カメラを通じて、人間力を磨く。フォトコミュニケーション®協会 渕上真由オフィシャルブログ

カメラを通じて、人間力を磨く。フォトコミュニケーション®協会 渕上真由オフィシャルブログ

フォトコミュニケーション®協会 代表理事の渕上真由です。

わたしの撮影では、あなたの魅力を「写真」というカタチにし伝えていきます。

カメラがあると上手く笑えなかったり、自分の顔が嫌いな方が、写真を通して自分を見つめ、自分を愛おしく思う時間を作ります。


テーマ:

 

 

あなたはどんな時に写真を撮りますか?

 

 

写真を撮るのは、特別な時だけ??

 

 

いいえ。

特別な時だけでなく、ぜひいつもの日常をたくさん写してほしい。

 

 

そう思って、写真をお伝えしています。

 

 

 

1枚の写真。

 

 

たった1枚の写真を見るだけで、たとえそれがうまく撮れていなかったとしても。

今まで忘れていた思い出がぐわーっと蘇ってくる。

 

 

そんな経験をしたことのある方は多いですよね。

 

 

写真には、わたしたちが思っている以上の力があります。

 

 

当たり前の日常の中に転がる、幸せのかけらに気づきやすくなったり、

自分の満たされポイントを気付かされたり。

 

 

image

洗濯物を干している時の、風の香りが好き。

 

 

 

写真を撮り始めて、ここが変わった!

 

 

「カメラで撮ると、いつも見慣れた日常がキラキラ輝いて見える。」

 

「こんなにも美しいものに囲まれていたんだと改めて気づいた。」

 

 

写真を習い始めた生徒さんから一番よく聞く感想です。

 

 

image

毎日通った道がこんなにも美しかったなんて知らなかった

 

 

 

 

ゆるふわ写真って?

 

例えばこんな感じ。

 

ボケていてふわふわ♡

 

さわやかな印象♡

image

 

なにはともあれ、可愛い♡

 

そう。

 

一般的に可愛い印象で、女性好みの写真です。

(ちょっと強引にまとめました笑)

 

 

 

「ゆるふわ」にまとめるコツは簡単なのですが、

一気に写真が上手くなったような気がするから不思議!

 

 

 

おしゃれに可愛く撮りたいのに・・

 

 

家の中で撮影したいけど、写したいものの後ろに、周りに、

雑然とした毎日の生活感が写ってしまって一気に残念になる。。

 

(参考記事:閲覧注意!写真の裏側

 

 

こんなお悩みも、少しの手間とコツを知ることで一気に解決!

 

お家でお花や小物、テーブルフォトなども

ふわっと可愛く撮影できるようになります。

 

 

 

 

 

目で見える世界ではなく、

カメラだから表現できる世界が「ゆるふわ」な世界。

 

 

ありきたりの日常も、ゆるふわテイストで撮ると

ちょっとアーティスティックに変わります。

 

 

image

 

 

 

ひとつ写真のコツを覚えると、

写真を撮るのが何倍も楽しくなります。

 

 

ふだん見ている風景もまるで違ったように見えますし、

新しい発見もできるようになり、

あなたの感性が目覚め始めます。

 

 

 

 

しかも、そのコツは、とっても簡単!

 

たった3時間の講座で、撮影のコツをみっちりお伝えします。

 

 

 

 

メインでお伝えするのは「ゆるふわ写真の撮り方」ですが、

それ以外にも、写真を撮る時のコツを

プロのフォトグラファーがエッセンスをギュギュっと詰め込んで

お届けします。

 

 

 

写真で始める自己表現

 

 

今は、たくさんの人がSNSなどを通じて

自分の写真をアップする時代。

 

 

 

その時に「おっ!」と目を引く写真が撮れるようになると

周りの人があなたを見る目も変わりますし、

あなた自身も、自分のことがもっと好きになっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

「わかる」ではなく「できる」にする

 

 

実際に撮影して、しっかり身につけてもらいます!

自分の写真がみるみる変わるので、みんな、驚きながら撮影しています。

 

また、少人数制のレッスンなので

しっかりあなたをサポートさせていただきます。

 

 

 

フォトコミュニケーションをお伝えします

 

 

写真を撮るときに、大切なマインドもたくさんお伝えします。

写真を通じて、自分のことを知り、自分を受け止めて、

自分のことが好きになる最大のオマケ付き^^

 

 

写真の、本当の楽しさや喜びを感じてほしいです。

 

 

 

 

 

 

こちらの講座は、こんな方におすすめです!

 

 

 

*小物や雑貨、お花などをかわいく撮りたい

 

*ふわっと可愛い写真を撮ってみたい

 

*一眼レフを買ったはいいけど使い方がわからない

 

*カメラの本を読んでも言葉が難しくて理解できない

 

*他のカメラ教室に行ったけれど、よく分からなかった

 

*インスタグラムなどのSNSで写真を発信したい

 

*写真仲間を作りたい!

 

*撮ってみたいものがある!!

 

*一眼レフが押入れで眠っている方。

 

*コンパクトデジカメやスマホでいつも写真を撮っているけれど、

もっと上手くなりたくて、写真のコツを習ってみたい方。

 

 

 

 

当日の流れとタイムライン

 

 

レッスンの内容は、以下を予定しています。

(※予告なく変更する場合がございます)

 

~【座学】~

・自己紹介

・写真ってなぁに?

・写真で自分が好きになる「フォトコミュニケーション」

・ゆるふわ写真を作るのに欠かせない!ボケるための3つのコツ

・日常をアートに仕上げるポイント

 

~【撮影実習】~

・さあ撮影しよう!マンツーマンアドバイス付き

・まとめ

 

 

 

 

image

 

 

 

ご感想

 
 
 
 
カメラはまだ初心者でゆるふわっとした 
お花の写真が撮りたくて受講しました。 

前半は講義、後半写真の撮影で、 
どのように撮ればボケや玉ボケができるのか 
実際やってみてよく分かりました。 

ゆっきー先生が優しく楽しく教えて下さったので、 
今日はほんとに楽しかったです! 

復習して自宅でも撮ります。 
ありがとうございました。
 

 

 

 

 

講座のご案内

 

 

 

 

インスタ映えする日常を撮ろう!簡単に撮れるゆるふわ写真の作り方

 

 

◆日程

7月21日(土)14-17時 (松戸開催)満席

8月15日(水)13-16時 (松戸開催)満席

8月22日(水)14−17時(世田谷開催)

 

◆会場

【松戸会場】

│ 常磐線松戸駅 東口徒歩2分 プラーレ松戸内カフェ

│ ※会場の詳細は当日、ストリートアカデミーのグループメッセージ、

│ または、携帯のショートメールにて、お知らせいたします。

【世田谷会場】

  フォトコミュニケーション協会 世田谷スタジオ

  (小田急線 経堂駅 徒歩8分)

  ※お申し込みいただいた方に詳細はお知らせいたします。

 

◆講師

竹内悠貴(一般社団法人フォトコミュニケーション協会インストラクター)

 

◆受講料

¥5,000(税込)

 

◆持ち物

カメラ(iPhone・スマホ可)、筆記用具

 

※一眼レフの貸し出しができます。

その場合はSDカードをお持ちください。

貸し出しできる数に限りがありますので、

ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

 

◆お申し込み方法

フォトコミュニケーション協会WEBページよりお申し込みください。

http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

【お申し込み講座】→ベーシックコース体験会にちぇっく。

他、必須事項をご入力いただき、送信してください。

自動配信メールが届いたあと、事務局よりご案内のメールが届きます。

 

 

ストリートアカデミー経由でのお申し込みも可能です。

 

 

 

 

 

 

少人数制で開催しますので、質問・相談大歓迎です。

 

あなたのレベルに合わせて進行します。

安心して来てくださいね。

 

 

 

image

 

お待ちしています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関係あるセミナーまとめ

「とにかくボケた写真が撮りたい!

いきなり思い通りに撮れる快感セミナー」
詳細・スケジュールはこちら

「初心者のためのカメラのトリセツ」
詳細・スケジュールはこちら

 

「ワンランク上のフォトグラファーへ 

マニュアルモード使いこなしレッスン」

詳細・スケジュールはこちら

 


【NEW】2018年5、8月スタートコース
〜カメラを通じて、人間力を磨く〜
フォトスクール・ベーシックコース
詳細・スケジュールはこちら

 

 

その他のセミナー・イベントの一覧

セミナー・イベントまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトコミュニケーション協会から、優先情報をメールでお届け。
無料メールマガジンはコチラ

 

 

 


テーマ:

ファッションブランド「A BATHING APE®」を展開する

株式会社ノーウェア様で、Instagram向けの写真をお伝えしてきました。

 

店長やマーケティング担当の方が、

真剣に参加してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

A BATHING APE®は、

このサルのロゴが有名ですよね!

 

 

 

 

入り口の模様には、このサルが隠れていましたよ。

 

わかりますか?

 

 

 

受付にも、おサルさんが^^

 

かわいい❤️

 

 

 

 

「A BATHING APE®」は、

いわゆる「裏原宿系」というジャンルです。

 

私の服のテイストとは違うので

全くわからず、、、

 

必死こいて勉強しました。

 

 

 

 

 

「んーと、、裏原宿系って、何?」

 

からのスタートでしたよ。笑

 

 

 


 

 

正直、どんな被写体でも

写真の「理論」は変わらないし

 

Instagramの運用は

今回の範囲外だったので

 

すでに用意しているセミナーをしても

よかったのですが、

 

 

どこでも同じセミナーをするのも

 

芸がない!

 

 

 

と言うことで、この機会に

 

カッコイイ系発信の法則

 

を見つけようと思って、いろいろ研究しました。

 

 

 

スクリーンショット撮りまくり!

 

 

たくさん見ていると、

やはり「法則」がありますね。

 

 

この法則を見つけるのが、楽しいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

一人がモデルになってもらい撮影。

 

それを、アプリで加工していきました。

 

 

 

 

「これだけ教えてもらえれば、

明日から店舗で実践できます!

 

今までの枠を超えて発信していきたいです」

 

と喜んでもらいました。

 

 

 

 

 

 

「先生のファッションが、ウチと全く違うので

大丈夫かと心配していましたが、

調べてきてくれてありがとうございます」

 

と担当の方からお褒めの言葉をいただきました。

 

 

ファッションのジャンルが違って

不安だったのは担当さんも同じだったのですね。苦笑

 

 

 

でも、写真の「法則」を見つけるのは、

普段着ないファッションでもできますから

 

大丈夫です!

 

 

 

 

 

 

あまり接点のないジャンルでも

「法則」さえ見つけることができたら

一点突破の方法がわかるので

 

今後は、セミナーだけでなく、

Instagramのコンサルタントをしたり

インフルエンサー養成をしたいと思います。

 

(研究する時間が必要なので、量はできませんが)

 

 

 

 

 

 

ーーー

 

商工会議所や青年会議所、学校、企業のセミナー、講演を行っています。

お問い合わせください。

 

フォトコミュニケーション協会HP

http://photo-communication.jp

 

 


テーマ:

イベントが一目でわかるカレンダーは、協会HPにあります。

 

 

協会スケジュールはコチラ

 

 

LINE@でも、最新情報を発信しています。

よろしければ、お友達登録してくださいね^^

 

友だち追加

 

 

 

セミナー・スクール・イベントに参加したいという方は

または、

 

フォトコミュニケーション協会のHP

http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

からお申し込みください。

 

 

 

場所は、東京 世田谷スタジオをメインで予定しています。

ワークショップ、撮影実習等は、ご確認ください。

 

 

 

渕上真由の協会主催以外の講演会のスケジュールは

こちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/one-piece-dreams/entry-12319904309.html


 

 

セミナー

 

=====================

インスタ映えする日常を撮ろう!

簡単に撮れるゆるふわ写真の作り方

=====================

 

こちらは新しい体験会! 
目で見える世界ではなく、 
カメラだから表現できる世界が「ゆるふわ」な世界。 



ありきたりの日常も、ゆるふわテイストで撮ると 
ちょっとアーティスティックに変わります。 
  


◆日時
8月15日(水)13-16時 松戸開催 (満席)
8月22日(水)14-17時 世田谷開催 


◆講師

竹内悠貴 (一般社団法人フォトコミュニケーション協会インストラクター)


詳細はこちらをごらんください。 

 

 

 

=====================

とにかくボケた写真が撮りたい!

いきなり思い通りに撮れる快感セミナー

=====================

 

 

ボケを使えば、まばらなコスモスの鉢植えでも、満開のように撮れます。

 

◆日程

次回日程調整中

 

 

◆こんな方にオススメ

カメラレベルは初心者〜

フォトコミュニケーションについて知りたい方

フォトスクールに興味がある方

 

◆講師

渕上真由(一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事)

認定インストラクター

 

◆受講料

5,000円(税込)

フォトスクール生無料

 

詳細は、コチラ

 

<感想>

CAMEDIA SO-570UZカメラ 【写真上達のコツ】ボケて、どうしたい?

 


 




=====================
初心者のためのカメラのトリセツ

=====================

 

カメラを始めるときに知っていてほしい

「ここだけは!」をお伝えした後、撮影実習を行います。

 

 

◆日程

8月14日(水)14−17時 ※世田谷開催

8月17日(金)19−22時 ※世田谷開催

8月23日(木)10−13時 ※門前仲町開催

 

 

◆こんな方にオススメ

カメラレベルは初心者〜

フォトコミュニケーションについて知りたい方

フォトスクールに興味がある方

 

◆講師

渕上真由(一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事)

認定インストラクター

 

◆受講料

5,000円(税込)

フォトスクール生無料

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 

<感想>

CAMEDIA SO-570UZカメラ 「なぜうまく写真が撮れないのか」が自分では分からない

CAMEDIA SO-570UZカメラ  一眼レフを買う気満々な自分、ウケる!

CAMEDIA SO-570UZカメラ  写真で自分のことが好きになれるという言葉を心で唱えながら、今日も撮影しました。

 

 

 

========================== 

ワンランク上のフォトグラファーへ 
マニュアルモード使いこなしレッスン」

========================== 
 

ずっと「マニュアルで撮りたい!!」と言われてきて、とうとう講座ができました。
  
丁寧に、じっくり被写体と向き合えて、

「できた♡」という喜びは、マニュアルならでは。
  
カメラの肝の、シャッタースピード、絞り、ISOの関係がわかります。


確かに、ちょっと難しいところでもあります。

しかし、理解すると、すごくスッキリ!

 

理解しきれていないスクール修業生も、協会員割引で格安になっているので、復習しにきてくださいね。
いや、わからないなら来ること♡

 

 



9月23日(日)14−17時

講師:渕上真由

 

詳細は、こちらをご覧ください。




===================== 
ネットショップオーナーのための商品撮影コース 
===================== 

新コースが誕生します。 

要望が多かった商品撮影の3回コース。 
なんとカメラはスマホでも可。 

家に帰ってから、すぐに撮影できる「コンパクトスタジオキット付き」や 
サンプル集が付いていて、実践的です。 


◆3期 
└14時半-17時 

7月16日(月・祝) 
8月 5日(日) 
8月26日(日) 

◆4期 
└10時半-13時 

7月25日(水) 
8月 8日(水) 
8月22日(水) 

 


講師:渕上真由・竹内悠貴 

詳細は、 
https://ameblo.jp/photo-communication/entry-12364373547.html 




=====================
認定アイフォトグラファー®・スマフォトグラファー®養成講座
=====================

あなたもスマホでプロフォトグラファー!

普段気軽に使っているiPhoneやスマホを使って

ドラマティックな写真を撮る方法を「撮影編」「加工編」の2回コースでお伝えします。

 

スマホ写真は普通に撮るだけでも楽しいけれど、

ちょっとした仕組みや機能を知るだけで、もっと素敵な写真を撮れるようになるんです。

 

それだけでなく、プロのフォトグラファーが現場で使うテクニックやコツを、

スマホでも使えるようにアレンジして、こっそり教えます。

 

さらに、スマホの素晴らしいところは、そのまま加工もできること!

無料のアプリを使って、自由自在に加工できるようになります。

 

「こんなことできたらいいな」が、ほとんどできるようになるので

あなた自身が「ここまで素敵になるの!?」と驚くでしょうし、

ワンランク上がった写真は、あなたのお友達から注目されちゃうこと間違いなし!


 


 

 

◆こんな方にオススメ

iPhone、スマホで写真を撮ることが多い方

アプリの加工を知りたい方

インスタグラムに力を入れたい方

 

フォトコミュニケーション協会のインスタグラムはコチラ

渕上が投稿しています。

 

インスタグラムで「いいね」を増やしたい方も、どうぞ!

 

 

 

 

◆日程

全2回(3時間×2) どちらから受講しても大丈夫です

 

◆レッスン1《撮影編》 
年内の開催は終了しました。

◆レッスン2《加工・自撮り・インスタグラム編》 
8月18日(土)14ー17時



◆1Day(レッスン1と2を一気にします) 
年内の開催は終了しました。

 

 

◆講師
渕上真由
(ゆくゆくは、認定インストラクターに任せていきます。)

◆受講料

2回コース・1Dayコース 18000円(税込)


ただし、2週間前までの振込で16000円(税込)です。
レッスン1、2の単発で受講する場合は10000円(税込)です。

 

一度受講したことのある方も、スマホやアプリのバージョンアップは日進月歩!

最新情報をゲットしにきてくださいね。

再受講の場合は、2回コース(2回セット)、1Day集中コース、ともに5000円です。

 

詳細は、コチラ

 

テキスト

 

この講座の内容が、MacFanの「iPhone発売10周年企画」の別冊になりました。


レッスン1と2を修了したら、
一般社団法人フォトコミュニケーション協会認定の
「アイフォトグラファー®、スマフォトグラファー®」の認定書を授与します。


=====================
「使える」写真のための 
クリエイティブ・ディレクション講座

=====================

 

企業の広報さんと打ち合わせをした時に、

「使える写真とは、どういう写真か?」と聞かれました。


それを説明すると、すごく感心してもらって、それは写真に関わる仕事の人(フォトグラファー、企業の広報担当や個人事業主、デザイナー)に伝えたほうがいいと情熱的に言われたので、講座にしました。
  
フォトグラファーは、綺麗な写真が撮れるだけではダメ。
写真を依頼する側も、なんとなく発注してはダメ。
  
写真を撮る前で、8割が決まると思います。

 

次回予定は決まり次第、アップします。

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 



=====================
写真の撮られ方

「シンデレラフォトレッスン プリンセスマトリクス編」

=====================

 

 

 

 

私の初の著書になる「シンデレラフォトレッスン」(仮)を、セミナーにしました。
 
キャラクター別の撮られ方「プリンセスマトリクス」をメインに、写真写りがよくなる即席テクニックを混ぜてお伝えします。

 

◆こんな方にオススメ

写真に撮られるのが苦手な方

自分らしい写真の撮られ方を知りたい方

写真に撮らる機会が多い方

 

◆日程

調整中。

詳細が決まり次第、ご連絡します。

 

◆講師

渕上真由

 

◆受講料

8,000円(税込)


詳細は、コチラ

 

 

=====================
高見え下地作りワークショップ

=====================

 

 

 

◆日程

9月2日(日)14−16時半

 

◆場所

横浜・菊名

(詳細はお申し込みいただいた方にお伝えします)

 

ワークショップの様子や詳細は、こちらをご覧ください。

 

<こんな感じでやっています>

CAMEDIA SO-570UZカメラ 高見え下地作りワークショップ

CAMEDIA SO-570UZカメラ フォトジェニックボードのワークショップでした

 

 

 

=====================

アート散歩

=====================


撮影実習を行い、フォトブックを作ります。 
全て10:30~13:00 

 

調整中


講師:山﨑明子・渕上真由

 

◆講師

山﨑明子(インストラクター)

渕上真由

 

https://ameblo.jp/photo-communication/entry-12316277849.html



 

 

=====================

スマホ1台で伝わる動画を作ろう!

=====================

 

待望の動画セミナー!

初心者でも、スマホで動画が簡単にできます。

 

調整中

 

講師:竹内悠貴・渕上真由

 

 

 

この動画は、私渕上が同内容のセミナーで作ったもの。

初心者でも、かなり作れます。

 

詳細は、

https://ameblo.jp/one-piece-dreams/entry-12305571315.html

 

 

 

===============================

初めてのマクロフォトレッスン

===============================

 

目で見ることのできない世界を映し出す、マクロレンズを使った 
マクロフォトレッスンの第2弾です。 
『しゃぼん玉で遊ぼう・虹マクロフォト』 

調整中

講師:竹下明子・渕上真由 

レッスンの様子は、 
https://ameblo.jp/kellycrea/entry-12371391540.html

講師:竹下明子・渕上真由

 

第一弾「キラキラ滴」レッスン

https://www.facebook.com/events/2053512628258917/

 

<こんな感じでやっています>

CAMEDIA SO-570UZカメラ キラキラ滴のマクロフォトレッスン

CAMEDIA SO-570UZカメラ 目に見えない世界を表現!マクロレンズで滴を撮ろう!

 

 

 

 

 

===================== 
フォトブックカフェ 
===================== 

フォトブックについて  気軽に あれこれ相談する場。



フォトブックをスマホで作ろう! 
フォトブックを持ってきて見せ合おう! 

