こんにちは☀️

 

 

 

 

 

「『幸せなピアノ教室』から1000のラブレター」487通め💌

 

 

 

 

 

連日、早朝から楽譜を書き書きしてま〜す✏️___♪

 

 

 

 

 

「発表会で弾きたい曲があるけど、ムズカシイから編曲して。お願い♡」

 

 

 

っていう、チビッコ諸君の願いを叶えるために、24時間闘ってるんですよ、先生は💪

 

 

 

 

 

おりゃあ〜〜〜っ!!🔥

 

 

 

 

 

・・・って発表会(1番大きいやつのこと)、来年の5月だよ。

ちょっと、早くね?(笑)😅

 

 

 

 

 

 

さて今日は、

 

 

 

 

発表会の講師演奏、最初?最後?どっちがいい?

 

 

 

_____というご質問を昨日、M先生より、LINE@からいただきました。

 

 

 

 

「先生がメルマガで書かれているように、生徒さん主体の発表会にしたいんです。

で、生徒さんからは『先生の演奏を聴きたい』という声が多いので、講師演奏をすることに決めました。

 

ただ、はじめは最後にしようと思っていた講師演奏ですが、生徒さん主体の発表会なので、大トリをつとめるのはどうか?と思ったんです。

 

なので最初にしようかな?とも思うんですが・・・先生はどう思われますか?!」

 

 

 

 

ああ、これ。悩ましいですよね〜〜😅

 

 

 

 

「やっぱり先生だからね、最後、締めなきゃビックリマーク」派と、

「生徒さんが主役だから、最初にひっそりと」派。

 

さらには「生徒さん主役だから、弾いちゃいけないのよ。上手すぎて、生徒さん霞んじゃうから」という自信満々派と、

「来年こそ、弾くわビックリマーク」という先延ばし派(笑)

 

 

 

 

さまざまな議論が飛び交う「発表会講師演奏のタイミング」です🎹

 

 

 

 

 

で、どーすればいいの?ってことですが、僕の意見は決まっています。

 

 

 

 

「生徒さんが決めればいい」

 

 

 

です。

 

 

 

生徒さんが主体なんだから、プログラムも生徒さんが考えれば良いです。

よっぽど無理があれば、そこは先生がアドバイスすればいい🤞

 

 

 

 

 

ただこれは、あくまでも「生徒さん主体の発表会」の場合ですよ。

 

 

「やっぱり先生が決めるべき」という方もいらっしゃるでしょう。

教室の方針はイロイロでしょうから。

 

 

 

 

でも、生徒さんがイキイキしてる教室にしたいビックリマーク✨という先生方。

 

 

 

 

その第一歩を、発表会で試してみるのもいいと思いますよウインク

 

 

 

 

★「子どもが主役!」ピアノ教室づくりのヒント(過去記事)

 

究極のレッスン=生徒さんが生徒さんを教える!

 

「最強のレッスンは、生徒さんが先生になること」

 

「生徒さんのゴールは、生徒さんが決める」

 

「今月の目標」を生徒さんが決めた結果・・・・

 

いい先生ほど、すごいレッスンを「しない」

 

生徒さんの「合格」は、生徒さんが決める!

 

レッスンは「ほったらかし」でOK!

 

生徒さん、即却下!先生のつまんない発想(涙)

 

これからのピアノ教室には「付加価値」が必要だ!

 

 

 

🌻僕が経営する「ひまわりピアノ教室・英語教室」のLINE@ 🌻  

「幸せな教室経営」を、リアルタイムで知りたい方はコチラをクリック‼️✌️

   ↓ ↓ ↓

 友だち追加

 

 

 

★僕が代表を務める、株式会社学びの庭ひまわり(ひまわりピアノ・英語教室)HPは→こちらです🌻

 

 

 

 

今日も読んでくれて本当にありがとうビックリマーク感謝いたします。

 

 

 

***************************************

🔴「幸せ」をテーマにした、新時代のピアノ教育が知りたいあなたへ🔴

 

【お知らせ】「レッスンのとき子どもがホッとする10の言葉」プレゼント🎁

  

下記のメルマガをご登録いただきますと、小冊子「レッスンのとき子どもがホッとする10の言葉」「子どもがみずから動き出す!ポジティブなしつけ言葉」をダウンロードいただけます。 (メルマガ、小冊子とも無料です)

 

①タイトル=「『選ばれる教室』になる!ワンランク上のピアノ教室塾」 ○内容=「電車を乗り継いででも行きたくなる」教室運営の方法、ピアノ講師の心がまえや時間術など ○毎週火曜日発行 ○ご購読お申し込み、お問い合わせは→こちらからどうぞ。

 

②タイトル=「『信頼される先生』になる!ワンランク上のピアノレッスン術」 ○内容=生徒さんが「自発的に」レッスンに臨めるようになる、ノウハウ集 ○毎週月曜日発行 ○ご購読お申し込み、お問い合わせは→こちらからどうぞ。