Eriのアートオブライフ シドニー
  • 30Aug
    • オーストラリアの自然の中で

      今日、斜めでも立派に堂々と立っている木を見つけて、思わず見入ってしまいました。すごいバランス。人間の協力もあったんでしょうけど、切られても斜めでもしっかりと立ってる姿がカッコいい。そう、斜めだってしっかりと生きれるんですよね。そのそばに私が苦手なマグパイがいて、ちょっとビビりましたが 「写真撮って良い?」と聞くと、かっこよくポーズを取ってくれました。「私、ちょっとあなたの事、苦手なんだ。だって、たまに攻撃してくるでしょ?」「あ〜そうだね。でも、それは私の性質だから治らないね。これからも攻撃しない保証はないけど、まあ許して。」「んー、性質だったらしょうがないよね。でもとりあえず怖いから、これからもあなたを警戒するわ。」「よろしく頼むわ。」という事で話がつきました。そして、オーストラリアの自然の中で日の丸弁当と煮物!こういうシンプルなものが嬉しかったりしますよねー。歩きながら思ったんですけど、植物って共同意識みたいなもので連絡を取り合ってるんじゃないかなと。だから、初めてお目にかかる花は「初めまして」、おなじみの花は場所が違っても「久しぶり!」で通じる気がします。オーストラリアの花って、意外と小さくて素朴なものが多いんですよ。中でも、ワトルのようなフワフワ系と、ボトルブラシのようなニュルニュル系と、バンクシアのようなゴツゴツ系が主流な気がします(笑)でも花が散ってしまったら、もう私はあの植物が黄色い花を咲かせてた事に気づけないかもしれないな。また来年、と言っても来年に絶対来るとは約束出来ないし。だから、今日もこうして写真を撮るのかもしれません。

      79
      テーマ:
  • 28Aug
    • 毎日ブログを書いてみて

      こんにちは~!1日1記事チャレンジ、思ったよりもすんなりと続きました!2週間以上ほぼ毎日書いてるし、まだまだ全然いけそうな感じです。でも、そろそろやめようかと思います。たった2週間、されど2週間。毎日思うがままに書いていると、発見する事が色々ありました。朝書くのと夜書くのと気分が違う事。短時間で毎日書くと決めたら、それなりにトピックが湧いてくる事。頭を使い過ぎると書けなくなる事。私は書く事が好きだという事。そして全体的に見て、私って何度も同じような事を書いてるなと気付きました。「すごい人の言う事でも全て鵜呑みにせずに、自分で考える力をもとう。依存しないで」でも、これってもしかしたら私の人生のテーマのひとつかもしれないなあと思った次第です。私、自分自身の人生のテーマはだいたい分かっているつもりでしたが、これは新しい発見でした。収穫ありです本当は続けて行ったらもっと色々発見があるかもしれなくてちょっと残念ですが、ここで一旦やめて、また以前のような書きたい時に書くスタイルに戻します。そもそもこのチャレンジは、ワードプレスで作成しているオーストラリアの情報ブログをもっと充実させる為の練習として始めました。(ちなみにそのサイトはアフェリエイト広告も貼ってます。)こんな事を言うと恥ずかしいのですが、私、自分のそのブログが大好きなんですよ私が今まで趣味と思っていた旅行や知識や撮ってきた写真、描いてきた絵など、オーストラリアでやってきた事が全部ギュッと形になって物質化しつつある感じです。ただ、一記事仕上げるのにすごく時間がかかって文章を書くのも遅いんですよね。書いた後、何度も何度も修正したくなりますだから、文章を短時間で早く書く練習をしたかったんです。ブログ記事を毎日毎日書いていると、誰でも明らかに成長をするようです。100記事目、150記事目になった時に自分の過去記事を読み返すと、つい数カ月前は今よりもずっと下手だったんだなあとよく分かります。それは私だけではなくて、多くのブロガーさんが言ってますね。要はそれだけ継続する意欲があるかです。大人になってから、なかなかこんな体験出来ないですよね?もちろんアメーバブログとワードプレスでは、ブログの性質が全く事なるので、書き方も全く違います。アメーバさんはサラッとかく日記には適した媒体なので、ササッと思った事をまとめるには素晴らしいですね。ワードプレスではSEOを意識したり、下調べをしっかりしたりとしたり、なかなか自分の日記は書けません。まだまだチャレンジを続けたかったんですけど、どうやらアメブロで私の"書く" という欲求が満たされてしまうと、本来メインであるブログの更新が滞ってエネルギーを分散させているようなので、それだったら本末転倒だなと思いました。変ですね。私の父は、妹には書く才能がある!といつも褒めていてましたが、私が高校で先生に文章を褒められたと言ったら意外な顔をされてちょっとショックだった事もありますし、ある方のセッションでも「伝える使命がある人は、絶対にそういう使命があると伝えている」と言ってましたが、私は一度もその人に言われた事がありませんでした。だから、もしかしたら私には書く事に才能も使命もないのかもしれませんけど、でもそんなの知ったこっちゃありません!書きたい事があって、伝えたい事があって、それが楽しくて仕方ない。その情報はマイノリティーかもしれませんが、意外に検索で引っかかって来てくれる人もいるので、マニアックな需要はあるようです。という事で、とりあえずこれにて一旦1日1記事チャレンジを終わります m(_ _)mこのチャレンジ中に読者登録してくれた方や遊びに来てくれた方がいて驚きました。ありがとうございます!またすぐアメブロに書くかもしれないし書かないかもしれない、先の事は分かりませんが、読んでくれてありがとうございました。感謝、感謝です♡まだ寒いですけど、シドニーに春が訪れつつあります。

      11
      テーマ:
  • 27Aug
    • たまにネガティブ、それも自分

      日本の流行りとかよく分からないので全然知らなかったんですけど、キラキラ起業女子という言葉があるんですね!遅れてますか?(笑)どこでそうなったのか、数日前にネットで全然違う事を調べてのですが、なんかアンチの人のブログに辿り着いちゃって趣味をお金に変えるとか言ってコンサルタントしてる人たちの問題点とか、スピリチュアルビジネスの危険性とか、ネットビジネスの闇だとか、ひとつサイトを見つけるとリンクがたくさん貼られてるので芋づる式に情報が入って来てエンドレスでつい見入ってしまいました。実は私もスピリチュアルをやってる人たちにガッカリした事が何度もあって(プロ・アマ関係なく)、あまり関わりたくないと思った経験がありますし、とにかく占いにしても何にしても商売として人にアドバイス以上、カウンセラーだと思うんですけど、スピとか占いとかから入った人はカウセリングの基礎知識がないから危ないなーと思ってたんです。本来、正規のカウンセラーになろうと思ったら、ものすごくお金と時間と根気がいるんですよ。だからって資格を持ってるから優れてるとは限らないし、持ってなくても素晴らしいカウセリングをする人はたくさんいるでしょうが、それくらい人の悩みを扱うって責任ある事だと思うんです。例えば、お金を貰ってセッションをやるからにはプロのはずなのに、クライアントさんを自分の好き嫌いの感情で傷つけたり、褒めて賞賛しないと不機嫌になったり、自分のアドバイスを守らないと幸せにならないと依存させるのは、カウセリングと言うより宗教ですよね。集団のパワーってすごいと思いますが、悪い方向に行くと派閥とかも出来たり色々厄介です。で、ここ数日色んな人のブログを読み込んでみて思ったのは、至極真っ当な意見で警笛を鳴らすブログもあれば、ゴシップ的に面白おかしく取り上げている人もいるという事。別に面白おかしく書いてる人を批判する訳ではないです。言ってる事は全然間違ってないし、私も面白く読みました。世の中色んな人がいるんだなーって勉強になりましたよ。そもそも人間って、ゴシップ大好きですよね。日本のテレビ番組は、何も悩みのない幸せな人を取材しても視聴率が上がらないと言うし、それは週刊誌が売れる事でも分かります。スピリチュアルに詳しい人は、よく "ネガティブな事はわざわざ読んだり聞いたりしない方が良い" と言いますし、それもよく分かるのですが、私は人の闇の部分にもすごく興味があって、ついつい好んで見にいってしまう事があります。でも、ここ数日の間に色んな人の記事を読み込んでいて気が付いたんですけど、なんか自分の心が荒んだ (笑)久々に重いべっちょりしたエネルギーを身にまとってしまったような気がしますネガティブにフォーカスし過ぎたかな?まあ、こんな時もあります。基本的に、荒んだら元に戻せば良いと思っているので、そろそろ元に戻しますだって、軽い方が私も周りも気持ち良いんだもん~!何故かとっても植民地時代の19世紀の建造物に惹かれるんです。

      7
      テーマ:
  • 26Aug
    • 猫を通して気付く自分の心

      うちの猫は時計が読めるの???と思う事があります (笑)2匹いるのですが、最近毎朝どちらかが寝室の窓をカリカリ引っ掻いて起こしに来るんです。「ご飯~!」って。彼らは本当に頭が良い。カリカリうるさくて、どうやったら私が起きるか心得てます。起こされる時間は早朝6時頃の時もあれば8時過ぎの時もあったりバラバラで、私があんまり起きないとあきらめて大人しく待ってくれてる時もあるんですけど、「あと10分だけ寝かせて!」と言ったら本当に10分ぴったりに再び起こしに来たり、「8時になったらご飯にしようね」と言っておくと、ニャーニャー言うので時計を見たらちょうど8時だったりあ…、約束したから守らないとね!と重い腰をあげるのですが、適当な事は言えないなーと最近思ってます。いやーそれはたまたまでしょ?と言われそうですけど、時間はともかく動物って人間が思うよりもこちらの言う事が分かってるようです。言ってる事と思ってる事が違ったら、一発で見抜かれますよ!数年前まで私は帰宅が9時~10時になっていたので、餌やりはパートナーの仕事で、忙しくて余裕もなかったので、仔猫だった彼らにあまりかまえなかったんです。あの時の、"甘えたいけど忙しそうだな~"という感じで遠巻きに私を眺めていた仔猫の目…。その頃は、パートナーが出掛けると、いつも2匹は玄関で待ってました。私が代わりに餌をあげて家にいてもある日、猫が来てから初めてパートナーが出張で数日家を開けたのですが、やっぱり彼らはずっと玄関で待ってて。不憫に思って「ごめん!言ってなかったけど、今日からしばらくダッド(パートナー)は帰ってこないよ!」と言ったら、2匹とも "え?" という顔をしてさっさと部屋に戻ったので、やっぱりこの子たち言葉分かるやん!と。アニマルコミュニケーターという仕事をしてる人のブログを読むと、猫を悪く言ったら本人がちゃんと分かるし、何気ない言葉で傷つく事もあるそうです。彼らは、私たちが発した言葉に乗ったエネルギーもしくはテレパシーのようなもので言葉を理解するらしいので、基本的に英語でも日本語でも関係ないようです。でも、彼らの甘える能力が長けてるのは本能でしょうか。どうすれば私の心を掴んで甘えられるのか、心得てます私もここ最近、やっと本当の意味で心の余裕が出来てきて、無邪気に甘えてくる彼らがかわいくてかわいくて仕方ありません。ここに来てやっと、自分に対する余裕と他者や動物を愛する気持ちって比例するんだなあ、と理屈じゃなくて実体験として実感してるんですよ。アレしなきゃ!コレしなきゃ!って思ってた頃は、猫と遊ぶ時間さえもったいないと思ってしまってました。そして最近、猫たちにメロメロなパートナーと共同で一緒に育てている一体感を初めて感じたんです。私とパートナーは趣味も全く違うし、なかなか一緒に何かをするという共同意識が生まれませんが、あー、子供が夫婦の絆を繋ぐってこういう事か…とやっと分かった気がします。誰かと共通の目的を持って歩んでいくって、気持ち良いですね。今までの私たち、それぞれの生い立ちもあって、家庭を持つ事にネガティブなイメージの方が強かったですし、お互い自立してるからふたりが同じ空間にいてもそれぞれで楽しむという感じでした。それはそれで良かったんですけど、10年目にしてやっと私も、本当の意味でパートナーと人生を歩む決意が芽生えて来ました。今まで私を自由に泳がせてくれて、ありがとう。一緒にいてくれて、ありがとう。ずっと好きでいてくれて、ありがとう。仕事する事でしか生きる価値を見いだせなかった私。家庭にどうやって愛を注ぐのか見当がつかなかった私。色んな価値観がガラガラと少しずつ崩れていって、何となく見えてきたような。これからまた新しい展開になる気がしてなりません。最近お気に入りの買い食い♡

      4
      テーマ:
  • 24Aug
    • 動かなきゃ何も意味がない

      私、昨日・今日とエネルギーが不足してます。最近本当に自分に嘘がつけなくなりました。今まで門が立たないようにと丸く収めて来た事も、嫌だ!嫌い!と正直に身体が反応してしまいます。これが良いのか、悪いのか。従来なら、社会不適合者認定を受けそうです。(本当は世の中には良いとか悪いとかの概念はないですけどね。)"空気を読む" という習慣は小さい頃からみっちりと叩き込まれているので、ちょっとやそっとでは抜けませんけど、これは全然悪い事ではないし、日本人の特殊能力と言っても良いと思うのですが、日本では暗黙の了解を理解して空気を読まないと酷い目にあったりしますよね。私は、会社の方針や上司の意見が自分の意見とは違っても、表面上では上司を持ち上げて気持ちを汲んで従うのが得意で、今まではそうやって結構上手くやって来ました。オーストラリアの日本人社会でもです。(単に摩擦を減らして上手くやっていく為のテクニックと思ってやってたんです。私、結構上手だったと思う 笑)でも今、5年近く務めた職場を辞めたいと思っています。私のサイクルは4~5年のようで、前の職場 (レストラン) も同じくらいに辞めました。簡単に辞めれば良いじゃんと思う人もいるかもですけど、長く同じ職場にいると、まあまあ重要なポジションにいて上司からも信頼されているのでめちゃくちゃ辞めにくいんです絶対に引き止められるし。まあ、有難いことですけど。今まで就いたどの職場でも人間関係は悪くなかった (と思う) し、信頼されて上司にかわいがられるのですが、本当の自分の意思は他の所にあるので、何年かすると、本来アクの強い私は合わせるのが嫌になって来るんですね。(↑あ~なるほど、そういう事か。今、書いてて分かりました!)と言っても今の職場は本当に条件が良くて、5年務めた前の職場を辞めると決意して上司に話した途端に、それまでずっとそういう所を探していても見つからなかったに、急に私の思っていた条件にぴったりの職場が目の前に現れて、それが今の職場なんです。偶然という人は偶然というでしょうけど、決意すると次のステージが現れる、こういう話はよく聞きます。(ただし今のステージで充分吸収し終わって卒業出来たなら、だと思いますけどね。)その前の職場も似たような感じでしたね。多分学びのスパンが私は4~5年なんでしょう。今でもボスの事は好きだし、とても条件が良い仕事だし、人に触れる仕事が好きだし、私の常連さんもいる…。思考で考えると辞めるのは得策ではないんですが、直感はもうここは違うと言ってて、身体が全身でNoと言い出してしまった…。一昨年直感を無視して思考に従ったら酷い目にあったので懲りてると言うのに、まだ思考の声が私を怖がらせるから「でも」「だって」とズルズル考えてしまう自分がいます。本当は店の経営方針や考え方には賛同出来ない部分も多いけど、その職場を選んだのは私だし、私は経営者じゃないので必要以上にでしゃばらないないように気を付けてました。仕事だから。お金をもらってる以上、嫌な事も我慢してお店の方針に従いながら、自分をごまかしごまかしやって来ましたが、そろそろ限界。我慢?そうか、私は我慢してたのか…。今の場所での学びは充分にやって終わったので、今度は次の段階へ行けというサインがだいぶ前から来ているのに、「全ての出来事は完璧!」「直感を信じて委ねれば良い!」と分かっていて証拠のデータも揃っているのに、いざ今までの流れを変える行動に出るのはやっぱり怖いです。これ以上条件が良い職場はもうないだろうし、収入源がなくなるのは本当に恐怖。でも、いくら素晴らしい直感力を持ってたとしても、行動に移さないと何にも意味がないんですよね。※ ちなみに直感と思い付きは全然違います。これはもう、トライ & エラー を繰り返して体感で覚えていくしかないです。そもそも今、オーストラリアでのほほんと暮らしてるのだって、自分の直感を信じて親の猛反対を押し切って来たからです。(いや~あれは激しかった。親の生霊にまで憑かれました。その話はまた機会があれば。)親とか偉い人が何と言おうと、彼らが代わりに人生の責任を取ってくれる訳でもなし、最終的にはやっぱり自分を信頼するしかないのは痛感しています。自分で決められない・考えられない人が多過ぎないかな?というのが私が日本の人に思う事です。そういう人がエージェントにぼったくられたり、自己啓発にはまって動けなくなったり、「言われた通りにしたのにダメだった」と文句を言うんですよ。さて、私もそろそろ動かなきゃ。エネルギーがないというわりに、今日もたくさん書きました😅ダークローストのピーナッツバター、もう食べた?

      2
      テーマ:
  • 23Aug
    • シンクロニシティは上手くいってる証拠

      職場にいつも怖いほど色んな事がリンクしてしまう子がいます。奇跡的な偶然の一致、それをシンクロニシティと言いますが、そういう現象は私の周りでしょっちゅう起こるので、あまり驚きません。だから、その子との事も最初は「またか」くらいで特に気にもとめてなかったのですが、その子がシンクロする度に「またシンクロしました!怖いです」と言うので、私もその子とのシンクロを楽しむようになりました。どうシンクロするかと言うと、例えば私はオーストラリアのお役立ちブログを書いているのですが、その子がオーストラリアの国旗の白バージョンを見て「何で白いんだろう?」と友人と話した次に日に私がオーストラリアの国旗についての記事を上げたり、南半球の星について話してたその日にやっぱり南半球の星についての記事を上げていたと言うのです。確かにそれらの記事は、突然何の脈絡もなく書きたいと閃いて書いたもの。私は書きたい気持ちが降りてこないと、いくらたくさんトピックの材料があっても書けないので、降りてきた時には気持ちがなくならないうちにワーッと仕上げたいんです。だから、まあ、そういうシンクロは充分あり得るなーと思うんです。意識は深い所でみんな繋がっているのだし、そこから私がフッとインスピレーションを得た事って、きっとどこかの誰かも思ってる。だから私が書きたいと思うんです。このブログだって、そんなに多くの人に読まれる訳ではないけれど、びっくりするくらい同じタイミングで同じ事を書いてる事ってよくある事です。で、長い前置きでしたが、昨日その子が「最近リアルな夢を見る」と言うんです。「私もリアルな夢を最近ブログにメモして自分で分析してたんだけど、そうすると色々自分の深層心理が分かっておもしろいよ!」と言ったら、その子は自分で分析出来ないので、ネットで意味を調べるとの事でした。なんでも "親友が亡くなってしまって行かないで!と泣く夢" だったそうなのですが、ネットで調べると人が亡くなるのは吉夢なのだそうで、そこら辺は私は全然分からないのですが、その夢を見た後、ダメだと思ったすごく条件の良い仕事の採用通知が来たので、やっぱり良い夢だったのかも、と。で、その話を聞いた時、心霊オタクの私は全然違う事を思いました愛する人が亡くなったら悲しみから「天国へ行かないで!」って思う人がいるけど、本当は1度快く天国に行ってもらったほうが、良い状態でいつでもその人の所に戻って来れるのに、って。行かないでと悲しんでいると、亡くなった魂はあの世に行くタイミングを失って成仏出来ず、地縛霊や背後霊となって苦しむ事になるんですよ。そうなってしまった魂は、愛する人に悪影響を与える存在に成り下がってしまう事もあるんです。これが愛とエゴを混同してしまった結果です。そう思った時、あれ?これっていわゆる引き寄せの法則と一緒だな、と気付きました。絶対に叶えたいと思った願い事は、願った後は一度手放すと、忘れた頃に叶ってるっていうあれ。ずーっとその願い事ばかり考えていると、執着になって叶いにくいんです。彼氏欲しいと思って願った後は、一度忘れて活動をしていると、タイミング来たら良い人と巡り会えます。彼氏欲しい彼氏欲しい彼氏欲しい彼氏欲しいとずっと思いながら生活してる人って、エネルギーが重いし怖いし逆に遠ざけてます。でも、そういう人って結構いますよね?亡くなった人は、悲しくてもまた遊びに来てくれるのを信じて一度快く送り出してあげる。手放すんです。そうしたら例えその姿が見えないとしても、きっと見守ってくれてます。「まるでそれって、引き寄せの法則みたい。執着を手放せっていう暗示じゃないの?」と言ったら、その子は腑に落ちるたようで鳥肌たったと言ってました私もこの子から色々インスピレーションや言葉をもらってます。なにげにしてた会話で湧いたインスピレーションから以前ボツにしてた記事を仕上げてアップしたら、今でもすごく検索される人気記事になったりとかしてるし。上手くいく時って、こういう偶然 (必然でもある) が積み重なって、気が付いたら波に乗ってるという感じだと思います。少なくとも、私が今オーストラリアでのほほんと生活して居るのも、こうやって連れてこられたんです。後から考えてみると、ですが。だって、当時は自分が思っていた人生計画とは全然違った方向になってしまって 「何で私ここでこんな事してるの??」という感じでしたが、はっと気付けば私が若い頃描いてた夢は、良い形でちゃんと全部叶ってます。それに気付いたのは最近ですが。だから、やるべき事をちゃんとやっていれば、未来なんて心配する必要ないんだなあ、と思ってます。もちろん人間ですので揺らぐ事もありますが。あー、今回も長くなったな~ 。意外と反響のあったカフェアート。

      5
      テーマ:
  • 22Aug
    • 朝書く人、夜書く人

      このブログチャレンジ (1日1記事) を始めてから、なるべく朝書くようになりました。その方が夜よりもスラスラ書けるんです。でも、時間なくて夜書く時もあります。ここ2週間くらい毎日書くことを意識してみて思ったんですけど、朝書く時と夜書く時では全然体感が違いません??このブログは短時間で文書を書く練習も兼ねて始めたので、私の他のブログでやってるような詳しい下調べもなければ資料を読んで書く事もありません。唯一の資料は私の潜在意識?(笑)ただ私の中に湧き上がってくる想いを言語として記録している、といういうイメージでやってます。やってみたら意外と私の潜在意識もやるやんとか思っているのですが、その湧き上がってくる時の体感が朝と夜では違う感じがするんです。私は昔から朝型に憧れる夜型でして(笑)、何か作業をしようと思った時、夜の方が集中力が出て考えがまとまりやすいので、必然的に夜型になってしまうのです。私、じっくり考えて結論を出したりまとめたりする事が好きなんですよね。それにはやっぱり夜じゃないと。ところが、ですね!最近朝の方が書きやすいんですよ!なんだコレってそれで思ったのが、最近書き方を変えたからではないかと。毎日短時間で書くと決めたら、今までのように考えに考えた重い文章なんて書いてられないんですよ (笑)パーっと想いを言語化してサッサと書いていかないといけない訳で、つまり今までの書き方と180度違うんです。これは、私の好きな陰陽の法則かなあ、と。朝は陽で拡張するエネルギー、夜は陰で収縮するエネルギー。考えをまとめる時は自分の中にこもる必要があるので陰のエネルギー、自分の想いをバーっと外に出す作業は陽のエネルギーだから、それに合った時間帯が書きやすいのかな、と。フムフム、毎日書くと色んな発見がありますね。そういえば、朝方の人と夜型の人って、何となく見てて分かるような気がしますね~。これ、かわいくないですかー!?

      9
      テーマ:
  • 21Aug
    • 右脳派と左脳派、そして目標の設定

      昨日はちょっと納得が行かない事があったので、思考がバリバリ働いてしまった日でした。そしたらブログに書く言葉が全然浮かばなくなった(笑)と言っても実際はめちゃくちゃたくさん書いたんですけど、何かが違うと思って全部ボツにしました。なるほど、私はブログを右脳で書いてるんだなあ、ってよく分かりました。本来、書くという作業も考える事も左脳の仕事ですが、浮かんでくる事を言語化という作業においてはベースに右脳さんが必要なのね。昔、ネットで左脳派か右脳派かテストできるサイトを何度かやってみたんですけど、どうも私はほぼ同じくらい使うタイプらしいんです。でもちょっと納得。私は絵や感覚だけで説明されても「根拠は?言葉の説明はないわけ?」と思ってしまうし、字や理屈ばかり並べられると退屈で眠くなって「絵か図を付けてくれないとおもしろくないよ~」と思ってしまうんですよね。ある意味めんどくさいヤツです。でも、だからこそヒーリングやマッサージって私には合ってると思うんですよね。目に見えないものを重要視する感覚はすごく大事ですけど、同時に解剖学の知識や理論もすごく大切で、どちらもないがしろに出来ません。私がここ数年ベテラン・初心者色んな人が観察してきて思ったのは、どっちかに偏ってる人が多いという事。(私が両方完璧に出来てるという意味じゃないですよ。)これは好みや相性の問題もあるので良いとか悪いとかじゃないですけど、相手のエネルギーに同調して深いリラックスを与えつつも、しっかりと理論に基づいてポイントを抑えてるマッサージが一番効果が現れやすいんじゃないかなというのが、私が出した結論です。自分がマッサージを受けてても、どちらかに偏ってると私は物足りないんですよね。日常でもフワフワした事ばかり話す人は頭大丈夫?と思ってしまうし、かと言って理論ガチガチに固めて「見えないから」「感じないから」と言ってる人を見ると大切な事は目に見えないんだよ~とか思ってしまう。私、目に見えない事って普通に信じてるというか、それ以前に普通に存在してるのは分かってるのですが、やっぱりそれを説明出来るだけの説得力が欲しいと思うタイプです。ちなみに霊的世界のことならオタクなので、私の見解はだいたい説明できます。証拠はないけど、実例をあげて具体的な説明は出来るかな(笑)そんな私なので、実はレイキヒーリングも4人のこれはと思う講師の人のから習ってしまいました。人が聞いたら似たような講習をお金払って4回も?って呆れるかもしれませんが、追求してたら勝手にそうなりました(と言っても、一気にじゃなくて6年間の間にですよ)ピンと来た事は本気で挑むのが私の性質のようです。レイキは初めて知った時に何故か「これだ!!」と思ったので、日本語でネット検索したら当時オーストラリアで2件だけヒットして、ラッキーと思って速攻受けに行きました。その数年後にオーストラリアの日本人の間であんなに流行るなんて、その時考えてもませんでした。びっくりです。ただ私はこの好きと言う説明の出来ない気持ちが何なのか、そして講師の先生はどんな人でどんな教え方をするのか?私の研究者心に従っただけです。見事にそれぞれの講師の人の個性が違っていて、だから習いたいと思ったのです。もともとの発信源は同じなんでしょうけど、人によって教えてくれる角度もエネルギーも違うので、それを自分の感覚と繋ぎ合わせてやっと自分の納得が行く答えを出したという感じです。レイキに関わらず色んな講師を渡り歩くのがおもしろくない人もいるでしょうが、ひとりの人だけの言う事を鵜呑みにするのは危険だし、私のスタイルではありません。私は本気でレイキのことを知りたかったから、本気で学んだだけで、派閥とかに興味はありません。私からレイキを習いたいと言ってくれた人が過去に何人かいたのですが、レイキを習うならティーチャーまでという風潮が強い中、散々時間とお金をかけたわりに私はティーチャーの資格まで取ってません。私に今必要のない事だと思ったので。でも、それで掴んだ事は、後からちゃんと仕事や生活にとても役に立っているので、「なるほど、こういう風に繋がるのかー、よく出来てるなー」と感心します。何か分からないけど情熱に動かされて動いた事が、後からパズルのようにパチンとハマる、そういう事がおもしろくて仕方ありません。今はもうレイキというパズルは私の中で卒業したというか、追い求めなくても常に私の中にあるものとして定着しました。ひとつ言えるのは、アチューンメントを受けたらその日からヒーリングが出来るようになるという文句は本当であり、嘘ですね。やっぱりコツコツと試行錯誤しながら努力しないと「習っただけです~」「でも、使ってません~」で終わるだけですね。日本人は資格を取って安心して練習に来る人は少ないらしいですが、オーストラリア人は講習内容よりも練習を重視する人が多いらしいです。日本人とオーストラリア人って、ことごとく対照的でも続かないのは、目標を持つ時に "何を得るか" じゃなくて "得た事によって何をしたいのか" という部分を考えない人が多いからだと思うんですよ~。彼氏やビザやお金も同じ。目標が彼氏ゲットの人は達成したらすぐ別れたり、ビザゲットで頑張ってる人ほどなかなか取れずに帰っちゃうか、迷走してる。その点、何がしたいかその先の目標がある人は、ちゃんと地に足がついた行動で目標達成してますね。なぜ欲しいのかを掘り下げたら、実は自分が欲しかったものは全然違う所にあるのかもしれないのにねー。タロットで悩み事を聞いていると、まず実は自分の悩みをちゃんと把握してない人って結構多いんですよ~。「で?とうしたいの?」と聞くと「え??」って。どうなれば本人にとってハッピーなのか、それによってするアドバイスも違ってくるので、そこからクリアにする必要がある人、意外にいます。だから、私のタロットは「スッキリしました。」という感想がすごく多いですね (笑) リーディングも個性が出ると思う。最近してませんけど。って、自由に書いたら話がバラバラと飛んで長くなってしまいましたので、今日はここら辺で終わりますねすみません!ちゃんとまとめられるように練習します (๑>؂•̀๑)ピストルの花瓶ってどうなん(笑) 謎の美意識。

      6
      テーマ:
    • 書けなかった

      ダメでした。何時間も色々書いてみたけど、まとまりません。こういう日もあるさ毎日ブログ書いてる人、マジすごい。という事で、私のチャレンジ終了~。

      2
      テーマ:
  • 19Aug
    • 心と身体は繋がってるから

      私、結構胃腸が弱くて、高校生の頃には既に逆流性胃炎でかなり苦しんでました。苦しいし寝れないし、おまけに胃が痛いと本当に人生投げやりな気分になるんですよ!日本でもオーストラリアでも病院に行きましたが治らないし…。でも最近、色々実験して分かってきたのは食事を味わって楽しみながら食べると痛くならないって事。(私の場合です。)私の母親は料理が下手で (下手以前にやっつけ仕事で嫌々作ってた)、今でも白いご飯を食べる時に何も入ってないか怖々と確認しながら食べる癖がありますし、職場はつい最近まで忙しい所ばかりだったので、早食いが当たり前だったし…。なので、普段の食事を味わって食べる習慣が私にはあまりなかったのです。でも、ある時私の胃が怒っている声を聞いたんですよ。「もっと噛んで味わえよ!」と。驚いて胃に謝った直後、あんなにキリキリ痛んでいた胃痛が嘘のように治まったという実話があります。あと、死ぬほど胃が痛たかった時、友人に笑わされてゲラゲラ笑っていたらスッキリ治ったこともあります。だから、やっぱり心と身体は直結してるなあ、と思うんですね。胃がもたれるという事は、現実でも物事が自分の中でちゃんと消化出来てないのかもしれません。それで、さっきフッと浮かんだんですけど、私って物事をひとつひとつ噛みしめて理解したいタイプなんです。だから、ご飯もちゃんと噛みしめて食べないと、そりゃあ消化不良起こすよなーと妙に納得して。そういう風に心と身体を繋げて考えるようになったのは、マッサージの仕事を始めてからですね。たくさんの人の身体を触らせてもらって分かったのは、コリはその人の性格そのもの!という事。硬いけどすぐほぐれる素直な人や、一見柔らかそうだけど奥に頑固なコリをもってる人や、色んな人がいます。普通、初めて会う人とは少しづつ会話を交わしてからだんだん深い所に踏み込んで行くじゃないですか?マッサージも同じで、普通は少しづつほぐしてだんだん深層部の筋肉にアプローチしていくのが筋肉にダメージを与えず揉み返しになりにくいやり方なんですけど、中国人はいきなりガツンと力を入れて押して欲しい人が多いですね。性格そのまんまソフトなタッチとか特に指定がない場合、私はその人たちが痛気持ち良いと感じる圧でマッサージするようにしてますけど、ちょっと圧を入れただけで痛い人もいるし、超強押しでリラックスして寝る人もいる。おもしろいですよね。(その加減が分かるようになったらプロです)とにかく、油断するとつい早食いやながら食いをしてしまう私ですけど、何故良くないのか納得してストーンと落ちました!でも、胃痛が始まった時は、身体を温めると手っ取り早い (猫ゆたんぽサイコー!)でも書いた通り、胃を温めていたわってあげれば良いみたいです。これ、効果てきめん!(私の場合。)身体の不調は何かを知らせるサインなので、本当は嫌がるどころか感謝すべきものなんですよね〜。人間の身体って良く出来てます。19世紀の囚人たちの食事。(ハイドパークバラックスにて。)

      15
      テーマ:
  • 18Aug
    • 感じるってこんなに大事!

      今日はちょっと他にフォーカスしたい事があったので、一日その事ばっかり考えてました。自分の脳みそのスペースに余裕がないと新しい事が入って来ないって本当ですね!ブログネタがいつもみたいに(。 ・`ω・´) キラン☆と浮かんでこない(笑)連想ゲーム、浮かんで来ないと言えば…、うちのシャワールームすごいんですよ!バスタブがないシャワールームでペタンと床に座って顔洗ったりシャワー浴びたりしてると、とっても良いアイデアがよく浮かんでくるんですよ~!まあ、それは科学的に言うと脳がリラックスするからでしょうけど、ある意味私にはパワースポットです!仕事がハードだった頃は、ここでアロマを炊いてエネルギーチャージしてました。わざわざ散歩したり気分転換の為に外に出たりしなくても良いパワースポットって、楽ちんでしょ~(笑)でもね~、今日シャワー浴びながら思い出したんですけど、数年まではシャワーを気持ち良いとも思った事なかったんですよ!強い義務感と責任感を持ってた私は、数年まで仕事人間で、週6で一日8時間以上働いていたんですけど、その時のシャワーの存在は仕事に行くから仕方なく浴びるものでした。「あ~、気持良い!」と感じれるようになったのは、アクセスバーズのセッションを受けてからですかね。1時間くらい頭のポイントに触るだけで無駄な思考がデトックスされるというあれです。そんな事はどうでも良いんですが、何が言いたいかと言うと、脳みそに余裕が出来ると五感が動き出して、色んな事を感じやすくなるって事なんですよ。五感を感じると何が良いか?・シャワーが気持ち良い事に気付く。・風が気持ち良い事に気付く。・無駄な事を考える時間が減る。・良いアイデアが降りてくる。・良いと思ってた事が、本当は好きじゃなったって気付く。・思考じゃなくて、身体の感覚から本当の自分の好みを知れる。色々あると思うんですけど、感覚をただ楽しむ感覚ですね。慣れてくると、辛い事があっても「へー、こんなに胸って痛くなるんだ、おもしろーい。」と冷静に受け止められます。(変態?)頑張り癖がある人は、リラックスする時も頑張ろうとしますよね?(笑)今日はリラックスする日だから〇時にマッサージの予約とって、アロマ炊いて、えーとえーとって。それも良いですけど、セッティングしたらしばらくのんびり感覚を味わってあげてくださいね。感覚を味わうのと考え事をするのは同時には出来ないので、どっちかひとつしか選べないんですよ。だから、リラックスしなきゃと考えてるうちはリラックスしてないですよね(笑) 交感神経ビンビン。でもリラックス出来ない時は、別にリラックスしなくて良いと思います。リラックス出来ないんだな~って、ただ今の自分の身体を感じてあげれば良いと思います。胃さんはどんな感じかな~、足さんは何か言ってないかな~?そうしてると身体は勝手に緩みます。意外と自分の身体の感覚って気付いてなかったりするものなんですよね💦でもそれだと、わざわざ目をつぶって時間を取らなくても瞑想のような状態を得られるから楽でしょ?昔、"食器洗いも瞑想" という記事を書いた事があるのですが、嫌々義務で洗ってた時は気付きませんでしたが、私はスポンジから泡の出る感覚や水の音、洗剤の匂いなどが大好きで気持ち良いと感じるんです。つまり、食器洗いのような事もリラクゼーションになり得るんです。(だからスポンジや洗剤にはこだわります。この良さを誰も分かってくれませんが 笑)頭で考えたら好きって、時々世間の価値観で作られた偽物の好きだったりしますから、感覚で自分だけの好きを見つけた方が満たされますよ変態でも良いじゃない(笑)そうしてたら気持ちに余裕が出来て、良いアイデアも浮かぶかも!私の大好きなもの。↓

      2
      テーマ:
  • 17Aug
    • 想いを言葉にする (言語化)

      自分の想いや考えを言語化する、それってすごくおもしろい作業だと思います。もやもやしたら紙などに書き起すとスッキリしたり気持ちを整理できたりするというのはよく言われる事ですが、書くことによって客観的に自分が見えて来るので良いですよね。そうじゃなくても普段からふわふわと頭の周りを漂ってる想いや考えを文字という3次元に落とし込んで素早くブログのような媒体に物質化(?)する練習をしたら、もっとおもしろいかもしれない、そんな事を思って私はブログ1日1記事を始めました。(いつまで続くか分かりませんが。)想いや考えはその人の放つエネルギーでもありますが、ふわふわ宙に舞う想いや言葉って、ちょっと違う事をしたり環境が変わったりするとフッと飛んでいちゃったりしますよね?私はそういう事がよくあって、せっかく決めたトピックでブログを書こうとやる気満々だったのに、場所が変わったりタイミングを逃したりすると、どうにも書く気になれなくなってしまう。だから降りてきたらサーッと文字にしていかないと、そのチャンスを逃したら次にいつ来るか分からないので、良いアイディアとか出たらすぐ書くという行動に移したいんです。書いて物質化してしまえば、その言葉のエネルギーはそこにとどまってくれます。言葉って、人によって受け取り方が違うのでトラブルを生む事もあるけれど、大昔に放った言葉でも現代人に届いたりするのは、考えたらすごい事ですね。昔の日本語にはうっとりしてしまうきれいなエネルギーを感じます。もえぎ色、五月雨、朧月…、本当に、なんてきれいなんだろう。その人の放つ言葉はその人のエネルギーとも言えますが、逆に言葉が自分のエネルギーになる事もありますよね。気分が落ち込んでいても「ありがとう。」「大丈夫だよ。」「私はツイてるから。」などと声に出して言ってみると、本当にそんな気分になって来ます。身体の不調を整えるのに心を整えた方が早かったり、逆に心の不調は身体の不調や姿勢を治した方が手っ取り早かったりするのと似てますね。言葉の力を使うのは意外に強力な効果があるので、思うだけじゃなくて口に出した方絶対にが良いですね。

      6
      テーマ:
  • 16Aug
    • 好きな人が自分と同じであって欲しいと思うのは何故????

      オーストラリアに来てから本当に思うのですが、こっちに来る日本人って濃い~体験談を持ってる人がすごく多いですね。いや、日本にもたくさんいるけど言わないないだけなのか?私も日本にいる時は、家族の事でどんなに悩んでいても恥ずかしくて絶対に他人には話せませんでしたが、こっちでは我が家の恥も、ネタのようにサラッと話せるようになりました。それはオーストラリアに来て1年目の時には既に感じていて、本当に不思議です。もともとオーストラリアに来る日本人はちょっと変わった人が多いというのは昔から言われていますけど、思うにオーストラリアに来る日本人って人の目を気にしないというか、精神的に自立しているというか、親と子供は別人格という事をはっきりと割り切れている人が多いのではないでしょうか。そもそも時代はだいぶ変わったとはいえ、日本のレールからはみ出すようなリスクを冒してまで海外に出てくる事を選んだ人たちですからね。特に私とウマが合うのは一人でも平気で旅が出来ちゃうような自立したタイプ。意外と私以上に濃い体験を持っていたりする人も多いし、そうじゃなくてもバカにせずに真剣に話を聞いて受け止めてくれる人が多いという印象です。あの時の私には、それがどんなに有難かったか。あ、もちろんそうじゃない人もいますけど、人それぞれ思う事は自由なのでね。それでも未だに私は時々両親に対して「嫌い!」という感情が湧いてきたり寂しい想いを抱く事があるんですけど、それはまだ彼らに現実とは違う理想の親像を期待してしまっている依存心からなんでしょうね。(こういう事は年齢とか関係ないです。)そうか…、親も子もお互い相手に期待をかけてしてしまうのは一緒なんですね。だからグレたり引きこもりになったり…。(でも如何に親が悪くても、20歳過ぎたら自分の責任で生きてください。)愛してるからこそ自己愛と愛が混同してお互いが苦しくなるというのは、おもしろい現象ですよね。そう言えばB'zにそんな歌詞がありましたね。ふたりで一緒にいられることを気持ち良いと思ううちに、少しのズレも許せないセコい人間になってたよ~、って。好きだから同じ意見であって欲しい、思うように動いて欲しいというのは何故なんでしょうね?両親は別として、私はパートナーや友人に対して全くそういう事は求めません。(多分)何故なら私自身が自由にしているのを何も言わずに見守って欲しい人だからです。そりゃ、いざという時は味方になっては欲しいですけどね。ひとつだけ絶対に無理なのは、思い込みで勝手に私のイメージ創り上げて、それを押し付けてくる人。結局親子関係とリンクしている感じはしますが、そういう人って話がちゃんと通じないし、現実を歪めて見る傾向があるので、諦めも肝心。最近になって、私の大切な時間をそういう無駄なエネルギーに費やすのをやめる事が出来るようになりました。実際に疎遠にしたりとか。冷たいようですが、そうすると本来の自分の精度がまして生き生きして来るのが分かります。時々負けそうになる事もありますが、世間の目と自分の気持ちとどっちを大切に思って優先させるか、なんです。不思議な事に、今の私のパートナーとは生まれも育った環境も言語も年代も趣味も興味ある事も何もかも違うのですが、一緒にいると何故か深い安心感があります。それはきっと、お互いが相手の違いをちゃんと認めて、それぞれが自由に好きな事をする束縛しない生活スタイルが好きだから。まあ、ここに行き着くまでには修羅場もたくさんありましたけどねそう言えば、私が仲が良くなる友人も昔からみんなこんな感じです。一緒に目的地には行くけど、現地でしたい事がばらばらなら、それぞれやりたい事やって来て〇時に待ち合わせよう!みたいな。そんなこんなで最近あまり料理してないし、家事もテキトーで奥さんらしい事はほとんどしてないし、だからといって仕事も以前のようにバリバリやってる訳でもない。なのに彼は年々ますます私の事が好きになるんですって(英語だと違和感ないのに日本語だと歯が浮きますね)なんて不思議な現象。ストレス減らして自分に正直に生きだしたからですかね。私は私でパートナーの事は大きな木みたいだと思うんです。ただそこにどっしりいるだけで癒される、激しくはないけど穏やかな深い愛。だから私は安心して自由に遊べるんです。

      12
      テーマ:
  • 15Aug
    • 委ねれば勝手に上手く行くらしい

      最近、色んな言葉が本当にポンポン浮かんでは消えていくので、1日1記事だけと決めてブログに書いてました。でも今朝は、仕事に行く支度をしていて時間がなかったのに、急に書きたい欲求が出てきて困ったんです。と言っても全然重要な内容じゃないのですが、私の中にある言葉が表に出たい出たいとうるさくて、職場に行く道を歩きながらもうずうずうずうず…。でも職場についてみて、言葉が出たかった理由が分かりました。職場に着いてすぐスタッフの子とおしゃべりした内容が、まさに私が書きたかった内容にドンピシャでシンクロしてたんです。私は特にこの子とシンクロを起こす事が多くて、たまたま口に出したりブログに書いたりした内容が相手の欲しい情報だったという事は今まで何度もあったので、あーまたか、と。書くんじゃなくて、喋るんだった(笑)でも、こういう事って意外とよく起こらないですか?突然頭に浮かんだのでそれを調べていたら誰かがちょうど必要としていた内容だったり、思いついたからやってみたら思いがけないような事に繋がってラッキーだったり。昔からこういう事は結構起こりますが、別に私は不思議に思いません。私は、自分の中から湧き上がってくる感覚に絶対的な信頼感を持っていて、そうなれたのは小さい頃から両親に自分の素直な感覚を全力で否定されて来たお陰もあるかもしれません。私の素直に感じた感覚は、両親が言うように間違っているのか?それとも正しいのか?と何度も何度も検証しているうちに、周りの人がなんと言おうと自分の感覚を信じた方が良いと分かったので。自分の感覚を信頼して行動してきた結果が今ここなんだなあ、と。そう思うと本当に何がプラスに作用するのか、分かりませんよね。結局マイナスに見える事は後々プラスになるし、逆もあってプラマイゼロになるんですよ。陰陽の法則ですね。ただし、ちゃんと自分に繋がっていればですけど。だから、何も心配する事はないんですよね。

      2
      テーマ:
  • 14Aug
    • 身体を温めると手っ取り早い (猫ゆたんぽサイコー!)

      心と身体は繋がっているので、気分を変えたいなら身体にアプローチした方が早い事もあります。逆も然りで、心の癖を直せば身体の不調が治るというのは最近になってよく聞く話。これは中国で昔から伝わる陰陽五行論の考え方でもあるし、キネシオロジーでは実際心の悩みでも身体にアプローチして不調和を改善して行きます。そうすると気になってた事が気にならなくなったり、自然と姿勢が良くなったりするので、本当に心と身体は深い関連があるんだ‼ と感動する瞬間でもあります。だから、くよくよする時は姿勢を正せば気分がシャキッとするし、姿勢を見れば大体の性格が分かるという人もいます。何より背骨は自律神経などの大切な神経と繋がっているし、猫背になってその流れを悪くしてしまったり内蔵を圧迫する姿勢になれば心にも影響が出るのは理屈としても分かりますよね。私も胃腸が弱いのですが、胃が痛い時っておもしろいほど人生投げやりな気分になります(笑)ネット上で胃が痛い時はお湯などを飲んで温めれば良いとよく書かれていますが、まだまだ冬のシドニー、最近私はヒートパックを使っています。レンジで1~2分温めるのやつです。胃痛によく効くのは、温めて血行が良くなるのと幸せな気分になるのとダブル効果でしょうか。本当に思うのですが、ほっこり暖かい気持ちになりたかったら、手っ取り早く実際に身体を温めちゃえば良いんですよね!あ〜あったかい、幸せ♡ ってなります。でもいちばんほっこりするのは、猫ゆたんぽ!(笑)猫ちゃん2匹がうちに来てから3年ほど経ちますが、最近になってやっと私が寝てる時にお腹に乗ってきてくれたり、膝の上でくつろいでくれるようになったんですよ~うちに来たばかりの仔猫だった頃は、夜私たちのベッドで一緒に寝てた事もあるんですけど、私のパートナーは必ず真夜中に大きな寝返りをうつ人で、猫がそれにびっくりして逃げて以来寄り付いて来ません。それまでベットの上でくつろいでいても、私たちが寝ると分かったら 「じゃあ、おいとま」とばかりに逃げるようになってしまった猫だから来てくれて嬉しい♡猫は最高のセラピストと言われていて、アニマルセラピーでも大活躍してますけど、本当にそうですね~!私はいつも「かわいいねー」と褒めまくっているのですが、そんな言葉が自然に出てくるほどかわいい癒しオーラが出ています♡その子たちにお腹や膝に乗られたら、もうほっこりするしかありません♡ サイコーに温かいし♡小さい子猫の頃もかわいかったですが、今の大きくなった姿も大好きなんです。うちに遊びに来たほとんどの人たちが驚くほど体の大きな猫ですが、おそらく私が小さい頃ライオンを飼いたいと思ってた夢が叶ったんだと思いますじゃあ、オラウータンを飼いたいと思ってた夢はいつか叶うのかしら?(笑) あ、というかもう飼ってるのか。

      11
      テーマ:
  • 13Aug
    • <夢日記> 謎の慈善事業ショー?

