そうそう、それで

(唐突に話を始める)

私は今回の一時帰省、

ヒースロー空港で

乗り継ぎをしたんですよ。

 

・・・好きか嫌いかでいったら

私はヒースローの

ターミナル5は好きじゃない、と

いうことがわかりました。

 

ちょっと狭すぎません?

 

旅客数に対しての施設面積が。

 

開設当時から

言われていたことでは

あるんですけど。

 

まあでもこれは

個人の趣味も

あることですから

あの手狭感が逆にいい、

という方もいらっしゃるかと。

 

 

さてヒースローにて

国際線から国内線へ

乗り換える際には

手荷物のセキュリティ

チェックがございます。

 

思った以上に

空港側の手際はよく

私の並んだ列はスルスルと

前に進んで行ったのですが

検査機の手前にいる

係員(白人男性)が

ひとりものすごく機嫌悪く

大声をあげていてですね。

 

「違う!そうじゃない!」

 

「荷物は自分の番号の枠に置く!」

 

「君の番号は3番だ、

2番は違う人の枠だ!」

 

なんだなんだ、何も

あんなに大声で案内を

せんでもよかろうよ、と

眉をひそめていたら

その係員が大声で指示を

出していたのはただ一人の相手、

有色人種の若い娘さんでした。

 

それに気が付いた瞬間、

私は戦後教育を

日本で受けた人間として

『白人種が有色人種に怒鳴る』

『男性が女性に高圧的な

態度を取る』ことに対し

反射的に不快の念を抱いたんです。

 

おいおいおい、貴様

相手が言い返してこない・

やり返してこないと甘く見て

そういう態度をとるのなら

海千山千の口達者な

有色人種中年女(私)が

娘さんの助太刀に入っちゃうぞ!

 

・・・が、よく見ると。

 

検査機に荷物を通す際

利用客は手荷物や上着・帽子を

トレイに入れて

コンベアベルトに流すわけですが、

その『荷物をトレイに

入れる』作業のため

お客側はそれぞれ

枠番号を振り当てられる。

 

たとえば『枠番号:1』になったら

『1』と書いてある升に入り、

そこでトレイを受け取り

荷物をトレイに載せ

奥のベルトにトレイを押し込む。

 

荷物が複数ある場合は

複数のトレイを使う。

 

ただこれ、利用客の数が

少ない時はそれで

何の問題もないんですが

並んでいる人の数が多いと

ベルトの上に荷物が溜まり

自分の荷物をなかなかそこに

入れられない事態が生じる。

 

まあちょっと待つか

係の人に声をかければ

そこらへんはどうにかなるんですが、

怒鳴られていた娘さんは

トレイに自分の荷物を載せて

自分の枠のコンベアベルトに

トレイを置く場所がないとみると

それを隣の枠の人のスペースに

どんどん入れちゃうんですよ。

 

そうすると隣の人たちは

自分の枠が使えない。

 

ベルトの横に立っている係員も

何度も娘さんに

「自分の枠からはみ出ないで」と

お願いしているんですが

彼女はもう両脇の人を

押しのける感じで

好き勝手に自分の荷物を

ベルトに載せていく。

 

またこの娘さんの荷物が多く

服装も厚着であったため

帽子や上着、靴なんかも

トレイに入れて

流さないといけない状況で、

両隣の二人のお客はもう

完全にお手上げ状態になっていて

そりゃ係員としては立場上

「隣の人に迷惑をかけるな!」と

大声をあげなくちゃ

いけないよな、と・・・

 

ちなみに係員さんは

かなりイラついてはいたものの

「こちらの指示に従って!」と

叫んだあと、一息ついて

「・・・ください(Please)!」と

根性で命令文を

要請文に変えていたので

そこらへんはプロと思いましたよ。

 

ただほら、娘さんももしや

緊張のあまり周囲が

見えていなかったとか、

『列に並ぶ』・

『自分の枠から

はみ出ない』などの

基本ルールが

わかっていなかった可能性も

あるんですけど・・・

 

・・・たぶんね、

それはなかった・・・

 

彼女は明らかに

「賢い私が気づいた

時間短縮法♪」みたいな感じで

あえて事態に気づいていないフリ、

英語の指示が通じないフリ、

演技をしていた・・・

 

ちょっと嫌な気持ちに

なってしまった

国際空港の朝でした。

 

係員さんも大変ですよね。

 

自分の番が来た時に

私はせめてもの気持ちで

係員さんに

笑顔で挨拶をいたしました。

 

 

叱りつけられていたのが

大柄な体型の腕の太い

格闘技経験ありみたいな

若い男性だったら

私は文句なしに係員さんの

勇気を称賛したと思うんですが

これはこれで差別ですかね?