フォトブックに関するアレコレ、お話ししましょう。 

9月24日(月・祝)14-16時

講師:山﨑明子 

詳細は、こちらをご覧ください(あっこ先生のブログ)

https://ameblo.jp/akko4/entry-12354655245.html

 

 

 

 

 

 


■マンスリーフォトカレッジ(月イチ勉強会)

 



毎月、写真に関する勉強会を行っています。
原則、第4土曜日開催。

 

 

◆日程

8月25日(土)17時半-19時半


 

夏の思い出をシェアしよう!フォトブックはじめの一歩


◆講師

山崎明子(一般社団法人フォトコミュニケーション協会インストラクター)

 

 

▼過去のフォトカレの様子

http://ameblo.jp/one-piece-dreams/entry-12191800567.html 

 

 



■フォトスクール

 

 



 

スクールについては、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

修了すると「一般社団法人フォトコミュニケーション(R)協会認定
フォトコミュニケーター3級」
になります。

 


 

 

 

ベーシックnext

 

ベーシックの卒業生を対象に、専門分野の実践を行います。

 

「四季の花を味わう 花写真」

 

座学でテクニックや技術を学ぶ
実習
講評とまとめ

 

3回で、花の撮影を実践的に学びます。

 

 

 

ベーシックコースを修了した方が対象の 
レベルアップクラス、ベーシックNext。 

「四季を味わう花写真」コースでは、 
作品としてお花を撮る時に考えることや、 
被写体を見つける時の視点について重点的にお伝えします。 

 

◆日程

調整中

 

 

◆講師

竹内悠貴(インストラクター)
渕上真由




 

 

 

 

 

フォトコミュニケーション協会から、優先情報をメールでお届け。
無料メールマガジンはコチラ

 

マンスリーフォトカレッジ 過去の開催まとめ

 

 

 

フォトコミュニケーション協会では、毎月、


「マンスリーフォトカレッジ」

と題して、写真にまつわる様々な勉強会を開いています。

 

 

基本、毎月第4土曜日に開催です。

 

 

 

 

ーーー 今後の開催予定 ーーー

 

・第41回

8月25日(土)

夏の思い出をシェアしよう!フォトブックはじめの1歩

講師:インストラクター 山崎明子さん

 

 

・第42回

9月22日(土)

シルバークレイ

講師:粟屋ふき子さん

 

 

・第43回

10月27日(土)

わんこフォト

講師:長井弘子さん

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

 

マンスリーフォトカレッジでは、

 

3つの指針を持って行っております。

 

 

 

写真の最新の流行や、

 

授業で伝え切らない撮り方や考え方の知識を得る場

 

 

フォトスクールを卒業しても、

 

月1度、学びに触れる環境であり

 

 

期をまたいだ

 

フォトコミュニケーションの仲間に出会う場
 

 

 

とはいえ、

 

堅苦しくなくワイワイとやっています。

 

 

 

 

フォトカレッジの講師は、わたしのこともありますが、

 

外部から「その道のプロフェッショナル」

 

と呼ばれる方をお招きしたりもしています。

 

 

 

 

 

 

 

 


・第1回
2015年9月19日(土)
「セミナーや講演会で撮影を依頼されたときの基本とマナー」

場所:田町のセミナールーム
講師:代表理事 渕上真由

 

 

・第2回
2015年10月24日(土)
『ウェディングフォトグラファーというお仕事』

場所:田町のセミナールーム
講師:現役ウェディングフォトグラファーHさん




・第3回
2015年11月1日(日)
「蜷川実花×すみだ水族館クラゲ万華鏡トンネル」を撮りにいこう

場所:すみだ水族館
講師:代表理事 渕上真由、認定インストラクター



・第4回
2015年11月22日(日)
一味違うイルミの撮り方ワークショップ

場所:新豊洲のセミナールーム
講師:機材部 宝積 學さん



・第5回
2015年12月20日(日)
「ポートレート撮影 装いのチカラで魅力アップ」
場所:田町のセミナールーム
講師:パーソナルスタイリスト みなみ佳菜さん



・第6回
2016年1月30日(土) 
「2016年 自分らしく輝く フォトコミュニケーション」

場所:田町のセミナールーム
講師:代表理事 渕上真由



・第7回
2016年2月27日(土)
「「仕事で撮るときに知っておくべきこと
 ~事前準備、データの保存、セレクトの仕方、リサイズ、納品方法など~」


場所:田町のセミナールーム
講師:代表理事 渕上真由





・第8回
2016年3月26日(土)
「桜を撮ろう① 座学編」

場所:田町のセミナールーム
講師:代表理事 渕上真由



・第9回
2016年4月2日(土) ※臨時開催 
「桜を撮ろう② 実習編」

場所:六本木
講師:代表理事 渕上真由

 

 

 

・第10回

2016年4月29日(土)

『撮られ方 ポージング基本の8つ型と、声のかけ方』​

 

場所:田町のセミナールーム
講師:代表理事 渕上真由

 

 

 

・第11回

2016年5月28日(土)
「撮って、撮られて、着物撮影会@浅草」

 

場所:浅草
講師:代表理事 渕上真由、協会スタッフ

 

 

 

・第12回

2016年6月25日(土)

『和菓子を作って写真の色を学ぶ 食のスタイリングセミナー』

 

場所:田町のセミナールーム
講師:和菓子&和食器アーティスト 諸星みどりさん

 

 

・第13回

2016年7月23日(土)

『今年こそ!花火を撮る』

 

場所:田町のセミナールーム
講師:代表理事 渕上真由

 

 

・第14回

2016年8月27日(土)

『写真に文章を添える フォトラッピング』

 

場所:田町のセミナールーム
講師:著者、ライター イグゼロさん

 

 

・第15回

2016年9月24日(土)
『フォトジェニックなお料理を作ろう&持ち寄りガーデンパーティー』

 

場所:豊洲 パーティールーム
講師:圧力鍋研究家 さいとうあきこさん

 

 

 

・第16回

2016年10月22日(土)
「写真を使ったクリスマスカード、年賀状を作ろう」

 

場所:田町のセミナールーム
講師:協会代表理事 渕上真由

 

 

 

・第17回

2016年11月26日(土)

『クリスマスのプリザーブドフラワーを作って、撮影を楽しもう!』

 

場所:田町のセミナールーム
講師:プリザーブドフラワーの教室「Office Florear」主宰 北橋房枝さん

 

 

・第18回

12月17日(土) 16時−18時

『個性心理学から読み解く

 あなたのコミュニケーションパターンと運気のつかみ方』

 

場所:田町のセミナールーム

講師:パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ Ark office 山本教夫さん

 

 

 

・第19回

1月14日(土) 9時

『ベストセラー作家八木龍平さんと行く初詣』

 

場所:東京大神宮

講師:作家 八木龍平さん

 

著書「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」で話題の

作家 八木龍平さんにナビゲートしてもらいました。

 

 

・第20回

1月28日(土) 17時30分ー19時30分

『大好きなことを仕事に 簡単な夢叶え術』

 

場所:田町のセミナールーム

講師:渕上真由

 

 

・第21回

2月25日(土) 17時30分ー19時30分

『はじめての個展のひらき方』

 

場所:田町のセミナールーム

講師:成田理子さん

 

 

・第22回

3月25日(土) 17時30分ー19時30分

『桜の撮り方 2017』

 

場所:田町のセミナールーム

講師:渕上真由

 

 

 

・第23回

4月29日(土) 18時ー20時

『フォトムービーの作り方』 

 

場所:田町のセミナールーム

講師:インストラクター竹内悠貴さん

 

 

 

 

 

 

・第24回

5月27日(土) 17時30分ー19時30分

『ベストセラー「伝え方が9割」から学ぶ

 SNS時代の発信方法と、ブランドの作り方』

 

場所:田町のセミナールーム

講師:渕上真由

 

 

・第25回

6月24日(土) 17時30分ー19時30分

『五感を開き、感性を豊かにするアロマテラピー』

 

場所:田町のセミナールーム

講師:アロマセラピスト 赤星美由紀さん

 

 

 

・第26回

7月30日(日)

『花火の撮り方を習って、手持ち花火を撮ろう』

 

{FF42CD88-6651-46F5-AF66-166600118922}

   

フォトコミュニケーション協会

Photo Communication Associate)の頭文字を取って「PCA」

 

 

 

 

・第27回

8月5日(土)

「江戸川花火大会を撮ろう!」

 

 

場所:小岩

 

 

・第28回

8月26日(土)

「写真に書をつけよう!」
講師:書家の木村怜由さん

 


 

 

・第29回

9月23日(土)

「非言語コミュニケーショントランプゲーム「GIFT」でコミュニケーションを学ぼう」

講師:「GIFT」考案者の田中克成さん

 

 

 

・第30回

10月28日(土)

『風景写真の撮り方 富士山編』

講師:富士山写真家 関口陽子さん

 

 

 

・第31回

11月25日(土)

「撮影のときに必要な服のアドバイス 装いのチカラで魅力アップ」


講師:パーソナルスタイリスト みなみ佳菜さん

 

 

 

・第32回

12月16日(土)

『東京駅・丸の内 イルミネーションスタンプラリー』

 

講師:渕上真由、インストラクター

 

 

 

・第33回

1月8日(月・祝日)

新春初詣&餅つき大会

 

ナビゲーター:おいしいアウトドア案内人 鶴岡勝さん 

 

 

 

・第34回

1月28日(日)

アプリでフォトジェニックに加工しよう!SnapSeed完全攻略

 

講師:渕上真由

 

 

・第35回

2月24日(土)

写真を撮った後、どうしてる? 
あなたの写真管理術、納品方法、データ保存法のしゃべり場!

 

ナビゲーター:渕上真由

 

 

・第36回

「フォトショップでポストカードを作ろう!」

 

講師:渕上真由

 

 

 

・第37回

「桜撮影 &お花見 2018!」

 

 

 

・第38回

5月26日(土)

「かわいい!おいしい!シェアしたい!誰も教えてくれないスイーツフォトのコツ」

講師:スイーツプロデューサー 磯崎舞さん

 

 

 

 

・第39回

6月23日(土)

写真に添える言葉の書き方 

講師:著者 イグゼロさん

 

 

 

・第40回

7月28日(土)

「長岡花火大会を予習しよう!花火の撮り方」 

講師:渕上真由、協会インストラクター

 

(台風接近のため、安全を考慮し中止。)

 

 

 


 


テーマ:

 

「安心して撮れる場所がほしい。しかも格安で!」

 

 

写真を始めたばかりの人の、共通の願いだと思います。

 

スタジオを格安でレンタルしています。


 


フォトスタジオとして使う場合

大型ストロボ
各種レフ板
Bluetoothスピーカー
全身鏡
脚立
レンズ、ストロボ等(Canonのみ)→貸出可能なレンズはコチラ
アイロン・アイロン台
背景用の観葉植物
商品撮影用 コンパクトスタジオキット
商品撮影用 下地

※人物・商品撮影のどちらでも可能です。
※動画撮影の利用も可能です。



◆人物を撮影するときのイメージ

 
ストロボを利用して撮影したり、窓際の自然光で撮影することもできます。


花 実はすごいストロボ!! 花
 

プロ仕様の大型ストロボも無料で使えます。


しかも、コメット社のTWINKLE 04 FS-RS!!!!

(普通のスタジオだ追加で約3000円/時はしますよー)

 


大型のレフ板と合わせると、光がふわっとして、とても綺麗です。

 


憧れのコメット!





