ライダースガイとジャーマネのブログ


 今後も進化し続ける


チームスガイレーシングジャパンを


どうぞよろしくお願いたします!!!!


       チームスガイレーシングジャパン




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ご連絡 鈴鹿8耐が中止決定



スガイです。


先週末、全日本ロードレースが開催されました。
しかし昨日、続いて大きなニュースの発表がありました。

 

皆様ご存じと思いますが、鈴鹿8耐の中止の決定です。
我々を含め、多くの関係者が活動の検討に迫られることと思います。
焦らず、落ち着いて進めていきたいと考えております。

以下は、関係者様に送った連絡文になります。



皆様、いつも大変お世話になっております。 急ぎ連絡です。

コロナ禍の影響が長引くため、10月末に開催を予定していた「鈴鹿8時間耐久レースが中止」と決定されました。

不透明な雰囲気もありましたが、我々としては開催されることを信じていたため、大変残念な決定となってしまいました。
皆様には、今後のレースの開催予定、チームスガイの活動予定を含めて、状況が進行次第に連絡させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。


チームスガイは今年の鈴鹿8耐に向け、昨年の鈴鹿8耐と4耐からオーストラリアのスタッフ、ライダーと活動を開始しておりました。
昨年12月に行われたマレーシア「セパン8時間耐久」に参戦したのも、今年の鈴鹿8耐に向けての活動の一環でした。
日本国内のスタッフと、今年参戦を予定のオーストラリアのスタッフ、ライダーとの活動であったのです。

今年の鈴鹿8耐は1年前から準備してきた、大事な参戦計画でした。

日本国内だけに留まらず、大きく活動の幅を広げられるチャンスとして捉えていたのです。

私は、非常に残念に感じております。
 

私の聞いたところ、この決定に至るまでの、主催者のおかれた状況や行動はとても大変なものであったそうです。
どうにかして開催すべく、先ずは本来の7月の開催予定を10月末に日程変更。
その後もコロナ禍の影響が長く、大きく、そのため海外チームのビザや移動の手配が難しいことから、各方面に主催者が掛け合い、開催可能になる手段を模索したそうです。
 

日本で行われる世界戦としては、MotoGPとF1は早々に中止が決定されておりました。
そのような中で、「どうにかして8耐を開催出来る方法はないか?鈴鹿8耐だけは開催したい」と、主催するモビリティランドとEWCユーロスポーツでは、手を尽くされたということでした。
 

現在置かれた状況は、何処を恨めしく思う事ではないと思います。
全く経験したことの無い、先の見えない状況と思います。
どう行動すべきか、最善が何かは分かりません。
我々はレース活動の本来の目的を見失わないよう、惑わされないよう、進めたいと思います。


先日、全日本ロードレースが開幕。 事前テストから、大変アクシデントの多いレースとなりました。
我々は「回避」という選択をさせていただきました。

そして、今回の鈴鹿8耐の中止決定を受け、まずは今シーズンの活動の見直しを図る必要があります。
少しお時間を頂き、計画を立て直して進めてまいります。

今後も、チームスガイの活動へのご理解とご協力を宜しくお願いします。
決定次第、連絡させていただきます。どうぞ宜しくお願いします。

チームスガイレーシングジャパン 須貝義行

 

ご連絡

スガイです。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

現在も日本中、世界中にコロナウイルスの大きな影響があると思います。

残念ながら、我々の活動にも大きな影響が出てしまいました。

 

お世話になっている皆様には大変申し訳ございませんが、

今週開幕する全日本ロードレースへの「一時的な参戦休止」を決断いたしました。

 

コロナ禍に関しては、沢山のご意見があると思います。

色々な考え方と行動があるでしょう。

 

どうするべきなのか?

その答えを出すのはとても難しいと感じましたが、

今後も活動を継続するために、今回の決断を行いました。

 

どうかご理解をいただけますよう、宜しくお願いします。

 

 

以下の文章は関係者様に送った連絡文になります。

 

 

 

皆様 いつも大変お世話になっております。

 

日本中で、コロナ禍の影響が大きく響く状況が長期間続いております。

残念ながら、我がチームの活動にも大変大きな影響が及んでしまっています。

 

その現状を踏まえ、チームとしては十分な対策が出来ないと判断しました。

 

大変申し訳ございませんが、今シーズンの全日本JSB1000クラスへの参戦に対し、一時活動を休止とさせていただきたく、連絡をいたします。

 

多くの関係者が努力されている中、このような決定は大変に申し訳なく思っております。

どうか我々の決定に対し、ご理解とご了承をいただきますよう宜しくお願いします。

 

 

この決定の大きな理由は、日本中でコロナの感染が再拡大している現状にあります。

 

コロナ禍に関しては様々なご意見があると思います。

感染対策や、症状についての判断も其々にあると思います。

 

しかし、実際の社会ではそういった意見や判断には関係無く、全く考慮もされず、単純にコロナに感染した事が凄く悪い事である、と捉える動きが大半になると考えます。

そして、感染者に対する社会的な認知や対応が、非常に悪意を持ったものになってしまうと考えます。

 

そういった事は地域差が大きいとは思います。

一部の方々の悪意が大きい、ということかもしれません。

 

しかし、残念ながら我がチームの関係者が実際に感染して周囲に漏れ伝わると、やはり、まるで社会に悪い影響を与える人間になったかのように判断されてしまう事態は十分に考えられると思います。

 

実際に感染してしまった場合、その者が接触した方々全員への検査や、関係した場所の営業停止等で、周囲の方々に大きな手間を掛けることにもなってしまいます。

 

我がチームの関係者は、レース以外にも日常の業務を抱えて生活しております。

そのような現状を踏まえると、もし、現時点でコロナに感染してしまった場合、日常生活や、特に社会的な繋がりに関しての悪影響が非常に大きく、耐えがたいものになってしまう可能性がとても高いと考えました。

 

そして、その悪影響が長く続き、特に経済面での悪影響が大きく及んでしまった場合に、我がチームがそのスタッフの日常生活までを保障することは出来ない、という判断に至りました。

 

我がチームの全日本における活動の目的や意義からすると、そう言ったリスクを背負った上での活動は難しいと考えました。

 

コロナ禍の影響でチームのスポンサーが減少したことも関係がございます。

更に、私自身がオーナーであり選手である訳ですが、シーズンの開幕に向けての練習やコンディション作りも十分行えなかったこともございます。

 

これら複数の要因が重なった現状から、参戦準備が整えられていないと判断しました。

 

誠に勝手ではございますが、今後もレース活動を継続し2021年へ向けての体制を整えるため、先ずは現時点での活動を控えて、今後の準備を進めさせていただきたいと考えております。

 

今シーズンは、10月末に予定されている鈴鹿8時間耐久に参戦すべく活動を進めさせていただきたいと思います。

 

 

また、この決定は現在の全日本ロードレース再開の動きを遮りたいものではありません。

今回のSUGOにおいて我がチームが行うイベントについては、最小限のスタッフと感染対策を施した運営で進行させていただきたいと考えています。

 

お世話になっている皆様に対しては大変に申し訳ない決定をさせていただくことになります。

どうか、この決定にご理解とご了承をいただけないでしょうか。

 

ご意見、ご指導等がございましたら是非お伝えください。

出来る限りの活動をさせていただきたいと考えております。

 

開幕直前の決定で大変申し訳ございません。

 

今後も我々とのお付き合いを、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

チームスガイレーシングジャパン

須貝義行

 

世界的な緊急事態となっています。

スガイです。

 

コロナウイルスによる緊急事態が続いていると感じています。

画像は12月に行われたセパン8耐での集合写真ですが、今はこの様に集合することは出来ない、いつ出来るかも分からないという状況です。
 

我々は全日本のエントラントであり、日頃のレース活動では、大変多くの方々にお世話になっております。


ありがとうございます。

 

その、お世話になっている方々に向けて、また、このブログをご覧になる、我々の活動を気にされている方々に対して、現在、何か伝えられる情報を持っていないことを申し訳ないと感じます。

 

様々な最終決定が、諸般の事情や調整により遅くなるのは仕方がないと思います。

しかし、もっと早くから、状況の認識や判断材料についての説明、判断する時期についての案内があっても良いと思っています。

年間エントリーしていても、知り得るのは一般的にネットに出回る情報と同じです。残念です。

 

現状での疑問の一つとして、

全日本を含め、続々と様々なイベントの中止や延期がなされる中、逆に「地方選」が開催されているのは、どういう考え方で判断されているのか?ということがあります。

 

これについてもきちんとした、多くの方に説明がつく発表が無いままに感じます。

サーキットを利用する方は不安が無いですか?

「何で全日本は延期で、地方選は開催なのか?」ということに。

 

来られるスタッフやスポンサーの方に、同じ質問を受けたら、きちんと答えられますか?

私は不安です、どう考えたらいいのか、どう説明したら良いのか・・・、ハッキリさせたいです。

 

更に、スポンサーの方に 「次のレースは無事に開催されるんでしょうか?」と聞かれた時、

その決定はまだだったとしても、その事を決定する理由や考え方、見通しくらいは説明したいものです。

 

「さあ、どうなんでしょうか?いつ決まるかも知らないんですよ」って答えるしかない現状は、お願いする立場として格好悪いです、

悲しいことであり、申し訳なく感じています。
逆の立場として考えて、どうなるか分からないものに協力できるのでしょうか?

ちなみに開催についての私の理解ですが、

政府・厚生労働省が、コロナウイルスの感染状況から感染範囲の抑制が必要であり、また、感染した場合には感染経路の特定が対策として求められる、ということから、
全国から不特定多数が集まるであろう「全国規模のイベントの延期や自粛」を求めている、
だから全日本開幕戦は延期されたのであろう、というものです。


それに対し、「地方選は全国規模ではない」との判断で、開催されている、

ということと思います。

 

コロナ対策の方法は多く出ていますが、こうした「考え方」って表されていないように感じます。

ちなみにSUGOのみが、その発表を掲載している厚生労働省のHPをリンクしています。

 

私としては、約ひと月前の 2月26日の政府発表で「全国規模イベントの延期や自粛」が求められていた時点で、エントラントに全国規模のイベントは開催できない可能性についての説明や案内があっても良いと考えます。

政府からのその指導に従い、全日本の開幕戦は延期になったのだと思うからです。

 

そして、その後の経過や、判断する要素には何が関係するとか、最終的な判断はいつになりそうだとか、そういった案内が随時あっても良いと思います。
1週間ごととか、10日間おきとか。

 

そうすると、皆が不安なく、この事態を冷静に過ごせると思います。

活動方針や予定も立てられると思います。

しかし、単に中止や延期の決定が伝えられるだけ、というのが現実です。

 

ようやくここ数日になって、全日本第2戦についてそろそろ発表されるかも、という情報はありましたが、実際にはここひと月の間、ほぼ放置に等しい状況であったと感じます。

 

こういうとき、何が重視されているかを感じます。

様々な事を検討しなくてはならず、きちんとした発表が出来ないのかもしれません。
その結果、放置も仕方ないことかもしれません。
しかし、単に不安な時を過ごすだけとなっていることを、私としてはとても残念に感じます。
お世話になっている皆様にも申し訳ないことと感じます。


まだまだ不測な事態が拡大中ではありますが、情報をしっかり把握し、出来るだけの対策を行って、落ち着くことを期待していきたいと思います。


とにかく、現状でエントラントの一人としてやれることは、粛々と準備を進めるしかありません。

このような事態ではありますが、我々も準備を進めたいと思います。


「全日本のことですが」と言って話をすると、

「開催されんの?」と返されるのはちょっと大変です(^_^;)


皆様、ご理解とご協力を! どうぞ宜しくお願いします!

 

それでは! ('◇')ゞ

 

愛知県新城市にある「モトサイクレット・サワダ」の浅倉聖矢氏。 昨年の全日本ではピットを共有して活

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

須貝 義行(@yoshiyuki.sugai)がシェアした投稿 -

昨日誕生日を迎えた、トシテックの佐藤俊之氏。通称トシちゃん。私との付き合いは、もはや35...

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>