林ともみの ともみ と ともに・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ $林ともみの ともみ と ともに・・・。     
にほんブログ村            RADIO SANQ      

 ↑             サンキューモーニング 

ランキングに参加しています。

読んだらポチッとお願いします

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ちびず瀬戸

ラジオサンキューFM84.5

福祉番組「ともみとともに」

 

ゲストは株式会社ちびずが運営する

多機能型重症心身障害児デイサービス

ちびず瀬戸の看護師 馬場恵実さん、

児童支援員 大脇唆枝さん。

ちびず尾張旭の管理者 文井利奈さん。

「ちびず」とは

①自分の子どもたちのように愛情を持って

 接するように。

②会社として、まだ誕生したばかりで小さいので、

 みんなに育ててもらえるように。

 

そんな2つの「子ども」という意味をもって

命名された。

 

そんなちびずの社長(所長)は

鍼灸・マッサージの資格があり、

もともと訪問で施術をしていた。

 

そこで重症心身障害児の

行き場がないという声を聞き、

医療行為が必要な子どもたちも

通える事業所を立ち上げることにしたとのこと。

 

会社を立ち上げて

この8月で4年目に入るそうだ。

 

最初は守山でスタートし、

尾張旭市に移転をし、

今年3月に瀬戸の事業所がスタートした。

どちらも看護師さんが

在籍しているので医療行為に対応している。

 

福祉がサービスになり、

障害がある未就学の子たちが通える

児童発達支援、

就学期の子どもたちが

放課後等に利用できる放課後等デーサービスが

劇的に増えている。

 

でも、医療行為を必要な方たちが

使える事業所は本当に少ない。

 

ちびず瀬戸は

児童発達支援と放課後等デイサービス。

 

ちびず尾張旭は、

それに加えて生活介護もある。

もちろん、医療行為を必要とする方も

通っている。

 

しかも、すごく嬉しいのは

特殊浴槽での入浴があり、

ストレッチャーで寝たまま入ることができる。

成長するにつれて身体が大きくなり

家での入浴介助も

大変になってくるので

入浴があるとありがたいという声も

本当によく聞く。

先日、瀬戸の事業所にお邪魔した。

笹飾り、てるてる坊主の飾りつけ、

外にはみんなで朝顔の種を蒔いた

プランターがあった。

季節ごとに楽しんでいる様子が伝わる。

楽しいレクレーションも

あるそうだ。

 

瀬戸の定員は1日5名。

登録の方たちが毎日通っているわけではないので、

まだ余裕があるとのこと。

 

見学・体験もお気軽にどうぞとのこと。

 

問い合わせ

ちびず瀬戸

電話 0561-56-4117

FAX 0561-56-4118

 

放送後に、

偶然こちらを利用しているお子さんの

お父さんに会った。

 

ちびずさんが大好きで、

帰りたくなくて涙するとのこと。

 

「本当に大好きみたいです」

 

その言葉がなんだか

全てを語っている気がしました。

 

元気な子どもたちは、

学校から帰るとお友だちと遊びに行く。

 

重い障害があっても、

家族以外、学校以外の

居場所も必要なのではないか。

ふとそう思った。

 

馬場さん、大脇さん、文井さんの

利用者さんのお話しをするときの

嬉しそうなまなざしが

とても印象的でした。

 

ホームページはこちら

↓ クリック

ちびず

 

本日の放送はこちらでも聴けます。

↓クリック

2019年6月24日「ともみとともに」

 

GO!ふくし 2019

今年も「GO!ふくしin the WEST」で

司会&ミニ講演をさせて頂きます。

 

7月6日(土)10:00~14:30

名古屋学院大学 名古屋キャンパス

たいほう(恵館)

 

入場無料 予約不要です。

 

運営は

港区・中川区・中村区・熱田区

障害者自立支援協議会です。

地域の福祉事業所が集まり、

ブース出展や内容紹介。

 

福祉サービスを利用している

先輩の話もあり、

特別支援学校のステージ企画もあります。

 

障害がある方やそのご家族、

福祉職に興味のある方、

ちょっと寄ってみようという方・・・。

 

スタンプラリーもあります。

(景品あり)

 

マイルポストでランチ、軽食もあります。

なくなり次第終了ですので、

お早目に。

 

今年も名古屋学院大学 学生ボランティア

ボラセンCWクラブ

メッセージ企画や

障害者アート作品、制作活動の成果展示も

あります。

ぜひぜひ、皆様、

遊びに来て下さいね。

 

問い合わせは

中川区障害者基幹相談支援センター

電話 052-354-4521

FAX 052-354-2201

 

FBページはこちら

↓ クリック

GO!ふくし

 

 

アニモ福祉会

 社会福祉法人アニモ福祉会

評議員をさせていただいています。

 

今日は評議員会でした。

 

久しぶりに議長の日でした。

 

何だかドキドキ。

終わったあとに

記念に写真を撮っちゃいました。

アニモ福祉会の

ホームページがリニューアルされて、

とても見やすくなりました。

 

ぜひぜひ、皆様ご覧ください。

↓クリック

アニモ福祉会

 

お部屋のドアに

あじさいが飾られていました。

素敵ですね。

 

 

 

 

父の日

 

先日の父の日の前日。

 

毎年のことだが、私の父は必ずこう言う。

 

「ともちゃん、父の日は何にもいらんよ。

欲しいものは、何にもないで

お金でいいよ

 

はっきりお金が欲しいとの催促。

 

想定内だったので

「いいよ。明日あげるね」と言うと

大喜びの父親。

 

そして、びっくりなことに孫に

(うちの息子)

「これで好きなものを買やあ」と

明日お金がもらえる安心感からか、

お小遣いとしてあげていた!

 

しかも、息子は

「いいよ、いいよ。おじいちゃんのお金がなくなるじゃん」と

一応、断わっている。

 

なのに父は

「じいちゃんは、お金もっとるでいいよ~」と

無理やり渡していた!

 

ということは

息子は知らないが

私のお金とも言える。

父の名誉のため黙っていたが・・・。

 

そして息子はお父さんにと(夫)

「フィリクションペン4色」ウッドを

父の日のプレゼントに渡していた!

 

ウッドの4色なんて、

ちょっと高い。

 

私も欲しいと思ったことがあるが、

もったいないと思って、

プラスティックのフィリクションを

使っている。

 

地味な父の日を忘れず(^^)

プレゼントを買っていたことにも

驚きだったが、

よくよく考えたら、これは私のお金とも言える。

 

夫は、もともとこのウッドの3色を使っていたようで、

4色のウッドに喜び、

3色のフィリクションウッドを

「使う?」と私にくれた。

 

「わあ~やった!」と

喜びながらも、

結局、自分で買ったようなものなのかな?と

ちょっと複雑な気持ちになった。。。

 

お金はまわすものだと言うけれど、

とりあえずこのフィリクションウッドを

大切に使おうと思ったのだった。。。

 

お芝居

息子が初めて関わったお芝居が、

無事に終了したようです。

 

劇団のツィッターで

息子の写真を発見。

 

大道具づくりを主にやっていたようです。

お芝居は総合芸術。

 

役者だけではなく、

大道具、小道具、衣装や音響。

 

いろいろな分野が一体となって

いい作品ができる。

 

だから魅力なんですよね。

いい経験ができたと思います。

 

息子の劇団の公演は

行けませんでしたが、

劇団OHANAの公演は観ました。

出演者のほとんどは重症心身障害者と

言われる方たち。

 

ほとんど車いすユーザーで、

呼吸器をつけている方もいる。

 

でも、素晴らしいグレードの高さ。

殺陣もあり、なかなかすごかった。

練習たくさんしたんだろうなあ。

 

本当にいいものを見せてもらいました。

 

子どもの頃は学校で発表会とかったけど、

舞台でスポットライトを浴びる機会は、

大人になるとほぼない。

 

皆さん、輝いていて、

ご家族の皆さんも本当に嬉しそうでした。

 

「無理でしょう」

「できっこない」

 

こんな風に決めつけていることって、

日々の中でもあるんですよね。

 

できるかどうかは、

まずは「やってみる」ことですね。

 

楽しいことを、

普通にやってみようって

思う気持ちって大切ですね。

 

私自身がもっともっと、

心のバリアをとっていかないと・・・と

感じました。

 

オハナカフェ365

本当に素敵な事業所です。

 

公演の様子は

オハナカフェ365のブログにて

Youtube にてアップされています。

↓ クリック

オハナカフェ五周年イベント オハナ劇団 「座頭市」

 

ありがとうございました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>