臭気判定士の激闘

国家資格:臭気判定士がお送りする、消臭と脱臭対策について。悪臭苦情との闘いの日々。
キレイな空を目指して、株式会社カルモアの全コンサルタントが執筆しています。


テーマ:

今月中国のローカル企業をメインに現地訪問して参りました。

現在の中国の臭気に対する意識について、感じたことをご報告したいと思います。

 

今まで日系企業を中心に対策を実施してきましたが、

今回中国のローカル企業と接触した事で

“臭気”という事に対する認知度が日本と大きく異なることを痛感しました。

 

特に臭気苦情が起きている場合、日本では複合ガスを定量評価できる、

臭気濃度という指標で評価する事が一般的ですが、中々中国のローカル企業では受け入れてもらえませんでした。

どちらかと言うと、VOCや硫化水素濃度など、単体ガス成分の排出濃度にて評価するべきと考えており、測定の方法もセンサーを用いる事が多く、センサーの劣化度や精度が曖昧なまま評価するところを見ると、精度の高い測定や対策方法にお金を払う意識や文化がまだ日本ほど醸成されていないのかな、と思いました。

 

人間の感知できるニオイ物質の種類は40万種類存在すると言われており、

その全てを定性、定量する事は現実的に不可能です。

また、人間の鼻はとても高感度で、定量分析の下限値以下でも臭気として感じるものが多く存在する事も上記を困難にしている要因と言えます。

 

なので、臭気苦情は単ガスで評価するよりも、人間の鼻を用いた臭気濃度で評価すべきというのが、日本的な考え方です。

 

もちろん中国にも臭気濃度という概念があり、ちゃんと国家標準にも定められています。

測定方法も日本とほぼ同じです。

 

ただし、その考え方や取り扱い方に慣れていない為、わかりやすいVOCやその他単ガス成分での評価になるのが実情のようです。

 

ただ、いずれは中国でも臭気濃度という概念に向き合わなければならない時が来る筈です。

法的な整備の必要性を認知させていく事の必要性を感じた出張となりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

寒い季節になってきましたね。石油ストーブが活躍する時期になってきました。

今でこそエアコンを使用している我が家ですが、昔は石油ストーブを使っておりました。

石油ストーブは灯油を買いにいったりタンクに移し替えたりと何かと手間がかかりますが、何よりもあのやわらかい暖かさと漂う石油ストーブの香りが懐かしさを覚えます。

 

ところで、ストーブを使うときに灯油をこぼしてしまったことはありませんか?

ちょっとした振動で車の中に灯油をこぼしてしまったり、移し替えの時に洋服についてしまったりした経験をお持ちの方も多いと思いますが、あの灯油の臭いがいつまでも残ってしまって困ってしまいますよね。

 

灯油のにおいにはカルモア灯油臭向けセットがお勧めです

 

そこで、株式会社カルモアの臭気判定士が自信をもって消臭方法を伝授します!

灯油のにおいは、その製造過程から硫黄系臭気(温泉のにおいのようなイメージです)を多く含みます。硫黄系臭気は少ない濃度でも嗅覚が敏感に反応する物質なので、ついてしまった灯油を拭いても洗ってもあのニオイがなかなかとれません。

 

そんな時は、まずエタノールを多く含む液体(例えば、エタノールを含む消臭剤や薬局で売ってるエタノールなど)でこぼれた面を叩きます。エタノールには灯油を溶かして浮かす効果があるので、奥に入ってしまった灯油をまずは浮かび上がらせることが可能です。

このとき、飲み物のお酒を使ってしまうと今度はお酒の腐敗臭がしてしまう可能性があるので、なるべくなら消臭剤やエタノールなどの化学品を使われることをお勧めします。

また、あたりまえですが、火の近くや喫煙しながらの使用は絶対にやめてください

 

次に、浮かんできた灯油臭を硫黄系臭気を得意とする消臭剤や塩素剤(たとえばトイレの消臭剤や、生ゴミ用の消臭剤、塩素剤など)を使って消臭します。

消臭剤はなるべく無香料のものを使用することをお勧めします。香り付きの消臭剤の場合、あまり多い量を一箇所に使ってしまうと、今度はそっちに香りが困ったことになってしまうからです。

 

この2通りの手順を行えば、灯油のにおいを低減することが可能です。

 

とはいえ、エタノールの多い消臭剤って?硫黄系のにおいに向いた消臭剤って?と思った方も多いはず。

そんな時は、カルモアの灯油系臭気向けの消臭剤セットをお試しください!

 

カルモアダイレクト 灯油をこぼしてしまった時用消臭剤セット

 

 

冬場は飛ぶように売れる灯油をこぼしてしまった時用消臭剤セット。

とりあえずいろいろな方法を試してみたけどどうにもならなかった方などに特にお勧めです。

匂いが強いときは一度では低減できないので、手順を何度も繰り返してみてくださいね。

 

 

年末の大掃除にも消臭剤が大活躍!

 

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

竣工約3ヶ月の老人保健施設のトイレ及びトイレ周辺で、竣工直後から汚水系臭気が発生。
発生当初は不定期でしたが、1ヶ月後程度から恒久的に発生し、強くなっていました。
建築関係者の方で色々と行いましたが改善される気配がない為、カルモアへ調査のご依頼を頂きました。

 

建てたばかりの建物で、汚水のにおいが発生していたら、その施設を使用する人にとっては、非常に不愉快かと思います。
今回、とある竣工約3ヶ月の建物でこのような問題が発生しました。

建築関係者は瑕疵責任が伴う事もあり、早急に色々な調査や対策を行ってきましたが、依然、汚水系臭気の改善がみられないどころか、徐々に強くなってきてしまっていました。

そこで、カルモアへ調査依頼が入り、このような調査を行う『侵入経路調査』をご提案し、実施しました。
侵入経路調査に関しては、こちらから詳細を確認頂けます。

現場へ赴き、臭気判定士の嗅覚で確認すると、1カ所のトイレとその周辺には確かに汚水臭が感知されました。

そこで、配管図面、現地での状況を確認し、高感度センサーを怪しい箇所にセットし、トレースガスを同系統の配管内に噴霧しました。

すると、即座にセンサーが大きく変動し、反応しました。

反応時間、大きさにより、発生源の箇所をかなり詳細まで限定し、壁裏の配管の上部に何かしらの発生要素がある事を突き止めました。

しかし、壁裏である場合は目に見えない場所なので、それ以上は明確に出来ないとなりますが、カルモアの調査はそこで終わりません。

ここで登場するのがマイクロスコープ
同じ壁に付いているコンセントや至近の照明を外し、マイクロスコープを挿入し、映像で壁裏を確認していきました。

すると、写真のように接続されていなければいけない配管がつながっていない事が確認されました。

マイクロスコープ映像

この映像により、建築関係者は、その場で一部の天井、壁を解体。
しっかりと、配管が外れていました。

配管外れ

すぐに配管を復旧し、発生源を改善、解決。

この侵入経路調査により、解体する範囲をかなり狭め、施設の運用に支障をきたさない事は、建築会社にとって、コスト的にも時間的にも非常に助かり、喜んで頂けました。

カルモアでは、このような専門的な調査を行う事で、臭気の発生源を突き止めるだけでなく、改善にかかる費用も削減させる事が可能です。
建物内で汚水のような臭気を感じた時は、是非お問い合わせください。

キーワード: 汚水 におい 臭気 調査 臭気判定士 侵入経路調査

 

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Levion 酸素クラスターシルフィードのデモテストに行って参りました。


対象は食品工場のゴミ庫で乳製品等を扱っている工場です。

周辺に新しい住宅が建ちはじめ、排出口の基準値はクリアしているものの、周辺住民に迷惑をかけられないとのことで、ゴミ庫内のにおい、またそこからの排気の対策を考えているお客様でした。


周辺住民との関係を考えた企業理念は共感でき、そのお客様のためにご提案できることに感謝し対応致しました。

 

最初の提案として、すぐに実施出来る酸素クラスター シルフィードのデモテストを行いました。
以前に臭気調査を行っていたためゴミ庫の雰囲気等はわかっていたので、それに見合った酸素クラスター シルフィードのスペック、台数を選定しました。

 

いざデモテストへ・・・
一週間のデモを予定しているのですが、設置日がゴミの払い出しをした翌日で、除々にゴミが増えていく中で従業員の方々に実感して頂くスケジュールになりました。

 

 

いざデモ機回収の日・・・
設置日も回収日もゴミの払い出し後なので現場状況は当たり前ですがあまり変化がみられず、ご担当者様にゴミが増えていく段階の感覚をお聞きしたところ、体感では効いているとのお言葉を頂きました。

 

一段階目としては上々の手応えで、(株)カルモアの商材はこれだけにあらず!ということで次の提案としてゴミ庫排気口手前に脱臭BOXをつけるご提案をさせて頂きました。


さらに日常管理として今月リリースしたばかりの弊社臭気判定士のニーズがつまった

新ニオイセンサーPOLFAもご紹介させて頂きました。

 

今後お客様でご検討頂きますが、今後の展開が楽しみです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
都内にあるミニシアターで、夏場になると強烈なカビ臭が発生する為、
その対策が出来ないかと、カルモアへ相談が来ました。

まず、シアターの営業終了後に臭気調査を行い、原因の特定作業を実施しました。

臭気調査
臭気調査

その結果、空調機の熱交換部となるフィン部にてカビ臭が発生している事が判明。対策として、

①フィンの洗浄作業・・・オングストロンGを用いた洗浄作業
オングストロンGについては、以前ブログでも紹介しております。

②フィンの除菌消臭作業・・・プロパストップタイプE

③フィンの抗菌作業・・・開発中の耐水性能付き防カビ剤

をご提案し、実施しました。

空調機洗浄の様子
空調機洗浄作業の様子

この3つの薬剤を組み合わせ、さらにお客様御協力の下、現在、カルモアで開発中である
水周りにでも使用出来る防カビ剤をテストさせて頂きました。

施工後、現状まではカビ臭は無くなり、問題無く進んでいるとのフィードバックも頂きました。
このような報告は非常にうれしい限りです。

一方、カルモアとしても開発中の薬剤を使用している為、継続して観察はしていきますが、
この薬剤の効果が高ければ、水周りでも高い抗菌性能を保持出来る為、色々なところで
使用出来る事が可能になります。

カルモアでは、臭気だけでなく、カビの分野においても調査、分析からと対策までを
御提案することが出来ますので、お困りの方は、是非お問い合わせください。

キーワード: カビ 除菌 抗菌 防カビ 臭気 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。