摂食障害・生き辛さからラクになりたい人が読むブログ~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 


■このブログは1つの記事が長い多いため、できるだけパソコンで読むことをお勧めしています。

■はじめての方は必ず読んでください
 ↓↓ 
(*新しいウィンドウで開きます)

>リンク集1(栄養、食欲、体重、運動)

>リンク集2(摂食障害の心&回復)

*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください

 


▼コ コ カ ラ美人生活塾▼
 年に一度のペースで
 LAから各地を訪れます!


★摂食障害/生き辛さ
[当事者対象]の会
 
(ご家族・恋人も参加は可)

右矢印美人塾って何?(趣旨と目的)
右矢印 これまでの皆さんの感想
 過去開催地: 札幌、仙台、埼玉、東京、名古屋、
 大阪、神戸、広島、博多

音譜次回の予定
2017年
12月 東京
2018年1月 仙台、東京、名古屋、広島、大阪、博多

 ↓ ↓

 *--- * --- * --- * ---
  
 *LINE配信始めました*

次回以降の開催予定、申込み開始のお知らせを

LINEメールでお知らせ希望の方はこちら⇒★


*その他の地域での講演は

 病院/自助会/NPO/団体などを通し

 依頼戴いた場合は検討可>問合せ先

 *--- * --- * --- * ---*
 ↑ ↑

★摂食障害の方の
[ご家族/恋人のみ対象]の会


>>ご案内はこちら(前回の例

>>前回7/16参加者の方の感想

>>それ以前の参加者の感想


★開催実績:東京、大宮

音譜次回の予定
2018年1月
・大阪〈初開催)
・東京


┏━━━━━━━━━━━━━━━

▼メディア掲載情報、

NPO/病院での講演など

右矢印こちらをクリック

ラブラブ高校家庭科資料集『LiveView』
 『an・an』『FYTTE』 『Saita』
 『President』などに掲載されました





┏━━━━━━━━━━━━━━━
■個人セッションのご案内■
(対面・スカイプ・LINE・電話)

 
*日本での対面セッションは日本帰国時のみJR大宮駅付近(埼玉)にて行っております。
次回の帰国予定は12月中旬~来年2月末の予定。
右矢印個人セッション詳細はこちら  


・摂食障害に関わらずダイエット依存/生き辛さのお悩み、家族・友人・恋愛、仕事、生き辛さ、このブログや本で何かを感じた方はどんなことでもご相談ください。

・ご家族のみのセッションや、親子、夫婦など2名でのカップルセッションもあります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
右矢印 ステップあやの著書&お勧め本

<・緑の『心と体が軽くなる~』はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。
・ハートマークの『ステップあやの食べて痩せた~』は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼注意事項とお願い 

・コメントは承認性です

・エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体、個人にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。

・コメント/メール/SNSからのメッセージを下さる方は必ず>こちら に目を通してください

・当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。


NEW !
テーマ:

 

 

おはよう。ステップあやです。

 

こちらは日曜です。

日曜の朝恒例の行事の(笑)、
スーパーめぐりに言ったら、
いよいよ10月終わりのハロウィーンにむけて
どこも南瓜のディスプレイが可愛くなってきました。

 

9月初旬からカボチャのコーナーが

出てきてたけど

ハロウィンまであと一ヶ月となった今は
かぼちゃ売り場の面積も増えて、本当に鮮やか。

 

IMG_20170924_151225447.jpgIMG_20170917_182852339.jpgIMG_20170917_182852281.jpgIMG_20170917_181318_612.jpg

 

 

もうね、どこいっても

かわいい音譜

 

って心がほっこり。

 

心が満たされることをしてるとき、
美味しい食べ物食べたときに

出る快楽ホルモンと同じ物質が

脳内に駆け巡ったりしてるそう。

 

 

空腹感や食欲は本来、

 

「今その時に食べ物、栄養が必要だよ、

 体内のストック{貯蔵)が減ってきたよ」

 

「こういう味(でとれる栄養やカロリー)が

 足りなくなってきたので入れてね」

 

