オーストラリアらくがき帳

オーストラリアらくがき帳

シドニーでオージーパートナーや猫たちと暮らしながら感じた事やメモを綴るらくがき帳です。

このアメブロブログはオーストラリアの旅行・歴史・生活・豆知識などを集めた『Down Under オーストラリア』のサブブログです。日記やちょっとしたメモ、こぼれ話など思いついた事を色々書いてます。

この日、ステップマザーは前の同僚(?)とランチをするからと、手作りケーキを持って出掛ける予定。


弟は一足先に車でシドニーへ。


ということで、パートナーとお義父さんと私でランチに行きました。



ランチも良かったし、トラムキヨスクも面白かったです。

シドニーが大雨で避難する人も出てるというのに、嘘みたいな良い天気…。


いつも行きたいと思いつつ忘れる、ヘーグスチョコレートのファクトリーにやっと行けました。

ステップマザー、本当は夕食の準備はあったのですが、みんなランチが多かったのでおなかいっぱい。なので、パーティの残りのチーズを挟んだクラブサンドを。

あと、パートナーがお父さんに買ってあげたマッサージチェアが来たけど、部屋に入れるのが大変で1時間くらい大騒ぎでした驚き



この間スーパーマーケット行った時にお土産買っておいて良かったな。



ということで午前4時20分に車が来て、6時過ぎのフライトでシドニーに戻ります。

朝、パートナーと「早く起きろ」「いや、そっちが先に外でろよ」と喧嘩(?)してたら、ステップマザーが「買い物行くけど、欲しいものある?」とドアをノック。


私は身支度すんでたので、ついて行くことにしました。





それから午後は、パートナーのお父さんの誕生日プレゼントにマッサージチェアを買いたいからと、パートナーと私はお父さんの車で、弟は自分の車でショッピング。

3軒くらい回って最後のショッピングセンターで良い感じのチェアを見付けました。かなり良いお値段でしたが、お父さんが大好きなパートナーは、親孝行できて嬉しいんでしょう。

パートナー、生活が安定するのが遅かったから、親孝行できて良かったねって思いました。



帰ってきてからは誕生日パーティの残りをつまんだり、おしゃべりしたり…。






本当は光のフェスティバルを見に行こうという話になっていたんですが、寒いからとパートナーが言い出して行きませんでした。

それにしても、やっぱり人間が複数集まると何かしらトラブルはありますよね。お父さん夫婦は私たちにすごく良くしてくれますが、親戚単位で見ると私ひとりが異質なアジア人だし、あの輪に入れるとは思えないわ…昇天 みんな私には良い人たち(と思ってる)なんですが。

アデレード3日目はパートナーの異母姉妹宅にお招きされて、またちょっとしたパーティでした。


朝は朝で、お庭のキャラバンに泊まった姪っ子ちゃんの小さい子の方にまた遊ばれてた(笑)


この年頃の子供は、ただのボールの投げ合いことか、隠したものを探すゲームとか、大人になるとすぐ飽きるような同じことの繰り返しが好きよね昇天



ここに来て、そう言えばパートナー以外で誰かとハグとかずっとしてなかったなーと思い出しました。





シドニーは大雨による洪水で大変なことになってるみたいですが、アデレードは時々太陽が照ってました。


それにしても、それでなくても名前と顔を覚えるの得意じゃないのに、パートナーの親戚関係が複雑すぎていつも混乱します…。

良い面に目を向ければ、日本人からすると夢の国のように感じる人もいるだろうし、私もこういう環境で育つ子が羨ましいといつも思ってるんです。(私は狭い団地で抑圧されて育ったからねw)

でも、やっぱりひとつもゴタゴタのない家なんてないんだと思います。

パートナーの親戚関係もちょっと確執があったりしますし、今日も異母兄弟(姉妹)たちの話を色々聞いてしまったし。

それでも私は、自分の親がちゃんと自分の人生を生きていて、半分でも血が繋がった親戚がいてこうやって交流出来ること自体が羨ましいと思ってしまうんですけどね。


まあね、良い面もあれば悪い面もあるって、当たり前の話です。

とりあえず私は日本人としてオーストラリアにいるポジション、案外好きかもしれないなあって。






何でもメリットとデメリットがあるから、一概に絶賛も否定も出来ないなって思うんですよ。


あとは好みの問題では? とも思いますしね。



アデレードの一夜が明けました。今日はお義父さんの80歳に誕生日です。


もう何度も泊まっている家だけど、朝はやっぱりシャワーの時間が被ったらどうしよう?とか、早く顔だして手伝った方が良いのかな?とか、化粧しなきゃとか色々考えます。

と言っても、何をしても何も言われなくて「ご自由にどうぞ」という感じなんですが。

とりあえず、朝食を食べたらステップマザーは大忙し。私も手伝いっていうほど手伝いにはならなかったと思いますが、ちょっとだけ一緒に準備しました。


最近改装した庭先があまりにも素敵で、そしてこのテーブルセッティングでしょ。ツイッターのみんなにも見せたいなと思って写真を載せたら、すごくたくさんの反応をもらいました。