 

・・・ただやはり私は

子供や高齢者、女性が

頭ごなしに怒鳴られる図は

見たくないんですよね

 

でもあの係員さんも

列がもっと短くて

余裕があったなら

声を荒げることなく

場を収められた気もします

 

施設管理者側が

『他の利用者に迷惑をかける

利用者』にどう対応するか、

難しいですよね

の1クリックを


ヨーロッパランキング

最近たまごのことばかり

考えているので

本日はあえて違う話を。

 

 

さて私は春の

日本一時帰国から

帰って以来

順調に体重が増加中。

 

夏の到来を前に

(スコットランドの夏は

もう終わった説には屈しない)

戸棚や冷凍庫に眠っていた

食材を片付けてしまおうと

頑張っているのが

一因かとは思うのですが

皆さん聞いてください、

私はこの度「これを食べれば

面白いように体が丸くなる」

食べ物を発券しました。

 

・・・ほら、私は

4年とか5年に一回

救急搬送されそのまま

緊急手術を受け

体重がドカンと減って

骨格標本みたいな日々

送りがちじゃないですか。

 

前回は「6週間で

体重を7キロ戻せ、

ただし食べていいのは

ソフトフードのみ」みたいな

指示を貰って涙目になり、

あの時私は思ったのです、

人間余剰体重は必要、

そしていざという時に

『これさえ食べれば自分は

太れる』食材を病弱者は

知っておくべきであると・・・!

 

そんなわけで使う機会が

なければ一生使いたくない

知識ではありますが

それでは皆さん

しっかり聞いてください、

これさえ食べれば

面白いように

体に肉がつくその食べ物:

白玉団子のきなこかけ。

 

 

 

 

 

すごいですよ、

1日1皿食べたその翌日、

お腹周りが元気な

お相撲の新弟子さん

みたいに仕上がります。

 

雑草抜きの成果として

昨日までは

際立って目立っていた

腹筋がすべて

お肉の白波に隠される・・・!

 

たぶん白玉もきなこも

物凄く消化が

いいんのだと思うんです。

 

ただ術後の人間には

きなこのパサパサ感が

辛いかもしれない、

そんな時は

あんこ追加ですよ!

 

 

 

 

まさにデブへの力水。

 

術後で体重減に

お悩みのあなた、

白玉きなこあんこ添え、

お試しください。

 

体重云々はともかく

純粋に美味しいです。

 

 

ただ近頃の私は

体重が一定数を超えると

それはそれで

調子が悪くなるんですよね

 

適正体重を手探りで

確認する日々です

 

白玉がお好きなあなたも

どちらかといえば

洋菓子派なアナタも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

現在我が家で抱卵を続ける

雌鶏(通称『青たまご夫人』)。

 

 

何故か彼女に対し

過保護になっている

自覚はある私ですが、

ただ過保護といっても

私に現時点で出来ることは

ほとんどないのです。

 

それこそ痴漢男

お灸をすえるくらい・・・?

 

ここにきて私が最初に

彼女のお腹の下に

追加で押し込んだたまご

『ちょいと古め』だった

疑惑も出てきて

・・・もしかしたら

本当に今回の抱卵は

失敗に終わって

しまうかもしれず、

そうすると彼女の

21日間の頑張りは

水泡に帰してしまう、

自然の摂理って

厳しいですよね!

 

しかももし・・・もし

抱卵が成功して

6個か7個のたまごから

ヒヨヒヨいう小さい生き物が

無事出てきたと

するじゃないですか。

 

青たまご夫人、これが

生まれて初めての

経験であったせいか

抱卵場所に

選んだ巣がですね・・・

 

私の顔の高さくらいにあって・・・

 

私の身長は170センチです

(フリーザ様の口調)。

 

 

 

 

巣箱でたまごが無事孵る、

雌鶏のお腹の下に

ヒヨヒヨ鳴く

小さい生き物が生まれる、

で、何かの拍子に雌鶏か

ヒヨコが体勢を変えると

藁の中からヒヨコが飛び出す、

飛び出した先は地上から

1.7メートルの高さ。

 

この世には自由落下の

法則というものがございます・・・

 

生まれたばかりの

ヒヨコには

羽らしき羽は

ついておりません・・・

 

私は正直この点を

結構真剣に

不安視しておりまして。

 

対してわが夫(英国人)

(雌鶏痴漢男)は

そこらへん非常に楽観的で

「ヒヨコって案外頑丈ですよ」

 

いやいやいやいや。

 

とりあえず予定日が近づいたら

巣箱の下に藁(ワラ)を

山ほど敷く心積もりです。

 

いやあまりに山盛りにすると

ヒヨコがワラに埋まって

そこから抜け出せず危険・・・?

 

運命の日を

手に汗握って待っています。

 

 

ところでサッカーの

イングランド代表監督

サウスゲート氏が辞任ですって

 

そりゃ今回EURO2024で

優勝はできませんでしたけど、

待ってくれサウスゲート監督が

来る前のイングランド代表って

グループリーグ敗退国というか

『よくてベスト8』な

チームだったじゃないですか

 

PKになったら絶対に

負ける集団だったと

記憶しているんですけど

 

サウスゲート監督は確かに

チーム優勝を

もたらしてはくれなかった、

でもイングランドは今回

PK戦には滅茶苦茶強かった

EUROでは2大会連続で

準優勝ですよ?

 

・・・これは・・・

 

日本のシンクロの

井村コーチ解任劇

(『2位にはなれても

1位にはなれないから』で

辞任を要請、結果

日本は『2位にも

なれない』状態となった)と

同じ悲劇の予兆を感じる・・・

 

新監督も大変だと思いますよ

 

だって『少なくとも2位』が

求められる基準になるんですから

 

イングランド代表の

今後が心配なあなたも

ヒヨコと物理法則が

不安なあなたも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

そんなわけで現在

我が家で抱卵を続けているのは

クレムレグバー種の雌鶏

通称『青たまご姉』夫人一羽

 

 

クレムレグバー種は

抱卵が苦手と

されております。

 

青たまご姉夫人も

過去数年間たまごは

産んだら産みっぱなし派、

つまりこれが初抱卵、

故に勿論今まで

子育て経験なし、

しかもこの冬に

妹雌鶏を惨殺されていて

その頃から脚を傷めていて

・・・あとですね、

私は若鶏時代から

彼女のおそばにおりますが、

この雌鶏が過去に

子供好きというか

ヒヨコ好きの片鱗を

のぞかせたことは

一切ないのでございます。

 

しかしそれでも、

いえ、それだけに、

今回の抱卵には

成功して欲しい。

 

さて青たまご夫人が

たまごを抱え始めた頃

実はわが夫(英国人)は

家を空けておりました。

 

つまり雌鶏の生活の

安全確保は私の責任で

それゆえ夫が帰宅した時は

これで肩の荷が下りると

ほっとしたものでございます。

 

 

青たまご夫人が

抱卵を開始したことは

すでに伝えていたので

夫は帰ってすぐ

鶏小屋に行き、ほくほくした

笑顔で戻ってくると

「青たまご夫人、

頑張っていますね!」

 

「2、3日で抱卵を

諦めるかと思っていたのだが

どうやらこれは本気だな。

でも彼女、本当に正しく

たまごを温められているのかな、

転卵とか出来ているのか?」

 

「転卵まではわかりませんけど

たまごはちゃんと

温かくなっていましたよ」

 

「そうか、それは何より・・・

ってちょっと待て、どうして

たまごの温度がわかるんだ」

 

「えっ、こうやって

青たまご夫人に

挨拶をするついでに

手の平を彼女の

お腹の下に入れたら・・・」

 

「おい!駄目だろう!

怒っただろう、

青たまご夫人は!」

 

私の叱責に夫は何故か

嬉しそうに含み笑いをしながら

「怒りました怒りました!

怖い声を上げてつつかれました!

でも確認したらたまごは全部

気持ちよく温まっていて・・・」

 

「全部!全部ってお前

たまごをすべて

撫でまわしたのか!

どうすんだよ雌鶏が

それで腹を立てて

抱卵を中止したら!」

 

「ちゃんとその後雌鶏の

頭を撫でて謝りましたよ」

 

「・・・青たまご夫人、

今は頭を撫でられるのも

嫌がる状態だと思うが」

 

「ええ!またつつかれました!」

 

「お前・・・お前!

この痴漢野郎!それは

やっちゃいけないことだろ!」

 

「だって抱卵されている

たまごを触れる機会なんて

なかなかないじゃないですか!

青たまご夫人だってあの子は

たまごを抱えていなかったら

こっちが手を伸ばすとすっと

どこかに行っちゃう雌鶏だし

それが今はたまごが大事だから

撫でられっぱなしに

なってくれるんですよ!

そりゃ多少嫌がりますけど」

 

「それは満員電車で

普段近づけない女性のお尻を

撫でまわす中年男の理論だ!

おまわりさん、こいつです!」

 

これ、私人逮捕の

条件を満たしていますよね?

 

 

ただ問題は犯人(夫)の

身柄を確保した後に

どこに連れて行くかで・・・

 

夫の迷惑行為にも関わらず

青たまご夫人は

抱卵を続けてくれています。

 

私はちょっと夫と

話し合いたいと思います。

 

 

なおここ数日間

青たまご夫人の写真は

同じものを

使いまわしておりますが

・・・撮影で彼女を

煩わしたくないんです、

どうかご理解くださいませ

 

・・・私がここまで雌鶏に

気を使っているのに

わが夫ときたら・・・

 

私の憤りにご賛同くださるあなたも

実はちょっとわが夫の

気持ちがわかっちゃうアナタも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

EURO(サッカー

欧州選手権)2024、

4年前の前回大会に引き続き

イングランドの夢は

決勝戦で

潰(つい)えました・・・!

 

私は実は言うほど

イングランド代表を

応援していたつもりでも

なかったのですが

・・・割とちょっと

肩入れというか

感情移入していたところも

あったのか・・・

 

あれは・・・

 

悔しい負け方だ・・・!

 

個人的にイングランドの

GKピックフォード選手

ピリピリイライラしていて

ナンボだと思うのですが

昨日の彼は試合中盤まで

ちょっとそこらへん

達観していたというか

「僕は先日アンガー

マネジメント講習を受けてね」

みたいな様子だったのか

1点取られて形相が変わり

そうだ!君は笑っている顔より

怒気を放っている時の

顔のほうが可愛いよ!

 

(Norizoさんは

アルバートさんにはなれない)

 

(このネタ何人がわかるのか)

 

 

 

 

本日月曜日は

イングランドでは

公休日だそうで

・・・多くの人が

1966年以来の

ビッグタイトル奪還を

徹夜で祝う心積もり

だったんだろうな、と・・・

 

今朝のBBCラジオニュースは

『米国トランプ元大統領の

暗殺未遂事件の

背景と影響』解説

『イングランド代表の

課題と今後』談話が

中心となる番組構成でした・・・

 

第三者として耳にする分には

どちらも軽く

宗教がかっていたというか

トランプ大統領はともかく

フットボールというのは

イングランドの人々にとって

やはり特別なのだな、と・・・

 

ところで昨日は

我が家でも

一つ悲劇が起きました。

 

6月初旬からこっち

続いていたガチョウ抱卵は

このたび失敗が明らかになりました。

 

ずっと巣に座り込んでいた

雌ガチョウは傷心のあまりか

やり場のない怒りのせいか

現在他のガチョウたちとは

距離をとっています。

 

巣を検分した

夫(英国人)いわく

たまご内ではヒヨコが

ある程度のところまで

形成されていた

そうなのですが・・・

 

 

残念です。

 

そんなわけでEURO2024

および2024ガチョウ抱卵は

昨日をもって終了です。

 

 

そして間もなく五輪と

ニワトリ抱卵の結果発表が

やってくるのであります

 

ところでイングランド代表の

ハリー・ケイン選手は全盛を

過ぎてしまったのでしょうか

 

(昨日はイングランドの

サポーターから

ブーイングを

受ける場面もあった)

 

スポーツ選手はそれが

観ていて切ないというか・・・

 

ピックフォード選手も

確か現時点で30歳

 

GKは選手生命が

長めとされていますが

・・・今大会の

ピックフォードって

「これが僕の集大成」くらいの

諦観を感じさせる場面が

いくつかあって

ちょっとそこらへん

ドキドキしました

 

私は今後も彼の

キレ芸を

大舞台で観たいです

 

あれをキレ芸と言うな

の1クリックを


ヨーロッパランキング