茨城から宇宙とつながる「美容室」にようこそ!

茨城から宇宙とつながる「美容室」にようこそ!

旧ブログ【わくわくHappy ミュルアな気分♪】の「ミュルア」あらため「ひでねぇ」です
茨城の片田舎で美容室やってます
環境浄化のビーワン水・ テネモス水・マイナスイオン水使用
店内は麻炭漆喰のゼロ磁場スポット♫

※リンクフリーです※



テーマ:
前回いつだったのか
記憶にないくらい久しぶりに
わの舞の講習会に参加した


毎回思うことは
どんなに久しぶりでも
久しぶりさを微塵も感じない不思議


なんでだろう?
なんでだろう?
なんでだ、なんでだろう???



踊りの前のストレッチだけで
緩む緩む

アクビ連発 
リラックスさせるホルモンが
大放出してる感じ

毎回これだけで十分満足

家でたまにストレッチしても
ここまでのリラクゼーションは味わえない

早起きして来た甲斐があったと思う

片道3〜4時間はかかるから
近いようで遠い

うちは北関東というより
もはや南東北かw

その上あの満員電車を思うと一瞬たじろぐ

もちろん帰りの電車では
至福に包まれるのは
言うまでもない



講習会では
千賀先生のお話を交えながら
微に入り細に入り
繊細な体感をストイックに追求していく


センターからの発動
重力に委ねる
大地とつながる
聖なる斜め45度への眼差し


どれ1つ取っても
舞のフォー厶1つ1つが深い


統一体への道は深い


深くて深くて
その深さ故に
身悶える快感を覚えるのが
なぜなのかはわからない



背中の背面からの発動が
正面の前面の世界の広がりを生む


空間の無限さ
空間の神聖さ


それは背面から
背中から
センターから


本当の私は背面にいる



ここに来るたびに
これまでのさまざまな分野での学びが
集約されている事に驚く

クンルンの秘技や
プリミ恥部さんやDr.ケンや
上江洲さんの教えが
ここに凝縮されている
 
身体を通してそれを体得していく


すべての学びがここにリンクしていて
わの舞が私にとっては
もはや集大成になる


わの舞から離れれば離れるほど
それを実感する



いつもの事ながら
講習会終了後は
思考は停止して
身体中が快感覚に満たされる


ああ〜嬉しい
身体が
喜んでる


ここしばらく忘れていた感覚


毎日の生活の中で
ついつい忙しさにかまけて
身体は固まって
無意識に緊張してる


親の介護があるからと
いろんなこと諦める必要はない


むしろそんな時だからこそ
自分を調えるためにも必要だ

万障繰り合わせても来る価値がある


体を壊してみたり
親の介護をしてみたり
しょっちゅうブランクが出来て
万年補欠ならぬ 
万年初心者の域を出ない私だけど
私のペースで細く長くやっていこう
淡々と



山の頂上へ向かうルートは
たくさんあって
登山口もたくさんあって
どれが正解で
どれが絶対かなんてわからない


でも私は
わの舞という登山ルートに出会えて
千賀先生という先達に出会えて幸せだ


カラダからのアプローチは
一見遠回りのようで
実は近道だと思うし
生涯をかけて登り続ける楽しみがある
淡々と登り続けよう




最後の舞で
自然豊かなある地域に
ソーラーパネルの設置が決定してしまい
山が切り拓かれるという事態に
みんなで祈りを捧げた


地球への祈りを込めて


お金や経済優先で
自然破壊をしてきた私たち人類の責任で
今地球は瀕死の状態なのかもしれない


地球さんへの申し訳なさで
涙腺崩壊
鼻水決壊


地球さんアイシテル

そんな思いが込み上げて来て
また崩壊


ああ〜でもなんだろう
深く癒やされてる 


地球を癒やそうと
祈りを捧げたつもりなのに
逆に地球に癒やされてるじゃないか 


1人1人が光を放つ事ができれば
地球もまた光輝き出すだろう


これから先地球で何があっても
混乱せずに
淡々と祈りを捧げられる自分で在りたい





ラビラビ/ちきゅうのうた"Song of the Earth"

僕らは約束するよ
地球さんと約束するよ

地球さんの声を聞いて
笑い共に生きて行くと

僕らは約束するよ
地球さんと約束するよ
僕らは新しい部族なんだと



テーマ:
こないだ50うん歳の誕生日だったんだけど
気がついたらもう半世紀以上も生きてる


聖母マリアと同じ誕生日らしく
ちょっと彼女に親近感を覚える

あんな愛の人にはさすがに程遠いけど
そんな自分も愛すw


久しぶりにメタトロン受けてみたら
感情コードがずいぶん変化してた




1年半前は
陰うつ、悲しみだったのに
今回は
親切心と喜びがランクイン

またしても気遣いと愛もランクイン



プリミ恥部さんよろしく
気を遣わずに愛を遣うを
地で行きたいけど
まだ気を遣ってるんだなあ
いい子ぶってるんだなあ
優等生やってるんだなあ



親切心は
両親との同居が始まったからかな
親切にしてるつもりはないが
いろいろやってあげないと
いけない事が増えた


先月には母も無事に退院して来て
父の世話から解放されてホッとした

でもその間に
父のマダラ認知症も進んでしまい
徘徊して2回も捜索願いを出したり
防災無線で呼びかけたり
警察犬まで出動したり
それは大騒ぎだった


この警察犬がけっこうなマヌケ犬で
それはそれでいいネタになった
だってぜんぜん言うこと聞かないんだ
待てと言っても待たないw


最初は自分の親が年老いて行くことを
認めたくなくてすごく嫌だったけど
最近は悲劇を通り越して
喜劇と化してる


母の人工肛門の説明の時も
何を思ったか
俺は人工肛門になったのか?と言い出し

こないだも病院に連れて行ったら
急に香典袋を忘れたと言う

誰の葬式に行くつもりなんだw

コンビニで買うと言ってきかない

どんな妄想の世界を見てるんだ?


診察室に入ろうとしたら
隣の席の人のバッグを
あたかも自分が持って来ましたと 
言わんばかりにシラっと
持っていこうとしたり

それ窃盗ですからw

それもシャーシャーとすました顔で
やるもんだからもはや笑うしかない

むしろ次は何を笑かせてくれるのか
期待してしまうじゃないか


もう、親と子の逆転劇


こうなると
親はこうあるべきって
子供のエゴだから
捨てた


目の前の出来事を
ニュートラルに受け入れて
やれる事を淡々とやる


私はついついやり過ぎてしまうので
なるべく無理しないで手を抜いて
外部の人たちのサポートを
借りることを意識してる


介護や子育ては
1人でやってはいけない


いろんな人の助けを借りないと
自分が潰れる


母の人工肛門のケアも
24時間体制で
デイサービスのスタッフさんや
訪問看護師さんや
いろんな人たちを総動員して
サポートしてもらってる

 
何より旦那が
気持ちよく協力してくれる事が有り難い

朝の弱い私に代わって
父の朝食を用意してくれた事は数知れず



自分のバランスを取るためにも
外に出て発散させるのも忘れない


そんな時は
ショートステイを利用して
両親には泊まってもらって
自分も遊ぶ時は遊ぶ





喜びの感情コードが出たのはとても嬉しい


ニューヨークから戻ってからは
なんとな〜くそんな気分の時が多い

あの自然の中での体験のせい?


父と同居するようになって
父にうちの裏の庭に
小さな菜園を作ってもらったので
収穫するのも毎日の楽しみ

今はオクラと紫蘇とモロヘイヤが元気
もはやモロヘイヤは暴れまくってる




こないだはパセリに付いてた毛虫を
大量に摘まんでたら
なんと蝶々の幼虫だった事がわかり軽く凹んだ


今はブロッコリーの収穫が待ち遠しい



ただ多年草の苗は
花が終わった途端雑草と化して
根こそぎ父に葬られていくことは口惜しい(T_T)




やっとこの歳になって
歳を重ねるのはいいもんだって 
思えるようになった


やりたい事もたくさんあるし 
興味のあることもたくさんある


わの舞の千賀先生や
宇宙マッサージのプリミ恥部さんや
子宮委員長はるちゃんや
ニューヨークのDr.ケンや
上江洲義秀さんことうえっちのエッセンスを
自分の中でブレンドして
自分らしく表現して行きたい


それは父の教えだ


中学か高校生の時
父に教えられた

生きるために大切な事は
柔軟性だと


いろんな角度から
物事を見られる柔軟性

すべてを鵜呑みにしないで
自分の頭で考えてみること


それにしては父よ
もはやこのところのあなたの柔軟性は
留まる所を知らないwww(T_T)














テーマ:
またしても友人が新たな音源を送ってくれた

その光話の中でも
予想外の甚大な被害をもたらした
今回の台風21号のような
自然災害を示唆するような話も含まれていた

ダイジェストでシェアしてみよう


■■■ここから■■■


命とは意識

みなさんの意識状態が
即、命に働く


なぜ意識した通りに
現象の世界に具現化されるのか

意識と命は一体だから


命の働きが理解できるなら
悩み苦しみ不調な人間は一人もいない

ではなぜ悩み苦しみ不調なのか

命の働きを知らないから


ネガティブかポジティブか
意識した途端、即、命が働く

健康な者には健康な命が
働いているわけではない  

病気の者には病気の命が
働いているわけではない 

金持ちの者には金持ちの命が
働いているわけではない

貧乏な者には貧乏な命が
働いているわけではない   
 
全ては唯一の命の中に生かされている

唯一の命に特別な命はない

 
その命の働きを 
知っているかいないかだけの話

意識は意識した瞬間
その命が働く

私は無力と意識すれば無力の命が即働く
私は無知と意識すれば無知の命が即働く


命と言う意識を
イエスは我、完全な神であるように
あなた方も完全な神であると説いた


その神と説いた命
それが原因

私と思っている肉体が結果


結果ですべてを
片付けようとするから片付かない 

今、世界は政治 経済 科学 宗教 教育
すべての面で壁にぶつかって進めない


なぜならば
創造された被造物という結果だけで
片付けようとするから


結果は現れ

それを良き現れ、悪き現れとするかは
それ以前の原因の問題

原因を正さずに結果が変わるだろうか



子育ても同じ 
亀にウサギのように走れと言ってもムリ

子供は親の鋳型に
当てはめられるものではない
子供は親のモノサシに
当てはめられるものではない


子供には子供の
神から与えられた素晴らしい特質を
ちゃんと秘めている


それを引き出し
磨き上げ 
顕現させるのが
親の役目 
 
大きな間違いを犯しているのは
全部同じ鋳型で当てはめられた子供たち
親のモノサシで測られた子供たち

それを我々は
はっきり理解して
子供たちを導いてほしい


親が分離して生きている故に
子供たちがどういう役割を持って
生まれて来ているか見抜けない


すべては1つなる命の中に生かされ
すべての命は1つなる中に生かされている


これを理解した時
一命一体
自他一体
全一体

我はすべてであり
すべては我なり

我は全体であり
全体は我なり

その境地から見てみると
1人1人がどんな素晴らしい宝物を
特質として秘めているか見抜けるようになる

我々は全一体という
本質から分離して生きている故に
何もわからない

すべてのすべて
ありてあるものを
正しく見るためには
すべての本質が1つである事を知ること


花々の命
動物の命
鉱物の命
人間の命
あなたの命
私の命

唯一の命がすべてを生かしている


すべての命が
すべての本質であり
すべての原因

その原因に立ってみる

すべての結果を支配しているのが原因

原因に立つことが出来れば
運命が悪い、人生が悪いと
泣き事を言うこともない

なぜなら運命を支配しているのは原因
人生を支配しているのは原因

運命を変えよう、人生を変えようなどと
その程度ではなく
運命を支配してほしい
人生を支配してほしい

なぜならばすべてを支配しているのは原因

原因は命

命という原因に立ちさえすれば
すべてを支配していることを知る

みなさんの人生は運命は
名前が司っているのか
印鑑が司っているのか
方角が司っているのか
人相、手相、風水が司っているのか

それらすべては
原因の結果のもとに置かれているもの 
 
名前が悪い、印鑑が悪い、手相が悪い
それはすべて結果であって
あなたの本質、命は
すべての原因、原点


我 肉体に非ず
我 命なり

命と意識は即一体なり

意識した瞬間
命はこの肉体という伝導体を通して働いている

相手を恨んだり嫉妬したり怒ったりした瞬間
すべて己に跳ね返って来て
結果自分が苦しむ


幸せになるのはカンタンなこと

金や物質や富や学歴が
あなたを幸せにする事はない

あなたの本質の理解力が
あなたを幸せにする


金持ちでも最高学位を持っていても
自殺する者もいる

金、物、富、名声それらは結果

結果には幸せはない

この世は無常世界
影、幻、幻影の世界


無常の世界で
今日は健康でも
明日は癌になるかもしれない
今日は金持ちでも
明日は詐欺ですべての金を失うかもしれない
今日はいい仕事に就いていても
明日はリストラに遭うかもしれない

その状態でもあなたは幸せでいられるのか


健康も病気も結果
金持ち貧乏も結果
仕事も結果

健康や金や仕事が
実在と錯覚しているならば
それらは実在していない

この現象世界は
常に移り変わり変化している

ならばそれらは真実ではない

真実とは
真に実在するもの

永遠に実在するものを真実と言う


変化していくものは実在とも
真実とも言わない

真実とは永遠
実在とは永遠


私がどのように無限という
至福を感じているのかを
知りたいならば
私のところに来てほしい


私は
私が肉体という錯覚で生きていない

我 肉体に非ず
我 心に非ず
我 感情、理性、五感に非ず
 
我は命なり
その原因、本質を理解して生きている


無限という本質に生きている


健康だから幸せではない
お金があるから幸せではない
仕事があるから幸せではない

不死不滅永遠の本質によって
幸せを掴まねばならない


いい大学いい就職
豊かな生活
これが我々の人生の目的ではない


1人1人が生かされている目的は
今生こそ本当の自分に目覚めること


肉体はこの人生の航路を
乗り切るための一時の船

あるいは命を表現するための
表現体にすぎない

命とは智慧
命とは力
命とは愛
命とは慈悲

それを表現するための道具でしかない 
 
その道具に支配されている

道具とは自由自在の意識によって
使われるためにある

肉体という道具に
使われて苦しんでいる者の
なんと多いことか  

悩み苦しみ不調和は
道具という結果に使われたと言うこと


道具を使うために
命はこの肉体という衣装を纏って顕現した

道具に使われない我
それを悟りという
解脱という

肉体を我と錯覚していることを偽我という
迷いという


我 命なり
我 本質なりという自覚で生きているのを
真我、悟りと言う


悟りとは
洞窟に籠もることではない
難行、苦行、滝行、修行をすることではない
聖書仏典、お経を唱えることではない


悟りとは 
今生かされているこの社会で
真の自分は命であるという自覚を持って
その正しさを見失うことなく
日々を生きること


迷いとは
我肉体なりと錯覚して生きること 


迷いとは錯覚
悟りとは自覚


結果は見える
原因は見えない

真実は見えない さわれない


原因である本質は
無形、無想、無色、無臭、無音

これこそが在るもの
実在するもの

本当に在るものは
見えない 

見えないものこそが
在るもの


見えない本質が
命という光によって投影され
この世の現象世界に顕現される


結果という背後を追求した時に
見えないものが見え出す

それを瞑想、内観、ヨーガの境地という

結果という我が
すべての存在の原因の我に
目覚めることを言う
本質に目覚めることを言う


本質を知る者は
宗教で殺し合わない

唯一の命、本質によって
すべて生かされている事を知っているならば
どうして宗教宗派で争うのか

本当の宗教を知らないから


人類は1つ
社会は1つ
世界は1つ
宇宙は1つ
無限なる一元 


その本質を理解できるならば
宗教の間違いを見抜ける



この世界は年を増すごとに
想定外の事件、事故
自然災害、天変地異がどんどん現れる

恐怖を植え付けているのではない
知っていてほしい 


これはこの地球という神の体が
健康に立て直され
美しい地球へ復活するための大掃除、浄化

その現れる現象に
振り回されていたら混乱する

世界で混乱する人が増えるのは
高まるエネルギー、愛の波動に
ついて行けない事で起きる


常に冷静に無常という
この世の移り変わっていく現象を
見守ることができれば混乱は起きない
  

ではなぜ神の体である地球を
ここまで浄化しないといけないのか

それは万物霊長たる我々の責任

我々が正しい生き方を見失った結果

金、物質、権力に偏った結果



この宇宙はプラスとマイナスの
調和で成り立っている

プラスとマイナスで一体
陰と陽で一体


プラスという原因
陽という原因

マイナスという結果
陰という結果


原因は結果という形を通して顕現する

今の社会は 
金、物、権力
結果という仮想だけに偏ってしまっている 
 
結果というマイナス、陰の波動に
地球が覆われた時
異常気象、天変地異が引き起こされる


それを食い止めるためには
1人1人が真の己
真実の我に目覚め生きること 

原因という本質、命に立ち返ること



戦争、争いをやめさせることができるのは
お金でも権力でもない

愛という本質に目覚めること
己を磨き上げた時
地球という美しい体も磨き上げられる

誰かを変えようではない
己が変わった時に
すべてが変わる

原因が変わらずして
結果は変わらない


原因が正されれば
結果も正される


自分を救えるのは自分しかいない



■■■ここまで■■■


私たちは命と言うと
つい肉体の事だと思ってしまうけど
肉体を動かしているのが命であり
肉体が朽ちても
在り続けるのが命

それをキリストは愛と説き
釈迦は空と説き
うえっちは命と説く

言葉は違うけど
本質は同じ
目には見えないけど実在するもの

その本質である原因に立ち返ること

確かに
結果ばかりを重視する社会になってる


結果よりも
まずは原因
大切なのは原因なんだよなあ


原因よりも
結果に偏ってしまったから
地球にいろいろな事が起きてるのかもしれない



そう言えば
もう亡くなってしまった
テネモス国際環境研究所の飯島秀行さんも
生前まったく同じことを言っていた

自然災害は地球のお洗濯だと

人の心が汚れてしまったから
体である地球をお洗濯するんだと


私たちの肉体が生きているのではなく
生きている空気を吸っているから
肉体が生きていると言っていた飯島さん

その空気が
空であり生命であり魂だと
飯島さんは説いた


以前ブログでシェアした
飯島さんの講演記事もまたシェアしてみよう


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


フリーエネルギーとは宇宙エネルギー

エネルギー=生命=微生物=神=大気、空気

たった一つのエネルギーしか存在していない

宇宙の法則(真理)は
たった一つであるということ。



環境、病気、経済など
さまざまな問題が起こっている

この地球を救済する方法は、
宇宙の法則に気づき、意識を変換させること。


つまり、すべては一つ。

私たちは、意識を
全我にチューニングすること。

すべては意識次第。

自己選択。


本来私たちは、ひとつであることに気づかずに
それぞれが個々人であるという分離感でいると
気が病んで 病気になるのです。


自分、個人、人間、身体という考えが
病気をうむ。

だたし、症状が出た人は幸いである。
気づくきっかけを得られるから。



想念は実現の母
つまり、思いが現実化するということ。

たとえば
余命を宣告されて信じるとその通りになる
「あっ、そう」と余命など受け入れなければ、病気は治っていく。



どんな食べ物も病気を治すものはない。
良い、悪いで選ぶ人は
何を食べても病気になる。

病気がなおったのは
意識が変わったから。


意識の変換とは、
エネルギーの受信機である
自分のチャンネルを変えること

我は、生命、空なり 
大気意識 神意識になる

身体を自分だと思うと死がくる
自分は命、魂だと思うこと。



自分が宇宙と一つだとわかれば、
本当の真理は
自分に聞くとわかるのです。


意識を変換すると選択に決めたなら
諦めずに常に
「我は生命である」 と思う事。

そう思い続けること。
それが変換への第一歩。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚















 










   







 





テーマ:
食べない飲まない寝ない
汚れないことで有名な
平成の覚醒者

上江洲義秀氏ことうえっち

沖縄を拠点に日本各地のみならず
台湾、中国、ニューヨークと
世界中でセミナーを展開している


そんなうえっちのセミナーに
定期的に通っている友達から
音源データが送られてきた

なんでもその日の講話では
美容師の話題が出たらしく
わざわざ私に聞くようにと送ってくれた


その講話(光話)から
ダイジェストでシェアしてみよう


■■■■■■■■■■■■


沖縄から真理という学びをスタートしたが
沖縄、横浜、中国、台湾
どこに行っても職業でみると
1番多いのはいつでも美容師だった

これだけは不思議で不思議で仕方なかった

例えば10人学べばほとんどが美容師
主催者も美容師

なぜなんだろうと思った


人は美しい 
命は美しい
全ては美しい


すべては美しき天使たち
無限に飛び立つ美しき天使たち


「美」は美しい

美しいは神、本質、愛

「容」はこの伝導体
肉体という伝導体を常に美しき神として
操ることを美容師という
 

気功師も同じ

気も本質

気という命を
自由自在にこの肉体という伝導体を通して
美しく正しく顕現していることを
気功師という


本当の気功師であるならば
本当の美容師であるならば
我 神なり
我 本質なり
本質と我 一体なりと
表現していることを
気功師、美容師という


この学びには美容師、気功師の他に
学校の先生、教育者も多い


1人1人が美容師であってこそ
1人1人が気功師であってこそ
世界は救われる


ただ髪をカットしてパーマをかけるのが
美容師ではない


愛に生き
無限の本質に覚醒めている者


本質の命をはっきり自覚して
日々の生活で顕現している者
それを高級意識という


高級意識を持って生きる者は
相手の言葉に噛み付いて
すぐに怒り狂うようなことはない
 
常に相手を理解しようとする 
常に相手の成長を願っている


言葉に振り回されて
すぐに怒り狂う者
相手に噛み付く者
自分の都合のいい悪いで判断する者
自分の都合で相手を裁く者
嫉妬、恨み、怒りに狂う者 
これを低級意識という


高級なる者は
私という伝導体を流れる命も
あなたという伝導体を流れる命も
まったく同じ
一点の違いもない同じ命
そこに差別も区切りも分離もない

常に相手を理解し
常に助け成長を願う

すべてのすべて
あってあるものの中に
愛として思い
愛として語り
愛として感じ取ることができる


すべては美しき天使たち
無限に飛び立つ美しき天使たち



あなた方は
自分自身は肉体という
錯覚をしているだけであって
無限にして完全なる愛であり
無限にして完全なる本質


本質は
人の上に人を作らず
人の下に人を作らず

まったく同じ本質



瞑想、内観、ヨーガを通して
その境地に至っていなければ
光を放っていなければ
ただ目を閉じてポーズを取っているだけ


それはすべて波動で見えてしまう


皆さんの吸う息、吐く息に現れる 
  

言葉は飾れても
言葉は嘘をついても
波動はウソをつけない  


心に怒りの波動あるならば
吸う息は愛でも
吐く息は怒り

吸う息は完全でも
吐く息は不完全

「息」と言うのは自らの心と書く

心のフィルターに恨みをかけている者は
吸う息は愛でも
吐く息は恨み

嫉妬というフィルターをかけている者は
吸う息は愛でも
吐く息は嫉妬


宇宙、地球、人間、鉱物、微生物
すべてのすべて吸う息は
唯一愛しか吸わない
唯一本質しか吸わない


大事なのは吐く息


本質に生きる者は
落ち込む者には希望を与え
苦しむ者には喜びを与え
ネガティブな者には 
ポジティブを示しその成長を願う

吸う息が愛ならば
吐く息も愛

吸う息が完全ならば
吐く息も完全

 
高級意識か低級意識であるかは
あなたがた次第
 

この相対する二元の世界で
一元に融合していくこと


我はすべてであり
すべては我なり

我は全体であり
全体は我なり



〜質疑応答から〜

みずがめ座のこの時代
今、世界で起こるさまざまな天変地異
事件、事故は
本質の世界から見れば
この地球に注がれる愛の波動が
高さを増し強烈になって来ている

その時に
潜んでいるさまざまな汚れ、歪みが
全部引き出されている浄化の現象


その浄化の現象の中で
愛という波動に乗れない者は
精神的、肉体的パニック、心身の不調など
さまざまな現象が現れるが故に
大混乱、パニックが起こっていく

それは実相の世界から見れば
一点の狂いもなく 
この地球が健康であるために
本当の黄金時代を迎えるための準備期間
 

愛の波動にうまく乗れる者
同調できる者は
ものすごいスピードで成長を遂げていく

しかし逆へ進む者には
大きな苦しみを伴う時代

今の時代をイエスは
幕が2つに切り裂かれる時が来るだろうと
我々にメッセージを送った

右の本質的な方に進む人間か
左の物質的な方に進む人間か

霊的人間か
物質的人間か

偽我人間か
真我人間か


〜質疑応答から〜

我、病人なりと思った瞬間
再生する細胞たちは
病人の体を強化する


我 神なり
我 完全なり
我 愛なり
と思った瞬間それは強化される


■■■■■■■■■■■


縁あって美容師になったけど
美容師という仕事の原点に戻された感じ


ヘアスタイルだけでなく
その人の命、本質の美しさを
自由自在に顕現できるように
努力していかなきゃだ


その前に自分自身の命、本質を
自由自在に顕現していかなきゃなんだよなあ


うえっちの公式サイトはコチラ







 












テーマ:
ニューヨークから戻ってからは
毎日うちの庭に生えてる
スギナとドクダミを煎じて飲んでる




これを冷蔵庫で冷やしておいて
キャッツキルのハチミツを混ぜて飲むと
うまいのなんの

あのニューヨークキャンプに
一瞬でワープするというね

季節柄ヨモギが見当たらない
ヨモギ粉末でも混ぜようかな


ちなみに東京の美容室から茨城に戻った時
体重が15キロも増えてて
ドクダミ茶飲んだら10キロ痩せた事があって
その頃を思い出した


昨日、また例のマニアックな
龍ケ崎の鍼灸院に行ったら
先生が脈診をして
あれ、調子いいね、と一言

ニューヨークから戻ったら
不思議と体が軽くて
ほんと調子いいんだ

久しぶりの感覚で嬉しい






友達が面白いよーと言って
貸してくれた本がこちら



ほんとに面白すぎる
むしろヤバ〜い!


日本の、世界の本当の歴史を知る事が出来る


とは言えミナミさんという人の
チャネリング本なんだけど
見えない世界からの情報だから
真偽を確かめることは出来ない


この情報が絶対に正しいと言うつもりもない


ただ私はこの本を読んで妙に納得して
腑に落ちたことがたくさんあったのも事実


点と点がつながって
綺麗な1本の線になってスッキリしたって感じ


私にとって常に気をつけてる大切な事は
すべてを鵜呑みにしないことと
誰かを崇拝しないこと
疑り深い性格からかもしれないけど


必ずニュートラルな視点を
どこかに持つようにしてる


でもこの本が真実だったら
世の中ひっくり返っちゃうだろうなぁ



陰謀論のイルミナティや
フリーメーソンやレプティリアンやら
何やら関暁夫のオカルト都市伝説に
成り下がりそうなところだけど
見えない説得力と見事な辻褄の一致に
感嘆のため息を漏らしながら読破した


まあ、信じるか信じないかはあなた次第w


1つのエンターテイメントとしても
楽しめる1冊だ



私たち人間は地球の金の採掘の使役のために
アヌンナキ(この本ではレプティリアン)による
DNA操作で生まれた

そのピラミッド構造は今も健在で
特に日本という国は格好の餌食になっていて
何かとお金もかかる仕組みで
生きづらい社会になっている



どうしてそうなったのかが
この本でよく理解できる


天皇、神社、日本神話の謎
どうして日本を鎖国したのか
どうして明治維新が起こったのか
明治維新の黒幕はだれなのか
どうして総理大臣は
長州ばかりに偏っているのか
どうして明治時代から戦争が急増したのか
どうして2回も日本に原爆が落とされたのか
どうして沖縄にたくさん米軍基地があるのか 


その辺の謎が一気に解けて気持ちイイ〜


歴史は
勝者によって作り替えられるのが常


本当のところはわからないけど
この本の情報も1つの参考にして
また違った視座を手に入れるのも面白い



アトランティス文明と
レムリア文明が存在していた頃
アトランティスの暴走による
核爆発で大陸は分裂し
生き残ったムー大陸の人たちが
日本の縄文時代をスタートさせた


縄文の人たちは
レプティリアンによって
切られたDNAが繋がって
超感覚を持ったムーの子孫たちだった


彼らは日本だけでなく
マヤやチベット、アメリカインディアン
エスキモーやユダヤの人たちと
世界各国に分散して行った


超感覚を持った人たちだからこそ
あの縄文土器が誕生したんだろう












野蛮な生活どころか
所有という概念を持たない
超ハイテクで豊かな平和な社会だった


ところがレプティリアンの支配の触手は
縄文にも押し寄せ
弥生時代から神という概念を利用して 
レプティリアンの手下である
ナーガの支配が始まった


大和朝廷による
支配システムが出来上がった頃には
縄文の人たちは北と南に追いやられ
アイヌ民族と琉球民族のみになっていた


そして飛鳥時代から戦国の世に突入した


ところが日本列島が
弥生の文化に飲み込まれて行く時
その体制には組み込まれず
表にも出ず常に隠れて
生きると決めた縄文人がいた

そんな彼らをサンカと言う


そのサンカだったのがな、な、なんと
織田信長

ムーや縄文の波動を受け継ぐ人

競争でもなく
争いでもなく
所有でもない
皆の平等と平和と調和


そして豊臣秀吉も徳川家康も
同じサンカだった

途中、秀吉は
違う方向に行ってしまったけど
3人で作り上げた庶民のための江戸幕府


ヨーロッパを支配するレプティリアンから国を守るための政策が鎖国であり
そのおかげで日本は異国からの植民地を免れ
260年以上戦争もなく
平和で豊かな江戸時代に
様々な江戸文化を開花させる事が出来た


ところがとうとう
レプティリアンの魔の手が忍びより
鎖国から開国へと
明治維新のクーデターが起きた


その黒幕の張本人は●倉●視


なかなかの衝撃なので
ここでは書かないけど
あの幕末の英雄も
あの人もこの人も実は
フリーメーソンの手下だったようだ

明治天皇の挿げ替えなど
波乱万丈な時代だった


今NHKで西郷どんを放映してて
毎週の楽しみになってるけど
ちょうどその辺の話と絡んで来るから
この本を読んでから見ると
また違った視点を楽しめること間違いなし


唯一救われた事は
西郷どんはサンカではなかったけど
真に庶民のための政策をしようと
尽力した人だったって事

西郷どんは裏切らなかった〜 



明治維新を機に
近代文明の波に乗り
現代の日本社会になってるわけだけど
原爆を2回も日本に落とすなんて尋常じゃない


でもそれにはワケがある


ムーの波動を保持し続ける日本は
目障りなのだ


彼らは日本列島の波動を重くしたい


ムーの波動を受け継ぐ日本列島は
すぐに軽くなる
そこに住む人々も土地も共振して軽くなる


江戸時代は信長たちが意図して
軽い社会を作ったから軽い時代が
260年も続いた


それが気に入らない


とことん痛めつけて
波動を重くしておきたいのだ


でなければ執拗に2回も
原爆を落とさないだろう



レプティリアンたちの目的は
金だけではない
もちろん金儲けも大切だけど
それ以上に欲しいもの

それはエネルギー

不安や恐怖の負のエネルギー

それらを搾取する事が目的

負のエネルギーを放ってくれれば
必然的に波動も重くなるというもの



まさにTVをつければ
ニュースを見れば
ネガキャンの嵐

危険だから
不安だから
心配だから

それらをベースに生きている私たち現代人  
それも無意識に


支配層はさり気なく不安を煽って
人々を無力にさせる 
思考停止にさせる


そうすれば支配しやすいから


第二次世界大戦の目的は
原爆を投下して
波動を重くするだけでなく
日本民族の自虐感を植え付けること


教育然り
セルフイメージを低くさせて
白人至上主義を強め
日本人の自信をなくさせることに
まんまと成功しているわけだ



日本列島の地形は
世界の雛形と言われる


北海道が南北アメリカ
本州がユーラシア大陸
四国がオーストラリア
九州がアフリカ大陸

そして沖縄が日本

だから日本の雛形でもある沖縄に
米軍基地をたくさん置いて
管理支配しながら
波動を上げさせないようにしているとか


彼らの好物が負のエネルギーならば
私たちができる事は
いつもご機嫌で暮らすこと


もしマイナス、ネガティブな感情が
襲ってきたら
すぐに転換させることが大切になって来る


自分を大切に
ご機嫌で生きる事が
エネルギーを明け渡すことなく
日本列島を守ることにも繋がる



今ではエネルギーを上げようと
いろんな人が出て来てるし
常識に囚われないで
好きなことで生きてる人もたくさんいる


本田こーちゃんや心屋仁之助さんや
ハッピーちゃんや子宮委員長はるちゃんとか



自虐的になったらまんまと
彼らの餌食になってると自覚して
ケン先生も言ってるように
そんな時こそ自分を抱きしめて
リスペクトしなきゃいけないね〜 

サンキューマイセルフ♥



まー、騙されたと思って一読をオススメする


そして信じるか信じないかはあなた次第www


とにかく縄文時代と江戸時代は
レムリア文明と同じ
軽い波動だったんだね!


さあ9/2まで上野で開催の
実はハイテクな超感覚時代だった
縄文展に急げ!


行けない人は
異常とも言えるおびただしいほどのハニワが
展示販売されているこちらへ

筑波山の麓 はにわの聖地 西浦
茨城県桜川市真壁町東山田1414
0296-55-0283






















85歳でまだ入院中の母が言った一言

「私は何もやりたい事を
やってないからまだ死ねない」

「何やりたいの?」

「カラオケ」

「あ、カラオケ…」

私も母のように
死ぬ時、後悔するのイヤだから
生きてるうちにやりたい事やるぞ!
てなわけで


「あなたの魂は動き回ってないと死ぬ」と
ブッダプログラムのつうりさんに
言われたのもあって



単身ニューヨークに旅立った




ニューヨークはぜんぜん興味ないけど
英語はぜんぜん喋れないけど


代替医療のマスターヒーラーDr.小林健の
ヒーラーズプログラムの
サマーキャンプに参加するために
初めて訪れたニューヨーク


前泊で泊まったホテルには
おびただしい数の男女が入り乱れ
木曜日の夜にも関わらずパーリーナイト

街を歩いてみると
すごい活気と喧騒に
生暖かい湿度がまとわりついて
面食らう



アメリカに来ちゃ
もちろんホールフーズにも行くよね〜






ずっと気になってた人
ずっと会いたかった人


2年前、副腎疲労になってから
様々な代替医療を模索して来た



次の日
ニューヨークのマンハッタンに構える
Dr.ケンのオフィスには
32人もの人たちがあちこちから集合した



出迎えてくれたのはこのオフィスの主であろう
ニャンコのライガーさん




キャンプ地は
マンハッタンから高速に乗って
2〜3時間くらいのところにある
キャッツキルMt.


すでに1000m超えの山間に
Dr.ケンの自宅と併設されて
テントとバンガローの
キャンプサイトがある




手つかずの大自然が広がるここは
まるで別天地
最高かよ


目の前のハッピー牧場には
ケン先生と共に暮らす動物たちが


馬ちゃんロバちゃん
ウサギちゃんニワトリちゃん
ヤギちゃんクジャクちゃん
毎朝卵を産んでくれるニワトリちゃん

まるで生きとしいけるものたちの楽園


フォトbyゆみ



フォトby megu

 
    
極めつけはゴールデンのルナちゃん
ケン先生からの愛情満タンの
彼女を見てるだけで
こっちも癒やされる

存在で人を癒やすとはこの事だ




まだ仔猫のISSAとスタッフのタチアナ





目の前には川が流れてて
その水の
甘さとまろやかさと言ったら
言葉で伝えるのは不可


フォトbyやこ


参加者のある猛者は
早朝にこの川で
真っパで水浴びをしたそうな

さぞ体の細胞たちも喜んだろうね



到着してオリエンテーションのあとは
あいにくの雨模様だったけど
車で少し走ったところにある川に入って
さっそく泳いだ


水はけっこう冷たくてガクブルだったけど 
覚悟を決めて入ってみると
気持ちイイーーー!

フォトby ayako
 

雨のせいか誰もいなくて
私たちの貸し切り状態

みんな思い思いに水と戯れる

じゃんじゃん岩から飛び込む人も

カナヅチの私は
浮き輪を持ってくればよかったと後悔



ここでは毎朝起きると
まずはティータイム

先生の畑で採れたドクダミや
ヨモギやスギナを煎じたお茶を
キャッツキルで採れたハチミツと一緒に頂く


実は私はハチミツが苦手だったけど
このキャンプで飲んでるうちに
ハチミツの美味しさに目覚めてしまったー


スーツケースのキャスターが
壊れる危機に見舞われながらも
恐ろしいほどの大量のハチミツを
お土産に買い込んだあの彼女が
今では羨ましい





朝は大切なデトックスタイム



フォトby舞子



毎日さまざまなグリーンジュースが
振る舞われる



            フォトbyやこ   



フォトbyやこ







フォトby舞子


うまい!どれもうまい!
泣きたくなるほどうまい!

あ~幸せだ
こんな食事ができるなんて!

ケン先生の奥さんとスタッフのまさよさんの
愛情たっぷりの自然食

こういう食事ずっと食べていたい

あ〜なんだろ
言葉にするのは不可





ちなみにこれらのイラストカードは
奥さんの手描き

なんて愛に溢れた愛らしいカードなんだ!




初めて会うケン先生は
思った通りにパワフルで
78歳とは思えないほどに若々しくて
お尻もプリッとしてて
ハッピーオーラ全開




プログラムの内容は
先生の量子波ヒーリングの
導引光ワークに
太極拳のようなTAICHI
ヨガやストレッチワークと
けっこうなハードスケジュール


少食青汁メインにも関わらず
なぜかそんなにお腹が空かない不思議


手つかずの大自然の中にいるだけで
もうお腹いっぱいなのだ



森の中に入ってケン先生に
1人1人に合った木を選んでもらって
トゥリーハグをして
木と交流したり




あの青汁だけで過ごす事で有名な
大阪の鍼灸師の森美智代先生が
この森を訪れた時
森の精霊たちが喜んで
ケン先生に
「あの子は素敵だからまた連れて来て」と 
おねだりしたそうな





キャンプサイトから裏山に続く山道は
落ち葉でフカフカ

標高1800mまでトレッキングして
まさに聖域を流れる御神水を
自分の体の必要とするところに浴びて
体の調整をしたり


ある人は
「今日完成します」と言われて
全身に浴びてた人もいた


今の若い人たちは
開くのが早いとの事

腎臓、丹田に浴びる人が多かった

私は顔と両胸とお腹と腎臓に
浴びるようにと言われた


こんなに貴重で有難いことってあるか

ほんとに凄いプログラムに参加してるよなあ


夜には満天の星空の下
キャンプファイヤーの炎を囲んで
遅くまで語らう





高い青空
真夏の太陽
吹き抜ける風
鳥のさえずり
川のせせらぎ
セミの鳴き声
葉っぱの揺らぎ
咲き誇る草花
美味しい空気


すべてが全細胞に沁み渡る


こんなに自然に癒やされたのって
何年ぶりだろう


どの瞬間も奇跡みたいで
どこかでまだ夢を見てるような気分



このハンモックはずっと知ってたけど
最後の最後に
好きな場所でのランチだったので
ここで食べた


もっと早くにこのハンモックに
乗ればよかったと後悔するほど
最高の揺れ心地だった〜


先に狙ってた
どさん娘の彼女たちごめんねm(_ _;)m
次は乗ってね


フォトby kazue



先生の話もたくさん聞くことが出来て
ここぞとばかりに図々しくも
いろいろ質問させてもらって
なんて贅沢で貴重な時間



元気ハツラツなヨガティーチャーのリナと
静寂さをまとうTAICHIティーチャーの
ブライアン

写真には載ってないけど
ほとんどのケアと
アシストをしてくれた怜奈さんは
透明感溢れる憧れの人で
いつも見とれていた





夫婦で参加していたある旦那さんは
肝硬変で顔色が良くなかったのに
日を増すごとに
どんどん顔色が良くなっていって
みんなで驚いた





先生のフェイスブックのテキストから抜粋

***************


私たちは誕生した時に
ライフはプログラムされています。

私たちは「魂」や「素生」を浄化するために
問題だらけの地球を選んできたわけです。

ですから、人間社会の歪み
近代化から起こる問題
習慣や考えすぎ、しがらみなどを
まともに受けている
正面の実体に沿って生きていると
遺伝子の計画通りに問題にぶつかり
失望し、歳を取りすぎたり
病気で死んでしまうわけです。

重要な魂や素生を浄化するたびに
宇宙から地球に来たわけですが
もし体の後ろにある
本当の「身体(spiritual body=霊体)」の
心に沿って歩んでいると
自然と遺伝子を改善、改良、治癒して
幸せな方向に歩み続けられるわけです。

すでに私のブログやFBのお友達さんは
ご存知かもしれませんが
このプロセスを担当しているのは
「量子波」です。

量子波を習って、健康で幸せな人生を
歩み続ける秘訣をシェアしたいと
願っています。

特に、最も必要な遺伝子のプログラムを
改善、改良、治癒することを
自然に簡単に取得していただけることを
お伝えしますね。

それをしないと
生まれた時のプログラムに流されて
スピリチュアルが望む輝く人生、健康で
めちゃ幸せなライフを
続けていくのはとても大変な仕事です。


私のアドバイスですが
今から絶対に100%自分を愛し、敬い
ハグし、キスし、全ての行動、言動に
幸せと喜びを感じ、地上最大のセルフヒーリングである量子波をゲットして
遺伝子改善、幸せな人生を全身に取り入れて
楽しく平和に人生を闊歩しましょう。



いかにスピリチュアルボディーを愛し
感謝しながら現実社会と
和合していくということや
宇宙からこの面白い地球にたどり着き
どのように人生を過ごしていくか
ということをもう一度
考えていただけたら嬉しいです。
 
大事なことは
組み込まれたプログラミング
(つまり「遺伝子」ですが)を
改善、治癒しないと
世の中のコントロールされた物事や
強烈に根付いている習慣、プレッシャーや
しがらみなどが多すぎると
自らの遺伝子改善、治癒は
とても難しくなるということです。
 
例えば一生懸命青汁を飲んだのに
乳がんが治らなかったとか
医師の治療を受けたにもかかわらず
副作用で苦しんでしまうとか
肉も酒も油物もやめて自然かつ
穏やかな食事をしているのに
悪化してしまうといったことは
全て遺伝子を調整できていないからです。
 
ですので、今回は私に会う全ての方々に
日常生活においてとても簡単に遺伝子を
改革改善治癒していくことを中心に
お伝えしていきたいと思います。
 
特に私の場合は
いつも遺伝子に決められた方向を
自分好みに毎日るんるん生きているため
何かを失っても、オプションとして
思いがけないギフトを頂けることが
多々あります。
 
私は、合計5回死ぬという
遺伝子のプログラムにあったわけですが
世の中のシステムに振り回され
遺伝子の通りに死んだわけです。
でも、毎日何時でも遺伝子の方向性に
反対するような言動や
行動を行なっているため
なるほど「死ぬ」という
遺伝子のプログラムが
変えられませんでしたが
私の知らず知らずの努力で
「生き返る」というギフトを
受け取ることができたように思います。

それに量子波の宇宙の真理である美しい本能
それからいつまでもすすんでいく生命力
生き生きと輝き、幸せを感じさせてくれる
情熱が全身に湧き上がり
言葉に言い表せないくらいの
自分にあった健康と幸せを
勝ち取っていただけたらとても嬉しいです。
量子波で膝を交え、愛のハグをし
人生の幸せを語り合いましょうね。


with Love, Appreciaiton and Respect  
Ken Kobayashi

********************

〜ここまで〜
 

私の魂のプログラムは
双子で生まれて
私が茨城に養女に出され
旦那との結婚生活でバタバタしながら
子供の発達障害や不登校でバタバタし
今度は両親の介護でバタバタしてるってわけだ


それらのプログラムをオモテの正面ボディで
まともに受けてたら
そりゃ副腎疲労にもなるよね


正面ボディに従ってたらそりゃ苦しいよね

世間体、常識、既成概念、しがらみ
エゴ満載の前面ボディなんだもんね


ホントの私は
いつだって後ろにいる
スピリチュアルボディは
いつだって後ろにいる


背面で生きる


まだ難しいけど


正面の自分に気づいたら
背面の自分に戻る


そうやって遺伝子プログラムを変えていく


ハードなプログラムを決めてきた人ほど
そのプログラムを変える楽しみと
魂の浄化のチャンスが
待ってるってことかもね

どんだけ勇敢かよ
チャレンジャーかよ


もう自分を熱烈ハグするしかない



キャンプ中のケン先生のお話

●ドクダミ、ヨモギ、スギナは
毎日煎じて飲むといい


●便秘はどんな理由があっても絶対ダメ


●口腔内の菌と腸の菌が病気の元になる


●髪や爪や骨や松果体は
ケイ素で出来ているから
ケイ素を取ること

でも濃縮液やサプリはすすめない
不自然だし自分の体の中で
ちゃんと分解吸収出来ないから

ジャガイモやヒジキやアスパラガスや小麦など
自然の食べ物から摂取すること


●日本人の体はまるで海
ワカメ、昆布、ヒジキなどを常食してるから
放射能にも強い


●ヒーリングの波動領域は
霊の好む領域でもあるから
気をつけないと霊を引き寄せたり
誰かに霊を送ったりしてしまう


●最初に何を感じたかが大切
何かを感じたと同時に量子波は動く
ファーストインプレッション
それに基づいて行動できるかどうか


●本当にやりたい事なのか
大きな決断はステップバックしてみる


●いつもとは違う行動が
遺伝子プログラムを変えるキッカケになる


●これからは「治す医療」ではなく
「治る医療」


●体が疲れたら休む
それが出来ないような会社なら辞めればいい
自分の体の欲求に従う


●自分の食べたいものは我慢しない
そのかわりちょっとだけ食べて
サンキューと感謝する


●自分の中に必ず答えがある


●愛とは I「私」
まず自分を1番に敬い愛してハグする



かけがえのない濃厚な時間を
たっぷり過ごして
あまりに吸収することが多すぎて
まだ消化不良


あんなに習った導引光のワークも
もはや忘却の彼方に消えている((((;゚Д゚))))


ま、いっか
あの体感は
細胞に刻まれているはず



極めつけは
毎回、参加者グループのグループ名を
ケン先生が故船井幸雄先生から
ダウンロードしてくれるらしく
その名前の通り
帰りのバスではエアコンが効かなくて
ある人がまるで
スウェットロッジだと言ってたけど
みんなでバスに量子波を送り
無事エアコンが稼働して
まさに灼熱地獄からの
リバースを体験したというね

最後にキマったねw


いやぁ〜楽しかったー♥

魂レベルで震えた

また来年も行きたないなあ♥


参加者のみなさんありがとう!
お世話になりました!


本草閣のスタッフの皆さん、奥さん
そしてDr.ケン

いろいろとありがとうございました!
たくさんお世話になりました!

また10月に日本で会いましょう!


Dr.ケンのブログはコチラ



思いがけず私のハチミツ嫌いを
克服させてくれた
キャッツキルのハチミツと
ケン先生オススメの完璧なPHの水
(空港にも売ってた)








ある友達とチャットしてた時、相談された
「星状神経麻酔ってどう思う?」

なんでも首に交感神経が通っていて
その星状神経に麻酔を打って
交感神経を麻痺させるとか


麻酔かあ〜とちょっと違和感を感じつつも
ググってみた


様々な疾病は
もとを辿れば
交感神経が優位で起きてるという事だから
交感神経を弱めて
副交感神経を活発にさせ
自然治癒力を高めて
自律神経を整えてあげればいい


激しく同意


でも麻酔ってどうなんだろなあ


その友達は1型糖尿病で
西洋医学からのアプローチだけでなく
いろいろな治療法を模索している


このブログでも
いろんな波動医学の代替医療を紹介して来た


波動測定センターの記事はコチラ
先進波動医療メタトロンの記事はコチラ



その彼女とのやり取りの中で
興味深い治療法を発見


「刺絡療法」しらくりょうほう


あの免疫革命の
今は亡き安保徹先生も
推奨していたと言う別名チクチク療法

安保先生の息がかかってた
治療なんて聞いたら気になるぅ〜

またまたググってみたら
なんと茨城県にも治療院があるじゃない


このところの両親のケアでクタクタ


また副腎疲労が出て来てる予感


私の疲労のバロメーターは階段


1階が店舗で
2階が住居の我が家は
階段の登り降りが半端ない


ここ最近
階段を登るたびに息が切れたり
足が疲れるようになって来ていた


よっしゃー
さっそくその治療
やってみようじゃないか〜い!

50歳を境に副腎疲労になったことで
ここ数年は自分の体の立て直しに
向き合ってきたけど

いまいちピンと来るものがなくて
いろんな療法、いろんなアプローチを
試してみたいのもある

エレメントが「風」だから仕方ない



向かった先は
うちから高速を使っても1時間かかる
龍ケ崎市にある久保台整骨院鍼灸院


この鍼灸院では
自律神経免疫療法を
分子栄養学と甲田式療法を並行しながら
根本治癒を目指している


手と足の指先には
自律神経の経絡が通っていて
爪の生え際から数ミリのところにある
副交感神経のツボに
針を刺し
うっ血した血を絞り出す


そうすると刺激を受けて
血の巡りが良くなり
出血という緊急事態に
治癒力が高まるのだとか






そして毎回、針を刺す場所が違う


それ以外にも
頭のツボにも剣山みたいな針で
豪快にチクチク刺していく


チクチクならまだいい
ズーンと響くのはごめんだ


鍼はいいと聞いて
何回かやって来たけど
どうしても神経にズーンっと響く感じが嫌で
鍼は苦手で遠ざかってしまっていた


中国の皇帝が
不老不死のためにもやっていたと言う鍼
とはいえ正直やっぱり私は好きになれない


でもこの療法なら
神経に響く感じはほとんどないので
気にならない


まずは詳しいカウンセリングから始まり
いちいち脈診をしながら治療を進めていく


だから初診の場合は
余裕で2時間はたっぷりかかる


ここの先生
まさに健康オタクの王道を行ってる
代替医療のエキスパートだわ


先生のサイトにある
参考文献を見るとそれがよくわかる


安保先生はじめ
代替医療の第一人者の先生の名前が
ズラリと並ぶ


だから嬉しくなって
話が合う合う


先生もついついマシンガントークになるので
口を閉じて手を動かしてくれと
心の中で静かにツッコむw


マニアックな先生に
マニアックな患者ww



副交感神経を刺激するので
3日間はダルくなるけど
それが過ぎればラクになりますよ
と言う先生の言葉とは裏腹に
3日を過ぎた頃になって
ドーンと好転反応が出た


扁桃腺が突然腫れた

若い頃に扁桃腺を切除しているので
めったに腫れることはないのだが
なんの前触れもなく腫れ上がり
ツバも飲み込めない


こんな時はいつものビワエキス

ビワの季節にホワイトリカーで
常時仕込んでいる


ガーゼにたっぷりエキスを染み込ませ
喉に当てておくだけ

ガーゼが乾燥するたびに
エキスを足し続ける地道な作業

おかげで毎回
半日ほどでほとんどの腫れが引いて
食事が出来るまでになる


ちなみにこのビワエキス
ぎっくり腰や骨折、捻挫にも本領を発揮する


ほんとにいつも我が家では
お世話になってるビワ様



今度は次の治療の好転反応で
左の奥歯の歯茎が突然腫れた


痛くて奥歯で何も噛めない


先生曰く
「自然治癒力が高くなったから
今までは大人しかった人が強気になって
番長を裏庭に呼び出して
闘う体勢になって来たって事でしょう」


なるほど〜!


数を重ねる事に
好転反応もおさまりつつある


やっぱり私はメタトロンの
結果でも出てたけど
歯と喉が特にストレスに弱いようだ

むしろ扁桃腺を切除しちゃったから
弱いのかも?





日本の医療界ではまだメジャーではないけど
欧米では当たり前の分子栄養学


自分や家族が
癌になったらどうするかという
東大の医師にアンケートを取った結果
ほとんどの医師が
まずサプリを飲むと答えている


薬の前にサプリは
もはや医師の間では常識なのだ


ここの先生から
私の状態を診てすすめられたのが
こちらの大豆レシチンと玄米全粒粉



聖路加病院の日野原先生も
亡くなるまで飲んでいた事で有名な
大豆レシチン


脳は脂肪で出来ているから
脳のためにも
良質な脂肪を摂ることが大切らしい


そして白米オンリーな我が家では
なかなか食べる機会のない玄米を
手軽に美味しく摂れる玄米粉


高価なサプリだとなかなか続かないけど
これならコスパも高いし
しばらく飲んでみることに


他にも老人には
活力が出るアルギニンだとか
副腎疲労にはビタミンCだとか
パンテトン酸だとか
いろいろマニアックに
アドバイスしてくれるので有難い



急激に体調が良くなったわけではないが
前よりも階段の登り降りもラクになって来たし
何よりも睡眠の質が良くなっている


前は睡眠が浅くてよく目が覚めていたけど
ここ最近は寝落ちして
あまり覚えていない事が多くなってきた


先生曰く
「しっかり深い睡眠が取れれば
体の回復も早く目が覚めた時に
スッキリするはず」


交感神経と副交感神経の
スイッチの切り替えが
少しは上手く行くようになってきたのかな


「アルコールなどに頼らず
自然に深い睡眠が取れれば
成長ホルモンもしっかり
分泌されるようになりますよ」




先生の話だと
国はやっと減薬に舵を切り出したらしい


こないだもニュースで
風邪には抗生物質は効かないと伝えてた

風邪に抗生物質を出すのは日本くらいだろ


医療界もやっと
パラダイムシフトを迎えている

てかその前に医療費で破綻するよねw



すぐ医者や薬に頼る前に
生活習慣を見直して
栄養学の見地からアプローチする事が
まず優先されるべきだろう




ここでは治療の前にスマーティという
遠赤外線ドームがあって
そこで20分ほど真っ裸で入って
体の深部を温めると
相乗効果が期待できる




毎回大量の汗が出る
タオル持参なら¥1500
希望者にはシャワーもある

このスマーティに入るだけでも
まるでひとっ風呂浴びたような
いい気分になる

細胞レベルの深部まで温まってるんだろう
体温を上げて免疫力を上げるいい武器だ



今なら8月いっぱいまでは
初診料の¥2000が無料で
刺絡自律神経免疫療法のみで¥5900
他にも癌など難病の人向けのコースもある

まずは電話で予約してみてね!

電話受付時間:平日 8:00~12:00 14:30~20:00

土曜日 8:00~12:00

完全予約制
TEL:0297-85-2882



そしてもう1つ
この夏に大活躍なのがこのレッグウォーマー




何人かの友人が着用してて
夏にも履いてるのかとビックリしたら
むしろ冷房の夏こそ必要だって


さっそく履き出したら確かに
まったくクーラー病が気にならなくなった


夏でも冷えてしまうので
素足になれない私が
これを履けば靴下がいらない

足首を温めるだけで
こんなに違うものなのか〜


むしろ足のむくみや血栓予防にもなって
長時間同じ姿勢を続ける人や
飛行機に乗る人にも評判がいい


知る人ぞ知る健康オタクの王道
イオンドクター


タイプはロングとショートがあって
今回はショートを購入


クンルンの人たちは特に
かかとやくるぶしをとても大切にする

足首周りの保護はとても大事なんだな


夏こそクーラーの中にいる人には
必須アイテムかもしれない

もちろん冬にも期待できそうだ



今年の夏は
1年半ぶりにメタトロンを受けて
体の視える化して来ようかな

私流の人間ドックw

これはうちのドッグ




テーマ:
世界最古と言われている
メソポタミア文明よりも
はるか前に存在していた縄文時代


何をもってして文明と言うかの定義は
よくわからないけど
もはや高度な文明が栄えていたのではないかと
少しずつ注目を集めている縄文時代





世界最古の縄文土器など
様々な出土品から
高度な文明社会が形成されていたことが
徐々に明らかになって来ている


私たち日本人にも流れる縄文のDNA



こないだ盛り上がったFIFAワールドカップでも
定番になった日本人サポーターのゴミ拾い
相手国チームのみならず
他の国のサポーターたちも
100匹目の猿よろしく
続々と伝播して始めていたと言う


日本人の霊性が失われたと言われる昨今
むしろ日本の若い人たちの中にも
豊かな感性や霊性を
兼ね備えた人たちが
増えているような気がする



はじめ人間ギャートルズよろしく
野蛮な原始人の野蛮な生活かと思いきや 
実は遥かに洗練された
平和で豊かな生活様式だったらしい縄文時代


以前あるラジオで聞いたところによると
働くのは週に2日半
たとえば1週間狩りに出たら
3週間はお休み
1日に歩くのもせいぜい10km以内


食事も
100種類以上の動物の肉
350種類もの貝類
鮭やマグロやカツオなどの海の幸
新鮮な旬の植物や木の実と
豊富な蛋白質や食料を常に摂取していらしい


集団の4割の人々は
労働に従事することなく
趣味や創作に
興じていた事がわかっている

驚くことに
縄文時代の骨からは
殺傷による人骨は
ほとんど見つかっていないと言う


自然からの恵みを享受し
自然と共に豊かに平和に
1万年以上にわたり
暮らしていたと言われる縄文時代


これぞまさに持続可能な社会



穏やかな豊かな
クリエイティブな生き方だったようだ



一方渡来人の入植により
農耕が定着した弥生時代では
ぐんと多くの殺傷人骨が見つかっている


農耕によって労働という概念が生まれ
米の備蓄によって強奪や
土地の奪い合いが
発生し出したとも言われている


縄文時代には労働と言う概念はなく
季節のものを
自然の海や山や川や森からわけて頂くだけで
十分に生活は成り立っていたから
備蓄する必要もなかったのだろう


そもそも自分が食べる分だけあれば
生活は十分に成り立ち
売ること、お金にすることを考えなければ
たくさんの労働は必要ないのだろう


また特筆すべきは
1万年以上も平和な時代を生きた
縄文人の意識は
国家または権力、中枢というものに興味がなく
それ以上に畏敬し感謝する
大切にすべきものがあったようだ


国家がなくても
もはや平和で豊かな申し分ない生活が
実現されていたわけで
そもそも人々は
国家を必要としていなかったのだろう



なぜ縄文時代は
1万年以上も平和に豊かに続いたのか


なぜここに来て日本の文化が
海外の人たちから注目され始めたのか


何万年も経った現代の私たちに
どのようにして脈々とその縄文意識が
受け継がれているのか


私たち日本人の中に眠る
縄文スピリットを目覚めさせ
これからの時代をどんな風に
生きていけばいいのか


そんな問いに
謎だらけの縄文時代の叡智を
江戸時代の史実も織り交ぜながら
アカデミックに紐解いていく1冊の本

森羅万象が存在する根本原理


宇宙、惑星、銀河、DNA、貝殻、植物のつる
様々なものに共通する螺旋、渦、回転、円


その中心に生ずる軸


それは何を意味するのか


縄文の人たちはそこに何を見ていたのか


その手がかりを知ることによって
日本人の霊性の深さ
日本人の心の文化
日本人らしさの基盤
日本人の真の姿を
知ることが出来る



皮肉にも私たち日本人が1番知らない日本人




私たちは
お正月には神道よろしく神社に出向き
お盆や葬式には仏教よろしく寺へ行き
クリスマスにはキリスト教よろしくケーキで祝う

無秩序の中にあるその柔軟性と特異性


八百万の神の如く
正も悪も抱き参らせ
すべてを柔軟に受け入れ
自分たちのオリジナルに進化させてしまう


そんな精神性が培われた背景


古き良き時代から受け継がれてきた
当たり前のような風景に
実はたくさんのヒントが隠されている


それは日本家屋にも
日本料理にも
武道や芸道にも
移り変わる四季にも
俳句や和歌などにも



私たちの無意識の何気ない当たり前の中に
深く根づいて脈々と続いている和の心


それはどうしてなのか


〜本書より一部抜粋〜

和の社会における自立の原理は 
まず個人において
それが成立していることを
土台にしているように思われます。 

肝が座るという言葉のように
しっかりと軸が成立した人間は
心も自ずと統一され
感情に揺らぐことがありません。

またそのような人は
無理な意志によらず
自己制御できるものであり
ゆったりと周囲を調和させるものです。

諸外国の宗教が
教義中心であるのに対し
日本の宗教文化が
型主体なのも
軸が確立された人間には
理性の抑制以上の調和力が働くという
知恵であると思います。

まずは一人一人が
自身のしっかりとした軸を確立させること。
それこそが社会貢献へも
つながってゆくのではないでしょうか。

和の文化は
そのための知恵の体系であると言っても
過言ではないでしょう。

〜ここまで〜


教義が主体なのか
型が主体なのかの
大きな違い

理屈や理論を超えた
無意識層に働きかけるもの


日本の文化の継承は
やはり世界的に見ても独特なものなのだ



そしてもしかしたら縄文時代以上に
豊かで開放的で平和だった江戸時代


そんな古くからの文化が花開いた江戸時代


そんな江戸時代のセンパイたちの
暮らしに散りばめられた
庶民の生活の中の粋な美意識


そんな和の心をもう1度再発見して
日本人の凄さに
日本人自身が気づく1冊になるだろう



日本に生まれ育った人なら
ぜひ読んでほしい


日本人としての自分が
あらためて好きになるかもしれない


戦後、徹底的に潰された
アイデンティティを再認識して
日本人としての誇りを取り戻せるだろう


〜本文より抜粋〜


三万六千年に及ぶと言っても
過言ではないアニミズム的伝統を持つ
私たち日本人は
文化的には地球人類にとっての
長老と言えます。

長老は集落の人々を
幸せに導く責任を背負っているものです。

この役割を充分に果たすことのできる日本人に
私たちがなっていったとしたら
日本の価値は
はかりしれないものになるのではないでしょうか。

〜ここまで〜



男性原理主義の社会から母系社会に
競争時代から共生時代に
シフトチェンジする今
世界のリーダーという役割が
日本人にあるのなら
読んでおく必読書かもしれない






日本の文化の礎である和の心を
あらためて学ぶ会

いにしえの学び舎 
和学の会の公式ホームページはコチラ


また著者の千賀一生先生からの
無料情報提供メールもあるよ!

コチラから登録してみてね!

なかなか講習会に参加できない人にも
ためになる情報が流れてくるよ

日本人のポテンシャルを高めるキッカケになるはず



てか
自分のルーツを死ぬまでには
ちゃんと知っておきたいよね〜w
せっかく日本人に生まれたんだからね〜


もし縄文時代に文字と紙があったなら
すごい文献が残されていたかもしれないな

むしろ文字や言葉すら必要のない
テレパシックな進化した
コミュニケーションだったりして?
だってこの土偶まるで宇宙人だもんね〜



この著書にも多く掲載されている
江戸時代の庶民の生活を
外国人目線から綴った本
『逝きし世の面影』の記事を
以前ブログで書いたので
よかったらこちらも読んでみてね


江戸庶民の簡素だけど豊かで上品で
明朗快活で粋な生活に
感動してシビれるよ!



ブログをあげたらさっそく
友達に教えてもらったんだけど
ちょうど縄文土器の特別展を
東京でやってるらしいよ





いつの間にか梅雨が明け
セミが鳴きだして
夏、来てるし(゚∀゚)!


暑いですね




そんな暑い夏に
マイブームなのが
ヨモギ蒸しとミキさま


毎週のようにヨモギで蒸され
恐ろしいほどの滝汗をかく


普段まったくと言っていいほど
汗をかかない不健康極まりない私が
あそこからもここからも汗が吹き出す様は
むしろ快感で新鮮で
デトックス全開



先月の父の定期診察では
肺機能が落ちて肺炎を起こして
酸素量が下がっているので
すぐに入院して下さいと医師に言われるも
当の本人は
痛くも痒くも苦しくもないので入院しません
と涼しい顔


入院したら大好きな晩酌も出来なくなることが
死ぬより辛い父


先生と散々話し合った結果 
本人の意思とQOLを尊重することに


在宅で様子を見ることになったものの
いつ脳への酸素が足りなくて
意識不明で倒れるか
いつ心臓への酸素が足りなくて
心臓が止まるか
気をつけて下さい
何かあったら救急車で来て下さい

ってことになり


この数週間は
常に父を気にかけながら
居眠りしてれば
安否確認をし
夜寝てれば安否確認をし


私の神経もうボロボロよ


そりゃ〜体重減るよね┐(´д`)┌



毎日1錠だったステロイドが
一気に10錠になり
途端に父の顔がドス黒くなり
それでも毎週毎週薬が減って
今では6錠に落ち着いた


とりあえずここまで来れば
緊急事態は免れたか




ヨモギ蒸しの薬草では
子宮系とダイエット系と神経系と3種類あって
もちろん今の私は
自律神経を整える神経系の薬草


いつも一緒に行く従姉妹は
生理不順なので子宮系


体の芯から温まって
体が緩む


特に夏はどこに行っても冷房が強すぎて
むしろ冷えてるから
夏こそヨモギ蒸しサイコーだ



そして父を預かるようになってから
便秘がちに


ああ〜まさにストレス


何がストレスって
自分の時間がなかなか取れないことと
年寄りは時間で食べる3度の食事

でもお昼を宅配弁当にしたら 
とってもラクになった


東京での美容師の修業時代も
すごい便秘&ストレス性過食症だった


ストレスがかかると途端に便秘になる私


そういやハッピーフルーツも
最近おサボりしてるし
たまには違った何かないかなーって思ってたら
ありましたありました


奄美大島のおじぃおばぁ達が
毎日飲んでる発酵飲料
その名もミキ

御神酒から来てるらしい


奄美大島には行ったことないけど
島のおじぃおばぁが毎朝晩飲んでると言う


島の年寄りたちは
みんな元気で長生き
このミキのおかげだともっぱらの話題


米とさつまいもと砂糖で作る
味はまるで甘酒


美味しいから
ついついグビグビ飲んじゃう

飲み過ぎ注意だ


飲み出したら体力増強にもいいし
さっそく快便

それもほのかに甘い香りがするじゃない

切れ味も抜群で
トイレットペーパーも必要ない

でもなかなか浮かない
便器の底に沈んでる


ハッピーフルーツ食べると浮くんだよなあ
本気モードにはハッピーフルーツだな
ハッピーフルーツの記事はコチラ




そしたら友達から
ミキの作り方の講習会があるって教えてもらった


でも今はじっくり丁寧に
自分で作れるような状況じゃないので
しばらくは飽きれるまで奄美大島の
本場ミキさまにお世話になろう


そのうち余裕が出来たら
ヨーグルトメーカーで
麹買ってきて自家製甘酒作ろっかな〜


でもどうせすぐ飽きるんだけどね、甘酒(*´﹃`*)
今は体が甘酒を欲しがってるようだ



しばらくはこれで今年の暑い夏を
乗り切ってやるぜ٩(๑´3`๑)۶



3匹の実写版











テーマ:
こないだ久しぶりに体重計に乗ったら
この2〜3ヶ月で
4キロ痩せてた(゚∀゚)


父の時間に合わせて
3食規則正しく食事してるにも関わらずw 


副腎疲労でダウンした頃の
体重に戻っちゃってるから
また体を建て直さなきゃだな




以前あるクンルンネイゴンマスターの
ボディワークに参加する機会があって
そこで驚いた


様々なボディワークが
わの舞でのストレッチと被る被る


あ、これ、わの舞でもやってるやつだ
あ、これもだ


わの舞では踊る前に
十分なストレッチをして
体を完全に緩める


もはやストレッチだけで
深いレベルの
リラクゼーション状態になっている

むしろもう踊る必要なくない?みたいな


無意識な体の緊張を
的確に緩めるボディワーク


恐るべし!わの舞

ただ単にみんなで仲良く輪舞する踊りではなく
その奥には壮大な
人類の次元上昇のテーマが隠されているのだ



わの舞の真の凄さを
クンルンマスターのワークを通して
あらためて思い知ったのであった


そのわの舞のDVD
「タオの宇宙」を極める
《身体原理編》が発売された




宇宙と共鳴する統一体の形成に導く叡智が
惜しげもなく散りばめられている


1 体に流れる宇宙根本原理
2 宇宙と共鳴する体、しない体
3 精神の成立原理と中心軸
4 小宇宙体成立システム
5 理想通りに変化する体と心


千賀先生は
穏やかにさり気なく伝えているけど
その伝えんとする内容が
あまりに壮大で深すぎる


特にワタシ的には
チャプター4に震えた



「神とはエネルギー」
誰が言ったかは忘れたけれど


身体エネルギーと心の密接な関係
心と姿勢の密接な関係


心と体は密接に結びついていて

体はズバリっ!
心の無意識層の表れ!


特に日本人に多い猫背
これではなかなかエネルギーは流れにくい


その人の姿勢
その人のシルエット
その人の歩き方
その人の生き方
その人の存在感




すべてがセンターから発動され
すべてがセンターに結びついているか


センターとは

中心軸とは

スピンとは


直線フォームと円形フォーム 

統一体と統一心

遠心力と求心力






つい忘れがちだけど
私たちは宇宙の一部であり
私たちの肉体は宇宙の縮小版

それはまさにフラクタル構造





ならば私たちの体は
宇宙のリズムと
システマティックに連動するはず






〜以下DVDより抜粋〜

宇宙万物は必要ゆえに存在し
それぞれの中心力により
完全なる全体と共鳴し
その存在意義を実現している

人間も同じ法則下にある

中心に繋がる時 
統一体を完成させ
全体と響き合う存在になる

その人にしかない存在意義が
全体に響き渡る


中心を失い
全体との共鳴を失う時
私たちは孤独という重圧を感じる

この重圧も
必要ゆえに存在するのではないだろうか

それは私たちを宇宙から
分離させないための
促しではないだろうか



中心につながる時
私たちは宇宙の愛につながる



〜ここまで〜





孤独を感じたら
それは宇宙から外れてるよって 
サインなのかもしれないね


今回のDVDのBGMには
NASA収録の
実際の宇宙の音が使われている


つい喜多郎のシルクロードを思い浮かべた
ラクダに乗って宇宙を旅してるような
とても懐かしい音


宇宙と共鳴しながら
自然体で自分らしく
至福の中で生きるためのヒントが
肉体からのアプローチで
凝縮されたDVD



肉体のあるうちに
生涯をかけて成就させたいテーマだな




先に発売された「心の法則編」の
紹介記事はコチラ






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス