ナッツRV 愛知豊川店 スタッフ日記

ナッツRV 愛知豊川店 スタッフ日記

常に進化を続けるナッツRV。愛知豊川店のスタッフがいろいろな情報をお送りしていきます!

 

先週末のキャンピングカーショーご来場頂きました皆様、イベントご来場有難うございました~!

 

 

 

 

って毎週同じこと言ってますね(笑)

 

 

 

当方、毎週イベント続きで目まぐるしく時間が過ぎておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。イベン自体は、大変多くのお客様にご来場頂き、感謝感謝で御座います。

 

 

 

本日から4日間、アンコール試乗会となりますが、大荒れの天気が予想されております。逆にだからこそ、かもしれませんので、ご予定のつく方、ぜひ「愛知豊川店」 と 「名古屋一宮店」にキャンピングカーの試乗にいらしてください!

 

 

 

 

さて、ブログの本題に。

 

 

 

 

過去にちらっとご紹介していたお話、いよいよ本腰が入ってまいりましたねぇ。

 

 

 

 

ステランティスジャパングループの「フィアット プロフェッショナル」の正規販売代理店となりました。

 

 

フィアットデュカト正規販売がナッツRVから決定したことを意味しております。

 

 

その他、正規ディーラーは他4社が扱うこととなったと記事になっております。間違いなくナッツさんからデュカトバンコンがリリースされるのは確定ですので、あとはその時期ですね。

 

 

 

今回の正規販売店展開で、今まで輸入車の最大のネックと言われいていた「部品の安定供給」の問題が解決されると感じております。

 

キャンピングカーとして完成された車両を輸入して販売している中ではベース車両の深い見識や知識は「経験」でしか補うことが出来ず、またそれさえも 時に不十分だったと認識しています。

 

 

上記記事の中に「新車保証」や「部品の安定供給」という話も出ておりますので、もしもの時も安心できるのではないでしょうか。

 

 

今までのバンコンのベース車=ハイエースという [牙城]を崩す事があるのかどうか。これからの製品開発に目が離せませんね!

 

 

 

最近、定休日の度に雨予報で少々陰鬱な豊川店付近、今回は大型台風の接近が予報されておりますので、十分にお気をつけください。

 

 

先週はちょっとバタバタとしており、ご連絡頂いておりましたお客様への返信が遅くなってしまいました。どうしてもイベント応援が出てくるとお返事にタイムラグが発生いたします。。

 

 

先週金曜日、先日ご購入頂きましたお客様のお納車立会で朝イチから京都店店頭に。弊社クレソンエボライトからクレアエボリューションへのお乗り換えのお客様で、とても楽しみにして頂いておりました!

 

 

当日はご家族皆様でご来店頂き、納車完了。

I 様 楽しんでくださいね!

 

 

とお引渡しが終わり、そそくさと積載車に乗って次の目的地、「神戸ポートアイランド市民広場」へ。

 

 

 

阪神高速が事故渋滞との一方が入り、方向転換で一路中国道に。

グルっと回り込んで有馬温泉の標識を恨めしそうに眺めながら新神戸トンネルで一気に現地入り。

 

 

金曜・土曜・日曜と全て快晴の9月とは思えない暑さでした。

 

 

自分は今回始めて参加させて頂きましたが、「よくある無料イベント」とはちょっと印象が違いました。(詳細は省きますが 笑)

 

 

よくある室内イベントではありませんので、34度の外気温の中で「キャブコン」の断熱性能を肌で感じて頂くことが出来たと感じています。

(ご説明の際に車内に乗り込む度に涼んでたのは内緒)

 

 

 

そして折角の神戸です、前々から気になっていたお店探訪を設営後にしてきました。

 

 

(お店って射的屋サンじゃないですよ。。)

 

 

 

 

本イベントを皮切りに、今週末は名古屋ポートメッセイベント~と続いていきます。ご来場頂けそうなイベントが御座いましたら、ぜひ皆様のご来場をお待ちしております~!

昨日より各店舗平常営業となっております、ナッツRV。

夏季休暇中にお問い合わせを頂いておりました案件対処に昨日は各店舗追われていたようです。

 

 

特に多かったのが本年、数年ぶりの開催予定となっております

「第20回ナッツRV 感謝祭」関連でした。

 

 

システムエラーの為、一部お客様のお申し込みへの返信が届かず、お客様からのお問い合わせが多かったように感じます。

 

 

現時点ではシステム不具合も解消されているとの報告を受けておりますので、ご安心くださいね!

 

 

ただ、予想以上のお申し込み数とのことで「早期受付終了」が予想されております。ご参加希望のお客様については、お早めにお手続きの程お願い致します。

 

 

 

さて、昨日10:00~受付開始させて頂いております

「エブリィターボベース スピナPOPUP 」の8台限定キャンペーンの進捗です。

 

 

昨日11時の時点で4WDベースは完売となっております(早っ!)

 

2WDベースについても在庫僅少となっておりますので最後の新車エブリィターボ、ご検討のお客様はお問い合わせお願い致します!

※各店舗1台限定となっておりますので、売約店舗もございます。予めご了承の程、お願い致します。(豊川店分は売れてしまいました。。)

 

 

9月初旬からまた毎週のように全国各地でキャンピングカーの展示会が開催されます。

9月3~4日は「神戸」

翌週10~11日は「名古屋」

24~25日は「横浜」

 

10月8~9日が「ナッツ感謝祭」 

翌週15~16日は「大阪」

29~30日が「お台場」

 

11月12~13日で「福岡」が本年のイベントスケジュールとなります。

 

それぞれの展示会の翌週は開催地店舗で[アンコール試乗会]が開催されますので、日程がビチビチになっております。。

 

 

各店限られた「資源」(主に人員)で動いておりますので、即応出来ない事が多くなる時期でもあります。是非生暖かい目で見て頂けると現場最前線としては幸甚で御座います。(笑)

 

 

ぜひぜひ後半戦も、皆様のイベントご来場・店舗ご来店お待ちしております~!

 

 

 

ここ豊川店、今日は「the 夏」といった様相の抜けるような青空と白い夏雲が印象的な一日となっております。

 

 

本年度の弊社夏季休業は 8月9日~8月18日 となりますので、夏の連休にお車をお使いの予定が有るお客様、今からお車のチェックとメンテナンスを是非、お願い致します。

 

 

例年、休み前にクイック作業が飛び込んできますが対応できる数には限りがありますので、どうか事前に余裕を持ってご準備の程、お願い致します。

 

 

 

さて、本日のテーマについて。

 

 

あまりこういう事をこういうところには書きたくないのですが、前日お客様が某ディーラーで体験されたというお話。

 

 

このお客様、お車が納車されて念願の北海道に旅行にいかれ、その道中でオイル交換のために北海道のディーラーに入庫されたようです。その際は丁寧なディーラーマンの対応を受け、気分良くお店を後にされ、北海道旅行を満喫されたとのこと。

 

 

問題は戻ってから地元の同系列ディーラーに入庫した時の話。

 

 

そのディーラーでも同じようにオイル交換をお願いしようと、その旨伝えると、サービスマン曰く 「車検証の型式の箇所に「改」の文字が入っているので、当店ではオイル交換できません。」ときっぱり。

 

 

「!?」

 

お客様、しばらく目が点になったようです。

 

 

 

またあるお客様が他の同系列ディーラーに車検入庫した際の話。

 

 

事前にそのディーラーに車検入庫する旨は聞いていましたので、架装部分の点検等、気になったらお店にも寄ってくださいね~と話していた矢先、車検入庫先のディーラーのサービスマンからお店に連絡が。

 

 

電話を変わると開口一番、「シンクがついているのに何故3ナンバーなんだ、違法車両をおたくは販売しているのか?」と。

 

 

過去に販売していたトライアルCタイプは3ナンバー登録車ではありましたが、運転席後ろの家具にシンクがついているモデルでした。

 

 

弊社では一台一台、改装をした車両を陸運局に持ち込んで改造内容の確認、車検上問題のない車両の登録をしています(当然ですが)

 

3ナンバーにシンクが付いていたら登録できない・違法車両というのはあまりにも乱暴で、また無知故の暴言です。

 

 

まぁ、そんな事を言ってるサービスマンがいるディーラーだからこそ行政処分が下ったんでしょうが。。。

 

 

そして最後には、「もうこのお客さんの車、ウチの店では整備できませんので!」とガチャ切りされましたよね、、

 

 

何を言いたいのか、といいますとですね

 

ディーラーは

ただの経営権をメーカーから買っている町の車屋さん

という事です。

 

 

昔はメーカー直営ディーラーもありましたが、昨今はほとんど経営権を売却していますね。

 

 

乗用車のプロかもしれませんが、キャンピングカーのプロではありません。なので、間違ったことも適当な事も、聞いてると笑えてくるような事も平気で言ってくる可能性があります。

