撒き餌を激安で自作するの巻 | 菜's(サイズ)

菜's(サイズ)

岡山市北区奉還町、奉還町商店街の中にある菜's(サイズ)のブログです。


テーマ:

にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ
にほんブログ村

 

応用編 http://ameblo.jp/missione/entry-12243619255.html

実釣編 http://ameblo.jp/missione/entry-12252346286.html

自作撒き餌での釣果 http://ameblo.jp/missione/entry-12289600961.html

超超激安コマセで釣ってみた https://ameblo.jp/missione/entry-12317504729.html

年無し釣ってみた https://ameblo.jp/missione/entry-12391924110.html

 

大体のフカセ釣り師は一度はコマセ代が高いなーと思った事があるのでは無いでしょうか?

高いけどたくさん釣れれば安い物!
と自分に言い聞かせて色々試したりするのでは無いでしょうか?
今回はお手軽に格安で集魚剤を作って行きましょう。
そして余ったお金で磯に渡ったり釣具を買えば良いのです!
 
ステップ1
無人精米機など、無料でヌカをゲット出来る場所を探す
最近は無人精米機などでも案外ヌカを取れない様にしている場所が多いです。
ホームセンターなどだと大抵ダメだったりしますので、「ご自由にお取りください」みたいに貼られている場所を探しましょう。
探せば案外ありますが無ければ素直に米屋さんに行けば安く売ってくれるか付き合いが深ければ無料で頂けます。
 
ステップ2
JA(農協)に電話する
やはり集魚剤と言えば粒物でしょう!
僕は集魚剤をブレンドしない場合は粒の多さで決めたりしますし、そういう方も多いのでは無いでしょうか?
チヌの舞ホワイトなんかが近所では490円で量もそこそこあって粒も多くてそれなりに遠投できるのでその理由だけでメインで使ってました。
さて、何故そこでJAかというと粒を買うためです!
まず、押し麦なんかだと釣具屋で買うと1kgが250円~300円します。
業務用スーパーでも200円ちょっとします。
正直少しでもケチろうとしているのにこれだと高いです。
JAに電話して注文すると圧ペン(あっぺん)のコーンと麦があります。
これらは集魚剤にも使われている物ですが、金額が変動するとはいえ、2017/01/30に電話した限りだと
皮付き麦圧ペン 約1100円/20kg
圧ペンコーン 約920円/20kg
 
どうですか?この圧倒的価格
1kg250円していた物が急に1kg55円という5分の1近い価格に!!
 
ちなみに今回電話したのは営農センターという所でしたが、農産物直売所みたいな所で注文できるかどうかは不明ですので、確認してみて下さい。
 
ステップ3
ホームセンターに行く
ホームセンターの外の園芸肥料のあたりに行くと牡蠣殻石灰なるものが売っていると思います。
石灰と名前が付くのであの白線引いたり熱燗あっためたりするあのアレ?
なんて思ってしまいがちですが、何の事はない単なる牡蠣殻を焼いて粉砕したものです。
これが大抵100円/kgくらいかもう少し安いくらいで売っていると思います。
これで比重を稼ぎましょう!
 
2017/02/01追記
上記はネット価格を参考にしましたが、ホームセンターダイキで見た限りだともっと安かったです。
20kgで645円でしたので、1kgあたり32円くらいという事になります。
 
以上!!
 
ここまでの材料で集魚剤を作ってみましょう!
一例
ヌカ     2.2kg   0円
牡蠣殻   0.4kg 約40円 約13円
麦&コーン 0.5kg 約25円
 
   合計   65円!!
 改め、38円!!!!
 
素晴らしい!
 
ひとまずこの割合をこの場では話を進めやすいので基本としましょう。
比重や割合なんかは各々で使いやすくアレンジしましょう。
比重を稼ぐのに海砂を入れるのもありですが、釣り場によっては砂取るのが面倒だったりするのとふるいにかけるのが面倒なため、細かく砕いてあってまとまりやすい牡蠣殻を使ってみました。
 
さて、ここに集魚力関係を入れましょう。
集魚力と言えば大抵
・オキアミ
・アミエビ
・さなぎ粉
くらいですかね?順を追って解説しましょう。
 
オキアミ
基本割合だとチヌ釣りの場合はオキアミ1kgくらいですかね?
多い人、少ない人がおられますが大抵私は集魚剤1袋で1~1.5kgなので節約するという観点で1kgにしておきました。
残りを冷凍庫に入れられない環境の方は1.5kgを買うなど工夫が必要ですが、ここでは省略します。
オキアミ1kgで地元ですと一角が600円前後なので1kgで200円前後です。
これで265円! 238円!
 
アミエビ
アミエビを入れるのならオキアミ1kgに一番小さいレンガと呼ばれる150円前後の塊の半分だけを入れるか、オキアミ無しでレンガ1つくらいで良いですが、エサ取りなどと相談して入れましょう。
夏から秋にアミエビ入れるとエサ取り祭りがひどい事になりがちです。
 
オキアミ1kg+アミエビ半分で   340円! 313円!
アミエビレンガ一つのみ使用で 215円! 188円!
 
さなぎ粉
さなぎ粉は正直僕はどっちでも良いんじゃないかと思いますが餌取り祭りにせずに集魚力を底上げしたい場合なんかに有効ですね。
どっちでも良いと思った根拠はよく使うホワイトベース制覇チヌに入ってないけど釣れるという理由と激荒を挿し餌に使う時にコマセに混ぜますが特に変わりが感じられないという理由のみですが…。
それでも夏場なんかでアミエビは怖いけどある程度結果を出したい時などには有効ですね。
なのでエサ取りが少ないけど集魚力上げたければアミエビでエサ取り多い(特にアジとか)時だとさなぎ粉みたいな使い分けにするのが良いと思います。
で、大抵1kgぐらいで500円弱ですかね。
200gぐらい使えば良いと思うので約100円です。
 
オキアミ1kg+200gで365円 338円!
 
 
とまぁ、色々なパターンが結構安くできます。
その他に皆さんよくされるのが味の素ですね。
これも業務スーパー等でグルタミン酸ナトリウムが非常に安く売っているので30円分も入れたら入れすぎでしょう。
にんにくチューブも入れる方はちょこちょこ見ますが、これも業務スーパーなどで粉末のにんにくを買うと20円くらいですむと思います。
挿し餌にも少しふりかけると良いらしいですよ。
僕は魚の匂いよりもっと取れにくいにんにくの臭いがついてしまうのがイヤでやりませんが。
 
 
いかがでしたか?
付け餌代を安くする為に自家製ハードオキアミや自家製練り餌を作られる方は多いですが、それらよりも安く上がると思いますので、黒変しにくく、解凍後再冷凍も出来るしベタベタせず品質ムラが少ないのでイメージ通り使いやすい市販品の付け餌を買ってコマセを安く上げる方が釣果につながると個人的には思います。
ぶっちゃけ比重と遠投性がイメージ通りであればあとはオキアミやアミエビで魚は集まるので集魚剤なんてなんでも良いと思ってます。
何より自家製コマセで大手メーカーの集魚剤使っている人と釣果が同じだったり上回ったりしたらメチャクチャ嬉しくないですか?
釣り場や天候に合わせた思い通りの比重をカンで調整し、イメージ通りできたら達人っぽい気分になりませんか?
 
皆様も是非オリジナルの方法をやってみて下さい。

にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ
にほんブログ村

サイズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス