きょうもミラクルマインド

きょうもミラクルマインド

しあわせな人生のヒントを伝える心理トレーナー。ホ・オポノポノやスピリチュアルなセミナーの通訳。「セルフ・セラピー・カード」などの訳者  大空夢湧子のしあわせの風を運ぶつながりの日記


テーマ:

今夜は恵比寿でミニ講座でした。


「自分の経験に責任を持つ」という

ちょっとむずかしそうなテーマだったのですが、登場したカードは、「いい驚き」「難なく楽にできこと」「癒しのストーリー」など、楽な感じのものが続きました。



後半、セルフ・セラピー・カードを引いてもらったところ、3人が「流れ」のギフトを引きました。


「自分の選択に責任を持つと、流れに乗れますよ」と宇宙から言われているような気がしました。


講座で紹介したプリントに自分の人生を映画に喩えたら、その映画の物語を書き換えるには「ゆるす」ことという内容がありましたが、2人が「ゆるし」のカードを引きました。


自分の選択に責任を持つって頭で考えると難しそうな感じですが、実はシンプルなことで、楽に流れに乗る方法のようです。



テーマ:

3月20日(水)のミニ講座のご案内です。お茶を飲みながら、カードを引いたりエクササイズや誘導瞑想をしたりする2時間です、


今回のテーマは、テーマ: あなたの源につながるーあなたのパワーを取り戻すーー  自分の経験に責任をもつこと


何事もいつも順調に行くわけではないので、

当然うまくいかない時はあるものですね。


そしてうまくいかない時には、自分や人を責めたくなります。


口に出して言わないにしても、自分以外の人や物や状況のせいにして、

 「あの人の(あれの)せいで私はひどい目にあった」みたいに思うことはありがちですね。

でも、この発想には落とし穴があります。


人のせいでひどい目にあっていると思っている時は、無力感を感じて、自分にパワーがあると感じにくいからです。


そして、自分の思いが自分の経験を生み出しているのを受けいれた時、自分のパワーの感覚が戻ってきます。

自分の心を変えれば、自分が経験する事が変わってくるのを実感できるのです。


今回のミニ講座は、カードを引いて、かんたんなエクササイズをしながら、自分のパワーを取り戻していく2時間です。


7pmー9pm

備屋珈琲恵比寿店の2階 Westのお部屋

飲み物または甘味 付です

事前振込 4000円


3月20日(水)大空夢湧子のミニ講座@東京恵比寿https://resast.jp/events/330052



テーマ:


先日「新しい扉を開く」というテーマで

恵比寿のミニ講座がありました。

カードを引いたりエクササイズをしながら、

「新しい扉を開くこと」について探りました。

初めての方も3名来られてお茶を飲みながら講座は進みました。


なかでも興味深かったのは「期待」というカードがよく登場したことです。


まず自己紹介もかねて全員でカードを引いた時、私が引いたのが「期待」そして「あなたのハートを開く」でした。

そして途中で「セルフ・セラピー・カード」を引いた時にも2人の方が「期待」と「真実」の組合せを引きました。


これは何を示しているのでしょうか?


ふつうは期待というのは前向きな言葉ですが、

この「期待」のカードはネガティブカードで、「自分に過度の要求をして決して満足せずストレスが多い」という意味です。


「新しい扉が開いた」とか「新しい扉を開きたい」と思う変化の経験では、次に何をするのかがはっきりせず、混乱とカオスが付きもの。

その中で、早く新しいバランスを見つけたいという焦りから自分に期待をかけ過ぎるようです。



その時に助けになるのは「ハートを開くこと」。頭で考えてばかりいるよりも、ハートを開いて感じること、そして自分をサポートしてくれる人やものとつながることです。


答が何かは扉が開いてみないとわからない。

そこで、まだ答はわからないけど、「自分にとっての真実を選択する」と心に決めることで、次の一歩を踏み出せ、自分にとって納得できる答が見えてくるのでしょう。



そんなことを思いながら、今日エステに行ってみると、経験40年に近いというベテランの先生が、


「新しいオーガニックのハーブの商品に出会えて、これまでにない『しっとり、ぽっちゃりした』お肌に仕上げることができるようになったんです」

「お客さまがすべすべツルツルになると嬉しいんです」と、いつになくワクワクされていました。


40年近くされてきたお仕事で、今まさに新しい扉が開いたような感じで、興奮が私にも伝わりました。







テーマ:


3枚のセルフ・セラピー・カードのリーディングをご紹介します。


これまでやってきた仕事の状況が変わって新しい方向性を探しているMさん。

いわば新しい扉を開けようとして、そこでちょっと躊躇して方向が見えなくなっている状態です。


1枚目に引いた現状の要因をあらわすカードは「罪悪感」でした。


2枚目の問題解決のカギを示すカードは「リーダーシップ」でした。


3枚目の現在の問題の下に隠れているギフトは「神聖さ」でした。


1枚目の「罪悪感」のカードが、新しい方向に進んでいくことを躊躇しているのをあらわしています。

「どうせ私なんかでは・・」「私にうまく行くはずがない」という自己価値を否定するような心の中の会話は罪悪感のあらわれと言えるでしょう。


そのような現状解決のカギは「リーダーシップ」。人の為に率先すること。

つまり「私なんかで良いのかな」と自分の方にばかり意識が向きそうになるのを、人の方、相手の方に意識を向けるのです。


たとえば、今やっている作業やサービスの受け取り手の方に意識を向けること。


さらに現状の問題の下に隠れているギフトをあらわすのは「神聖さ」。 自分が天と地をつなぐメッセンジャーであること。自分の中で神聖なる存在とつながっている部分に意識を向けて、そのインスピレーションにしたがって行動すること。


Mさんはこれまでずっと1人で頑張って来られたのですが、Mさんにとっての新しい扉の先にあるのは、いわば「神聖さ」とつながってインスピレーションに導かれて進む旅。


新しい扉を開けた先は、これまでMさんが望んでいたことのみならず、自分の期待を遥かに超えた現実が待っていることでしょう。


☆     ☆   ☆   ☆   ☆


「新しい扉を開ける」というテーマで

2月27日(水)の夜にミニ講座があります。


場所は東京、恵比寿で19時からです。


カードを引いたり、エクササイズをしたり、誘導瞑想を体験できる2時間です。

残席わずかです。


詳しくはこちら

https://resast.jp/events/322998



テーマ:

あっという間に2月も終わりが近くなりました。


「人間関係でお互いの心がつながるとミラクルが起きる」ことは、20数年前に私が訳した「傷つくならば、それは愛ではない」でも言われていましたが、最近、まさにそんな体験をしました。


私は2月のフランス・パリ日本文化体験ツアーに参加することになっていました。

日本文化をパリで紹介するツアーで、2年前につづいて2度目の参加です。


私は1人で参加する予定でしたが、

1月も下旬になって、夫が急に「僕も一緒に行こうかな」と言いだしたのです。

考えてみたら、2人で心が通じたなと感じたする後のことでした。


1人で参加するつもりが、急遽2人で新婚旅行と相成りました。

それまでは新婚旅行をどこにするのかが、なかなか決まらなかったのです。

それがすんなり決まったのはミラクルのような感じでした。


お互いの心がつながるとミラクルを受けとれる、

それも予想を超えた現実がやってくるという体験でした。


パリでは前回に続いて、「若菜の会」という狂言と謡と小舞の発表会があり、

リセ(高校)の舞台で七福神のおめでたい舞を舞わせていただきました。


さらにお茶会や倍音声明、パリ在住のラ・セーヌ俳句会の皆さまとの合同俳句会にも参加しました。


フランスに住んで俳句を作っておられる方たちとつながって

句会とその後のお昼ご飯に色々なおしゃべりができたのが楽しかったです。

そして皆さんが選りすぐりのチーズやソーセージやワインやシードルなどなどを持ち寄ってくださって舌も大満足でした。


日本文化を外国で体験してみると、また違った視点から日本について考えることができました。

日本では古来お茶などの機会を通じてマインドフルになれる場を生み出してきたという

自国の目に見えないリソースを改めて感じました。


そして何よりも、お茶会や倍音声明や俳句会など、これまで私1人で経験していたことを夫婦2人で共有できたことが嬉しかったです。


俳句は私も初心者同然で、夫は小学校以来初めてでしたが、それでも俳句会は楽しめました。


自分の経験を17文字にまとめることで、旅の思い出がしっかり心に刻まれた感じです。


また、フランスだけでなくイギリスやスペインからの参加者のためにお茶会と倍音声明を英語に通訳させていただきました。

夫にとっては私が通訳する姿を見たのは初めてでした。


短い旅でしたが心に残る旅になりました。


現実は流動的で、自分が頭で考えている予想をはるかに超えたものになり得るという経験でした。


日常的な自分の思いが日常の現実を作っているわけですが、人と心がつながった時に、一瞬、自分の思いの枠が緩むことができて、

ミラクルを受けとることができるのですね。


なんだかノロケ話のようになりましたが、

読んでくださってありがとうございます。



大空 夢湧子 

poi






テーマ:
日仏文化交流ツアーに参加してパリに行ってきました。
今回は夫婦2人での参加でした。

日本から能舞台を運んでの能と狂言の舞台鑑賞。マインドフルネスお茶会、倍音声明、俳句会、
そして仕舞と狂言の発表会と盛りだくさんでな内容です。

なかでもことに印象的なのは、パリのラ・セーヌ俳句会の方々と合流した俳句会でした。

俳句を通して短い間にあたたかいつながりの場ができあがりました。


句会の後では在仏の方々が用意してくださったお昼ごはん。各地の選りすぐりのソーセージ、チーズ、パン、ワイン、アップルシードル、サラダ、デザートなど。美味しかったです。

恥ずかしながら、私の作った句は、
「夫(つま)と来て二人で歩くパリの春」


パリ若菜の会では、私は七福神の舞を舞いました。パリの国立高校の講堂に200名のお客さまが集まりました。

ツアーの間をぬって、夫婦でクロード・モネのマルモッタン美術館やステンドグラスが美しいサント・シャペルなどにも出掛けました。

移動にはウーバーのタクシーが便利。

駆け足のツアーでしたが、行って良かったです。
外から見ると日本の伝統文化の素晴らしさを感じました。



テーマ:


