#ThisIsNotConsent: Protests In Ireland After Thong Underwear Cited In Rape Trial

https://www.npr.org/2018/11/16/668636051/-thisisnotconsent-protests-in-ireland-after-thong-underwear-cited-in-rape-trial

 

Protesters across Ireland took to the streets this week chanting and carrying thongs, after a 27-year-old man was acquitted of rape during a trial in which his lawyer cited the lacy underwear worn by his 17-year-old accuser.

"You have to look at the way she was dressed," defense attorney Elizabeth O'Connell said, according to the Irish Examiner. "She was wearing a thong with a lace front."

After deliberating for 90 minutes, the jurors – eight men and four women — unanimously found the man not guilty on Saturday.

The verdict incited outrage.

 

アイルランド各地でTバックをもって抗議行動を取る人たちがみられた。27歳の男がレイプの裁判で無罪判決を受けたのだが、その裁判では弁護士が告発者の17歳女性が身につけていたレースの下着を裁判の中で取り上げたからだ。

 

被告側の弁護士であるエリザベス・オコネルは「女性の身につけてみたものを見てみてください。前がレースになったのTバックを身に着けていたのです」。90分後、8人男性と4人の女性からなる裁判員は男性に無罪の判決を下した。この判決が怒りを招いた。

 

これに対して、#ThisIsNotConsent (これは合意ではない)というハッシュタグがSNSに現れ、さらにこのハッシュタグを掲げて抗議行動をとる動きがでている。

 

とのこと…ツイッターなんかを見てみると

 

・Tバック云々をいったのは被害者ではなく被害者の弁護士(女性)であること

・無題の判決を下したのは裁判員であること

 

が認識されてないケースがおおさそう。「レースの下着を履いていたからレイプが無罪」になったとか書いている人もがそれも明らかに嘘。

 

#ThisIsNotConsent (これは合意ではない)という抗議行動のポイントはステレオタイプ的なレイプ感を見直すべきということだと思うのだが、ツイッターで「#ThisIsNotConsent」を見てみるとむしろステレオタイプを上塗りするようなコメントがかなりあったりする。

 

ステレオタイプ的な「レイプ」に対する考え方がレイプ被害者を苦しめているというのは↓の記事にもあった。

 

レイプ被害者の多くはなぜ被害にあったことを認めないのか?

https://ameblo.jp/typee/entry-12417250190.html

 

 

Sainsbury's launches £1.50 edible insect range in UK supermarket first

https://news.sky.com/story/sainsburys-launches-150-edible-insect-range-in-uk-supermarket-first-11556476

 

Sainsbury's has become the first UK high street supermarket to stock edible insects.

Barbecue-flavour roasted crickets are being put on sale in 250 stores across the country from Sunday.

The Eat Grub's "smoky BBQ crunchy roasted crickets" are described as "crunchy in texture with a rich smoky flavour".

Packets of the insects will cost £1.50.

 

セインズベリーというイギリスのスーパーチェーンが、イギリスのスーパーで初めて食用昆虫を店頭においたという。

 

発売されるのは、Eat Grubのスモーキーバーベキュークランチーローステッドクリケッツ(smoky BBQ crunchy roasted crickets)で、サクサクとしてスモーキーな味わいのコオロギだそう。1パックで、1.5ポンド。

 

"We're on a mission to show the West that as well as having very strong sustainability and environmental credentials, they are also seriously tasty and shouldn't be overlooked as a great snack or recipe ingredient."

Sainsbury's and EatGrub say insects are more popular than might be expected, with a survey finding that 10% of Britons have tried them and more than half of those have enjoyed them.

 

Eat Grubの社長であるShami Radiaは、昆虫食はサステナビリティや環境に優しい点ということもさることながら、味も美味しくお菓子や料理の材料にもなるということを示したいのだといっているとのこと。セインズベリーとEat Grubによれば昆虫食はおもったよりも人気があり、イギリス人の10%は食べてみたことがあり、そのうち半数以上が良かったといっているとの調査があるそう。

 

 

System error: Japan cybersecurity minister admits he has never used a computer

https://www.theguardian.com/world/2018/nov/15/japan-cyber-security-ministernever-used-computer-yoshitaka-sakurada

 

A Japanese minister in charge of cybersecurity has provoked astonishment by admitting he has never used a computer in his professional life, and appearing confused by the concept of a USB drive.

Yoshitaka Sakurada, 68, is the deputy chief of the government’s cybersecurity strategy office and also the minister in charge of the Olympic and Paralympic Games that Tokyo will host in 2020.

