「レールトリップ」目指せ100万人!! ~鉄道の旅~

「レールトリップ」目指せ100万人!! ~鉄道の旅~は

「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」

鉄道旅行好きを100万人集めるまで続く(?)ブログです。


「レールトリップ」はコチラです。↓

http://www.rail-trip.net/  (無料会員登録はコチラ

皆さんの参加をお待ちしております!!

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップをリニューアルしました

鉄道旅行のクチコミサイト 「レールトリップ」をリニューアルしました。
昨年(2009年)の夏ですが。。 (5ヶ月くらい前ですね。申し訳ないです。)


「レールトリップ」目指せ100万人!! ~鉄道の旅~-レールトリップ

http://rail-trip.net/

(ケータイからもご覧いただけます。上記サイトのトップページ右横にあるQRコードをご利用ください。)


こちらのブログで告知しておりませんでしたので、遅ればせながらのお知らせです。
これからはサービス運営上の各種お知らせを、このブログに投稿していく予定です。


どうぞ宜しくお願い申し上げます!





今年一年ありがとうございました!

今日までに9人もの会員登録がありました。
ありがおうございます!

知らず知らずの間に今年も大晦日・・・。
皆さんのおかげで「レールトリップ」 で楽しい一年を過ごすことができました。

今年中にもう一つくらい読み物を書きたかったのですがなかなか時間がとれず
こんな記事で終わってしまって申し訳なく思います。


来年も皆さんにとって、もちろん「レールトリップ」 にも良い年でありますように!



オープンから315日。
会員数128名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

あなたならどうしますか?

しばらく更新を休んでいる間に12人もの会員登録がありました。
ありがとうございます!!
これからもさらに会員増をねらってマイペースですが更新を続けて行きたいと思います。



まずは「レールトリップ」 からの連絡です。

乗りつぶし企画「チャレンジ20000km」 ですが今までは「レールトリップ」 会員以外の皆さんもランキングが参照できる形をとっていたのですが諸事情により「レールトリップ」 会員以外の皆さんは参照できないよう変更になりました。
どんな企画かな?と興味をお持ちの皆さんはお手数ですがこちこちらから「会員登録」 をお願いします。

鉄道旅行好きの皆さんには「会員登録」 の価値アリですよ!


20000km
20000kmの画面イメージです。
あなたの踏破ランクが一目でわかる!



また、「駅弁ライブラリ」「駅情報ライブラリ」「温泉ライブラリ」 に全路線の全駅を登録しておきました。

皆さんがお持ちのとっておきの情報がありましたら是非登録をお願いします。
各ライブラリは会員以外の方も参照できます。(登録は会員の方のみとなっております。)

この全駅情報を他にも流用できないかな?なんて考えていたりもします。

乗りつぶし企画「チャレンジ20000km」 と一緒に全駅制覇にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?

いつかはこの全駅情報をもとに「全駅制覇管理画面」を提供できたらいいななんて考えています。

これからも「レールトリップ」 をよろしくお願いします!


「レールトリップ」 ではみなさんの参加をお待ちしています!



さて、今回は新宿に向かう小田急線でおきた信じられないお話です。
通勤列車と言っても夕方前ののんびりした時間帯。
座席が一通り埋まった車内でそのおじさんに出会いました。

そのおじさんはジーパンにTシャツ・・・ほろ酔いの所を除けば普通のおじさんです。
私の隣で熱心に調べ物をしていましたおじさんは突然「何か書くもの持ってないかな?」と声をかけてきました。

どうやらこれから出かける先の電話番号を調べており、なくすと困るのでメモを取っておこうということでした。
別に断る理由も無かったためボールペンを手渡したところおじさんは「絶対になくさないからこの定期券に書き込んでくれないか?」と言ってきました。
酔っているのかな?と思いましたが「是非定期に」など言われたので大きく電話番号を書き込んであげました。


するとおじさんはすっかりご機嫌になり、世間話を始めました。
一通り話し終わったところでおじさんは満足し、お礼だといって500円硬貨を差し出しました。

「知らない人からお金をもらってはいけない」と教わった私は丁寧にお返ししましたがおじさんも受け取りません。


「まー受け取ってくれ。」
「いえいえそういうわけには・・・」
と繰り返している間に終点の新宿へ到着。

なぜかその500円硬貨は私の手にありました。


こうなったら私も意地です。
おじさんに500円硬貨を返すスキを狙ってJR改札までご一緒しました。
そこでおじさんは「目的地までの切符はいくらかなぁ。」とポツリ。

それを聞いた私は、「買って来てあげますよ!」とさっき受け取った500円硬貨を持って券売機に向かいました。
買ってきた切符とおつりをおじさんに手渡し心の中で「勝った!」と思ったのですがおじさんの方が一枚上手でした。

なんと反対の手に1000円札を隠し持っていたのです!
結局、500円を返すことは出来たのですが1000円受け取ることになってしまいました・・・。


そのほろ酔いおじさんは誰かと話をしたかったのでしょうかね?
今でもその1000円札は大事にしまってあります。

さがみ
懐かしいネガが出てきたので取り込んでみました。いかがですか?



