去年から細々とピアノを

弾く真似をしている私ですが

子供時分に比べると

『練習欲』みたいなものは

それなりに存在するものの

・・・30分以上

鍵盤に向かうことが

どうしても無理、という・・・

 

気力・体力・集中力の

限界がそこ、30分なんです。

 

 

 

 

もうね、本当にね、

無理なものは無理なの!

 

やる気がないわけではなくて

不可能なものは不可能なの!

 

それ以上練習しようとすると

脳が過熱して

耳から湯気が出てきて

指と肩の運動神経が

痙攣し始めるんです!

 

だいたいアナタ、

音大受験志望でもないのに

1日1時間も2時間も

ピアノに向かう人なんている?

 

そういう人は放っておいても

ピアノの道を歩むもんです、

しかし私はそうじゃない!

 

仕方ない、これがいわゆる

『大人のピアノ』だ!

 

練習1日30分で上等!

 

いいんですよ

別に上手にならなくても、

誰に聴かせるわけでもなし、

自分が一人で楽しめれば

それで十分、そういう完結した

『足るを知る』の境地

私のピアノはあるんです!

 

・・・世のピアノ愛好家に

昭和型メトロノームの

尖った部分で強打されそうな

暴言を吐いていた私に

この冬転機が訪れました。

 

 

 

 

猫(白黒)が・・・

 

死んじゃいましてね・・・

 

なんかね、本当に突然

その日以来ね、私の練習時間は

30分を超えるようになりました。

 

別に意図して

そうしたわけではなく、

ピアノをガチャガチャ

やっている時に

猫のことを考えている

わけでもないのですが、

でもなんか結果的に。

 

 

そして練習時間が伸びたなら

私のピアノの音がよくなったか

・・・といえばそんなこともなく

むしろ不満は募る一方。

 

なまじ時間をかけると

『それなり』の

領域に入っちゃうぶん・・・

 

欲が出ちゃう・・・というか・・・

 

言っておきますけど

『上手になった』とか

『上手になりたい』とか

そういう話じゃないんです。

 

所詮は『この程度』な出来でも

「あれしか練習していないんだ、

この程度でも仕方ない」か

「あれだけ練習したのに

この程度ってどういうこと」の

違いは大きい、そういう話。

 

これが・・・

 

『大人のピアノ』沼か・・・!

 

この真面目な練習姿勢が

いつまで続くかは謎ですが

続く限りは続けてみたいと思います。

 

変な日本語ですみません。

 

 

ちなみに夫(英国人)は

白黒猫亡き後にガタガタガタッと

本棚(大型)を2台作りました

 

デザインも塗りも

それはそれは見事なものを

 

・・・人間、趣味が

必要な時、というのは

あるのかもしれませんね

 

大人の趣味の危険性を

ご存じのアナタも

あえてその沼は

避けているあなたも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

さて、このコロナ禍、

医療現場最前線で

働いてくださっている方の前では

絶対に言えないことなのですが、

基本的に日々を自宅に引きこもり

外出先は『森』のみ、みたいな

日常を送っている私からすると

診療所へ出向くのはほとんど

それも『普段の生活』比で明らかに

コロナ感染リスクの高い行動・・・!

 

看護師さんとかお医者さんとか

医療従事者のことは

信頼しているんです。

 

しかし待合室で見かける

そこの一部患者ども!

 

お前らちょっと油断し過ぎ!

 

あと診療所の近くにある

スーパーを

利用しているお客の皆さん!

 

君ら圧倒的に油断し過ぎ!

 

何かあって診療所やスーパーが

休業したら困るのは我々ですぜ?

 

ここは利用者として

誠意を見せましょうよ?

 

それはともかく。

 

そんなわけで私が年明けに

診療所に行って待合室で

45分間時間を潰したのが1月5日

 

あの日の待合室は混んでいた・・・

 

というわけで小心者の私は

以来少し疲れを感じたり

喉が乾燥したりするだけで

挙動不審に陥っているのです。

 

たとえば雪かきなんか

してしまいますと

これはもう不可避的に翌日

足腰が悲鳴を上げるものですが

その叫びがやって来るとつい

「まさかこれはコロナ

初期症状のひとつ、

『節々の痛み』?」みたいに

一瞬怯えてしまう。

 

まあ雪かきはやっている時から

「これは明日、影響出るな」と

ある程度予測はしていたので

恐怖感は薄めだったのですが、

怖かったのは

1月上旬のある日に突然起きた

『肩と二の腕の痛み』ですよ。

 

「何だこれは何だこれは、

肩まわりが思い切り怠(だる)いぞ、

とうとう私の悪運も尽きたか」

 

「そういえば僕も数日前に

同じような感覚に襲われました。

肩全体と、腕と、

あと背中の上のほうも・・・」

 

「そうだ、それだ!何だ、

私は君から貰ったのか?

