「エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)」の11年12月発表、「ライオネス:ヒドゥン・トレジャーズ(Lioness: Hidden Treasures)」を聴きました。

僕が持っているのは、20年発売の5枚組ボックス・セット「ザ・コレクション(The Collection)」(輸入盤)の1枚。
このボックス・セットは、15年にLPセットとして発売されていたもののCD版のようです。
表記が見当たらないので、リマスターされているか否かが判別しません。
おまけに、ブックレットの類が一切付属しておらず、単に紙製ジャケットのCDが5枚収納されているだけです。

エイミーワインハウス3-1
(ジャケット表)
この写真は、ロック・ミュージシャンのブライアン・アダムスの撮影。彼が写真家としても活動している事は全く知りませんでした。

エイミーワインハウス3-2
(ジャケット裏)

エイミーワインハウスBox1

 

エイミーワインハウスBox2

(ボックス表)

エイミーワインハウスBox3
(ボックス裏)

エイミー・ワインハウスは、イギリスのソウル、ジャズ、R&B系シンガー・ソングライター。
薬物中毒やアルコール依存症で入退院を繰り返してましたが、結局生前に2枚のオリジナル・アルバムを出しただけで、11年に27歳の若さで亡くなりました。

このアルバムは、2nd「バック・トゥ・ブラック(Back to Black)」に続いて、死後4ヶ月後に発表されたコンピレーション・アルバム(全英1位・全米5位・オリコン29位)。
プロデューサーは、マーク・ロンソン、サラーム・レミほか。
未発表曲やカバー曲で構成されております。

1曲目「アワ・デイ・ウィル・カム(Our Day Will Come)」は、全英29位・全英R&Bチャート25位。ルビー&ロマンティックスのカバー。デビュー前の02年の録音ですが、バックの演奏がレゲエ調なのに、ボーカルはムーディーな雰囲気で、ちっともレゲエで無いのが面白いです。
2曲目「ビトゥイーン・ザ・チーツ(Between the Cheats)」は、08年録音の口笛で始まるオールディーズ風ドゥーワップ調の曲。
3曲目「ティアーズ・ドライ(Tears Dry(original version))」は、2nd「バック・トゥ・ブラック(Back to Black)」収録の「ティアーズ・ドライ・オン・ゼア・オウン(Tears Dry on Their Own)」のオリジナル・バラッド・ヴァージョン。かなり、ゆったりと歌っています。
4曲目「ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ?(Will You Still Love Me Tomorrow?(2011))」は、キャロル・キング&ジェリー・ゴフィン作詞作曲による、(アメリカの黒人ガールズ・グループ)シュレルズのヒット曲のカバー。映画「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」サウンドトラック収録曲。
5曲目「ライク・スモーク(Like Smoke(featuring Nas))」は、08年録音で、黒人ラッパーのナズをフィーチャー。
6曲目「ヴァレリー(Valerie('68 version))」は、イギリス・リバプール出身のザ・ズートンズのカバー。
7曲目「イパネマの娘(The Girl from Ipanema)」は、ブラジルのアントニオ・カルロス・ジョビン(トム・ジョビン)によるボサノヴァの名曲カバー。これも、デビュー前の02年の録音。
8曲目「ハーフ・タイム(Half Time)」は、ジャージーなバラード。アメリカのヒップホップ・バンド、ザ・ルーツのドラマー、クエストラブが参加。
9曲目「ウェイク・アップ・アローン(Wake Up Alone(original recording))」は、ポール・ステイヴリー・オダフィのプロデュースによる、2nd「バック・トゥ・ブラック」収録曲のオリジナル・ヴァージョン。
10曲目「ベスト・フレンズ、ライト?(Best Friends, Right?)」は、ライヴでは歌われていた曲の03年スタジオ録音ヴァージョン。
11曲目「ボディ・アンド・ソウル(Body and Soul)」は、全英40位・全米87位。11年録音のトニー・ベネットとのデュエットで、生前最後の録音。ジャズのスタンダード・ナンバーのカバー。プロデューサーは、フィル・ラモーン。ベネットのアルバム「デュエッツⅡ(DuetsⅡ)」にも収録。
12曲目「ソング・フォー・ユー(A Song for You)」は、09年録音の雨音で始まるレオン・ラッセルのカバー。カーペンターズもカバーしています。

Youtubeで「ボディ・アンド・ソウル(Body and Soul)」のPV映像を見つけたので、ご紹介しましょう。


同じくYoutubeの「アワ・デイ・ウィル・カム(Our Day Will Come)」のPV映像です。
 


同じくYoutubeの「ヴァレリー(Valerie)」のライヴ映像です。
 


同じくYoutubeの「ソング・フォー・ユー(A Song for You)」の音源です。
 

 

 

 

 

 

「シンプリー・レッド(Simply Red)」の91年9月発表、4th「スターズ(Stars)」を聴きました。

僕が持っているのは、10年発売の国内盤スペシャル・エディション、08年リマスター、ボートラ10曲付。

シンプリーレッド4-1
(ジャケット表)

