星をよみ、星をつかい、自分を満たす『Power Styling』

星をよみ、星をつかい、自分を満たす『Power Styling』

ホロスコープで自分を理解し、個を理解し、
金星の象徴であるファッションで自分を満たす

 

こんにちは。

 

春がだんだんと近づいて来ています。

 

やっと暖かくなってくれる~

 

 

と最近うきうきしている今日この頃です。

 

 

春に取り入れる色はやはりスプリングカラーですが、

 

スプリングは

 

イエローベース、明るい、クリアな色の集団

 

 

でしたね。冬はどうしても明度が低くなりがちですが、春になると

 

ぱーっと明るい色がたくさん出てきてくれるので気分も明るくなりますね。

 

そこで今年のメイクのトレンド、傾向をお伝えしていきます!

 

 

私はそれほどトレンドに乗っかる方ではありませんが、ファッションは新しさがいまどき、

 

ということで、こんな感じが今はあか抜けている?!と思われるポイントをお伝えします。

 

 

 

まず、最近ずーっと主流の茶系、レンガ系(赤茶、テラコッタ系)

 

に春色の黄色やオレンジをミックスしたものが今どき。

 

 

(イエローベースが多いのです、、、相変わらず。)

 

 

そしてこれに以外と反対色を組み合わせているのが

 

 

こじゃれた感じを醸し出している今の顔になるのかな~という感じです。

 

 

例えば、こんな感じです。

 

 

 

DAZZ Shop Web siteから参照

こちらは淡い紫とオレンジを合わせています。

こじゃれてますね~

 

こちらは比較的ブルべの人も挑戦しやすいこじゃれ感

 

ぜひぜひ、自分に似合う茶系と反対色を組み合わせて

ちょっとだけ冒険してみてください~

 

 

 

Visual Consultant 

hiroko

 

こんにちは。

ビジュアルコンサルタントのhirokoです。

 

外見を変える事は目に見えるものを変えることで変化しますが、

 

実は、それは自分の内面を知ることから始めるととてもスムーズにいきます。

 

 

というか、本当に似合うしっくりとした外見を手にすることが出来ます。

 

 

私はこのことを長年?数年言い続けてホロスコープも読めるようになり、

人の内面と外見を一致させることで

 

その人にしかない魅力を使って外見を作っています。

 

そして、意外と全然重要視されていないことが

 

自分を知る、認識する、という事なんです。

 

自分の事が分かると目指す像が分かります。

 

目指す像、理想像がずれている、もしくは分からないか、

 

このような人が意外といらっしゃいます。

 

理想像がずれていると理想のように外見を変えても素敵にならないのです。

 

 

ここがずれる事によってずれる理想像は自分の向かう先ではないので、

 

本来おとずれるはずの幸福(素敵な外見になる)は遠ざかると

 

 

私は思っています。

 

なので、ファーストステップとして一番重要な事は

 

 

自分を知る、自分の内面を知るという事なのです。

 

 

ここがとても重要です。

 

 

一つ、おすすめで簡単にできる事は自分の好きを集めたコラージュを作ることです。

 

集めたものを見ているとおのずと自分の好みが見えてくると思います。

 

 

ビジュアルコンサルタント

hiroko

 

 

 

こんにちは。

 

 

ビジュアルコンサルタントのhirokoです。

 

 

本日は潜在意識についてです。

 

 

ここ数年潜在意識がとっても気になり、私なりにたくさん本を読んで調べています。

 

そんな中、潜在意識は外見、イメージを作るのにもとても影響を及ぼしていることが分かりました。

 

 

なので、外見を作るうえで大切なことをお伝えしたいと思います。

 

 

 

まず、最初に自分の魅力を理解します。本当にここが大事!!

 

ホロスコープは本当に活用できるので、よかったら調べてみてください。

 

魅力は、太陽、金星、アセンダント、月

 

この4つに隠れて?存在しています。

 

ここの何かしらのヒントがあります。

 

 

 

 

その魅力を外に表すために、今度はこの魅力と同じような魅力をもつ

 

公人、芸能人、有名な人を探します。

 

その人のimageを頭の中に焼き付けます。ここが本当に大事!!