でも君だって外出は

していないはずだし・・・」

 

そして我々は思い出したのです、

この冬、我々は愛犬アーシーの

運動量を増やそうと

時々散歩にボールを

持って行くようになっていたのを・・・!

 

 

 

 

つまりこれは野球肩(軽傷)・・・!

 

 

遠投の後もストレッチを

忘れないようにしたい

今日この頃です。

 

 

遠投距離、もう少し

伸ばしたいんですよね・・・

 

以前はもう少し遠くまで

ボールを放れていた気がするんです

 

何やらまた怪しい方向に

進み始めてしまっている私に

何事もほどほどに、ですよ!

の1クリックを


ヨーロッパランキング

年明け早々診療所に

検査呼び出しを受け、

しかし受付のお姉さんの

うっかりで予約が飛ばされ、

結局何の検査も受けないまま

帰宅した私(詳しくは

こちらの記事で)は

その後改めて

検査予約を取り直しました。

 

で、検査の日が来たので

診療所に行きまして、

待合室で待つこと10分ほどで

今回は無事に名前を呼ばれ、

挨拶を交わした検査担当の

看護師さんが開口一番に

「お待たせしちゃってごめんなさい。

お待たせしちゃって、というのは

今日のことだけじゃなく・・・

あなた、前回、待合室で

待つだけ待って、結局検査を

受けられなかったんでしょ?」

 

ええ・・・まあ、はい・・・

 

何ですか、それ、もしかして

カルテに『申し送り事項』として

書かれちゃっているんですか!

 

「あの日あなた、

どれくらい待合室にいた?

私もね、あなたの姿を

何度か見かけてね、どうも

長く待たされているなあって

気になっていたの」

 

「えーと、そうですね、まあ

45分くらいはあそこにいましたね」

 

「45分!本当にごめんなさいね、

あれね、たぶん私のミスなの」

 

「え?」

 

「あの日ね、建物のこっち側で

一瞬電源が全部落ちてね、

すぐに回復はしたんだけど、

PCを立ち上げ直すじゃない?

その時にたぶん

アップデートっていうか、

受付と検査室側の情報共有に

隙間が出来ちゃったの。

後からあなたのことを聞いて、

どうしてあの時横着せずに

受付に電話を一本入れて

最新状況の確認を

しなかったのか、と思って・・・」

 

いやいやいや、それは

仕方ないですよ、

そういう時ってありますよ、

と言いながら私は

次の二つのことを考えていました。

 

ひとつ、この診療所で働く人は

心の清い人が多いなあ・・・

 

この間待ちぼうけを食らった時も

ちょっと思ったんですが、あの時も

受付の人は一番最初に

「私のミスです。ごめんなさい」

って言ってくれたんですよ。

 

それって咄嗟に言えるようで

言えない一言だと思うんですよ。

 

何かしら・・・素直に謝る、というのも

難しい人には難しいし、

「ごめんなさい」は言えてもその後に

「でも・・・」って人間どうしても

言いたくなるものじゃないですか!

 

それを何・・・しかも

今の話からすると彼女は実は

看護師さんをかばっていたの?

 

それとも今、看護師さんが

受付さんをかばっているの?

 

優しいなあ、この職場!

 

逼迫する医療現場の

ここは最前線であるというのに!

 

そして私の考えていたもう一つ、

ああ、私、あの時迂闊に声を

荒げたりしなくてよかった・・・!

 

この診療所、絶対に

そういう情報を共有している・・・!

 

それも結構詳しく・・・!

 

で、私は無事に検査を終了し

「検査結果が出たらご連絡します」

 

「ハイ」

 

「それでですね、検査の過程で

気が付いたんですが、

Norizoさん、某内臓にちょっと

怪しいところがあります」

 

「・・・ハイ?」

 

「割と珍しい症状です。

専門医の診断を

受けたほうがいいと思います。

こちらで予約を

取ってしまっていいですか?」

 

「は、はあ、それは・・・でも今

NHS(英国保健サービス)は

とても忙しいと聞いています。

コロナが収まってから

診断を受けるのでも

私は構わないのですが」

 

「いえ、これは早いほうが・・・

あ、あと診断って今はネット越しの

治療相談が多くなっていますが

これはまた診療所に来て

患部を専門医に

診てもらわないと駄目です」

 

「・・・待ってください、私のそれ、

一刻を争う、みたいな話なんですか」

 

「あ、大丈夫です大丈夫です、

大事に至る可能性も

ゼロとは言いませんけど、

ほら、これはどんな症状でも

そういうものでしょ?

今回のNorizoさんのこれも

ほとんどの場合は大したことなく

放置しておいても大丈夫、みたいな・・・」

 

「あ、そうですか」

 

「で、もしもうちの専門医が

来週あたま、月曜日に時間を取れたら

Norizoさん来院可能ですか?」

 

だからそれはそこまで

一刻を争う事態なのですか、と。

 

 

私は自分の健康を

もっと心配すべきなんでしょうか、

それともこれはこの診療所に

優しくかつ勤勉な方たちが

揃っているという話なんでしょうか。

 

・・・後者であって欲しい私です。

 

 

しかしこの問題の内臓のことなんか

これまでそれほど

気にかけていなかったのに

こういう指摘を受けると突然

「そういえば最近・・・」みたいな

気持ちになってしまうのが

人の心の弱さなんですかね

 

ただ良き市民としては

このコロナ禍、

なるべく医療制度の

負担にはなりたくないもの

 

早寝早起き、適度な運動、

栄養価の高い腹八分目の食事、

そして何より手洗い・うがい・マスク、

医療最前線で戦う方々のために、

そして何より

自分のために気をつけましょう

 

思わぬ優しさを受けると

嬉しくなるあなたも

怖くなるアナタも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

長い夜を抜けると

そこは雪国であった。

 

 

スコットランド、降っています

 

久々に雪かきをいたしました。

 

 

 

 

・・・気を付けていたんですけど、

ものすごく気を

付けていたんですけど、

現在腰とお腹が不穏な感じ。

 

あの『ひねる』動作は

どうも私の腸には不人気らしく。

 

そんなわけで本日短文。

 

雪かき奮闘中の皆様、

お互い体に気をつけましょう。

 

 

勿論警報も出ていますよ

(降雪・積雪・路面凍結三本立て)

 

ビースト・フロム・ザ・イースト

(Beast from the East、

東からの野獣、2018年に

当地を襲った大雪の名前)』、

本当に再来するんですかね

 

雪がお好きなあなたも

嫌いじゃないけど

雪かきが、なあなたも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

 

新型コロナウイルスに関連して

これは今後日本でも起きうる

問題と思うのでお伝えします。

 

 

先日、私は某友人から

次のようなテキスト(元は英文)を

携帯に貰いました。

 

「(これは現在多く

転送されているテキストです)

 

友達や家族にお伝えてください:

 

NHS(国民保健サービス)で

働く者からのお願いです。

皆さんの『NHS登録番号』を

どうかなんとかして見つけて、

手元にメモしておいてください。

ワクチン接種作戦の最前線で

働く私の同僚が、この番号を

知らない患者さんが大勢いるため

業務に多大な支障が出ていると

嘆いています。どうか皆さんの

お友達やご家族に自分の

NSH登録番号を

確認するようお伝えください。

 

NHS登録番号がわからない場合は

NHS、あるいは関連機関に

お尋ねください。簡単な作業で

すぐに自分の番号がわかります。

 

また、この情報を、皆様がご存じの

すべての方に伝えていただけると

本当に本当に助けになります」

 

私と同じ程度に心が

くすんでいる方にはすぐに

おわかりいただけるでしょう、

間違いない、これは新手の

チェーン・メール・・・!

 

いいですか、これを読んで

「えっ!NHS登録番号って何?

すぐ問い合わせなくちゃ!

あと私の大事な友人と家族

皆にもこれを教えなくちゃ!」

と思ってしまったそこのアナタ、

あなたの心は清らかですが

しかし世間にはその

清らかさにつけ込む悪党

大勢いるんですぞ!

 

しかしまあ私は自分の心が昨今

くすみ過ぎている自覚もあるので

念のためわが夫(英国人)に

「このテキストを見てくれ、

これをどう思う」

 

「とっても・・・

迷惑メールです・・・!」

 

「だよな?やっぱりそうだよな?

いわゆる昔の

『不幸の手紙』だよな?」

 

「そうです。誰から

送られてきたんです?

送ってきた人にちゃんと

言ってあげるべきですよ」

 

・・・それはその通り、

しかし実行はとても難しい。

 

だって私にこのテキストを

送ってきた人は

私の数少ない友の中でも

最高級に

心の澄んだ方なんだもん・・・!

 

(え?類は友を呼ぶ世の中で

Norizoさんのお友達にそんな人が?

と思ったそこのアナタ、いいか、

私の友達は心が清いからこそ

私のような奴とのつきあいを

続けてくれているんだよ!)

 

「ちゃんと言うべきなのはわかるが・・・

でも私は彼女には言えんぞ

『おい、君、引っかかったなあ、

これは社会不安をあおることを

目的とした嫌がらせメールだぞ!』

とか・・・だって彼女には

そんな気持ちがないことは

明らかじゃないか!そこがこういう

チェーンメールの怖さなのだが・・・」

 

「言いにくいことはわかりますよ、

でも君は彼女のことが好きでしょう?

友達として早いうちに彼女を

止めてあげるべきですよ、

彼女が同じ間違いを重ねないうちに」

 

わかるんですけど・・・

 

それはわかるんですけど・・・!

 

ちなみに我々は

彼女の旦那様とも仲がいい、

というかそもそもわが夫と

向こうの旦那様が

知り合い、みたいな・・・

 

「夫よ、これ、もしかして

チェーンメールじゃなくて

スパムメールなんじゃないかな」

 

「・・・だったら何ですか?

問題であることに

変わりはないでしょう?」

 

「そうだけどさ、もしかしたら

彼女の携帯が

悪者にハッキングされて、で、

こんなメッセージが私のところに

送られてきたのかもしれない!

となると彼女の

携帯に連絡をするのは

今は危険な行為かもしれない!

というわけで、君、彼女の

旦那様のほうに君から

連絡を入れておくれよ」

 

ど卑怯かつ狡猾な私。

 

しかしこの卑劣なる

『わが夫・向こうのご夫君』

防衛線起動作戦にて私は

彼女を止めることに成功しました・・・!

 

物凄く動転して恥じ入った彼女から

すぐに謝罪の電話がかかってきて

「ごめん、本当にごめん、私、

自分はこういうのに

引っかからないと

ずっと思っていたのに・・・!

仕事でかかわってかなり

信頼している人から

仕事の話の後に

このメールを貰って、

『あの人が言うなら』ってつい

アナタへ転送しちゃったの・・・!」

 

「いいよ、わかるよ、そういうもんだよ!

でも早いとこ一斉メールっていうか

テキストみたいな形で他の人にも

『あれは見なかったことに』って

伝えたほうがいいよ、あれを見て

『私の信頼する彼女からの話なら!』

って転送しちゃう人もいるだろうし」

 

「あ、それは大丈夫、

理由は自分でもわからないけど、

私がアレを転送したのは

あなただけだから」

 

「・・・ごめん、何故・・・

そこで・・・私・・・?」

 

「どうしてかしら・・・どうしよう、

本当に私はあの時の自分の

行動がよくわからないの、

信じてもらえないかもしれないけど

私普段はこんなことしないのよ?」

 

たぶん彼女はあのテキスト内容を

半ば信じつつも、心のどこかで

「これ、おかしくない?」と気づいていて

そういうおかしさを指摘できる程度に

心のひねた人間(私)を無意識のうちに

転送先に選んだのではないか、と。

 

ほら、私、色々とNHSには

お世話になっている身ですから。

 

「NHSは受診・治療の際に

患者に『登録番号』の提示なんて

求めない」ということを私は

経験から知っているんですよ。

 

でも健康・病気知らずな人は

そこを知らないから

「登録番号を見つけておくように」

って言われたら

「そういうものなのか!

じゃあ迷惑をかけないように

ちゃんと調べておかないと!」

となってしまうのではないでしょうか。

 

そして現在コロナ対応で

てんてこ舞いのNHSに

問い合わせの電話をして

その貴重な労力を割かせてしまう。
 

なお私と夫は当初、これは

愉快犯、あるいは上記のように

NHSへのいやがらせ目的、と

理解したのですが

彼女の旦那様はそこから一歩進んで

「ワクチン接種を口実に

銀行の口座情報を盗もうとする

犯罪組織がいるって話を

この間ニュースで見たんだけど、

このテキストも最終目的は

それじゃないかな。

ほら、詐欺の手法で、『騙し』の

レベルを一段階ずつ上げていく、

というのがあるでしょう?

『あなたのNHS番号は?』と

尋ねられたら『これは教えても

別に危険な情報じゃないし』と

人はつい答えてしまう、

詐欺師はそこから続けて

『では登録されている住所は?』

『生年月日は?』そして最後に

『銀行カード、あるいは

クレジットカードの番号は?』と

情報を盗んでいくんだと思う」

 

日本でも今後コロナ・ワクチンの

接種が進んでいくと思いますが、

その過程でこういう詐欺は

出てくる可能性が

ゼロではないと思います。

 

どうかお気を付けください。

 

 

本当に嫌な話ですが

ロンドンでは92歳の女性が

自宅を訪ねてきた男に

「僕はNHSの人間です」

「これはコロナ・ワクチンです」と

内容物不明の注射を打たれ

160ポンド(約2万円)を

だまし取られる、

という事件も起きています

 

どうしてするかね!

出来るかね!

そういうことが!

 

しかし世に盗人の種は尽きまじ、

皆様、コロナに対してだけでなく

犯罪に対しても

自衛に努めてまいりましょう

 

チェーンメールに過去

引っかかったことがあるアナタも

引っかかったことはまだないが

いつか引っかかりそうで怖いあなたも

お帰りの前に1クリックを



ヨーロッパランキング