羽生結弦として・・・今シーズン最後の言葉 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
本日2本め
昨夜のフィギュアスケートTVでは、
世界選手権の直後、恐らくは、翌日か翌々日に収録した
結弦くんの、今シーズン振り返りインタが放送されました。

それがもう、切なくて・・・えーん

自分のプロトコルと、
ネイサンのそれをとを比較して、

結弦くんが、語るんです。








GOEの限界値の高さ・・・・

「例えば1回目の4回転トーループののGOEがこれが3.8なんですよ。プラス3.8点。

でこれに対してネイサン選手の1発目の4回転ルッツ。
これで4.76GOEが出てるんですよね。

今シーズンだからこそ出てくる点数差なのでかなり大きなということは感じました。」

GOEのルールが大きく変わった今シーズンに、そのプログラムを作るっていうのは割と全選手がなんか未知の世界に開拓していくような状態だったので、結構難しかったんですよね。」


たとえば、SPの3A。
入りと出のステップで試行錯誤を繰り返した。

最終的に結弦くんが選んだのは、
あまり加点が期待できないと、分かっていた、
着氷後、ツイヅルへと滑らかに繋いでいくパターン。

プログラムとしての美しさ、音楽との調和を重視した、
技術的にも、かなり高いレベルを必要とするものを選んだ。


ステップアウトと見なされないよう、
一旦は着氷時の力を流してから、
その流れを継いでツイヅルで移動していくさまは、
水面に浮かぶ花びらのように優雅で高貴、
まさにフィギュアスケートならではの美をいかんなく発揮した瞬間だった。


トランジションと言われている、ステップだったりとかターンだったりとか片足滑走時間、そういったものを、

どういう風に来シーズンのそのプログラムの中で上手く使っていくかっていうのは、

かなり今シーズン、考えさせられたんじゃないかなっていうふうにまずは思ってます。」


高さも幅も、流れも、無駄な力がないなと、
GOE5の条件を満たしているのに、
5を付けないジャッジがいる現実。

彼が、ツイヅルを選んだのは、
それができるのが羽生結弦だけであり、

それを選ぶのが、羽生結弦のプライドだったんだ・・・。


「僕の場合ほとんど同じ場所で跳ばない。

なんか全部ショート、フリー見た時に、

ほとんどが違う場所で違う起動で跳んだりとか、

音を変えたりタイミング若干ずらしたりだとか

そういう細かい作業をやってるんですよね。」



まあ、そこは僕のプライドですし、

やっぱり僕のスタイルだと思うし、そ

こにこだわらなくなってしまったら

やっぱり自分の良さもなくなって来つつあると思うので、

やっぱり、そこの自分のこだわりの良さを入れつつ

その上でやっぱりジャッジにも評価にも対応していけるようなプログラムを作るっていうのが

まあ今回今シーズン明白になったんじゃないかなっていうのは思います。」








来シーズンも、

ルール上定められた項目通りにジャッジするよりも

4回転、跳んで欲しいって思ってた選手にだったら、
跳んだらすげーって、5を付けちゃう!

って姿勢のジャッジとの戦いが、続くのだろうか。

だとすれば、
GOEの幅をプラマイ5にして、

完成度や難易度に応じて差を作り、

クワドを跳べただけで点が出るルールからの脱却を図ろうとしてた、

本来のルール変更の目的が、蔑ろにされてる点を、どう考えるのだろうか?ISUは。

それを突き付けてるんだよ、結弦くんは。



そして、日本スケ連は、どうするんだろな。

今シーズン、自分たちが「作った」訳でないスターを、

なんとか、優勝させまいとした結果、

自分たちが「作った」つもりのタレントまでが、

潰れてしまったのではないの?


スマートでビジネスライクに割り切りのできる、
賢く、身体能力も高い他国の選手に、全部持っていかれたね。

4Fよりも4Lzの方が、当日の調子が良かったから、構成を変えたって言ってたね。

プログラムの作品としてのこだわりよりも、
ただ単に、勝てるプログラムを臨機応変に繰り出してくる、
ハイパーなスケーターだよ。

舐めてたんじゃないかな。

舐められたのは、日本選手、日本スケ連、そしてISUだろな。


さて、今回のワールドを仕切っていたのは日本スケ連なんだろうけど、

リンクと会場温度の調整は、

誰が管理していたのかな?

日本には、こんなに凄いリンク技術者集団がいるのにね。
https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20181030_3314.html

彼らは、平昌五輪では、
温度が微妙に異なる、スピスケ系とフィギュアとのフレキシブルな温度管理も随時、やってたんだよ。
同じリンクで、どちらも最高の状態になるように、管理してたんだよ。

パティネレジャーさんを、今回は外したの?

それとも、何か特別な指示を出したの?

それとも、リンク管理ではなく、室温を異常に上げることで、氷の表面を溶かしたの?

21日は、結弦くんの演技の時、異常に暑かった。
異常な汗が、Jスポ解説で指摘された。
次の滑走のキスクラ、コーチも異常に暑がっていた。

そして、4Sは、エッジがいつものようには機能していなかったことを、岡崎氏が指摘した。




でも・・・
23日、私が観戦した日、
男子後半になり、会場の温度が上がってきたら、
速やかに冷房が入り、あっという間に、
それこそ、
驚くほど迅速に、客席までが、
コートが必要な温度になった。

なぜ、21日、リンク状態が順位に直結するような
男子最終Gの前に、もっと細かく言えば、
結弦くんが滑る前に、これができなかった?


リンク管理を、選手のために最上の状態にするために、できることは全てやろうって気概がなかったことは、23日男子FS中に繰り返された手作業でのリンク補修のやり方からみても、明らか。

なんでザンボ出さないんだって不審に感じたよ。


こういうところで、結弦くんは戦ってるんだ。

ボストンでは、
公式練習の時間をスケ連が誤って羽生陣営に伝えるという、
信じられないポカがあった。

ポカなの?

それとも、わざと?


ホテルのドアの鍵の件も、あまりにも不審。


怪我を抱えていて、
今だったら、ちょっとしたことで、調子を崩せるという時、

狙いすましたかのように、
さまざまな事件が起こる。



そういうことも、全てわかった上で、

圧倒的に勝つために、

羽生結弦はきっと、

再び、還ってくる。


(ていうかさ、今シーズンも、全て分かってたんだと、改めて思ったよ・・・)


でも、世界にもう、バレバレだ。



結弦くんは、プライドをかけて、
羽生結弦としての矜持と点数の獲得との両立を、
来季は成し遂げるはずだ。

そして、圧倒的に勝つ!!!!










マッシミリアーノさんだけじゃないよ。






ふう。。。最後に、

素敵なお写真で、癒されませう。





胸筋とくびれが、どんどん魅惑的になる件について・・・












ブログランキングの方にも、ぽちっと1票、
クリックしていただけると励みになります(*´ω`*)


最近の記事
BBマガジン~男が讃える、男の帰還~
スポルティーバ、Numberプラス、どっちも刺さる・・・(´;ω;`)・・・
レビューその2「Number PLUS 銀盤の不死鳥」
届いたよ(*^-^*) 勝ち飯ランチョンマットとか~きき湯Originさまボトル見つけた!
誹謗中傷家に対し、法的措置に入ったとご報告受けました
”リラックスデー【羽生結弦ブログ更新】”に・・・・
今日はJスポのFS、そして、佐藤駿くんが髙橋大輔選手の「演技力」を指導される番組も今夜

※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請の受付について



最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