という体のサインなので

それは食べることで収まるものです。


 

でも、おなかがすいてなくても

何か食べたい

おなか一杯でおいしく感じないのに

食べることをしている場合、、、

 

それはその

食べることでも脳内に分泌されるけれども
食以外の五感と心で感じる
「心地よい」「気持ちいい」「快感」を
求めているときかもしれないよ~

ということを
著書やブログに書いてきましたが
これは私適当に考えたわけじゃなく(笑)

私も、科学者のリサーチで、
食べ物以外でも食べものと同じように
脳が反応する、って読んで
なるほどなーって思って、

味覚で「美味しい」と感じることも
否定しなくていいんだ、

むしろ、美味しく味わって
食べるってダイエットになるんだって

「安心」が増えるきっかけになったんだ。
 

 

そして、

それと同時に

味覚以外の「心地いい」「快感」も
それを許したら甘えた人間になるとか
ダメな人間になるとかって

否定してばかりだったから

ちゃんと食べて
無理なダイエットの反動としての過食

(=体の過食、飢餓の反動の過食ともいう)

が落ち着いても

心の満足感や癒しが不足していて
それで食べ続けてるたのかな~

ってピンときて、

 

 

食べるものや、食べ方ばかりじゃなくて
自分の心もも楽に楽しくしてくことも
肯定していいんだ、していこう、

って思えるきっかけになったりしたの。



「楽しい、心地よい」のレパートリーを増やすこと。

食も生き方も
色んな~べき思考、~ねばねば思考で
自分の~したいを否定する思い込み
(心のフィルター)に気付いていくこと。

一つずつ、禁止を許可していくこと。

 

痩せることや食べること以外にも

癒しのホルモン、快楽ホルモンを

分泌できる経路を持っておくこと、。

 

それが巡り巡って

ダイエットになるんだなって。

 

 

生まれ持った素質があるから

理想通りの体重や体型に

なるわけじゃないけれどもね。

 

 

 

摂食障害の真っ只中、

まだ、{過食時以外は)

ろくに栄養/カロリーを食べてないときや

 

その我慢ダイエットからの回復期は

心の~したいより過食衝動が

勝ってしまうのは当たり前だけどね。

 

 

↑もうこれは生体防御の仕組みなので

何をしても止められないプロセス。

 

だけど、

普通に食べるコトを

半年ー一年半目安に続けてたら

だんだんと空腹も満腹も

分かるようになってきて

過食の勢いも、落ち着いてきます、。

 

 

それが落ち着いてきたらね、

 

何がストレスになっているのか

もう少し向き合いながら

心の過食、頭の過食について

思いを巡らせられるようになってくるよ。

 

私も、

食べ物、カロリー
=太るもの、食べてはいけないもの
っていう○×思考が強く
空腹を我慢してばかりだった頃は

 

コンビニやスーパーなんかいったら

もう、喉から手が出るんじゃないか

ってくらいの強い過食衝動を

必死にこらえるのに必死で

 

今日の写真の風景をみても

可愛いなって心が弾む感じも

感じる余裕なくなってた。

 

 

過食衝動との戦い、

あるいは

食べるべきではない!
太るぞしっかりしろ!って
自分を厳しく監視する摂食脳との戦い

それどころじゃなかった。。。

 

無理なダイエットの反動で

ものすごい食べたい衝動を

我慢してないと食べちゃうのが

「ふつう」になってしまうと

 

我慢してないとダメで

我慢できないとそれは

自分が卑しい人間だからだ、
って思い込んで

 

今度こそ

今度こそ・・って

気合を入れなおしては敗北、、

 

その繰り返しでした。

 

 

でも ほんとうに

体を食べ物で満たすこと、

数ヶ月~年単位で続けてたら
戦う相手(空腹)って静かになるんだよね、

 

そのうちに、

体の過食だけのひとは

心の生きづらさのこっても

症状自体はすっかりなくなる人もいれば

 

心の過食や

頭の過食

しぶとくのこるひともいるけど

 

そこからは、その対策として

 

症状を「ストレスの指針」として捉えて

何にストレスになっているのか

自分の心身を振り返ること

していきやすくなるよ。

 

大まかにいえば

 

食べもの、食べ方についての禁止や義務。

 

生き方についての禁止や義務。

 

人とのコミュニケーションにおいての

考え癖、伝え方や捉え方の癖。

 

などなど。

 

 

ダメだから治す、のではなくて

今日のブログの題名の通り

 

”五感で感じる

色んな美味しい”に貪欲になること

をしてくんだよ。

 

つまりは
 

自分の心身に厳しく・・ではなくて

心地よく満たすこと

 

頭で考えた~べき、べきでない

(↑世間の声、他人の声)を

ただただ自分に押し付けるのではなく

心と体が「~したい」と「感じる」こと

 

・・を重ねていこう

 

そして

 

コミュニケーションを通して

問題を解決していけること

練習しながら体験していこう

 

っていうことなんですね。

 


これなら我慢の反動もないので
本物のダイエットになるよ。

それだけじゃなく

 

 

多大な犠牲と不快を伴う

「無理にでも思い通り痩せること」や

「無理に詰め込むこと」に頼らなくても

 

自分の体、心が心地よくなるよう

バランスとってあげられるようになっていきます。

 

 

↓これ吐くのやめて食べ始めて

初めてずーっと忘れていた

心身がラブラブ音譜を感じる感覚を取り戻したときの記事。

 

↓↓

幸せのイニシアチブ

 

よく皆さんにきくのは

体の過食はいいけど

心の過食はだめっていう勘違い。

 

心の過食も悪者じゃないよ^^
 

もちろん、心地よいこととかコミュニケーション、

何か一回やったら、何か一つ行動かえたら

ソレでピタッと症状とまる

ってことにはならないかもしれないけど

 

それでも

心がラブラブ音譜と感じることは

全て心の栄養になってるんだよ。

 

 

ちょうど体の飢餓の反動も

食べたらすぐ止まる、じゃないけど

続けることで落ち着くのとおなじです。

 

小さな心の栄養も

日々の積み重ねなんだと思います。


 

心の栄養って

頭で考える
「~すべきだから~したい」じゃなくて

 

体の五感と心音譜ラブラブって感じること。


たとえば、私の心の栄養は、
ハグして欲しいとき
ハグをすること、してもらうこと、とか

 

 

大切な人と美味しいねって

 

食べる時間もそうかな。

(回復期は少しずつシェアすることしか

 できなかったけど)
 

そんなときの私は、

犬だったら多分、しっぽがちぎれる位

フリフリしてると思います。

 

皆さんも何か身近で感じる

音譜音譜音譜 を見つけてみてください★
 

 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです  

ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 

 

~全国各地・不定期開催 ~

>>美人塾ってなあに? 

右矢印摂食障害・生き辛さ 

 「当事者対象」の会(ご家族恋人参加可


右矢印摂食障害の方の
 「ご家族・恋人」対象の会

 

*過去の開催地
札幌、仙台、大宮、東京、名古屋
大阪、神戸、広島、博多

 

*次回は2017年12月~2018年1月ごろ、

仙台、東京、名古屋、広島、
大阪、博多などを訪問予定

【現時点での予定】


ラブラブ 各地の開催予定を決定次第
LINEやメールでお知らせ希望の方は

>こちら (LINE始めました)
 
 
個人セッションのご案内
右矢印対面セッション
Skype・LINE、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ


↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮 

*2017年は夏と冬に帰国予定
 
 

右矢印ステップあやの書籍そのC

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

おはようございます。ステップあやです。

 

美人塾東京は12/23&24なので、あと3ヶ月。
内容の発表と申込み受付を準備が終わり次第ブログ,LINEにて発表します。東京以外の地域は9月末か10月始めに発表します。

 

 

*ここから今日の記事です

 

一つ前に引き続き、先日フェイスブックとツイッターでシェアしたニュースをこちらにも。

 

 

>>(外部リンク)ヤセすぎモデルがランウェイ禁止に。「美しい」の固定概念が覆りそう 2017年9月19日 12時5分 GLITTY

 

 

ここから上記のリンク先より引用

 

 

ファッション雑誌やCMのモデルは、みんな細身のスタイルで、お腹や脇のぜい肉なんてないのが当たり前。

「女子はヤセているほうが美しい」という考えが、まだまだ世間の常識として存在しています。

そんな時代遅れのスタンスを変えようとする動きが、いまファッション業界をにぎわせているようです。

 

「ヤセすぎモデルは起用しない」ルイ・ヴィトンやグッチが宣言

世界最大手のファッション企業「LVMH(ルイ・ヴィトン、ディオール、フェンディ)」と「Kering(グッチ、プーマ、イヴ・サンローラン)」は、9月6日に『A charter on working relations with fashion models and their well being(ファッションモデルと健康に関する業務上の契約)』と題した文章をウェブサイトに掲載。

極端にヤセているモデル(サイズ32 = 日本サイズ5号より下のモデル)を、ランウェイやキャンペーンモデルに起用しないことを明らかにしました。

今後モデルたちがショーに参加するためには、健康状態と正確なスリーサイズを明記したドクターからの推薦状を提出する必要があるとのこと。

「ヤセすぎているモデルはもう必要ない」というLVMHとKeringの本気度がうかがえます。

 

 

「ヤセるほどモデルの仕事が入ってくる」摂食障害に苦しむモデルたち

長年、モデル業界では、「ヤセればヤセるほど仕事が入ってくるし、モデルとして成功できる」というゆがんだ考えが、当たり前のように支持されてきました。

摂食障害におちいるモデルがあとを絶たず、カリスマモデルのケイト・モスも、かつて体型コンプレックスから拒食症に苦しんだ過去を告白しています。

多くの女子が、雑誌やステージ上のモデルたちを見て、「私もモデルくらいヤセなきゃ!」と自分を追いつめて無謀なダイエットに苦しんでいるのも事実。

私よりはるかに背の高いモデルが「体重は43キロ」と語っているインタビュー記事を見て、ショックを受けたことを覚えています。

 

「ヤセている = 美しい」がいよいよ覆されるかも

ところが今回、ファッション界の老舗ブランドがヤセすぎモデルにNGを出し、ヘルシーなモデルを積極的に起用する方針を打ち出したことで、長い間病的に蔓延している「ヤセていることが美の絶対条件」という古い固定観念がいよいよ覆されるのでは? という期待が高まっています。

プラスサイズモデルも世間で認められるようになってきているし、遠くない将来、さまざまなボディタイプのモデルが当たり前のように活躍する時代がくるのかもしれません。

ヤセることに執着していない「ヘルシー美人」がスポットライトを浴びる時代。ファッションやビューティのトレンドもいい方向に変わっていく予感です。

 

*引用ここまで-----

 

 

ヴィトンの決定については、

今月はじめにも記事にしましたが、

 

個人的に今回の記事で好きだったのがこの部分。

↓↓


プラスサイズモデルも世間で認められるようになってきているし、遠くない将来、さまざまなボディタイプのモデルが当たり前のように活躍する時代がくるのかもしれません。

 

私もこれどっかに書いたことある。

 

 

確かに一般的には

「痩せすぎ」の体を美のサンプルとして

見せられてると

それと違う形はダメなんだって、
無意識に自己否定を煽られることになり
無理なダイエットで心身壊したり
いろんな問題がでてくるけど

問題は「痩せすぎ」とじゃなくて

美しいとはこういう形です、って
美のサンプルが決められてしまうことと

その形に近づくためにはこんな努力が必要で
そうじゃない人は努力が足りない、みたいな
画一の価値観が刷り込まれること、

のほうだと思うから。

 

痩せてるひとも

太めの人も

その中間の人も

 

色んな体型のモデルさんが
色んな美しさがあるんだよって

自然に見せてくれていたらいいなって。

 

色んな正解があるんだと思えば

できればあーなりたいな、とは思っても

あーじゃないとダメなんだ、とは
ならないとおもう。

 

 

私自身が摂食障害のころもね、

~じゃないとだめ、って思う形が

痩せすぎじゃなくなったら

それで治るわけじゃなかったのね・。。

 

アメリカにきたら

美のサンプルとしてメディアで登場する人は

痩せすぎはあまりいなかったから

食べないで
とに角痩せなきゃ、みたいのは
よくなったけど

今度は
 

「都合よく胸とお尻だけ脂肪があって
 都合よく素敵な形に丸みがあって

 都合よくウエストは細い体」


になってしまっ
やっぱり自己否定ばっかりでした。


だんだん、そういう体を作るために
こういうのが必要ときいた運動や
健康的な食事をしなきゃ
って強迫観念になって、、

 

 

自己肯定感も

人付きあいや仕事までも、

すべてがダイエットにふりまわされ

人生がダイエットにのっとられる状態は

とまらなくて。(ノ_・。)

 

 

もちろん、ひとりひとりが

他人やメディアに振り回されないよう

情報の取捨選択の力をつけることが

何より大切だけど

 

自然に見聞きするメッセージが

色んな魅力があって

あなたのありのままも素敵だよ

って、なったら、いいな。

 

そう思いました。


中には
太れないことがコンプレックスで
痩せたくて悩んでる人と同じように
鬱々と過ごしている人も
摂食障害になったひともいるからね、

やっぱり色んな体型のモデルさんが
それぞれの魅力をみせてくれたら
いいなあってそう思う。


いろんな背丈の色んな体型の人が
それぞれ似会う着こなしを見せてくれたほうが
服を買うときの参考にもなります^^


*注意
痩せすぎの人の悩みについては
次回その時の記事をリブログするけど、
いいなとか羨ましいなというコメントは
(そう感じるのは仕方ないけど)、どうぞ
ここではお控えいただきますようお願いします。
理由は記事にするとき書きますネ。

 

 


どんな人も、

自分の体大好き★とはなれなくても
特定の正解(とされる)
体形、生き方と違うからって

ああ私はだめなんだーって
無用の自己否定に走る、
そんな生きづらさからは
楽になってほしい、

”自分”であること
”自分”を生きることを
楽しんでほしいなあってそう思います。

 

 

先週記事にしたこれ↓↓

>>ルイ・ヴィトン、痩せ過ぎモデル起用禁止=拒食症問題に対応

この記事に、さらに

これまでの世の中の動きに関連しそうな

過去の記事のリンクのせたのですが、

世の中の風向きは少しずつ

変わってきてはいると思います、

 

ただ、、それでも
いったん 呪いみたいに刷り込まれた

~ねば、べき、べきでない、~はだめ、

っていう考え方を楽にするのは

時間がかかるもの。。

 

だけど逆にいえば

時間はかかっても、

時間をかけて
暗示は暗示で解く

 

ことで、ラクになることできる。


関連記事はこの辺かな。

>>摂食障害を治すために何をしていくのか(暗示には暗示を)

 

>>ねばねば思考、べき思考を手放すための「証拠集め」とは(芸能人ネタ)

 

 

では今日はここまで。
 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです  

ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 

 

~全国各地・不定期開催 ~

>>美人塾ってなあに? 

右矢印摂食障害・生き辛さ 

 「当事者対象」の会(ご家族恋人参加可


右矢印摂食障害の方の
 「ご家族・恋人」対象の会

 

*過去の開催地
札幌、仙台、大宮、東京、名古屋
大阪、神戸、広島、博多

 

*次回は2017年12月~2018年1月ごろ、

仙台、東京、名古屋、広島、
大阪、博多などを訪問予定

【現時点での予定】


ラブラブ 各地の開催予定を決定次第
LINEやメールでお知らせ希望の方は

>こちら (LINE始めました)
 
 
個人セッションのご案内
右矢印対面セッション
Skype・LINE、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ


↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮 

*2017年は夏と冬に帰国予定
 
 

右矢印ステップあやの書籍そのC

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

先日フェイスブックとツイッターでシェアしたんだけど、こんなニュースがあったよ。


(外部リンク) 摂食障害、強迫的な症状に苦しみ…元AKB光宗薫、10月より活動休止 2017年9月21日 12時11分

以下、上記リンクより引用。

▼引用ここから

 

 元AKB48で、モデル・女優の光宗薫が21日、「突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止致します」とTwitterで活動休止を発表した。(11時30分現在、光宗のTwitterアカウントは非公開に)


お伝えしたいこと。」と題して直筆のメッセージを投稿した光宗は、「私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と告白。

 

芸能界の入ってからのこれまでの約6年間は「様々な表現に携わるこの仕事を続けたいという私の強い希望の下、周りの方々にサポートしていただき現在まで続けることが出来ていました」と明かす。


 しかし、近年は状態が落ち着かず、「強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり 好きな活動も徐々に辛いだけのものに代わっていました」とのこと。

 

「そこで、再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」と活動休止の決断を下した理由を説明し、「応援して下さった方々に感謝します。この先も、宜しくお願い致します」とファンに呼び掛けた。


引用ここまで-----



私この方知らなかったけど、、

色々、
わかるなあって思った気持ちも
この治すための決断も、
相当怖かっただろうし
相当覚悟がいっただろうなあ
って思った。

 

 

 

 

「私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」

 

「そこで、再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」と活動休止の決断を下した
 

 

この文章では

摂食障害「の」強迫的な症状のことか、

摂食障害のほかに強迫的に

なってることがあるのか
または、強迫性障害があるのか?

 

どうともとれる文章だけど、、、

 

摂食障害のそれのことなら

自分に強迫的な「症状」があるんだと

気づけたことはよかったなって思った、、

 

最初は、

苦しいなって思いながらも

それが症状だってきづけなくて

気づけないこともまた、辛いからさ、、。

 

 

私も摂食障害のはじめは、、

 

運動しなくちゃいられない強迫も、

 

決まった食べもの、決まった時間、
決まった食べ方などの

マイルールが強迫的になるのも、

 

「私が痩せたいからやってるだけ」

って思ってた時期もあるんだよね、、

 

 

これ、私自分の本

『心と体が軽くなる本物のダイエット』)
の中に「強迫的ダイエット生活」って
書いた記憶があるけど、、

 

 

自分のダイエットが何より大事な私は

 

思いやりがない、
自分勝手、
ワガママ、
そんな人間なんだと思ってたんだ。

家族にもそう、よく言われてたし(。>0<。)

親が病気で看病してるときも
食事のこと運動のこと
頭の中そればっかり、

 

やらなきゃ、

やっちゃった
できない、

できなかったらどうしよう

 

ってそればっかりだったから、、
 

それ、ワガママだって言われても

自分がやってるから何もいえない。

 

そんな自分が

どんどん自分嫌いになった(ノ_・。)

 

 

でも、それが、
病気の症状、だったんだよね。。

 

↓↓

 

>>「痩せること」「食べること」に”依存する”とは(依存症とは-その3)

 


わがまま、
自己中、
じゃなくて

「人を思いやる力」は

ありすぎるくらいある人がなる。

「自分の~したい」心を後回しにして
生きてきたからこそ、病気になったんだよ。
 

 

>好きな活動も徐々に辛いだけのものに代わっていました

 

っていうのも凄いわかる。

 

芸能活動以外にも多彩な方で
絵も上手でやりたいことを楽しんで・・
いるようにみえるけど、

 

やらなきゃ、とか、~ねば、おtか

何でがんばれないの?

もっと、もっと・・

だってアノ人は・・・とか

 

色んな考えで

色々苦しかったのかもしれないね。

 

 

↓↓こんなのも読んでみて欲しい記事

 

 

>>心の三大栄養素って何?

 

 

>>愛ある自己中のすすめ~着目するのは成果や評価でなく「今ここ」の「自分の感覚」 

 

 

他にも感じたこといっぱいあるけど

 

一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と告白。


ここもね、
自分の意志のせいにして
食べよう、休もう、、ってやってきたけど

 

今は自分の意志では

どうにもできない時期なんだな
ってことに気づけて、

 

できないとき、

できないことは

もう一人でなんとかしようとせず

人の力を借りていいんだな、

 

という意味で

辛いけどそうしてもらおうと
決められたなら、、、

自分のための決断、

自分のための覚悟だし

そう思えてよかったな、って思った。

 

 

拘束してもらうって、病院で

どういう形でか栄養いれることか

行動制限のことかわからないけど、、

 

 

あまりに痩せすぎて
脳もうまく働かない状態だと

考えてるつもりでも
強迫観念と強迫行為のこと以外考えらず、

それだけの世界になるから

 

ますます恐怖が強くなって、

だからますます自力で食べられない

 

…という時期も

ある人にはあるからね。。。

 

 

そんな状態のときは

「病気の症状(考え)と

 自分の心と対話させながら

 自分の意志で、すこしずつ行動変えていく」

ということの試行錯誤すらできなくて

 

自分の意志だけを便りにしては

変われない自分の意志をせめて

周りにも責められて(ノ_・。)

 

 

そんな状態のときは

 

基本的にこの病気治すのは

ゆっくり少しずつ・・・だけど、

 

それを自分でできるくらいの

最低限の体力と脳(考える力)がつくまで

医療の助けが必要な状態のとき(ひと)も

あるとは私も思う。。

 

体の病気でも

あまりに重症なときは

医者に任せて手術してもらわないと

自力で治すって無理なときもあるように。

 

 

ソレだけで治る、ってことじゃないけど、、

自分の意志だけのせいにして

ずっとずっと苦しいのが続くのは

限りある治療の辛さより辛いなって思ったら。。

 

そのときは

 

自分の意志だけに頼ってもがくより

一時的に拘束して「もらう」ことが

自分のため、ラクになるため、
って思えたのかもしれない。

 

 

摂食障害は心の病気。

だけど

思考錯誤しながら心を治してくには
最低限の体力と考える脳の力(←これも体)は

必要なんだよね(/_;)

 

万が一、命がなくなったら、、

心を楽にするために試行錯誤もできない。

 

私を信じたいと思ってくれる人でも

病気の症状に邪魔されて

私の声も届かない(ノ_・。)。

 

 

そんな時期は。。。

 

心はあとからついてくることになるから

辛いけど、、

でも、その辛さ覚悟しても
栄養いれて体を治すことしよう
って思えたら、

それも既に
そう思えるまで心がよくなった
ってことだとおもう。

だから、この記事の方も

「これで治る」じゃなくても
やっとここまできたんだなというか、
ここまで来るのも大変だっただろうなって
そんなことを思いました。

 


休養とるのも凄い勇気がいったと思うしね。

人はともかく
自分の心と相談して
自分のために決めるって大切なこと。

それ続けていたら

生きててよかったな、楽しいなって
感じながら生きられる日がきっとくるよ。

 

今は苦しみの中にいる光宗さんにも読者の皆さんにもそんな日が来ますように。

 

 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです  

ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 

 

~全国各地・不定期開催 ~

>>美人塾ってなあに? 

右矢印摂食障害・生き辛さ 

 「当事者対象」の会(ご家族恋人参加可


右矢印摂食障害の方の
 「ご家族・恋人」対象の会

 

*過去の開催地
札幌、仙台、大宮、東京、名古屋
大阪、神戸、広島、博多

 

*次回は2017年12月~2018年1月ごろ、

仙台、東京、名古屋、広島、
大阪、博多などを訪問予定

【現時点での予定】


ラブラブ 各地の開催予定を決定次第
LINEやメールでお知らせ希望の方は

>こちら (LINE始めました)
 
 
個人セッションのご案内
右矢印対面セッション
Skype・LINE、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ


↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮 

*2017年は夏と冬に帰国予定
 
 

右矢印ステップあやの書籍そのC

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)