「松任谷由実」の04年11月発表、33rd「VIVA! 6×7(ビバ・シックス・バイ・セブン)」を聴きました。

僕が聴いたのは、サブスク配信音源、18年リマスター。

松任谷由実33-1

松任谷由実33-2

松任谷由実の全アルバム・全シングルがサブスクで配信でされているので、順に聴いています。

過去にレンタル等で手に入れた音源も持っているのですが、サブスク配信は全てGOH HOTODAによる最新リマスター。
オリジナル・アルバムだけで39作もあるので、大変な長丁場ですが、頑張って聴いています。

このアルバムは、32nd「Wings of Winter, Shades of Summer」から2年振りに発表された33作目(オリコン5位)。
プロデューサーは、松任谷正隆。
その間に、セルフカバー・アルバム「Yuming Compositions: FACES」を挟んだので、間が空きました。
印象的なジャケットのアートディレクターは、昨年亡くなった信藤三雄。
イラストのようにも見えますが、写真を加工したものらしいです。
2台の車は「アルファロメオ・ジュリエッタスパイダー」と「ポルシェ・356A」。映画のワンシーンのようなジャケットが良いですね。
ちなみに、アルバム・タイトルの「6×7」は撮影用フィルムのサイズです。

1曲目「-Prologue-」は、20秒に満たない、短い英会話のSE。
2曲目「太陽の逃亡者」は、Original Loveの田島貴男とのデュエット。JR北海道「冬のイメージソング」。駆け落ちをテーマにした、ムーディーな曲。
3曲目「恋の苦さとため息と」は、ストリングスを伴った流暢な曲。ブレイクで雰囲気が変わります。シングルではありませんが、MVを制作。
4曲目「Choco-language」は、ノスタルジックなラヴ・ソング。不二家「ルックチョコレート」CMソング。曲名の「ショコランゲージ」はユーミンの造語で、「ショコラ」と「ランゲージ」を掛けたようです。ちなみに、「ショコラ」はチョコレートのフランス語で、歌詞にもチョコレートが出て来ます。なので、CMソングになったのでしょうね。「好きよ好きよ」を連呼します。
5曲目「水槽のJellyfish」は、ストリングスとホーンが入った雄大な曲。間奏には、緩いサックス・ソロが入ります。曲名のジェリーフィッシュはクラゲ。
6曲目「灯りをさがして」は、ミディアムテンポで淡々と歌い上げる曲。日本テレビ系「あの日にかえりたい~東京キャンティ物語~」イメージソング。
7曲目「永遠が見える日(album version)」は、アコースティック・ポップナンバー。映画「天国の本屋~恋火」主題歌。『YUMING Presents「天国の本屋~恋火」ミュージックDVD』というタイトルで、DVDシングルが発売。「永遠が見える日(Movie Version)」ほか3曲が収録されています。
8曲目「Summertime」は、ジャジーな曲。
9曲目「ひまわりがある風景」は、少しアップテンポのアコースティック・ロック。
10曲目「Invisible Strings」は、ヴァイオリンや一瞬入る男性コーラスが印象的な曲。不二家「カントリーマアム」CMソング。
11曲目「霧の中の影」は、アコースティックギターの響きが美しい曲。

ジャケットは印象深いですが、肝心の中身の印象が薄いです。
シングルも含まれていませんし、田島とのデュエットもごく普通の出来栄えだと思います。
強いて挙げれば、4曲目でしょうか。

Youtubeで「永遠が見える日」のMV映像(Short ver.)を見つけたので、ご紹介しましょう。

 


同じくYoutubeの「恋の苦さとため息と」のMV映像です。
 

 

 

 

「ザ・ラスト・ディナー・パーティー (The Last Dinner Party)」の24年2月発表、1st「プレリュード・トゥ・エクスタシー(Prelude To Ecstasy)」を聴きました。

僕が聴いたのは、サブスク配信音源。

The Last Dinner Party1

ザ・ラスト・ディナー・パーティー は、ロンドン出身の女性インディーズ・バンド。
メンバーは、アビゲイル・モリス(ボーカル)、ジョージア・デイヴィーズ(ベース)、リジー・メイランド(ギター&ボーカル)、エミリー・ロバーツ(ギター)、オーロラ・ニシェヴシ(キーボード)の5人。
ライヴを見ると6人組ですが、ドラムスはサポート・メンバーのようです。
グループ名は、「最後の晩餐」ならぬ「最後の晩餐会」ですね。

