免疫抗体の研究で

ノーベル賞受賞した利根川博士



博士曰く

私たちの体に備わった

自然免疫が作り出す抗体は

多種多様にわたり

病原菌と戦う武器であるタンパク質を

突然変異させながら

病原菌に対する様々な

抗体を作り出していると言う



神様から与えられた

この自然免疫システムの

重要性を説くもう1人の医師




栃木県烏山市のお医者さんである

本間信二郎医師の

Facebookの記事によると



自然感染でもやはり

様々な抗体が作られるので

変異株ウイルスの感染や

増殖を防ぐと言う



ワクチンによる抗体より

自然感染による抗体の方が

強く長く続く免疫が

できるんだって



ところがワクチンには

スパイクタンパク質の設計図しか

入っていないので永遠に

当初の型のウイルスに対応した

抗体のみを作り続ける


変異したウイルスに

対応した抗体は作れない



当初の型がずっと続けば

いつか撲滅できるだろうけど

ウイルスも生き残るのに必死だから

突然変異でもって何回も

変異株になって

生き残ろうとする



ワクチンを打てば打つほど

皮肉にもウイルスをますます

変異させ進化させてしまうのだ



ワクチンが新たな変異株の出現を

誘導してしまうということらしい



この理屈は

分子生物学や免疫学では

当たり前田のあっちゃんなんだって





そんな本間先生の新刊が出るよ



厚労省や感染症研究所の

オープンデータのみを使って

そこから新型コロナの認識のズレを正し

ワクチンと自然感染の違いや

免疫の仕組みなどを

わかりやすく解説してくれている









福岡ハカセも

ワクチン接種はウイルスとの

イタチごっこだと書いてる




私たちの体に備わった

自然免疫こそが

最高最良のワクチンだと



今こそ

自分の体を

自分の自然免疫を

もっともっと信頼して

体との絆を深めていく時なのかも

それを試されてるのかも



今度の遺伝子改変ワクチンは

無限のポテンシャルを秘めた

私たちのジャンクDNAのスイッチを

永遠にオフにしてしまいかねない




ブースター接種への危険性も出て来てる





ましてや子供にはヤバイっしょ






ワクチンから子供たちを守るための署名





暗黙の強制と差別を生む

ワクチンパスポートもダメっしょ

打つ自由と打たない自由を尊重してくれ






 

 





本間先生や福岡ハカセが
口を揃えて言うのが
とにかく自己免疫や抵抗力
解毒力を高めること



動的平衡的に言えば
分解、破壊が
ほんのちょっと先回りして
エントロピーに抗うことで
秩序を保つように
出すことが大切になってくる


出せる体
排泄できる体


特に緑茶や松葉はいいね


友達にもらった摘み立て
フレッシュ松葉を煎じてみた


左は大根ハチミツ
咳が出るときや喉の違和感に効く





なんかやっぱり
植物のポテンシャルってすごいよね


実は8月のお盆過ぎに
またまたギックリ腰になって
動けずに2日間唸っていた


もうね、ギックリ腰って
強制停止ボタンだよね


体から強制的に
動けなくされる


休めのサイン


まだまだ蓄積疲労が相当
溜まってる体なんだなー


痛みにヒーヒー喘いでる私に
友達があるところを教えてくれた


なんでも全身ガンだったオバちゃんが
仙人草という薬草を自分で湿布して
完治させてしまったという


口コミでたくさんの人が
オバちゃんの元にやってくるらしい


オバちゃんの年季の入った湿布跡




ガンのみならず
リウマチや痛みにも効くと言うので
さっそく藁にもすがる思いで
旦那に連れて行ってもらった


そのオバちゃんはどこからともなく
3枚ほど葉っぱをちぎって来て
それを潰して私の腕に貼り付けた





そのまま30分放置したら
仙人草を取り外して
カットバンを貼って終了


家について見てみると
赤く痕が残ってる

それでも腰の痛みは変わらない


なんだ、すぐに効かないじゃないかと
ちょっと落胆した







でも次の日の朝
なんとウソのように痛みがなくなってた


うは、治った‼️

びっくり‼️
3日で完治‼️


それから2〜3日経ったら
パンパンの水泡に


オバちゃん曰く
針で刺して水を出すようにと





そのあとグジュグジュした膿が
しばらく出るよと言う
友達のアドバイスとは裏腹に
そのままカサブタになって治った


つか、ちょうどお盆の寒さとは
打って変わって
暑さが戻った時期だったので
もはや汗でまわりのテープ跡の方が
かぶれて辛かったと言うね




仙人草って調べてみたら
猛毒で水泡ができてかぶれるから
絶対触ってはいけませんって
書いてあったw


なんかそれを逆手にとった荒治療みたい


オバちゃん曰く
毒素が溜まって
血液が汚れて
血行不良になって
免疫力も落ちるから
ギックリにもなるんだってさ


毒素溜まってるんだなー


でもほんと、私って荒治療好きね


何年か前の業捨もそうだけど🤣

修験者かw






でも葉っぱの威力すごいな


確かに葉っぱって
太陽や月や星のエネルギーや情報を
ダイレクトに貯めてるわけだよねー


葉っぱまぢリスペクトだわ



予防や治療、後遺症にも
効果を発揮してる5ALAも
日本酒や黒酢、甘酒と
日本人には馴染みのものに
多く含まれている


久しぶりに甘酒作ってみようかな




緑茶や松葉や柿の葉やビワの葉や
いろんな葉っぱや食物に助けられながら
自分の体をととのえていきたいね


しっかりデトックスしながら
免疫力高めて
たとえ感染しても重症化しない
体作りしていくしかないよなあ



お馴染みの藤沼医院の先生に
デトックスに何が
オススメか聞いてみたら
グルタチオン点滴だって


子供が重症化しないのは
体内のグルタチオン濃度が
高いからなんだって


65歳から一気に減ってしまう
グルタチオンを点滴で
補うのもいいみたいだよ


デトックス力を高めてくれる



それとメタトロンの波動転写で
作られるレメディも予防に最適


電話すると送ってもらえるよ


0285-53-7105







長年愛飲してるロシア産チャーガも
抗酸化作用が高くてオススメ






でもまあ私の情報も鵜呑みにしないで
自分がしっくり来る感覚で
自分に合った体のととのえ方を
見つけてみてね



とにかく
出す
出す
出す
だな



虹を出す🌈












ハカセバナは続く













この宇宙を遍く支配する

エントロピーの法則



この法則からは

何人たりとも免れる事はできないのだ



いや、中国の奥地には

不死身の仙人が

いるやもしれない…たぶん、きっと



ま、それはさておき

簡単に説明すると

形あるものは

生物、無生物に限らず

いつかは朽ちていくよって話



築き上げたものは崩れ

秩序あるものは

無秩序に向かう



本来の熱力学的概念は

とても難しくて

私の脳みそには

チンプンカンプンなので省くけど

要は無から発生した有は

エントロピーの増大と共に

いずれ無に帰す、的な…的な?

間違ってても突っ込まないで〜www




ハカセがよく出す喩えは

整頓された机はいつか乱雑になり

淹れたてのコーヒーはいつか冷める

熱烈な恋愛もいつか冷めるように



買ったばかりの

新品の家具もいつか摩耗するし


トイレ掃除してもすぐに汚れるし


掃除機かけてもすぐにホコリが立つし


ゴミを捨ててもゴミが出るし


食器棚を整頓しても

すぐに乱雑に皿が溢れかえる




たとえどんなに堅牢に建てた建物も

いずれは朽ちていく定め



その定めは

モノであれヒトであれ

例外はない




私たちも

オギャーと生まれた瞬間から

エントロピーは増大に向かい

エントロピーが最大限になり

エントロピーに追い抜かれた時が

肉体からの卒業



誰しもいつかは必ず死を迎える

死なない人はいない

たぶん、きっと…




そのエントロピーの増大に

抗うためのシステムが

なんと動的平衡なのだ




動的平衡とは

エントロピーの増大法則に襲われる前に

自らを壊し

再生していくという流れ



ちょ、よくわかんないよね




細胞も生物も万物すべて

エントロピーの法則によって

常に秩序ある状態から

無秩序の状態に向かっている



しかし生物は

堅牢であることを諦めて

自分で自分の細胞を

壊すことを選んだ



エントロピーという

破壊作用を先回りして

先に破壊、分解することによって

バランスを取るために

同時に創造、合成という

プロセスが立ち上がる



それが動的平衡



生物はそうやって

38億年も生き続けて来た



私たちの細胞も常に

見えないところでは

壊され続けている



そのことによって

新しい細胞が生まれている



そうやって見えない世界は

動き続けて

流れ続けて

変化し続けて

揺らぎ続けている



一瞬たりとも同じ瞬間はない





すごくない?すごいよね〜



分解と合成


破壊と創造


排出と吸収


離散と凝集



それは

エントロピーの増大と

自己組織化のせめぎあい



これを絶え間なく

繰り返し続けることで

安定を作り続けているのが動的平衡





ここすごく大事で


好調だったり不調だったり

ととのったり歪んだり

それを絶え間なく繰り返すことが

実は高次元の

安定を支えてるってこと



だから

不調、上等

低迷、上等

停滞、上等




落ちれば上がるし

上がれば落ちる



寄せては返す波模様



その波が

生きてるって事であり

イノチって事なんだな





この3次元にいる限り

時間は流れ

その流れと共に

エントロピーは増大する


それに抗うために

私たちは自らを壊し続け

細胞が自らを作り続ける



壊したり作ったり



その揺らぎこそがイノチ



細胞たちは

まずは破壊する

まずは分解する

まずは排出する



先に壊さないと作れない

先に分解しないと合成できない

先に出さないと入らない



私たちは

入れることばかりに

必死になりがちで

出すことが苦手



でもまずは

出すことが大事なんだな


捨てないと入って来ない



デトックスって大事なのねん





細胞が自らを

作り続ける手助けをすることが

アンチエイジングであり

エントロピーの増大を

ストップさせることでもある



少しでもエントロピーの増大を

ストップさせる



それが新陳代謝を高めることでもある



その新陳代謝を高めて

エントロピーの増大を

少しでも遅らせるサポートが

トーラスをととのえるステッカーであったり

トーラスをととのえるリストバンドであったりするわけだ



さりげなく宣伝してみるw





そして変化を恐れず

変化していく勇気を持つ



だって体は常にそうしてるわけで



私たちの意思とは関係なく

昼夜、壊しては作りを

繰り返し続けてくれてる細胞たち



そのおかげで私たちの命が

平衡を保っていられる



細胞ってすごいね

まぢリスペクトだわ





この世界に

真実があるならば

変化しないものは

ないってことだね



変化するっていう事実だけは

変化しない



どっちやねんw



そうやっていい事も悪い事も

流れていくのがこの世界なのだ




それでもこのイノチの流れの中で

少しでも新陳代謝を高めて

エントロピーの増大を

ストップさせていこう



少しでもエントロピーの増大に

抗っていこうではないの







エントロピー増大へとスタートした

メダカの赤ちゃん







エントロピー増大中の大人のメダカ










絶賛エントロピー増大中だった

フィボナッチ数列のひまわりも






いつしかエントロピーに

追い抜かれそうになってた





そして子孫(種)を残し

命は巡り巡って

受け継がれていく



私もそうやってここにいるんだなあ





永遠に

エントロピー増大しないでほしいワンコ





































このブログでも2回ほど登場している

生物学者の福岡伸一先生、通称ハカセ











ハカセの有名な著書「動的平衡」



寝る前に読むんだけど

面白くて止まらない


の割には気づくとネオチしてるw









新潟大学の今は亡き安保徹先生に

勝るとも劣らないほどの

衝撃を与えてくれた1人でもある




安保先生の免疫革命で

それまでの私の世界観は

ガラリと音を立てて崩壊した



そして自己免疫という

最高の贈り物に出会えた瞬間だった




それでも新コロちゃんの登場で

揺れ動く私に

トドメを刺してくれたのが

こちらの福岡ハカセ



ハカセ曰く

ウイルスというのは

人類よりもまだ新しい生命体

(宿主がいないと自己増殖できないので

正確には生物と無生物の中間)であり

元々は生物の遺伝子の一部で

それが細胞から

飛び出した断片だと言う



「その断片であるウイルスは

宿主から宿主へと乗り移って

自然界を循環しています。


その中のごくわずかなものが

宿主に病気をもたらしたり

悪さをもたらしたりします。


大多数のウイルスは何もせず

宿主にも気づかれないまま存在し

あるいは通り過ぎていきます。


言うなれば

ウイルスは自然の一部であり

私たちの体の一部でもあります。」



ちなみにハカセ曰く

現代の最新物理学の世界では

感染と言う

細胞にウィルスが侵入する現象において

ウイルスにその選択権はなく

細胞側にあるという



細胞側が招き入れようと

許可しない限り

ウィルスが勝手に

侵入する事はできないんだって

びっくり‼️





確かkan.さんも同じ事を言ってた


たとえて言うなら

ウイルスは家出した不良息子だと


トントンとドアをノックする不良息子を

家の中に招き入れるのも入れないのも

その家の親次第だと



知らない人や泥棒なら

間違っても入れないけど

馴染みのあるまして

可愛い我が子だったら

ついつい入れてしまうのが親心



それほどに私たちとウイルスとは

親和性があるんだな



ハカセの話に戻ろう


「では、なぜウイルスが

存在するのでしょうか――

それは、生物の進化を

加速させてくれるからに他なりません。


生物の遺伝情報は親から子へ

子から孫へと垂直方向に伝わります。


しかし、ウイルスの存在によって

遺伝子の一部の情報を水平方向に

あるいは種を超えて

伝達することができるのです。


ウイルスは生物が進化する上で

必要不可欠な存在です。


ですから感染症は大きな問題ですが

撲滅や根絶を考えるよりも

ウイルスとの「共生」「共存」を

目指す方が望ましいと思います。」




ソースはコチラ





そしてその共生共存に必要なのが

神様からの贈り物

私たちの自己免疫だ



ハカセ曰く

私たちに備わる自然免疫が

最高のワクチン



その自己免疫を活性化させるのが

迷走神経と言ってこれが

副交感神経のスイッチを

入れてくれるんだって



迷走生活を心がけてます。

私たちは迷走神経というのを持っていて

迷走神経は体を

リラックスさせる副交感神経系で

それを大切にする生き方ですね。


私たちの免疫システムは

リラックスしてないと

活性化しないんです。


ストレスがかかると

ステロイドホルモンというのが出て

免疫を抑えてしまう。


ストレスをなるべく忘れ

良いことも悪いことも流れていくんだという

リラックスした気持ちで

世の中をとらえるのが迷走生活なんです。」



ソースはコチラ





人類に限らず

ウイルスやその他の生物

いや、この自然界が動的平衡という

物理法則で存在している



すべての生命は

一瞬たりとも留まることなく

常に動き続け

流れ続け

変化し続けている



私の細胞も

分子原子レベルで見れば

一瞬たりとも同じ状態はなくて

常に分解と合成

破壊と創造

排出と挿入が繰り返され

細胞の入れ替えが行われている



そうやって

動き続けながらバランスを保っている




もちろんウイルスたちも



ならばその動きを止めよう

無くそうとする行為は

無理があるし

そうすることによって

他にしわ寄せがきて

バランスを崩してしまう事にも

なりかねない



強力なワクチンを

ブチ込めばブチ込むほど

ウイルスも必死に

変異を繰り返すわけで







多様な抗体を生成する

遺伝的原理の解明で

ノーベル賞受賞した利根川進博士は

私たちのもつ自然免疫の

ポテンシャルの高さを伝えてくれる



100億個以上も存在する

病原体に対して

私たちの体の

免疫システムの武器である

タンパク質は3万個ほどしかない



ってことは

99億9997万個の武器が足りない



その足りない武器を

どうやって調達しているのか



免疫系と呼ばれる

武器製造システムでは

自由に突然変異を起こして

その病原体に合わせた

武器を作れることが

利根川先生の研究でわかった



99億9997万個の武器を瞬時に

オーダーメイドしてるってわけ



すごいね、私たちの体

私たちの自然免疫

最強だわ



その免疫を活性化させるためにも

リラックスした迷走生活だね




8月の初めにkan.さんの2泊3日の
エソテリックリトリートに参加したら
5月の博多でのクンルンワークショップでも
一緒だった人たちがけっこう参加してて
思いがけずまた再会できた


会場は自然豊かな
リラックスできる環境で
すぐそばに遊歩道があったんで
朝、散歩してたらこの森の主であろう
小太りのリスに遭遇


リスに遭遇するなんていつ以来だろか


確かヨセミテ国立公園で
ランチしてた時いつの間にか
食べこぼしを狙った図々しい
リス達に包囲されて以来だ





しばし見つめ合う











リトリートのランチの時に
どこに住みたいかと言う話題になって
ある人は沖縄
ある人は京都
ある人は以前住んでたフランスと
それぞれ違って面白かった


「ひでちゃんはどこに住みたい?」
と聞かれて一瞬フリーズした


そーいや、最近そんな事
考えた事ないな


もはやミツバチがいるところなら
どこでもいいと答えた


ミツバチを飼い出してからは
毎日がミツバチパーリーで
濃厚でワチャワチャな時間が過ぎてる


毎日が無我夢中で
あっという間に1日は終わり
バタンと布団に倒れ込む


そんな感じだから
とにかく毎日が充実してて
どこか他に居場所を探そう
なんて気は起こらない


以前はハワイもいいなあなんて
漠然と憧れてたけど
今はこの場所と
旦那の古民家の2拠点生活が
なかなか快適だ


それだけミツバチは
私の生活の一部
人生の一部になりつつある


とは言えミツバチたちの心は
まだぜんぜん掴み切れず
常に振り回されっぱなし


特に今年の夏は壮絶だった



備忘録も兼ねてブログに書いておこう


夏の分蜂はムダ分蜂とも言われ
群が消滅してしまう可能性も高いので
出来れば避けたいところだったけど
7月初めに夏分蜂の口火は切られた


最初はちょうど来店したお客さんに
手伝ってもらって無事捕獲できたやつ

奇しくも前回の春分蜂でも
手伝ってもらったお客さんね








その3日後にもまた同じ巣から
分蜂が始まってしまった







この時は
運良く女王蜂が出てきてて
写真を撮る事ができた






駄菓子菓子この群

よりによってメタセコイヤの
木の上の方に
集まってしまった






この高さの捕獲は無理😭


泣く泣く諦めた


次の日から
2日間暴風雨が吹き荒れたけど
蜂球を作ったまま
ジッとして雨風に耐えていた


健気すぎるだろ



3日目の朝は
久しぶりの晴れ間が広がり
蜂球はもう跡形もなく
どこかに飛び立っていた


あばよ〜元気でなー



それから2週間経った頃
今度は別のお母さん群の
分蜂が始まった時は
勘弁してくれ〜と
心の中で泣いた😭


そしたらよりによって近所の家の
雨どいの中に集まってしまった


これはマズい
ヒジョーにマズい


その家の奥さんがヒエーーーと
雄叫びをあげている


そりゃそうだよな
蜂=刺す=怖い
って図式になるのは当たり前だよな


奥さ〜ん
ミツバチの針毒は抗がん作用に効果的で
特に乳がんには100%効きますよ〜
って言っても無理だろなー



なんで
なんで
なんで雨どいの中に集まるのーーー😱



近くに住む
従兄弟にも手伝ってもらって
雨どいの上の入り口から
殺虫剤をかけて水を流して
全部殺して外に出す作業をした


ミツバチたちよ、ごめんね😭

無念…


でも仕方ない

蜂アレルギーの人が刺されたりしても
これまた大変だしね


すぐ裏手は住宅街になるので
この先この場所で
飼って行こうかどうしようか
考えて行かないといけない問題に直面した



オス蜂がいないこの時期の分蜂は
女王蜂の交尾飛行が成功できず
その群は消滅に向かうケースが多い



もう夏分蜂はやめてくれーーーー😭


と私の心の叫びも届かぬまま
またまたお母さん群の分蜂が始まった😭



オーマーガーーー😱


師匠曰く
だいたい2回は分蜂すると言うじゃない

律儀に予定通りやないかーい😭


とにかくもう近所の家には行かないでと
心の中で祈る



ダメ元で集合板を急いで設置して
誘引用に巣蜜の残っている
巣クズを置いてみる


するとワラワラとそこに
集まってくるじゃないの


よかったーーー😭
もう泣きそうだった


よしよし
うんうん
どうせ集まるなら安全な
自分んちの敷地内に集まろうよ











今回は1人で捕獲して巣箱に移す



最初はテンパっていた私も
もう慣れた手つきで
冷静に作業できるようになっていた



ザルを叩いたら
見事な蜂球が
バサっと巣箱に滑り落ちた

蓋をしたら完了




あとは新しいこの物件を
気に入ってもらえれば
そのまま入居契約に漕ぎつける



この巣箱は旦那の古民家に
移動させてそっちで
飼おうかと一瞬頭によぎる



駄菓子菓子
次の日
この御一行さま
また元の巣箱に戻って行った


はい?