 

 

その人になりきったつもりで行動してみます。

 

 

外見を似せる秘訣はimageを大切にすることです。

 

その人の外見に少しずつ、少しずつ近づけていきます。

 

 

似せるは本当に大事で、このイメージ力が豊かであれば豊かであるほど素晴らしい結果になります。

 

 

そのイメージになりきる、ここが潜在能力の発揮のしどころです。

 

脳はimageなのか?現実なのか?

 

認識できません。なので、なりきる、その人になったつもりになる、

 

 

ということが本当に大事になってきます。

 

ちょっとくらい痛い人になっても構いません 笑

 

 

 

 

これができるようになると、本当にその魅力的な人に似てきます。

 

 

プロに頼まず、自分でできる魅力を外見に表す方法です。

 

 

ご興味ある方はぜひぜひ!トライしてみてください~

 

 

Visual consultant hiroko

一つの魅力を付け足すとしたら?~ふたご座編~

 

 

 

 

今回は星座によっての際立った魅力を外に表すとしたら?

です。

 

 

 

 

 

 

自分のことって大体わかっているようでわかっていないことも多々ありますよね?

 

そんな人にちょっとしたポイントを今の自分に付け足すだけで魅力がます、

 

そんなお話です。

 

 

星座ごとに自分の魅力の表し方をお伝えしていきます。もともとの太陽ではないので、

付け足すポイントとしてみるなら、ホロスコープで太陽星座ではない、金星や月を見てみてください~

 

 

 

まず、はじめに金星や月やアセンダントがふたご座という方を取り上げてみたいと思います。

 

 

 

ふたご座のイメージは若々しさと性とは反対のかわいらしい魅力になります。

 

そんな双子座を裏の魅力としてもつ方はこんな感じでちょっと付け足してみましょう~

 

ふたご座らしい女優さんは新垣結衣さん、広瀬すずさんになります。

 

どちらも若々しい、セクシーとは違う魅力のかわいらしい魅力の持ち主ですよね?

 

そんな魅力をお持ちの方は

 

 

 

若々しいはっきりとした配色を入れてみたり、

 

メイクは化粧品ブランドですとRMKのようなイメージでメイクしてみたり、

 

ちょっとカジュアルよりにしてみる

 

 

こんな感じです。

 

 

 

例えば、

以前お客様で太陽かに座、金星ふたご座の方がいらしゃいました。

 

かに座はファミニン、ふたご座はそこにちょっと配色で元気さをたして

カジュアルよりにします。こちらのお客様は配色がフェミニンさんではなく、

キュートよりの元気な配色になりました。

 

たとえば、

エレガントにカジュアルが入ると

 

クラシックにカジュアルが入ると

 

 

 

フェミニンに強めのカジュアルが入ると

 

モダンにカジュアルが入ると

 

 

 

こんな感じに自分の太陽の魅力に一つか二つ、魅力を足すことによって

その人にしかない魅力を外見に反映させています。

 

今はなにかしらカジュアルがブレンドしているファッションが流行しているので、

自分の元のタイプが何であれ、ふたご座がブレンドしている人は探しやすいと思います。

 

 

 

ビジュアルコンサルタントhiroko

 

こんにちは、hirokoです。

 

 

私の診断はホロスコープを使ってその人の魅力を見ることから始まります。

 

内面を外見に表現する、をテーマにしているので、その内面を知ることができるのが

ホロスコープなんです。

 

 

 

その他、質問事項にもたくさんお答えいただきますが、自己診断ですとまだ見ぬ潜在的な魅力が

分からないときが多々あります。特に謙虚な方ほど自分をそれほど評価してらっしゃらないので、

その傾向が強いような気がします。

 

 

 

そこで、ホロスコープの登場です。

ここからまだ見ぬ?お客様の魅力を探り出していきます。

 

直近のお客様、

 

以前違うサロンで診断を受けられて、ストレート、サマーと診断されたとのことでした。

 

私は今オンラインですべての診断を行っておりますので、以前の診断を知らずに結果を出したところ、

 

確かに、サマーにストレートラインがお似合いの方でした。

 

ここからが内面診断の登場です。

 

私の診断と他のサロンの診断の違いはここからです。

 

私の診断では、お客様はモダンエレガントというタイプに落とし込み、カラーはサマーとなりました。

 

 

 