立春も過ぎて新しい季節に入りました,

近所で犬の散歩をしても早咲きの梅が咲いていました。


さて、セルフ・セラピー・カードで2月の傾向と幸せのカギをリーディングしました。


2月に陥りやすい傾向としては「先祖代々わる問題」「シャドウ」「裁き」 のカードが出ました。


2月の幸せと癒しのカギとしては「コミュニケーション」「成功」「真実の愛」が出ました。


2月は無意識的なうまくいかないパターンに気づいて癒す機会があるようです。

その鍵は密なコミュニケーションと、うまく行くことを心に意図すること。

そしてバレンタインデーも近づいていますが、

心に愛とロマンスを持つことが助けになってくれそうです。


◾️より詳しい説明


2月の最初のカードである「先祖代々伝わるパターン」が表しているのは、

父方母方から伝わった無意識的なパターンです。


私たちが先祖から受け取っている恩恵は数あります。素晴らしい才能や健康な体など。


そして先祖代々伝わっているうまくいかない無意識的なパターンもまたあるのです。

例えば、父方の家族は見栄っ張りな傾向があるとか、

母方の家族はお金がないことへの不安やお金持ちへの恨みがあるとか。


2月には、そういった無意識的なパターンに気づける機会があるようです。

なんだか気がつくと、いつもと同じようなミスをしてドツボにはまっているなとか。


その時に、そのようなパターンを解決する鍵が「コミュニケーション」です。

困っている時に、一人で抱え込まないで、誰かに話すことができると大分楽になりますよね。

また、自分の気持ちを伝えたり、相手の話を聞いたりというコミュニケーションを通して

誤解や思い違いを解消していくことができるでしょう。


2月の次の傾向も無意識的なパターンですが、

この人は嫌だとか、この状況は嫌だというような、あなたにとっての「シャドウ」が浮上してくるようです。


「シャドウ」というのは、かつて自己批判をして、切り捨ててしまった部分を

他の人の中に映し出されていること。


かつて「ダメだ」と思って切り捨てていた自分の一部にゆるしを送ったり

自分を受け入れるチャンスなのです。


その時に役に立つのは「成功」のギフトを受け入れること。

成功というのは、必ずしもキャリアに関することではなくて、

物事がうまくいく状態、人間関係がうまくいく状態も含まれています。


うまく行く状態をイメージすること、

大丈夫だと自分や状況を信頼すること

それが「シャドウ」の部分を癒していく助けになるでしょう。


2月の3番目の傾向は、「裁き」。

2月には現実を見て、必要以上に自分を裁いて自己批判してしまう傾向があるようです。

自己批判から、こんどは他者批判もしたくなってしまいいそうです。

ついつい身近な人に批判の矛先を向けてしまうかもしれません。


そんな時にあなたを救ってくれるのが「真実の」True Love です。

恋愛関係のロマンスだけでなくても、

身近な人に愛を送ってみましょう。


そんな意味では、アメリカ式のバレンタインデイのように、

同性異性関係なく、みんなに愛を送る日として

2月14日が近づいたら、あなたのハートを開いてみませんか?


2月は無意識的なパターンが出てきて、訳もなく機嫌が悪くなったりするかもしれませんが、

そんな時に、コミュニケーションと成功のギフトと真実の愛を思い出して

明るい春の方に意識を向けていきましょう。


春は近づいていますよ。

しあわせな1ヶ月をお過ごしください。


大空夢湧子 拝

poi


2月のミニ講座は新しい扉を開けることがテーマです。

春に向けて、心の中の扉をもっと開けてみようというかた、

ぜひいらしてみてください。カードを引きながら、扉が開いていきます。

 2/27 東京都 大空夢湧子のミニ講座 東京・恵比寿https://resast.jp/events/322998


・先日の大阪でのセルフ・セラピー・カードは楽しく盛り上がりましたが、

東京でも3月に基礎編と応用編があります。

カードを使って、望む現実を選択していきたいという方、

現状把握のツールとして使いたい方、ぜひお参加をお待ちしております。


 3/16 、17 東京都 セルフ・セラピー・カード・スペシャリスト養成講座(基礎編・応用編)by大空夢湧子https://resast.jp/events/322998



★久しぶりのヒーリングセミナーが東京と大阪で開催されます。

セルフ・セラピー・カードに出てくる癒しとかゆるしとか手放すという概念を

実際に体験していただくことができるセミナーです。


セルフ・セラピー・カードに登場するエクササイズも体験できます。

これまであなたがどんな道を歩いてきて、今どこにいて、これからどこに向かいたいのか

それを明確にしていくことができるセミナーです。

癒しのエネルギーの中で、問題解決して前に進みましょう。

4/6 セルフセラピーカードのヒーリングセミナー by 大空夢湧子

https://resast.jp/events/32300




<編集後記>

1月末に大阪でセルフ・セラピー・カード・スペシャリスト認定講座がありました。

14名の方が参加されて楽しく活発なクラスでした。


私も自分のこれまでの学びやリソースを分かちあうことができて嬉しかったです。


この大阪での認定講座から、6・24の大阪のヒーリングセミナーの開催が急遽決まりました。


この講座でも感じたことですが、本当に多くの方のご縁の輪によって、

人生が巡っていくような気がしています。


必要な時に必要なサポートがやってくるのがありがたいですね。


最後まで読んでくださってありがとうございました。


Yuko



テーマ:

「セルフ・セラピー・カード」でリーディングをしてみました。

最近、金回りがよくないと嘆いている自営業のDさん。

3枚の問題解決並べをしました。

 

まず資金不足という現状の背景にある要因として

「無意味感」のカードを引きました。

 

次に解決の鍵として「信頼」のカードを引きました。

 

さらに、問題の下に隠れているギフトのカードとして「愛」を引きました。

 

「無意味感」のカードは、荒廃した野原をうつむいて歩いている人の絵ですが、

本当は明るい光が左上にあるのに本人の目に入らないのです。

 

「無意味感」のカードが表すのはむなしい気持ちですが、

実はまったく新しいレベルが近づいている時にあらわれるカードでもあります。

 

Dさんは、これまでやってきた仕事の仕方に疑問を持ち始めておられ、

これから新しいやり方を開拓する必要を感じていました。

 

その状態を打破する鍵として出てきた「信頼」のカード。

自分を信じ、人を信じて、このプロセスを信頼して

今はへこんでいるけれど、きっとここを抜けて

新しい扉が開くと信じようということでしょう。

 

そして今のお金の問題の下にあるギフトは「愛」なのです。

「愛」とは、拡がっていく力であり、恐れの反対です。

 

ここを抜けていくと、

愛がかたちになったものとしての仕事をしていくことができるのでしょう。

 

そしてまた、今の時点で、愛とつながることが、

無意味感を通り抜ける助けになってくれるでしょう。

 

つまり、自分が愛を感じられる人や事物とつながること。

愛する人、愛するペットでも、愛する自然でもいいので、

ハートが開いていくことで、無意味感から脱出できて、

豊かさを受け取ることができるでしょう。

 

☆     ☆    ☆   

 

豊かさを祝福して受けとることをテーマにミニ講座が、

明日1月22日に東京恵比寿でございます。

 

今年初めてのミニ講座です。

お時間があればご参加くださいね。

1/22 大空夢湧子のミニ講座 東京 恵比寿

 


テーマ:

 

新しい年が始まって早くも半月たちましたね。

遅ればせながら1月のカードリーディングをしてみました。

 

1月におちいりやすい傾向としては、

「観念」「シャドウ」「期待」の

3枚のネガティブカードが出ました。

 

1月のしあわせと癒しのカギとして、

「恵まれた才能」「流れ」「コミュニケーション」の

3枚のポジティブカードが出ました。

 

1月は思い込みの枠を抜け出し、

あなたの思いやりを行動に移すと自分の意外な才能に気づき、

嫌だと思う人や状況に出会っても、無理に抵抗せず流れに乗って、

コミュニケーションしていくのがしあわせの鍵のようです。

 

■ より詳しい説明

1月には、これまでの思い込みや観念に縛られて、

柔軟性を欠いてしまう傾向があるようです。

 

その際に、自分のことだけを考えるのではなく、

周囲の人や、相手へのあたたかい思いやりを行動に移す時に、

眠っていた才能が発揮されているのに気づくことができるでしょう。

 

1月にはまた、ご自分の中で「この人は嫌だ」と

強く感じる相手が出てくるかもしれません。

いわばあなたにとっての「シャドウ」的な存在です。

 

その時には「この人は嫌だ」という方にばかり意識を向けがちですが、

実は今こそ、うまくいく「流れ」、物事の大きな流れに身を任せる時です。

 

 

また、新しい年は、新しい抱負を抱き、

新しい年へのヴィジョンを明確にする時期でもあります。

 

そして、そんな時には「自分はもっとできるはずだ」

「もっと期待に応えなければ」という焦りから

ストレスを感じやすい時期でもあります。

 

ここはコミュニケーションでお互いに意思疎通することで、

平和な気持ちで過ごせるでしょう。

 

例えば

「私は今年は〇〇〇〇しようと思っています」

 

「私は今年は♢♢♢♢な年にしたいな」

 

「あなたが頑張り過ぎている時に、私はさみしい気持ちを感じることがある」

「いつもどうもありがとう」

「こんど一緒にご飯を食べに行こうね」

みたいな感じで。

 

寒さは深まりますが、暖かくしてお過ごしくださいね。

 

poi

 

 

<これからのイベント>

 

1/19(土)セルフ・セラピー・カード リーディング&ヒーリング 

薬に本堂漢方スクール品川校 プレミアムクラス

セルフ・セラピー・カードのミニリーディングを受けながら、

カードの意味やかんたんな使い方についても学べるお得なプレミアムクラスです。

カードを持っていない方でも参加していただけます。

詳しくはこちら

https://www.kampo-school.com/seminar/detail.php?semid=161&schlid=2h

 

☆1/22(火)ミニ講座・東京恵比寿

 

初めての方も気軽に参加できる講座です。

お茶を飲みながら、2種類のカードを引いたり、

エクササイズや誘導瞑想をするクラス。

年の初めに,豊かさを受けとり祝福する2時間です。

詳しくはこちらhttps://resast.jp/events/312763

 

Yuko

poi

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

先日の大阪でのチャビーさんこと、フランシスコザビエル・ピルラさんのセミナーの通訳が終わってホッとひと息入れたたところの写真です。

チャビーさん2度目の来日でしたが、
大の日本贔屓で、今度からお茶の先生について習い始められたそうです。

説得力がテーマでしたがアメリカ流の説得術とはひと味違う、信頼をベースにした説得力のお話、興味深かったです。

Ameba人気のブログ