各種クレンジングの特性と『油脂系クレンジング』について | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ





かずのすけおすすめまとめページに

 

『クレンジング&洗顔料』の高評価アイテムを追加しました!

 


かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ


優秀アイテムばかりなのでぜひ化粧品選びの参考にして頂ければ幸いです(^^)ゞ

 

 

 

 

ところで最近は「クレンジング」について解析する機会が多かったのと、

 

定期的に『毛穴に悩んでいるんですがどうしたら良いでしょうか…?』という質問を頂くので

 

 

それも含めてかずのすけお勧めのクレンジングとその活用法についてまとめ直しておきたいと思います!

 

 

これまで何度も扱っている内容なのでできるだけ簡潔にさらっとまとめていければと思います(^o^)/

 

 

 

 

◎クレンジングにはどんな種類があるの?

 

 

メイククレンジングは大きく分けると

 

・オイル系

 

・クリーム系

 

・ミルク系

 

・リキッド系(ジェル系)

 

の4つのパターンに分類出来ます。

 

 

 

<オイル系の特徴>

 

オイル系はオイルを主成分に界面活性剤を乳化用に配合した処方で、水分を殆ど含んでいません。

 

オイルで油性のメイク汚れを浮かして落とすため高いメイク洗浄力が特徴です。

 

後述しますがオイル成分の種類によっては脱脂力が強すぎて肌負担が大きい場合も。

 

 

<クリーム系の特徴>

 

クリーム系もオイル主成分ですが水分が多めに配合されており、油層・水層の転層現象を利用したクレンジングです。

 

予め乳化されているので界面活性剤は多めです。

 

洗浄力は比較的高めですがオイルに比べるとマイルドです。

 

ただし水分や油分量の変化で乳化安定が崩れてうまく使えなくなるので濡れた手やお風呂場での使用は厳禁です。

 

 

<ミルク系の特徴>

 

ミルク系はクリームよりさらに水分を多く含んでいて、水分主体にオイル成分を乳化した処方になっています。

 

オイル系やクリーム系がオイル成分同士の溶け合いでメイクを浮かしているのに対して

 

ミルク系はどちらかというと界面活性剤の働きによる乳化作用でのメイク落としが主体になります。

(オイル同士の溶け合いも若干あり)

 

このため洗浄力がオイルやクリームに対してとても低く、濃いメイクには対応出来ない場合も。

 

ただし油分を落としすぎないのでお肌への負担はかなり低めです。

 

 

 

<リキッド(ジェル)系の特徴>

 

主成分がほぼ水分で、界面活性剤の働きによりメイクを落とす構成になっています。

 

洗浄力が最も低く、オイルを含まないので肌に優しい…と思われがちですが、

 

界面活性剤のみの力でメイクを無理矢理水分に溶かしているので

 

洗浄力が乏しい割に肌への負担が大きくなりがちです。

 

油分よりも摩擦緩和力が低いこともあり、

 

摩擦しないとしっかり落ちない=肌への負担が大きくなる傾向も。

 

 

ちなみに「ジェル系」はリキッドクレンジングにジェル化剤を配合した処方で、

 

テクスチャー以外の性能は基本的にリキッドと大差ありません。

(摩擦緩和力は若干アップ)

 

 

 

という感じで

 

一般に「オイル>クリーム>ミルク>リキッド(ジェル)」の順で洗浄力が高く

 

 

オイル系は乾燥しやすくリキッド系は洗浄力が低すぎるなどの問題で

 

クリーム系もしくはミルク系が好まれる傾向があるようです。

 

 

 

 

 

ただし、

 

実は同じ『オイル系』でも

 

主成分に用いるオイルの種類によってその洗浄力特性が全く変わってしまいます。

 

 

このクレンジングオイルの主成分ごとの特性の違いについては以下記事で詳細にまとめています。

 

クレンジングオイルの種類分けと成分表示の読み方

 

 

 

簡単にまとめると

 

オイルには

 

・『油脂系』

…コメヌカ油、オリーブ油、マカデミアナッツ油、アルガンオイルなどの「油脂」が主成分。

 

・『エステル系』

…パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸オクチルドデシル、エチルヘキサン酸セチルなど「エステル」が主成分。

 

・『炭化水素油系』

…ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、イソドデカン、スクワランなどの「炭化水素油」が主成分。

 

の3つのパターンがあり、

 

 

中でも『油脂系クレンジング』はオイル特有の高いメイク落とし力を持ちながら、

 

肌に必要な保湿成分や油分は適切に残しつつ洗えるという非常に優秀なクレンジングです。

 

 

 

しかし一般に市販されている安価なクレンジングオイルはほぼ全て炭化水素油(ミネラルオイル)系のため、

 

高い洗浄力と強い脱脂力が相まって

 

『オイルクレンジング=肌負担が大きい』というイメージが先行しがちですね。

 

 

エステル系は炭化水素油系に比べると幾分マシですが、

 

それでも油脂系と比較するとやはり洗浄後の保湿力に大きな差があります。

 

 

 

 

◎かずのすけお勧めクレンジングは『油脂系クレンジング』一択!



