自民党道連「HOKKAIDO政治塾」

自民党道連「HOKKAIDO政治塾」

共につくろう「ふるさと新時代」

 1月25日(土)、第8期2回目の「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。

 

 

第1講座は、党中央政治大学院長の中谷元衆議院議員に、「激動する国際情勢と日本の安全保障」をテーマにご講義いただきました。「中川昭一先生の『日本を守るために日本人が考えておくべきこと』、町村信孝先生の『保守の論理』という本がある。本の中では、まさに一貫して、日本の安全保障のことを考えて、日本はこうあるべきだ、日本はまだこういうことができていないということを、いろいろご指導いただいた。日本は情報を持っている国にならなければならない。海外情報も取れるくらいの情報力がないとやられてしまう。サイバー攻撃を受けて大事な名簿を取られたりして、もうすでに入り込まれている。では、日本はどう止めるのか。誰がやったかを徹底的に追求して、抗議しなければならないが、日本の今の法律には通信傍受法というのがあって、他人の電話や通信を勝手に見ることはできない。したがって、インターネットのサイトにも勝手に内部に入れない。情報の世界で立ち遅れてしまってるし、宇宙開発の分野でも出遅れているので、そういう面の整備も必要。そして、国家としていかにあるべきかということで、憲法の中で自衛隊の記述もなければ、国を守るという記述もない。憲法改正もしなくてはならない」とお話いただきました。

 

 

第2講座は岩本剛人参議院議員に、「通常国会が始まって」をテーマにご講義いただきました。令和2年1月20日に行われた安倍内閣総理大臣の施政方針演説等に対する二階俊博党幹事長の質疑の中から、「政治・行政は、国民ひとりひとりの人生への支援を行っている。ひとりたりとも無駄な人間はいない。無駄な中山間地帯など、どこにも存在しない」という言葉を引用し、「政治で大事なことはこの一言に集約されていると思う」とお話いただきました。そのほか、国会と北海道議会の違いや、国会の裏話等を披露してくださり、塾生も関心をもって受講していました。

 

 

 

 1月16日(木)、中央政治大学院 地方政治学校全国会議が党本部で行われました。全国の政治学校が集まっての会議は今回が初めてです。

 

 中谷元学院長の挨拶、

 二階俊博幹事長の挨拶がありました。

 次に、中谷元学院長から認定証が授与され、当政治塾塾長の吉川貴盛道連会長が受け取りました。

 その後、中央政治大学院の活動紹介、全国を代表して、愛知・岐阜・東京の政治学校が活動を紹介し、意見交換・全体質疑も行われました。今後の政治塾運営の参考にしたいと思います。

 

 夕食懇談会の後・・・・・

 

 中央政治大学院総長の安倍 晋三総裁出席のもと、まなびと夜間塾が行われ、

 本郷和人 東京大学史料編纂所教授・歴史学者が「日本史のツボ」をテーマに講演を行いました。

 自民党道連「HOKKAIDO政治塾」第8期の講座が12月7日にスタートし、札幌市内で開講式が行われました。

 第8期には道内外から会社員、会社役員、地方議員など意欲に燃える40人が参加しました。

 

 開講式では国歌斉唱に続き、塾長である吉川貴盛道連会長が記念講演し、「皆さんは、令和の記念すべき新時代の最初の塾生になる。党本部での研修や国会議員をはじめとする講師等も皆さんのご要望にお応えしながら、この1年間しっかりと塾を運営していきたいと思うので、長いようで短い1年間を楽しみながら過ごしていただきたい」と激励。農林水産大臣としての経験やこれからの北海道、日本の農業について講演し、塾生たちは熱心に耳を傾けていました。

 第2講座は、オリエンテーションを行いました。政治塾運営委員会のメンバーや塾生による自己紹介、そして政治塾運営委員長の桐木茂雄北海道議会議員から今後の講座スケジュールなどについて説明がありました。

自民党道連「HOKKAIDO政治塾」

第8期生を募集いたします!