モダンはストレートなラインですが、エレガントが入ります。お客様は太陽みずがめ座、月かに座、        金星うお座の方だったので、

エレガントをモダンに加え、柔らかさを加えました。色や素材などで柔らかさが加わるタイプとなりました。

 

 

イメージは下記のとおりです。(診断書のコラージュ)

 

 

 

 

ここが内面を反映した結果の違いになります。

 

骨格診断でストレートというとどうしてもきりっとしたタイプに落とし込まれることが多々あります。

 

そのきりっとしたタイプがお似合いになる方もいらっしゃいますが、それだけでは人と違う自分だけの

魅力は表せないのです。

 

 

 

 

ホロスコープは自分のまだ見ぬ魅力を知ることができます。

 

私の診断の面白い箇所はここになります。

 

 

 

パーソナルカラーや骨格診断だけではわからない魅力がホロスコープではわかるのです。

 

その魅力の外見の表し方は今までの学びにより、印象学を使っています。

 

自分の潜在的魅力、

 

分かるとぐんと魅力を外に表しやすくなりますよ。

 

 

ビジュアルコンサルタント

hiroko

 

 

こんにちは。

 

visual cosultantのhirokoです。

 

 

パーソナルカラーはもうご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

そんな中、ネットや本で書かれている簡単な方法で

自分自身を診断したことがある方もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

 

でも、なぜかしっくりこない、と思っている人もたくさんいらっしゃいます。

 

パーソナルカラーを素の瞳の色や肌の色、髪の色だけで判断するのは

間違いのもとになります。

 

パーソナルカラーは人を診断してみて分かることですが、

 

本当にドレープをあててみて顔色をみてみないとわからないことが多いのです。

 

4シーズンが主流で分類されていますが、

 

色の知識がない方のために簡単にシーズンに落とし込んでいるだけで、

 

つくろうと思えば、何分類にでも細かく分けられると私は思っています。

 

簡単に説明した4分類の図が下記になります。

 

 

各シーズンの色の特徴を表しています。

 

色の集団を上記のカテゴリーで分類しているだけです。

色調が黄み系の色か?青み系の色か?

明度は明るいか?中くらいか?暗いか?

彩度は鮮やかさですが、グレーが入るか?入らないか?(クリアは色は白か黒しか混ざらず、濁っている色はグレーが混ざっています)

 

上記の図で星の位置がどのあたりにくるか?で

 

色の集団が決まってきます。

 

なので、16分類や存在したり、12分類が存在しているのです。

 

ちなみに、イエローベース、ブルーベースどちらもいける人は、

上記の図で色調のカテゴリーが真ん中に☆が来る人です。

 

 

人のお顔立ちは本当に人それぞれで上の表でそれぞれのカテゴリーで☆がどの位置に来るかで

自分に似合う色の集団が変わってくる、

 

という感じです。

 

パーソナルカラーも似合う色の集団は人それぞれになり、

ドレープをあててみないと、どれくらいの濁りが必要か?

それとも濁りは必要ないのか?

 

明度はどれくらいか?

 

などは実際ドレープをあててみないとわかりません。

 

 

今日は簡単にパーソナルカラーの説明でした☆彡

 

 

visual consultant hiroko

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

visual consultantのhirokoです。

 

 

ホロスコープは自分の内面の小宇宙。

 

 

内面探索が好きな私はホロスコープに出会うまで

 

 

いろいろな内面探索ツールを試してきました。

 

 

それこそ、いろいろな占いや内面診断的なものをやってきて

 

 

これは何か違うぞ!と思ったのが

 

 

ホロスコープ(星よみ)だったんです。

 

 

 

これは単に自分の性質を10個の天体で表しているだけでないんですね。

 

 

 

自分を理解してどう使っていくか?

 

 

を読み解くことができるもの

 

 

なんです。

 

 

なので、よくある、星占いで自分の性質をみたとします、

 

 

そうすると、あ、、、こういうところはあたってるけど、こういうところは

 

 

違うかな、、、、

 

 

なんて感じる人がたくさんいると思います。

 

 

 

ホロスコープで星を読んでいく段階でも

 

 

ここはあたってるけど、ここは違う

 

 

と思うところは多々あります。

 

 

が、その当たっていないところを見てみると、

 

 

自分の未知なる可能性が見えてくる、

 

 

その才能を使えていない、ということが見えてくるんです。

 

 

 

そこに気づき、意識して生活する

 

 

 

そこが他の診断ツールと大きく違うところだと思っています。

 

 

 

ファッションとホロスコープ

 

 

 

こんな事も加味して外見を作っています☆彡

 

 

 

皆さんの人生がどんどん充実して満たされますように💛

 

 

 

visual consultant hiroko

 

 

 

こんにちは。

 

visual consultantのhirokoです。

 

 

昨日はタイプの座標をお伝えしました。

 

 

今日はお客様の診断書をご紹介します。

 

 

表紙やお客様にお似合いのファッションのコラージュ、

 

 

メイクのアドバイスやパーソナルカラー、体系診断の分析等々

 

 

全部含めたお客様だけのファッションブック(一部ページ抜粋のコラージュ)です。

 

 

もともとおきれいなお客様でしたが

 

 

ちょっと淡い色を選びがちだったようで、

 

 

パーソナルカラーを診断したところ、こんなにこってりしたゴージャス秋色がお似合い!

 

と判明。

 

 

しし座(太陽)の華やかさにかに座(月)を合わせて

 

 

 

Feminine Elegant タイプと診断。

 

 

ラインはちょっとタイトめエレガント、

 

 

小物で遊び、ゴージャス感を出し、品よく色気を出すスタイリング。

 

 

同行ショッピングもとても楽しくご一緒いたしました。

 

こんな感じで星座とファッションタイプを組み合わせた座標を頭の中でイメージしています。

 

 

華やかさを更にバージョンアップさせて

 

これからの人生、きらきらと楽しく歩んでいただけたら

 

という思いをこめて☆彡

 

 

visual consultant hiroko

 

 

こんにちは。

 

visual consultantのhirokoです。

 

 

今日は外見を作る際に大事なポイント3つのうちのタイプについて

 

お伝えします。

 

 

タイプは本当に数限りなくあるのですが、、、

 

 

基本は14タイプで診断しています。それで一つのタイプの方って

 

 

あまりいらっしゃらないので、皆さんほとんどミックスタイプです。

 

 

簡単な区分けをお伝えしますね。

 

 

 

 

 

こんな座標に落とし込んでタイプを作っています。

 

 

上に行くほど女性的なタイプ、下に行くほど男性的なかっこいいタイプ、

 

 

左に行くほど活発なタイプ、右に行くほど落ち着いたタイプという感じです。

 

 

曲線のラインか?直線のラインか?

 

素材感は?

 

配色は?

 

等々はこの座標でだいたい定義が決まっていて、

 

 

このタイプの方はこういうラインでこういう素材感でこういう配色

 

 

という具合に定義されています。

 

 

全てはそういう外見をつくるとそういう印象を与える、

 

 

という理論に基づいています。

 

 

 

さてさてあなたはどのタイプでしょうか?

 

 

 

考えてみてくださいね~

 

 

次回はそれぞれの座標配色等もお伝えしていきますね☆

 

 

visual consultant 

 

hiroko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

visual consultantのhirokoです。

 

 

 

前回はホロスコープで自分を理解する、というお話をしました。

 

 

生きやすくなる、自分の取り扱いが本当に上手になる、という話でしたが、

 

 

 

ここを通過しないで、なりたいと思っている外見をつくったとしても魅力が全開になる、

 

 

 

とは限らないのです。

 

 

この方はこんな好みだからこのタイプかな~と診断してタイプを特定したとします。

 

 

はずれていない場合もありますが、それは感性の診断になり、本人にもなぜ?が分かりません。。。

 

 

 

私の診断は理論からきています。ホロスコープも理論からなりたっている学問です。

 

 

 

 

なので、こういう内面の魅力がある、とホロスコープで診断し、

 

 

 

そのあと、印象学を通して外見を作成します。印象学というのは

 

 

 

こういう印象はこういう外見やパッケージ、デザインになる、

 

 

 

というこちらもきちんとした理論でなりたっています。

 

 

 

今はカラー診断も体型診断もネットで可能となりました。

 

 

 

こちらも理論のなせる業なのです。

 

 

 

外見を魅力的にしたいなら

 

 

 

まず、自分を理解すること

 

 

 

でした。

 

 

 

visual consultant hiroko