンを受けたり小学校から高校まで大学の学費以上の教育費を投資することが多いです。

 

親は大変ですね。。。。。

 

自分も今思うと、中学生くらいからは塾に通っていました。

高校生の時はプライベートで遊ぶ時間はあまりなく、高校3年の時は平均睡眠時間が3~4時間ほど学校、塾、図書館(自主室)が連続の1年をおくっていました。

 

もちろんこの過程は世界的にあまり差がないと思います。

いい大学入試を目指す学生は大体同じだと思いますが、韓国で日本を含め少し違う雰囲気は

 

①平均的に子供の教育へ熱意を持つ親が多い。

「教育=未来への投資」は間違ってないことだと思います。韓国では親の収入とくらべ子供の教育費に使う金額がかなり大きいです。

子供への愛だとも思われますが、子供の将来を考えいい大学に入らせるため努力する親が多く存在します。

もちろん子供への関心の度合いも多きいです。

 

②自然に街で専門塾が多くみえる。

当然、学校以外に沢山の塾があり町中でよく見かけます。

またプライベートレッスンを専門的に紹介する会社や受けてる学生も多いです。

学校以外のところでもどれくらい勉強できるかにより、入学出来る大学が変わると思います。

 

③半分強制で勉強する学生も少なくない。

自分からではなく、親や周りの雰囲気により大学に入るように勉強する場合もあると思います。

なので部活やしたいことより10代はほぼ学校でいい成績をとるための頑張ることが多いです。

 

 

今自分が思うと、全部悪いことではないと思います。

「いい人材」になるため競争が激しい韓国では最初に一番の「人材の地表」になる大学に入るため勉強を頑張るのは自分の選択範囲を広げるいいことだと思います。

 

また10代の時に勉強の仕方を身につけることにより、今後自分が勉強したい分野でも勉強出来る力になれると思います。

 

ですが、競争についていけない学生や努力にくらべいい結果が出ない学生はどうなるんでしょう?

また勉強に興味のない学生が無理して大学受験を目指すことはどうなんでしょう?

 

成績へのプレッシャー。

目指していた大学に入れなかった挫折感。

大学を比べられた敗北感。

など。

 

韓国はどの国よりも学生が平均的にうけるストレスが多いかもしれません。

でもそれが全てのことに対して「頑張る」韓国人を作ってるもとかもしれません。

 

残念だと思うのは、学校の勉強以外にも才能のある学生は早くからその才能を磨ける機会がもっと増えればということですね。

最近は企業の新入社員の選択基準で必ず有名な大学ではなくても他の経歴、経験を参考にすることろも増えていて、色んな能力を大事にしようとする社会雰囲気になっています。

 

競争は大事なことですが、色んな才能を持ってる学生が色んな分野で自分の能力を発揮できる社会へもっと進化していけばいいと思います。

いい大学に入ることが全てでもなく、色んな可能性を大事にするべきかと。

 

今年は大変な時期に入試を受けた日本、韓国受験生の皆さん。

本当にお疲れ様でした。

 

本日のニュースではまた悲しいニュースが止まらないですね。

入試で極端な選択をする学生がないことを心からお祈りします。

 

 

————————————————

U CAn

Song for tomorrow.

 

韓国で活動を始めた頃はアーティスト活動以外には興味がなかったです。

もともと姉が俳優として活動をやってたし韓国で活動していたごろは俳優としての誘いは多かったですが、当時はシンガーソングライターで認めてもらうのに必死で断っていましたが。

 

時間が経ち、日本での活動の中に視野が広くなりました。

結局、2014年には歌と演技は差がありながらほぼ同じことだというのに気づき、これからは芝居をやっていこうと決めました。

まずは日本語での芝居経験がなかったため、スパルタ式で教えてくれるところでレッスンを受け始めました。

 

また監督のワークショップにも参加し日本での芝居経験を増やしてる中、2014年に公募で出演者を募集していた映画「忘れ雪」を

見つけました。

 

このオーディションには自らすぐ応募しました。

結果書類審査を通過し、3次面接まで。

 

沢山の応募者がいたようだったが、3次では応募者がグループでオーディションに参加される形でした。

緊張してたが何とか、オーディションが終わり個別に質問の時間になり最終オーディションが終了しました。

 

大分時間が経ったが、忘れるくらいの頃に一通の電話がありました。

オーディションの合格の電話!

 

これで日本映画でデビューが出来ると思い本当に嬉しかったです。

日程やどんな役かなど説明を聞き、次は現場に行きました。

 

港でのシーンだったが冬なのでかなり寒い中。

台本を期待していたが現場ついてたからは台本がないと言われ、「え?!」。

 

当時一緒にグループだった3人とも同じ反応。

俳優達から抗議がありました。

 

皆エキストラとかじゃなく俳優として来てたからです。

映画では台詞があるかどうかにより

「俳優」か「エキストラ」に分かれる上、出演料の事情も大分変る。

 

撮影現場ではよくあることだと後からは知りましたが、現場でその話を聞いた何人かは帰ってしまいました。

私も少し考えましたが、ここまで来て帰ってしまうのは時間の無駄だと思いました。

 

その分、1秒でも長く映ろう!と思い、アピールしました。(笑)

お陰で、当時求められていたヤクザの役には似合わない(?)かもしれないが監督に気に入り最初決まってた立ち位置を変えてもらい。

長く映ってもらいました。笑

 

今思うといい経験でした。

現場は監督、主演が韓国人だったため韓国語・日本語が両方飛び回ってて、いい雰囲気でした。

もともと日本で小説でベストセラーだった「忘れ雪」が韓国人監督・主演による日韓共同作品に参加が出来て何より嬉しかったです。

 

当日の撮影が終わり、途中で主演のチャンソン(찬성,2PM)さんと廊下で会いました。

韓国語で挨拶したら 「한국분이세요?」と嬉しくお話が出来ました。

韓国スタッフも多く、一緒に写真もとってもらい、

 

当時彼は殴られるシーンの後だったためこんな雰囲気。(笑)

 

仕事で、異国で同じ国の人に会うことはいつも楽しいことですね。

撮影にトラブルは少なくなかったんですが、いい経験でした。

 

2015年後半に上映が始まり、自分も劇場でみに行きました。

エンディングロールで自分の名前「ユー・ジソン」を見るまで。

 

日本での俳優としての最初の一歩。

自分の可能性を広げてくれたいいきっかけでした。

 

————————————————

U CAn

 

 

 

Song for tomorrow.

 

外国人が日本の文化に興味を持つきっかけは色々あると思います。

 

食文化ではまず「すし」は世界的に健康な日本食で知られています。

観光では東京、京都、沖縄など沢山のスポットを好きな外国人は大勢いると思います。

経済では2019年基準でGDP3位の経済大国、近代では変わらずずっと上位を維持しています。

 

文化では音楽の「オリコンチャート」は「Billboard Chart」に続く世界2位規模の公信力のあるチャートを持ち、日本のアニメは世界各地でファンが多いと思います。

 

その中でですが、日本の特別なコンテンツの中でアダルトビデオ、いわゆるAVと呼ばれる文化があります。

またグラビアと呼ばれる文化も日本独特のコンテンツだと思います。

 

 

 

 

この文化に関しては、好き嫌いがあったり「性の商品化」など敏感な目で見てる人もなくはないですが私は日本のいい文化だと思います。

 

韓国は「朝鮮時代」(조선시대)から性には厳しい文化でした。

남녀칠세부동석」(男女七歳不同席)という言葉あります。

男女は7才になれば近くしてはいけないことです。

男女構わず露出は勿論、旦那が亡くなっても奥さんは再婚が出来ないなど「性」に関しては現代まで厳しい文化でした。

 

その影響で全てのコンテンツに国からの審査が入り、性的な表現が基準に合わない場合公開が出来なくなったりすることが普通にありました。

現在は大分変ったところもありますが、今でもその姿勢に関してはあまり差がありません。

 

1>現在も韓国ではアダルト文化がほぼありません。

少しずつグラビアやAVのようなものも出ていますが、まだ文化と言えるくらいの質ではないと思いますがこれからも当分厳しそうです。

私は「性」は「食」と同じく人間本来もってるもので、禁止するものではないと思います。

教育とモラルに基づき、発展させるものだと思いますが、日本ではその文化が上手く定着している気がします。

 

 

2>韓国ではその影響で、アイドルパフォーマンスで性的な表現が強くなっています。

現在のK Popではミュージックビデオの影響が大きいですが、ステージパフォーマンスやミュージックビデオでは過激な表現が多いと思います。これはJ Popとは逆の雰囲気で、映画や本などに表現されない分、音楽で表現されているんじゃないかと思います。

 

私達が興味を持つものは人間本能に基盤を持ってると思います。

それを直接に満たさず、「形」を作って表現するのが「芸」に認識されるんでしょう。

 

アーティストにより加工の度合いはあると思うが、それはみてる方々、社会が判断する役割だと思っています。

今では日本・韓国を合わせればほぼ完全体になるんじゃないかと。

 

お互い持ってないものを求めるのもいいことだと思います。

 

————————————————

U CAn

Song for tomorrow.

 

韓流という言葉が使われたのは2004年ごろ

冬のソナタから始まった韓国ブームは一時期落ち着いたとも言われた時期がありましたが2020年は第3次韓国ブームというくらい韓国文化全般が日本での生活で感じられるようになりました。

 

最近日本では自分的にはとても嬉しいことですが、性別・年齢関係なく、ドラマだけではなく食・衣など文化全般を楽しむ方が増えてると思います。

 

その中更に進化してるのはKPOP。

BTS(방탄소년단)がなんと世界最大の音楽チャートBillboard hot 100で1位になる時代になりました。

KPOPというカテゴリが進化される中、最近は新しい動きが始まっていました。

 

日本から韓国デビュー!

今までSMエンターテインメントのBOA→東方神起さんを始め韓国から日本へ沢山のアーティストがデビューし活動を広げていました。

でもある時期から日本から韓国でデビューをしたいアーティストも増えていて。

 

まずはプロデュースだけ韓国でして日本人メンバーで日本で活動するアーティスト「チェルシー」

AV女優として活動しながら韓国デビューを果たした「ハーニーポップコーン」(허니팝콘)

 

韓国大手事務所JYPが日本で放送でオーディションの過程を公開し日本人だけで結成された「NijiU」

まで色んな変化がありました。

 

2020年日本ではNijiUの人気が凄いですが、なぜここまで人気があるかを考えてみると

 

①人生をかけるオーディション過程

出演する演者が自分の全てをかけてオーディションに参加て争い、、泣いて笑って、挫折してる過程を視聴者が見るのは最高のエンターテインメントで説得力が高いと思います。 

 

②回数を重ね進化した韓国版オーディション番組

「Super Star K」を始め、日本でも大人気だった「Produce」番組シリーズまで、韓国ではリアルをもとめ沢山のオーディション番組が制作されていました。

特に審査員による毒舌評価は国内では問題もあったが、日本の番組では中々見れない雰囲気で視聴者に説得力を感じさせてくれたと思います。

また色んな番組により視聴者が参加出来る範囲が広くなり、「ファンが応援してる演者がデビューする」という新しい形のオーディション番組になっていました。

 

③自分がデビュー出来るかもしれない可能性を広がる。

KPOPの人気から急上昇してる話題「KPOPアイドルになりたい」と思う方が増えてる中、韓国へ行かなくても日本で韓国デビューが出来ることを番組でみて共感される方が大勢いると思います。

実際に韓国大手事務所のグローバルオーディションが日本でも開かれていましたが、番組を通じ0からの過程を視聴者に公開しながらデビューまで果たす結果をお届けするのは番組をみた方には最高のプレゼントだったと思います。

 

NijiUプロジェクトをきっかけに今後色んな形のK POPがでるかもしれません。

 

日本に活動するために来た私からすると新たな風だと感じていますが時代は変化があるもの。

 

 

 

 

日韓の文化が混ぜ合ってもっといいものが生まれるのは間違いないと思います。

————————————————

U CAn

 

 

Song for tomorrow.

 

日本活動の中、思いのある場所の一つでは東京タワーがあります。

ある音楽コンテストで受賞することいにより、1年間東京タワー展望台の「Club333」でライブを続けていました。

 

受賞したことも嬉しかったですが、憧れの東京タワーでライブをすることは当時はとても嬉しかった記憶があります。

今思うと大分昔の思いですが、当時はPRに必死でした。 

 

自分の出演時間は昼が多かったんですが、当時は観光に来ていた沢山の方々が目の前を通りすぎる感覚でライブになれるまで大分時間がかかりました。

「Club333」はステージが高くない上通路がステージの前になっている、また目の前が外が全部見えるカラスになっているのでライブハウスでのライブよりはストリートライブに近い感覚です。

 

ですが東京のイメージである東京タワーで自分の歌が流れることは本当に最高の気分でした。

展望台のビューは特別な感覚があり、ライブをする側も聞く側もとても素敵な時間になるんじゃないかと思います。

 

今思うと一番記憶に残るのは

 

①受賞発表ライブ涙の受賞式。

沢山のファンの方々が来てくれて、泣いたり喜んだりしてくれました。

ブランプリ受賞を期待されていましたが審査委員特別賞を受賞され残念なところはあったが、外国のアーティストが日本のコンテストで賞をいただくのは簡単ではないことを考えれば、当時応援してくれた方々の力だったかと思います。

 

 

②ライブ・番組を通じ、タレントとしての才能を磨ける時間を得られました。

当時までは1人で番組を行ったり、どんな状況でもライブを強行(?)する力が足りなかったと思います。

東京タワーでの経験でその後ネット放送のパーソナリティを行えるようにもなれ、当時仕事関連で出会えた方々とはまた今やってる仕事との新しいきっかけになりました。

 

③受賞をきっかけに日本で初のシングル発売。

当時事務所に頼っていましたが、受賞をきっかけに自ら全ての制作を行い、シングルアルバム「Sky dreamer」を発売しました。

 

大変な過程があったが日本で知り合った方々からの協力を頂き、無事発売が出来ました。

その経験や進行力により、2017年にはメジャー規模で「Song for you」の発売までつながりました。

 

 

本当に繰り返すと無駄な時間は無いかと思います。

経験したものはどんな形でも今後のことで繋がると信じています。

 

残念なことは当時応援してくれていたファンは大分会えなくなりました。

それもいい勉強になったと思います。

出会えた全ての方に感謝です。

 

2020年あまだ果てない旅の途中だと思います。

未来へ今のこの時期を考えると素敵な思いだったと思えればいいですね。

————————————————

U CAn