 

入塾案内を熟読のうえ、入塾を希望される方は入塾調査票をすべて記入し、ご郵送ください。

 

郵送先:

〒060-0004 札幌市中央区北4条西4丁目 ニュー札幌ビル9階

自民党道連「HOKKAIDO政治塾」運営委員会

 

入塾案内、入塾調査票は自民党道連HPからダウンロードしてください↓

https://www.jimin-douren.co.jp/seijijuku/20190909_seijijyuku.pdf

 

お問い合わせは自民党道連政治塾担当まで

℡011-241-5941

 

ご応募お待ちしております!

 

 11月10日(土)、自民党道連「HOKKAIDO政治塾」第7期の修了式を行いました。

 

 政治塾運営副委員長の吉川隆雅北海道議会議員の司会のもと修了式は進行し、まず最初に、農林水産大臣の公務のため欠席した塾長の吉川貴盛衆議院議員からのビデオメッセージが上映されました。

  「素晴しい故郷北海道のために今日まで研鑽をつまれてきた政治塾の皆様におかれましては、これからもそれぞれの立場で力を発揮し、北海道や我が国の未来のために全力を尽くしていただきたい」と修了生にエールを送りました。

 その後、政治塾運営委員長の花崎勝北海道議会議員から修了生一人ひとりに、修了証書、そして講義の写真が手渡されました。

 懇親会では、政治塾運営顧問の藤沢澄雄北海道議会議員からのご挨拶、修了生によるスピーチが行われ、第7期を終えました。

 10月13日(土)、第7期11回目の「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。

 

 塾生は、昨年12月の開講以来、わが党の国会議員や各界の有識者等からさまざまなテーマについて学び、自己研鑽に励んできました。通常講義の最終日である今回は「私が知事になったらやりたい政策」をテーマに、塾生は原発問題、働き方改革、地方創生、教育問題、経済問題、農業問題など色々な分野について、従来の発想にとらわれない柔軟な発想の政策を発表しました。塾生たちはこれまでの学習の成果を振り返りながら政策発表会を行いました。

 

 政治塾運営副委員長の吉川隆雅北海道議会議員の司会により発表会が行われ、最後には審査員を務めた

自民党・道民会議議員会会長の東国幹北海道議会議員、

政治塾運営顧問の藤沢澄雄北海道議会議員、

政治塾運営委員長の花崎勝北海道議会議員からご講評をいただき、第7期最後の通常講義を終了しました。

 9月29日(土)、第7期10回目の「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。

 開会に先立ち、平成30年北海道胆振東部地震で犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、全員で黙祷を捧げました。

 

 第1講座は、北海道大学大学院法学研究科・法学部の山崎幹根教授に、「戦後道政史とこれからの北海道」についてご講義いただきました。開発と自治のせめぎあいの中で繰り広げられてきた北海道の政治史について、1.他府県と異なる戦後北海道開発政策の特徴、2.戦後北海道開発政策の成果と評価、3.戦後北海道政史、4.これからの北海道の4つのテーマにそってわかりやすくお話いただきました。「今後、今の開発の仕組みをどうしていくか。現行制度を指一本触れさせないで頑張る。時代的に役割が終わったからやめる。21世紀の北海道の課題を解決するために新しい制度を構想構築していくという3つの方向性がある。」と述べられました。

 

 第2講座は下村博文衆議院議員に、「これからの日本の方向性」をテーマに、人口減少問題、少子・高齢化問題、教育問題、憲法改正を中心にご講義いただきました。「今後北海道が中心になる可能性が十分あると思う。今後もっと温暖化になっていく。そうすると北海道がもっともっと注目される。だから今からもっとのびるための可能性が唯一あるのは北海道に住んでいる人しかいない。ひとりひとりがそういう意識を持って地域のために活性化させようと、それが日本全体、世界のためにつながっていく。この政治塾に入ったのは偶然ではなくて、必然的な無意識の中で自分に対して与えてくれたインスピレーションだったという塾になることを願っている。」とまもなく修了を迎える塾生にエールを送っていただきました。

