友人夫妻が子供を連れて

遊びに来てくれました。

 

男の子2人兄弟なのですが

このお兄ちゃんのほうが

犬嫌い、というか犬が怖い子で。

 

聞くと3歳くらいの時に浜辺で

リードのついていない大犬に

のし掛かられてしまった

不幸な経験を持つそうで、

でも本人としては

「犬は嫌いじゃない。好き。

将来は飼いたい。でも今は

あんまりそばに寄りたくない」

みたいな気持ちである様子。

 

さてそうなると滞在期間中

我が家の盲導犬候補生

アーシー(仮名)をどうするか。

 

「息子さんが犬に慣れるまでは

基本台所から

外に出さないようにしよう」

 

私の言葉に友人夫妻は

「大丈夫よ、

そこまでしてくれなくとも」

 

が、肝心の本人8歳は

「ありがとうございます、

犬はしばらく台所に

入れておいてください」

 

よーし、アーシー、台所待機だ!

 

ところがここに伏兵というか

現場の状況をわかっていなかった

能天気男が約一名存在しておりまして、

わが夫(英国人)、

お客に飲み物を出す時に

「あ、ついうっかり」で

台所のドアを全開してしまい、

もちろんわが黄色大犬が

この隙を見逃すはずはなく、

次の瞬間、お客様ご一家が寛ぐ

今に全速力で突貫した弾丸雌犬、

当然のごとく響き渡る少年の悲鳴

・・・夫よ、お前と言う男は!

 

身内をかばう訳じゃないんですが

夫は悪意を持ってわざと犬を

台所から出したのではないんです。

 

ただ本当に

気が緩んでいたというか

少年の犬への恐怖を

甘く見ていたというか、

しかし私が

この世で最も唾棄するのは

そういうぬるい考え方

駄目犬飼いなんだよ!

 

とりあえず私は即座に犬の後を追い

首輪をひっつかんで台所に連行。

 

ついでに夫のことも台所に連れ戻し

「お前な、どういう軽挙だよ!

私は今本気で

君に対して怒っているぞ!」

 

「で、でもあれは、

僕の意図した結果じゃなくて」

 

「当たり前だよ!意図して

あんなことをしたなら

心底お前を軽蔑するわ!

私が汚い言葉を使う人間だったら

さっきからFワードを

連発しているところだぞ!

恥を知れ恥を!あれは

絶対にやっちゃいけないことだ!

少年との間の約束、信頼を

お前は一瞬にして損なったんだぞ!

犬を台所から出さない、という

我々の言葉を少年は

信じていたんだぞ、そこに何だ!

見損なった、私は君を見損なった!」

 

「で、でも、犬は別に少年に

噛みついたりはしませんでしたし」

 

「そういう問題じゃないんだよ!

犬が怖い人間にとっては

犬がそばに来ること自体が

恐怖なんだ、そんなことも知らんのか!

いいから来い、少年に謝れ!」

 

台所から居間に戻ると

少年は必死に

涙を止めようとしているところで

もうそんな光景を見てしまうと

私は本当にどう謝罪すれば

いいのかわからないくらいで

「ごめん、本当にごめんね、

全部我々が悪い、犬は台所に

入れておくと約束して

君はそれを信じてくれたのに、

信頼を裏切ってしまって

本当にごめん、もうあんなことは

二度と起きないようにするから、

本当の本当にごめんね」

 

私はね、誰かにあんなに

心から謝罪したのは

本当に数年ぶりでしたよ!

 

下手したら数十年ぶりでしたよ!

 

ごめんごめんと繰り返す私に

男の子はまだ少ししゃくり上げながらも

「ううん、大丈夫、あのね、僕は

犬が嫌いじゃないんだよ、でも

これは僕、ちょっとびっくりして」

 

・・・齢9歳の男の子にとって

遊びに行った先でついうっかり

恐怖のあまり泣き出してしまうことが

どれほどの恥ずかしさを伴うことか、

そして『泣き止めない』自分に

どれほどの不甲斐なさを

感じてしまうものか、私はね、

もはや中年の域に達した

枯れてカサカサの人間だけどね、

その気持ち、忘れていないよ!

 

そして私はもう大人だから

そういう場合の対応策を知っている、

それは自分の感情を高ぶらせた

物事・対象から『気をそらす』こと!

