Coyote Happy! My Life in Arizona

Coyote Happy! My Life in Arizona

2011年3月からSan Diego、2012年7月からArizonaで生活をしています。

私のひとりごとに耳を(目を)傾けていただけたら嬉しく思います。


テーマ:
2か月近く遅れてアップ。自分の記録用だから記事には
しておかないと。

今年の私の誕生日は、義理の息子が来ていたのでお祝いは
一瞬でした。



リクエストしていたものと、そうでないものと。
また沢山もらっちゃった。

個別の写真撮ってないものは
フォンデュ用の電気鍋(やる気!)
小フライパン

ネックレスx2 ↓
いつもは誕生石のペリドットなんだけど、お店にあったのが
プラチナとコンビだったそう。(私はゴールドが好きなので)

緑色が好きだと思ったらしく、エメラルド。あと、ヘビのは
私のリクエスト。これはやっすー。




義理の息子が選んでくれたミニ額x2↓
ワインのは、『あなたといられたら不満(whine)なんてないわ!』
という意味です。同じ発音だから。かわいいー。




見て何がモチーフか分かる人は私と同じオタク。↓
The Lord of the Ringsのガンダルフのドアマット。


キャンドルなんですが…。↓うふふのふ。
こちらも、LOTR(The Lord of the Rings)なの。

ホビットの住む、シャイアの香りがするというキャンドル。
内容はクローバーと、苔とパイプ煙草の混合だそう。

言われてみたら…分かる気がする。
でも、煙草臭さはなくて、なんだか本当に温かくて
懐かしい感じ。不思議です。
実は、このキャンドルがずっと欲しくて心待ちにしてたの。

何年かごとにLOTRに対するマイブームが蘇るんだけど、今年も。
本を読み返して、映画のDVDを観直して、と。
ああ、嬉しい。これに火を灯してから読むの。
読みかけの本がまた一層楽しくなります。


そしてこれは義兄から。(笑) ↓

D-backsのJake Lambの首振り人形。
私、ジェイク・ラム別に好きじゃないんだけど…。
義兄の頭の中では羊好きの私なら絶対にラムが好きだろうと
プロセスされたみたいです。今季は負傷休業なのよね。
来年は頑張って戻って来てほしいです。



最後に、カード。





テーマ:
どうでもいい久々アップ第二弾。

前回の記事で野球選手の登場曲を挙げました。
それには背景があるのです。

私、数多い妄想の中にプロのスポーツ選手があって、
試合の登場曲のリストがあるの。

もしプロボクサーになったら…
もしプロ野球選手になったら…
結局この二つなんだけど。

前の記事を挙げた後に思いだしました。

昔からこういうのを考えるのが好きなの…。
のちのち、自分で読み返して爆笑したいので記事にしておきます。
曲名だけなのはYouTubeへのリンクになってます。
全部記事に入れるのは恥ずかしすぎるからね。

でも、選曲は本気。
選曲の基準は会場の皆さんをハッピーにしたいという思い。
あ、でもウルクハイだけは、敵を威嚇したいから。

野球は
銭形平次の主題歌
お祭りマンボ

メジャーで活躍することになった時のために
これも入れとく。

Green DayのMinority




ボクサーだったら
やっぱりThe Lord of the Ringsの
ウルク=ハイのテーマ!

または
やっぱりサンダーバードのテーマ

なんでやっぱりなのか分かりませんよね。

あ、あと…これは手をぐるぐるさせて踊りながら
登場したい。

ヴァン・マッコイの名曲、ハッスル。

これはですね、実はもしちびと結婚式を挙げることにしたら
2人で登場する時の曲の候補に入ってる。
ちびの許可は得ていないけどね。

私の頭の中では、2人ともアフロのかつらを被って踊りながら
登場して、周囲にお腹を抱えて笑ってもらう…という絵が
できています。身長差でも阪神巨人だし、爆笑間違いなしよね!



2か月ぶり(もっと?)にブログして意味不明の記事二連発。
ご心配頂くかもしれませんが…たぶん、頭の中も大丈夫です。

テーマ:
ブログ、激しくサボっていました。元気です。

野球、野球場にはたまに通うほどですが小学生の頃からずっと好きです。
日本では日本ハムファイターズ (1973-2003。東京の頃のね)と
西武ライオンズを渋く応援。

地元を応援したい気持ちから微妙に近所。
私、なぜかアンチ巨人…。ヤクルトはいつも好きな選手が不在で。

小学生当時は、父の経営していた店の職人さんを相手に
ピッチング練習などもしていました。

当地に越してきた2012年からは、もちろんアリゾナ・ダイヤモンドバックス!

今年はピッチャー平野佳寿が入団して、日本人として応援できる選手も
できたのでよけい嬉しいの。

でも、2012年に初めて本拠地Chase Fieldで試合を観戦した時に
一目惚れしたピッチャー、Patrick Corbinが一番好きなの。

今年はオールスターにも出場したけど、かっこいいし性格もいいらしい。
高価な新車を持つ選手が多い中、中古車を購入したとか、謙虚みたいで
そこも好きー。それから、一塁手の巧打者Paul Goldschmidtも好き!


チームは今のところナ・リーグ西地区で1位。
このままの調子でずっと行ってもらいたい!

つことで球場での登場曲(Walk-up music)を2曲。

これがパトリック・コービンの曲。



こっちが平野選手の曲。



どっちも好きなタイプの曲ではないから、新鮮。

サボっていたうえに訳のわからないブログ記事投稿ですみません。

テーマ:
また仕事の話。だって最近仕事ばっか。

会社はここ数年業界生き残りをかけて吸収したり合併したりしているので
(私が所属していた会社も吸収されて今がある)組織の改変は日常事。

つい先週もCEOから『大々的にリストラします』という言葉をオブラートに
包んだメッセージが全員に送られてきたし、沢山の同僚が働いていた
カナダオフィスもクローズになって今まで一緒に仕事していた人たちが
いつの間にか消えている、ということも頻繁にある。

日本でも10年勤めた会社で働いている間に4回も吸収合併が起きたので
感覚的には慣れてる。次の会社では人事でリストラの手続きする側にも
まわったし…。(決して楽しい仕事ではない)

この会社での私の立場はフリーランスの契約勤務。だからもともと長く
いられるとは思ってなかったし、今も履歴書はいつも内容を更新してる。

でも!最近ちょっと嬉しいことがあったのでどうしても記録しておきたい。

会社の福利厚生は正社員向けのみと思っていたら、フリーランスでも週に
安定的な勤務時間をこなし、一定期間勤務したら社員と同等のベネフィットが
受けられるんだって。

で、ついに私にもその時がきたそうです。手続きの案内が人事から届きました。
やったー。以前勤めた会社は4ヵ月で辞めたのでその直前だったんだよね。
だから、アメリカで初めてカイシャイン気分です。

それから、これもやっぱり正社員のみだと思っていた査定。
ま、本格的なのはやっぱり正社員だけみたいなんだけど…。
それでも、上司から査定的なものを送ってきました。
去年の12月から今年の3月までの評価。

私の役割はトレーナーなので、トレーニングを受けた人たちから
アンケートをとっていたらしい。それにプラスして上司の評価。




がんばったので満点じゃないのがちょっと悔しいけど、でも
ブログで大々的に誇りたい。(すみません)

上の他にも情報が入ってて、トレーニングを行う回数がメトリックスとしては
足りなかったみたい。でもさ、沢山入れると疲れるんだよーーーー。
集中力もなくなるし、無理。

頂いたご意見の大半が『内容も話し方も明瞭であった』という結果のよう。
上司も私のトレーニングに対する熱意を認めてくれてるみたいなので良。

昨日はプロジェクトチームに依頼されて1対1で翻訳者をトレーニングしたの。

たっくさんの情報を伝えなければならなかったので申し訳ないなと思っていたんだけど
終わった後に"It was very engaging."と言ってもらえてうれしかった。

日本語で何と言うのが適切なのかな?辞書で見ると興味をそそるとか人を引きつける
とかありますが。内容が興味深いとは思えないのでたぶん、飽きなかったってことだと。

実は人嫌いの私ですが、世界各国の人たちと出会えて、その人たちに何か学ぶ手助けが
できる、というのはやりがいのある仕事だと思ってる。今まで未知の世界だった業種の
勉強もできているし。面白いです。

事務仕事が溢れてたり難題を頂いたり、すごく忙しい時はもうやだーと思うことも
多々あるけど、本当は愚痴なんて言える分際じゃないです。ありがたいこと。

毎回、この仕事はいつまであるか分からない…と言ってるけど、それは全然変わらない
から、本当にこの仕事があるうちは、日々感謝して精進せねば。

完全に手前味噌な内容なのに、辛抱して読んでくださった方々に感謝を込めて、
うちの熟女の写真を最後に。


テーマ:
今の仕事を始めた当初は上司がイタリア人で同僚もイタリア人。
その後、チームにはインド人とスロバキア人とブラジル人が加わって
国際色豊かになったの。

そして…あれから2年(たぶん)。

私のいるトレーニングチーム、気がつけば私以外は全員インド人に
なっていました。



写真、全然関係ないけど…。

今の内訳は上司も自分も含めて女性4人、男性1人の計5人。
私以外は全員インド在住。

インド時間で夜間勤務の2人とは私の午前中で時間が重なるので毎日
インスタントメッセージのやりとりがあるし、スカイプで会話もする。
男性のラテは多少アクセントがきついけど、女性はみんな美しい
クセのない英語を話します。だからコミュニケーションも楽。

ITヘルプデスクのインド人は電話じゃなくてメッセージに
しようよ…と言いたくなるほどクセの強い英語の人が多いから、
これは本当に助かる。こみいった話もしなきゃいけないし。

チーム、これまで人の入れ替わりが激しかったけど、
たぶん…勘ですが、このメンバーでは長く一緒に働けそうな気がする。
(またリストラの波が来てるから私の方が危ういかもしれないけど 笑)

インドの人たちとは、日本にいたころから職場で接してたの。
最後に勤務した会社ではバンガロールと仕事を分け合っていたので
先方から出張でよく来てたし、うちのチームからもバンガロールへ。
で、私がリストラにあっていなければ次は私の番だったのです。

先に行った先輩女性2人は、お腹も壊さなかったしすごく面白くて
楽しかったと言ってた。私はTVとかで観た道路に寝てる人とか
わがもの顔で街中を歩く牛とかヨガの行者とか話が終わったらいきなり
みんなで踊りだす映画のイメージがあるからちょっとビビってましたが。

アリゾナでちょっと勤めた会社にもいたし、縁はずーっと
あったんだよね。でも、本当に同じチーム内で毎日密に一緒に仕事を
するのは初めて。

仕事をしていく上でのカルチャーがどこかで大分違うんじゃないか、
いつか何かすごい常識のずれをお互いに感じ合うんじゃないだろうか、
という不安はあったの。

でも、今のところまったくそれを感じません。
ふっつーに話してふっつーに一緒に仕事してる。

上司は常に私がハッピーかどうか気にかけてくれてるし、助けて欲しい時には
ちゃんと手を差し伸べてくれるし、対応も早い。

アメリカの会社だし、仕事に関しては文化の違いって心配する必要はなかったのかも。

時間が合う同僚のイバ(女性)とラテ(男性)とは仕事に関係ないおしゃべりもする。

イバは世話好きでおしゃべり好き。脱線もよくするけど気もつくし優しい。
ラテは他のチームから来た新人。トレーニングチームでは新人だけど他のチームでは
リーダーだったみたい。こちらも世話好きでおしゃべり好き。

ラテはよく画像を送りつけてきます。昨日も、トレーニングのアカウントの
パスワードを忘れた時用の秘密の質問「あなたの父親が生まれた年は?」の
答えが「2017年」というのにツボッたみたいで

その画像とって、それと一緒に
『これウケるんだけど!(゚c_,゚`。)プッ』というメッセージ。

だから私も時々YouTubeで観た爆笑映像とか、リンクを送ってあげます。笑
アメブロでよく読ませて頂いているHIROMIさんの記事で観たビデオとか。

彼の奥さんが作るビリヤニ(インド炊き込み飯)がすっごくおいしいと言っていたので
「食べたいなあ」と言ったら「食べに来いよ!代金は日本語を教えてくれればいいよ」
「うちの夫は大食漢だから大変だよ」と言ったら「俺の方がたくさん食べるから大丈夫」
「じゃあ勝負だね」って感じ。

私、インド料理が好きなのでこういう話するたびにすごーく食べたくなっちゃう。
今週末は絶対行く。

このラテ、先日生まれて初めてのトレーニングを終えて
「やっと終わったー!緊張して冷や汗沢山かいた」ってすぐメッセージ送ってきた。

後でイバと話したんだけど、イバは心配でそれに同席してたらしい。
「質問に全然違うことを答えてたから、あわてて飛びこんで教えてあげたの」って
言ってた。笑

ま、私もそんな感じだったし。そのうちみんな慣れるんだよね。

何かこんな風にみんなお互いを助け合ってチームをよくしよう、って空気感があって
雰囲気いいの。

在宅だから同僚との生の交流がなくて淋しいな、と思ってたけど
なかなかどうして、楽しいです。

去年末に寿退社(古い…)した子(やっぱりインド人)はギャツビーをテーマにした
ウェディングをしたんだって。インド人、奥が深いっす。(テーマウェディングは
浅いかもしれないけどさ)




コメントのお返事がいつになるか分からないのでコメント欄は閉じておきまーす。さーせん。









Ameba人気のブログ

Amebaトピックス