 

 

 

 

 第2講座に先立ちまして、下村先生の後援会「博文会」の皆様から、北海道胆振東部地震義援金をいただきました。心より御礼申し上げます。

 8月25日(土)、第7期9回目の「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。

 

 第1講座は、日本唯一の財政再生団体・夕張市の鈴木直道市長に、「RESTART Challenge More.」をテーマに、財政再生団体とは何か、厳しい財政状況の中で取り組んでいるコンパクトシティ計画やJR問題を中心にご講義いただきました。「先進国の中で最も少子・高齢化が進むわが国。その中でもさらに象徴たる北海道で課題を解決していくことは、まさに世界最先端の取組み。夕張市だけではなく、全地域で取り組んでいくことが重要」と述べられました。

 

 第2講座は、北海道五区の和田義明衆議院議員に、「揺れ動く国際社会と日本の未来」をテーマに、外交、食糧、宇宙、通信、IT、経済、テロ対策等、世界と比較した日本の現状とこれから、さらに、日本が現在抱える自然災害、人口減少、少子・高齢化等の問題についてご講義いただきました。「今の時代の政治のテーマを一言で集約すると『守る』だと思う。安全保障で外国によるリスクから守る。国内の治安において守る。自然災害・インフラの老朽問題から守る。病気から守る。しっかり教育を受け、どこに行っても活躍できるように礎を守る。こういったことが大切だと思うとお話されました。

 

 7月21日(土)、第7期8回目の「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。

 開会に先立ち、平成30年7月豪雨で犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、全員で黙祷を捧げました。

 

 

 第1講座は、党総裁外交特別補佐の河井克行衆議院議員に、「米朝首脳会談は何をもたらしたか~小さな島からの大きな衝撃~」についてご講義いただきました。「シンガポールでの米朝首脳会談から、日本の戦後の外交安全保障の根底土台が変わり得るまったく新しい時代に突入した。私たちは戦後、世界中で最も平和を希求して、愛して、経済的な繁栄を謳歌してきた。この新しい時代に責任を持って対処していくことができるのは自民党しかいない」と述べられました。

 

 

 第2講座は、党道連IT特命委員長の藤沢澄雄北海道議会議員に、「IoTと政治」をテーマに、総務省が全国的に進めているIoTを活用した情報通信政策、道議会へのペーパーレス議会システム導入に向けた課題、ネット選挙におけるSNSの実態などについてご講義いただきました。

 

 6月13日(水)~14日(木)の1泊2日で、東京研修を開催しました。

 

 1日目は、到着後党本部名物カレーを食べ、

 

 

 党本部にて講座を行いました。進行は政治塾運営副委員長の吉川隆雅北海道議会議員です。

 

 

 開始に先立ち、政治塾塾長の吉川貴盛衆議院議員が挨拶に立たれました。

 

 

 第1講座は、党中央政治大学院副学院長・党青年局長の鈴木馨祐衆議院議員による「2018-2030 日本のリスクと戦略」、

 

 

  第2講座は、党筆頭副幹事長の小泉進次郎衆議院議員による「人生100年時代:日本を『変革者』の国へ。」、

 

 

  第3講座は、党サイバーセキュリティ対策本部長の高市早苗衆議院議員による「リスクの最小化に向けて」が行われました。

 

 

  2日目は、党本部内を見学し、

 

 

  第4講座は、党本部職員の小林邦広さんによる「自民党の60年を振り返る」が行われました。

 

 

  その後、総理官邸を見学し、

 

 

  衆議院議員食堂で昼食をとり、

 

     

 

 議員会館を見学し、

 

 

 国会(参議院)を見学し、東京研修全日程を終了しました。

 

 

 

 大変充実した有意義な研修となりました。