こんにちは☀️

 

 

 

 

 

「『幸せなピアノ教室』から1000のラブレター」489通め💌

 

 

 

 

 

連日、目が回りそうなスケジュール@0@;

 

 

 

そんな中、こども園さんでステキなイベントをさせていただきました。イエ〜イ!!

 

 

 

 

 

自然の中にあるもの、たとえば、どんぐりとか木の葉とか枝とか。

それらを打楽器やピアノで表現しようビックリマークっていう、超クリエイティブなイベント✌️

 

 

 

(そんなこと、ホンマに、できるんかい!?

 

 

 

・・・などという大人たちの心配をよそに子どもたち、楽器へ殺到ビックリマーク

次から次へと、音に変えていくではないかビックリマークウインク

 

 

 

 

おぬし、なかなかやるのうビックリマーク(笑)爆  笑

 

 

 

 

 

 

さて今日は、

 

 

 

 

 

楽しさ?厳しさ?いや、メリハリだよビックリマーク

 

 

 

 

「レッスンを厳しくするか、楽しくするかで迷ってるんです。

厳しくすれば萎縮するし、楽しくすればはしゃいで、収拾つかなくなりますアセアセ

 

先生のお教室は楽しそうですが、収拾つかなくなりませんか?!」

 

 

 

 

ハハハ!!

 

 

 

最初はメチャクチャだったよ(笑)爆  笑

 

 

 

 

で、厳しくしようか、楽しくしようか迷った時期もあったんだ。

でも、あるとき気づいた。

 

 

 

 

メリハリが必要なんじゃないか、ってニコニコ

 

 

 

 

たとえば、ピアノを弾かずに遊んでる子がいるとする。

ピアノ弾きなさい!って言っても「やだよ〜」の一点張り。

 

 

 

 

そんなときどうする?

僕は最初、「厳しくしなきゃ!」って無理やり弾かせようとしていたんだ。

 

 

 

ところが、その時は弾くんだけど、だんだんピアノ熱が冷めてっちゃって、やめていく生徒さん続出アセアセ

 

 

 

こりゃあ、なんとかしなきゃ、って思ってあるときから、放っておくことにしたんだ。

つまり、遊んでいる子を、飽きるまで遊ばせる、ってね。

 

 

 

 

そうしたら、あることに気づいた。

子どもって、飽きるんだよ。どんなにオモロイ遊びでも(笑)爆  笑

 

 

 

 

で、飽きたあと、すごく集中してピアノを弾くことがわかった✌️

 

 

 

 

そのときから、めっちゃ楽しい音楽ゲームコーナーと、ガチ真剣勝負ピアノコーナーを分けることにした

 

 

 

 

これ、図星だったね。

面白いくらい生徒さん、ピアノに集中するんだ。

 

 

 

もちろん、ピアノ大好き少年少女は、最初っからピアノコーナーでOKだよ🎹

 

 

 

 

どっちにしても、「弛緩」と「集中」のメリハリが大切だ

 

 

 

 

弛緩が大きければ、そのあとの集中も大きくなる。

 

 

 

 

だから楽しさと厳しさは、ピアノが上手くなる両輪なんですよビックリマークウインク

 

 

 

 

 

★「子どもが主役!」ピアノ教室づくりのヒント(過去記事)

 

究極のレッスン=生徒さんが生徒さんを教える!

 

「最強のレッスンは、生徒さんが先生になること」

 

「生徒さんのゴールは、生徒さんが決める」

 

「今月の目標」を生徒さんが決めた結果・・・・

 

いい先生ほど、すごいレッスンを「しない」

 

生徒さんの「合格」は、生徒さんが決める!

 

レッスンは「ほったらかし」でOK!

 

生徒さん、即却下!先生のつまんない発想(涙)

 

これからのピアノ教室には「付加価値」が必要だ!

 

 

 

🌻僕が経営する「ひまわりピアノ教室・英語教室」のLINE@ 🌻  

「幸せな教室経営」を、リアルタイムで知りたい方はコチラをクリック‼️✌️

   ↓ ↓ ↓

 友だち追加

 

 

 

★僕が代表を務める、株式会社学びの庭ひまわり(ひまわりピアノ・英語教室)HPは→こちらです🌻

 

 

 

 

今日も読んでくれて本当にありがとうビックリマーク感謝いたします。

 

 

 

***************************************

🔴「幸せ」をテーマにした、新時代のピアノ教育が知りたいあなたへ🔴

 

【お知らせ】「レッスンのとき子どもがホッとする10の言葉」プレゼント🎁

  

下記のメルマガをご登録いただきますと、小冊子「レッスンのとき子どもがホッとする10の言葉」「子どもがみずから動き出す!ポジティブなしつけ言葉」をダウンロードいただけます。 (メルマガ、小冊子とも無料です)

 

①タイトル=「『選ばれる教室』になる!ワンランク上のピアノ教室塾」 ○内容=「電車を乗り継いででも行きたくなる」教室運営の方法、ピアノ講師の心がまえや時間術など ○毎週火曜日発行 ○ご購読お申し込み、お問い合わせは→こちらからどうぞ。

 

②タイトル=「『信頼される先生』になる!ワンランク上のピアノレッスン術」 ○内容=生徒さんが「自発的に」レッスンに臨めるようになる、ノウハウ集 ○毎週月曜日発行 ○ご購読お申し込み、お問い合わせは→こちらからどうぞ。