前和光市長 松本たけひろ オフィシャルウェブサイト

前和光市長の松本武洋です。
和光市政での経験を活かして、地方創生や地方自治の研究や教育を通じて世の中のお役に立つべく、教員として地方の現場を歩いています。
市政の現場は離れましたが、和光市を全力応援しています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

新しい投資資本主義うんぬんより、L(ローカル)の経済圏の再編を

岸田さんの「新しい投資資本主義」は、どこが新しいのか何を何度読んでもわからないのだけれど、少なくともこれで日本経済が力強く成長することはまずない。

何より、投資しても、それが成果を生むかどうかはわからないのだから、それは完全なリスクマネーで、日本人の最も嫌がるところ。

正直なところ、日本経済が力強く成長するためには、冨山和彦氏が言うところの「Lの経済圏(ローカル経済圏)」の効率化しかないだろう。何しろ家電業界が壊滅した日本社会は内需型の社会もいいところで、いまさら国際競争力のある産業を作ろうとしてもそれは容易ではない。

一方で、地方部の経済の大半を占めるLの経済圏はまだまだ非効率。ここの効率化は急務なのである。そして、ここの効率化が確実に進むという見通しが立てば、日本経済は「買い」になる。

ところが、「Lの経済圏」は自民党が票田とする「Lの生活圏」でもあり、その効率化にはLの生活圏のある種の解体を伴う再編を含むLの経済圏の再編・効率化なくしては実現はできない。

今まで党として手を尽くして護送船団方式で延命させてきた非効率的な事業者に撤退していただき、業務を効率化(効率的に経営できる事業者に事業は集約)し、撤退した事業者の労働力は再教育などを経て人手不足の産業に充当する。

これができれば、確かに日本経済は再生するが、Lの生活圏と完全に一体化している自民党の集票システムは徹底的に解体される。

冨山さんもD.アトキンソンさんも自民党の集票システムまでは気にせずに論を立てるから、少なくとも自民党の現場の議員や秘書は支持しないし、だからこそ決してLの経済の立て直しはほとんどの地域では進まない。

まあ、これまでのやり方を見るに、岸田さんにはLの経済圏(そしてLの生活圏)の再編は無理だろう。この実現のためには「聞きすぎ」は必ずしも金ならず、なのだから。

また、世間の人々が自民党の行動を変えさせるか、あるいは野党に勝たせるかして、Lの経済圏の再編までこぎつけるには、投票者がこの構造をある程度理解し、それがマインドの変化にまで結びつかないと日本社会は動かない。そんなこんなで失われた20年は失われた30年をうかがう展開になりつつある。

このままでは日本社会が人手不足で死ぬ、ということにもなりかねない。

中国地方にもマチュピチュあり!?

東洋のマチュピチュは竹田城。では、中国地方のマチュピチュはというと、山県郡安芸太田町の井仁の棚田である、という説が。行ってみたところ、ちょうど田植えの真っ盛りでした。
珍しく石積みの棚田には、水を行き渡らせるための工夫と命の気配がいっぱい。寒いと思って調べたら、なんと海抜450m~550mもあるんですね。そしてここは、太田川の源流地域に当たります。324枚もの水田があるとのことですが、棚田百選に選ばれたここでさえ、一部は花畑になっており、棚田を残すことの大変さを痛感させられます。
経済効率を超えて生き残る棚田の姿からは、地域の方々の大変な努力を感じます。
ちなみに、棚田交流館は休校(昭和50年)になってしまった井仁小学校跡でした。休校時、児童数は3人になっていたそうです。

















連休前半は恐羅漢山(おそらかんざん)へ

GW前半は、以前からの課題だった中国地方の名山、恐羅漢山(おそらかんざん)を踏破。「北斗の拳」っぽい山名の山ですが、その由来はというと、修験者(羅漢)も遭難を恐れるほど深い山である、とかアイヌ語のオソルラカンとか、諸説あるもののよくわかりません。
山自体は一見、中国山地らしい穏やかな山容ですが、周囲には深い渓谷が刻まれています。稜線には豪雪地帯らしい瑞々しいブナ林が広がります。
麓のスキー場は八重桜が満開で、たくさんのキャンパーがいました。
ここは展望が良いのも特徴で、特に隣の旧羅漢山の上の岩場からの景色は最高です。もっとも、どの山に登っても見えている山は登ったことがある、もちろん、ひとめでわかる、という首都圏と違い、ほとんどが「はじめまして」の山なので、地図を見ながら一つひとつ確認しました。
例年、連休は丹沢表尾根と決めていたのですが、岩場の渋滞が通例で、それと比べるとガラガラの中国山地は密にならずに大変穏やかなひと時でした。
ただ、登り始めが11時近かったので、遠くの山が見えなかったのが残念。
今回登ったのはスキー場から恐羅漢山に直登し、旧羅漢山を往復、その後、夏焼峠へ周回するという一番ポピュラーなコースでした。スキー場沿いの急な登山道を一気に稜線まで登るのですが、高度差は大したことがないので、家族連れにもお勧めの山です。山慣れしている人ならド楽勝かと思います。

















