1000円以内!東京とんかつ食べ歩き

とんかつは安くなけりゃあ、とんかつじゃない!!
東京都内の旨くて千円以内で食べられるとんかつ屋の食べ歩きルポ。
名店といわれる店から、街角に埋もれた庶民派の店までくまなく食べ歩きます。
とんかつを愛するが故、時には容赦無く斬り捨てゴメン!VIVAとんかつ!


テーマ:

灯台もと暗し。

 

これまでも有楽町・銀座界隈のとんかつ屋は紹介してきたが、まさか有楽町駅前にあるこの店を見落としていたとは…。

 

それが、有楽町駅前にある交通会館地下の「あけぼの」だ。

 

有楽町駅前は「イトシア」として再開発され、おしゃれな店が集まっているが、この交通会館は昭和の雰囲気を保ち続けるちょっとクラシックなビル。都内のひとなら「パスポートをもらうところ」としてもおなじみ。

 

その地下一階の奥地にありました。

 

 

とんかつ屋さんらしい入口。店内はエル字型のカウンターで、10席くらい。

この手のカウンターはよくあるけど、特徴としては、目の前で揚げてくれる。よく天ぷら屋さんで目の前で揚げてくれるカウンター席みたいなものですね。意外とここまで目の前で揚げてくれるとんかつ屋さんは珍しかも。

 

さらによく見てみると…揚げ鍋が、なんと炊飯器の中の釜なのである。なるほど、厚手の鉄だし、一定の温度を保ちやすいのかもしれない。

 

店員さんはいたってフレンドリー。髭を蓄えた大将も気さくな感じの方でした。さて、さっそく「とんかつ定食 980円」を注文。

 

それがこちら。ちょっと厚手の衣で、すこし固めだけど、肉とのちょうどいいバランス。

キャベツもかなりの厚手ですが、歯ごたえがあっていいですね。

 

有楽町、それも駅前でこの価格でいただけるのは奇跡と言うしかありません。お買い物ついでに寄ってみては?

 

 

コストパフォーマンス  ★★★★☆
■味      ★★★★☆
■庶民度    ★★★★★
■豚数    85豚
■一言コメント 「サービス満点」
※とんかつ定食980円
◆ 場所:東京都千代田区有楽町2丁目10−1 東京交通会館

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初モノは日本の文化である。

 

初ガツオ、初詣、新茶、一番風呂など「その年や季節の初めてもの」「初めての体験」に価値があると、人々は感じている。

 

とんかつにも「初モノ文化」があるのをご存じだろうか?

 

それが「一番油(いちばんゆ)」である。

 

揚げ油を新調して、一番最初に揚げて提供されるとんかつのことである。

 

 

油が酸化したり、揚げかすもなく、まっさらな透明感ある黄金色の油のなかでシュワシュワ泡を出して、揚げられるとんかつ。

 

臭みもなく、余計な香りもつかず、とんかつ本来の味を楽しめる。

 

 

「一番油」にありつくには、簡単ではない。

 

まず、その店の揚げ油の更新時期を把握する必要がある。それとなく油をかえるタイミングを聞き出すのが難しい。

ただ、聞き出せないとしても、通常揚げ油は1~2週間程度つかうため、定休日開けがそれにあたる可能性が高い。オープンと同時に飛び込み、誰よりも早く注文するのだ! その努力を怠らない者に与えれれるのが、「一番油」の名誉なのである。

 

ぜひみなさんも「一番油」にチャレンジしてもらいたい。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

旗の台である。高級住宅街という印象があるが、駅前にそんな気配は無い。昔ながらの喫茶店、どこにでもあるチェーン系飲食店、金物屋、文具店…とりとめて特徴のない店が並ぶ。

 

その中にあるのが「食堂 まるやま」。一見何の変哲もない、街の食堂。中に入ってみると、昼間からビールや日本酒を飲みながらスポーツ新聞を読んでる初老や中年が3人ほど。平日にこんなところで飲んでられるのは羨ましい。「孤独のグルメ」にでてきそうな店だ。

 

 

定食メインの店ではあるが、酒のあてになるものも数品あるようだった。僕がとびこんだのは、表の看板にあった「ロースカツ定食 800円」の文字があったらからである。

 

 

さて、さっそくロースカツ定食を注文。カウンター式の店で厨房はまる見えである(いい方を変えればオープンキッチン)。冷凍トンカツでも揚げ始めたらどうしよう、と一瞬心配したが、一枚一枚ちゃんと下ごしらえして揚げている、ちゃんとしたお店でした。ごめんなさい。

 

さて、こちらがロースカツ定食。写真では分かりづらいが、ナポリタンもついてる、いわゆる食堂系とんかつスタイルである。

 

さて、まずは何も付けずに食べてみる…お、これはクリスピー系だ!

 

説明しよう!「クリスピー系」とは衣が堅く、サクサクではなく、ザクザクと噛みながら食べる衣のトンカツのことである!

 

長時間揚げすぎとか、サクサクじゃない、など否定的なことを言う人もいるが、私はこれもとんかつのひとつのスタイルだと思う。

 

特にこの手の「ダラダラとビールを飲みながら食べる食堂」にはぴったりである。なぜならば、時間をかけて食べるが故、ふつうのとんかつだと時間がたつと蒸れたり萎びてしまったりするが、クリスピー系なら時間がたっても衣がザクザクしていて美味しいのだ! ザクリッチ!

 

この日わたくしは仕事があっため酒は飲めなかったが、ちかぢか夜か週末にでも再訪してビールのみながらダラダラ食べようと思う。

 

 

コストパフォーマンス  ★★★★★
■味      ★★★☆☆
■庶民度    ★★★★★
■豚数    80豚
■一言コメント 「トン汁つきだよ!」
※ロースかつ定食800円
◆ 場所:東京都品川区旗の台2-7-8

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アンダーセン界隈(1000円以下のとんかつ界隈)で話題を呼んでいる、池袋に新規オープ予定の「とんかつは飲み物」。「カレーは飲み物」の系列だそうである。

 

そして、オープンは28日と発表された。

http://www.curry-life.co.jp/katsu_ikebukuro_detail.php

 

通常780円、890円のとんかつ定食が、28日より三日間限定で、なんと500円で提供されるそうである。

つまり、ほぼ同じ値段でいつもの倍近い量が食べられるのだ!これはいかざるを得ない。

 

そして、ホームページを見てて気になったのが、

 

・端麗とんかつ 790円

・濃厚とんかつ 890円

 

という表記。端麗?濃厚?ラーメンではよくみる表記だが、とんかつではお初である。

 

いったい何が違うのか。

 

真っ先に思い浮かぶのは、揚げ油だろう。端麗→植物系、濃厚→動物系という形で、それぞれ違う揚げ油なのか。ただし、それは素人考えだ。おそらく、揚げる職人の性格の話をしているんだろう、きっと。違うか。よくわかりません。

 

とにかく、28日のオープンが楽しみである。ストロー持参ではせ参じよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

衝撃な店がオープンするそうである。池袋にできる、その名も「とんかつは飲み物」である。

誤認をさけるためにお伝えするが、とんかつは飲み物ではない。万が一咀嚼せず嚥下した場合は非常に苦痛を伴うのでご注意いただきたい。

 

さて、本題であるが、「とんかつは飲み物」は、「カレーは飲み物」チェーンを経営する日本カレーライフ協会株式会社による、新業態のものようだ。

 

1000円以内のとんかつをサーブするという。

 

>「カレーと同じように、千円以下のとんかつ定食でお腹いっぱい食べて頂きたい」

http://j-town.net/tokyo/news/localnews/245831.html?p=all

 

 

7月20日以降にOpenとのことなので、近々偵察に行ってくる予定である。

読者からのタレコミもお待ちしている。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと衝撃。
 
部位ごとのとんかつの食べ比べだと!!
 
http://ameblo.jp/i-kitchen/entry-12247010581.html
 
 
ありそうで、その発想はなかった。
 
高田馬場の「ひなた」というトンカツ屋さん。
 
ちかぢか行ってこようと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋のCBC「花咲タイムズ」にとんかつマニアとして出演してきました。

 

http://hicbc.com/tv/hanasaka-times/

 

ハマカーンさんと、名古屋のとんかつを食べ歩く、グルメバラエティのコーナーです。

 

東京で放送されないのは残念ですが…(笑)

 

名古屋名物、味噌カツも堪能してましたよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに筆をとらざるを得ない。



僕にそう思わせた店を、新宿は曙橋に発見しました。



トンカツマニアであれば、すでにご存知かもしれない。




曙橋「とんかつ 山さき」である。
{DEABA433-6DB7-402D-BF14-602863B8F080}

{6D42AE5D-2F56-4649-89CE-90B3D6CCC77F}



いわゆる神田「いもや」、新橋「まるや」のような、ロース、ヒレ定食中心にしたストイック系とんかつ屋である。


この場所はたしか以前もチェーン系のとんかつ屋だった場所。

とんかつ屋の跡地に、とんかつ屋ができるというもの珍しい。

まずは落ち着いて、ロース定食を注文。700円ですよ。税込み。

{F2B2BD19-AF6C-476A-8965-BE5C4C9A60E1}



カウンターの中は、清潔な割烹着をきた職人が3人ほど、小気味よく調理。
店の規模にたして店員が多いのに、この価格なのがすごい。


本当においしいとんかつは出てくるのか不安だったが…


見事大正解。

おいしいという意味の大正解。


さて、出てきたのがこちら。みためはばっちりですね。衣も十分に茂ってます。

{12EAAFCD-806F-415F-AA72-307EF8307408}

{64FB54B9-5D60-45C9-9D37-214C8085CA64}

{8923E696-57C2-4E14-9136-C6F97144D883}



肉も柔らかい。かすかに脂身がサシでも入ってる。

サクサク・ジューシーです。

ソースもつけずに半分くらい食べてしまった。


なんでこんな曙橋みたいなヘンピな場所にあるんだろうか…(失礼!)



1000円以内東京とんかつたべあるき的に、2016年最大の発見をしてしまったかもしれない。


ブログは更新するよ!(笑)



コストパフォーマンス  ★★★★★
■味      ★★★★★
■庶民度    ★★★★☆
■豚数    95豚
■一言コメント 「ご飯は基本おおもり!」
※ロースかつ定食700円、ひれかつ定食900円、ロースかつ定食(大)900円
◆ 場所:東京都新宿区住吉町6-10 小松ビル 1F
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
7月19日に、FM TOKYO 「ON THE PLANET 」にとんかつマニアとして電話出演しました。


ラジオに生電話出演って初めてだったんですが…けっこう緊張するもんですね。


最近テレビ関係の問い合わせがものすごく多くなっていています。


「鎌田にとんかつが多い理由はなんでしょうか?」…っておれはトンカツウィキペディアか!(実話)


まぁ好きなものだし、ぜんぜんいいんですけどね。


お気軽にお問い合わせください。

僕はトンカツウィキペディアではないので(笑)、すべて答えられませんが、可能な限りお答えします。


これからもおいしいトンカツを紹介していきますよ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
テレビ東京のロケバラエティ「えびちゃんずー」に出演しました。
A.B.C-Zの方々と、芸人の河本さんと一緒に、都内のとんかつをめぐりました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/abchanzoo/lineup/150607.html


番組内で紹介したお店

①若松川田 とん加亭
②新宿   豚珍館
③新宿   卯作
④東十条  みのや


当然1000円以下、どれも甲乙つけ難いくらい美味しいとんかつ屋です。

初めてのTV出演だったのですが、河本さんが盛り上げてくれたので楽しくロケができました。
A.B.C-Zのみなさんもとても元気でイケメンだし、すっかるファンになりました(笑)

ご協力いただいた店舗の方、出演者、番組制作の皆さまに、深く御礼申し上げます。


なにかと高級とんかつばかりにスポットライトが当たりがちですが、高くて旨いのは当たり前であって、こうして安い値段で庶民の我々に提供してくれるとんかつ屋を今後も紹介していきたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。