本当に、ステップマザーのセンスは素敵。


ケーキはすごすぎて真似できませんが、食事はわりと簡単にできそうです。(問題はインテリアなんですがw)


パートナーは私が彼の家族や親戚と仲良くしてると、すごく嬉しそうなんです。それにとっても幸せそう。

小さい頃に大好きなお父さんと離れて暮らすことになったから、少しでも一緒にいたいんだろうなあって。

シドニーではパートナーと私の2人暮らし。部屋が狭くて片付いてないから、ろくに人も呼べない状態。

だけど、たった2人の世界はどうしてもマンネリになってしまうから、たまにはこうやって間に人を入れないといけないよなあ…って、和やかなパーティに参加しながら考えてました。

それにしても、皆さん優しい。これは土地柄なのか、血筋なのか。

姪っ子たちが私に会えるのを楽しみにしてくれてるのも、大人たちが好意的に私のことを話してくれてるからに違いないわけで。

下の子は6歳、上の子はもう16歳。2年半ぶりに会ったけど、子供にとっては2年ってすごく長い時間ですよね。



6歳ならまだ無邪気に一緒に遊んでくれますが、そのうち大人びて行くんだろうな。上の子みたいに。




2020年3月にコロナのパンデミックが始まって以来、私は初めての旅行。


パートナーのお父さんが80歳の誕生日なので、私たちは行かないわけにはいかないということで。


1ヵ月ほど前には3週間くらいいて、Akiさんがいるヨーク半島まで行こうか?みたいな話も出てたのですが、猫の面倒を見てくれるお義母さんは病み上がりだし、他の人の猫の面倒も見ないといけないみたいで。


なので、今回はパーティと親戚の家に行って終わりかな。


出発直前までパートナーも相変わらず忙しく、私も月が終わる前にシドニー特派員ブログ仕上げないとだし、部屋はなかなか片付かないしでバタバタ…。




なんか、私にしてみたら荷物が異様に少なくて、ちょっと心配…。(ひとつの中身は大半がお土産だし)




まあ、大概場所とるのは服だからな…。今回はわりと適当に選んでしまったので。


でもとりあえず、何とか出発。余裕を持って空港に着いたんです。



で、アデレードに着いたらお土産がたくさんあって、テンション上がりました。




ここに来れただけでも良いやと思いました。


…が泣くうさぎ


パートナーの荷物が紛失。


大事な薬も入ってるし、この前アメリカに出張に行った時に買った高いバッグや限定品の靴とか色々入ってたらしく…。


次の便で来ないか待ったのですが来ず、仕方なく諦めてウーバーで移動。


9時過ぎ頃? お父さん夫婦の家に着いたら、パートナーの弟がもう来てて、ピザと私はワインを振る舞われました。


本当に穏やかな雰囲気でなんか良いなって。




しばらく猫に起こされることもないし、私たちも早めにベッド…、


と思ったら結局午前4時に目が覚めました。(アデレードとシドニーの時差30分)


そしたらね、パートナーが全然眠れてないみたいでスマホ見てた泣くうさぎ



うん、大切な鞄が行方不明なんだから、心配よね。


しかも、トラッキングできるTile を鍵に付けてて、それも鞄に入ってたらしいんだけど、ほんの1週間前にバッテリーが切れてたんだって…。


こういうの、本当に可哀想。


無事に見つかりますように。盗難とかじゃ絶対ありませんように。


ちなみに、目が覚めたからこの記事仕上げてたら、パートナーに「寝ろ」って言われたんだけど驚き



UMAくん 追記 クマムシくん

見つかりました!!




すみません。数日ほどアメブロをサボってましたね。


最近人と会う機会が多くなって来たからなんですよ。


ほら、ブログを書き出してから引きこもり気味だった上にコロナ禍で更に加速してた私なので、急に周りが賑やかになるといつもと違ってソワソワしてしまうんですオエー 


またツイッター経由なんですけど、色々お世話になってる某氏の頼みとあれば、断れないです(笑)



でも、こんなに美味しいお寿司にありつけちゃいました。これで$20!