オープンから286日。
会員数119名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

更新が滞っています。

遊びに来てくれているみなさん本当にすみません。

少し時間が足りなくなってしまいました。


時間がとれるようになったら更新します!

しばらくお待ち下さい。


祝!100人達成です!

今回までに8人の会員登録がありました!

ということは・・・。目標の100人達成です!!
会員登録してくれたみなさん本当にありがとうございます!
(ちなみに記念すべき100人目の会員は「melonさん」でした。)

次は「目指せ!200人!」です。
これからも皆さんに楽しんでいただけるようがんばっていきますので応援お願いします!

「レールトリップ」 ではみなさんの参加をお待ちしています!


さて、最近東京横断が多くなり移動ついでに「東京メトロスタンプラリー」を集めていたところいつの間にやら3路線制覇となっていました。
賞品に目がくらんで始めたスタンプラリーですが回り始めるとスタンプ置き場で色々な「怪行動」を見ることが出来ます。
今回は今までに見てきた面白い参加者を紹介してみます。


①スタンプ帳複数所有さん
その名のごとく複数のスタンプ帳を持って参加しています。
2冊なんて人は意外と多く私が見た中で最大は4冊なんて兵も・・・。
スタンプ4冊押しは時間がかかるのですが、後ろで待っていてももちろん順番をゆずってはくれませんでした。
そんなに集めてどうするのでしょう?
もちろん私は1冊です。


②別紙にスタンプさん
公式スタンプ帳は持っておらず紙袋に入れてあるスタンプの大きさに切ってある普通紙スタンプを押します。
それも1枚2枚ではなく何十枚も押し続けるのです!
さすがに私も待ちきれなくなり声をかけ順番を譲っていただきました。
公式スタンプ帳でない普通紙にあんなに沢山も集めてこれこそどうするのでしょうね?


③丁寧にスタンプさん
とにかく上下を何度も確認し念入りに朱肉をポンポンポン。
スタンプ帳に乗せたら全体重をかけてぎゅ~~~っ!
・・・と、練習用の紙にスタンプし出来栄えを確認。そしてやっと本番のスタンプ帳に押しに入ります。
スタンプ後は写らないように半紙をはさむ徹底ぶり。
でも、紙をはさんで反対面にスタンプが写らないようにというアイディアは私もまねさせてもらいました。


④毎回スタンプ数を確認さん
スタンプ帳にスタンプがたまると楽しいですよね。
私も家に帰ってスタンプを数えながらウットリしてしまいます。
しかし、毎回スタンプ数を確認さんは私と同じ列車の間スタンプを押しては数を数えていました。
一駅押したら1個しか増えないのはずですがスタンプ帳の1ページ目から1、2、3・・・と指差し確認です。
同じような人で「毎回路線図を確認さん」もいました!


⑤スタンプ設置台で記念撮影さん
スタンプ設置台の前で記念撮影されている方もいました。
もちろん自分を含めてです。
きっと全てのスタンプ設置台で撮影されているのではないでしょうか。
全駅集めたらきっといい思い出になると思います。


東西線賞
東西線賞は「ネームタグ」でした。


銀座線賞
銀座線賞は「1号ダイヤレプリカ」でした。


今回、「東京メトロスタンプラリー」に参加してみてただのスタンプラリーに「色々な楽しみ方があるのだなぁ」と考えさせられました。
私の楽しみは他のスタンプラリー参加者の見学。
残りあと少しも楽しみながら参加したいと思います!


スタンプ帳
残り5路線!数駅で踏破の路線もあるのでもう少し!



オープンから246日。
会員数107名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

列車酔い

今回までに4人の会員登録がありました!
ありがとうございます。

今日はみなさんに「100名達成!」と報告したかったのですが残念ながら99名。
100名には届きませんでした。
記念すべき「100人目の会員」を目指して「レールトリップ100人目の会員 に参加してみませんか?!
(100名目でも特典もなにもありませんが・・・・。)
「レールトリップ」 ではみなさんの参加をお待ちしています!


いつの間にやら紅葉シーズンになってしまいましたね。
夏の「青春18切符」「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」 の利用期間もまもなく終わり普通列車旅行ファンはシーズンオフでしょうか?
私は次の「青春18切符」 シーズンまでのしばらくの間時刻表での妄想旅行になりそうです。

シーズンオフの皆さん!
「チャレンジ20000km」 で踏破路線管理も忘れずに!!


今日はそんな青春18切符でたっぷり使って札幌を目指したときの話です。

たっぷりと言っても東京から札幌まで1日でいけるはずもなく所々観光を混ぜて進むことにしました。
1日目は駅弁あり、温泉あり、物産土産ありと満足の旅行行程。
予定の盛岡には夜遅くなりましたがまだまだ体力は十分でした。

翌日、朝一番の出発ですが「旅行中」という不思議な力に支えられ余裕の出発です。
青函トンネルをこえ函館を目指す車内でどのくらい観光時間がとれるか時刻表を開いたところ目に付いたのが未乗車区間の函館本線(長万部~札幌)。
函館を観光したいが函館本線踏破も捨てがたい・・・。

結局、時刻表と相談して1時間少しの函館観光後、函館本線(長万部~札幌)で札幌を目指すことになりました。


少しの間ですが函館を楽しんだ後は次の楽しみ長万部、札幌間の乗車です。
あれだけ楽しみにしていた未踏破区間。
しかし、長万部についたころには疲れが出始めどことなくやる気がありません。
しかも楽しみの車窓も真っ暗。

寝てしまっては意味がない!と考えた私は用意してきた工作を始めました。
駅に着いたら顔を上げ走り出したら下を向く・・・。
そんな繰り返しの上、列車は容赦なく左右に揺れます。


気がついたら目の前がぼーっとし、気持ちが悪くなってきました。
そうです。
生まれてはじめての「列車酔い」です。


幸い車内は空いていたためシートに横になって大事には至りませんでしたがせっかくの未踏破区間が台無しになってしまいました。
いい思い出にはなったのですが路線の記憶は残らない乗りつぶしになってしまいました。


みなさんも青春18切符でお出かけの際は無理をしないルートを選びましょう!
未踏破区間は明るいうちに!



オープンから238日。
会員数99名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

ちょっと邪道?

今回までに5人の会員登録がありました!
ありがとうございます。

突然ですがみなさんNHKで放送されている「列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 秋編」 見ていますか?!
見覚えのある列車や下車した駅が出てくるとうれしくなってくるのは私だけではない・・・はず。

そんなあなたはきっと鉄道旅行好きです!
テレビで見ているだけでは物足りない方、ぜひ、「レールトリップ」「チャレンジ20000km」 でJR20000km全線走破を目指してください!

「レールトリップ」 ではみなさんの参加をお待ちしています!



さて、夏の「青春18切符」 シーズンが終わり、まもなく「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」 の利用期間も終わろうとしています。
どちらも普通列車が乗り放題の切符で遠出は難しいですよね。
私はちょっと手を加えて一足遠くまで出かけています。

最近、JR東日本では出張に出かけるサラリーマン向けに格安一泊旅行を販売しています。
往復新幹線と宿泊をセットにして10000円を切るツアーなどとっても格安。

宿泊先は仙台や盛岡など出張サラリーマン向けの主要都市。
でも、よく考えてください。
出張などで便利ということは観光にも便利なのです!


前述の普通列車乗り放題切符では2泊3泊かかる北東北旅行もこういったツアーと組み合わせることで1泊2日で簡単に出かけられます。
私も先日、往復新幹線付き仙台1泊パックを利用して仙台周辺の乗りつぶしに出かけてきました。

ターゲットは陸羽東線、釜石線、大船渡線、石巻線です。
18切符では仙台まで半日はかかるのですが新幹線なら2時間弱!!
目標の路線全てを乗りつぶし日帰り温泉でゆっくりする余裕まで生まれました。

前谷地
前谷地は2回も通りました。


18切符を1枚余分に使い宿泊すると1万円近くはかかります。
時間が無い方は是非こういったツアーと組み合わせてちょっと遠くまで出かけてみてはいかがですか?
出張サラリーマン向けなので直前までツアー申し込みは可能です。

「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」 が余っているあなた?!
今週出かけてみてはいかがですか?

このパターンを使われる時、ツアー出発地(都区内)までも普通列車乗り放題切符を使うのをお忘れなく!
どうせ目的地で使うんですからね!

陸羽東線
陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)沿線は温泉が時間がいくらあってもたりませんね!



オープンから231日。
会員数95名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

悲しき習慣

今回までに6人の会員登録がありました!
ありがとうございます。

会員の方の情報発信の場、「鉄道旅行のブログ仲間」 の登録も増えました。
最新情報10件は「レールトリップ」 トップページで表示しています!
私のブログは更新少ないためすぐに見えなくなってしまいますが・・・。

会員登録された皆さん!忘れずにこちらから登録申請 してくださいね。
まだ「レールトリップ」 の会員でない方はこちらから無料会員登録 してあなたの「鉄道」を発信してみてはいかがですか?!

「レールトリップ」 ではみなさんの参加をお待ちしています!


さて、今回は悲しき習慣の話です。

その夏の旅行は全て18切符。西へ東へ・・・といろいろ出かけました。
中でも盛岡から大曲まで乗った田沢湖線が秋田新幹線から見た景色とはまた一味違い、今度は田沢湖駅で下車しようと心に誓ったのでした。


ところが翌月、思わぬ時間がとれたので3連休パスを使って田沢湖旅行が実現されることとなりました。
前回は2日目に通過した田沢湖駅も秋田新幹線「こまち」なら乗り換えなしの3時間半です。
新幹線の速さに驚きながらも憧れの田沢湖駅で下車したのでした。

こまち
こまちの前をはとがどいてくれませんでした・・・。(こまちはちょっと大きめ写真です。)



田沢湖駅からは「こまち」に接続した路線バスが走り田沢湖まで簡単アクセスです。
近くの田沢湖温泉まで足を伸ばし一休み。
のんびり休んでいたかったのですが宿泊は盛岡駅、帰りの列車を見計らって路線バスで田沢湖駅に戻ったのでした。


田沢湖駅に到着すると観光客で駅があふれています。
そろそろ列車が来るのかな?なんて眺めていると「こまち」が入線とのアナウンスが入りました。
私の乗る予定は30分近く後の普通列車です。
「なーんだぁ。みんなこまちで帰るのか・・・。」などとのんきに眺めていると「こまち」がやってきました。
観光客が「こまち」に乗り込んでいる姿を見ているうちに気が付いたのです!


そう、今回は3連休パス。新幹線でもなんでもありなんです!!


慌てて荷物をまとめ改札に走ったのですがすでに発車音が鳴り響いています。
当然のことながら間に合わず誰もいない待合に置いてけぼりとなってしまいました・・・。

田沢湖駅
静かになった田沢湖で記念写真!


一月前の18切符旅行。
普通列車を乗る習慣が染み付いていたのでしょうか?
それともただの不注意??

みなさんも自分の切符は正しく使いましょうね!



オープンから225日。
会員数90名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

賞品頂きました!(東京メトロ)

前回「チャレンジ20000km」 の話を書いたところ、今回までになんと6名の会員登録がありました。
ありがとうございます!!

さっそく「チャレンジ20000km」 にデータ入力してくれたようで上位の変動がありました!
・・・というかかろうじて10位に入っていた私の名前はトップ画面から消えてしまいました。

「レールトリップ」 ではみなさんの参加をお待ちしています!


先日、東京を横断する用事があったため東京メトロを利用して出かけてきました。
理由はもちろん「東京メトロスタンプラリー」です。

目標は1路線制覇で賞品ゲット!
今回は東京横断というスタンプラリーより重要な用事があったため制覇路線を東西線に絞って出発です。


前回のスタンプラリーで効率よく回る知恵がついたため地下鉄の先頭車両に乗り込み先頭車両付近の出口にスタンプがある駅だけ下車してスタンプをポン!
帰りも先頭車両一番前(行きとは反対)に乗車して残りの駅のスタンプをポン!という作戦を取る事にしました。


先頭車両に乗り込み順調にスタンプを集めていたのですが地上を走り始めてから全ての駅の出口が中央付近になりました。
(ご存知の方も多いと思いますが東京メトロ東西線は1/3程度地上を走ります。)
中央付近に乗車するようになって男の子兄弟を連れたお父さんと一緒のパターンになっていることに気が付きました。

駅に着くと男の子兄弟と一緒に走り出します!
私も兄弟も改札付近でキョロキョロスタンプを探し、先に見つけると勝ち誇ったようにスタンプを先に押すのです。

しかし、列車に乗ると恥ずかしがってお互いに会話はありません。
ちょっと気まずくなった私は駅を一つ飛ばして一足先の駅のスタンプを集めることにしました。
私がスタンプを押し終わって乗り込む列車に男の子兄弟が乗ってきて下車していく・・・といったパターンです。

すると、面白いことになぜか私の乗車位置に男の子兄弟が乗っていることに気が付きました。
私が乗車位置を変えても男の子兄弟はそのドアから降りてきます。


そんなことを繰り返しているうちに私が先に折り返し駅に到着しました。
折り返し列車を待っている反対ホームに男の子兄弟が乗っている列車がやってきました。
私は最後なのだからと、手を振ったところ男の子兄弟も手を振り返してくれました。

今回のスタンプラリーはスタンプ以外にちょっといいものを手に入れた気がします。


ちなみに帰りは予定を変更して半蔵門線を制覇し賞品を頂いて帰りました。
駅事務所の方には賞品と「お疲れ様でした。次も頑張ってください!」と気持ちのいい一言を頂きました。

半蔵門線賞2
賞品はミニライト!3色から選べますが私は半蔵門線カラーを選択しました。


半蔵門線賞1
半蔵門線賞のスタンプを頂きました。



オープンから219日。
会員数84名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

時刻確認は忘れずに!

2005/09/26追記

上野駅小パンダ(勝手に命名)の写真を追加しました。

小パンダ
大連絡橋通路近くの広場にいます。

********************


今回までになんと2名の会員登録がありました。
ありがとうございました!!

先日、飯田線を踏破したため「レールトリップ」チャレンジ20000km に登録しました。
現在乗りつぶし1位の方は

総乗車営業キロ数:13773.3km
乗車率(営業キロ):69.3%
完乗路線数:114路線

も乗車されていました。
7割り近くも踏破されていると次に乗る路線を探すのも大変なのでは?
と人のことながら心配になってしまいました。

「レールトリップ」 では「私はもっと踏破しているはず!」というあなたの参加をお待ちしています!



さて、今回は時刻確認を怠ったため起きたウソのような本当の話です。

少し昔の夏休み。
暑い都会から逃げ出そうと仲間と佐渡ヶ島にある友人の家へ向かいました。
いそぐ旅でもなかったため青春18切符とムーンライトえちごでのんびり新潟駅へ・・・。
佐渡汽船に乗り昼過ぎには友人の家に到着しました。

滞在予定は1週間。
佐渡ヶ島のきれいな海で一日中泳いでいたところ数日のうちに背中は真っ赤に焼けてしまいました。

こうなると海水浴は中止です。
その日は痛い背中をかばいながら佐渡金山へ観光に行くことになりました。
数十分バスに乗って到着した佐渡金山。
本物っぽい金山入り口を見た私たちは帰りのバスの時刻を確認しないまま入館してしまいました。


中ではリアルな人形が掛け声とともに掘削作業をしています。
涼しい坑道内でリアルな人形に見とれていると、あっという間に閉館時間になってしまいました。

佐渡金山
こんな人形が「もうすぐメシだぞ~」なんて言いながら動いています。


人の流れとともに出口からバス停に向かっていったのですがみなさん自家用車で遊びに来ているようで誰もバス停に立ち止まりません。
怪しい・・・と思いバスの時刻表を見てみると30分以上前に最終バスは行ってしまったのでした。


こうなると帰りはタクシーか歩きです。
佐渡金山までタクシーを呼ぶ予算が無かった私たちは歩いて帰ることにしました。
「帰りは下り坂、らくちん!らくちん!」
と思っていたものの背中の日焼けの痛みですぐにペースダウン。
そんなことにおかまいなしの友人はどんどん先に進みいつの間にか見えないほど離されてしまいました。


一人で歩いていると寂しいものです。
道路の端をトボトボ歩いていると後から「プシュ~~~~~ッ」とものすごい音が聞こえました。

驚いて振り向いてみるとそこにはリッパな観光バスが!
そして、その運転手さんは「今バスはカラッポだから乗っていくかい?」と声をかけてくれました。


路線バスより豪華な観光バスに揺られながら運転手さんに聞いてみると
トボトボ歩いている私が気の毒になって声をかけてくれたのことでした。
そのまま地元の話など聞いているうちに町に到着です。
何度もお礼を言って運転手さんと別れました。

皆さんも路線バスで観光地に出かけたときは入場する前に帰りの時刻を確認しましょう!


もちろん少し前を歩いている友人も乗せてもらいましたよ!
友人たちの横にバスで乗りつけたときの顔は今でも忘れません。

たらい舟
たらい舟も運転手さんに教えていただきました。



オープンから214日。
会員数78名!
「鉄道旅行のクチコミサイト レールトリップ」 では皆さんの参加をお待ちしております!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>