      注: これは私の単なる夢日記です。リアルな夢をよく見るので書きとめてます。今朝、目覚まし時計で目を覚ましてから次に鳴るまでの5分くらいの間に見た夢でした。そこは大きなライブハウスみたいなステージと客席が近いような場所で、たくさんいるお客さんはみんな立ち見だった。ステージには、30〜40代くらいの小太りで黒いスーツを来た人がマイクを持って喋ってる。どうやら何かのチャリティーイベントらしい。でも、私は彼がチャリティーイベントのステージにいるのが不思議だった。何か違和感があったからだ。やらされてるのか、偽善的だからか分からないけれど、ただその役を演じてるだけという感じ?まあ、あの人も生活とかあるだろうし大変なのかもね。と、その人を観察していると、彼はステージから降りて来て、観客ひとりひとりと両手をパチンと合わせる儀式?が始まった。そしたら私の隣にいた男の人 (父親のようであり、違うようでもあり) が、日に焼けたしわしわの両手を頭の上より高く上げて待っている。だけど、その手は緊張からかガチガチに硬いのが見ていて分かった。ステージにいた男の人が近くに来た時「もっとリラックスして。」と彼に声を掛けると、彼はリラックスしようとしているのは隣で見ていて分かった。でも更に「あと、手は下に構えてください。やりにくいので。」と続けたのだが、彼は聞こえないのか分かってないのか全く動こうとしない。この人大丈夫かな?と思っていたら目が覚めた。なるほどー、自分の見る夢っておもしろいなあ。まずステージに立ってる人が本当に人の為を思ってやってるのではないチャリティーイベント。それなのに、それでもステージ立ってる人と触れ合う事に緊張する人がいるって事。声を掛けられても緊張からか聞こえなくなってるほどに。ふーん。そんな事を考えながら、仕事に行く支度をしてたら湧いてきた心の声。「“◯◯さんだから” とか好きじゃない。」あー。そうそう、昨日そんな事考えてたかもしれません。どんなに実績を残してる人であっても、どんなに評判が良くて有名な人であっても、今言ってる事が絶対正しいとは限らないよね、って。あの人が言ってるから大丈夫とか、仲良しのあの子だから味方しようとか、盲目的に相手を信じるのはいかがなものだろう?頑張ってる子や良い子は味方したくなるのが人情だし、同じ事をしても好意的に見たり批判的に見たりしてしまうのは仕方ないし、それは良いと思います。だけど、大好きなあの人の発言や言動だって、人間だから間違う事もあるでしょう??単に自分と合わない場合だってあるだろうし。素晴らしい志を持った教祖様でも、有名になるにつれて違う方向に変わってしまう事もあるし、どんなに素晴らしい人や団体に出会っても、自分で考えて判断する事は絶対必要ですよね。ずっと前にキリスト教の集まりに参加されてもらった時、神父さんの話を聞きながら本当にそう思いました。(批判している訳ではありません。)例えば「人の悪口は言っちゃいけない。」と言うのは正しいし賛成しますが、人によっては「言っちゃいけないんだ。」って自分を抑制して鬱になって精神科のお世話になる人もいるわけです。だから「◯◯さんが言ったから。」とか「みんなやってるから。」とか、そのまま鵜呑みにせずに自分で考えなきゃ。みんなが絶賛していても、自分が違和感を感じたらそれが真実ですよね。でも意外と反対意見を言うのは勇気が必要です。でも、正直に言うと否定的な雰囲気になるような不自由な場所なら、すぐにそこから離れた方が良いです。大切なのは、その人の過去の業績よりも、周りに評価されている評判よりも、たった今、この時点でのその人の状態でしょう?そんな事を考えてました。思ってた事が夢ではあんな形に現れるなんて、おもしろいですね。夢ネタで意外と長々と書けました。

      3
      テーマ:
  • 11Aug
    • つっかえ取ったらどんどん溢れてくるよ?

      一体どうした!? とびっくりするくらい、8月8日以降から次々と言葉が溢れてきて止まりません。思うに、いちばんつっかえていた事がなくなったので、詰まりが取れて水が一気に流れるようにどんどん言葉が溢れ出し始めたんじゃないかなあ、と。こんな状態になるなんて思いもしてませんでしたが、衝動的な発作でした。いちばん書いちゃいけないと思っていた事、でもいちばん心につっかえていた事を正直に書きました。これを書いたらもう人生終わるくらいの気持ちだったんですけど、止まりませんでした。それが「シドニーの日本人全員に嫌われるかも。」という被害妄想です。絶対危なくて暗いやつと思われる今まで私がかろうじて保ってきたイメージがあああ!って、本当に怖かったです。わざわざブログ村のカテゴリーを絶対にアクセスが来ると分かってた、しかも個人が特定されそうな "シドニー" に変更までして「ちょっと、何やってんの私‼ 」と思いながらも止まらない(笑)怖いからやめて!という私と、おもしろいから試してみようよとふたりの私が葛藤して後者が勝っちゃった!それまでアメブロは、たま~に記録として書く程度で取り立てて特記することもそんなになかったのですが、やらかしてからは言葉が洪水のようにやって来るので驚いています。あそこが詰まってたから止まってたものが流れ出したのか?矛盾していますけど、私、ぶっちゃけ別に人に嫌われる事なんてどうでも良いんですよ。私の事を嫌いっていう人に媚を売ろうとは思わないですし、むしろおもしろそうだから喧嘩してみる?っていう感じで、上っ面の人間関係なんて別に必要ないですから。でも私が怖かったのは "人" という実体よりも、世間の目という観念だったのかもしれません。だから、不特定多数が閲覧するブログで書いたのかもしれないですね。でなければ何もブログで書くなんて回りくどい事をせずに、本人たちに直接コンタクト取っていけば良かった話ですよね?そもそも去年、一昨日と自分のエネルギーを下げると感じる人からは自分から距離を置いていて、本当に身軽になっていたのです。(そして引きこもり状態が楽しかったのは、多くの人との接触を絶ってリセットしたかったからのようです。)でも、時々私の中にある恐れや不安がグズグズ疼いていて苦しい時もありました。それは "人として" や "常識的に" というプレッシャー。誰とでも仲良くしておかないと世間から外れて置いていかれるんじゃないかという恐れと不安と焦る気持ち。でも、「心を自由にする」というメッセージは本当に頻繁に私の元にやって来ていて、私の魂も「人一倍訓練されている不自由さを破ってそろそろ自由に生きる時だよ!」とずっと言っていたのですが、ついに一気にドーンと落ちたようです(笑)本当は知ってるんですよ。シドニーの日本人社会は狭いのは本当ですが、嘘でもあるというのを。ちょっと変わったことがあればみるみるウワサが周りに広がるので悪い事は出来ないなとは思います。初めてfacebookで繋がったりのに、共通の知り合いがたくさんいたりとか、思わぬ人が知り合い同士だったとかいう事がよくある反面、こんなに長くシドニーにいる同士なのに全く共通の知り合いがいないってどういう事??という人も結構いるのです。つまり、マメでもない私が知っているシドニーの知り合いなんて本当に本当に一部だという事。だから、もしかしたらまだ繋がっていないけど気の合う人たちがたくさんいるかもしれないですよね?でも実は今、それすら別に必要としてないんです。何故なら私は、私が心からやりたい事を見つけてしまった (というか思い出した)から。そっちに忙し過ぎて、まだ当分ひとり遊びを満喫したいんです。そしてブログは私のひとり遊びの延長とも言えます。こんな風に書くと、私のブログにアクセスしてくれた方々を利用したみたいで心苦しくもありますが、私、書く事が本当に好きなんですよ。本当にやりたい好きな事が見つかったら全然細かい事が気にならなくなるというか、小さな不快に構ってる暇がなくなります。「はあ?運気が悪い?関係なし‼」みたいな(笑)本当に必要な情報ならわざわざ探しに行かなくても勝手に入ってくるものですし、何よりも自分の本当にやりたい事 = 宇宙の流れ なので、勝手に流れを感じて動いています。どんな著名な人の発言でも、生身の人間の言う事は時々当てにならなくて振り回される事も多いので、自分と繋がるのがいちばん確実なんです。しない方が良いと感じた事は良い条件でもしないし、ちょっとハードル高くてもやるんだと思ったらやる、ただそれだけです。だから、書きたいと思ったら書くんです。ただ、世間の目を気にしてたら思いっきり遊べないじゃないですか💦 だからきっと、邪魔な思い込みを外したかったんじゃないですかね?しばらく言葉の洪水に身を任せてみようかと思ってます。どんな意見があるにせよ、アクセスしていただいた方々には感謝しています。本当にありがとうございます

      6
      2
      テーマ:
    • お客さんを呼ぶ人は存在するよね

      “その人が勤務すればお店は忙しくなる” そういう表現をする人は結構いると思います。レストラン勤務時代、私はそう言われていました。反面「私が勤務の時は暇になるのよ 笑」と行っている人もいて、羨ましいな〜と思った事もありました(笑)だって、ぶっちゃけ売上あげてもいちバイトの時給は変わりませんもん。確かに私がいる日は結構忙しくて「またか〜」とげっそりした気分になるんですが、繰り返しているうちに何とも思わなくなりました。日本食レストラン特有の少人数でたくさんの業務をこなす為には、責めの姿勢あるのみ!とガンガンやってました。私が勤務の時はめちゃくちゃ忙しい店だったので。タッチパネルなんてハイテクじゃなかったので、呼ばれる前に気付く、お客さんの欲しいものを先回りして提供するなんていうテクニックを身につけると (何年もかかった気がしますけど) だんだん「このお客さんをこの人数でまわせてる私ってすごい♡」と楽しくなってました(笑)今のマッサージの仕事を始めて更に気付いたのですが、運の良い人と悪い人が存在します。マッサージ業界は歩合制でいつお客さんが来るか分からないのですが、ある子が勤務する時はいつも忙しくて、ずっと暇だったのにその子の日だけ忙しくなったりとか不思議な現象が起こる事は珍しくありません。(ウォークインで指名関係なくです。)逆に別の子で、最近すごく忙しかったのに、その子の日が勤務した日だけ暇でかわいそうっていう人もいます。オーナーがいつも稼げなくてかわいそうだから、わざわざ忙しい日に移してあげたのに、です(笑)なんて笑っちゃうくらい顕著で、何が違うのかな〜と観察してたんですけど、やっぱり稼ぐ子はマッサージに対する情熱云々の以前にちゃんと稼ぎたいと思ってる!みんな稼ぎたいって思うんじゃないかって? そんな事ないですよ!口ではみんな稼ぎたいって言ってますけど、心の本音は技術に自信がないから嫌だなとか、働きたくないなとか、色々思ってたりします。でね、そういう風に思ってると暇になるの(笑)これマジですよ!何故それに気付いたかというと、私、自分でマッサージやエナジーワークのビジネスをしてた時期がちょこっとだけあるんですが、やるぞ!と決めたその日に友人からマッサージの依頼が入り、店じまいと決めた途端、たくさん入ってた予約がぱったりと止まって、「みんな何で知ってるの???」と思ったほど笑っちゃうくらい見事だったからです。試しに実験をした事があります。「今日はやる気満々」という日と「今日はちょっとゆっくりモードでいたい」という日の客の入りはどう違うか。これがね、面白いほど違うんですよ‼︎なるほど、多くのスピリチュアリストが言ってるお金のブロックってこういう事⁉︎うちのお店って、治療を謳っている訳ではなく、よっぽど変な人ではなかったら誰でもお客さんとして受け入れてしまうお店なので、ちょっとやだなーっていう人も来るんですよ。(若いとかかわいいとか、マッサージに関係ない事で拒否られると、店間違ってない?と超ムカつきます。)そういう人に当たるとエネルギーダウンするので、「私は私を必要とする人しかマッサージしません。」と決めたら、わりと本当に私の施術が好きな人に当たるようになりました。私だって、それなりに技術には自信がありますから、それが必要な人にちゃんと届けたいじゃないですか。そうなると、すごく感謝されて私も幸せな気持ちになって、また頑張ろう!という活力になりますよね。4年以上働いていると色んな事がありましたが、今はほとんどのスタッフが本当に良い子だなあと思える子たちばかりで幸せです。マインドセットって本当に効果があるんだなあって、そういう話です。今みじめとか悲しいとか思ってるのも、よーく見ていけば、ちゃんと自分の願い通りの事が起こってるのだから、今起こってる出来事って完璧なんですよ〜✨ そういう話。

      11
      テーマ:
  • 10Aug
    • 何で書いてるのか分からん

      ずっと放置してたアメブロを昨日は一気に3つも上げちゃって、どーしちゃったんでしょう、私。また書いてるし。実は自分のサイトを3つ持ってて、そちらが楽しくて仕方ないので手が回らなかったのです。知ってます?アメブロってSNSなんですって。色んな人の記事を読んでいてもそう思います。だから、日記ブログを書いても良いのはアメブロかmixiだけ、なんて言ってる人は結構多く、私もその意見に賛成。だって、知らない人の日常なんてどうでも良いじゃないですか?SEO対策も何もあったもんじゃないし。だから、私もアメブロ日記として使ってて、アクセスがそんなになくても別にハッピーでした。でも、それが狭いコミュニティとなると別ですよね昔、マッサージやヒーリング系のカテゴリーでほとんどアクセスされないのを見かねてか、にほんブログ村の方から「カテゴリー変えて見ましたから」って勝手にシドニーに変えられてひいいい〜ってなった事がありました。(アメブロじゃなくて他のブログですが。) ソッコー戻しましたけど。にほんブログ村の人はシドニーがどれだけ狭いか知らないからでしょうけど、やっぱり「ん?」って思う記事を見つけたら、これ誰?ってなると思います。絶対数が少ないんだから。試しにカテゴリーをシドニーに変えてみたら、他ではほとんどゼロアクセスだったのに、やっぱりそれなりにアクセス来ますね。こえー(じゃあ何故変えたかと言うと、多分実際どれくらいアクセスが来るのか見たかったからかも。)そう言えばmixiは当時「匿名で楽しんでるんだから、リアルな人に見つけられる機能は困る!」って問題になってましたよね。その気持ちは正直私はよく分からないのですが、Facebookが主流になった昨今、あの人たちはどこ行ったんでしょうね?匿名だから、変な障害者イジメとか面と向かっては絶対に言えないだろう?と思うような批判とかが流行ってましたけど、あの人たちもおじちゃんおばちゃんになってるんだろうなあ。たくさんの人がブログ等で「8月8日にライオンズゲートが開く!」って騒いでて、その前後は過去の出来事を思い出して鬱になったり魂が揺さぶられて調整が入るって聞いていたので、それまですごく元気に生活していた私に急に鬱が来た時、「おー来た来た!私、ちゃんと流れに乗ってるやん。」と喜んでしまいました。だからあんな記事書いてしまったけど、まだ何か書いてるなんて、今度は躁状態か?(笑)

      5
      テーマ:
  • 09Aug
    • あーあ、やっちゃったかな〜?

      いや〜、何かがパチンと弾けて、今まで引かれるだろうから書くのをやめてた事を包み隠さず書きたくなったんです。でも、やり過ぎたかな?心配されたかな?うじうじ細かいなって思う人は思うでしょう。(ほっといて^^;)でも、本当に人目を気にしている人間が、あそこまで自分をさらけ出せると思います〜!?このブログアカウント、誰が書いてるか身元もしっかりバレてるのに^^;まあ、やってみると分かりますが、ものすごい勇気が必要です。実際のところ、人目を気にしてないから出来るのかも…?知り合いたくさん離れていくかな〜とも思いましたが、今更取り繕う必要もないし、自分が思うほど注目されてないだろうし(笑)ああいうのは普通、話されても反応に困っちゃいますよね。でも、心配されるのはちょっと嫌ですね。私は普通にとても元気ですから。ただ同じ言語を話せる肉親の存在がないのが本当に寂しくて悲しかっただけなんです。最近流行りの毒親?ネットで調べると縁切ったという人、結構いるようです。でも実際やると寂しいものですよ。本当に最終手段です。こんな事を書くと、ワガママだとか考え過ぎじゃないとかいう人が必ず出て来るでしょうけど、それは仕方ない事です。毒親という言葉が流行る元を作った田房永子さんも原わたさんも、同じように周りに理解されなくて苦しんだようですし、人は自分のものさしで相手を見たりしますから。私はどうも内に秘めるよりも外に出してしまいたくなるタイプなので、ついこうやって出してしまう事が度々あります。でもそうすると、「実はうちも…。」とカミングアウトをしてくれる人って今まで結構いました。まーわざわざネガティブな事を言っても嫌われると嫌だし、理解されないと辛いですから、普通はあえては口にしないですよね?んー、書かなきゃ良かったかな、とも思ったけど、何しろ書きたい病なんで、すみません。シドニーの日本人全員に嫌われるかも…は一時的な私の鬱症状で、風邪みたいなものです。というか、私最近特に付き合い悪いし子供もいないし、実際そうなっても多分何の支障もないと思うんですけど(笑)でも私、はっきり言いにくい事を言う人の方が好きです。言うって実はすごく勇気とエネルギーがいる事で、耳当たりが良い事しか言わない人たちよりも愛がありますよね。そういう意味では、言って嫌われたくないとは思いません。実際それでたくさん離れて行った人もいたけど、それは仕方ないです。良い人と思われたいから言わない癖に態度には出す人の方がよっぽどタチが悪い!結局何が言いたいのかまとまってないですが、とにかく私は元気ですよ!

      テーマ:

プロフィール

Eri

自己紹介:
オーストラリアのシドニー在住のEriです。 仕事はマッサージです。 心と身体は驚くほど繋がっています...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス