昔の男

テーマ:
先日、ドコモの携帯にメールが着ておりました。
最近は、iPhoneを使うことが多く、親しい友人とはiPhoneでやりとりしておりました。
なので、ドコモの携帯にメールが入ること自体、あまりないんですよね。


で、見てみたら、見覚えのあるメールアドレス。
でも、名前の表示が出ないから、登録はされてないらしい。
ちょっと考えて・・・思い出した。
ずいぶん前に付き合った男子。
名前の表示がないのは、不要だから消したから。
顔も名前も思い出せない。
でもなぜだか全体の輪郭はなんとなく覚えているみたい(笑)



ちょっとしたご機嫌伺いのような感じのメールだったよ。
返信??
するわけないです(笑)
すでに終わった人と連絡取り合うほど暇ではないし。
もしも仮に私が独身だったとしても無視しますね。



とっくの昔に終わってて、何年も経過して連絡してくるなんて、ロクなことではありません。
終わった男とメール交換という酔狂なことはできませんね。
時間の無駄無駄。



ということで、即効削除したのでありました。
ちゃんちゃんクラッカー


AD

ビックリな話

テーマ:
昨夜のご一緒した看護師さんのお話で、いろいろ驚くべきお話を聞きました。



まず、アラフォー婚活中の皆様、朗報です(笑)
彼女の働いている病棟では、40代後半(正確には48歳)で結婚された方がお二人いるそうです。
そのうちのお一人は、「もう結婚はないな」ってことで、ご自分のお墓まで購入していたそうですよ。




ほかにも40代で結婚された方が多く、38歳の彼女に対しては「まだ早いわよ~」なんて言葉がかえってくるそうです。




世間的には40代の結婚は難しいといわれていますが、彼女の周囲ではそうでもないらしい(笑)
しかもそのうちお一人のご主人は超お金持ちということでした。
しかも初婚、年下。
若いころからお嬢様とのお見合いは数知れず・・・でも、そういうお嬢様には興味を示さず、一生独身でもいいさ~なんて方だったそうですよ。
ご自分も有名企業にお勤めで、そういうお金を目当てに近づいてくる女性も多かったようで、結婚自体に興味を失っていたようです。
ところが、48歳の看護師さんが行きつけの飲み屋に行ったとき、偶然彼を含む同僚たちと隣になったというのです。
彼女のほうもたまたま数人できており、どうせなら一緒に飲もう!ってことで意気投合。
その後付き合うようになり3ヵ月後には結婚していたそうです。




ビックリですよね~。
そして、その48歳の彼女(現在はもう少し年齢を重ねておられます)、お金持ちの彼と結婚したけれど、今でも病院で夜勤もこなしているそうです。
要するに、この男性はこういうフィフティの関係を作れる女性がよかったんでしょうね~。




でも、この彼女だけでなく、何人も40代で結婚した人がいるってすごいな~と。
もちろん、みんな婚活などしていません。
一所懸命仕事をし、ストレス発散で飲み明かし(笑)、楽しく人生をエンジョイしている方々だったそうです。
もちろん、いい人がいたら結婚したいな~といいのはあったと思いますよ。




そういえば、私も元彼と別れて「もう一人でもいいや~。これから頑張って生きていくぞ」と思っていたときに夫と出会いました。
その他、アラフォー以降で結婚された方々の話を聞くと、案外、ちょっと気を抜いたときに出会いがあったりして、そのまま結婚につながったりしてるんですよね。



婚活って、結構大変だし疲れるし、傷つくことも多いですよね。
たまには婚活を忘れて、素の自分で日々をエンジョイしてみると、面白い出会いがあるかもしれないですよね。





ということで、彼女は仕事に夢中なんですって(笑)
来月、彼が転勤になるというのに、「ついて行かないし、私は私の道を行くわよ」と言っておりました合格



AD

恋愛遍歴

テーマ:
先日mi-koさんとランチしたとき、言われたことがあります。
「もっと過去の恋愛とか書いてみたら?」
ええ・・・。私の昔のブログを読んでる人はしっているはず。
結構とっかえひっかえしてました。
てへへ・・・。
でも、結婚と同時にヤバいところは消したのよ。




私も乗せられやすい性格なのでね~。
そして、今時間が十分にあるというナイスなタイミング!
最近「婚活」されてる方々との交流もありますが、正直「生ぬるいわ・・」と思ってもおりました。
(ああ。。。もちろん私基準なので、他人から見たら私のほうが破天荒なのかもね)
なので、ちょいと過去の恋愛というか男遍歴とか、まあそんなことを書いてみようかな~と思います。
(ただし、すでに名前も顔も思い出せない男性がチラホラ。。。)




ただ、書くからにはそれこそ生ぬるいことは書きたくないんで、アメンバー限定記事にしたいと思います。
どこで誰が見てるかわからんからな~(笑)
注意注意だ!



というか、あんまり本気で書いたら、私の性格の悪さが際立つ可能性もあり(笑)
なので、読んでて不快に思う方は軽くスルーしてくださるとありがたいです。





AD

デート

テーマ:
今夜は夫とデートでしたよ。
とはいえ、彼は明日お仕事なので早めに帰宅したけれど。



デートといっても、焼肉を食べに行って、その後カラオケに行っただけです。
実は。。。私たち、一緒にカラオケに行ったの・・・初めてなんです。
というか、夫が歌うところを初めて見た・・・というか聞いた!!目




・・・夫はとてつもなく音痴でした(笑)
そりゃあ、レッスンにも行くだろう(笑!)
まだ私は知らないことになっているけれど・・・。



夫が今練習してるのは、イルカの「なごり雪」とサザンの「いとしのエリー」らしい。
なぜなら、この2曲をすぐに選んだから。
しかも「一緒に歌って!」ときた(  ゚ ▽ ゚ ;)
いや・・・一人ずつ歌ったほうが練習にならんかい??
でも、どうしても一緒に歌ってとうるさいので、歌ってあげましたけどね。
その後は夫は完全に聞き役で、私のワンマンショーと化しておりましたあせる
でも、夫的には練習できて大満足だったみたい。
「また一緒に行ってね」ですって。




ということは、また私のワンマンショーなのか??パンダ
まあ、いいけどね。
でも、こうして慣れていったら、夫も人前で歌うことができるようになると思うんだけどね。



初恋の人からの手紙

テーマ:
「初恋の人からの手紙」
というのをやってみました。
・・・結果があまりにも笑えるので、公開します!



初恋の人からnoirさんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

noir、ひさしぶり。
もう黒人男性と付き合う夢は叶えましたか?喜々として黒人の素敵さを力説していたnoirをなつかしく思います。

noirがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう29年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。ただ昨日友達と会ってnoirの話題が出たから、ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。びっくりさせたかな。

思い返してみると、あのころnoirはとても余裕があって、大人びていたなぁと思います。男子と幅広く仲が良かったnoirに、おれは「男好きだな」などと皮肉を言ったけれど、noirは平気で「そういう女が嫌いなら付き合わなくてもいいんだよ」と返していましたね。そういうnoirの余裕が、やけに鼻についた思い出があります。

そういえばnoirにとって初恋の相手がおれだったのかな?最初のころのnoirは、なんだかプライドだけは高いわりに、緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

付き合い始めのころ、noirは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはnoirと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなnoirと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはnoirのことがそれでも好きでした。これからもnoirらしさを失わないよう、あと、そろそろノーブラで出歩くのはやめて(笑)、誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. あのころのnoirは、なぜかお婆ちゃんのニオイがしました。


Mさんとのこと

テーマ:
このブログではMさんとのことはあまり詳しく書いてませんでした。
今までは結構あっけらかんと書いてたんだけどな~・・・。
で、Mさんと結婚に至るまでをちょこっと書いてみようかと。




12月1日、Mさんと6回目に会ったときのことです。
私は仕事をやめて3ヶ月目になってました。
1ヶ月は有給消化でしたので、失業保険にはまだまだ猶予がありました。
でも、そろそろ仕事も・・・と色々なプランを考えておりましたが、それを考えるたびにMさんのことが頭をよぎりました。
もしも、このまま仕事を始めたら、遠距離恋愛は終わるだろうな・・・と、そんなことを考えていたのです。
で、私はMさんとどうなりたいんだろうと、色々自問自答しておりました。
それと同時に彼のほうが何を考えているのだろうろ・・・そういうことも気がかりでした。
で、12月1日、彼と会ったときに単刀直入に聞こうと思いました。




私は彼に聞きました。
私たちの付き合いは何処に向かっているのか、今どういう地点にいるのか・・・。
それと同時に、仕事のことも伝えました。
広島で仕事を始めたら、恐らくMさんとの縁は切れるだろうと、そういうことも言いました。
私はグズグズするのは嫌いなんですよね(笑)
迷ったり悩んだりするくらいなら、本人に直接聞いて反応を見るのが一番です。
ただし、思うような結果が得られなくても、きちんとそれを受け止めなければなりませんけどね。




そのときの彼の反応は、驚いた様子でした。
が、私との付き合いが結婚に向かえば良いな~とは考えてるとのことでした。
しかしながら、私はその返答が気に入りませんでした。
”何だが煮え切らない答えね”と、そう思ったのです。



ということで、その翌日のメールには、こう書きました。
「私は先日のあなたのハッキリしない答えに失望した。
次回会うときは(12月21日に会う予定だった)部屋は別々にしてください」
とまあ、そういうようなことを、もっとソフトにやさしぃ~く書いて送ったのでした。
彼の返信はこうでした。
「僕はあなたとの将来を考えてます。次回会ったときにきちんと話します」
・・・ということで、この決着は12月21日に持ち越されたのです・・・。



ということで、12月21日のプロポーズに至ったわけですね。
要するにプロポーズは彼からしてもらいましたが、私のほうが仕掛けた感じですね汗
その後は大阪に行く予定が東京転勤になるなど、サプライズもありましたが、そのおかげで今まで以上に距離が近くなっていきました。



一緒に結婚に向けて段階を踏むたびに距離が近くなる感じ。
そして、近くなればなるほど、居心地がよくなってきております。
ちょっと優柔不断なところもあるけれど、その分私のほうに決断力があります。
私が結構怒りんぼですが、彼のほうは忍耐強いです。
いつもは私がぐいぐい引っ張ってますが、肝心なところはきちんとリードしてくれます。
正直楽です(笑)
また、私の母のことをきちんと気にかけてくれます。
とても感謝してます合格



春からは二人とも初めての土地で生活します。
仲良く協力して、楽しく暮らせたらいいな~と、そんなふうに思いますねニコニコ


Mさん、またまた広島に来る

テーマ:
先日のブログで、「今日で広島で会うのは最後だね~」ってコトを言ったと書きましたが。。。
実は、今日もMさんが広島の家にやってきました。




もちろん東京転勤の話です。
でも、広島・・・というより、その向こうの私に実家に報告に来たのです。
母と二人の家族なので、より遠くに私を連れて行ってしまうので、早く報告したかったようです。



母は反対はしませんでした。
実家からさらに遠くになってしまいますが、海外に行くわけでもないので、今の時代、どうとでもなりますよね。
もちろん気軽に会うことはできませんが・・・。



お互いの無事を確認するなら、メールだってあるし電話だってある。手紙携帯
ずっと一緒に住んでるより、すこしは離れてたほうが、お互いに優しい気持ちになれる・・・そんなこともありますものね。




実家の母への報告の後は、私の家で、またまた家探し・・・。家
私たち、今年に入ってこればかりやってますねドクロ
で、いくつか場所をピックアップして、後日Mさんの東京出張に合わせて私も東京に行き、一緒に家を探します。



Mさんに、
「私が一緒でよかったでしょラブラブ
きっと東京も楽しくなるよ」
と言いました。
するとMさんが
「うん。本当にそうだね。一緒にいてくれてありがとう」
と返事してくれました。



慣れない土地での生活なので、正直大変だとは思いますが、転勤でもないと東京方面に住むことは一生のうちでもまず無いでしょう。
年末に占ってもらった先生からも
「都会へ行って勉強しろ」
と言われてますし・・・パー



それから・・・入籍は3月になりそうです。
ブログタイトル、考えとかなきゃ・・・あせる


おーっと!!!

テーマ:
皆様・・・。
ワタクシの大阪行きは、ナシになりました。
そのかわり・・・・。



東京に行くことになりました!


実は、今夜Mさんから電話がありました。
そのとき、東京転勤を言い渡されたことを聞きました~!
やれやれ・・・。



実は、東京転勤のことはワタクシなんとなく予感がしておりました。
去年、Mさんが
「可能性はすごく低いけど、東京の転勤はあるかもしれない。でも今年はないよ」
と言っておりました。
でも、私はすご~く引っかかっておりました。
だってMさんは大阪生まれの大阪育ち。
今の会社で部署が変わったことはありましたが、転勤は未経験です。
ね、そろそろ・・・って思うでしょ?




なので、私は大阪行きの準備はゆるゆるしておりました。
年末にしてもらった占いの先生からも
「1月2月は動かないで」
と言われてたし・・・(このことだったのね・・・)
大阪は好きな街なので残念ですが、仕方ありません。



東京の皆様、春にはそちらの住人になります。
よろしくラブラブ


結納・・・。

テーマ:
昨夜、仕事を終えたMさんが、大阪から広島の私の家にやってきました。
で、今朝・・・。
いわゆる超略式に”結納”なるものをいたしましたわ。
しかも二人で~。






もういい年齢の二人だから、あまり形式などには縛られずに・・・と話し合ってはいましたが、Mさんはこういうところはきっちりしてます。
二人で向き合って・・・ちょっと照れますね~にひひ



その後は、何日に何を新居に搬入するのか、打ち合わせ。
エアコンなどの電化製品はMさん担当、ベッドなどのインテリアは私担当なんですが、私のほうがぜ~んせん進んでません。
あれこれ考えてたら、なかなかまとまらなくて・・・。
でも、そろそろ手配を進めなくてはいけませんね。



それから、仕事のことも。
できれば4月からは働きたいので、同時に就職活動も活発にしなくては。




母と離れるので、そちらのことにも気を配ってくれてます。
ありがたいことです。
今月末からは広島の友人に会ったり、引越しの準備をしたり、手続きを進めたり・・・と忙しくなります。
Mさんも海外出張などあり、次回二人が会うのは、私が大阪に引っ越す日です。
(私が寒がりなので、Mさんは暖房の手配を一番にしてくれてた・・・)
私の部屋で二人が過ごすのもこれで最後。
ちょっと感慨深いですね。



引越しまで、一月切ってしまいました。
看護学校の同級生たちからは”独身の東の横綱”などと言われた私も、とうとう年貢の納め時です合格


実家のことを考えると、胸が”きゅっ”と締め付けられますが、同時に新しい生活にワクワクしてますペンギン


そこは間違えないで!

テーマ:
突然ですが、彼の名前のことです。
Mさんの下の名前は「正○」といいます。
そして・・・。
元彼の下の名前が「●正」でした。




私からすると、一字同じ字があるからといって、二人の名前は全く似ておりません。
ところが・・・うちの母が・・・二人の名前がこんがらがるみたいで、良く間違えるんです。
もちろん、まだ本人の前では間違えてないですよ。
でも、二人で話をしているときに、母がしょっちゅう間違えるんです。
私が指摘すると、
「次々に(付き合う人を)変えるから、こんがらがる」
と、文句を言います。




確かに・・・別れて何ヶ月も経たないうちにMさんと付き合うことになりましたが、それと名前のことは関係ありません。
ただ単に、母が勝手にこんがらがってるだけなのです~ドクロ



この先、Mさんと、母と3人で会うことも多くなってくると思います。
それまでに・・・母の頭を整理してもらわないと・・・。
やっかいなことです・・・ガーン