In parliament on Wednesday however, he admitted he doesn’t use computers.


Tokyo medical school offers places to women after sexism scandal
 Read more
“Since the age of 25, I have instructed my employees and secretaries, so I don’t use computers myself,” he said in a response to an opposition question in a lower house session, local media reported.

He also appeared confused by the question when asked about whether USB drives were in use at Japanese nuclear facilities.

His comments were met with incredulity by opposition lawmakers.

 

システムエラーというヘッドラインはなかなかツボをついていていい。

 

 

 ゲームをそれほどやらない私としては一つのゲームのプレイ時間が1000時間とか2000時間とかいうだけで信じられないくらいなわけだが、ゲーム廃人ゲーム依存症などといわれるレベルとなるとそれどころじゃなかったりするらしい。

 

 いったいどれくらいまでやっている人がいるんだろうか?と調べていたところ、すごいのをみつけてしまった。

 

 Reiyaさんという方のドラクエXのプレイ時間3年超え。

 

 26280時間を超えているという…

 

 しかし世の中にはこれを上回る時間をゲームに費やしている人はそれなりにいるのではないかと思う。

 

下着に関する英単語をマックスさんが教えてくれます。

 

ブラジャーはふつう「ブラ」という。というのはいいとして、若い人の場合、英語のネイティブスピーカーでもブラがブラジャーの略だということすら知らないかも、だそう。

 

 

女性用の「パンティー」は国によって違うので面倒ということで、

 

アメリカ:Panties

イギリス:Knikers

オーストラリア:Briefs

 

 

こちら「Tバック」はG-string、もしくはthong。

 

ただしオーストラリアではビーチサンダルもthongと呼ぶので注意とのこと。

 

 

男性物の「トランクス」。

 

これはboxer shorts。

 

 

「ブリーフ」はbriefs。同じ。

 

 

「ボクサーパンツ」は、trunks。

 

 

これはlong johns。

 

トランクスがboxer shortsで、ボクサーパンツがturnksというのが逆になっていてややこしい。

 

This small lake outside Stockholm, Sweden, emits otherworldly sounds as Mårten Ajne skates over its precariously thin, black ice. “Wild ice skating,” or “Nordic skating,” is both an art and a science. A skater seeks out the thinnest, most pristine black ice possible—both for its smoothness, and for its high-pitched, laser-like sounds. 

 

スウェーデンはストックホルムにある小さな湖に張った薄氷の上をすべる音らしい。たしかに、ふしぎな音がする。

 

エレクトロニカっぽい。Dumb TypeとかAphex Twinとか。

 

 

Dumb Type - MEMORANDUM OR VOYAGE

 

 

 

To coin a phone: Russian fills tub with change to buy latest iPhone XS

https://www.msn.com/en-gb/news/offbeat/to-coin-a-phone-russian-fills-tub-with-change-to-buy-latest-iphone-xs/ar-BBPJH60

 

ロシアのブロガーSvyatoslav Kovalenkoという人がバスタブいっぱいの小銭でiPhone XSを買ったらしい。

 

ちゃんと受け付けてくれるところがすごい。お店のひとのコメントなど。

 

Lyudmila Semushina, public relations manager at the store, told Euronews: “I received a phone call from our store saying that some bloggers came and brought a bath filled with coins.

“I thought they were joking but they sent me a picture to prove it. But the bloggers didn't say who they were.

"They came with company and they had a camera. I think they just wanted to film how funny it was to have a bath full of coins," he said.
 

 

There’s a ‘peak time for cheating’ and it’s coming this Friday
https://metro.co.uk/2018/11/15/theres-a-peak-time-for-cheating-and-its-coming-this-friday-8141773/

 

イギリスでのある調査によればいちばん浮気する可能性がたかいのは金曜日の午後6時45分だそう。

 

可能性が高い順に、

1.金曜日

2.火曜日

3.木曜日

4.水曜日

5.月曜日

6.土曜日

7.日曜日

だったとのこと。

 

帰宅が遅くなった言い訳として使われがちなものとしては、

 

1.同僚と飲んだ

2.ジムに行った

3.昔の友達にあった

4.交通機関が遅れた

5.買い物

 

だったとのこと。

 

イギリスでの調査とは言え、日本でも似たような結果になりそう。

 

金曜日の午後といえば、宇多田ヒカルのtravelingを思い出す。歌詞的にもぴったり。

 

 

Der Mann, der 32 Sprachen fließend spricht

https://www.welt.de/politik/ausland/article131957711/Der-Mann-der-32-Sprachen-fliessend-spricht.html

 

ギリシア人で欧州委員会に翻訳者として務めるIoannis Ikonomouは32の言語を流暢に話す。

 

Mit fünf Jahren lernte er Englisch, mit sieben Deutsch („Frau Rosi, eine Deutsche auf Kreta, hat es mir beigebracht“), mit knapp zehn Jahren Italienisch („Ein Schulkamerad fing damit an, ich wollte besser sein als er“), mit 13 Russisch („Ich liebte Dostojewski“), mit 14 das ostafrikanische Suaheli („Das war nur Spaß“) und mit 16 Türkisch. „Ich wollte keine Feinde haben, ich wollte mit ihnen sprechen.“ In Griechenland gab es damals keine türkischen Lehrbücher. „Meine Eltern fanden Frau Ayse, eine emigrierte Architektin aus Nordzypern. Sie war streng.“

 

5歳で英語を学び、7歳でドイツ語、10歳でイタリア語、13歳でロシア語、14歳でスワヒリ語、16歳でトルコ語を身にみにつけた。

 

Nach dem Türkischen lernte er Arabisch, wurde Sufist, ein Anhänger islamischer Mystik. „Die Regeln einer Sprache sind nur der Anfang für mich. Ich will alles verstehen, das Essen, die Musik, die Religion, die Traumata eines Volkes.“ Dann ein Quantensprung: Ikonomou war plötzlich fasziniert von Indien, er studierte Urdu, Hindi und Sanskrit. Er war 18 Jahre lang strenger Vegetarier und lebte nach hinduistischen Regeln.

 

„Aber meine Mutter wurde verrückt, sie sagte: ‚Schluss jetzt mit dieser indischen Musik. Und warum musst du mit den Fingern essen?‘ Meine Eltern haben mich immer unterstützt, aber zu viel war zu viel. Manchmal denke ich, dass sie glücklicher wären, wenn ich ganz normal wäre und griechischen Pop hörte.“ Aber trotzdem machte Ioannis weiter. „Irgendwann wurde mir dann klar: Du wirst nie ein echter Hindu.“ Heute glaubt Ikonomou an gar keinen Gott mehr, lässt sich Fleisch mit Messer und Gabel schmecken und trinkt gelegentlich Alkohol. „Wichtig ist, Gutes zu tun“, sagt er.

 

トルコ語を学習したあとはアラビア語を学び、その後は突然インドに興味をもった。言語は彼にとってはスタートに過ぎず、食、音楽、宗教などすべてを理解したいという気持ちがあり、インドに興味を持った彼はウルドゥー語、ヒンディー語、サンスクリットを学ぶだけではなく、厳格なベジタリアンになり更にはヒンドゥーの教義にしたがった生活を18年にわたっておくった。音楽もインドの音楽をきき、手で食事をしては母親を呆れさた。ある時、いかに真似をしてもほんとうの意味でのヒンドゥーにはなれないことに気づいて、ヒンドゥーとしての生活は止めたという。

 

„Chinesisch ist meine Lieblingssprache. Sie ist total anders, der Mount Everest für Europäer.“ In China war er schon ein paar Mal. Jedes Mal hat er mehr gelernt. Die Kosten trägt die Kommission. Meistens. In manchen Ländern, deren Sprache er spricht, war Ikonomou dagegen noch nie. In Äthiopien oder im Kongo zum Beispiel. „Ich habe einfach keine Zeit.“

Jetzt will er Albanisch lernen. Das Land ist seit wenigen Wochen EU-Beitrittskandidat. „Ich brauche immer einen Anreiz“, sagt er. Sein Ziel: In drei Monaten die Nachrichten des albanischen Rundfunks verstehen. Ein Vokabelheft braucht er nicht. Er benutzt elektronische Wörterbücher – und gräbt sich im Internet in die neue Sprache ein. „Ich konzentriere mich mehrere Monate nur auf Albanisch, lerne die Wörter, mache Querverbindungen, speichere sie und wende sie sofort an beim Chatten oder Zeitungslesen.“ Gibt es einen Begriff für seine Methode? „Totale Hingabe“, sagt er.

 

一番好きな言語は中国語だと語るIoannis Ikonomouさん。現在はアルバニア語に取り組んでいるそうで、3ヶ月後にアルバニア語のラジオを理解できるようになるのが目標だという。数ヶ月間はアルバニア語だけに集中するという。

 

言語学習の方法を問われると、「Totale Hingabe」と答えた。日本語にするなら「一意専心」ってとこでしょうか。