臭気判定士の激闘

国家資格:臭気判定士がお送りする、消臭と脱臭対策について。悪臭苦情との闘いの日々。
キレイな空を目指して、株式会社カルモアの全コンサルタントが執筆しています。


テーマ:

X'masなカルモアから、久しぶりのブログです。

皆様、クリスマスweekは楽しんでいらっしゃいますでしょうか?
・・・宗教が違うから、、、日本のイベントじゃないもの・・・
わかります、でもそんなことはこの際忘れて。

日本の社会を、経済を、心と消費で盛り上げて参りましょう!



ということで?、カルモアでは今、X'masまっさかりです。

IMG_2012













怪しいトナカイ一人と、たくさんのサンタたち。



ちゃんと、仕事はしております。

IMG_2008













むしろ、いつもよりワントーンアップな対応で
お客様の気持ちも明るくさせてしまっています。




楽しむべき時に、楽しめること。
それも思いっきり。
それって、とっても大切なことだと思います。




先日の社内忘年会も。
ホテルの宴会係を巻き込むほどの盛り上がり。

IMG_0916













今年も、社員my撮影によるカレンダーを制作しました。
誕生月毎に、それぞれが趣向を凝らして。
このカレンダー制作も、年々ヒートアップしてきてます。

IMG_2017














仕事も職場も、何だって、思いっきり楽しむこと。
楽しめる自分であること。
それが、きっと結果的に
お客様の力になれることへと繋がるのだと。
私たちはそう信じます。






世界中の皆様へ、Merry Christmas!
そして、Happy New Year!
世界が笑顔で溢れますように。






written by 吉田@広報部


【HOME PAGE】------------------------------
 株式会社カルモア
  ご家庭から産業界までの臭気対策と
  消臭剤から脱臭装置までの消臭・脱臭技術
  カビの調査から防カビ対策まで
   ■室内・厨房の臭気対策/建築設備チーム
   ■工場の臭気対策・産業用消臭剤/産業支援チーム
   ■臭気・カビの調査・分析・対策/プロサービスチーム 
   ■脱臭装置・ニオイセンサーのメンテナンス/サービスセンター
【Twitter】-----------------------------------

ツイッターで臭気判定士の激闘ブログの
更新情報を発信しています
kalmor_info
---------------------------------------- KALMOR


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「息抜き&グルメ」 の記事

テーマ:
海外に次ぐ海外で更新が滞りがちですいません。

最近は内容すら公開できないような重要な対策業務ばかりいただいていて、なかなかブログをアップできないので僕のプライベートについて書いてみます。


先月は社員の子達と沢登りに行ってきました。

沢登りとは沢伝いに山頂を目指すことです。

多くの山は登山道が整備されておりますが、そういう道を上って山に行くのは僕はあまり好きではありません。

むしろ道無き道を歩んで山頂に至る沢登りみたいな遊びがとても好きです。

カルモアの社員の子は日頃そういう仕事している事が多いせいか、そういう志向を持った子が多いように思います。



前泊のテント場での様子。

初心者二人はロープワークの練習中です。

自分の安全は自分の責任で確保する。

0802 007
















山の世界では当たり前のことですが、街に出ると安全管理はその土地の所有者だったり、その建物の管理者だったりします。

僕はその考えがすごく嫌いです。

自分の人生は自分が決めるように、自分の安全も自分で管理できなければ、ビニールハウスの栽培野菜と同じような人生しか歩めません。


早朝、テントをたたんでいざ川に。


bc46b208.jpg
















今日の川は福島県の阿武隈川。

僕らがいるところからだと、山頂まで滝が11ヶ所あります。

多くは10m~15m(ビルの3~5階)

一つだけ30mの滝があります。(ビルの10階です)


562db4b0.jpg



















山岳登攀(とうはん)は下手すると命を失う遊びですので、非常に多くの決まり事があります。

・各人がしっかりと技術を身につけていること。
・パーティーの安全管理手順をしっかりと守ること。
・他のメンバーがそれをしっかり守ることを信頼すること。

これってそのまま仕事に当てはまります。




15m級の滝であれば僕は確保無しで登ります。

登ったところでザイルをセットしてセカンドへ。

臭気判定士の激闘-未設定



沢登りは山岳登攀と同じ技術を用います。

自分の体力を過信せず、自分にできることをしっかりとやっていくことが大事。

そして、後続の命を預かるのは僕です。

社員の命を預かる、いや、他人の命を預かるということ。

それは本当に良い経験です。




高い山の沢は本当に美しいです。

ここに流れる空気は僕の一つの原点です。

71f74984.jpg
















9個目にとうとう30m滝にアタックです。

この時ばかりは僕もランニングビレイというものを取り、後続に自分の命を預けます。

人に命を預ける、いや、社員に命を預けるってのはちゃんと経営してないととても怖いことです(笑)

この滝は20mほどのところにかなり難しい切り返しがあり、そこで少し苦労しながらも何とか登攀成功。

e4fb5997.jpg















1時間近く掛けて順番に登り切ります。

考えても見てください。ビルの10階の高さの滝を自分の手と足で登る。

怖い? 違います。 その怖さに打ち勝つことが大事です。

その怖さを乗り越えないと見られない世界はいっぱいあります。

リスクを取って大きな成果を出す。

今の多くの人に全くできていないことですね。



30mを登り切った気持ちを共有することも大事、その大騒ぎの中でふと目に入った景色にみんな黙ってしまいます。

afc9ae1d.jpg
















その気持ち、ずっと大切にして欲しいな。



秋はキノコ取りの季節です。

これはヌメリスギタケ。味噌汁にすると最高に美味しい。
3bc8418d.jpg















こういう世界もどんどんと知って欲しい。


流木を集めてさっとたき火。

沢で濡れた体が暖まります。

どんなに濡れている木でも絶対に火を付けられる方法があります。

5d26958a.jpg















役に立つこともあるでしょう。


そして源流。

岩の間から垂れる滴をカップに入れて飲む。

臭気判定士の激闘-未設定








本当に美味しい水ってこういう水なんだということを知って欲しい。



色々書きましたが、自然は常に止まることなく変化をしていきます。

それに合わせて多くの生物も変化をして生きています。

そしてそれは人間も一緒です。

社員の子に知って欲しいのは、人間も自然の一部だということ。

今の社会はそれに抗おうとして進んでいきます。



しかし、本当は違います。

一人一人の人生も、休むことなく最後の日に向かって進んでいるのです。

それが心から理解できたとき、人生の価値観、仕事の価値観が変わることでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

臭気判定士の片山です。日々コンサルティングの難しさと戦いながら成長しております。

 

さて、今日は先日行った研修旅行先の上海での一こまをご紹介。まさに異文化を痛感させられたという感じ。

 

上海の街中を歩いてたらな~んかどこかで嗅いだことのある悪臭が。。そのニオイを辿って店先に引き寄せられていくと、弾き返されるような強烈なニオイ!!

 

“ポワ~ン!?うわっ!!”

 

現地の人曰く、すごくいい匂いとのことですが、臭気判定士の鼻がひん曲がる位の臭気強度と臭質。“あ!!これは化製場のあの臭い!”臭質はまさに化製工場のあの臭い。ひたすら臭い。化製工場とは、牛や豚・鳥の内臓や本体を粉砕し、肉骨粉を製造する工場のこと。

 

確認してみると中国!?名物“臭豆腐”がこの異臭の発生源。臭気判定士であるからには食わねば!ということで試しに喰ってみることに。

 

見た目はフツーの厚揚げに豆板醤ソースが、かかっている。揚げた状態ではニオイも特にない。そして臭豆腐を口に入れても普通の厚揚げ。

 

0c339b5d.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、しかし。。。 咀嚼をした瞬間のその刹那。

 

“バフッ!ぽわ~ん。。おえっっ!っん。。おえっっっ。。”

 

無理です。

 

日本人が耐えられることのできない腐敗発酵系臭気。言うなればレバーなどの高タンパク質が腐敗したときのあのニオイ。まさにあれです。それを口に入れるとこんな顔に(笑)

 

767cf7bf.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人が沢庵とか納豆食べるとこんな感じなのかなって。異文化を痛感した瞬間でもありました。はぁ、思い出すだけでため息です。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

海辺の工場に行くときはいつも早く行って、海辺で少し遊ぶ。

アシスタントの女の子たちも釣り竿を持って釣りをする。

f1433747.jpg

 

 

 

 






いい空気をいっぱい知っていることが大事なのである。

いい空気を知らなければ、

お客さんにいい空気を提案できない。

悪い空気をいい空気に変えたいという想いがなければこの仕事は続かない。

 

ちなみに、うちの社長は寄り道もしないで、ひたすら仕事に励む人で、それはそれでもちろん素晴らしいことだと思うのだけど、今の若い世代の子はそれでは疲れてしまう。
たまには打ち合わせの帰りに美味しいラーメン屋に行ったり、出張先でたらふく名物を食べたり、という息抜きが必要ですよ、社長。

豊かさの中に生まれた若い子たちは時に息抜きをし、いい笑顔で笑ってから仕事に入っていくと、本当に頑張る。

お客さんの悪い空気を少しでも良くしてあげようという想い。

言葉にはしなくても、お客さんには少しずつ伝わっている。

でなければ、うちの取引先に大企業が名を連ねるはずないのである。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。