~白鳥友唯(しらとりゆい)のブログ~

~白鳥友唯(しらとりゆい)のブログ~

スピリチュアリズム、ミディアムシップの学び

若人あきらさんと言っても若い方はご存知ないそうですね。もしかして郷ひろみさんもそうなりつつあるのかしら。

注:若人あきらさんは郷ひろみさんの物まねで有名でした。

 

私は若人あきらさんのファンでも郷ひろみさんのファンでもないのすが、忘れもしない1990年台初頭、急に若人あきらさん最近どうしているのかしら?とすごく気になっていた。

 

すると数日後、ワイドショーで若人あきらさんが失踪したというニュースが報じられた。ヘリコプターがパタパタと飛び捜索していた。そして若人あきらさんは失踪時の「記憶が無い」状態で発見された。

 

その時はただの記憶喪失で片づけられました。平成3年3月3日の事件でした。

 

 

最近まで、あのすごく気になるという感覚はなんだったのかなと思っていました。

 

すると最近youtubeを見ると若人あきらさん(現・我修院達也さん)がその事件について語っていた。

 

 

事件の12年後、『週刊新潮』2003年9月4日号に当時、拉致を行った元朝鮮総連幹部の証言:「わたしたちは若人あきらをさらった」という記事が掲載されて当時若人さんは否定していたけど、その後だんだん思い出してきたというのです。

 

もし拉致されていたのだとしたら、ただ熱海に釣りに行ってただけでそういう事が起こったということ。行方不明の方の中には同じような方もたくさんいらっしゃるのかなと思いました。

 

拉致が行われたのはは1970年台が多いのですが若人さんの場合は1990年台ですから本当に怖いですね。

 

個人的に何か感じていたことなので書いておきます。

 

5月末をもってアイイスとのフランチャイズ契約は一旦終了しました。
だからと言ってアイイスとのご縁が全く無くなったとは思っておらず、一会員として残していただいています。

2005年に開堂先生のカウンセリングを受けてから、もう20年近く時間が経過していました。
霊視ができる上級クラスは、生まれつきの能力のある人だけだろうと思っていたので、瞑想ができれば良いと思ってクラスに通っていました。

広瀬先生のクラスに通っていたのですが、瞑想の合間に必ず、聖人の言葉やアイリーンキャディーさんのお話、マントラなどがあり、何故瞑想をするのにそのような道徳の授業のような話をされるのか最初は全く分かりませんでした。

以前、他所のワークショップでアイイスに在籍されていた方とお話した時、「広瀬先生って話長いんだよね。俺はワークをやりたいのに!」と言っていました。

今思えば、その「お話し」の部分の方が大切だと理解できれば霊性開花の道に繋がっていくと思います。実際その方はその時点でアイイスを辞められてましたし。

瞑想についてはサキャ・バンディタの格言がいくつかありますので書いておきます。↓「楽」を求める人には耳が痛いかもです。霊性開花を勉強しないで行う瞑想は畜生の修行ということです。○ウム○理教の顛末を見ればそれは明らかです。

441
瞑想すれば聴き学ぶ必要はない、と 愚かで度量の小さい人は言う。 聴き学ばずに瞑想だけに 励んだところで畜生の修行である。 

443
聴き学ばない瞑想は しばら 暫くは成就してもすぐだめになる。 金銀はよく溶けても 火から離せばすぐ硬くなる。 

444
智恵によって深く観察し 過ちの原因を捨てるのが瞑想である。 身体の汚れを洗うように 瞑想しても永いことすると元通りになる。 


-----
さて、今年になってから強く、アイイスのフランチャイズを辞めるのではという思いが強くなりました。ただ個人的には続けたいのにこの相反した「何か(感情?)」は何かしらと思ってた。又、授業に費やすようなまとまった時間が将来取れなくなるのでは?と感じました。

3月で担当クラスを終了することを協会に思い切って告げました。
すると4月の第一週目に家族が転倒骨折し、他に面倒を見る人もいないため、私一人で入院している家族のために連日病院通いとなりました。かなり疲れました。

クラスを担当していたら、良い状態でクラスをできなかったのでこれで良かったのかも。
以前から感じていたことが自分の感か、霊界からの知らせか、、それは分かりません。

ブログは続けて行こうと思っています。スピリチュアルのお話し中心でないかもしれません。


カウンセリングもHPを直さなくてはならないのですが、落ち着いたら再開したいと思っています。

自分のクラスでやっていたサイキックのワークもブログで掲載するかもです。良かったらチャレンジしてね。

かなり辛口なサキャ・バンディタ








 

 

映画「キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱(2019)
を見た。キュリー夫人はポーランド人で舞台はフランスですが、残念ながら映画の中では英語を話していました。

夫妻が発見したラジウムは皮肉にも日本に原爆や福島原発事故と言った負の要素ももたらしました。画期的な発見は平和に使ってもらいたいですね。

 

 

 


キュリー夫妻がパリで交霊会を訪れる場面があったので備忘録。
キュリー氏の方が降霊に興味を持っていたもようでした。ロイ・フラーに招待されたと言ってました。ロイ・フラーが誰かと調べたら最初の方に出ていた女性ダンサーでした。

降霊会では、ベートーヴェンの心霊写真を撮っていました。
映画の中で画像がなかったので、どうなったか分かりませんがベートーヴェンの写真が存在してないので見てみたいものです!

エクトプラズムを見たり、キュリー氏が霊媒の降霊の前後の体重を測りたいと張り切っていたようです。

****************************************

こちらにキュリー夫妻が降霊会に参加した記事がありました。
 

google翻訳

マリーとピエール・キュリーが霊能者を調査したとき

1905 年の春、エウサピア・パラディーノという名の激しいイタリア人の霊媒師がパリに到着し、死者の霊を呼び出す能力があることを証明しようとした。

彼女は調査チームのために 40 回以上の降霊会を主催し、さまざまな劇的で不可解な現象を生み出した。参加者はテーブルの周りに集まり、物体が部屋の中を浮遊し、光るものが空中で揺らめくのを観察。参加者は目に見えない手の感触を感じた。参加者が座っていたテーブルは地面から浮いた。

かの有名なパラディーノを見るために集まった観客の中には、歴史上最も高く評価されている科学者の二人、マリーとピエール・キュリーがいた。1903年、交霊会に参加するわずか2年前に、キュリー夫妻は放射能に関する画期的な研究が認められ、ノーベル物理学賞を受賞した。マリーはフランスで博士号を取得した最初の女性だった。ピエールは名門ソルボンヌ大学の教授だった。しかし、証拠に基づく研究者として絶大な評判を得ていたにもかかわらず、キュリー夫妻はパラディーノの交霊会には偏見を持たずに臨んだ。少なくとも一人は、この霊能者が本当に超自然的な力を持っていると信じるようになった。

今日では、尊敬される科学者二人が、死者と交信できると主張する女性を真剣に検討するというのは奇妙で、考えられないことのようにさえ思える。しかし、そうした人はキュリー夫妻だけではなかった。

「物理現象」
1898年、天文学者カミーユ・フラマリオンの家で行われた降霊会で、エウサピア・パラディーノがテーブルを空中に浮かせる能力を披露した。

パラディーノは、超自然現象の厳密な研究に一部専念していた総合心理研究所 (IGP) のメンバーによってパリに招待されていた。この研究は、尊敬される学者のチームによって行われ、パラディーノとの降霊会は IGP の「最も野心的なプロジェクト」と考えられていたと、歴史家ソフィー・ラシャペルは書いている。各セッション中、調査員はパラディーノの体温、血圧、反射神経を測定した。気象条件、音響振動、磁場を記録した。ラシャペルによると、その目的は、パラディーノの現象が本物であるかどうかを判断し、それを既知の自然法則の文脈に当てはめることだ。

IGP の研究者は、ヨーロッパ各地や海外の知識人の注目を集めていたパラディーノの実証的研究を試みた最初の研究者ではありませんでした。彼女はカリスマ性がありましたが、気まぐれで、突然涙と笑いを交互に見せ、怒ると激怒し、ショックを受けた調査員の膝に飛び込んで色っぽく飛びつきました。また、彼女はイカサマとしても知られ、降霊会で手、足、髪の毛を使って物体が自発的に動いているかのような錯覚を起こしていたことが発覚しました。しかし、パラディーノは懐疑的な科学者でさえ説明に苦労する恐ろしい光景を作り出しました。そして、彼らは彼女を解明しようとし続けました。

「『物理現象』を生み出す媒体は、これほど長い期間、これほど多くの科学者によってこれほど注意深く研究されてきたものは他にはない」とパラディーノを調査した科学ジャーナリストのヘレワード・キャリントンは1909年に書いている。

科学者がパラディーノに興味を持ち、もっと一般的には超自然現象に興味を持った大きな理由は、心霊術、すなわち死者の魂が通常は霊媒を通して生きている人間と交信できるという信仰に根ざした宗教的・文化的運動だった。心霊術は19世紀半ばにニューヨーク州で生まれ、あっという間にアメリカとヨーロッパに広がった。物議を醸さなかったわけではなく、多くの人が心霊術の霊媒は詐欺だと固く信じていたが、この運動は当時の最も啓蒙的な思想家たちの関心を引いた。有名な支持者には、医師で超合理主義の探偵シャーロック・ホームズの作者であるサー・アーサー・コナン・ドイル、電磁波の実験で無線通信の道を開いた高名な物理学者サー・オリバー・ロッジ、進化論研究の先駆者であるアルフレッド・ラッセル・ウォレスなどがいた。

心霊術師たちは、自分たちの宗教が科学に相反するものだとは考えていなかった。彼らは、霊媒師が目に見えない霊界の存在を証明してくれると信じていた。その霊界は、20世紀初頭に次々と明らかになった無形の物理的力と同じくらいあり得ないものではない。「多くの科学者が目に見えない世界の探究に着手したのがこの頃だった」とバーバラ・ゴールドスミスは著書『強迫的天才:マリー・キュリーの内なる世界』で書いている。画期的な研究によって、電波、磁気、X線、放射能に関する前例のない知見がもたらされた。放射能は、キュリー夫妻がポロニウムとラジウムという元素の発見に貢献した現象だった。「電信によって目に見えない形でメッセージが送信されていた世界では、心霊術師たちは、それが可能ならば、死者と交信できる霊的電信があってもいいはずだと考えるようになった」とゴールドスミスは書いている。

キュリー夫妻の調査

マリーとピエール・キュリーは、自然界には科学者がまだ特定し研究していない謎が満ち溢れていることを率直に認めた。「私たちの知識は、直接的または間接的に私たちの感覚に影響を与える現象に限られているため、私たちを取り巻く媒体についてはほとんどわかっていない」と、2人は1902年に書き、放射性エネルギーの起源を完全に理解していないことを認めた。

ピエールは、特に超常現象に魅了されていました。科学者の兄ジャック・キュリーから心霊術を教わり、 1894年にマリーに宛てた手紙の中で「心霊現象に非常に興味があります」と告白しています。彼は、超常現象は「物理学に関する疑問」に関係があると信じており、伝記作家のアンナ・ハーウィックによると、心霊術によって「放射能の秘密を解き明かす未知のエネルギーの源」が発見されるかもしれないと考えていました。

キュリー夫妻はパラディーノとの交霊会に何度も出席し、それを科学的な実験とみなしていた。ピエールは、霊媒の現象の少なくとも一部は本物だという確信を声高に語った。「それは非常に興味深いものでした」と彼は物理学者の友人ジョルジュ・グイに 1905 年に書いた。「そして、私たちが見た現象は実際にはトリックのように説明できないものでした」

セッションは「私たちが用意した場所で、全員知り合いの少数の観客と共犯者なしで行われた」とキュリーは説明した。部屋の照明はパラディーノが簡単にごまかすことができないように「十分」で、参加者はパラディーノの手足をつかんでいたため、パラディーノは彼女の既知のトリックを一切試せなかった。それでも、どういうわけか、彼女は一連の不気味な効果を生み出していた。「四脚から持ち上げられたテーブル、遠くから動く物体、つねったり撫でたりする手、光る幻影」。

1906 年に亡くなる数日前、ピエールはグイに再び手紙を書き、彼が目撃することになる最後のパラディーノ降霊会について記述しました。「これらの現象は実際に存在し、私にはもはや疑う余地はありません」と彼は宣言しました。「私の意見では、ここには私たちがまったく想像もできない、まったく新しい事実と空間の物理的状態の領域が広がっています。」

『マリー・キュリー:生涯』の著者スーザン・クインによると、マリーは夫ほどパラディーノに興味をそそられなかったようだ。マリーは、幼い2人の子供やノーベル賞受賞後の世間の強い注目など、他のことに時間とエネルギーを費やしていた。しかし、少なくともマリーは、パラディーノの降霊会から霊界の存在を固く信じない者にはならなかったようだ。なぜなら、ピエールが亡くなった後も、マリーは彼と交信を続けたからだ。

彼方からのメッセージ
マリー・キュリーは1912年に研究室に立っています。
1912 年、マリー・キュリーが研究室に立っています。/ウィキメディア・コモンズ// パブリック・ドメイン
ピエールは、現在では放射線中毒と判明している原因でしばらく病気を患っていたが、46歳での死は突然で悲惨なものだった。

ピエールは、パリのにぎやかな通りを渡っているときに足を滑らせて馬車の下敷きになり、車輪の一つが頭蓋骨を砕いて即死した。マリーはひどく落ち込んだ。娘のイヴは後に、ピエールが亡くなった日から「キュリー夫人は…未亡人になっただけでなく、哀れで救いようのない孤独な女性になった」と回想している。その後1年間、マリーは日記をつけ、自分の内なる悲しい思いを吐露した。日記のほとんどの部分はピエールに宛てたもので、ゴールドスミスが書いているように「印象的で奇妙だが、キュリー夫妻が…心霊術を信じていたことに気付くと、その基本的信条は『亡くなった』人々と意思疎通できるというものだった」

ピエールの死後まもなく、マリーは日記に葬儀のことを振り返っている。「私は棺に頭をもたせました」と、亡き夫との一方的な会話の中で書いている。「そして、とても悲しくなりました…私はあなたに話しかけました。あなたを愛していると、そして、ずっと心からあなたを愛していたと伝えました。」そして、奇妙なことが起こった。「棺に額が冷たく触れたことで、何かが私にやってきたように思えました。それは、まだ生きる勇気を見つけられるという、落ち着きと直感のようなものでした。」

マリーは、それは単なる「幻想」だったのかもしれないと書いている。それとも、それは「あなたから発せられるエネルギーの蓄積」だったのだろうかと彼女は夫に尋ねている。
 

私は地位も巨万の富もないので無縁のことですが、それがあるということはこういうことなのかと石濱裕美子先生のツイートで理解できた。

 

 

 

 

麻布台ヒルズにマーケットができたので行ってきました。

たまり醤油売ってるかな、と期待を持ってです。

売ってました!

だしのお店「だし尾粂」にありました。

 

 


「だし尾粂」でベジタリアンの友、生麩を買いました。
東京では売ってない生麩!嬉しいです。

冷凍品だったので、とりあえず保冷剤を付けてもらいました。

こちらのお店でたまり醤油は産地違いで3種類は目撃しました。

 

たまり醤油自体、ちょっと特殊なお店(例えばナチュラルハウスとか)しか売ってないので、嬉しいです。

本当は更に醤油麹も期待していましたがありませんでした。麹は売ってました。

だしの売り場は混んでました。おこわも売ってました。

麻布台ヒルズにマーケットには他にもいろいろ売っているので、冷凍保存袋持っていくといいかもしれません。

並んでいるパン屋さんもありました。コム・ン トウキョウ?だと思います。
並んでないパン屋さんもあり、調べていくといいですね。


あわ麩と書いてあります。

 

「いとふ」というメーカーのです。

 

たまり醤油は「底引きたまり」を買いました。このお醤油はもっと大きい瓶も売ってました。



生麩どうやって食べようかな、とりあえず刺身にしてワサビ醤油で食べる予定です。
 

卵アレルギーなので生まれて初めて食べました。「オムライス」。

 



プラントベース専門のジャンクフード(?)のお店2foods渋⾕ロフト店でいただきました。
実は一回こちらのお店に行ったことがありますが、その時はオムライスが売り切れで食べられなかったのです。

エバーエッグというたまごじゃないたまごを使っています。カゴメのです。

 



私はオムライスを食べたことがないので比較のしようがないのですが、ふわふわしていました。
ケチャップはカゴメのなので美味しかったです。

ご飯をつつむ形状のでなくて、上に卵がかかっていました。

友人に少し食べてもらったけど、本物みたい?と聞くと返事がないのです。何故かな。

個人的には食べても喉がかゆくなったり気持ち悪くなったりしないのでそれだけでも嬉しいです。

テレビで取り上げられたのを見た時は、卵が入ってないって分からないとレポートされていましたが。

ロンブー田村淳さんの「2foodsプラントベースオムライス」を食べた感想はこちらです。↓

 

 

イオンでエバーエッグ売ってるのね。

 

 

 

 

 

ナチュラルローソンにあるの?!

 

 

 

 

「ベラ・コチェフスカの大予言」を読んでみました。ブルガリア出身の世界一の超能力者ということでした。オカルト的な内容なのでスピリチュアリズムを期待すると内容が違うと思います。

ただ、

-ベラさんには、養女の娘が一人いた。あるとき、娘は「私にお母さんほどの能 力があれば、お金持ちになっていたのにね」と冗談を言った。
母は、笑って答え 「神様が与えていないのです。お金は持つものではなく、手放すことだと神様が 教えていますよ」-

という文章を読むと人として信頼できる方だろうと感じました。

彼女が存命中に来日されては文芸春秋に記事になっていたそうです。

西洋占星術のマドモアゼル愛さんがyoutubeで当時の彼女の思い出を話されています。

 

 

 

 

 

今年になって、小学校の同級生の女性二人が癌で亡くなっていたことを知った。

 

一人の女性は家族ぐるみで仲が良かったので亡くなったことは知っておりましたが死因が癌だとは今年になって知ったのです。

 

もう一人の女性は卒業してから一回も会ってないけど、可愛い子でしたので覚えていました。この方のことも今年になって乳癌で亡くなったと知りました。二人共亡くなるには早い年齢でした。

 

いろいろと考える中、キリスト教用品のお店に入ってみたら、「癌患者の保護者聖ペレグリン」というPOPのあるメダイが目に入りました。

 

 

他の聖人にはこのようなPOPはありませんでした。癌の方が多いのかなと感じました。

 

聖ペレグリン、日本ではなじみのない聖人ですね。

 

 

 

*英語のWikiを

自動翻訳したものです↓。正確な訳はご自身で確認してくださいね。

ペレグリン・ラツィオージ( Pellegrino Latiosi ; 1260 年頃 - 1345 年 5 月 1 日) は、イタリアの聖人で、奉仕団(マリアの奉仕者修道士団) に所属しています。彼は、癌、エイズ、その他の生命を脅かす病気 に苦しむ人々の守護聖人です。

人生
ペレグリン・ラツィオージは 1260 年にイタリア北部のフォルリの裕福な家庭の一人息子として生まれました。当時、フォルリは教皇領の一部でした。ペレグリンの家族は反教皇派を支持した。1283 年、フォルリの住民は禁止令を受けました。[1] 聖マリア修道士奉仕者の前将軍であるフィリップ・ベニジは、分断された共同体を和解させるために派遣された。フォルリで説教しようとしていたフィリップは、18歳のラツィオージにやじられ、殴られた。彼は侮辱と暴力で街から追い出された。ラツィオージは悔い改め、フィリップに許しを求めた。ベニジは彼を親切に迎え入れた。この瞬間はラツィオーシに大きな影響を与えた。後悔の念に満たされた彼は、さらに祈り、良い行いにエネルギーを注ぎ始めました。数年後、彼はシエナの奉仕者に加わり、司祭に叙階されました。[2]


ミッション・サン・フアン・カピストラーノのセラ礼拝堂のペレグリン礼拝堂の像
数年後、彼はフォルリに送られ、そこで新しい奉仕の家を設立し、説教と聖性、そして病人や貧しい人たちへの献身でよく知られるようになりました。彼の地域が深刻な不足に陥っていたときに、彼は奇跡的に穀物とワインを増やしたと言われています。[1]人々は、彼が惜しみなく与えてくれた賢明なアドバイスに感謝し、彼を「善良な助言の天使」と呼ぶようになりました。[3]

彼が自分に課した特別な苦行の一つは、座る必要がないときは常に立つことでした。疲れると、彼は合唱団の屋台で自分を支えました。60歳のとき、右足に感染症を発症した。[4]彼の状態は医師が足の切断を決定するほど悪化した。[2]

手術の前夜、ラツィオージは支部室にある十字架のフレスコ画の前で祈りながら時間を過ごした。彼はトランス状態のような深い眠りに落ち、イエスが十字架から降りて自分の足に触れられるのを見ているようでした。[2]

翌日、医師が切断手術を行うために到着し、癌の兆候は見つからなかったので、奇跡的な治癒のニュースが町中に広まりました。これは人々のラツィオーシに対する評価を高めるだけだった。彼は 1345 年 5 月 1 日に熱病のため 85 歳で亡くなりました。町や田舎から非常に多くの人々が彼の死を讃えました。やって来た病人の中には治った人もいたが、それは彼のとりなしによるものである。[1]

崇拝

腫瘍のある足を示す聖ペレグリンの像


彼の遺体はフォルリのセルヴィーテ教会、サン・ペッレグリーノ・ラツィオージ大聖堂に安置されている。[5] 教皇パウロ 5 世は 1609 年に彼を祝福していると宣言し、教皇ベネディクト 13 世は1726 年に彼を列聖しました。 [1]ハヤブサ・ラツィオーシの典礼祝日は 5 月 1 日です。

ラツィオージは癌に苦しむ人々の守護聖人であると考えられています。聖ペレグリン国立聖堂は、マリアの奉仕者修道士の奉仕活動として、イリノイ州シカゴの悲しみの聖母大聖堂にあります。[6]オレゴン州ポートランドの悲しみの母国立保護区の洞窟に聖ペレグリン神社があります。聖ペレグリンのミサは、毎月第 1 土曜日の正午に、聖マリア礼拝堂の洞窟で祝われます。[7]また、フィリピンのモンテンルパにはセント ペレグリン ラツィオシ教区および教区聖堂もあります。そこにはラツィオージ自身から持ち去られた遺物、すなわち肋骨が納められている。現在、教会の聖遺物礼拝堂に展示されています。アリゾナ州メサのクライスト・ザ・キング・カトリック教会には、永遠の聖体礼拝を行う聖ペレグリン・キャンサー聖堂がある。このセント ペレグリン シュラインの使命は、イエス キリストへの永遠の崇拝を促進し、癌に苦しむ人々のために祈ることです。苦しみの真っ只中に、精神的な癒しと心の平安のための聖域が提供されます。[8] 南カリフォルニアのサン・フアン・カピストラーノのセラ・ミッション礼拝堂の外れにある専用のサイド礼拝堂にもラツィオーシの像がある。

レガシー
ある人によると、ラツィオーシの人生の教訓は、神が奇跡を起こしたということではなく、忠実な僕が無条件に神の手の中に自分を置いたということだという。したがって、ラツィオーシの神への信頼は、病気に対処する人々の模範となっています。[7]ある医学雑誌は、癌細胞を根絶する細菌またはウイルス感染の潜在的な例としてラツィオーシの症例を挙げている。[9]
------
どなたかの参考になればと書いてみました。


 

 

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

年始から胃腸炎になりおとなしくしていました。

 

今日は買い物にでかけたらお寺の掲示板(?)が目につきました。

 

何故か心にしみる、、、。

 

 

何かのメッセージ?

 

家に帰って分かりました。昨年、僧籍を持つ人から薦められたダイソーの写経の練習帳(般若心経練習帳)、100円とは思えない程の充実の内容で眺めて満足して、そのまま本棚へ。

 

せっかくだから練習しようかな。

 

 

 

 

 

 

お寺の掲示板、話題になっているのですね!

 

 

コージーコーナーに「小麦と卵と乳を使わないデコレーションケーキ【4日前予約限定】」あったなんて!

 

もうクリスマスの予約は間に合わないけど、卵アレルギーの人は安心していられるね。

 

クリスマス限定ではないようです。

 

終了日未定と書いてあるので、終了しないのを願います。

 

 

 

 

 

昨年ヴィーガンパティシエの岡田さんの番組を見ましたが、岡田さんがパティシエになってからもしばらく卵アレルギーでケーキが食べられない子供たちの存在を知らなかったとおっしゃり、絶句でした。

 

この番組です。

 


大福にろうそくを立てて食べていたというのを聞いてショックだったとも。

 

卵アレルギーの立場から言わせていただくと、食べて気持ち悪くなるよりは大福の方が全くましなんです!卵アレルギーの子は身をもって分かっていると思います。卵入りケーキを食べたいのを我慢しているのではないのです。

 

ただ、アレルギーのことを知らないで、高級な卵入りお菓子をいただいた時は食べられないと言えないのが、心苦しいかな。そういう場合は、自分は食べないで家族や友人にあげてます。