ウサギたちの島でのひととき

少し前のことですが、ウサギの島で知られる大久野島に行ってきました。
世間的にはモフモフのウサギと戯れられる島、というイメージが強いのですが、先の大戦中は毒ガスの研究が行われた島でもあり、島には重苦しい雰囲気が漂います。
忠海港に車を置き、島へは船で渡ります。
瀬戸内の旅の代名詞はショートクルーズですが、この日はあいにくの天気でした。
島に着くと確かにそこはウサギだらけ。
観光客がペレット型の餌をウサギに与えています。
まず、小さな島内を散歩してみることに。
この日は残念ながら毒ガス資料館はお休みでしたので、とりあえずペレットを買い求めて給餌に参戦。
すると、ものすごい数のウサギが集まってきました。
ウサギは食いだめできない生き物なので、観光客が少ない悪天候の日には餌が少なくてウサギたちも必死らしいです。
野生と言いつつ、観光客の入りの都合に餌を左右されるウサギたち。
なかなか考えさせられますが、ウサギたちが餌を食べる様子は愛くるしいです。
また、キャベツを持ち込んでいる人がいましたが、実はここのウサギはアナウサギなので、その生態からするとキャベツはあまり良くないとのこと。実際、普段の食べ物は「草、樹皮、根」とのことで、それに成分を似せてあるペレットを与えるのが無難かな、と思います。
それから、けがをしたり、その跡があるウサギが結構多いのですが、カラスに襲われることが多いようです。
そして、カラスが目当てにしているのは人が持ち込んだ餌。そう考えると餌の問題というのは一筋縄ではいかないことが分かります。
いずれにしても、ひとときのウサギたちとの邂逅の後、再度船で島を出ましたが、癒しとともに、いろいろと考えさせられるひと時でした。

ちなみに、島内に宿泊すると夜のウサギの生態を観察できるとのこと。今度は泊まってみようと思います。













比治山陸軍墓地にて

比治山陸軍墓地を訪れました。
戦前、祖国防衛のために戦った陸軍の兵士たちが眠る墓地を、1941年、軍部は高射砲陣地を構築するため、忠魂碑一基を建て納骨堂に遺骨をまつり、墓地を取り壊す計画を立て、工事が行われました。しかし、原爆投下と敗戦で工事は途上で放置され、1945年9月の枕崎台風等により、墓石は谷間に押し流され、倒壊した納骨堂からは遺骨が散乱し、そのまま放置されるという惨状となりました。
米国は1947年にABCC(原爆傷害調査委員会)を海に近い宇品に設置し、原爆の人体に対する影響についての調査にとりかかったものの、災害による被害の恐れのない比治山陸軍墓地敷地への移転を強行しました。その際、壊された墓石、掘り出された遺骨は南側斜面の谷間に放置されました。また、米軍の指示によりこの点の報道は一切許されなかったといいます。
米国に忖度する日本政府も遺族の度重なる陳情を放置しました。情けないことです。
比治山陸軍墓地が現在の姿に整理されたのは、岩田日出子さんという方がボランティアで仲間たちとともに谷間に捨てられていた墓石や遺骨を拾い上げ、今の形に並べ直すという活動によるもの。現在3,533基の墓石が並べられていますが、1000基ほどは所在不明となっています。
ロシアによるウクライナ侵略を目の当たりにし、あらためて戦前の弱肉強食の国際社会で祖国防衛のために戦った方々への感謝の思いがつのります。
また、米軍は日本兵の墓石や遺骨を放り出し、放置する一方で、フランス兵やドイツ兵の墓には手を付けていない、という事実を目の当たりにして、あらためて当時の人種差別にふつふつと怒りがわいてくるのです。もちろん、ここに眠るフランス兵、ドイツ兵には何の責任もありませんが、その墓地の対照的な状況が残念です。
比治山陸軍墓地は今なお国有墓地とは認められず、公園扱いとなっているのも非常に失礼な話です。
瀬戸内海や江田島、宮島が目の前に広がる絶景のベンチもあります。広島旅行の際に、ぜひとも足を運んでいただければと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>