 

「少年!君は鉄棒を見たことある?」

 

「て、鉄棒?」

 

「そう!真ん中が空洞になっている

鉄パイプじゃなくて、中にもみっちり

鉄が詰まっている本物の鉄棒!」

 

「よくわかんないけど

たぶん見たことない、たぶん」

 

「じゃあ見せてあげる!待ってて!

おい、夫、その間にお前は

誠心誠意この子に謝っておけ!」

 

そう言い捨てて私は物置に走り込み

目当ての鉄棒(建築資材)を手に取り

再び居間に走り戻って

「ほら、これが鉄棒!

持ってごらん、すごく重いから!」

 

「・・・本当だ、すごい重い!」

 

「重いでしょ、それに鉄だから

ものすごく硬いでしょ、ね!」

 

「うん!」

 

「これで打(ぶ)たれたら

とても痛いと思わない?」

 

「きっとすごく痛いと思う。

大怪我しちゃうんじゃない?」

 

「大怪我どころじゃ済まないよ、

打ち所が悪かったら。じゃあ

試してみようか、ほら、そこにいる

私の夫、ゴメス(仮名)を

これで殴っていいよ!」

 

「・・・えっ?」

 

「もうね、思いきり振りかぶって

ガツンと1発、いや2発くらいは・・・

だってゴメスは悪いことをしたからね、

約束を破って君を驚かせたんだから

痛い目を少し見るがいいんだよ、

あ、棒が重すぎるなら

私が後ろから補助しようか」

 

「・・・い、いいよNorizoさん、

こんな棒で打ったらゴメスさん

きっと骨が折れちゃうよ。

そんなことしたくないよ」

 

「君はなんていい子なんだろう!

感動した!Norizoさんは感動した!

本当にいい子だなあ、じゃあ

鉄棒のことは忘れて庭で遊ぶ?」

 

「うん!僕、庭で遊ぶよ!」

 

なおこの後も私は

夫と二人きりになる機会を得ると

これでもかとばかりに

ネチネチと夫を責め続け

「勘弁してください。僕はもう

心から反省しているので

本当にどうか許してください」

 

「反省だけならサルでも出来るわ。

もう少し絞っておかないと君はまた

同じ過ちを繰り返しそうな気配だ」

 

「そんなことはありません、

僕は自分の愚かさを痛感しました。

もう二度とあんなことはしません」

 

「まあそういうなら・・・」

 

「ところであの鉄棒の件ですけど、

あれ、君まさか本気で少年に

僕を殴らせようとしたんですか」

 

「まさか」

 

「・・・あそこで少年が

僕のことを殴ろうとしたら

どうするつもりだったんですか」

 

「適当なことを言って

君を逃がしてやったよ」

 

「・・・」

 

「あるいは少年を補助する

フリをして急所を避けるとか・・・」

 

「・・・知っていますか?

君って時々恐ろしいですよ」

 

「成程、それはよかった、

その恐ろしさを忘れるな、

少年は同じくらい、いやもっと

犬のことが怖かったんだからな」

 

なおこの一件の後

少年が私に懐いたのは

当然ではあるのですが

何故かそれ以上に

少年はうちの夫のことを

気に入ってしまい

「・・・うちの子、ゴメスの

金魚のフンっていうか

影みたいになっていない?」

とご両親が首を傾げるほどに

夫のことを慕ってしまい

・・・吊り橋効果・・・ですかね?

 

しかし世の犬飼いの皆様、

犬嫌いおよび犬恐怖症の方々には

誠実に対処しましょうぞ!

 

世の中本気でも冗談でも

うっかりでも絶対にやっちゃ

いけないことってのはあるんですぜ!

 

アーシーは現在も

台所を潜伏拠点としております。

 

 

 

犬が怖いあなたも

犬は良いんですけど

大犬はちょっと、なあなたも

犬が怖いという

感覚がわからないアナタも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

もう駄目、キュー。

 

というわけで本日は

本気の本気で

1回休みでお願いします。

 

(本気の度合いが

いまいちであった場合の

 

キュー。

 

 

 

明日に期待、

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

盲導犬候補生アーシー(仮名)と

本日は某高級スパーマーケットへ

歩行訓練に出かけました。

 

お店の周辺と店内を練り歩き

仕上げに生鮮食品などを

詰めたかごを持ってレジへ。

 

並んでいる人の後ろに立ち

「待て(Wait)」と犬に指示。

 

自分の順番が来たら

「来い(Come)」と言って

前に進んで

ちょうどいい位置に

移動が完了したら

また「座れ(Sit)、待て」で

犬を座らせ、

レジの係が品物の

値段を読み取っている間も

「待て」と繰り返して犬をそのままに。

 

で、この日も「待て・・・待て」と

呟きながらバーコードの

読み取りが終わった商品を

袋に詰めておりましたら

レジの係を務めていらした奥様が

「・・・あなたのその『待て』って

いうのはどういう意味?」

 

そこで私はハッとしました、

もしかしたらこの奥様は

私が盲導犬候補生を

連れているのに気が付いて

いらっしゃらないのかもしれない、

となると私はレジの列で

独り言を繰り返す危ない人、

もしくはレジの係に「待て」と

指示を出す変な人、いや、

英国文法の基礎に

基づいて考えれば

私は「お願いします(Please)」とは

口にしていない訳だから

この場合の「待て」は

指示・依頼ではなく

『命令』みたいに

聞こえてしまうはず、

つまり私はものすごく横柄かつ

わけのわからん

お客のように見えるはず・・・!

 

「あ、すみません、これは私、

犬に向かって言っていてですね」

 

「それはわかるわ。いい犬ね。で、

その『待て』っていうのは

どういう意味なの?

『動くな』と同じ意味なのかしら?」

 

・・・あ、そういうことですか。

 

一安心した私は笑顔で

「そうですね、『動くな』

『動かないで私の

次の指示を待て』みたいな

感じになりますかね」

 

「ああ、なるほど」

 

さてこの係の奥様は先ほどから

同僚の紳士と『いつレジ打ちの

仕事を替わるか』でもみ合っていて、

どうやらそろそろ奥様の

勤務上がりの時間らしく、

次のレジ担当である紳士は

「もう行っていいよ。次のお客から

僕が担当するからもう帰りな」

と奥様に言っていて、

それに対し奥様は

「いいわよ!私まだ担当時間だもの、

時間までアナタのほうこそ

そこらへんで何か

他のことをしていなさいよ!」と、

これはこれでまあある意味

仲睦まじい小競り合いと

申しますかを

静かに繰り広げておりまして。

 

この時、その紳士は

奥様の背後に立って交代の時間を

今か今かと待っていたわけですが、

奥様はくるりと振り返るとその紳士に

「ほら、アナタ、『待て!』

いいわね、わかるわね?今のこの

お客様の説明を聞いていたでしょ?

私の次の指示があるまで

そこから動いちゃ駄目なのよ!

・・・お客様、私の理解、正しいですか?」

 

「・・・はあ、そりゃ

正しいですけど、でも・・・」

 

「ほら、正しいんですって!『待て!』

お客様、座れの指示は

『座れ』でいいの?

『そのまま(Stay)』ってのは

いつ使うの?時々言っているでしょ?」

 

「えーそれは犬が

伏せ(down)の姿勢を取った時の

『次の指示を待て』が

『待て』ではなく

『そのまま(Stay)』です」

 

「よーし、わかってきたわー!

(背後の紳士に向かって)

ほら、『伏せ』!そして『そのまま』!

ほら、動いちゃ駄目でしょ!

お客様のわんちゃんを見てみなさいよ、

まあ盲導犬候補生と比べちゃうのは

可哀そうかしらね、あっちは

名犬中の名犬ですものね。

はいお客様、会計は18ポンドです」

 

変な影響を周囲に与えてしまった

気がしないでもない本日の訓練でした。

 

 

 

家に帰ってこの話を

夫(英国人)にしましたら

「・・・確かに面白い話ですけど、

それ、男女が逆だったら

果たして世間に

許される会話でしょうかねえ」

 

「うーむ、淑女が紳士を、

ではなく、紳士が淑女を

犬扱いか・・・微妙なところだな」

 

「少なくとも僕は職場で

そういう冗談を

口にはしませんね。

でもあそこの店員さんが

そんな愉快なことを

言うものなんですね」

 

「うん、レジを打っていた

奥様のほうは爪をいつも

きれいに整えている金髪の人で、

言われた紳士のほうは、ほら、

インド系っぽい肌の浅黒い・・・」

 

「ちょっと待ってください、

金髪とインド系ってそれ、

つまり肌の色の白い人間が

肌の色の黒い人間に

公の場でそれを言ったんですか?

それ、本当に言われた方は

笑っていましたか?」

 

「・・・笑っていたと思うけど、

二人は仲良しな様子だったけど、

どうしよう、私、もしかして社会的

差別に加担してしまったのか?」

 

「いや、僕も神経質すぎるの

かもしれませんから・・・

君がそこでそれを『差別的』と

指摘するのも違いますしね・・・

でも僕は白人の中年男として

自分より年下の有色系の女性に

そういう冗談は絶対に

口にできませんね、ええ」

 

お帰りの前に1クリックを

 

昨日に引き続き

タイトルが

拗(こじ)れているのは

私の左腕の青あざ

どんどん大きくなっている

せいかと思われます。

 

痛みを伴う赤紫内出血。

 

止血はしっかりして

貰ったはずなのに・・・

 

そんなわけで採血以来

私の心は

歪み気味であるようで

安倍総理の内閣改造の

ニュースを聞いても

「五輪大臣に橋本聖子。

これは日本は本気で

次のオリンピックでメダルの

多数獲得を狙うつもりだぞ」

 

私の言葉に夫(英国人)は

「そんなにすごい人ですか」

 

「うむ、彼女自身五輪選手で

メダルも獲得しているし

アスリートとしては超一流だ。

しかし何が凄いって彼女は

数年前に(後から調べたら

2014年でした)宴会で酔って

とある優秀な若い

男性スケート選手に

抱きついてキスをして、

で、その場面を写真に撮られて

週刊誌に報道されたんだよ。

現職の国会議員(50代既婚)が

現役の五輪選手(20代独身)に

公の場で抱きついて接吻だぞ。

これ、男女が逆だったら

大問題だぞ。というか本来なら

性別がどうであれこれは

パワハラ案件・セクハラ案件として

真剣に取り扱われる事態だったと

私は思うんだ、だってその時

この議員は日本のスケート連盟の

会長だったんだから。

でも日本の大手メディアは

このスクープを無視して、

日本オリンピック委員会も

自民党も彼女に対して

おとがめなしの決定を下して、

で、スポーツ界における

ハラスメントが世界各国で

問題になっているこの時期に

今回のこの華の大抜擢ですよ。

つまり次回五輪の

開催国である日本はね、

今回の人事で間接的に

『我々はスポーツ界における

パワハラ・セクハラについては

見て見ぬフリをいたします』と

宣言をしたも同然。いや本当

ハラスメント傾向の強い

指導者たちは現在

大喜びだろうね、だって

いざとなったら大臣と同じく

『海外では抱擁・接吻は

当然』とか変な言い訳をして、

メディアに追及されたら

体調を壊したと言って

入院すればいいんだからね。

ハラスメントをされた側も

この状態じゃ声をあげるだけ

無駄としっかり理解しただろうしね。

いやもう日本の

各スポーツ団体のお偉方は

これから五輪開催までの

1年間は安泰ですな、

嬉々としてハラスメントまがいの

指導に邁進できるでしょう、で、

結果選手がたくさんメダルを取れば

世間だってそれを笑顔で

許してくれるだろうからね、うん。

やったね日本!これで来年は

メダル大国間違いなしだ!」

 

「・・・妻ちゃん、左腕、

もしかしてかなり痛いんですか」

 

「はい。あと、あざが見るたびに

大きくなっているのが・・・

でも本当、スポーツ選手に対する

ハラスメントは日本だけでなく

英国でも近頃問題に

なっているだろ?五輪の時に

もしもそうした問題が

わっと大きく注目されたら、

間違いなく日本の五輪大臣の

過去の接吻騒ぎも

海外メディアで報じられるだろ?

その時に安倍総理は

どうするつもりなんだ、

私は安倍総理の足を

仲間の閣僚が引っ張る図は

あんまり見たくないんだけど。

『己の権力下にある

20歳年下の若手に

公の場で抱擁・接吻しても

大臣になれる国』と

この機会に国際社会に

アピールしてどうするんだい」

 

「あ、それを言うならですね、

英国も最近スポーツ絡みで

一つ大ネタがあるんですよ。

このたび元クリケット選手の

ジェフリー・ボイコット氏が

ナイト爵位を受けたんです。

メイ前首相が首相退任の際に

叙勲者候補としたんですけど

メイ前首相はクリケット好きで

有名なんです。ボイコット氏は

往年の名選手だったそうです」

 

「まあでも優れた功績を持つ

運動選手が叙勲するのは別に

特におかしなことでは・・・」

 

「ただボイコット氏は過去に

女性、ガールフレンドに対し

暴力をふるったとして

有罪になっているんです」

 

「・・・ほほう」

 

「本人は一貫して疑惑を

否定しているんですが・・・」

 

「でも判決は判決、つまり

彼は女性に対する暴行の

前科持ちってことだよな。

そうか、英国は今回の叙勲で

『女性を殴り倒して

有罪になってもナイト爵位を

貰える国』であることを

世界に誇示してしまったか・・・」

 

しかし思うのですが

裏で女を殴っていながら

爵位を持っていた男は

歴史上きっと数多く

存在したではないですか。

 

ハラスメント傾向の強い

大臣・高官が

どこの国にも過去には

大勢存在したように。

 

問題は21世紀の現在でも

そういう人がいわゆる先進国に

存在しちゃう点なわけですが、

そういう点が問題として

社会に認識されただけでも

これは大いなる第一歩。

 

青あざを撫でながら

無理矢理明るい方向に

思考を持って行っている私です。

 

 

安倍新内閣、

小泉氏の抜擢に

ついてはですね、

とうとう自民党は彼を

『軽い神輿』扱いし始めたな、

という気がしてですね

 

本人がそれでいいなら

それでいいんですけど

 

それにしたって

今日のブログは

内容に毒があり過ぎ、

Norizoさんの内出血が

早く完治しますように

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

タイトルだけ見たら

まるで重病なことに

気が付きましたが

そんな大層な話ではなく

ちょっと病院に行ったんですよ。

 

いつものかかりつけ医ではなく

地元の大病院、みたいなところに。

 

そこで看護師さんが

色々検査や問診を

やってくれたわけですが

私の担当となった

看護師さん2人組の

1人が明らかに新人さんで、

でも新人らしい健気さで

こちらの質問には

熱心に耳を傾けてくれるし

治療過程についても

細かく説明してくれるし、

ただ事前に用意してあった

資料が間違っていたりして

(『全身麻酔から覚めた際は・・・』

『待ってください、全身麻酔を

必要とする予定なんですか、私?』

『あれ?Norizoさんって

何の治療中でしたっけ?』)

でもまあいいんです、誰にも

うっかり勘違いミス連発の

新人時代はあるものです。

 

人は恥を重ね、経験を重ねて

何事も道を究めるものなのです。

 

だから看護師さんがノートの下に

カンペ(カンニング・ペーパーって

死語じゃないですよね?)らしきメモを

忍ばせて時々確認していたことも

微笑ましいといえば微笑ましい、で

私は気にしなかったのです。

 

でもね・・・

 

こちらの新人さんが

私の採血も

してくれたんですけどね・・・

 

渡英して10年以上、

私は初めて注射で

『かなり痛い思い』をしました。

 

針の差し込まれた位置からして

不安ではあったんですけど

(腕の『中央』ではなく

『側面』に近い位置に

針先がちくっと)、採決容器に

3本分の血が『抜かれる感覚』が

こう・・・腕全体にきゅーっと・・・

 

割と無理矢理体液が

引っ張られる感じっていうか・・・

 

注射終了後、心なしか

左手(針を入れられた方)の

血色が右手に比べて

悪くなっていたような・・・

 

で、現在、左での肘の内側に

けっこうな大きさの青あざが出現中。

 

新人さんは悪くない、

彼女はちゃんと手順通りに

手を洗って腕の位置を決めて

丁寧に丁寧に採血をしてくれました。

 

真面目で朗らかな

『いい看護師さん』になる資質を

ばっちり備えたお嬢さんでした。

 

ああいう将来有望な看護師さんに

採血の練習をさせるのに

私のような患者はうってつけ、

だって子ども相手じゃかわいそうだし

高齢者や体の弱っている人は

『痛み』が本当に辛いものだし。

 

でも早いとこ大事なコツを

つかんでくれると嬉しいな!

 

頑張れ全国の新米看護師さん!

 

 

『1回休み』と言いながら

割と普通の長さの記事に

なってしまっているあたりに

私の採血疲労を

感じ取って

いただければ幸いです

 

それでも採血終了時には

ちゃんと笑顔で

「ありがとうございました。

結構なお点前でした」と

看護師さんに言えた私に

偉いぞよくやった!の1クリックを

人気ブログランキングへ