トラウマ日曜洋画劇場

トラウマ日曜洋画劇場

レンタルDVDもインターネットもなかったあの頃。インドア派の少年たちがオタクとかヒキコモリといった言葉で安易に総括されてしまうこともなかったあの時代。昭和キッズは夜な夜なテレビで放送される洋画番組をめちゃくちゃ楽しみにしていた……

2017年5月、好評につき文庫版が新登場
『トラウマ日曜洋画劇場』よろしくね^^

トラウマ日曜洋画劇場-トラウマ日曜洋画劇場-皿井垂

70年代オカルトブームの影響をもろに受けた人、大阪万博でアメリカ館の月の石を見そびれた人、サンスタースパイメモを近所の川に流して溶かした人、毎週欠かさずトランジスタラジオで『淀川長治ラジオ名画劇場』を聞いていた人、ラウラ・アントネッリと聞いてすぐにピンとなる、じゃなかった、ピンとくる人……昭和の「あの頃」、テレビ洋画劇場にくぎづけだった全てのインドア派少年に捧ぐ。

トラウマ日曜洋画劇場-スローターハウス5 テレビ番組欄

日曜は『地獄に堕ちた勇者ども』に顔をしかめ、月曜は『恋人たちの曲・悲愴』で吐き気を催し、水曜は『午後の曳航』にモヤモヤハァハァし、木曜は『絞殺魔』の暗さにどんより落ち込み、金曜は『パニック・イン・テキサスタワー』に手に汗握る。

トラウマ日曜洋画劇場-No Blade of Glass 最後の脱出パンフ

深夜枠では『センチネル』の放送禁止フリークスにビビり、週末は地方局が放映する『警視の告白』、『最後の脱出』、『鏡の国の戦争』など、マイナーB級映画漬け。

トラウマ日曜洋画劇場-警視の告白ポスター

みんなの好きな快作からだれも知らない怪作まで、毎日テレビの前で盛り上がっていた昭和の「あの頃」を個人的に振り返りまくりました。


トラウマ日曜洋画劇場-センチネル The Sentinel パンフレット

十代の頃に名画座映画館に通い詰めたお父さんも、70~80年代の映画に興味がある若い映画ファンも、昭和のTVトラウマ洋画劇場へレッツラゴー!


『トラウマ日曜洋画劇場』

Amazon内容紹介:

テレビが輝いていた1970年代から80年代…。当時の少年たちをとりこにしたのは、テレビ各局で毎日のように放映される「テレビ洋画劇場」だった。テレビ朝日系列の「日曜洋画劇場」、TBS 系列の「月曜ロードショー」、日本テレビ系列の「水曜ロードショー」、テレビ東京の「木曜洋画劇場」、フジテレビ系列の「ゴールデン洋画劇場」など、各局は競い合うようにして、世界の名作をお茶の間に届けてくれた――だがしかし、ときにはその熱意が暴走し放送コードスレスレの作品が放映されてしまうことも。 強烈な男色シーンにお茶の間が凍りついた『脱出』、変態描写に血の気が引いた『地獄に堕ちた勇者ども』、日米合作の残酷ドキュメンタリーに戦慄した『アメリカン・バイオレンス』、3日前からウキウキで眠れなかった『女囚暴動』などなど、昭和のテレビを彩ったトラウマ級の映画を振り返る!

著者について:

昭和37年生まれ。テレビ洋画劇場にどっぷりの十代を経て、荻昌弘さんと同じ大学に進み、小森のおばちゃまにならって渡米。帰国後、後姿が木村奈保子さんに似た女性と結婚したが、その後、淀川長治さんや水野晴郎さんみたいな人がいっぱいいるタイのバンコクに移住。皿井タレー名義のアジア関係の著書多数。



Amebaでブログを始めよう!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。