このアルバムは、1作目(全英1位・全米トップ・ヒートシーカーズ2位)。
プロデューサーは、ペット・ショップ・ボーイズの最新作も手掛けたジェイムス・フォード。

※輸入盤しか発売されていないので、以下の日本語タイトルは私の読み取りです。
1曲目「プレリュード・トゥ・エクスタシー(Prelude To Ecstasy)」は、アルバム・タイトル曲。オーケストラによるインストゥルメンタル。
2曲目「バーン・アライヴ(Burn Alive)」は、力強いロック・ナンバー。
3曲目「シーザー・オン・ア・TVスクリーン(Caesar On a TV Screen)」は、歌劇調のドラマチックな曲。MVもそんな作りです。
4曲目「ザ・フェミニン・アージ(The Feminine Urge)」は、ドンドンパのリズムで始まる軽快なポップ・ナンバー。
5曲目「オン・ユア・サイド(On Your Side)」は、どことなくケイト・ブッシュを連想させる曲。エンディングは幻想的な雰囲気です。
6曲目「ビューティフル・ボーイ(Beautiful Boy)」は、中盤まではフルートとピアノによるクラシカルな曲調ですが、そこから花を開くように展開します。
7曲目「ジューア(Gjuha)」は、美しいコーラスとマンドリンが印象的な宗教音楽のような曲。歌詞はラテン語だと思います。
8曲目「シナー(Sinner)」は、全米アダルト・オルタナ・エアプレイ17位。派手に間奏のギターが鳴るクラシカルなロック。
9曲目「マイ・レディ・オブ・マーシー(My Lady of Mercy)」は、ビルボード・ジャパン海外5位。起伏に富んだプログレ風のロック・ナンバー。出だしの手拍子も印象的です。
10曲目「ポートレート・オブ・ア・デッド・ガール(Portrait of a Dead Girl)」は、再びオーケストラを伴った歌劇調のロック・ナンバー。重厚なコーラス入り。
11曲目「ナッシング・マターズ(Nothing Matters)」は、デビュー・シングル。全英19位・全米アダルト・オルタナ・エアプレイ5位。キャッチーなバロック・ポップ。
12曲目「ミラー(Mirror)」は、暗い雰囲気のスロー・ナンバー。エンディングに、1曲目を思わせるオーケストラ演奏が付加されています。

期待の新人。アルバムは何と初登場全英1位となりました。
恐らくシングルも、この先チャートの順位を上げると思います。
ライヴ映像を見る限りではもう一つの演奏力ですが、独特の雰囲気で次作以降も期待大です。

Youtubeで「ナッシング・マターズ(Nothing Matters)」のMV映像、舞台裏映像、ライヴ映像を見つけたので、ご紹介しましょう。

 

 

 


同じくYoutubeの「シナー(Sinner)」のライヴ映像です。
 


同じくYoutubeの「マイ・レディ・オブ・マーシー(My Lady of Mercy)」のMV映像とライヴ映像です。
 

 


同じくYoutubeの「オン・ユア・サイド(On Your Side)」のMV映像とライヴ映像です。
 

 


同じくYoutubeの「シーザー・オン・ア・TVスクリーン(Caesar On a TV Screen)」のMV映像と舞台裏映像です。
 

 

 

 

 

「globe(グローブ)」の98年12月発表、4th「Relation」を聴きました。

僕が聴いたのは、サブスク配信音源、デラックス・エディション、16年リマスター、ボートラ9曲付。

globe4

globeは、小室哲哉率いる音楽ユニット。
メンバーは、小室哲哉(シンセサイザー、キーボード、ギター、ボーカルほか)、マーク・パンサー(ラップ、ボーカルほか)、KEIKO(ボーカル)の3人。

このアルバムは、3rd「Love again」から8ヶ月で発表された4作目(オリコン1位)。

1曲目「letting out of a deep breath」は、イントロが1分45秒近くあり、インストゥルメンタルと勘違いしそうになりますが、ちゃんとKEIKOの歌とマークのラップが入ります。また、KEIKOの息継ぎで曲が終わります。
2曲目「across the street, cross the waters」は、冒頭2分30秒がKEIKOの鼻歌。そこからテンポアップして、軽快なダンス・ナンバーに変じますが、終盤1分は元の鼻歌に回帰します。
3曲目「wanna Be A Dreammaker」は、13thシングル(オリコン1位)。BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第一弾。ただし、アルバム・ミックス。NISSEKI「Enaカード」キャンペーンCMソング。かなり斬新なビック・ビートによるロック・ナンバー。
4曲目「creamy day」は、マークのフランス語のセリフで始まり終わる、穏やかなピアノ・ナンバー。
5曲目「Sa Yo Na Ra」は、14thシングル(オリコン1位)。BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第二弾。ただし、アルバム・ヴァージョン。ネスカフェ「ウェイクアップモーメント・ブレイクタイムモーメント」CMソング。ポップなロック・ナンバーで、小室とマークのコーラスが印象的な曲。ローマ字表記ながら、初めてタイトルが日本語になりました。MVは、屠殺シーンにクレームが入ったため、Youtubeで公開されたり、ビデオ集に収録されたりしておりません。
6曲目「sweet heart」は、15thシングル(オリコン1位)。BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第三弾。ただし、マークのラップ・パートを全て収録し、シングルより2分近く長くなったフル・レングス・ヴァージョン。フォード「COUNTDOWN FESTIVAL」キャンペーンソング。
7曲目「like a snowy kiss」は、KEIKOの作詞。ほのぼのとしたアコースティック・ナンバー。美しいアコースティック・ギター・ソロも入ります。
8曲目「calls from the public」は、マークのリード・ボーカルとKEIKOのコーラス。エンディングに、テレフォンコールと会話が挿入されます。
9曲目「Relation」は、ボレロのインストゥルメンタル。
10曲目「Perfume of love」は、16thシングル(オリコン2位)。BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第四弾。これは、シングルと同じ音源。日本テレビ系ドラマ「P.A. プライベート・アクトレス」主題歌。サビでテンションが上がる所が好きです。
11曲目「illusion」は、KEIKOの作詞。出だしはシンプルなアレンジながら、途中から音の厚みが増し、ギター・ソロも入ります。
ボートラ12曲目~20曲目は、1曲目~8曲目、10曲目、11曲目のインストゥルメンタル・ヴァージョン。

イントロの長い曲が多いのが時代を感じさせます。
各人の悪夢をテーマにしたMV映像は、前述の発禁処分となった5曲目の他、3曲目も気味が悪い作風です。

Youtubeで「wanna Be A Dreammaker」のMV映像を見つけたので、ご紹介しましょう。

 


同じくYoutubeの「Sa Yo Na Ra」の音源です。
 


同じくYoutubeの「sweet heart」のMV映像と音源(フル・レングス・ヴァージョン)です。
 

 


同じくYoutubeの「Perfume of love」のMV映像です。