私ポッカーーーーン



昨日のあの騒ぎは
一体なんだったんだよーーー😤


新しい女王蜂が
駄々をこねて出てこなかったのかな


まあまあまあ
落ち着こう、私


この時期の分蜂はリスキーだから
元に戻ってよかったじゃないの




7月の終わりに周辺の田んぼの
空中散布があってから
異変が起き出した


夏分蜂第一号の群が
バタバタと死んでる


蜂児捨ても起きてる



こんな光景が3日くらい続いた


気になりながらもそのまま
kan.さんのリトリートに参加して
戻ってから巣箱を確認したら
もぬけの殻になってた


チーン…

消滅😭





オブジェに飾っておこうかな…






体をピクピクけいれんしながら
死んでいく蜂がたくさんいたので
農薬による神経毒だろうか


蜜源に農薬がかかったか
蜜源に行く途中でかかったか


最初はこんなにたくさんいたのにな





結局5群にまで増えた巣箱も
2群が消滅して
残り3群となった


無事にこの夏を
乗り切ってくれるといいなあ



あまりの暑さに
巣箱の外に出てくるミツバチたち








ホースから浸み出す水を飲みに来る









そしたら今度は
夏分蜂ばかりしてた群の
蜂数が急に減り出した


うーーーん、なんだろう
農薬なのかなあ


底板には何匹もの死骸が






巣脾が丸見えになっている



この群も消滅に
向かってるのかもしれないな…


女王蜂の不在によるものなのか
農薬によるものなのかは
わからない


私にはどうする事もできないので
ただただ見守るだけ


それでも最後の1匹になっても
最後まで淡々と
蜜を運び続ける姿を見てると
ほんといろいろ学ばされる


こんな小さな生き物でも
毎日、生と死のドラマが繰り広げられてる


生きてるって
実は常に死と向かい合わせでさ


でもそう言ったことに
無頓着になってる自分に気づかされる


この3次元の地球を
生きるための肉体が
愛おしくなる


この肉体あっての人生


自分の体は自分で守るしかない


自分の体ともっと仲良くなって
自分の体としっかりつながって
自分の体の声をちゃんと聞いて
自分の体と寄り添いながら
ますます生きて行かないとだよ



とりあえず自分にできることをやって
あとはあまりコロナやワクチンの
心配や不安のレイヤーに乗らないで
日常の何気ない平穏な生活を
噛みしめながら
楽しく生きるのがいいね




友人ドクターのフセちゃんや
他にもいろんなドクターが言ってる
基本的なサプリ


ビタミンC
ビタミンD3
亜鉛


これは免疫力を高めて
コロナ予防にも必須らしいので
摂っておくといいみたいだよ



他にも長崎大学の5ALAサプリや
北里大学のイベルメクチンやら
日本の研究で
効果がどんどん出てる模様



ストレス溜めずに
自分に正直に
安心の中で過ごすのが一番だね





安全性と効能性の高さで
オススメのビタミンD3はコチラ↓
健康マニアの高城さんも
飲んでるやつらしい

まあね、日光に当たればいい話だけどねw







副腎疲労でもお世話になったビタミンCは
持続型タイムリリースがベスト






亜鉛はいろんな種類があって
もはやよくわからないwww











久しぶりに旦那の古民家に行ってみたら

ちょうど地元の

テレビ局から取材されてた



旦那の田んぼの米を

地元の酒蔵で日本酒にして

ヨーロッパに売り出すと言う

計画があるらしい



ド素人の百姓なのに

なんかすごい展開だな





地元の酒蔵さんの素敵なお宅













ヨーロッパではこのところ

SAKEと呼ばれて

日本酒が大ブームらしい




旦那の友人で

ヨーロッパのプロモーションをしてる人がいて

その人の関係で

そんな話になったらしい




ここの里山の景色が好きすぎて

古民家を購入したものの

自分の食べる分くらいは

自給自足しようと

米を作り出したものの

まさかそんな

大掛かりなことになろうとは






TVの撮影クルーが

古民家にもやって来て

家での様子も撮影してた













ニワトリにヤギにイヌにネコに
古民家オールキャスト勢揃い



気がつきゃニンゲンの数より
動物の方が多いと言うね




























春に田植えした稲も
ずいぶん大きくなってた






岸さんにもらったマコモも
ちょっとずつ大きくなってた
マコモダケもできるといいなあ







初年度の今年は
まだ淋しいほどスカスカだけど
これから年々増えるかな







なんと旦那の田んぼでは
今年ホタルが大発生で
源氏ホタル祭りだったらしい


私が行った時はもう終わってたけど
あとから出てくる
平家ホタルを見ることが出来た






真っ暗な暗闇に
幻想的な光が飛び交い
しばしみんなで見惚れていた


なんて贅沢な‼️


ホタルなんていつ以来だろ


でも田舎の夜道なんて
ほんとに真っ暗で
すぐそこは山だし
いつ熊が出て来ても
おかしくないようなところだから
わりとみんなビビりながら
夜道を歩いてたと言うね




旦那と長男が
耕作放棄地をせっせと
刈り払い機で草刈りをして
田んぼにしたところに
エサになるカワニナを
ばら撒いたからだろうってさ




ちょうど日本酒用の
酒米の田んぼに特に大発生





こりゃあ〜今度仕込む
日本酒のネーミングも
HOTARU SAKE
蛍酒‼️で決まりだな‼️


ホタルのいる田んぼで
とれた米で作る日本酒なんて
ドラマチックやないか〜い


てかガイジンさんには
蛍なんて言っても
イミフだろうけどねw


家に戻って裏庭に出たら
なんと庭先にも
ホタルが飛んでて
みんなでびっくり


家の庭で
ホタル鑑賞できるなんて
なんて贅沢な‼️


最高の豊かさの極みだわ〜



旦那がこの辺一帯を
ホタルロードにするって張り切ってる







冬には2メートルも雪が
積もってたとは思えないような
夏真っ盛りの古民家









静かすぎるほど静かな古民家は
水のせせらぎと
トンビに
セミに
ヒグラシに
ついでに猫のゴロゴロと
極め付けヤギの鳴き声が響いては
のどかな時間が過ぎていく










「な〜んにもしない」をする時間


ほんとにここに来ると
頭が空っぽになって
リセットできるよなあ










ヤギの首に下げたカウベルが
カランカランと音を立てるたびに
まるでアルプスの少女ハイジの世界


ちなみにいつも2頭一緒なのに
離れ離れになると
鳴いて呼び合うと言う仲の良さ


カウベル聞いてみてね
癒されるよ









このところコロナ騒ぎの
せいだからなのかは
定かではないが
ここ古民家では旦那と息子の間で
コロナビールが流行っているらしく
私もさっそく夕飯によばれる



この日の男メシは
ナスの油味噌炒めとカレー





ライムやレモンを絞って
飲むのが通らしい






旦那が昔メキシコを旅した時
メキシカンはみんな
真っ昼間から水代わりに
コロナビール飲んでたらしい

確かに軽いからいくらでも飲めるわ




旦那はテキーラを塩とロックでキメる





ここ古民家は
標高600〜700メートルにあるせいか
風の通りがよくて
湿気がなくてカラッとしてるから
夏でも過ごしやすい



でも雪国の夏は
あっという間に
足早に通り過ぎちゃうんだよね




次は秋の稲刈りシーズンだな








関東平野に戻ると
古民家とは打って変わって
うだるような暑さ



でもこないだ宮古島に
移住した友人かっちゃんが
うちに遊びに来て開口一番
「こっちは涼しいね〜」だって


私はひっくり返りそうになったわ


34〜35°Cはあるのに
涼しいんかい


でもかっちゃん曰く
あっちは湿気がハンパないらしい

潮風がベタついて
体感温度は常に40°Cだって

すぐになんでもカビるし
不快指数MAXらしい


でもそれに慣れてるかっちゃんは
むしろこっちに来たら
お肌が乾燥して
バリバリだって言ってた


日焼けしてヒリヒリした肌には
ちょうど湿った空気がいいのかもね



でもそれ聞いてからは
全然暑さを
感じなくなっちゃったよね←単純


生ぬるいけど風は吹くし
夜になればそこそこ涼しいし
南国よりはまだマシかもってさ


それ以来今年の夏は
わりと快適に過ごせてる不思議


人なんて
思い込みで出来てるようなもんだから
都合のいい思い込みも必要かもね



まだまだこれから夏本番だけど
暑さに参りそうな人は
ととのえる冷感タオル使ってみてね〜


霊感じゃないよー
冷感だよ

いや、むしろ霊感の方が
一気に冷えそうだなwww



数量限定今季最終なので
この機会にゲットだぜ👍
残数わずか





只今sold outにつき

8月初旬に入荷販売予定していますので

ぜひネットショップよりご購入下さい



茨城から宇宙とつながるARMONiAショップへようこそ‼️茨城から宇宙とつながる美容室ひでねぇのARMONiAショップへようこそ‼️選りすぐりのグッズのお買い物をお楽しみ下さい✨ブログはコチラ↓https://ameblo.jp/myulua8868/リンクmibofu.stores.jp




梅雨が明けて夏がキターーーー‼️



今年の夏も暑そうだ



さあさあ暑い夏を

元気いっぱいに乗り越えよう



そんなお供に最強の冷感タオル

霊感じゃないよ、冷感だよ



それもととのえるタオル登場‼️


1枚¥2000

3色




共振体加工でステッカー同様

微細な振動、そう、震えるタオル



ぜひ使ってみてね💕







この夏

期間限定のトーラス冷感タオルです。


★冷感タオルの意味


ーーー


冷感タオルの生地は

タオルに染み込ませた水が

気化しやすいマイクロファイバーを使用。


気化とは水が水蒸気になること。

この水の変化は「吸熱反応」と言って

周囲の熱を奪います。


タオルを巻いた箇所の熱を奪うので

冷感を感じます。


トーラス冷感タオルは

ラボにて特殊な光加工技術による

共振体加工を施しています。



ただ周囲の熱を奪うだけじゃなく

マイクロファイバーのアンテナ現象が起こり

エネルギーを集めます。

(フリーエネルギー)



要は巻いてるだけで勝手に

エネルギーチャージされてしまうタオル。



それでなくても夏の暑さで

エネルギーを奪われやすいこの季節に

ぜひご利用ください。



熱帯夜でもよく眠れること間違いなし‼️

仕事の効率アップも間違いなし‼️

ペットも散歩で大喜び‼️



首に巻いたり頭に巻いたり腕に巻いたり

ペットに巻いたり使い方自由自在。



通勤、通学、外仕事、お子さま、高齢者の方に。

登山やアウトドア、キャンプなどの各種行楽、スポーツに。


ーーー


サイズ:30センチx100センチ


カラー:ピンク、グリーン、ブルーの3色







あるお客さんから

何回かすすめられていたボディトーク



聞いたことあるボディトーク



確か友人のドクターフワちゃん

いや、フセちゃんが

去年遊びに来た時

モニターでやらせてと言って

やってもらったやつだ



何やら横になって

腕を上下にしながら

体の反応を見ていくセッション

キネシオロジー的な?



その時フセちゃんに

お金(借金)の心配があるみたいね

と言われてビックリした記憶がある



顕在意識ではそんなつもりなかったのに

潜在意識ではお金の心配をしてる自分を

発見されて驚いたんだっけ



大金をかけてお店を

リニューアルした途端

副腎疲労でダウンして

しばらくの休業を余儀なくされて

体調が戻って来たところにコロナ騒ぎで

先行き不透明の時代に

去年はいろいろ揺れ動いてたっけな



そのお客さんが

数年間心身共に崖っ淵で

病み抜いてたところ

このボディトークで良くなったらしい



私はこれと言って何もなかったので

やるつもりは全然なかったんだけど

あまりにも熱心にすすめてくれるので

とりあえず先に刺客を出したと言うね(爆)


友人のヨーPに行って様子を見て来いとね🤣



そしたら感激して帰って来たヨーP



なんでも体調不良の原因の一つが

サッカリンだと判明したらしく


それもそのはず彼女のお母さんは

薬剤師で家でいつもサッカリンとか

よく調合してたらしい



そしたら彼女

以前タイムウェーバーでも

サッカリンを指摘されたと言うじゃない



AI並の的確な指摘に

驚いたのは言うまでもない



まあね、体はなんでも知っている



体からの繊細な反応で

微細な体の声を聞き取っていく作業

ボディトーク



うん、気になって来たぞ‼️


よし、行ってみよう‼️


私のボディの声を聞いてみよう‼️




そして私の向かった先が

土浦市にあるこちら

オーラクラーニュ




まさか驚愕のあんな事を

言われる事になろうとは

この時はまだつゆとも知らず




セラピストさんはマスク越しにも

可愛らしい雰囲気ダダ漏れの横山さん




初めのヒアリングでは

5年前に副腎疲労でダウンした事

それ以来疲れやすいことや

朝起きると体が重いことなどを伝えた



特にここ最近

夏至を挟んでからは

病的な眠さに襲われる事しばしば



仕事中もついつい

鼻ぼこチョーチンが膨らんで

ネオチしそうになることもw



他には

聞きたいことや気になることが

これと言ってないので

疲れやすさや副腎疲労を

重点的に見てもらうことに



別室にあるベッドに横になって

腕を横山さんに預ける



横山さんは腕からの

微細な反応を手がかりに

セッションをすすめる




「それでは副腎疲労の原因を聞いてみましょう」


「人間関係…違いますね」

「仕事…違いますね」

「金銭…違いますね」

「ストレス…違いますね」

「環境…ん?環境…」


「環境はどんなところにお住まいですか」


「普通の静かな住宅地です」


「何か家の周りで気になる事はありますか」


「う〜〜〜ん、気になること?

すぐ隣の建物の屋根に

ソーラーパネルが乗ってるので

電磁波は気になりますね」


「電磁波…違いますね」


「市の水道以外にも井戸水も

使ってるんですけど水ですかね」


「水…違いますね」


「え〜他にはなんだろう???

う〜〜〜ん???


そう言えばずいぶん前に

その辺は昔

姥捨山だったと聞いた事あります」


「あ〜それですね‼️

そのエネルギーですね」


「未成仏霊がかなりいますね

かなりうごめいてる感じですね

えーっといくつだろう10.20.30…

40体の残留思念がありますね」


「オーマーガー😱…」


「よくそんな環境で

発狂しないでいられましたね」


「いえいえ、息子が発狂してましたw」



「よほどの時は引っ越しを

促すこともあるんですけど

そこまでではないにしても

癌になったり離婚したり

鬱になったりしても

おかしくないくらいですよ


よく離婚しませんでしたね」


「いえいえ、家庭不和ヤバかったです

首の皮一枚でギリギリ繋がってました」



「でもそこに家を建てて住んだのも

あなたのカルマから来ていますね」


「なるほどです

そしたら誰のせいでもないですね😂

自分の撒いた種ですねwww


むしろそのカルマによっての

これまでの壮絶な体験は

何物にも代えられない

貴重な学びになったので

カルマにありがとうですよ」



「それでは未成仏霊を上に上げますね」


「すごい‼️そんな事もできるんですか」




「それでは副腎の遺伝子レベルで

見ていきますね…

19本傷ついてますね


14歳の頃に何かお薬飲みましたか?」


「扁桃腺持ちでしょっちゅう

高熱を出してたので

抗生物質飲んでたと思います」


「あ、それですね

その時の薬とその時の

ウィルスによるものですね」




「それと20歳の頃に何かトラウマが

出来ませんでしたか?」


「その頃は東京の美容室で働いてて

覚えが悪くていつも先生や先輩や

お客さんに叱られてました

それかなあ?」


「人間関係…違いますね

仕事…違いますね

他にはありませんか?」


「トラウマねえ…何かあったかなあ」


「異性関係…はどうですか」


「あ、あ、あ、あーーーー‼️あった‼️

生まれて初めて失恋したんですよ

初デートで告ったら

ソッコーフラれましたw」


「あ、それですね

そのトラウマでも

傷ついてしまってますね

今日のところは12本まででいいと

体が言ってますので

残りの7本は次回ですね」




「それと、しなくてもいい事

なにかしてませんか?」


「しなくてもいい事?

う〜〜〜ん、何だろう???」


「子供の言う事をついつい聞いてしまう?」


「違いますね」


「旦那の言う事をついつい聞いてしまう?」


「それも違いますね」


「う〜〜〜ん何だろう?」


(ミツバチを世話をし過ぎる?

いや、違うな、そうだったら泣くわ)


「あ‼️わかった‼️情報を取りすぎる‼️」


「うん、それですね」



「もうね、これは自分でも

わかってるんですけど

まだついついやってしまうんですよね


知らない事がイヤなんですよ

なので知ろう知ろうとしてしまう


でもね、ほんとのほんとは

人よりも抜きん出て

先に知りたいんです


私は双子で生まれたんですけどね

私だけ養女に出されて

捨てられてしまったと言う

バーストラウマがあるんですよ


お腹の中で常に私以外の誰かがいて

でも私の方が捨てられたって事は

自分はその人よりも劣っているって

刷り込みをしてしまってるので

常に誰よりも先に

抜きん出てていないと

捨てられてしまう

一目置かれないと

自分には価値がないって言う

思い込みが根深くて

ついつい情報を取りに行く癖が

なかなか抜けないんです

それですよね」



「そうですね、それですね

でももうそれを完全に

手放していいみたいですよ


そして今まではそうせざるを得なかった

そうしないと生きていけなかった

と言う事みたいですね」



「それでは声に出して

アファメーションしてみて下さい」



「私はすでに完全です」



これってまんまタイムウェーバーでも

言われた事だったので驚いた



まだその癖が抜けてないんだな



〜を達成しないと自分には価値がない

〜が出来ないと自分には価値がない



自己肯定感の低さ



これって誰もが抱えてる

究極のテーマでもあるよね



今生のカルマの刈り取りのところだな



大谷翔平になんてならなくていいし

(どう転んでもなれないwww)

立派にならなくてもいいし

何者にもならなくていい



私はすでに完全です





初の横山さんのボディトークは

戦慄が走りっばなしの2時間だった



AIも凄いけど

横山さんも凄いね



ちなみに横山さんも

タイムウェーバーが欲しくているんだけど

ボディトークで聞いてみると

NOって出るんだって



もはや人間版タイムウェーバーでしょw




7月の初めに受けたんだけど

だからかこのところ全然

ブログを書く気が起きなくなってて



SNSも前より見なくなってるし

情報を取りに行く事もしなくなってる



ローランドじゃないけど

デジタルデトックスも

やりたいなあと思ってる




ボディトークのせいなのか

梅雨明けと同時に夏到来だからかは

わからないけど

やっとエンジンがかかったと言うか

やっと調子が戻ってきたこの頃



でもね、歪んでみたり

ととのってみたりは生きるリズム


その両方あるのがイノチ



不調の時こそ丁寧に

好調の時こそ謙虚に



どちらも大切に生きる






さあ40体の方々よ

カルマと共に

光にお帰りなされwww








さあ夏だ‼️

土用の天日干しスタートだ〜













































その日は今にも

雨が降り出しそうな曇り空で

その割には湿気がなくて

お店のドアを豪快に開けて仕事してた



そしたらなんだか外が騒がしい




ブンブンしてるじゃない




はあ〜〜〜ん?

なにまた分蜂?











こないだの4/10に分蜂した次女の群



裏のお宅の

前の家の軒下に蜂球を作ったやつ








勢いがある群だと

春分蜂からまた分蜂すると聞く


孫分蜂とか夏分蜂とか言う



でも師匠曰く

ムダ分蜂とも言われてて

あまり嬉しくない分蜂なんだって😂



春に分蜂した新生女王蜂の

交尾飛行がうまくいくと

たくさんの働き蜂を生んで

どんどん巣が大きく成長していく



働き蜂の数や

蜜の量などいろいろ鑑みて

増えすぎた時などに

働き蜂が女王蜂の王台を

作ってしまうらしい



で、その次なる女王蜂が

生まれそうになる前に

最初の女王蜂は

引っ越しするわけだけど

ここで問題が出て来る



次なる女王蜂が生まれるこの時期

オス蜂がほとんどいない



なので交尾飛行が

失敗する可能性が高い



そうなるとその群は

働き蜂が生まれなくて

自然消滅に向かうと言うわけだ



だから引っ越して行った群の方が

まだ産卵を続けられる可能性がある分

存続率は高い



こればかりは蜂の都合と

自然に任せるしかないので

この先どうなるかはわからない



でも師匠に相談したら

分蜂群は必ず捕獲しないとダメーーって




仕事中だったし

気も抜けてたし

なんならまた

放置プレイをキメるとこだった😅





そしたらちょうど店先の

駐車場の木に集まり出した






黄色い方が私

白い方はたまたま

カラー来店したお客さん



なんとこのお客さん

前回の分蜂の時にも

たまたま来店してて

結局分蜂のお手伝いを

してもらったと言うね



そしたらまたまた

今回も分蜂に鉢合わせ



2回目ともなると

彼女も手慣れたもんで

カラーそっちのけで

手伝う気満々



奇遇にも前回も

この群の分蜂だったという

シンクロっぷり



ついでに言うと大の昆虫マニア



いつまでもアリを見ていられる人

ミツバチも素手で触っちゃう人



もはや蜂たちは彼女を待っていた?







2人で作戦会議



こうなるともう仕事どころじゃない



他にもお客さんが2人いたけど

いつしか1人はカメラマンにwww



ほんとにね、どの人もどの人も

いいお客さんばかりなのよ、うちの店





2人で脚立に乗って

彼女が木の枝をしならせて

位置を低くくしてくれたので

難なく捕獲できた





彼女がいなかったら

私1人じゃ無理だったなあ



もうね、救世主だね、彼女は✨




最初にビニール袋で捕獲して

それからザルネットに移したんだけど

なかなかうまく出来なくて

ほとんどが外に出てしまった



やっぱり最初から

ザルネットで取るべきだったと反省









外に出てる蜂たちも

手ですくってザルの中へ




狭い敷地に巣箱を設置する






大元の巣箱のすぐお隣



果たして

新しい物件を気に入ってくれるだろうか









先に入居した蜂たちが

一斉にお尻をフリフリして

後の蜂たちを誘導している



みんな整列して入居するあたり

さすが、日本人的DNA










巣箱を間違えて

隣の巣に行っちゃうと

フルボッコに遭うので

彼女たちは

何回も何回も巣のまわりを

入念に確認して

インプットしている









今度の新しい住まいを気に入って

住みついてくれるといいなあ






ほんとに自然界は

びっくりな事ばかりだな










びっくりと言えば

熱海の土石流災害も

山の上部に作られた

メガソーラーシステムが

起因しているともっぱらの話だ






山の木を伐採したり

地形を変えたりする事で

山の地盤が弱まったりするのは

誰でもわかる




すべてを豪雨のせいに

してる場合じゃない


自然災害と言うより

もはや人災だろう



もう山の木を

切らないでほしいよね

ほんとに、まぢカンベン



このままSDGsとか言って

山を切り開いて

木を全伐して

ソーラーパネルを設置し続ければ

この先も災害は起き続けるだろう



災害から学んで

勇気ある事業の転換を

してほしいもんだね






そうそう

これまたびっくりの話


古民家に向かう途中

熊に出会うと言うね







今朝あげたブログ記事を

読んだ友達からラインが来た








なんて冷静でクレバーな友達なんだ


そんな友人を持ってて私は幸せだ



そして私はなんて

おっちょこちょいなんだ




今朝ある人からラインが送られてきて

ワクチンパスポート法案が

可決されちゃうよ〜という情報に

ちゃんと確認もせずに飛びついて

拡散してかえって

不安を煽ってしまうという

愚行をしでかしてしまったwww



今朝の記事を読んだ方

ごめんなさいm(_ _)m



ついつい反社会主義に

走りそうになる私ですwww




という訳で

もしパブリックコメントを書く方は

7/1までですので

落ち着いて書いて下さいwww



意見はコチラから




とりあえずワクチンを強制されるとか

接種してないと飛行機に乗せないとか

そこまでの話ではないので安心しましょう



そうなったら断固反対するけどねwww




ワクチンを打つ、打たないは

個人の自由であり

それぞれの選択を

尊重するしかないよね




自由を侵害されるのが

私は1番嫌いだ

だから相手の自由も

侵害する権利はないわけで




だから打つ人を

わざわざ説得するのも最近はやめた



でも迷ってる人や聞いてくる人には

ちゃんと伝えるけどね



どんなに真剣に伝えたところで

打つ人は打つしなwww





お客さんのほとんどが年配者なので

きっと大多数の人は打ってるだろう



でも打ったから

あのお客さん嫌だとかは

ちょっと違うよな



打つ打たないに関わらず

そのお客さんとの時間を大切に

そのお客さんとの心の奥からの

交流をしようとする事が大事だし

それを大切にしたい



分離感や分断されてしまうのが

1番よくないと思う



こんな状況でも分離感を手放せますか

こんな状況でも分断せずにいられますか

こんな状況でも差別せずにいられますか



そんな事を

チャレンジさせられてる気もする



そもそも相手を変える事はできない



あとは自分をととのえるしかない





とは言え人類初の未知の

遺伝子組み換えワクチンなので

この先どうなるのか

こればかりは誰にもわからない



エクソソームとかシェディングとか

いろんな情報が溢れてて

何がほんとでなにが正しいのか

わからない




ただとりあえずワクチン接種で

亡くなる人が増えてるのは事実



過去5年間のインフルワクチンでの

死亡者数が3〜9人なのに比べて

コロナワクチンでは356人にもなってる



厚労省ホームページ

ワクチン接種死亡者数





このペースで増え続けて

そのうちコロナウィルスの

死亡者13000人を超えたら

シャレにならないけどね


ちなみに癌の死亡者は

毎年30万人だけどね




でもこれから先もずっと

コロナに怯えて

ワクチンに怯えて

打った人に怯えてって

そんな生き方はやだよね




もちろん最低限の

自分の体を守る対策は取りつつも

やっぱり豊かさや幸せを

感じる時間をたくさん持つ事が大事だね




私のフィジカルケアは

もちろんケイ素で 

しっかり出せる体にして

何かと今話題の松の葉を摂取してる





薬剤師さんやってる友達から

わけてもらった漢方薬のような

生薬のような赤松の葉の粉末



これがなかなか苦くてまず〜い


でも慣れると病みつきになるやつ



松ボックリって

まるで松果体の形してるじゃん


だから何となく

リンクしてるんじゃないかって感じる←単純www



松果体にも

働きかけてくれそうな

期待と共に摂ってみてる


まあ、またすぐに飽きれるかもだけど



もちろんケイ素も

松果体に働きかけてくれてると感じてる

なんてったって松果体ってケイ素で

できてるしね



松果体の成分のケイ素と

松果体の形の松ぼっくり

パーフェクトだな(爆)



すべての情報

もちろん私のこの情報も

鵜呑みにする事なく

自分の直観でやってみてね





インスタのOSHOを

フォローしてるんだけど

こないだの投稿よかったから

シェアするね







こないだの博多の

kan.さんのワークショップで

最後にkan.さんが言った言葉

「起きた事を受け入れて

アルケミーを起こして行く」



まだまだちゃんと意味もわかってないし

まだまだアルケミーなんて起こせないけど

そんな風に生きていきたい




そのためにも自分をととのえる



これが究極だな





なんと物理学の世界では

私たちの体の細胞の方がウィルスを

招き入れると言うことがわかってる



ウィルスが選ぶんじゃなくて

私たちの細胞が選んでるらしい



たぶんそれって

ウィルスと細胞が共鳴しちゃうのかね



細胞が先に

ウィルスに共鳴しちゃう的な



ならばウィルスをやっつけようと

ウィルスに働きかけるより

私たちの細胞に働きかける方が

本質的だし効果的だ



だから私たちの細胞を

ととのえてあげればいいわけだよね




きっと私たちの体や意識って

私たちが思う以上に

ポテンシャルが高いはず



さあととのえて参りましょう





この癒しの声に

チョーゼツととのってしまえ〜

















旦那が突然

ヤギの赤ちゃんを連れて来た







つくば市内にある

ヤギ牧場からやって来た

ヤギの兄弟



名前はキイロとミドリにしたらしい

なぜなら猫がアカとアオだからだってさ



アカとアオは私が付けましたが何かw






ちなみにワンコはミーボフ







このヤギ

茶色にしか見えないけど

キイロとミドリ



すごいセンスだな、おい

アカとアオもなw



信号機か








古民家に移動する途中

一晩だけ我が家に途中下車して

泊まって行った


寂しいのか不安なのか

鳴くわ鳴くわ



それも

エーーーンエーーーーンと

ニンゲンの赤ちゃんのように

甲高い声で

甘えるように鳴くもんだから

可愛いったらありゃしない



でも近所から幼児虐待と

思われやしないかと

さすがにビクビクしたわ



ヤギに詳しい友達に聞いたら

お腹が減るとずっと鳴いてるんだって







まるでロバ?犬?鹿?羊?みたいな



でも絶対に逃がさないで下さいと

言われたらしい

絶対に捕まえられないからだってさ




そのくらいヤギは俊敏なんだって



ヤギは寂しがり屋さんで

1頭飼いだとメェメェ鳴き通しだけど

2頭で飼うと落ち着いてるらしい



だからか常にベッタリ一緒


とにかくいつも2頭で

イチャイチャくっついてる















されるがままのキイロいやミドリ?







これからは古民家周辺の雑草の

草刈り要員に駆り出されるようだw












そしてもう一つの赤ちゃん



旦那の古民家の田んぼに

マコモも植えようって事になって

さっそく常陸大宮市の友人

ホーリーバジルおひさま農園の

岸さんに分けてもらった



おひさま農園のサイトhttp://ohisamanouen.net/





田んぼに植えたマコモは

まだ小さくて水に埋もれてる

もはや水没






マコモの他にも

古代蓮の苗を3株もらった



なんでも日本ミツバチは

古代蓮の花が好きだと言うじゃない



こりゃあ咲かせるしかないでしょう



そして私が今1番好きなワード

それは「蜜源」



蜜源のためならえーんやこーら

も一つおまけにえーんやこーら



狭いに敷地に

柿の木やみかんの木も植えてみた



たとえ実がならなくても

花が咲けばそれでよし








さっそくメダカも買って放流してみた

これで蚊の心配もないかな



ちょっとしたビオトープで

なんだか楽しい




旦那が古民家から年季の入った

火鉢を持ってきてくれたので

とりあえず水草を浮かせておいた



ミジンコでもいるかなあと

たまたま覗き込んだら

モゾモゾ動いてる透明な物体が…



な、な、なんと

メダカの赤ちゃんが泳いでるじゃない



それも10匹以上も



水草に卵を産みつけてたのか



小っっさ



それにしても可愛い‼️

なんて可愛いいんだ‼️









メダカの赤ちゃんなんて

子どもの頃に見た記憶すら

どこかにすっ飛んでるほど

懐かしい




毎朝火鉢を覗き込んで

メダカの赤ちゃんの成長を見るのが

楽しみになった




父の安否確認

ミツバチの安否確認

そしてメダカの安否確認も加わった





そして新しい仲間が増える一方で

悲しいお別れもあり…




とうとう1群が消滅した😭



メタセコイヤの木に分蜂したもんで

放置プレイをキメてた長女群



最初から

女王蜂を取り逃していたのか

もしくは交尾飛行で女王蜂が

帰らぬ人となったのかは

定かではないが

女王不在の群は悲しいかな

いずれ消滅する運命なのだ



女王に代わって働き蜂が

卵を産みつけるものの

無精卵しか生まれないので

雄蜂ばかり生まれてしまう



そう、大飯タダ飯食いのあいつらw



だからどんどん蜂数は

減っていくばかりだった










そしてとうとう
2ヶ月の寿命も尽きて
1匹もいなくなった…






でもね、最後の最後まで
蜜を運び造巣していた


そんな健気な姿を見てると
ほんとにリスペクトしかない


ハチドリのひとしずくって
話があるけど
たとえどんな未来や運命が
待っていようとも
投げ槍になる事なく
悲観する事なく
諦める事なく
やるべきことを淡々と
粛々とやり続ける姿勢







生まれて来られなかった

オスたちの蓋が被ったまま








出会いもあれば

別れもある



それが地球のドラマだね




一方で順調に

増え続ける他の群では

違う群からやって来たミツバチが

袋叩きに遭っていたw








門番のミツバチたちは

帰還するミツバチたちの

お尻の微妙な匂いを嗅ぎ分けて

自分たちのチームか

よそのチームかを

分別する



そしてよそのチームから

やって来たミツバチは

盗蜜する可能性があるので

無残にも半殺しにされてしまう






約1万匹とも言われる

ミツバチの群は

1つの生命体でもある



生命体であるコミュニティを

維持するために

みんなが役割分担して

命をかけてコミュニティを守る








そうやって種を

命を繋いでいく










店先のラベンダーも満開を

迎えようとしてるけどなんでか

訪れる蜂のほとんどが西洋ミツバチ







うちのミツバチたちは

目もくれない



でも去年の岸さんのタネがこぼれて

ホーリーバジルが咲き出した



ホーリーバジルは

日本ミツバチたちも大好きだ








分蜂が終わった今

私の頭の中は蜜源の心配でいっぱい



車を運転してても

最近目につくのは林や森ばかり



樹木に花が咲いてると

それだけでテンションが上がる



心の中で1人

蜜源祭りをしている←バカ




でも最近はどんどん木が切り倒されて

太陽光パネルが設置されてて

そんな風景を見るたびに

胸がきゅーーーってなる



ひええええ〜

蜜源がまた無くなっていく😭



日本ミツバチは雑木林に咲く

名もない地味な樹木の花の蜜が好きだ



草花もシロツメグサとかレンゲ草とか

ほんとに地味なやつ



そんな日本の里山に

たくさん生息する木々や草花たちが

どんどん失われてる気がする



ミツバチを飼い始めて

見えてくる世界



自然の循環

命の循環



その循環を支えるのは木だ



これ以上

森や林の木を切らないでほしいよなあ




多種多様の木々たちが生息する

雑木林ってほんとに宝物だと思うわ









実家の庭先に梅の木を発見したので

らっきょう酢で簡単梅干しにトライ

果たして上手くできるのか






山椒の実は醤油漬けに






初めて畑にトウモロコシを植えてみた





最後の晩餐に食べたいものは

トウモロコシと枝豆と

里芋の煮っころがしだ



最後の晩餐シリーズ的な畑w





里芋と枝豆






今年のザクロは豊作






庭では花が咲いて

畑では作物がなって

ミツバチは蜜を集めて

ああ〜豊かだなあ