◆商品撮影をするときのイメージ


午前中の自然光をお勧めします。




 

何もしなくても、自然光が入るようになっていますが、

コンパクトスタジオセットを使うと、簡単に影のない写真が撮れます。

 



 

 

 

 

 

 

 

セミナーや、ヨガ、キッチンスタジオとしても使うことができます。

 

プロジェクターも無料です。

 

 

 

セミナールーム・ミーティングルームとして使う場合


椅子14脚
ホワイトボード
プロジェクター
プロジェクター用スクリーン
(普段は白壁に映写していますが、スクリーンもあります)
Bluetoothスピーカー
キッチン利用可(ガスコンロ3口)※予約時に伝えてください





 
 

 

 

 

■協会員のレンタル料


2時間4000円
以降1000円/時

広さ:42m2(25帖)
場所:小田急線経堂駅徒歩8分

 

※協会員は、フォトスクールベーシックコース以上の在校生・卒業生です。
※協会員以外の方は、2時間5000円、以降1500円です。
※利用時間:9時〜22時
 





 

 

 


 

世田谷に新しいスタジオを構えた想い


 
私が写真を仕事にし始めてから10年以上経ちますが
その当初から抱いている思いがあります。
 
 


その中の一つが
 
『写真でつながる仲間が集まる場を作りたい』
 
というものです。



この「場」というのは
心の居場所でもあり、
具体的な場所という意味でもあります。


 
 
今回のスタジオは、
それを多少なりとも形にできたものとなっているかな?

と、思っています。
 

 

 


 
 
 
新スタジオでは、現在、協会のセミナーと撮影を行っていますが、
私だけが活用しているのではありません。
 
フォトグラファーみんなに使ってほしいと、
協会員の方には、格安で場所をお貸ししています。
 

 
どのくらい格安かというと
家賃と光熱費の原価です。笑

 

そこで儲けようと思っていませんから安心してください。

 

 

プロ仕様の大型ストロボも無料で使うことができます。


 


 


 
こんな風に書くと、 
 
「ずいぶんと気前がいいな」
 
と思われるかもしれませんし、
別の見方をしようとすれば
ちょっと私が偉そうに映るかもしれません。


また

「なにか裏があるかも・・・」

なんて、思われてしまうかもしれませんね。苦笑
 
 
 

でも、そうではないのです。
 
 
 
スタジオを格安で貸すのも、
セミナーを共同開催するのも、

すべては10年前から持っていた私の夢を
現実にしたいという思いからです。
 



 
私が仕事で撮り始めてすぐのころ。

公園や街中で撮影していましたが、天候で左右されるし、
お客様も、周りが気になります。

私も、100%の集中はできません。



もっとしっかりと人と向き合いたい。

しかし、会議室などでは味気ない。
でも、スタジオを借りると高い。。


だから、ずっと
安心して人と向き合える空間を、
気軽に借りられるといいなと、ずっと思っていました。




窓際は、自然光がとても綺麗なので、そのまま撮れます。

 

 


 
また、セミナーを始めた初期も、
会場費と集客に頭を抱えていました。
 

 
どんなに自分がいいものを届けようと思っていて、
実際に満足のいくコンテンツを作れたとしても、

目の前には乗り越えなければ壁がいくつもあったのです。
 

 
そんな当時の「あったらいいな」に
そっと歩み寄りたいと思います。
 


 

 

 

 


 
もちろん、現在でもすべてが順風満帆ではありませんが、

少なくともスタートしたばかりの時よりは、
いくつかできることが増えています。
 
 


それならば、
 
当時の私と同じような悩みを
今、抱えている人に
少しでもいいから力になりたい。
 
 
それは私が偉いからとかではなく、
その悩みを抱えている人は、間違いなく
私が、つながりたい仲間だからです。
 
 
「写真でつながる仲間が集まる場を作りたい」
 
 
という私の思いを共有してくれる同志だからです。
 
 
 
仲間なのですから、もし私が何か手を貸せることがあれば
力になりたいと思うのは、当然のように思うのです。
 
 
あなたが、自分の大切な仲間のためなら
労をいとわないのと、まったく同じです。
 
 
 
そして、このブログを読んでくれている
あなたに、少しでも写真の持っている魅力を
より知っていただきたい。
 
 
撮る楽しみも、撮られる喜びも体験してほしい。
 
そして、写真を学ぶことも、
そこでつながる仲間との出会いも、知って欲しい。
 
 
もっともっと、写真でつながる仲間になって欲しい。
 
 
そんな思いで、これからも場を作っていきたいと思います。
 
これからも、応援してくれたらうれしいです。

 

 

 

 

 

 

ーーーーー

先日、世田谷スタジオのお披露目パーティーを開きました。
たくさんの方に来ていただきましたよ^^

その様子は、ブログに書きました。

 

  

 

 

カメラ 世田谷スタジオ お披露目パーティー



 

 

 

 

 

 

<利用規約>

◆スタジオは貸し出し時と同じ状態で返却されることが基本となっております。

破損、紛失、盗難および汚れ付着等が生じた場合は、返却時あるいは盗難等が発生した

時点でご連絡をお願い申し上げます。

スタジオの破損や汚れの状態により、レンタル料金(延長料金を含む)とは別途に、

修繕費あるいは商品上代相当をご請求させていただきます。
紛失・修理不可の場合、レンタル料+紛失料として代金をご請求させていただきます。

 

◆エアコン・電気等は消してご退室ください。

◆代表者のいない代理のレンタルは禁止とさせていただきます。

◆スタジオの入退室は、必ずご予約時間内にお願いいたします。

ご予約時間の中には、準備等の時間も含まれております。

◆大音量を伴う撮影や、火気、水、煙幕等の特集撮影、また、危険を伴う使用、

公序良俗に反する目的でのご利用は禁止させていただきます。

◆廊下での撮影は禁止とさせていただきます。

廊下では騒がないよう、お願いいたします。

◆スタジオ内は禁煙となっております。

◆スタジオ内の壁・床・天井・窓・ドアへは養生テープのみご使用ください。

画鋲やガムテープ類を使用しないでください。

◆お客様が当スタジオの利用規約に反し、当スタジオの判断で止む負えず

撮影が中止になる場合でも、申込時の内容に基づいた料金が発生いたします。

◆ゴミはすべてお持ち帰り頂くか、1袋45リットル/300円で回収いたします。

ご希望のお客様はお申し出ください。

◆スタジオ使用中に起きたすべての火災・事件・事故・怪我・盗難・破損等について、

当スタジオでは一切の責任を負えませんのでご了承ください。



<キャンセルポリシーについて>

フォトコミュニケーション(R)協会のキャンセルポリシーに基づき、
キャンセル料をいただきます。

利用日8日前まで・・キャンセル料はかかりません
利用日7日前~3日前まで...利用料の50%
利用日の2日前~利用当日、及び無断でキャンセルされた場合...利用料の100%(全額)

連続して利用される場合は、
レンタル初日を利用日として計算します。

払い戻しに関しましては、ご指定の銀行口座にお振込いたします。
その際、キャンセル料の他、手数料を差し引いて払い戻しいたします。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

アドバンスコースでは

「理論、実践、コミュニケーション」を軸に

 

より深くフォトコミュニケーションを学んでゆきます。

 

 

 

 

 

先のベーシックコースでは写真を楽しむことや、

自分が表現できることを体感する、といった

「感性の開花」をメインとしてきました。

 

 

アドバンスコースでは、そこからさらに

あなたがイメージした通りの撮りたい写真を撮れるようになり、

今までの自分とは違う新しい感性にも出会うことを目指します。

 

 

 

カメラとより深く付き合うためのレンズや構図の理論

 

机上の知識だけに終わらせない実践

 

そして、活き活きとした写真を撮るためには欠かすことのできない相手と、

そして自分とのコミュニケーション

 

 

 

そのすべてを体系的にリンクさせて、

フォトコミュニケーションらしく、楽しく、和気あいあいと

あなたの体に落とし込んでゆきます。

 

 

 

 

理論、実践、そして臨機応変なコミュニケーションを

発揮しなければ撮れないのが、「人物」です。

 

ですので、人物撮影をメインで学ぶことにより、

自然とどんなものでもイメージ通りに撮れるようになっていきます。

 

 

また、写真のコースとしては珍しいかもしれませんが、

心理学をベースにしたコミュニケーションも学ふため、

「自分らしさがわかりました」や「自分に自信が持てました」と

新しい自己発見をして活躍される方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

そして、コース修了の集大成として

アドバンスコースで共に学んだ仲間たちと合同写真展を開催します。

 

あなたの渾身の写真が、作品として写真展に展示されるのです。

 

 

 

 

作品の写真撮影、写真選び、そして仲間と知恵を出し合いながら

準備するという一連の体験の中で、

より深くフォトコミュニケーションを学び、

あなたのなりたいフォトグラファーになっていただければと思います。

 

あなたのご参加を、心からお待ちしております。

 

 

 

 

  

 

アドバンスコースの流れ

 

1日目

オリエンテーション、フォトコミュニケーションについて

カメラ:ベーシック復習、人を撮るということ

コミュニケーション:コミュニケーションの原則、自分の機嫌を自分でとる方法

 

2日目

カメラ:レンズの仕組み、アウトドアポートレート

コミュニケーション:信頼関係

 

3日目

カメラ:食べ物を魅力的に撮る、ブツ撮りの7つの法則

コミュニケーション:相手への声かけ、質問力を高める

 

4日目

フォトコミュニケーションまとめ

カメラ:ポートレートの質を上げる

コミュニケーション:相手と深くつながるコーチングの流れ

 

 

卒業制作

合同写真展

 

 

 

 

一般社団法人フォトコミュニケーション協会

アドバンスコース

 

◆日時

 

11期 土曜コース 

 └10時ー18時 

 

11月10日(土)

12月8日(土)

2019年

1月12日(土)

2月9日(土)

 

 

◆会場

都内セミナールーム

 

 

◆講師

渕上真由(一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事)

認定インストラクター

 

 

◆参加資格

一般社団法人フォトコミュニケーション協会 

ベーシックコース修業

 

 

◆お申し込み方法

お手数ではございますが、WEBあるいはメールよりお申込みください。

 

WEB:http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

メール:

  

 

 

 

Q & A

Q:カメラの中級者なのですが、アドバンスコースから参加できますか?

A:いいえ、できません。

ベーシックコース修業後の方のみ進学できます。

カメラのスキルだけでなく、信頼関係を築く心理学、魅力を引き出すコーチングの知識をお伝えするため、ベーシックコースから受講してください。

 

 

Q:教える人は、決まっていますか?

A:アドバンスコースは、代表理事の渕上が担当します。

(ベーシックコースは、インストラクターが担当。)

 

 

Q:ミラーレスカメラやでも大丈夫ですか?

A:レンズで表現を変えていくので、レンズ交換ができる機種が好ましいです。

一眼レフ、ミラーレスカメラ、どちらでも構いません。

イメージをした後にレンズを選ぶことができると、表現の幅が広がりますよ。

(購入しなければいけないレンズはありません)

 

 

Q:講中に都合のつかない日があった場合、お休みや振り替えはできますか?

A:はい、できます。次期以降に、振替講座が受講できます。

  

 

Q:修了後の再受講は可能ですか?

A:はい、できます。再受講は5,000円です。

(全4回 20,000円)

 

 

 

 

◆お申し込み方法◆

 

お手数ではございますが、WEBあるいはメールよりお申込みください。

 

WEB:http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

メール:

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

人気のワークショップ、また行います。

 

 

9月2日(日)

高見え下地作りワークショップ

 

 

 

 

この板をひくだけで、商品を格上げすることができる下地で

私たちは「フォトジェニックボード」と呼んでいます。

 

フォトジェニックにコーディネートしやすくなります。

 

 

 

 

 

実は、私、アクセサリーのネットショップもやっていまして、
商品写真の撮り方を研究しています。

 

(写真と商品で勝負したいので、ネットショップは内緒です)

(きちんと売上げを上げていますよ^^)
  
 

 

 

商品撮影のときに重要なのは、

 

商品以外の「空間」なんです。

 

 

 

 

 

 

同じ被写体でも、下地によって雰囲気が変わります^^

 

 

 

 

 

シャビーシックな雰囲気に。

 

 

こういう雰囲気は、インスタグラム映えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、しっとりとしたアンティークな雰囲気に。

 

 

 

 

 

 

 

同じ被写体でも、

下地によって雰囲気が変わるのが、よくわかると思います。

 

何気なく目に入る空間こそ、写真の印象を作ります。

 

 

 

 

 

断言しますが、

 

フォトコーディネートの基本は、

 

背景(ベース)の7割を整えること。

 

 

 

下地で、自分の作りたい雰囲気を作ることができます。

 

 

 

この方法で、簡単に写真を格上げすることができるのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、このフォトジェニックボードに行き着くまで

かなり下地を研究しました。

 

 

 

 

布は、かさばらなくていいのですが、

微妙なシワって気になるんですよね。

 

大きな面積を使おうとすると、

毎回アイロンをかけるのが面倒で、つい使わなくなります。

 

折り畳んで、お皿の下にアクセントとしてひいたりするのが

ほどよい使い方かな、と思います。

 

 

 

 

紙だと、ラッピングペーパーがオシャレでいいです。

100均でも手に入りますし^^

 

くるくる巻いて保管できるのですが、端からまるまるし、

厚紙だと、大きなサイズはすぐ折れてしまいます。

 

なかなか扱いにくいのが紙です。

 

 

 

 

 

板だと、重厚感がでます。

 

撮影用に、オシャレなテーブルの天板を

いくつかそろえようと思ったのですが、、

 

・・・高い。

 

 

IKEAやニトリの安い家具を扱っているお店でも

テーブルの天板は高いんです。

 

そして、安い家具の天板は、つるっとした合板ばかり。

 

 

 

ならば、

 

欲しい物が、ないなら作ろう!!!!

 

 

 

 

と、下地作り研究が始まりました。

 

 

私は、追求する性格なので、

ペンキの塗り方もDIYのプロや、内装業の方に相談しながら、何枚もサンプルを作りました。

 

ペンキのさまざまな塗り方をマスターしましたよ。

 

 

 

 

また、いろいろサンプルを作って、ほどよい厚みを発見しました。

 

薄すぎると、ペンキを塗ると沿ってしまうのですね。

 

でも、厚すぎると、かさばるし、重いんです。

 

 

ほどよい厚みのある板だと、

ササッと出して撮ることができます。

 

 

また、使いやすい大きさもありました。

ある程度の大きさのものを撮ってもはみ出ない大きさ。

 

でも、大きすぎると邪魔。笑

 

 

 

アクセサリーやお花、料理など、

日常で撮りたいものに必要なサイズは

 

60x45センチ

 

 

これが使いやすいサイズ感なので、これを作りたいと思います。

 

 

 

 


これ、普通の会議室で撮影しました。

 

 

 

このボードを使って撮ると、きちんとした重厚感があり、

オシャレなテーブルの上で撮ったようになります。

 

すると、まわりの空間までオシャレなのでは、、、

と想像させることができます。

 

これが、下地の力です。

 

 

 

 

これは、iPhoneで、そのまま撮ったもの。

 

 

 

 

 

こんな感じで撮影しました。

 

テーブルの上に、ボードを出せば、即席オシャレスタジオ!

 

 

 

 

 


 

 

ではでは、

 

実際に、どんな風にワークショップを行うかというと、

自分の『作りたいイメージ』を描くところから。

 

どんな時に使い、どんな色で、どんな風合いを描くか決めていきます。

 

これは、私たちがお手伝いすることができます^^

 

 

 

 

 

 

みんなでワイワイ作るので、とても楽しいですよー^^

 

 

 

 

 

 

 

どんな風なものができるのか、

みんなのフォトジェニックボードを紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏は、使いやすい大理石調か、スタイリッシュな黒をご用意しています。

 

これで、両面使えます。

 

 

 

例えば、大理石調のもの。

 

 

インスタ映えしますね。

 

 

さらに、お得情報!

 

この大理石調のボードは、メルカリで高級なものを売るときに効きます。

他の人と同じものを出品しても、2割増くらいになりますよ。

本当に、高見えします。

 

 

※ちなみに、メルカリで一番大事なのは写真!

 メルカリは、ネットショップよりも比較検討することが少なく、直感的に買う人が多いのが特徴。

 「オシャレ」「高級感」の雰囲気を出すことが必要です。

 

 


  
  
  
********************
  
◆日時
2018年9月2日(日)14:00〜16:30
  
  
◆会場

横浜市菊名地区センター
東急東横線 JR横浜線 菊名駅下車 徒歩約6分

http://www.kouhoku-ksk.or.jp/kikuna/gaiyo.html

  

  
◆参加費
8,000円(税込、材料費込み)
板、ペンキ、筆、シートなどは用意します。
   
  
◆講師
渕上真由、協会インストラクター
(一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事)
  
  
<持参物>
カメラ 筆記用具
ペンキで汚れてもいい服
エプロン
60x45センチのボードが入る大きめな袋や風呂敷
あればドライヤー
(使う前に、ペンキで汚れないようにラップを巻きます)
  
  
  
◆お申し込み方法
お手数ではございますが
WEBあるいはメールよりお申込みください。
  
WEB:http://photo-communication.jp/contact/index.html
メール:info@photo-communication.jp
  

定員12名

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

同じジャムです。

 

どちらが買いたくなる写真でしょうか?

 

 

写真1

 

 

 

 

写真2

 

 

 

パッと見の印象でいいのですが、

どちらの写真の方が、あなたは買いたくなる写真でしょうか?

 

同じ商品を同じアイテムを使って、

同じスマホ(iPhone)・同じ場所で撮影しています。

 

 

 

写真1は、

初心者がやりがちな失敗5つを、あえて盛り込んで撮ったものです。

 

写真2は、

その5つを、しないように気をつけただけです。

 

特にテクニックは使っていません。

 

並べて、iPhoneで撮っただけ。

 

 

 

でも、写真から伝わる印象はだいぶ違いますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のコーディネートですと

 

 

 

 

Amazonに載せるなら、白背景が必須。

こんな感じにします。

 

 

 

 

写真によって、印象はガラリと変わりますよね。

 

 

 

 

これら写真は、いくつかのポイントを守って撮りました。

 

「商品撮影」には、法則があります。

 

 

 

 

 

写真のよって、売り上げはガラリと変わります。

 

 

 

「もっとこの商品の良さ、伝わってもいいはずなのに・・・」

 

「いいものなのに、売れない」

 

「私が撮る写真には、目で見る時と同じように写ってない。」

 

「なんか素人っぽさが抜けないんだよね」

 

「もっとオシャレに、プロっぽく撮りたいのに!!」

 

 

 

このような悩みをたくさん聞いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

私は、フォトスクールで写真の撮り方を教えています。

 

それは、カメラで「自己表現」をするような撮り方です。

 

 

 

 

 

 

私は、写真の「自己表現」って楽しいよ、と伝えたくて

フォトスクールをやっています。

 

 

写真を撮ること自体は、簡単ですが、

「自己表現」は、すぐには上達できません。

 

 

「自己表現」するためには

ゆっくり自分と向き合うことが大切ですから、ね。

 

(「自分を知る」ことも写真の楽しみです^^)

 

 

 

 

しかし

 

商品撮影は、方向性が全く異なります。

 

 

商品撮影に、「自己表現」は必要ありません。

 

 

相手の求める写真を撮ればいいのです。

 

 

さらに言うならば

 

売りたいお客様が好むテイストの通りに

写真を撮ればいいのです。

 

 

 

つまり、

 

「商品写真」には、正解があります。

 

「商品写真」には、法則があります。

 

 

その通りにすれば、センスも必要ありません。

 

 

 

 

 

 

 

そう伝えても

 

「いや、そうは言っても、やっぱり難いんでしょ」

 

「いろいろそろえるのに

 お金がかかりそう」

 

「プロが使っているカメラじゃないと、

 素人には撮れないよね」

 

「カメラの素人には、ハードルが高い」

 

と思われてしまいます。

 

 

本当に、とても簡単に、

プロのような写真を撮ることができるんです。

 

 

あなたが普段から使っているスマホでも、

商品写真は、十分撮ることもできるんですよ^^

 

 

 

 

 

実際に、iPhoneで撮影した例を見てほしいです。

 

100均で買った使い古したバレッタも

 

 

 

シンプルに撮るなら、こんな感じ。

 

 

 

コーディネートして撮るなら、こんな感じ。

 

 

 

 

 

ちなみに、背景にあるものは、全部100円!

 

背景にあるものは、全て100均で買ったものです。

キャンドゥとダイソーは宝の山です。

 

またページを開いているのは、フランス語の小説を

ブックオフで100円で買って、アンティーク加工しました。

 

大理石っぽい下地は、自作したコレです。

 

 

 

 

高見えなアイテムの選び方の法則は

 

【フォトコーディネートマトリクス】

 

を使えば、簡単にわかります。

 

 

 

 

 

この商品を、に届けたいのか。

そのお客さんは、どんなテイストを好むのか。

 

そのお客さんに、ぐさっと刺さる写真は、

どうやったら撮れるのか。

 

どんな小物を揃えたらいいのか。

 

 

全部1枚のシートで分かります。

 

 

 

 

 

それが、法則の1つ

【フォトコーディネートマトリクス】

 

商品写真の撮り方を、ずっと研究している中で、

「もしかして!?」と発見しました。

 

 

 

 

 

あなたの写真が変わります。

 

しかも、簡単に、テクニックいらずで。

 

写真が変われば、お店の売り上げも上がっていきます。

 

 

  

 

 

「商品撮影」の基礎を、3回の授業をお伝えします。

 

 


 

 

 

 

こちらの

 

ネットショップオーナーのための

商品撮影コース

 

 

では「誰でも売れる商品写真を撮れるようになる」をテーマに

「商品写真」に特化した法則をお伝えします。

 

 

「ネットショップオーナーのための」と付いているのは、

何か売りたいものがある個人や、

毎回プロカメラマンに依頼できないお店や企業向けのコースです。

 

ただ、「商品撮影の基礎」をお伝えしますので、

これから何かネットで販売したい人や、

大企業の広報担当者も、ぜひいらしてください。

 

 

 

5つの特典つき!

 

特典1

「コンパクトスタジオセット」がついてきます。

 

 

これで、家でもすぐに実践できます!

 

折り畳むと、厚さ2センチほどになり場所もとりません(コレ大事!)

 

 

 

 

 

 

 

特典2

毎回の授業で、添削、講評が受けられます。

 

実際に撮影してきた写真を、

「もっとこうしたほうがいい」

「こんなところに気をつけて撮って」

「このレンズを使った方がいい」

 

など添削、講評します。

 

 

 

 

 

特典3


「ビジュアルマーケティングシート」

 

ただ美しい写真を撮るだけでなく

「売れる」ための写真を導きます。

 

そこから、手持ちのカメラやレンズの中から

ベストな使用機材がわかります。

 

 

 

特典4

 

「フォトコーディネートマトリクス」

 

この商品を、誰に届けたいのか。

 

そのお客さんは、どんなテイストを好むのか。

 

お客さんに、ぐさっと刺さる写真は、

どうやったら撮れるのか。 

 

どんな小物を揃えたらいいのか。

 

全部1枚のシートで分かります。

 

 

 

 

特典5

 

各種割引があります。

 

協会員割引があります。

 

また、非協会員の方も

ベーシックコースの受講料が2万引きになります。

(期間中に決めてくださった方には、さらに8,000円引き)

 

 

 

 

 

こちらの講座は、こんな方にお勧めです。

 

 

*ネットで売りたい商品がある

 

*ネットショップを運営している

 

*経費削減のためにプロカメラマンに頼めない

 

*自社製品を、写真でアピールしたい

 

*楽天やAmazonの写真をよりよくしたい

 

*ミンネやクリーマなどの手作りサイトで販売したい

 

*メルカリで売りたい

 

*スマホで手軽に商品写真を撮りたい

 

*一眼レフを買ったはいいけど使い方がわからない

 

*インスタグラムなどのSNSで写真を発信したい

 

*写真仲間を作りたい!

 

 

 

 

 

 

  

フォトコミュニケーション協会のレッスンの特徴

 

教えた人数11000人以上のお墨付き

 

フォトスクールや、企業や商工会議所で、

年間120回以上セミナーをしている渕上が監修。

 

 

 

最近、商工会議所や企業からの依頼が増えて、

北は北海道、南は鹿児島まで写真をお伝えしています。

 

商工会議所ですので、みなさん、

ビジネスで写真を使いたい方々。

 

「売れる写真の撮り方」

 

を伝えています。

 

 

ポイントは、カメラの専門用語を使わず、

スムーズに頭に入るように流れの中で理解してもらうから。

分かりやすさはお墨付き!

 

 

 

 

 

 

「わかる」ではなく「できる」にする

 

実際に撮影して、しっかり身につけてもらいます!

自分の写真がみるみる変わるので、みんな、驚きながら撮影していますよ。

 

また、協会公認のプロフォトグラファー、インストラクターさんも

会場でしっかりあなたをサポートさせていただきます。

 

 

 

 

 

フォトコミュニケーションをお伝えします

写真を撮るときに、大切なマインドもたくさんお伝えします。

写真を通じて、自分のことを知り、自分を受け止めて、

自分のことが好きになる最大のオマケ付き^^

 

写真の、本当の楽しさや喜びを感じてほしいです。

 

 

 

 

 

 

フォトレッスンの流れ

 

レッスンの内容は、以下を予定しています。

(※予告なく変更する場合がございます)

 

■1回目

 

・自己紹介

・商品撮影コースでできること、やりたいこと

・欲しいと思わせる写真とは?

・ああ勘違い。残念写真あるある

・商品写真の最低必須条件
・まず目指すのは「正確な写真」

・コンパクトスタジオキットの使い方

 

 

■2回目

 

・「売れる」写真の基本テクニック

・商品の魅力を最大化するには?

・よりイメージが伝わる写真のつくり方

・構成を考えるフォトディレクション

・iPhoneでも大丈夫!撮影の基本的な技術を知ろう

・写真のコーディネートの仕方

 

 

■3回目

 

・フォトコーディネート5つのコツ

・必要なアイテムのそろえ方

・バランスよく仕上げるには

・人を惹きつけるための効果的な写真の使い方

・フォトコーディネートマトリクス

・発表会・講評・アドバイス

 

 

 

 

 

 

ネットショップオーナーのための商品撮影コース

 

◆ネットショップオーナーのための商品撮影コース3期

└14時半-17時 

7月16日(月・祝) 
8月 5日(日) 
8月26日(日) 
 

 

◆ネットショップオーナーのための商品撮影コース4期

└10時半-13時 

7月25日(水) 
8月 8日(水) 
8月22日(水)

 

 

◆ネットショップオーナーのための商品撮影コース5期

└10時半-13時

 

9月13日(木)

9月27日(木)

10月11日(木)

 

 

◆ネットショップオーナーのための商品撮影コース6期

└10時半-13時 

 

9月15日(土)

9月29日(土)

10月13日(土)

 

 

◆会場

世田谷スタジオ(小田急線経堂駅から徒歩8分)

※詳細はお申し込み時に別途ご連絡いたします。

 

 

◆講師

渕上真由(一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事)

竹内悠貴(認定インストラクター)

 

※ 渕上は全部の授業を担当しません。

 

 

◆参加費

一般  50,000円(税込)

 

協会員 42,000円(税込)

 

 

◆持ち物

カメラ(iPhone、スマホ可)、筆記用具

 

一眼レフの貸し出しがあります。

その場合は、SDカードをご持参ください。

(SDカードは、会場で1,000円で販売しています)

 

◆お申し込み方法

お手数ではございますが、WEBあるいはメールよりお申込みください。

 

WEB:http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

メール:

    

 

 

 

 割引特典があります。

 

この講座に参加した方で、 

もっと学びたい、もっと自己表現したいという方向けに、フォトスクールの割引があります。

 

一般社団法人フォトコミュニケーション協会 フォトスクール

ベーシックコースの受講料が2万引きになります。

 

フォトスクールについては、コチラをご覧ください。

 

 

また、さらに、さらに!

レッスン当日に、スクールの参加を決めてくださった方は、

熱意に感謝して、今回のレッスン代の協会員との差額8,000円はお返しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の感想

自宅でも簡単にiPhoneでも商品写真が撮れるようになりました

 

私は、人から商品撮影を頼まれたら、

すぐに撮れるようになっていたいと思い、受講しました。

 

商品写真のコーディネートが苦手というかあまり上手くないので、

小物や背景、下地の選び方や商品との組み方を知りたかったです。

 

私の場合は、特に撮りたいものがなかったし

ネットショップオーナーでもなかったので

参加していいのかなと不安でしたが、アットホームな雰囲気で安心しました。

 

また、コンパクトスタジオセットが欲しいなと思ったのも理由です。

これさえあれば、もっと簡単に撮れるという期待もありました(笑)



3回のコースを終了して、

自宅でも簡単に一眼レフでも、iPhoneでも商品写真が撮れるようになりました!


レフ板の使い方が、理解しているようで意外とわかっていなかったのが、
とりあえず使えるようになったかなと思います(笑)
 

よかったのは、イメージ写真のコーディネートです。

「フォトコーディネートマトリクス」に当てはめることで

方向性が明確になって、楽になりました。
 

「フォトコーディネートマトリクス」はイメージ写真の

アイデア出しに とてもいいです!
 

商品をマトリクスに当てはめて写真の方向性が決まったら、
あまり悩まずにコーディネートができます。

あと、コンパクトスタジオセットは、

簡単に組み立てられるしコンパクトに畳めて
邪魔にならずに収納できるので良かったです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

家で撮影した写真です。

 

 

 

 

初心者の私にも、論理的に納得できました

 

クリーマで、ハンドメイドの商品を売りたいと思って参加しました。

 

商品は悪くないと思うのですが、写真がいまいち。

数打ちゃ当たるとたくさん撮ってきましたが、

大量のダメ写真に、作る喜びすらなくなりそうでした。

 

いいなと思った写真を真似して撮ってみても、

何かが違う?

 

これはプロに教えてもらうしかないと思って

フォトコミュニケーション協会さんに来ました。

 

その「何か」が法則になっていたので、スッキリ!

 

初心者の私にも、論理的に納得できました。

 

毎回のアドバイスも的確で、

「そうすればいいのか!」とやる気になりました。

 

分からないポイントも気軽に質問できて、

とても実りのある時間でした。

 

 

私が感謝しているのは、

たくさんのアイデアをもらえたことです。

 

ビジュアルマーケティングのワークの時に

「その商品を、誰に届けたいの?」

と先生に聞かれて、うまく答えられなくて、ショックを受けました。

 

私は作ることが好きなだけで、

買ってくれた人のことを考えてなかったのですね。

 

そのときに

「こんな人が、こんな時に使うんじゃない?」

「私なら、こう使いたい」

と、クラスメイトがいろいろアイデアを出してくれました。

 

ハンドメイド仲間とは、材料や作り方の話はしますが、

売るための方法やマーケティングの話をしません。

客観的な意見をいただけるのは、とてもいい機会でした。

 

今回の経験を生かして、もっとお客様に届く商品を作りたいし、

写真で魅力を伝えたいですね。

 

頑張ります!

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

一段垢抜けた写真になっていました

 

目から鱗とはこの事なんだと思います。

結構NGなことやってしまってるなと驚きました。

 

まず商品撮影とは何か、

良い商品写真とはどういうものかということが学べました。

 

実際に作例を見ながら説明してもらい、そのあとに実際に撮影します。

 

説明を聞いているときは、なるほど そりゃそうだと思っていても、

実際にやってみると、できないものですね(苦笑)

 

しかし、1つ1つ集中して課題をクリアしていくと

一段垢抜けた写真になっていました。

 

商品写真には法則があった。

そして、その法則は簡単である。

 

今回学んだことをこれからの撮影に試していきたいと思います。

 

いただいたコンパクトスタジオセットも大活躍です。

メルカリで、いらないものを断捨離しています!!

(ここだけの話、いい売り上げになってきました)

 

どうもありがとうございました。

違う講座も、受講してみようと思います。

 

 

 

 

Q & A

Q:ネットショップオーナーではないのですが、、

A:はい、大丈夫です。

ネットで商品を売りたい方、商品写真を撮りたい方でしたら、どなたでも大丈夫です。

 

 

Q:売りたいものが、明確に決まっていません。

A:大丈夫です。

受講生の中には、依頼があれば、どんな商品でも撮影するというスタンスの方もいます。

彼女は、アクセサリー、スイーツ、ぬいぐるみ、電気部品まで撮影しています。

基本は同じなので大丈夫です。

 

 

 

Q:コンパクトスタジオキットだけ欲しいです。

A:申し訳ございません。

こちらは、受講生向けのキットですので、単品の販売はしておりません。

 

 

Q:一眼レフがないのですが、大丈夫ですか?

A:はい、大丈夫です。

iPhoneやスマホで大丈夫です。

 

実際に一眼レフの楽しさを知ってほしいので、カメラを貸し出しています。

数に限りがあるので、お申し込み時に「カメラ貸出希望」とお伝え下さい。

一眼レフを買う予定がある方は、買う前に実際に使ってみると、感覚がわかりますよ。

 

 

Q:どんなレンズを持っていけばいいですか?

A:最初にカメラを買った時についてくるキットレンズで大丈夫です。

キットレンズが2本以上ある場合は、望遠レンズ(遠くまで撮れる全長が長めのもの)があれば、そちらの方が使いやすいです。

(このあたりの説明もしますね)

 

 

Q:どの一眼レフを買えばいいですか?アドバイスをください!

A:よく質問をいただくのですが、撮りたいもの、ライフスタイル、持ち歩く頻度、仕事で使うかどうか、好み、予算などで、選ぶカメラやレンズは変わってきます。

ですから、メールでの質問は受け付けていません。

一緒にお買い物に行くサービスも終了しました。

申し訳ございません。

 

しかし、セミナー中に聞いていただければ、きちんとヒアリングして、候補をいくつか出しますので、聞いてくださいね。

 

 

Q:ミラーレスカメラやコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)でも大丈夫ですか?

A:はい、今あるカメラで大丈夫です。

どんどん使いこなしてもらえるようにしますね。

 

 

Q:カメラ初心者です。ついていけるか心配です。

A:大丈夫です。

実践を多くしているので、多少カメラが使える初級者向けではありますが、カメラの使い方はその都度教えます。

わからなくなったら、きちんと個別にフォローします。

  

 

Q:それなりに写真をやってますが、参加しても学びがありますか?

A:こちらのセミナーは、カメラが使える初級者向けですが、全員のカメラのレベルを聞き、全員に役に立つようにレッスンを進めていきます。

風景や人物を撮るのと、商品写真の撮影は全く違うので、新たな視点を学べます。

オリジナルメソッド「フォトコーディネートマトリクス」は、お役に立てると思います。

 

 

Q:センスも絵心もないのですが、そんな私でも撮れるようになりますか?

A:商品写真には、法則があるので、センスも絵心も必要ありません。

まずは法則通りに撮れるようにします。

 


 

 

 

最後に・・・

 

私は、商品写真を撮るのが、苦手です。

 

いや、苦手でした。

 

 

ですから、

 

「商品撮影を教えてほしい」

 

という要望は昔からありましたが

なかなか重い腰が上がりませんでした。

 

 

しかし、気付いたのです。

 

 

「商品撮影をどうにかしたい!」

 

と考えている方は、

 

「私のように苦手意識がある方なのでは?」

 

と。

 

 

 

苦手な人からしたら

「センス」とか「感性」とか

 

そういう漠然としたもので

ちゃちゃっと片付けられないんですよね。

 

 

そこに「理由」がほしい。

 

当てはめるだけの「法則」がほしい。

 

 

それが、商品撮影のコースを作る際の野望でした。

 

 

苦手だから

とても研究しました。

 

 

苦手だから

「ほら、こんな感じにしたらいいよ」

という漠然な説明に納得できません。

 

そこに法則を見いだそうとしました。

 

 

 

苦手だから、

企業で商品撮影でしてきた実績がある

竹内先生と組んでコースを作りました。

 

 

竹内先生と2人で、

大量の商品写真を見ました。

 

「なぜこの写真がダメなのか」

 

「なぜこの写真がいいのか」

 

と、議論して、そこから法則を探しました。

 

 

 

で、編み出したんですよ、法則!

 

 

「理由」と「法則」がわかれば、

結構、簡単なんですよ。

 

 

そして、苦手意識のある私でも

商品撮影の楽しみがわかってきました!!

 

 

 

そんな研究に研究を重ねたコース。

 

写真に苦手意識のあるあなたの

「売りたい!」を後押しさせてくださいね。

 

 

 

 

当日、会場でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

◆お申し込み方法◆

 

お手数ではございますが、WEBあるいはメールよりお申込みください。

 

WEB:http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

メール:

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

あなたもスマホでプロフォトグラファー!

 

普段気軽に使っているiPhoneやスマホを使って

ドラマティックな写真を撮る方法を「撮影編」「加工編」の2回コースでお伝えします。

 

スマホ写真は普通に撮るだけでも楽しいけれど、

ちょっとした仕組みや機能を知るだけで、もっと素敵な写真を撮れるようになるんです。

 

それだけでなく、プロのフォトグラファーが現場で使うテクニックやコツを、

スマホでも使えるようにアレンジして、こっそり教えます。

 

 

さらに、スマホの素晴らしいところは、そのまま加工もできること!

無料のアプリを使って、自由自在に加工できるようになります。

 

「こんなことできたらいいな」が、ほとんどできるようになるので

あなた自身が「ここまで素敵になるの!?」と驚くでしょうし、

ワンランク上がった写真は、あなたのお友達から注目されちゃうこと間違いなし!

 
 

 

 

 

--- NEWS ---

 

この講座が、「MacFan」2017年7月号で

「iPhone発売10周年特集」として80ページの別冊企画になりました。

 

「プロの写真家が教える iPhone撮影術」

 

 

 

Amazonの在庫があれば手に入ります^^

 

 

---------------

 

あなたの心が動いたときがシャッターチャンス。
いつでも撮れる、等身大のカメラ。



「写真を撮りたい!」


そう思うときは、必ず

すごい!
きれい!
かわいい!
おいしそう!

と、自分の心が動いたとき。


その心は

お友達に見せたい!!
facebook やブログ、インスタグラムでみんなに伝えたい!
未来の自分のために思い出を残したい。

につながっている。


写真に自分の気持ちを乗せて、つながりあうこと。 

それが

「フォトコミュニケーション ®」  

今の自分の気持ちを素直にカタチにするには
いつも持っている iPhone・スマホからがいいかもしれない。  

かまえないで、
心が動いた瞬間を、写真にしよう。

そこには、等身大の自分が写り込んでいるはずだから。



 


 

 

iPhone6s作品例(クリックしたら大きく表示されます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認定アイフォトグラファー®・スマフォトグラファー®養成講座


※アイフォトグラファーと、スマフォトグラファーは
 一般社団法人フォトコミュニケーション協会の商標登録です。


全2回(3時間×2)

 

レッスン1と2を修了したら、
一般社団法人フォトコミュニケーション協会認定の
「アイフォトグラファー®、スマフォトグラファー®」の認定書を授与します。

 

レッスン1《撮影編》

・iPhone・スマホのカメラの仕組み
・写真を撮るときに大切なこと
・知っていると差が出る機能
  (構図、バーストモード、ピント、背景をボカす、露出、HDRなど)
・プロのテクニックをiPhone・スマホ向けにアレンジ

など



アプリを使わなくても、背景をボカすことができます。
未加工(iPhone6s)


 

レッスン2《加工・自撮り・インスタグラム編》

全部、無料アプリで行いますので、安心してください。

無料アプリを探すのが、とても上手なので^^


・おとなの自撮り(撮影&加工)

・オススメの無料加工アプリ「Snapseed」の使い方
・撮ったままより、感じたままへ。写真の加工のコツ

・インスタグラムのコツ など

 

 

Snapseed」の加工例

 

 

 

 アプリを使った加工のBefore Afterはコチラにまとめています。

2017年後半のiPhone撮影の写真まとめはコチラにまとめています。
 

 

◆ 日時


※レッスン1、2と順に受講する必要はありません。
 

◆レッスン1《撮影編》
2018年内の開催予定はありません。

◆レッスン2《加工・自撮り編》 

8月18日(土)14−17時

※2018年最終レッスンになります。


◆1Day(レッスン1と2を一気にします) 
2018年内の開催予定はありません。

 

 

◆ 会場

 

世田谷スタジオ

(最寄駅:小田急線 経堂駅 徒歩8分)

(経堂は新宿から12分、渋谷から7分です)

※場所の詳細は、お申込みいただいた方にお伝えしています。

 

◆ 講師

渕上真由
一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事



 

◆ 価格

2回コース・1Dayコース 18000円
ただし、2週間前までの振込で16000円です。

レッスン1、2の単発で受講する場合は10000円です。


レッスン1と2を修了したら、
一般社団法人フォトコミュニケーション協会認定の
「アイフォトグラファー®、スマフォトグラファー®」の認定書を授与します。

 
再受講の場合は、
2回コース(2回セット)、1Day集中コース、ともに5000円です。



使用テキスト





◆ 申込方法

下記URLよりお申し込みください。
お手数ではございますが、ご希望の講座日をご記入ください。

http://photo-communication.jp/contact/index.html

 

 


最近のメディア実績

 

MacFan(2017.7月号)

 

 

NHK「おはよう日本」(2017.5.1) 

 

 

NHK「おはよう日本」で「大人の自撮り」をお伝えしました

テレビや雑誌で写真の撮り方、撮られ方をお伝えしています。

 

 

フジテレビ「ノンストップ!」(2016.10.19) 

『ちょっとの工夫で激変

 自慢したくなる!スマホ写真の裏技』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

「マニュアルに憧れているんです」

 

ある時、生徒さんに言われました。

 

 

 

 

 

少し申し訳なさそうに

 

「スクールでマニュアルはしないのは知ってますが…」

 

と前置きをしたあとに、

 

 

「それでも、私、マニュアルで撮れるようになりたいんです!

 教えてください!!!」

 

と目をキラキラ輝かせながら伝えてくれました。

 

 

 

 

 

 

カメラには様々なモードが用意されています。

 

 

すべてをカメラ任せにする全自動モードから、

(一般に、”オート”と言われているものです)

 

 

一部をカメラに任せて

撮影者本人の好みの写真が撮れるモードなど。

 

 

 

その中で、撮影者が全部を決めるモードが

 

「マニュアル(M)モード」です。

 

 

 

 

 

詳しい話は、ここではやめておきますが、

シャッタースピード絞りISO

絵作りに重要な設定を撮影者が決めるモードです。

 

 

 

 

 

「設定を撮影者が決める」

 

というと、とてもハードルが高いようであり、

だからこそ、本格的なプロっぽいイメージもあると思います。

 

 

 

ただ、私としては、

マニュアルモードを使いこなせなくても

本人の撮りたい写真は撮れるようになるので

 

スクールの授業では、マニュアルモードはお伝えしてきませんでした。

 

 

 

カメラの操作で右往左往して苦しくなるよりは、

撮りたいものを、簡単に、楽しく撮れるほうがいいですものね。

 

 

 

 

 

言うなれば、

 

カメラのマニュアルモードは、

車のマニュアル運転と同じ。

 

 

「オートマ限定」でも車は運転できますが、

「マニュアル」だと細かくコントロールしながら運転できます。

 

「目的地まで行く」という車の目的は、どちらでも果たせます。

 

ですから、そこまでマニュアルモードにこだわる必要はないのかもしれません。

 

 

 

 

 

今はカーレースのF1でも、完全なマニュアル車はありませんし、

 

カメラの世界でも、

 

「写真は、マニュアルモードじゃないとダメ!」

 

というのはフィルム時代のお話。

 

 

 

ですから、

 

そこまでマニュアルモードにこだわる必要はないのかもしれません。

 

 

 

 

周りのプロフォトグラファーの友人たちに聞きましたが、

マニュアルモードで撮影している方は、ごく一部。

 

 

星空や月、花火やイルミネーションを撮っている方や

三脚を使った風景、マクロ撮影をしているプロくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、せっかくあるモードなのに、

 

「なんとなく難しそう」

 

という理由だけで、

マニュアルモードで撮らないのも

 

「写真を自由に楽しみたい!」

 

「私のカメラを、もっと愛してあげたい!」

 

「もっとカメラのことを知りたい!」

 

という思いを押さえてしまっているような、

そんな、ちょっと寂しい気持ちもとてもよく分かります。

 

 

 

 

そこで今回、マニュアルモードを使って

もっともっと写真を楽しめるようになる

 

 

ワンランク上のフォトグラファーへ

 マニュアルモード使いこなしレッスン

 

 

 

を開催させていただくことにしました。

 

 

 

 

 

ちなみに、、、、

 

しつこく「マニュアルモード」と書いていますが、

カメラ用語の「マニュアル」は2つあるんです。

 

今まで伝えている撮影モードの「マニュアルモード(M)」と

ピントを自分で操作する「マニュアルフォーカス(MF)」です。

 

混同している方が多いので、ご注意を^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの講座は、こんな方にお勧めです。

 

*自分のカメラを100%使いこなせるようになりたい!

 

*カメラのことを、もっと知りたい!

 もっと写真を好きになりたい!

 

*ワンランク上のフォトグラファーになりたい!

 

*マニュアル撮影に憧れる!

 

*自由に自分の世界を表現する楽しみを広げたい!

 

*自分のカメラと、もっと仲良くなりたい!

 

*他のカメラ教室に行ったけれど、よく分からなかった

 

*自分の「できる!」を増やしたい!

 

*写真を心から楽しみたい仲間を作りたい!

 

 

 

 

 

 

マニュアルモードを使いこなせるようになると、

カメラの仕組みをよく理解できるようになります。

 

すると、普段はマニュアルで写真を撮らなかったとしても

自分が撮りたい写真が撮れるようになりますし、

表現できる世界が、格段にアップします。

 

 

 

写真は自由です。

 

いつもマニュアルモードだけで撮る必要もありませんし、

楽しく感性のおもむくままに撮ればいい、と思います。

 

 

 

 

 

その上で、

 

「マニュアルモードは使えない、できない」

 

というのと、

 

「マニュアルモードも使えるけれど、普段は使わない」

 

 

というのとでは、感性の開き方

写真に対する自信も全然変わってくるでしょうから

 

一緒に、マニュアルモードも楽しめるようになっちゃいましょう!

 

 

 

きっと、あなたのまわりの友達からも

一目おかれるフォトグラファーに変身しちゃいますよ。

 

 

 

 

 

  

フォトコミュニケーション協会のレッスンの特徴

 

教えた人数11000人以上のお墨付き

 

フォトスクールや、企業や商工会議所で、

年間120回以上セミナーをしている渕上がお伝えします。

 

 

 

 

 

企業や商工会議所のセミナーに来られる方は、

年齢も職業もバラバラの初心者さんばかり。

でも終わる頃には、必ず撮れるようになります。

 

ポイントは、カメラの専門用語を使わず、

スムーズに頭に入るように流れの中で理解してもらうから。

分かりやすさはお墨付き!

 

 

 

 

 

 

「わかる」ではなく「できる」にする

 

実際に撮影して、しっかり身につけてもらいます!

自分の写真がみるみる変わるので、みんな、驚きながら撮影していますよ。

 

また、協会公認のプロフォトグラファー、インストラクターさんも

会場でしっかりあなたをサポートさせていただきます。

 

 

 

 

 

フォトコミュニケーションをお伝えします

写真を撮るときに、大切なマインドもたくさんお伝えします。

写真を通じて、自分のことを知り、自分を受け止めて、

自分のことが好きになる最大のオマケ付き^^

 

写真の、本当の楽しさや喜びを感じてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトレッスンの流れ

 

マニュアル撮影レッスンの内容は、以下を予定しています。

(※予告なく変更する場合がございます)

 

・自己紹介

・写真ってなぁに?

・写真で自分が好きになる「フォトコミュニケーション」

・簡単にわかるカメラの仕組み

・なるほど!シャッタースピード・絞り・ISOの三角関係

・マニュアルモードで撮るためには 

・設定の順番

・さあ撮影しよう!マンツーマンアドバイス付き

・まとめ

 

 

 

 

「ワンランク上のフォトグラファーへ

 マニュアルモード使いこなしレッスン」

 

◆日時

9月23日(日)14時ー17時

 

◆場所

世田谷スタジオ

(小田急線 経堂駅 徒歩8分)

(場所の詳細は、申込してくださった方にお伝えしています)

 

◆価格

8,000円

 

※フォトコミュニケーション協会の協会員は3,000円

 

 

 

 

さらに、 特典があります。

 

この講座に参加した方で、 

もっと学びたい、もっと自己表現したいという方向けに、フォトスクールの割引があります。

 

一般社団法人フォトコミュニケーション協会 フォトスクール

ベーシックコースの受講料が2万引きになります。

 

フォトスクールについては、コチラをご覧ください。

 

 

また、さらに、さらに!

レッスン当日に、スクールの参加を決めてくださった方は、

熱意に感謝して、今回のレッスン代8000円はお返しします。

 

 

 

 

 

 

 

受講生の感想

 

K-X WH 安心してカメラに任せようと思いました

 

絞りとシャッタースピード、楽しいです!

説明がとてもわかりやすく、納得!

 

マニュアルを習ったけれど、

たぶんしばらくAvモードでいくかと思います。笑

 

でも、なんとなくAvモードから

安心して、カメラに任せようと思いました。

 

「これ、ちょっと違うな」と思った時に

自分で考えて対応できる力がついた気がしました。

 

カメラの仕組みがよくわかって、

ますますカメラが愛おしくなりました!

 

 

 

K-X WH 知っていて使わないのと、知らないでできないのは全然違う

 

写真を撮るとき、光を適切量取り込むために、

いろいろな方法があることが整理できました。

 

改めて、写真は光でできていることがわかりました。

 

知っていて使わないのと、知らないでできないのは全然違うと思います。

被写体や環境によって、自分でベストな判断ができるようになりたいです。

 

ストレスなく撮るのには、技術面とクオリティ面があると思うので、自分で楽しく撮りたいように撮れたらいいなと思いました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

K-X WH マニュアルが必要な場面でも撮れるような気になりました

 

絞り、シャッタースピード、ISOの関係がよくわかりました。

 

マニュアルでもできるけれど、Avモードで撮ったときに

「カメラさん頑張ってる」と思えてきました(笑)

 

マニュアルが必要な特別な場面でも、少しは撮れるような気になりました。

 

たまに「自分でカメラを操っている感」を満たすために、

マニュアルモードでもやってみるといいかも!?

 

マニュアルできないのと、できるけれどやらないのは、違うなと思いました。

楽しかったです!

 

 

 

K-X WH 「カメラの中で何が起きているのか」を理解できる

 

実際に使用するのは、Avモードが多いと思いますが、絞り、シャッタースピード、ISOの関係がおさらいできたので、よかったです。

 

もし自分の思っていたものと違う写真が撮れたときに

「カメラくんの中で何が起きているのか」を理解できると思います。

 

それが理解できたら、次の指示「じゃ、露出を下げよう」とかにつなげられるので!

 

「おりこうなカメラ」と「よくわかっていない人間」の関係ではなく

「おりこうなカメラ」と「カメラの仕組みがわかっている人間」の関係になれば

楽しく撮れると思います!!

 

ありがとうございました!

 

 

 

K-X WH 「そういう意味だったのか!」と、目から鱗が落ちました!

 

カメラはまだまだ初心者に近いですが、

絞り、シャッタースピード、ISOが、きちんと理解できました。

 

しかも、その3つが自分の中でつながりました!!

「そういう意味だったのか!」と、目から鱗が落ちました!

 

たぶん本をいくら読んでも、この3つを自力でつなげるのは不可能だったと思います。

すごいです!!

ありがとうございました!

 

 

 

Q & A

 

Q:一眼レフがないのですが、大丈夫ですか?

A:はい、大丈夫です。

実際に一眼レフの楽しさを知ってほしいので、カメラを貸し出しています。

数に限りがあるので、お申し込み時に「カメラ貸出希望」とお伝え下さい。

買う前に、実際に使ってみると、感覚がわかりますよ。

 

 

Q:ミラーレスカメラでも大丈夫ですか?

A:もちろん大丈夫です。

実は、ミラーレスも立派な一眼レフです。

どんどん使いこなしてもらえるようにしますね。

 

私の愛用のミラーレス機。ちゃんと「M」のダイヤルがあります。

 

 

Q:カメラ初心者です。ついていけるか心配です。

A:問題ないですよ。

ただ、多少はカメラという機械の話をするので、全くの初心者でしたら「初心者のためのカメラのトリセツ」のほうが簡単です。

  

 

Q:それなりに写真をやってますが、参加しても学びがありますか?

A:初心者から、上級者まで大丈夫です。

全員のカメラのレベルを聞き、全員に役に立つようにレッスンを進めていきます。

 

 

Q:センスも絵心もないのですが、そんな私でも撮れるようになりますか?

A:この質問、私はすごい可能性を感じます!!

今まである「既製品」ではないセンスや絵心があるということですよ。

写真というツールを使って、人と違う自己表現ができるはずです。

あなたの才能に期待しています!!

 


 

 

 

最後に・・・

 

 

ここまでマニュアルモードについて語ってきて、

最後にこれを伝えるかどうか正直迷いましたが、、、

 

私は、マニュアルでも、他のモードでも、

どちらでもいいと思っています。

 

 

私は、マニュアルで撮りたいと思ったときに、マニュアルにしています。

 

 

 

それはどんな時かというと、、

 

その被写体に、じっくりと向き合いたいとき

 

少しずつ表現を変えながら、一番、しっくりする絵を探したいとき

 

丁寧に、描きたいとき

 

 

そんな時、私は、マニュアルモードにしています。

 

 

 

 

 

スクールの生徒さんには、最低限の努力で、簡単に、楽に、

思い通りに撮れるようになってもらいたくて

絞り優先モード(Av)をメインに教えています。

 

今後も、この方針は変わりません。

 

 

 

しかし、撮影モードという選択肢が増えれば、

応用がきき、表現の幅も広がり、

被写体との向き合い方も選べます。

 

 

 

 

 

丁寧に、時間をかけて被写体と向き合う

 

マニュアルモード。

 

 

 

 

 

あなたのフォトライフに、楽しくなる選択肢を増やしてくださいね。