私、だんだん匿名ではなくなってきてますが、気の合う良い人たちに出会えるなら喜ばしいことですね。


そして、その友人に触発されてムジラーになりたくなりました🤣

とりあえず、可愛いダウンジャケット買う予定。


ツイッターでは、普通じゃ知り合えなかったであろう人と州や職業などを越えて仲良くなれるのもすごいですが、現役のワーホリの人たちとちょっと触れられるのも楽しいんです。

あーあ、やっぱり私はワーホリの頃が全盛期だったのかな…。


まあとりあえず、パートナーがいないので、しばらくひとりの時間を大切にしようと思います。


書かないといけない記事も、本当はたくさんあるんですけどね…。



いやー、特派員ブログを週4で書くとなると、ネタ探しも大変ですよね。


とりあえず、仕上がりました。



ということで、ネタと写真をゲットするためにうろちょろ。





んー、今度書こうと思って記事にしてないの、たくさんあるからなー。
この日はパートナーがいないこともあって、いつにも増してダラダラしてたかも…。

というか、ベッドで長い間ツイッター見てたみたい驚き これがツイ廃ってやつか。

でも、たまーに「お!」と思う情報もあるんです。


シドニーで人気のママック、ブリスベン店!! これはちょっとびっくり。

今度、メルボルンにある有名なクロワッサンのお店もダーリングハーストに出来るらしいですしね。

ツイッター情報、ありがたいニコニコ


ツイッターを経由して、ブログや趣味で繋がって仲良くなったり、


時々、匿名アカウントって言ってる私にも、ツイッターから出て、実際に会うということもあったり。

こんな私がクイーンズランド州でローカルのゴミ収集業に携わってる人や、南オーストラリア州で看護師として頑張ってる人と繋がれてしまうんですから、ネットの世界って不思議ですよね。

今度、stand.fm (声の配信) でも誰かとコラボしたいな。

考えたんですけど、8分間だけのコラボ、みたいなのが負担もそんなにかからなくて良いかなあとか。

そのうちねにっこり

 


パートナーはまたブリスベンに出張。


でも、そこから直接なんとアメリカに飛ばないといけないらしく驚き、だからいつもは車なんですが、今回は飛行機で行くと。


彼、本当に本当に常に仕事してるんですよね。

だけど思い起こせば、貧乏だった時代も常に仕事してたから、今の方が全然マシなんですかね…。これは本人にしか分からないでしょうけど。

とりあえず家に帰ったらちょうど出るところだったので、ちゃんとパートナーに「いってらっしゃい」が言えて良かったです。


そう私、この日ちょっと人と会う約束があったので、数時間ほど外に出てたんですよ。近所ですが。


最近は「学校に行って勉強しなくても、インターネットとかがあるから大丈夫!」って言ってる人もいますが、例えばこの翻訳アプリ。

本人が分からないうちにミスコミュニケーションが生まれる可能性もあるので、頼りきりはやっぱり怖いかもネガティブ


ところで私は、ずーっと先週から始まってるビビッドシドニーに行かなきゃ!と思ってるのですが、何だかんだで色々あって…。

寒いのもありますが、夜なので外に出るの億劫になるんですよね…。


でも無事に行きました!

途中でちょっと雨が降りましたが、すぐに止んだので良かったです。

気温も13℃くらいだったみたいで、暖かくしていたお陰もあって寒さはそんなに感じませんでした。



これからもうちょっとリサーチしてみます!

いやー、前回の記事 で Wolli Creek の読み方について書いたんですが、私のツイッターをフォローしてくれてる方が、そのやり取りについて記事にされていて…真顔

あ、でもこの方、ご丁寧に私にわざわざ記事に載せて良いかメッセージくださったんですよ。




ああああ、恥ずかしい…。

あの時、出かけるから急いでたし、カタカナ読み違和感あるけどまーこれで良いやって投稿したこと、本当に後悔昇天 

普段の用心深い私なら、もっとちゃんと調べるか、不確かなら英語に書き直したはず…。(と、まだ言い訳w)


あ、でもこの記事、私のこと褒め過ぎてないですか!? 爆笑


だって私が "在オーストラリア邦人には言わずと知れた有名なブロガーさん" なんですってよ…!!


在オーストラリア邦人には言わずと知れた有名なブロガーさん


在オーストラリア邦人には言わずと知れた有名なブロガーさん


在オーストラリア邦人には言わずと知れた有名なブロガーさん



まじかー にっこりにっこりにっこりにっこりにっこりにっこりにっこりにっこりにっこりにっこり


私ね、ブログただ長く続けてるだけで、記事はマニアックな内容も多いし、そんなにPVもあるってほどではないし、生計が立てられるほど稼いでないし…。

でも、お返事したら「わぁぁ生Eriさんから返信!嬉しいです!」みたいなテンションが返って来て、え、私いつの間にか偉くなった!? なんて (思うわけないw)。


傍から見れば、私はただオーストラリア関連のブログを書いてるただの中年ニートのようなものです。

だから、とりあえず私が今出来ることをやっていこうと思ってブログとツイッターを4年くらい継続して来たものの、鳴かず飛ばずかなあと思った時期もありましたし、今だって微妙。

そんな私に対して、そんな風に思ってくれる人もいるんだなあと。


でもね、実は今までとはちょっと違う新しいことも始めたんですよ!



『地球の歩き方』で記事を書くことに!! そう私、シドニー特派員になりました!

観光はもちろん、私はブログの記事構成もこの地球の歩き方からヒントを得て考えてたこともあったので、こんな形で関われるのが嬉しいです。


優しいフォロワーさんは「すごい」とか「おめでとう」とかたくさん言ってくれましたが、現地に住んでいてある程度の文章が書ければ大概オッケーが出るのではないかと思います。

それにしても、

私はこの4年ちょっとの間、人の媒体で記事書くくらいなら自分のブログ記事を少しでも増やしたいという変な強い気持ちがあったので、本当に個人で突っ走って来ました。

同じオーストラリア関連の記事を書くブログ友達や応援してくれる人は増えましたが、個人ブログはあくまでも個人プレー。

だけど私、ブロガーからもう一歩踏み出したかったんですよ。




前に匿名質問箱で「仕事もせずに好きなブログ書いて遊んで羨ましいです」みたいな嫌味メッセージもらったことがありました。

でもね、稼いでないからって遊んでるわけじゃなくて、取材とか調べ物とか写真整理とかで結構忙しくしてるんですが、やっぱり言い訳になっちゃうんですかね。


まあでも少しは収益出てるわけですし、オージーとかに「仕事何してるの?」と聞かれた時は、「オーストラリアについて記事を書いてる」と言っておくと、とりあえず納得してくれることも多いんです。

が、それをツイートしたところ、専業主婦の方に「じゃあ私も聞かれたらブログやってますって言っとこw」みたいに言われて(実際はやってない)、いやいや、私はそんな適当にやってる訳じゃないんだよ?って思って悲しくなったこともあって。


これからも個人ブログは続けますし、まだまだ書きたいことややりたいことはいっぱいあります。コンセプトも2017年に始めた当初からブレてません。

ただ、今までとはちょっと違うことをして手を広げてみても良いかなと思ったんです。

ということで、今日は長くなってしまいましたが、新しい私のミッションを楽しみながら頑張りたいと思います。




このツイートで、チャッツウッドとバーウッドをカタカナで書いてしまったので、えーと Wolli Creek はどう書くんだっけ?と調べたら「ウォリークリーク」になってたので、ちょっと違和感があったものの、まいっかと思ってそのまま書きました。


そしたら、シドニー民に突っ込まれた…驚き



うん、言い訳に聞こえるかもですが、私もちょっと違うなって思ったんですよ。

でも、シドニーも本当はシッ二ーって発音するし、実際の英語読みとカタカナ表記は違うことあるじゃないですか…💦 (そもそもカタカナにするのが悪いのか?)

ほら、よく現地に住んでる人がそのままの発音でカタカナにして書いてて「どこよそれ?」ってなってるパターンもあるし魂が抜ける

だから私、わざわざ日本語ではどんな風に呼ぶのかなって調べる癖があるんです。ほら、ブログでオーストラリアの記事書いてると、調べて良かったーと思うパターンも多いので。


で、違和感はありましたが、これでも雰囲気で分かるだろうし、単なるメモだし、あれっと思った人がいてもサラッと流してくれるかな?…と思ってんですけどね 爆笑 (というか、あまり何も考えてなかった)



とりあえず、その選択が悪かったみたいです。

確かにウォリークリークだと、現地では通じないと思います。(それ言ったらシドニーという発音もですが)



そもそもこのサバーブ、特に何があるってわけではないので、日本語表記少ないんですよね。

ということで今回は、もしカタカナで書く時はウォリークリークではなく、ウォーライクリークです!ということをウェブ上に残したくてこの記事を書きました オエー

よし、これでこの記事は残るでしょう(笑)

ニューサウスウェールズ州シドニーの Wolli Creek は、カタカナにするとウォリークリークという発音が近いです!(これはSEO対策で書いてみた)


まあ、このサバーブをわざわざ「日本語で何?」って調べる人はいないか…。




どうでも良いけど、昨晩はキングスフォードに行きました。



これはキングスフォードで良いんですよね!? (笑)