昨年、幼稚園年中さんで初めて参加した最大級の将棋大会”テーブルマークこども大会”。

 

※昨年の様子:「テーブルマークこども大会に出場しました

 

2回目となる今年も幼稚園年長さんということで「低学年の部」に参加させて頂きました。

 

 

会場は昨年同様、幕張メッセ。

 

相変わらず物凄い将棋キッズの数でした。昨年は高学年・低学年合わせて3500人くらいいたようですが、今年も同じくらいの参加だと思われます。

 

大会の仕組みも変わらず、予選で全員が3局戦い3連勝した人だけが決勝トーナメントに進むことが出来ます。

 

決勝トーナメントに進出できるのは(約)256名で、そこから9連勝(!)すれば晴れて優勝、つまり優勝するには12連勝する必要がある、しかもそれを10時から15時くらいまでに一気に行う、それはそれは過酷な大会です(笑)。

 

 

予選で3連勝しないと決勝トーナメントに進出出来ない、ということは実質的に予選もトーナメントじゃん、という突っ込みを心の中で入れながら今年もチビのアツい戦いが始まりました!

 

 

 

 

初戦は「13級って言ってた」という男の子との対局。

 

5分ほどで危なげなく勝利。

 

続いて2局目は「思ったより強かった。多分5級くらいかな。3手差くらいあったけど」と2連勝。

 

そして、3局目は2連勝同士との対局で、ここで勝てば決勝トーナメント進出となる一番。

 

「相手も振り飛車だったけど多分、(相手が)序盤を間違えた」

 

ということで、3局目も勝たせて頂き予選3連勝!

 

昨年同様、決勝トーナメントに進出することが出来ました。

 

【巨大すぎる決勝トーナメント表】

 

前回は決勝トーナメント1回戦敗退だったので、今年は少しでも上を目指したい!と思っていたらラッキーなことに予選1回戦はシード。

 

2回戦からの対局となりました。

 

遠目から見る限りチビが一方的に攻め続けてなんとか勝利。

「どうかなー、多分5級くらいだと思う」とチビ。

 

これで2回戦突破となりました。

 

そして3回戦。

 

「あまり見たことない戦法で上手く序盤から攻められちゃった。頑張ったけどダメだった」

とチビなりに一生懸命戦いましたが残念ながら負け。

 

決勝トーナメント4回戦に進むことは出来ませんでした。

 

後から詳しく聞くと相手の戦型は飯島流引き角戦法。

 

殆どその戦型相手に指したことがなく、迷っているうちに時間もどんどん失ってしまい終始劣勢だったようです。

 

対局の内容は遠目から見ていましたが、序盤で崩されて以降、竜も馬も相手陣に作れたものの最後は防戦一方で明らかに詰めろ(本人曰く”必至”)の状況。

 

普段ならそこで投了するチビですが、絶対に負けたくなかったのでしょう。

相手の陣地に打ち込んであった竜を王手を掛ける形で切って相手の守りの金を入手。

 

当然、攻めの要の飛車(竜)を切っている訳ですから勝ち目はほぼ0になる訳です(そもそも必至なので負けなのですが)。

 

それでも飛車を切ってまでして得た金を自陣に打ち込んでとにかく守るチビ。

 

最後の最後まで「何か奇跡が起きないか?相手が間違えないか?」と必死に食い下がるチビの姿勢に感動して涙が出そうになりました。

 

親バカですみません(笑)。

 

その後、万事休すとなり30秒ほど天を見上げて彼なりに気持ちを整理して「負けました」と投了。

 

対局後の受付を終えたチビは私と妻のところに走ってくるなり

「相手のお兄ちゃん三段だってー!強かった!」

 

本人は本人なりに力を出し切ったようで、終わってみればさっぱりした様子でした。

 

ということで、

幼稚園最後のテーブルマークは3回戦敗退・ベスト64

で終了となりました。

 

 

当の本人は出場前に「絶対ユウショウしたい!せめてベスト16!」と言っていましたが、低学年の部約2000人の参加者の中でのベスト64ですから、上位3%に食い込んだ訳で上々の出来だったと思います。

 

来年は三段、四段揃いで鬼のように強い現3年生のお兄ちゃん達が「高学年の部」になるということで、チビにも「低学年の部」上位入賞のチャンスがあるかも。

 

 

「来年は絶対あそこ(ステージ壇上)で戦うんだ!」

と高らかに宣言して会場を後にしました。

 

 

チビ、今日は本当によく頑張った!

お疲れ様!!

 

PS.

本日、このブログをご覧頂いているという数名の方から会場にてお声がけを頂きました。

こうやってブログを通して将棋を通してご縁が広がるのをとても嬉しく思っています。

引き続き宜しくお願い致します!

 

 

 

 

将棋三昧な一日。

テーマ:

今日は明日のテーブルマークに向けて(?)一日将棋三昧でした。

 

まず午前は広尾しょうぎ教室へ伺い先生方にご指導頂きながら数局指しました。

 

広尾ではチビが将棋を指している間、特にやることがなくて時間を持て余していたのですが今日は最近仲良くさせて頂いているAさんとずっとお話できてあっという間の2時間でした。

 

同じ将棋に打ち込む我が子のために親として何ができるか、どうあるべきか、みたいなお話が沢山出来て楽しかったです^^

 

その後、千駄ヶ谷の連盟道場へ移動し、

 

1.1級に平手で勝ち!

2.1級に平手で勝ち!

3.1級に平手で負け

 

3局2勝1敗でした。

 

3局目の相手はまだチビの対策が不十分な中飛車左穴熊だったので、飯島先生にもご相談しながら対策を講じたいと考えています。

 

その後、1級昇級の報告も兼ねて両国将棋センターへ。

 

以前からお世話になっている席主の佐久間さんにきちんとご報告出来て良かったです。

 

【両国将棋センターで対局するチビ(右)】

 

ちなみに両国では○●●●○と5局2勝3敗でした。

 

初戦の相手を除けば他4局は全て千駄ヶ谷の初段あるいは二段との平手対局だったので、それなりの結果だと感じました。

 

また千駄ヶ谷では目標とする3連勝は果たせませんでしたが、明らかに対策が足りていない中飛車左穴熊以外は同じ1級相手に勝つことが出来たのは良かったです。

 

明日はいよいよテーブルマーク。

 

チビ本人は「絶対ユウショウするんだ!」と言ってますが、流石にそれは現実的ではないでしょう。

 

親としては前回の予選3連勝・決勝トーナメント1回戦負けの成績を少しでも上回れば十分だと思っています。

 

それでも常に高みを目指すチビの姿勢は嫌いではありません。

 

明日は精一杯頑張れチビ!!

 

 

PS.

明日のテーブルマークはこのブログをご覧の方々とご挨拶できるチャンスだと個人的に思っています。

特に目印とかありませんが、もしチビ&チビパパ(私)親子を見かけたら気軽にお声がけ頂けると嬉しいです^^

 

チビ:身長125cm。多分明日は青いリュックサック背負ってます

私:身長180cm。多分明日はエンジ色のショルダーバッグです

 

 

【チビ将棋データベース(2018年11月17日時点)

・年齢:6歳7カ月(幼稚園年長) 

・将棋歴:2年5か月

・棋力:1級(将棋会館道場)、初段(御徒町将棋センター) 

・千駄ヶ谷対戦(6歳時):3局2勝1敗 累計440局217勝223敗(勝率0.493)

 ※5歳児時点:667局364勝303敗(勝率0.545)

 

現在、千駄ヶ谷の連盟道場で1級(御徒町将棋センターでは初段)を頂いているチビ(幼稚園年長)。

 

かれこれ2年間、「幼稚園で連盟初段」を目標に頑張っていますが、残す階段はあと一つ!

 

※最近のチビの棋力が分かる記事はコチラ

 

 

さて、今朝は5手詰を40問(5手詰ハンドブックⅠNo.61~100)でした。

 

幼稚園終了後は毎週通っている知育ワークの教室へ。

私が夕方には仕事を終えたこともあり妻に代わって私がチビのお迎えに。

 

先生のフィードバックを伺うと、なかなか面白いテーマでワークをしているんだなと感心しました。

チビもここのワークは知的好奇心が刺激されるようで「今日も楽しかった!」と満足な様子でした^^

 

こちらの教室は小学部もある(というか小学部の教室がメイン)ので、小学校に入学してからも引き続きお世話になることになりそうです。

 

 

さて、帰宅後夕飯を食べてお風呂に入った後は、

 

・棋譜並べ:6局

・手筋:40問

・激指との対局:三段と対局

 

でした。

 

三段との対局は一時、評価値+2500までいくものの攻めきれずに負け。。

 

さすがに激指三段ともなると終盤のこちらのミスを全く許してくれません。

終盤には自信のあるチビですが、まだまだ精度を上げなければと感じました。

 

 

明日は朝から夜まで将棋三昧の予定です。

 

1級に昇級してからまだ最大2連勝までしかいったことがないので、明日の目標は3連勝!