シンプリーレッド4-2
(ジャケット裏)

シンプリーレッド4-3

シンプリーレッド4-4
(ブックレット裏、CDレーベル&CDトレイ下)

シンプリーレッド4-5

シンプリーレッド4-6

シンプリーレッド4-7

シンプリーレッド4-8

シンプリーレッド4-9

シンプリーレッド4-10

シンプリーレッド4-11

シンプリーレッド4-12

シンプリーレッド4-13

シンプリーレッド4-14

シンプリーレッド4-15

シンプリーレッド4-16

シンプリーレッド4-17

シンプリーレッド4-18

シンプリーレッド4-19

シンプリーレッド4-20

シンプリーレッド4-21

シンプリーレッド4-22

シンプリーレッド4-23
(ブックレット)

シンプリーレッド4-24
(帯表裏)

80年代に続いて、90年代の名作もピックアップして聴いています。
昨年のレニー・クラヴィッツ「自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)」に続いて、第13弾はシンプリー・レッド。

シンプリー・レッドは、ミック・ハックネル(ボーカル)率いる、イギリスのブルー・アイド・ソウル系のバンド。

このアルバムは、3rd「ニュー・フレイム(A New Flame)」に続く4作目(全英1位・全米76位)。
アメリカではチャ-ト順位を大きく落としましたが、イギリスでは一番売れたアルバムです。
プロデューサーは、1stを手掛けたスチュワート・リーバイン。
また、メンバー・チェンジがあり、ドラマーのクリス・ジョイスとベーシストのトニー・バウワーズが脱退。
新たに、ドラマーとして日本人の屋敷豪太、ベーシストとしてショーン・ウォードが加入。
このリズム隊の変更も影響したのか、従来よりポップな作品になったと思います。

1曲目「サムシング・ゴット・ミー・スターテッド(Something Got Me Started)」は、全英11位・全米23位。キーボードのフリッツ・マッキンタイアによる応答コーラスも格好良い、ダンサブルなナンバー。
2曲目「スターズ(Stars)」は、全英8位・全米44位。この曲は、前作の「二人の絆(If You Don't Know Me by Now)」と並んで好きな一曲。
3曲目「スリル・ミー(Thrill Me)」は、全英33位。タイトル通り、スリリングな雰囲気のグルーヴ感と、長いサックスソロが印象的な曲。
4曲目「ユア・ミラー(Your Mirror)」は、全英17位。小鳥のさえずりのような「ピヨピヨ」鳴るシンセが入った、心が和む曲。「wait a minute(ちょっと待って)」から始まるサビの部分が良いです。
5曲目「シーズ・ゴット・イット・バッド(She’s Got It Bad)」は、再びテンポの良い、ブラック色の濃いダンサブルな曲。
6曲目「フォー・ユア・ベイビーズ(For Your Babies)」は、全英9位・全米アダルト・コンテンポラリー・チャート24位。アコースティック・ギターの音色も美しい、優しさに包まれるようなバラード。
7曲目「モデル(Model)」は、軽いタッチのレゲエ調の曲。
8曲目「ハウ・クッド・アイ・フォール(How Could I Fall)」は、サックスやギターのソロが目立つお洒落な曲。
9曲目「フリーダム(Freedom)」は、ファンキーな曲。豪太のタイトなドラミングが素晴らしいです。
10曲目「ワンダーランド(Wonderland)」は、キーボードのフリッツ・マッキンタイアとのデュエット。
ボートラ11曲目「カム・オン・イン・マイ・キッチン(Come On in My Kitchen)」は、1曲目のCDシングル・カップリング。この曲から14曲目まではロバート・ジョンソンのカバーで、ハックネルが無伴奏で歌う曲。
同12曲目「ランブリング・オン・マイ・マインド(Ramblin' on My Mind)」は、2曲目のCDシングル・カップリング。
同13曲目「ミー・アンド・ザ・デヴィル・ブルース(Me & The Devil Blues)」は、6曲目のCDシングル・カップリング。
同14曲目「ホエン・ユーヴ・ガット・ア・グッド・フレンド(When You've Got A Good Friend)」は、3曲目のCDシングル・カップリング。この4曲は、完全にハックネルの趣味の世界ですね。
同15曲目「サッド・オールド・レッド(Sad Old Red)」は、4曲目のCDシングル・カップリング。この曲から20曲目までは、92年2月23日のドイツ・ハンブルグにおけるライヴ・ヴァージョン。
同16曲目「モア(More)」は、4曲目のCDシングル・カップリング。
同17曲目「サムシング・ゴット・ミー・スターテッド(Something Got Me Started)」は、4曲目のCDシングル・カップリング。
同18曲目「スリル・ミー(Thrill Me)」は、3曲目のCDシングル・カップリング。
同19曲目「ユア・ミラー(Your Mirror)」は、4曲目のCDシングル・カップリング。
同20曲目「シーズ・ゴット・イット・バッド(She’s Got It Bad)」は、4曲目のCDシングル・カップリング。

このリマスター・シリーズは、これで1st「ピクチャー・ブック(Picture Book)」、2nd「メン・アンド・ウィーメン(Men and Women)」、3rd「ニュー・フレイム」と4枚揃いました。
3rdとこのアルバムは、リアルタイムで聴いたので、思い入れがありますね。

Youtubeで「サムシング・ゴット・ミー・スターテッド(Something Got Me Started)」のPV映像とライヴ映像を見つけたので、ご紹介しましょう。
以下、ライヴ映像は全てボートラと同じドイツ・ハンブルグ公演。

 


同じくYoutubeの「スターズ(Stars)」のPV映像とライヴ映像です。
 

 


同じくYoutubeの「フォー・ユア・ベイビーズ(For Your Babies)」のPV映像とライヴ映像です。
 

 


同じくYoutubeの「スリル・ミー(Thrill Me)」のPV映像とライヴ映像です。
PVは、ライヴと同じ映像を編集して使っているようです。

 

 


同じくYoutubeの「ユア・ミラー(Your Mirror)」のPV映像とライヴ映像です。
これも、PVはライヴと同じ映像を使用しているようです。

 

 

 

 

 

「佐野元春」の86年12月発表の5th「カフェ・ボヘミア(Cafe Bohemia)を聴きました。

僕が持っているのは、05年発売の紙ジャケット、05年リマスター。

佐野元春5-1
(ジャケット表)

佐野元春5-2
(ステッカー付外袋を外したジャケット表)

佐野元春5-3
(ジャケット裏)

佐野元春5-4

 

佐野元春5-5

(内袋表裏)

佐野元春5-6
(封入カード)

昨年、40周年記念のベスト盤「MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980 - 2004」を聴いたので、久し振りにオリジナル・アルバムを順に聴き直そうと思います。

このアルバムは、5作目(オリコン2位)。
佐野元春 WITH HEARTLAND名義の最初のアルバムで、アラン・ウインスタンレイによりロンドンにてミキシング。
以前書いた記事は、こちらです。
また、06年には20周年記念「ジ・エッセンシャル・カフェ・ボヘミア(The Essential Cafe Bohemia)」(CD2枚組+DVD、リマスター)も発売されております。

1曲目「Cafe Bohemia(Introduction)」は、タイトル通り、カフェらしき雑踏の効果音。
2曲目「WILD HEARTS -冒険者たち-」は、19thシングル(オリコン7位)。後の「約束の橋」などにもつながる、元春スタイルの完成形と個人的に思う曲。
3曲目「SEASON IN THE SUN -夏草の誘い-」は、18thシングル(オリコン9位)。軽快なテンポで突き進む曲。
4曲目「カフェ・ボヘミアのテーマ」は、スタイル・カウンシル丸出しのホーン&オルガンのインストゥルメンタル。
5曲目「STRANGE DAYS -奇妙な日々-」は、17thシングル(オリコン5位)。ピアノやキーボードが目立つ、これまた軽快なテンポの曲。
6曲目「月と専制君主」は、微妙に途中で曲調が変わるなど、意外と凝った作りの曲。11年に同名のセルフ・カバー・アルバムを発表。
7曲目「ヤングブラッズ」は、15thシングル(オリコン7位)。3rd12インチ・シングル(オリコン13位)。国際青年年のテーマソング。
8曲目「虹を追いかけて」は、ホーン&ストリングスの入った軽快な曲。
9曲目「インディビジュアリスト」は、6th12インチ・シングル(オリコン38位)。2トーンのスカ。
10曲目「99ブルース」は、5th12インチ・シングル(オリコン25位)。パーカッションにホーンが絡み、混沌とした雰囲気を醸し出す曲。コロナ禍の現在に通じる歌詞。
11曲目「Cafe Bohemia(Interlude)」は、キーボードを主体としたインストゥルメンタル。
12曲目「CHRISTMAS TIME IN BLUE -聖なる夜に口笛吹いて-」は、4th12インチ・シングル(オリコン7位)。レゲエ調のクリスマス・ソングの名曲。
13曲目「Cafe Bohemia(Reprise)」は、1曲目同様、カフェらしき雑踏に少しだけジャズ音楽が被るインストゥルメンタル。

発表当時からさんざん言われた、スタイル・カウンシルのパクリ云々はもういい加減に良いですかね。
このアルバムは、シングル曲が多いことからも分かるように、各楽曲の出来が良く、内容的に充実しています。
4th「ヴィジターズ(Visitors)」やこのアルバムが一番よく聴いた元春の作品だと思います。

Youtubeで「ヤングブラッズ」のライヴ映像を見つけたので、ご紹介しましょう。

 


同じくYoutubeの「99ブルース」のライヴ映像です。

 


同じくYoutubeの「CHRISTMAS TIME IN BLUE -聖なる夜に口笛吹いて-」のTVライヴ映像です。