以上のクレンジングごとの特性を洗浄力と肌負担ごとにまとめた図が以下のものになります。

 



拙著『オトナ女子のための美肌図鑑』63ページから抜粋してます。

 

ちなみにこちらは日本化粧品検定協会1級対策テキストp.43にあるクレンジングの特性表にかずのすけのオリジナル要素を追加して構成し直したものです。




こちらの図で確認して頂くと、

 

縦軸の「肌への負担」は『ミルク系』と『油脂系』がどちらも一番低負担ですが、

 

横軸の「洗浄力」では『ミルク系』がとても弱いのに対して『油脂系』が比較的高めです。

 

 

確かにミルク系は低負担ではありますが、洗浄力が優しすぎてメイクが楽しみきれないこともしばしばあります。

 

またしっかり落とせないことが原因でメイクが毛穴につまりやすかったりという弱点も。

 

 

 

 

このことからかずのすけ的にはクレンジングで最も優秀なのは

 

【油脂系クレンジグオイル】

 

一択だと判断しています。

 

 

「肌への負担が少ないのに、幅広いメイクにも対応できる。」

 

というのが油脂系クレンジングの最大の特徴で、

 

また

 

・摩擦しなくてもするりと落とせる

 

・お風呂場での利用OK

(ある程度水分を拭えば多少濡れててもOK)

 

・ダブル洗顔は基本的に不要

(ニキビ肌質の方はW洗顔推奨)


・毛穴角栓のケアに利用可能

(詳細は後述)

 

・マツエクでも使用可能

(詳細▶こちら参照)



などなど他のクレンジングでデメリットになる点の多くを一手にクリアしています。


ただ

 

・油脂は原料価格が高いのでやや高額のものが多い

 

・『崩れない下地やファンデーション』はしっかり落とせない場合も

・市販で手に入るものが非常に少ない
(大手有名ブランドで油脂系を作っているところはほぼありません)

・酸化安定性が低く注意しなければならない成分もある。
(酸化しやすくすぐに褐変したり異臭を放つものには注意)

 

などの留意点もいくつかあります。




「オイル系は乾燥する!」と強く思い込んで居る方もいらっしゃるかとは思いますが、

 

騙されたと思って『油脂系クレンジング』を一度試してみて欲しいと思います。

 

 

そういう固定観念を持っているほど驚く使用感の良さです(^^)v



◎『毛穴の悩み』は油脂クレンジングで対策!


あと個人的には油脂系クレンジングのとてもお勧めのポイントはこちらで、

 

角栓や黒ずみ、いちご鼻などの毛穴改善に『油脂系クレンジング』は非常に効果的です。

 

 

特に『マカデミアナッツ油』や『アルガンオイル』など

 

皮膚柔軟効果を持った油脂を主成分にしたいくつかのクレンジングは

 

使用しているだけでも徐々に毛穴角栓を目立たなくしてくれますし、

(固まった角栓や角質を軟化するため正常な角栓の排出を促すためと考えています。)

 

 

 

以下記事にあるような方法で週1~2回を目処に油脂クレンジングを用いたスペシャルケアを行うと

 

数ヶ月~半年程度の時間をかければかなり状態の悪い毛穴状態も徐々に改善していきます。

 

角栓毛穴を改善するには?「油脂クレンジング」を使ったテクニック <前偏>



かずのすけを含めかなり多くの方が毛穴の改善を実感している方法なので

 

ぜひ毛穴悩みを抱えている方は試してみて下さい!

 

 

(ちなみにかずのすけプロデュースの『セラヴェールプラチナムクレンジングオイル』は毛穴対策用に注力して作った特製の油脂系クレンジングですので毛穴悩みには特にお勧めです!▶1番期待していたのは




◎油脂系クレンジングは市販やドラッグストアでは中々手に入らないアイテムですが、、


基本的に油脂というオイルは原料価格がかなり高いためか、

 

1000円程度の市販商品やDSアイテムとしてはほとんど流通していません。

 

 

有名ブランドだと油脂×エステル混合タイプがシュウウエムラや無印良品などから発売されている程度で、

 

殆どが広告にお金をかけていない小さいメーカーのアイテムばかりです。

 

 

なので購入の基本は『通販』となってしまい中々手を伸ばしにくいのが最大のネックと言えそうです。






今回冒頭で記載した「おすすめまとめページ」にはAmazonで簡単に購入できる油脂系クレンジングを多数追加しました!

 

 

またかずのすけプロデュースのセラヴェールプラチナムクレンジングも同じく油脂系クレンジングになります。

 

プロデュース全商品の中でもセラキュアローションと並んで特に人気の商品です!

 

セラヴェール プラチナムクレンジングオイル 公式販売ページ

 

 

 

おすすめページに追加している商品は全てブログ解析済みですので【かずのすけのブログ検索】から検索頂ければその特性もある程度分かるようになっています。

 

あとおすすめページの前の方に並んでいる商品がより評価高めのもの、後ろの方に並んでいるのが比較的評価が控えめのものになっています。

 

 

ぜひうまくご活用頂ければ幸いです!!

 

 

 

 

 

というわけで以上、

 

『美肌の為には美容液よりクレンジング!』

 

というのは僕が以前より口を酸っぱくして言っていることです。

 

 

どんな良いスキンケアを重ねても、

 

クレンジングが良くないものだと肌への負担の方が上回ってしまい肌荒れの原因になります。

 

逆にクレンジングだけでも良いものを揃えれば、

 

肌負担が少なくなって肌が乾燥したり荒れにくくなるのでスキンケアはシンプルにしても大丈夫になります。

 

 

 

「クレンジング、何が良いんだろう~」と悩んでいる方は

 

ぜひ一度『油脂系クレンジング』を試してみて下さい!

 

 

 

皆様がお持ちの「クレンジングオイル」の常識を見事に覆す結果になるはずです。






プロデュース最新作 『CeraBright Shampoo & Treatment』 発売!!詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介ページ
セラヴェールクレンジング 紹介ページ

セラシエルレッドプロテクトジェル 紹介ページ

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ

 

新刊 【オトナ女子のための美肌図鑑】 が7月14日発売!!詳しくはこちら!

 

  コスメ、カバー、帯あり   本

その他の著書も好評発売中!

(既刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント