犬と海の思い出

テーマ:

『正しい歩行』の極意

とうとう掴んだ様子である

我が家の盲導犬候補生

アーシー(仮名)、本日はまあ・・・

 

それなりに・・・

 

ぐいぐい引っ張りはしないものの

しかし昨日ほど

会心の出来ではない、という・・・

 

『イラつくと前脚を持ち上げ

飛びかかってくる』という

これまでなかった問題行動も

今日になって出てきたような・・・

 

でもこういうのは

3歩進んで2歩下がれば

御の字なわけですし!

 

というわけでわが精神衛生のために

本日はこの冬の犬と私の

素敵な思い出を振り返りたいと思います。

 

そう、この冬、アーシーは

『海』デビューを果たしました・・・!

 

実は秋前に1度

海に連れて行ったことは

あるのですが、

当時のアーシーは

大海原のあの音、ニオイ、雄大さに

完全に『呑まれた』感じで

どれだけ声をかけても

波打ち際に近寄ろうとはせず。

 

その時の私の気持ち:

なんて賢い犬なのかしら!

(当時からかなり身内贔屓および

犬贔屓が強くなっていたことは認めます)

 

でも実際、前知識なしに見る海、

というのは恐怖を

感じで当然と思いません?

 

そういえばアーシーに初めて

『大きな湖』を見せた時も

アーシーは直立した私の

脚の後ろで『お座り』の姿勢を取り

鼻先を私の膝の間から突き出して

寄せては返す波の様子を

うかがっていたものです、

あれは本当に可愛かった・・・!

 

ともあれ。

 

その後順調に水溜り、小川、

池、大河、湖で経験を重ねたアーシーは

このたび満を持して再び海に

挑むことになったわけでございまして、

冬のアーシー、見渡す限りの砂浜と

潮の香りと大海原に大興奮。

 

 

波打ち際を全力疾走するその姿は

そうです、これが犬のあるべき姿です!

みたいな力強さと美しさに満ちていて、

やはり犬はこんな風に

嬉しそうにしていてナンボですよね。

 

それでまた喜ばしいのが

砂浜をアーシーが

口から泡を吹く勢いで

駆けて行くでしょう?

 

その姿が我々の目に

ゴマ粒ほどの大きさになった時に

「アーシー!」

と大きな声でその名前を呼ぶ、

すると犬は大きく弧を描いて方向転換、

それまでと同じ速度で

こちらの足元に駆け寄ってくる・・・!

 

 

私は海に叫びたかった、

Norizo、幸せ!と・・・!

 

 

 

 

リードなしで犬の散歩をしても

許されるこの環境、

リードなしで散歩をすることができる犬、

つまりそれだけの訓練を経た犬、

その訓練をしたのは誰か、

それは私ですよ!大変でしたよ!

 

呼び戻し(リコール)とか

フリーウォーク(リードなし歩行)とか

初めて聞いた時は正直

「それは私にはハードルが高い」

と思いましたよ、及び腰でしたよ!

 

でも我々はそれを

やり遂げたよな、アーシー!

 

君はそうやって海辺を

自由に駆け回る権利を

勝ち得た犬だものな、アーシー!

 

 

出来る事なら永遠に私はこうして

犬と共に海辺を歩いて行きたかった・・・

 

散歩嫌いのこの私が。

 

超インドア派、

ひきこもり気質のこの私が。

 

犬はいいものです。

 

海と犬の組み合わせは

さらにいいものです。

 

その犬が自分の言葉を理解し

正しい反応を返す場合、

これはもうかけがえのないものです。

 

こうして私は犬と海の魅力に

この冬どっぷりとはまり込み、

時間さえあれば

浜辺を目指す人間になったのでした。

 

あれは本当にいいものです。

 

 

海では基本的に

夫(英国人)も一緒でした

 

「よかったな、君はとうとう

『海辺の散歩を喜ぶ妻』を

手に入れたな!」

 

「ええ本当に。それも

『冬の』海辺の散歩ですよ、

しかも風が吹こうが

気温が低かろうが

全然気にしない妻なんですよ」

 

「犬はすごいな」

 

「すごいですね。あっちの岩の

向こうまで足を伸ばしませんか?」

 

「でも私はちょっと冷えてきたんだが」

 

「犬は楽しそうですよ」

 

「よし、行こう」

 

犬も幸せ、夫も幸せ、私も幸せ

 

アーシーはまさに奇跡の犬なのです

 

冬の海がお好きなあなたも

犬との夏がお好きなあなたも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

皆様聞いてください、

我が家の盲導犬候補生

アーシー(仮名)が

本日の歩行訓練でとうとう

『リードを引っ張らずに

歩く』を会得しました・・・!

 

 

車を停めた駐車場から

街の中央までの片道約15分、

私の左手に握られたリードには

適切な張りが常に保たれ、

アーシーは先を急ぎすぎることもなく

後に遅れ過ぎることもなく

『私の左足の横、

気持ちちょっと前』の位置を維持。

 

な、なんというお利口な・・・!

 

傍から見たらこの子はもう間違いなく

『躾の行き届いたいい犬』・・・!

 

わが左肘は教本通り

まっすぐ下におろされたままで、

ああ、いいなあ、この感触!

 

私が犬を無理やり

押さえつけるのではなく、

犬が私を力づくで

引っ張りまわすのでもなく、

リードはあくまでもお互いの

信頼感を目に見える形で

表現したものなんです、みたいな!

 

長かった・・・!

 

ここまでの道のり、

本当に長かった・・・!

 

感動に思わず

涙ぐみそうになりながらも

そこで私は足を止め

「アーシー、よくできました。

今日の君は本当にいい子です。

さあ、ではここから

屋内商店街に入りますから

青ジャケット(『盲導犬候補生、

訓練中』と染め抜かれている

犬の制服みたいなもの)を着ようね」

 

そして近頃のアーシーは

青ジャケットを見ても

七転八倒したりはしない、

しないんですけど、この日も素直に

ジャケットを着てはくれたんですけど、

どうもアーシーはこの事態を

私の『裏切り』と受け取ったようで、

ほら、つまり、ここまで何の問題もなく

秀才犬として完璧な歩行を見せたのに

どうして青ジャケットなの?

私が青ジャケットを好きじゃないの

そっちは知っているでしょ?

本来ご褒美をくれるべきところ

何故青ジャケットなの?みたいな・・・

 

青ジャケットの

腰のバックルを締めた瞬間、

アーシーは全身を使って

『私は今、不満です』の感情を表現。

 

飛ぶわ跳ねるわ転がりまわるわで

そのぶんむくれぶりのひどさときたら

道行く人が見るに見かねて

「・・・あの、大丈夫ですか?

何かお手伝いできることはありますか?」

と私に声をかけてきてくれたほどで・・・

 

まあなんとか商店街の中を歩き

車に戻ったのですが

帰路のアーシーは完全に

「あーあー、もう台無し!

私はすごくよくやったのに

なんかもう台無し!」と不機嫌全開

・・・あそこで青ジャケットを

脱がすべきだったかなあ、いや、でも

『犬が嫌がったから』で予定を

変更するのはご法度なんだから

(犬が『嫌がればどうにかなる』と

考えるようになってしまうため)

・・・あそこで青ジャケットを

着せようとしなければよかったのか・・・

 

でもね、アーシーは

あの15分間、もうあれ以上ない程に

完璧だったんです!

 

あれは素晴らしい15分間だったんです!

 

明日もあの感覚が戻ってきますように・・・

 

あれが一過性の

奇跡ではありませんように・・・!

 

心から祈る私です。

 

 

ああ、でも本当にあそこで

青ジャケットを着せるんじゃなかった!

 

覆水盆に返らず・・・

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

我が家の盲導犬候補生アーシー(仮名)は

まだまだ成長途中ではあるのですが

しかしあれなんです、最近はもう

あまり不安なく飲食店に

連れて行けるようになったというか。

 

 

この週末は夫(英国人)も一緒に

とあるカフェに足を向け

「初めてのお店だから最初に

犬を連れて入店していいか尋ねよう」

 

「アーシーは青ジャケット

(『盲導犬候補生、訓練中』と

書かれている)を着ているし

黙って連れて入っちゃって

大丈夫なんじゃないですか」

 

「まあまあ、最初に一言

あるとないとでは違うものだよ」

 

というわけでカフェの扉を開け

ウエイトレスさんの笑顔に

「こんにちは、このお店は

盲導犬の入店は大丈夫ですか?」

 

「・・・盲導犬の入店・・・

当たり前じゃないですか!

うちは盲導犬には友好的な店で、

それを誇りにしていますよ!」

 

「盲導犬候補生にも友好的ですか?」

 

「・・・候補生?」

 

「現在訓練中の将来の盲導犬です。

もちろん青いジャケットを着ています。

何でしたら

上の方に確認を取ってください」

 

「いえいえいえ、大丈夫です!

どうぞお連れ下さい、あ、

もうそこに犬がいるんですか

・・・ぐふう!可愛い!

そちらの少し奥まった席にどうぞ!」

 

さて昨今の英国では

『訓練中の盲導犬候補生に

みだりに声をかけたり

手を伸ばしたりしては

いけない』という知識が

順当に広まっておりまして、

この日のウエイトレスさんも

それはそれは必死に犬から

目をそらしてくれていたのですが

我々が通された席の

隣のテーブルでは

ちょうどどこかのお子様の

お誕生日会が開催されておりまして

赤ちゃんから5歳くらいまでの

子供達が保護者と一緒に食事をしていた

そんな集団の中の一人が

「ダーディー!いーぬー!」

 

少年の言葉に一瞬にして

ざわめき立つ子供達、

しかしそこはダディが理性と権威

「ああ、本当だ、犬だね。

でもご覧、あの犬は青ジャケットを

着ているだろう。ああいう

ジャケットを着た犬は特別な犬で

今、訓練を受けているところなんだよ。

だから邪魔をしてはいけないよ。

じろじろ見たり、声をかけたりすると

犬の気が散ってしまうからね。

だから頑張って

気が付かないフリをしていなさい」

 

どうやら犬好きである子供の集団が

お誕生会のご馳走を食べながら

必死に犬を無視する図、というのは

なかなかに味わい深いものがありました。

 

ちなみにお子様のうちひとりは

いかにも『赤ちゃん』といった感じの幼さで、

まだ言葉も話せない年頃だと思うのですが、

その子はさすがに治外法権というか

我々がお店に滞在した間ずっと

犬のほうを見てニコニコしていて、

そうか、『犬好き』というのは0歳代から

もうその片鱗を見せているものなのか・・・!

 

いい子たちでした。

 

あ、お店もいいお店でした。

 

犬もいい子でした、もちろん。

 

 

いい子を見ると口元が緩むあなたも

いい犬を見るとつい

目じりが下がってしまうあなたも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

我が家の盲導犬候補生アーシー(仮名)の

リード『引張り癖』矯正の道は

長く険しくそして果てしないのでございます・・・!

 

 

いやもう本当に言われたとおりに

やっているんですけど!

 

日々己の限界(Norizoさんの

性格上の弱点:粘りがない)と

戦ってはいるんですけど!

 

夫(英国人)なんかは

「いや、でも1月前より

ずいぶん良くなっていますよ」

とか言ってくれるんですけど、

それはもしかしたら

そうかもしれないんですけど、

でもでもでもでもまだ駄目なの!

 

45分間の歩行訓練を終えると

私の左手にはリードの跡が

くっきり残ってしまっているの!

 

つまりそれだけ

アーシーがリードを引っ張り、

そして私がそれを

引っ張り返してしまっている、という・・・

 

で、また、このリードの跡が

しばらく痛いんでございますよ。

 

切ない痛みなんでございますよ。

 

しかしここで挫けてはいけない。

 

ああ、それにしても

道のりは長いなあ!

 

 

背中を丸めて

左手を見詰めるNorizoさんに

愛の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

 

雌犬は太脚がお好き

テーマ:

我が家の盲導犬候補生

アーシー(仮名)の

最近の問題行動は

『着座したわが夫(英国人)の

脚にしがみついて腰を振る』こと。

 

「こら、いけません、止めなさい

・・・それにしても何故雌犬が

こんなことをするんでしょうねえ」

 

「それよりも何故この子はいつも

君の脚を欲望の対象に選ぶんだ?

私の脚が隣にあっても華麗に無視だぞ」

 

「それはやはり僕が

セクシーだからではないでしょうか」

 

「・・・」

 

犬にとって抗えぬ魅力

僕の脚にある、というか」

 

「・・・」

 

「何より大事なのは

脚の太さじゃないですかねえ?」

 

「よし、その説を採ろう。

確かに太さが魅力の基準なら

私の脚に勝ち目はない、うむ」

 

そんなわけでアーシーは

我々が食卓に座るたびに

テーブルの下に入って

夫の脚に挑みかかり

叱られております。

 

叱られると素直に諦めて

床に寝そべるんですけど

・・・本当に何故雌犬が・・・

 

そして夫にばかり・・・

 

 

「これも発情期の

前駆症状ですかねえ」

 

「本当にいつ

発情が始まるんだろうなあ」

 

そんな感じです。

 

 

どんな感じだ

の1クリックを

人気ブログランキングへ