でかスクVer.3.1
  • 24Feb
    • YZF-R3 LEDウインカー用ICリレー

      先日にYZF-R3のウインカーをLEDに交換したら、当たり前のようにハイフラになってしまいました。もっとも最初から分かっていた事なので、ウインカー購入と同時にICリレーは入手していたのですが、交換した直後の動作確認では「ちょっと点滅早いけどイケるんちゃう?」と感じたので保留にしてました。しばらくして、やっぱり気になるので、1分間の点滅回数をざっとカウントしてみたらば…約140回。※車検では1分間に60~120回と定められています。人間の感覚はかなり曖昧なものだけど、ウインカー点滅は日常的に見ているものゆえ、直感で「ちょっと早いな」と思えばやっぱりダメなようです。まあ手間が掛かるものではないのでさくっと交換しちゃいませうか。・・・・・・・・YZF-R3の純正ウインカーリレーはシート下にあり、2極のものが付いています。ICリレーに交換するならとうぜんこれと同じ形状のものを選ぶべきで、わざわざ違う形状のものを選ぶ必然性はどこにもありません。…なのですが、たまたまLEDウインカー購入したショップで2極が在庫切れでして、まあどうせアース線1本追加すれば済む事だからと、あまり深く考えずに3極のリレーを買っていたのです。んでぇ、その3極ICリレーにアース線を仮接続し、イザ動かしてみた ら ば!なんと!交換前 よりも!さらに ハイフラに!( ゚д゚) なんでぇ~??いちおう原因をwebでざっと検索してみたけど、同じ症状はちょっとみつかりませぬ。もしかしてインジケーターランプが左右兼用で1灯しかないのがなんか悪さしてるんかね?てゆーか、原因がわかったところで何の意味もないわな。現実に目の前でハイフラになってんだから。・・・・・・・・というワケで2極のICリレーを買いなおすハメになりましてん。通販だと数百円のブツだけど、あまりにもアホらしいミスだったんで、もう即!今スグ!直したかったので、ひょいっとイワサキで買ってきたんよ。…1,650円もしやがったお。ちくしょう。(ノД`)・゜・。これであかんかったらどうしょ…はい。何の問題もなく動作しました。ま、当然ですね。・・・・・・・・教訓:ハイフラ防止のICウインカーリレーは、純正と同じカタチのものを使いましょうね♪

  • 22Feb
    • 今年も車検がやってくる

      私のYZF-R3は2015年登録なので今年9月に車検があります。(初年度3年目=2018年、以降2年毎=2020年)車検と言えばYZF-R3とYZF-R25の違い。両者とも入手時のコストは大差ない(ABS仕様)ですし、日常の使い勝手も運用コストもほとんど共通なのに、250ccの方が圧倒的に人気があるのは、やはり、R3には車検があるせいでしょう。私も10年以上ぶりにミッション車を買うにあたってYZF-R3を選択するさい、車検の事を全く考えなかったワケではありません。が、昔乗った事がある4st250ccマルチ(直四の45psでエンブレムがお馬さんのやつ)のイメージは「ブチ回してもなお上のトルクが薄いぇ」だったから、「もう少し、あとチョッピリだけでいいからトルクあればな~」からの→「ちょっと盛り排気量320cc登場!」にはとっても興味があったのと、まあどうせいずれは大型免許取る(※注)んだから400cc未満で車検のある単車はもう二度と買う機会もないと思ったので、車検の有無をマイナス要因とはとらえなかったです。そんなだったので、通常YZF-R3を選ぶ際に誰もが経験するであろう「最後の最後でR25とR3で迷う」というプロセスは、私には存在しませんでした。(※注=現時点に至っても大型免許取ってないしその予定もない)・・・・・・・・前回の車検の話を少ししませうか。出費を抑えるためにとうぜんユーザー車検(いちおう人生初)にしたのですが、私のR3はヘッドライトをまるっと交換しているのと、JMCAではない汎用のスコ抜けサイレンサーを付けています。それがそのまま車検に通るのかどうかイマイチ分かりませんでした。もちろん改造ヵ所を車検の時だけノーマルに戻すってのもアリなのですが…そこまでしなきゃいけないほどのもんかぁ?俺の単車て。知らん人が見たらノーマルと見分けつかんくらいなのに。熟慮に熟慮を重ね(誇張)、「俺様の単車は断じて違法改造なんかではなひ!」という結論に達したので、いつも乗っている状態そのままで受けに行ったのでございます。https://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-470.html↑過去記事リンク(FC2に飛びます)結果から言うと車検は継続できたのですが、いや~…思った以上に苦労しました。かなり懲りたので、ちょっとばかし先の話になりますが次回は意地を張らずに「車検仕様」で受けようと考えとります。THE・車検仕様2020(予定)①ヘッドライト光源を純正PHILIPSハロゲンバルブに換装↓前回はHIDのまま検査を受けたのですが、3回もの不合格を喫してしまいました。中華HIDはプロでさえ光軸を一発で決められないシロモノだという事です。また同じ轍は踏みたくありません。現状のHIDユニット。ハロゲンバルブを装着するには専用の配線経路構築が必要。②サイレンサーを純正に換装↓YZF-R3のサイレンサーはいわば飾りで、主な機能は腹下のチャンバーに全部入っています。ゆえにスリップオンサイレンサーが悪さする事は理論的にはありえません。事実、前回は音量・ガス検とも難なくクリアしたのですが、純正ではないという理由だけで検査員に書類の提出を求められました。もちろんそんなモノは存在しないので「触媒はエンジンの下にありまぁす♪」と主張して通してもらいましたが、もしかしたら検査員によってはハジかれるんじゃないかと心配です。現在付いているサイレンサー。ストレートだけど、じぇんとる音やで。 ※車検当時のものとは違いますあとはまあ、検査前にオイルパンまわりの汚れをキレイに拭き取っておけば突っ込みどころは存在しないはず。ココ意外と念入りに点検されるトコロだったので…(`・ω・´)b 次回は壱発で合格するで!・・・・・・・・ところで。今日は「猫の日」だそうですな。我が家の猫、サンシロウに特別出演してもらいまshow。普通の猫ならそのまま強引に体をネジ込むとおもうんだけどネ…

  • 21Feb
    • 単車の改造は好きよ♪

      通常、単車は買った時点で既に機能的に100%の状態です。もちろんそのまま乗る人がほとんどですが、それで良しとせず自分好みに改造する人も少なくありません。※私は昔から「カスタム」という言葉がなぜかあまり好きではないので、わざと「改造」と言ってます…そして単車を改造する人には大なり小なりコダワリがあるもの。でも改造と無縁な一般の人にはとうてい理解されることはありませんし、改造車乗りどうしですら、自分の興味のないジャンルであれば、マッタクモッテど~でもいいのが現実です。だからこそ、改造が好きな人の本音としては、「俺様の単車はココが違うんだよココが!」言いたくて言いたくてしょうがない。…と、思うんだけど。もちろん私にもそういうトコロはあります。それもかなり強くね。まあリアルでは誰も話をきいてくれないので、こうしてブログなんぞをやってるワケですが。私の改造の指向としては、昔からだいたい一貫してます。①パーツ交換・加工は原則として自分で行い、必要があれば自作もする②基本のシャーシ・エンジンには手を入れない③高価なパーツ・定番のパーツは極力使わない④特に他車種の純正品流用には執念を燃やす⑤分かる奴しか分からないっていうフレーズを多用したいようするにとにかくお金はかけないってコトなんだけどね。ついでに言うとコカしてしまってダメージを喰らったパーツは、運用に支障がないレベルだったらばめったに交換しません。したがって私の歴代単車はどれもこれもポンコツ感アリアリの外観になるのも一貫しています。※いやまあ、いちおう過去に「大金を注ぎ込んで改造するスタイル」を目指した時代もあったんですよ…しかし志半ばにして事故で壱発廃車を経験してから、目が覚めたかのようにソッチ方面からは手を引きました。さらに現在では、若かった頃に比べると改造のための改造ってやつをほとんどやらなくなりました。「改造のための改造」って何の事?と思う人も多いでしょうから具体的に言いますと、例えば自分の単車のパーツを変えたり色を変えたりしますよね。んでしばらくすると特に不満があるワケでもないのにまた仕様を変えてしまわないと気が済まない、それをえんえんと繰り返すってカンジです。こうこうこうしたい。って言う明確な完成形が定まらず、もはや改造する行為そのものが目的になっちゃってる状態と言えば分かりやすいかと。実際そういう人は少なくないと思いますよ。いちおう言っておきますが、そういうのは嫌いではないですし、否定するつもりもありません。・・・・・・・・現在の愛車であるマジェスティ4D9は納車する前からあるていどの構想を描いていて、納車後すぐさま具現化して以降約6年間、現在に至るまで基本イメージは変えていません。↑納車後約2ヵ月経過のころhttps://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-2.html過去記事リンク(FC2に飛びます)↑そして現在まあ改造改造言っててもノーマルに毛が生えた程度ですが。むろん不満があるトコとか細かいトコなんかは、継続してチョコチョコいじってます。特にブレーキは現在仕様は正直妥協が入ってるのでまだ手を入れますぜ。そう、次の予定は…↓ついにコイツが付いちまうかぁ~?ψ(`∇´)ψ ネコの事じゃないよ

  • 18Feb
    • YZF-R3 LEDウインカー

      先日YZF-R3のホイールを金色に塗った件。別に珍しいワケではなく、これはわりと多くの人が実行しています。そして私も(しつこいようだが)かなり前からやると決めていた事のひとつでした。↑そしてたいていの人は「どうせYAMAHAの特別仕様Authenticのパクリなんだろ」と思うでしょうが、そうとも言えるし、そうとも言えないんです。まあほれ、私、昭和のライダーですから。赤白黒の車体に金色ホイールはしっくりくるんですよねえ。↑最終型RZ-R(1988)そもそもAuthenticじたい80~90年代レトロがモチーフですからね!(σ・ω・)σそゆこと※ちなみにRZR最終型当時、超名車の初代TZRが既に存在していたため、RZRはぶっちゃけ安い事以外に取り柄がなくて人気はありませんでした。後継のR1-Zも同じように安物扱いされてたし…嗚呼、現在から見たらなんてゼイタクな時代やったんや!・・・・・・・・さて。あともうひとつ今回交換したのは、以前からやりたかったんだけどなかなか手を付けられなかったLEDウインカーです。いやべつに電球ウインカーがキライというワケではないんです。転倒するとほぼ確実にダメージを受ける部品なのだからしてメーカーで気を使ってコスト掛けていない面もあると思うんですよね。ユーザーフレンドリーの一環として。ただいくらなんでも、YAMAHAの純正電球ウインカーは形状が決定的にダサイ!ダサすぎる。という事でカッコイイウインカーを探してたのです。このご時世ですから必然的にLEDウインカーになるんですけど、しかしLEDウインカーは真面目に設計されてないと使い物にならないとゆーシビアさがあります。よくある社外品でツブツブLEDがたくさん並んでるタイプの安物は、発光が根本的に暗いし真正面しか向いてないから斜め方向からの被視認性がほとんどない。実際ちまたで見かける社外品は点いてんだか点いてないんだかマジわからんようなシロモノが珍しくありませんね。ちゃんと機能する事を期待するならワイズギアのウインカーが無難ですよね…あまり好みのカタチではないが。↑でもねえ、ワイズギアのは2コで8,800円もすんだよぅ。1台分で17,600円やぞ。高いわ!半値だったら買うんだけどなあ…と、ここまで考えて停滞。やっぱりコケた時の破損も気にしちゃうんですな。でもウインカー位置は純正から変えたくないのでぴんちゃん困った。なんか他にイイのないかな~と…おっ!MT-10の純正ウインカー、イイんじゃねぇ?カタチが個人的にツボだし、ツブツブLEDじゃないし!(チップLED+拡散レンズの組み合わせ)純正品だから取付部分の規格は他のYAMAHA車と共通でYZF-R3への装着は無加工ポン付け確定。配線接続はちょちょいっと加工したらよかろ。これでいこう!…早速値段を調べたらば。(゚ロ゚;)たっかっ!流用するのは安いリヤ側×4コでいいんだけど、それでもワイズギアより高いとは…しかし、しかしや。デザインは絶対コッチよ。誰かシレッとヤフオクに格安で出してねえかな?と検索したらば、そんな奴はいない。が、代わりにイイのがありましたがな~♪コピー品が。ふつうの汎用ウインカーだと1コあたり500~1,000円くらいだけど、これは2コセット3,960円とチョッピリだけお高い。それでも1台分で7,920円!純正やワイズギアの半額以下です。出品画像の点灯GIFを見る限り光量も視野角も実用出来そう。黒プラスチックの質感はさすがにちょっと安っぽかったですが、レンズの嵌合部分に歪みはないです。ここが悪いと雨水が入りますからねえ。まあしばらく使ってみないと何とも言えませんが、そこそこ良くできていると思います。あと配線途中に基盤が噛まされてますが(画像赤色部分)抵抗ではなくて降圧回路でしょう。この部分はまったく曲げられないので配線の取り回しにはチョッピリ気を使います。汎用とゆーことで接続端子は無くて配線だけの状態ですから加工は必須。もっともYZF-R3の純正ウインカー配線にはカプラーじゃなくギボシ端子が使われてるので、改造するときゃ好都合。ちょちょいのチョイです。そんなワケでフロントウインカーはそのままギボシ端子を追加するだけで付きますが、リヤはなぜか純正ウインカー側の配線がやたら長くとられ、車体のとっても奥まったところで接続されてます。それがまた純正ハーネスが幾重にも押し込まれてて発掘するのがものすごく大変な場所なのです。汎用ウインカー側の配線は微妙に届かないからどうせ最低1ヵ所は継ぎ加工して延長しなきゃいけませぬ。ならばと入り口付近で純正ウインカーの配線をぶった切って直結しました。画像でレギュレーターのあたりね。電球→LEDに変えたのだからもちろんハイフラになります。ただ思ったほどひどくはないような?いちおうICリレーは用意してますが、いずれキッチリ点滅速度を測ってみて、もし車検に通る範囲内だったら交換しません。むかし原付でICフラッシャーコントロールが故障してとんでもなく酷いメに遭った経験があるんで…これ見たら、いかに純正が野暮ったいか。分かるっしょ?(´Д`)

  • 17Feb
    • 冬の瞽女ヶ峠 2020

      もう2月も半ばになりました。つらい時期です。寒さがこたえるし路面の凍結はあるし。しかし今年は明らかに暖冬。例年なら凍結が心配でハナっから近づかないような山道でも、全然ふつうに走れたりします。単車乗りには喜ばしい事かもしれませんが、正直ちょっと異常なくらいではないでしょうか。・・・・・・・・2月から現場が変わってまた出張になってしまったのと(と言っても自宅から80㎞くらいしか離れていない)、タイヤ交換だのなんだので最近は何かとバタバタしておりましたが、先週日曜日の午後にポッカリ時間ができたので八幡浜まで軽く往復してきました。双海長浜から険道28号線を経由してえ~八幡浜みなっとまで。みなっとに到着時点で既に16:00を過ぎていたので、帰りは寄り道せずにまっすぐ帰ろうと思っていたのですが、瞽女トンネル手前で“平家谷そうめん流し”の看板が目に入った瞬間、「そういや冬の平家谷から瞽女ヶ峠に入ったことなかったな」と閃いてしまったのデス。確か最後に訪れたのは一昨年の夏の終わりだったしな…https://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-475.html↑過去記事リンク(FC2に飛びます)久々に通ってみた。まえどうが:https://youtu.be/gOO3rdnoZjkうしろどうが:https://youtu.be/DawKIuLl04w(※動画内のドラレコ時刻表示は狂っています)いや~もうなんかね、18歳の頃からこの道知ってるけど、記憶の限りでは、過去最良の路面状況!いやマジで。よくよく考えてみるとそりゃ真夏は雑草ジャングルで秋は落葉じゅうたんだもんな…(´・ω・`) 降雪と凍結さえなければこの季節が最高だわ。私は凍結路面に過剰すぎるほどビビリな面があるので、四国内で走りなれた道でも「冬季だけは入り込んだ事のないルート」がまだまだ多く存在するのでした。・・・・・・・・ちなみに実際は、警戒する真冬よりも油断した春先のほうがキビシい場合もよくありますんで、積雪・凍結を完全に避けることは難しいのですけどね。↑例えばこれ4月の風景。https://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-310.html過去記事リンク(FC2に飛びます)

  • 12Feb
    • MICHELIN POWER RS の、ちょこっとインプレ

      先日YZF-R3のタイヤ交換はしたものの、今まで履いていたPOWER RS(リヤのみ)が終了したワケではありません。まだ使える状態なのでキープしてます。さてこのタイヤ、履かせた直後はあまり良い印象がなくて「バイアスタイヤと変わらない」とまで書きました。いや本当にそう思ったんですぅ。が、しかしですよ。最新鋭のスポーツラジアルタイヤが、昔のバイアスタイヤと変わらないって感想は、いくらなんでも物理的に絶対ありえません。となれば、そう感じてしまったのはタイヤのせいではなくて、私自身に原因があるに違いありません。と思う(謙虚)。ライダー側に原因があるとすれば、ん~ライディングスタイル?例えば、もっとアグレッシブに走りこまなきゃ違いが出ないの?カリカリにスピード乗せなきゃならんの?それともバリバリハングオンでフルバンクせにゃあかんの?いやいや…仮にそんなくだらん事が原因だとしたら単に「自分のスタイルにタイヤが合わない」だけのコトなので、「良くない」と感じてむしろ当然。そもそも良いタイヤってのは市街地の交差点を曲がるだけで違いが判るモノだし。ライディングがへっぽこだから良さが全然分からないって理屈はおかしい。う~む。違うな。もっとこう、誰にでも理解可能な要素とかないものかねぇ。例えば、数値化できるようなもの…数値……あ。空気圧だ!・・・・・・・・とゆーワケで単車のタイヤ空気圧の話です。私は昔から低い空気圧が大キライでして、他の人のウンチクがどうあろうとも、とにかくどんな車種でも、前後輪も関係なく一律に最初は2.5kg/m2以上入れます。失礼ながら、他の人が「空気圧を低めにセッティングうんぬん」と言うのを、私はまったく信用していませんでした。だって実際に自分で空気圧を下げる方向をいくら試してみても操縦性は良くならないし燃費は落ちる。イイとこないやんけと。それでももし、そう感じるフィーリングこそが実は「世間の常識」だと言うのなら、「自分は常識の外」で構わないとまで(現在でも)思っています。経験上間違いなくバイアスタイヤは空気圧を下げる事のメリットがほとんどなくデメリットのほうが圧倒的に大きいです。さすがにラジアルタイヤは空気圧の調整が有効だという事は知識としては知っていますからいろいろ試しても来ましたが、それでもやっぱり空気圧が高い方が自分にしっくり来るのでそうしてます。とうぜんPOWER RSにも悩む事なくイキナリ2.5kg/m2以上ぶち込んでそのままだったワケなんですが、冒頭に書いた流れでセッティングの話を思いつき、試しに2.0kg/cm2に落としてみたらば…いやもう、最初の印象をまるっきり覆すほど変化が出ましたね(良い方向に)!※具体的にどうこう良くなったとは説明ができませんが…感性の領域の話デスなるほど~。確かに空気圧でセッティング有効な場合もあるんだと理解できましたよ。イマサラ。では過去にタイヤの空気圧を落としても良い方向の変化は感じなかったのはなぜでしょう?心当たりとしては、今まで「ツーリングタイヤ」もしくは市街地用の「コミュータータイヤ」ばっかり履かせてたからではないかと。つまりそういうタイヤは、もともと適正空気圧を外しての積極運用が想定されてなく、空気圧を低くするとネガしか出ない性格があるのでは?私の経験にもこれは合致します。・・・・・・・・ここまではまあ、私個人の感想なので割とどうでもいい話。ほかにインプレっぽいネタとしては、「POWER RSはロングライフ」という評価がよく挙がってますがどうでしょう。これは実際にウワサ通りだと思いました。※ちなみにタイヤライフ〇〇〇〇㎞という表現。他人の数値はまったくアテになりません。なので以降でてくる数値はあくまで私個人の場合です。ただし同じ人物(私)が同じ単車(R3)で「AとBを履き比べた結果Aのほうがロングライフだ」と優劣を判断するのは、ちょっとは他の人の参考になる…かもしれません。POWER RSは溝の中にインジケーターが2本刻んであるのでゲージなどを使わなくても目視で残量管理ができます。交換時点でセンター溝でインジケーター2本のちょうど中間地点まで減ってました。私が中古入手したブツはセンターが平らになりはじめていた事からして、少なくともその時点で1,000㎞以上は経過していたと思われます。それに私の消耗分を加えると画像の状態で約5~6,000㎞経過相当ってところです。となると、残り溝から考えて、POWER RSがスリップサインに到達するまでのライフ予想は…確実に8,000㎞以上はイケル。これはツーリングタイヤに匹敵するロングライフタイヤと言えます。このPOWER RS装着中は寒い時期で山の中をガツガツ走っていない事を考慮しても、過去に私が履かせたツーリングバイアスのPIRELLI SPORT DEMON、DUNLOP GT501、IRC RX-02らを誤差ではないレベルで明らかに上回り、純正装着のPirot Streetにすら迫るほど。もちろんフィーリングはそれらとは比べ物にならないほど優れています。そんな感じでPOWER RSを総合すると、私にとっては「再度履いてみたい」と思えるタイヤでした。(´・ω・`)b新品はかなり高いけどね

  • 11Feb
    • YZF-R3 タイヤ交換2020(リヤのみ)

      引き続きYZF-R3のタイヤ交換。今回はリヤ。フロントと違い、塗装済みのスペアホイールと入れ替えるだけとなります。それだけなら前回のフロント交換と一緒に作業すれば良かったものをワザワザ別の日に先送りしたのには、もちろん理由があります。それは「リヤブレーキディスクは流用する」から。つまり元のホイールからブレーキディスクを外さないといけません。いやフロントホイールでもそれは同じだったのになぜに今回は強調するのかと言いますと、このホイールには分解歴がないのです。ここで非常に難儀するのを過去の経験で知っていますので、時間にそれなりの余裕がないと安心して作業にとりかかれなかったのですよ。どんなホイールでも新車時から1回も外していないブレーキディスク取付ボルトがすんなり外れる事はないです。しかもYZF-R3の初期型は高強度のネジロック剤が使われていて、正攻法で緩める事はほとんど不可能と断言してもいいくらい。・・・・・・・・新旧ホイール。流用するのはスプロケ、ハブ、ハブダンパー、ブレーキディスク、ABS検知プレートです。ブレーキディスク取り外しの図。ヒートガンで加熱してからボルトの頭をバイスグリップで緩めます。ガスバーナーなんか使っちゃダメですよ。移植完了。もちろんボルトは新品に交換。ブレーキディスク取付ボルトは常に在庫あるで!プロでもないのにそんな奴私以外にいるのでせうか…(´Д`;)リヤブレーキパッドは6万km後半に差し掛かった現在でも新車装着時のもので交換歴はありません。いちおう私はリヤブレーキも使う人なんだけど…これって廃車になるまで使えるんじゃマイカ?XAMタフライトスチールリヤスプロケット。ぱっと見で異常ありませんが、新品の画像と比べるとけっこう消耗してました。まあこれくらいならまだ大丈夫かな。 https://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-513.html過去記事リンク(FC2に飛びます)去年の4月に交換して約13,000㎞経過。鉄製のわりには消耗が早いような気がしないでもない…いやこれは純正がタフ過ぎるだけかも。EK SRX-2ゴールドチェーン。こちらはまったく問題ありませぬ。固着の兆候も皆無。 https://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-482.html過去記事リンク(FC2に飛びます)一昨年の年末に交換して約19,000㎞経過。伸びはほとんどありません。新品時からアジャスター調整の変化は1mmもないくらい。ただし調整にはかなり神経使っています。チェーン調整には「完璧な1点」と言うものが必ず存在するはずですが、それはまず分かりっこないです。とにかく緩み過ぎはダメだけど、張りすぎは0.001㎜だって絶対にダメ。自分の指の感触だけが頼り。ならば「迷ったら緩める方向をとる」のが自分なりのコツです。交換終了。これで前後ともゴールドホイールになりました。 スプロケットハブは汚れやすいうえに清掃しにくいので塗装はせず純正黒色のままです。そんなに違和感はないと思うんだけど。YZF-R3リヤタイヤ交換2020/02/08 ODO:66,139㎞(前回 2019/11/04 ODO:61,855km=4,284㎞で交換)・・・・・・・・余談。単車いじりで指紋や爪の間に入った頑固な油汚れ。普通の石鹸や洗剤で洗ってもなかなか落ちませんが、KUREのシトラスクリーン+100均の爪洗いブラシのコンボでほぼ完ぺきに落とせます。お悩みの方はぜひお試しあれ。(*´∀`*)b

  • 10Feb
    • YZF-R3 タイヤ交換2020(フロントのみ)

      なんかこのブログってばタイヤ交換ばっかりしてんじゃねえか?と思われてるかもですが…実際そうなんです。(´・ω・`)マジェスティ4D9とYZF-R3の走行距離は年間で各1万km以上、合計で3万㎞に達することもあります。タイヤの交換サイクルはマジェスティが7~9,000㎞、YZF-R3は中古タイヤを使うのでリヤの早いときは3,000㎞なんてこともありますがだいたい4~5,000㎞くらい。なので、それぞれ年間2セット以上のタイヤは必要になるワケです。では。タイヤ交換は年に3、4回?いやいや。私の場合、前輪と後輪では交換時期をそろえていません。減った方だけ換えます。つまり前輪だけ交換・後輪だけ交換する場合もあるので、それこそ年に5~6回以上は作業をしていると。そりゃぁ~いっつもいっつもタイヤ交換してるなコイツ、と思われるのも仕方ないのですわ。・・・・・・・・とゆーワケでYZF-R3のタイヤ交換ですよ。交換した銘柄は前後ともDUNLOP_GPR300(中古)です。F:110/70R17 R:140/70R17今回はホイールの塗装も兼ねているので1日で全ては終わりませんでした。まずフロントタイヤから交換。タイヤを外してホイールを洗浄します。時間がないのでホイール洗浄と塗装の足付けには食器用スチールウールたわし(いわゆるボンスター)を使ってみました。鋳肌のキャストホイールだからこれでいいと思うんだけど…塗装は段取りと後片付けが大変なので、できるだけ他の物と一緒に塗ったほうが効率いいです。今回はホイール3本同時塗り。くろべえは塗ってないこういう時じゃないとなかなか洗えないのがブレーキディスク。特にウラ面とかね。水と真鍮ブラシでゴシゴシ磨きます。ちなみにフロントタイヤはこうやってジャッキと足場板で浮かせてます。メンテスタンドは高いし場所とるし好きじゃないです。プロも使うものだからそりゃ良いものなんだろうけど、個人で使うには「セットするだけで転倒のリスクがある」のが気に入らない。https://pinchang2.blog.fc2.com/blog-entry-424.html過去記事リンク(FC2に飛びます)乾燥時間は3時間ちょっとしかとれませんでしたが、タイヤは即日嵌めます。2液ウレタンだからできる芸当。完全硬化ではないのでタイヤレバーを当てたところの塗装は簡単に剥げてしまいますがそれは覚悟の上。車体にホイールを装着してこの日は終了。YZF-R3フロント2020/02/02 ODO:65,677㎞(前回 2019/09/08 ODO:57,996km=スリップサイン超えて使って7,681㎞で交換)

  • 08Feb
    • これが私のR3

      YZF-R3のタイヤを交換しました。交換サイクルを1回飛ばしたフロントのGPR-300はとうに終了していましたが、リヤのPOWER_RSはまだまだ使える状態ではありました。しかし今回、ある理由があって前後同時にGPR-300に交換とあいなりました。その「ある理由」とは、・・・・・・やっと、やっと。ゴールドに塗ったホイールを装着しましてん♪ようは、スペアのないフロントホイールはタイヤ交換と塗装を同時に行わねばなりませんでしたので、そのタイミングでリヤもNew(中古だけど)タイヤを装着していた塗装済みスペアに履き替えたワケです。あとウインカーをMT10純正(コピー品だけど)に換えました。それらの記事は後日上げますが。いや~もうね、とにかくYZF-R3のルックスが、ほぼほぼ自分の理想どうりになったのでゴキゲンなのですわ。*´∀`)見てのとおり、原型を留めたままボディシルエットは変えてないし、ハンドルとかステップとか純正だし、バカ高い有名パーツもカラフルなボルトオンアルマイトパーツも付けてないし、あげくにはリヤフェンダーまで残っています。誰がどこをどうみてもYZF-R3以外のナニモノでもないでしょ?でも…では、コイツをひと目見ただけで、一発で、車種を当てられる??↑それはたぶん誰にもできないと思うね!※真っすぐ後ろから見た場合を除く

  • 05Feb
    • ヤフオクでホイール探した話

      前回、マジェスティのタイヤ交換でスペアホイール云々書きましたが、今回はYZF-R3のスペアホイールのオハナシ。まずどこでスペアホイールを手に入れるのか?って事ですが、私の場合はふつうに中古をヤフオクで探してます。純正ホイールを新品で手配するととっても高いんですよ。・・・・・・・・ちなみにマジェスティ4D9のスペアホイールは、もともとホイールが目当てではなくてタイヤが目当てで入手した経緯があります。当時(2014~2015年頃)「ほぼ未使用の純正タイヤ付きホイール」の出品が時々出てまして、それがまた純正Newタイヤよりはるかに安かったんですよ。4D9のホイールは現在でも状態の良いものはまだ多く見つかりますね。・・・・・・・・YZF-R3の純正ホイールを国内で新品手配すると1本4万円前後。さすがにこれは買えませぬ。いちおう海外製の単車なので純正パーツの並行輸入も存在するらしく、それだと2万円台前半くらいだったかと。そういうサイトを以前見かけた事はあるのですが現在はちょっと検索したくらいでは見つかりません。※どちらもキャストホイール単体の価格で、ベアリングなどは別途必要になります。対して中古ホイールだと1本2万円前後がヤフオクの相場みたいです。ただしYZF-R3のホイールとなると状態にかかわらずタマが少ない。もちろんR25のホイールと共通ですが、ABS仕様である事が条件。でないとR3には使えません。よくよく考えればどんなに古くても2015年の単車です。原型を留めたままの不動で廃車処分される台数はまだ多くないでしょう。ゆえに出品されるホイールの大部分は事故車から出ているんじゃないかなと思います。実際、出品はほとんどジャンク屋からで、見るからに状態の悪いものが目立ちます。私にとってスペアホイールは欲しいブツの上位である事は間違いないのですが、無ければ無いで、高価な新品を買ったり状態の悪い中古を無理に手に入れたりするほどに必要としているワケでもありません。ですからまあそのへんは気長に、たっぷり1年半以上は待ち、やっと去年の11月に納得できるブツが出品されました。↓YZF-R25ABS用リヤホイール青ベアリング・エアバルブ残置 走行100㎞程度リムに傷あり(※出品画像にもちゃんと写ってました)開始価格5,000円条件としては申し分なし。ただ…ひとつ疑問だったのは、傷が入った経緯はともかくとして、何故ヤフオクに出たのか?って事でした。なぜなら出品画像を見た限り、ペーパー当ててタッチアップすればそこそこ見られるまでに戻せる程度にしか見えなかったからです。どういうことかと言いますと、出品時の説明が真実ならば、出品者は納車後ほとんど走っていない状態から「傷が入った」という理由だけで、少なくとも5万円前後のコストを掛けてまでホイールを交換し、さらにわざわざヤフオクで処分する手間まで掛けてるって事になります。んん~ わからぬ。(‐”‐;)こりゃ単に元オーナーがセレブなだけなんかな…いろいろ考えてみたのですが、とにかくブツ自体に問題はなさそうだし、何よりコレを逃して再度同程度のブツが出てくる見込みはとても薄いと思ったので、最終的に12,500円で私が落札しました。↓↓↓で、実際にブツが届いたらば、スグに疑問は解けましたでござる。〇出品者は個人ではなく、某YSPだった。〇傷は表面の塗装だけでなくリムの地金もごく薄く、まるではすったように付いていた。傷の状態からみるに、走行中のトラブルや事故が原因ではなく、回転系の機械…例えばタイヤチェンジャーなど…の扱いをミスって付けてしまったものだと推定しました。つまり、顧客の単車を傷つけてしまったYSPが、やむなく無償交換して余ったホイールをヤフオクで処分したと。これなら辻褄が合うな。・・・・・・・・ということでYZF-R3のスペアホイールは現在、リヤのみが私の手元にあります。11月に手に入れてからほぼ3か月。やっと先日に自家塗装してタイヤを嵌めました。多少の傷とか、色は青でもナンでもこだわらなかった理由はこれね。…フロントもよい出物があればいいんですけどねえ。c(´ω`*)