 

ディーラーのサービスマンって陸運局の検査ライン通ったり構造変更のような下っ端仕事はしないんでしょうね(笑)

 

 

 

ディーラーに全て任せていれば安心、という時代は終わったように個人的には感じます。かくいう自分はディーラーの中身を知っておりますのでディーラーで車を買った事はありません(笑)

 

 

 

当然、そんなディーラーばかりではありません。自店舗がお取引させて頂いているT系・M系・N系・S系ディーラーさんはしっかりとした知識もありますし、型式に[改]の字が入っててもオイル交換出来ますし、当然車検も12ヶ月点検も受けられます(笑)

 

 

弊社で新車カムロードベースの車両ご購入のお客様には必ず「改造申請の説明書」なるものが車検証入れに入っております。本件のような時にお使い頂く書類ですが、十数年ぶりにその書類が必要な話を聞きましたよ。でもまさか愛知県で聞くとは思いませんでしたけどね(笑)

 

 

 

ネタのような本当の話です。

 

 

 

もし、ディーラーでその様な話があった際は担当店舗・営業マン・サービスマンにお気兼ねなくご連絡ください。適正に対処致します。

 

 

まぁ、まだまだこの手のディーラー逸話や保険屋逸話には事欠かない日常ですので、また気が向いたら書いてみますね。

 

 

 

さて、今週末は北海道の札幌でキャンピングカーフェアが開催されます。道民の皆様、お時間御座いましたら是非アクセスサッポロへご来場くださいね~!

昨日までの雨が嘘のような快晴のこの豊川店付近。でもまた明日から来週いっぱい、不安定なお天気のようです。本日は3連休の中日でお店の前の23号線も混雑しています。。

 

 

 

さて、先日から店舗で行っております「キャンピングカー電装 相談会」、結構多くのお客様からお声掛けを頂いております。購入して終わり、ではなく使ってナンボのキャンピングカー。ご不明な点をご質問頂く事は嬉しい限りです。

 

 

その相談の中で「ボトロニックの補正」の話が結構な頻度でありましたので、念の為のおさらいをと思いまして。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

キャンピングカーで遊びにいって、ご自宅に戻られたらまず、100Vの外部充電をお願い致します。(鉛バッテリー搭載のお客様)

 

 

外部充電が出来ないお客様はソーラー、若しくはアイドリングとなりますが、今回そのお話は割愛させていただきます。基本的に100V充電を行う、という前提で。

 

しばらくすると、大体このような状態になると思います。(画像はクレソンジャーニー エボライトです)

 

100%と表示されておりますので、「普通に考えると」満タンです。

 

ボトロニック液晶の左下に下向き矢印が[start]の位置にあります。これは車のエンジンをかける始動用バッテリーの数値であることを示しています。(上の2枚の写真は右の[Bord](サブバッテリー)の数値となります)

 

なので、この状況では「始動用バッテリーの電圧が12.6V」と読み取れます。

 

サブバッテリーの電流量、-0.1Aと表示されています。

こちらはサブバッテリーの現在の電圧を示しています。

13.5Vあれば普通は問題なし、と判断されます。

 

 

この4枚の写真は外部電源を指している状況で全て撮影しております。ですので、充電はされていない事を示しています。

 

 

ただ、残量100%、充電されず-0.1A消費されている、この状況ですので イコール 「充電が完了した」と思われるのが一般的です。

 

 

 

しかし、大量の電気を消費する家庭用エアコンや電気ケトル(同時に使っちゃダメですよ)を使用し、残量が30%ほどになる事も有ると思います。

これからの季節、エアコン稼働率が非常に高まりますので、逆にエボリューション・エボライトでも充電が間に合わないという方も増えてきております。

 

大きな電気を入れたり出したりしているうちに、サブバッテリーが100%充電される前に電流電圧計が100%になり、満充電できなくなることがあります。その為、弊社の車両マニュアルにはボトロニック搭載車に対する「補正」をしてください、と記載が有るのです。

 

 

この画像の液晶中央上側に[On]と記されています。

 

この[On]の意味は

「ボトロニックの数値的にそろそろ満タンなので、電流を制御してくださいね~」と充電器に充電制御を掛ける信号を送っている、という意味 と捉えてください。

 

この制御は当然必要なものなのですが、肝心のサブバッテリーが「本当の100%」になっていないと逆にサブバッテリーの劣化を早める事となります。

 

ですので、その為にたまに[補正]が必要となるのです。

 

さて、その補正のやり方(方法)ですが、これはとても簡単です。

 

ボトロニックの下向き矢印ボタンを3秒長押しするだけ です。

するとでっかくOFFと表示されます。

(ボトロニックの製品ロットによって表示方法が異なります)

 

この作業中は外部電源コードを車体に接続し、画像のようにメインスイッチを切った状態で行ってください。

※100V製品も使用していない静的な状況で行ってください

 

要するに充電だけで使っちゃダメです。

 

 

すると先程、

 

と表示されていたのが

 

こうなります。

画面をよく見るとOffとその横に Charge と表示されています。

この状態は6.7Aサブバッテリーに充電されていることを示しています

 

 

この車両、一番最初に補正を掛けたとき12A充電していました。ということはかなりのズレがある状況だったと言うことになります。ズレが大きくなってくれば来るほど

 

100%で使い始めたのにエアコンが一晩持たない!

 

と言われる状況になります。当然、バッテリーの寿命の可能性もありますが、マニュアルに従った正しい使い方をして頂くということが前提ですので、まずは補正をしてみてください。

 

先程は300AhでCharge の表示がありませんでした。

当然、300Ahなんだから満タンと思うのは無理ありません。しかし現実は12Aも入電する隙間があったのですね。

 

これも上の画像と同じです。100%表示ですが Charge が表示されます。

 

 

ちなみにこの補正充電をする際に100V充電器からの電気がサブバッテリーに流れる理由は、充電器からサブバッテリーへ向かう電気の電圧が高いから、です(苦手な方は???となる部分ですね。実は自分も苦手です(笑))

 

 

先程、13.5Vという電圧でしたが、[On]にすると上の写真のように14.7Vまで上がっています。逆にこのような電圧だからこそ、電気が流れるのです

 

電気は水と一緒で高いところから低い方へ流れます。

 

自動車のオルタネーター(発電機)からの電圧は大体~13.7Vくらい(車両・環境・状況によって異なります)ですので、「走行充電だけではサブバッテリーが満充電にならない」のです。

 

※ ナッツRVのクレソンジャーニー EVOLITE で使用されているC-TEKという充電器はオルタネーターから出てくる電気を「昇圧」しサブバッテリーに流してくれるという優れた機能があります。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

オルタネーター自体の発電量は「ベースの車体側のコンピューター」で制御されます。元来始動用バッテリーを満タンにすると発電量を下げる仕組みになっています(省燃費の関係)ので、いくら昇圧充電器だけを付けたとしても出てくる電気の「量」が少ない、若しくはほぼ0なら、充電器をつけるだけで意味はありません。あくまでも オルタネーターの電力を維持させる仕組み[エボリューションシステムベースの特許技術]があるからこそ活きてくる「昇圧充電器」です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

上はマニアックなセールストークですのでご理解頂けなくても良いです(笑)わかる人には解る!というとこですね。

 

※ 上の写真の14.7Vというのは走行充電ではなく「100V充電器」からの電圧となります。

 

 

 

ただ、ただですね。

 

 

これからが結構長いんです(泣)

実際に補正を掛けて現在6時間経過していますが、

まだ1.0A入電していました。。。

 

 

弊社マニュアルには「Charge 表示が消えると補正完了です」と記載していますが、サブバッテリーのコンディショにもよりますので一概には言えませんが、半日は最低必要とお考えください。物によっては1日掛かるものもあります。

 

※ 当該記事は弊社車両の最新システムでのお話であり、全てのキャンピングカーがそうであるという訳ではありません。15年ほど前の車両には数日100V充電をしてやっと満タン、という充電器を搭載していたキャンピングカーも存在しておりました(弊社車両ではありませんが)ので、充電にお困りの方は充電器の刷新もご検討ください。

 

 

尚、ボトロニック電流電圧計を搭載している車両で、On/Off が切り替わるような仕組みの車両にお乗りの方[弊社車両に限りません!]でも同様な補正は必要になると思われます。バッテリーが1年くらいで充電量が少なくなってきた、等気になるお方は一度、販売店にご確認されるのが良いかもしれません。

 

 

 

たまに真面目な事を書くと長くなりますね(笑)

 

気になることがありましたらまずはマニュアルを読んで、それでも解らなかったらお問い合わせください~!

本日から週末にかけて九州全域に線状降水帯が発生するおそれがある、との事です。こちらも朝~昼にかけてバケツを引っくり返したような雨が断続的に降り続いておりました。。週末にかけて最大限の注意をお願い致します。

 

 

 

先日、ちらっと公開しておりますアルパインの[ビックX11]プロジェクト、現在鋭意各所調整中でございます。色々な課題がありますので一朝一夕にはご案内が難しいのです。ただお客様からの声が大きくなればなるほど、具現化するスピードはより早まると思われますので、是非また最寄りの店舗等にお問い合わせくださいね!

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

昨今の酷暑の中、キャンピングカーをご検討される方から[必須]と言われているエアコン装備。先週末ご来店頂きましたお客様にも色々とお伝えさせて頂きましたが、

 

 

一番大切と思う事とお伝えしたのが、現時点(欲しいと思っている今のこの時点)で何故キャンピングカーが欲しいのか、どのように使うのか、を吟味してみてくださいという事です。

 

 

目的もなく購入する車ではない(と思っておりますが。)ので、何かしらの目的や用途があると思うのです。それに合わせた車が最適解となるに間違いはありません。

 

 

もちろん、検討時に思い描いている使い方と納車になって半年後の使い方、3年後の使い方は大体異なります。家族構成も外的環境も変わりますので、当然起こりうる事です。

 

 

 

ですが、そんな先まで考えていたら何時まで立っても購入できない、というのもまたある話です。

 

 

とまぁ、色々と脱線していますが要するにエアコンは絶対に必要なのか?という問題です。

 

 

アタクシのお客様に冬のスキーにしか使わない、というお客様がいらっしゃいます。ベース車は4WDでFFヒーター装備。でもエアコンは付いておりません。冷蔵庫も付いていません。ソーラーパネルも付いていません。

 

そうです、それがそのお客様にとっての最適解だったのです。未だにスキー三昧されているとのお話でした。夏には他の趣味でキャンピングカーはほぼ動いていないようですね。

 

 

様々なお客様が用途と意図を持ってご検討頂くことがほとんどですので、ご提案にも正解があるわけではありませんね。

 

 

ただ、夏の時期に車中泊をする、という頻度が高いのであれば当然、エアコンと言うワードが頭に浮かぶと思われます。

 

 

「キャンピングカー」を家と同様に考えるのは無理があります。電線がつながっている訳ではありませんから、無尽蔵に(今年の夏はそれさえも危ういかもしれませんが)使うことは出来ません。

 

 

でも少しでも工夫して涼しく車中泊をしたい、というお客様も多くいらっしゃると思います。そんな方々にぐるりと回りましたが、今回のお題の朗報かも?です。

 

 

 

 

長年、皆様に親しまれてきた「クレソンジャーニー」、クレソンの中ではエボライト(急速充電モデル)とエボライトLi(リチウムイオンバッテリー搭載急速充電システム)が100%の販売となっておりました。

 

しかし昨今、カムロード自体の値上げ・様々なコスト高からの値上げ等、[価格が下る]ということはありませんでした。今後も期待薄かもしれません。

 

 

 

今回、ナッツRVが各店舗限定5台で挑む「クレソン P エディション」というモデルが本日、WEBやオートキャンパー誌に掲載されます。

 

 

 

 

これはナッツRVのクレソン(ノーマル)に「FFヒーター」、「家庭用エアコン」「バックアイカメラ」を標準装備とした台数限定モデルの呼称です。

 

 

販売価格はなんと車両本体価格+消費税で

800万円を切る価格でリリースとなります。

 

バンコンでも800万円を超えるモデルで、且つ納車まで2年掛かるという話をよく耳にします。

 

 

今回のこのPエディション、納期が半年(最短で年内納車が可能)という驚異の納期で皆様にお届けする事が可能です!

 

 

自社のフィリピン・セブ島の第二工場が順調に稼働しており、余剰生産枠を確保出来たからこそ、のこの企画となります。

 

 

 

キャンピングカーに乗った事があるDIY好きなお客様にも、初めての一台でコストを抑えたい、というお客様にもピッタリのお車、各店限定5台です。

 

 

ちなみに豊川店はWタイプとXタイプをオーダーしておりますが、台数限となりますので、気になる方はお問い合わせお願い致します~!

急激に気温が上昇し始めている今日この頃、本日の納車の際は眩むほどの暑さの中でしたが何とかご説明させて頂く事が出来ました。

 

 

実際にこの暑さでEVOシステムを動かすと、その効果を如実に体感して頂けるので、そういう意味では「良い時期」でもあります。でもこの暑さは本当に体に堪えます。皆様も熱中症には十二分にお気を付けください。

 

 

そうそう。熱帯夜から解放された自分はやっと睡眠不足も解消されました(笑)

 

 

 

 

本日の納車説明の際、ご説明の中で「コレって知らないユーザーさんも結構いるのかなぁ?」と感じた事がありましたのでおさらいの意味を込めての本日のネタ。

 

 

昨今、家庭用エアコン搭載車両が弊社でもスタンダードになりつつあり、10年前のキャンピングカーとは快適さが全くの異次元になりました。本当にありがたい事と感じます。

 

 

そのエアコンを作動させるのは現状、「バッテリー」の電力を変換しています。当然バッテリーは消耗しますので、その消耗したバッテリーを短時間で充電する事が可能なのが、ナッツRVの特許取得技術の「エボリューションシステム」となります。

 

 

エボリューションシステムはその能力から、大変多くの皆様にご支持頂いておりますが、当然万能ではありません。今日も日中の納車説明の際、家庭用エアコンフル稼働させてアイドリングさせましたが、充電量より使用量が上回った時もあります。

 

 

外気温と湿度によっては当然、そういう状況もあります。

万能ではありません。

 

しかし、エボリューション・エボライト以外の車両はアイドリングでも使用量が上回る事がほとんどです。だからこそ、エボライト・エボリューションが選ばれるのだ、と思います。その上、新型パネルになってからの断熱効果は飛躍的に向上しており、冷気の持ちは格段に良くなっています。

 

 

 

 

さていつものように能書きが長くなったところで、本題に。

 

 

前述の様に、充電システムと新型パネルになってからも変わらない部分がベースの「カムロード」。(マイナーチェンジ等で仕様はかわっていますよ)

 

変わっていないのはあくまでも「車」の部分です。よくお話しますが、運転席助手席部分は「ガラス」と「鉄」と「樹脂」の複合体です。断熱材等はほぼ皆無です。(乗用車も同じですね。)

 

 

展示車はいつもこの状態で展示してありますが、それは展示の状態であって実使用する際は

 

 

この状況での使用を推奨しております。

豊川店でエボリューションの説明を受けられた方の中にはこの状況を試された方もいらっしゃると思います。

 

かなり驚く程、違います。

 

駐車した状況でこのような暑い日が続く環境では是非、一度お試しいただきたいです。

 

 

ただの布切れ一枚ですが、その効果はご自身で体感するのが一番です。

 

 

 

また、弊社がキャブコンに採用している「アクリル窓」、ただのガラス窓とは比較にならない位、断熱効果が高いものとなります。

 

しかし。

 

この状況で直射日光が窓から差し込む状況では、手をかざすと熱を感じます。それほどまでに太陽光の強さはあります。

 

 

ですので、駐車時にエアコンを稼働し、1時間程度車から離れる、というお使い方を考えられている方は窓についている「シェード」を閉めて頂く事を強く推奨しています。

 

 

この1枚だけで驚く程、熱交換が減少します。これも実際に体感しなければその状況は解らないと思います。

なので、イベントではなく実際に外展示をしているお店に来てください、と何度もお伝えしております。

 

 

 

ただ、上記の「シェード」はあくまでも「駐車中・停車中」に使用するようにお伝えしております。走行中の使用についてはおススメはしておりません。

 

 

 

走行中は、装備されている「カーテン」をご利用ください。

 

走行中に丸見えになるのが嫌・遮熱の為に、とシェードを上げて走られている方がいらっしゃいますが、走行の振動にさらされることでシェードを上下をさせる為の「糸」が緩みます。

 

調整は効きますが、何度も何度もしていると部品の摩耗で調整が出来なくなり、インナーシェード(網戸とシェード本体全部)を交換する必要があります。

 

 

当然有償交換となりますので、おススメしていないのです。

 

 

 

 

ただ残念なことにすべてのお客様が同じ納車説明を聞いている訳ではなく、説明する人間のスキルやノウハウ、経験も同一ではありません。

 

 

 

キャンピングカーは乗用車とは異なります。先日も乗り心地が、、とお入替の相談も頂きました。それもそのはず、キャブコンのベース車はトラックです。乗用車ではありません。ただ、少しでも乗り心地や使用感のカイゼンをするため、日々様々な事に取り組んでおります。

 

 

今週末、豊川店限定とはなりますが、「続・アンコール試乗会」を行います(笑)是非乗り心地が気になる、エアコンと断熱が気になる、とお考えのお客様はご来店頂ければ、と思っております!

 

 

皆様のご来店お待ちしております~!

 

梅雨入りから早10日程経過しておりますが、本格的にジメジメの毎日が始まりました。この季節はいつまで経っても慣れません。

 

そして私事ではありますが、エアコンがない暮らしを数日前から強いられており、今朝ほど熱中症気味に起床いたしました。。。皆様も充分にお気を付けください。

 

 

 

さて、先週末はふじのくにイベントご来場頂きましたお客様には大変感謝しております!改めましてお礼申し上げます。両日ともに会場前にはお客様の列を見受けました。

 

 

 

 

 

自分の与太話から発出した(?) あのナビを見に、大変多くのユーザー様にご来店頂きまして、感謝感謝でございます。

 

当日お話した皆様には第一形態とお伝えしていた通り、まだまだ終わらせないで続けていきますので、進捗はこちらで報告させて頂きますね。例のアレが付いてる車は豊川店に展示中ですので、ご興味ある方はご来店ください~!
 

 

イベント当日のお話や展示車の話などなどはこのブログでは割愛です。それより、今回見つけた美味しい店の話でも(笑)

 

 

静岡イベントの搬入日の夜、静岡の街を彷徨うのもちょっと面倒なくらいに疲労困憊だったので駅近くの店をリサーチ。

 

 

アレコレ見ていたのですが、そんな中でも「もうここしかない!」と思われる佇まいを発見。

 

 

こんなの見たら寄らない訳にいくはずもなく。

 

 

そして自分の直感はまだまだ捨てたもんじゃない、と再認識するような美味いお店に行きつく事が出来ました。何より横町の中の雰囲気が雑然としていてとても大好物です。

 

 

次の機会も是非ここの横町にある焼き鳥屋さんのハツを食べに来ようと誓った夜でした。まだ見ぬ美味い物を探し続けるのも、最近のイベント出張の楽しみとなっております。

 

 

 

さて話は変わりますが、今週末(明日金曜日から)アンコール試乗会を「愛知豊川店」と「神奈川湘南店」にて開催いたします。今回のイベント展示車は各店舗から持ち寄りとなっておりました為、ご希望の車両が不在の可能性が御座います。

 

 

出来れば事前にご連絡頂けますと、無駄足にならずに良いかと思われます。大変恐縮では御座いますが、よろしくお問合せの程お願い申し上げます。

 

 

そうそうまた話はころッと変わりますが豊川店、念願の「TV」を導入しました。

 

 

 

前からYoutuberのお客様から許可を頂いた方の動画を店舗で配信、をしておりましたが、どうしても16インチじゃ迫力も何もあったもんじゃありませんでした。

 

今回、話題のチューナーレステレビです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。42インチは現店舗では手に余る大きさでした(笑)

 

 

しかし、予想以上に映像もキレイでなおかつ見やすい!

最近よくお客様からYoutubeで見た「アレ」と言われた時、検索してもらえるようになりましたね!

 

 

今週末の皆様のご来店、お待ちしております~
 

6月も中旬に差し掛かり、もう1年の半分が終わるという現実を直視したくない今日この頃です。皆様は如何お過ごしでしょうか。。

 

 

さて、今週末はふじのくにキャンピングカーショーが静岡市「ツインメッセ」にて開催されまして、私共も参加させて頂く事となっております。

 

 

 

とてもレアな「クレアスティング」の展示車、そしてこちらもレアなレイアウト「エボライト タイプR」の展示車をご用意して皆様のご来場をお待ちしております!

 

 

 

そして今回、まだ本社の許認可を取っていない「フライング」なパーツのトライアルも兼ねた商品展示を行う予定です。

 

※ この商品について株式会社ナッツが正式に認めているものではありません。

※ 現在は豊川店が「独断」で行っている内容となりますので、他の店舗へのお問合せはお控えください(内容を知りません(笑))

 

 

前置きはこのくらいにして。

 

 

 

くだんのものがこちらです。

 

 

はい、よく解りませんね(笑)

 

 

先日よりユーザー様といろいろな話をする中で、現在のキャンピングカーの「マルチメディア・安全確認装置」についてちょっと思う所があり、頭を捻っておりました。

 

 

 

そんな時、今まで頂いておりました様々なご縁のお陰で「理想的なシステム」のお話を聞いて頂き、様々なご協力を頂き今回、この様なシステムのプロトタイプが形となりました!

 

 

本当にありがたい事です(泣)

 

 

 

この度の展示車についている用品関係の販売は今のところ未定となりますが、何とか理想のシステムにするべく日々頑張っていこうと思っております!

(当面、販売は出来ないかもしれませんが。。。)

 

 

そしてもう一つ。

 

この商品も取り付けて展示致します。(これは販売できます~)

バンコンからお入替のお客様から「乗用車の様に(キャブコンのバックカメラではなく)後方確認が出来る商品はないか」というお声に

ピッタリの商品ではなかろうか?と思います。

 

 

世に言う「デジタルインナーミラー」の様ですが(というよりもそのままですが)機能的に「ドライブレコーダー(前後同時録画)」が付随しており、「常時録画」「手動録画」「衝撃録画」「駐車監視録画(前後)」に対応しています。そしてSDは128Gまでの対応となるので、設定次第ではかなり長時間の撮影が可能と思われます。

 

 

今回のふじのくにイベントでお持ちする豊川店の展示車に装備されておりますので、是非ご覧頂ければと思います。



イベント後は豊川店に展示しておりますので、当日ご都合がつかないお客様は店頭でもご確認頂く事は可能です!是非こちらもご来店頂ければ幸いです。

 

 

イベントに向けての目玉情報、「その1」でした~

今日は曇天の一日でしたが、やけに蒸しておりました。きょう未明からの雨、やはり降りそうですね。。。

 

そろそろあの試練の日々「梅雨」が始まります。

 

 

さて、本日は最近よくご連絡頂く「ちょっと見て欲しい」シリーズです(笑)

 

 

人間、ちょっと見て欲しいというときは何かしらの不具合を認識されている状況の場合が9割です。

 

 

ここ数日、オーニングの開閉が、、という方が複数いらっしゃいました。

 

 

当然、致命的なトラブル(オーニングを逆巻きで収納してしまっている等)の場合もありますが、8割方のお客様は「あまり使っていない」事が多かったりします。

 

 

そんな時は大体、可動部分の動作不良を一番に疑います。

 

常に風雨に晒されている状況となる車外パーツですので、その可動部分は油切れとなる状況が多くなります。

 

 

オーニングの可動部に注油をすると大体の場合、問題解決となります。もちろん、上記の様に致命的な場合もありますのでなんでも楽観的にはなれませんが、一度ご相談頂く前に注油をしてみてもよいかもしれません。

 

ご自宅から近くの場合は全く問題ありませんが、遠方のお客様はそうもいきませんので。。。

 

 

もう一件、これからのシーズンで耳にする事が増える「バースト」

 

 

今回のお客様は本当に不幸中の幸いで、バーストする前に気づけて、更に救援者の方がいらっしゃいましたので事なきを得られておりましたが、これもこれからのシーズン、増えてきます。特に、3シーズン目に突入したタイヤのお客様は一度、必ずご確認ください。

 

 

サイドウォール(タイヤの側面)に細かなヒビが入っているタイヤは乗用車であればいざ知れず、荷重がかかるキャンピングカーでは致命傷となりかねませんので早々に交換を検討してください。

 

 

また、走行面(地面との接地面)の変形も、履いてしまうとなかなか分かりませんが、こちらもご確認をお願いします。(ね!K様)

 

 


まさか自分が、と思うのは人間の常であります。

もうキャンピングカー歴が長い、タイヤの保管には注意を払っている、自分に限ってそんな事が起こるはずがない、と思っていても

起こる時は何の前触れもなく、起こります。

 

 

タイヤの空気圧、異常摩耗、変形、ヒビ・亀裂の有無、等は

納車してしまった後は須く、お車のユーザー様の日常点検に掛かっています。

 

 

これから路面温度が上昇し、タイヤに負荷が多くかかる時期となりますので、しっかりとご確認お願い致します。

 

 

あ、あと。

よく昔は「スタッドレスタイヤの目がそろそろ無くなってきたから、今シーズンは夏期間にはいて履き潰そう」という話を耳にしました(自分も経験があります)

 

 

その昔と今の路面温度、間違いなく今の方が上昇しております。

大体にして体感気温も上がっていますし、地球全体的に温暖化です。

 

 

昔の常識は今の非常識です。

大きな事故に繋がる可能性がありますので、是非今一度ご確認くださいね!

 

 

さて、6月18日は静岡市 「ツインメッセ静岡」にてイベント参加させて頂きます!お時間御座います方は是非、会場に遊びにいらして下さいね!