はい、ワシです。

今回も不思議なパラレルワールドへ行ってきたので

ここに残します。

 

何処かの(雰囲気ではメキシコかブラジルの様な感じがした)国のスラム街にいるワシ。

人が2人ほど並んで通れるくらいの狭い道は石かコンクリートの様でのっぺりツルツルザラザラが混ざった質感。道の両端には石造りの家の壁やトタンの壁が所狭しと続いていて圧迫感がある。

小さな山の麓に広がるこのスラム街は山肌に沿って上の方まで続いているようで、くすんだかつては色鮮やかだったであろうカラフルな屋根達に覆われていた。

広い通りに出たワシはバスに乗る。

いくら待っても出発しないバス。

ワシはバスの窓から外を見回すと何やら騒がしい。

四方八方へ逃げまどう人々、その中の一人が「獣が出た!」と叫んでいる。

その声に乗客達が一斉に慌ててバスから降り始める。

ワシも「大変だ」と一旦バスを降りる。

どんな獣が今どこにいて何をしているのかを確認するためにジッと辺りの様子を見ていると、黒い大型犬の様な生き物が近くのトタンの家から出てくるのが見えたのでワシはバスで逃げることにした。

さっき降りたバスに再び乗り込み、ワシの考えに賛同した数名の人達も一緒にバスへ乗った。

ワシは猛スピードで獣の前をバスで横切った。

獣は獲物を逃がすまいとバスにしがみつき少し開いた窓から手を伸ばし中へ侵入しようとしていた。

数人が獣と格闘し窓を閉め、獣もバスを襲うのを諦めた。

 

(場面が変わる)

 

ワシは美容院にいる。

獣に襲われてから少し時間が経っているようだ。

外はなにやら賑やかだ。祭り?かな?

何故か見知らぬ女性と一緒にいる。

一瞬でカットが終わったので2人で「速いねぇ~」と喜んでいた。

さて終わったことだし帰ろうかと立ち上がると、ワシのズボンからシャツがだらりとだらしなく飛び出ている。

見知らぬ女性も「なおしたら?」と困った顔をしていたのでワシはシャツをなおそうと美容院のトイレを借りることにする。

トイレに入ると男女兼用の様で少し広い空間の右奥に男性用の小便器が2つ並び、挟んで向かいの左奥に女性用も兼ねた個室が2つあった。

ワシは美容院に続くドアにカギをかけて用を足そうとするとドアが激しく叩かれる。

開錠してドアを開けると見知らぬ男性2人が入ってきた。

「男女兼用だから外側のドアのカギはかけるな」と、怒られた。

男性達はなんの躊躇もなく小便器に用を足している。

ワシはなんとなく、これは夢だとわかっているのか「こんな感じのトイレのあり方ってのがある世界もあるんだな…」と、妙に感心していた。

外へ出るとやはり何かの祭りのようだった。

明るい表情の人々が行き交い出店もあった。

少しフラフラ歩いていると大きな鉄の門に閉ざされた道を見つけた。

その門には小さな棚のようなものがついていて、そこには小瓶が置いてある。小瓶の下には誰かの名前が書いてあり、小瓶の中には円柱に小さく丸められた紙が入っていた。紙がいくつも入ってる小瓶もあれば空のもある。

近くにいた人に「これは何か?」と尋ねると、「これで連絡を取り合ったり、ファンレターのように一方的な好意を伝えることもある」と教えてくれた。

ワシは「面白い」と小瓶を眺めていた。

 

(目が覚める)

他にも色んな場面を見ていた気がするけどいつものごとくスッカリ忘れておりますw

うっすら思い出せそうなんだけど文字に残せるほどはっきりしていない

なんだかもどかしいです。

 

では、また~^-^ノシ

 

 

はい、ワシです。

今日はすごーく長く寝ました。

間、何回か起きて夢は中断されているはずなんですが全部同じ世界に感じました。

 

とある町に居るワシ。

この世界は何かの(戦争か災害かわからない)災厄に見舞わられた様な荒れた雰囲気の所だった。

街の中はどんよりと薄暗くデストピア感はあるものの建物などが壊れたりしている感じはなくただただ重く異様な空気が流れているだけだった。

ワシは母と祖母と買い出しに出かけてきているようだった。

乗り込んだジープ系の4WDを母が運転している。

いつも行っているスーパーは通りかかると真っ暗で営業している様子はない。

仕方なく母は「ほんだスーパーへ行こう」と町にもう一軒あるスーパーへ向かう事にした。

途中、スーパーへ向かう細い裏道に入ろうと母が車を右折する状態で侵入する時に左前のタイヤを道から外し道端にあった畑の収穫物をブスブスと潰していく。

ワシは「畑!畑!」と母に何か踏んでいると伝えると、母は「ふんっ」とふてぶてしく何事もなかったように車を走らせた。

畑の収穫物はいくつか小さな山になっていてそれに緑の細かい目の網がかぶせられていたので何の収穫物かわからなかったが、母は3山くらいタイヤで踏みつけて行ったので、ワシは「農家さんショックだろうな…」と考えていた。

目的のスーパーへ到着、買い物をしようとしていた・・・はずのワシは店内にひとつも食材や商品がない事に「変だなぁ…」と感じていた。

店内はコンクリート打ちっ放しのどっちかと言うとスーパーというより巨大な工場のようだった。

自分達の他に沢山人が居る。

途中、何か災難に襲われた(すっかり忘れた)

その時に助けてくれた2人の中年男性にワシはお礼を言っている。

急に誰かが「記念写真撮ろう!」と叫んだ。

数十名位いる人達がゾロゾロと一直線に横に並びカメラの方を向いて立ち始めた。

ワシもつられて皆と同じように並ぶ。

そこで気づく。

「あれ、これ・・・自分じゃない」

リアルの自分じゃない。アバターのようだった。しかも何故か象の耳だった@@

容姿はアニメやゲームに居そうな少女風、でも耳はダンボ。

そこでワシは改めて気づく

「あ、ここ仮想現実内だ・・・」

写真を撮り終わり皆が蜘蛛の子を散らすように各々自分の行きたい方向へと離れていく。

ふと辺りを見回すと

コンクリートの建物に囲まれた広い空間が広がっていた。

そこには大勢の人達が立っている。

数人のグループを作り雑談している人達や一人でただボーっとたたずんでいる人もいる。

ワシは「ここは何なのだろう。皆何をしているのか…」と不思議に思いながら辺りを眺めていた。

隣にたたずんでいた見知らぬ少女がワシに話しかけてきた「しばらくの間一緒に行動しよう」

ワシは快く承諾した。

2人で何を話す事なく立っていると、近くのコンクリートの建物の大きなシャッターが開き中から黒いロボットの様な物が出てきた。

高さ2mくらいのずんぐりした頭ににょきっと足が2本生えたような形のそのロボットはゆっくりと動きワシ達が立っている場所の方へ進んできた。

ワシは「うわっ、コッチ来る」と焦ると、見知らぬ少女が「大丈夫、ゆっくり歩いて避けて。こっちから何もしなければ暴れない」と言って「こっち」と誘導した。

ロボットは何かを探しているような動きをしながらゆっくり歩いていたが途中で故障したのか動かなくなってしまった。

ホッとしたワシが再びロボットの方を見るとそこには何故か巨人の女性が横たわっていた。

周りの人達も「なんなんだ??」と不思議そうに巨人女性を見ていた。

すると、またシャッターが開き始める。

今度は真っ黒な靄に包まれたクロヒョウがのそのそと出てきた。

少女が言うにはその獣もゆっくり避ければなんてことはないと言う。

ワシはさっきのロボットの時のようにゆっくり歩いてクロヒョウをやり過ごそうとしていた…が、何故かクロヒョウはワシをターゲットにしたらしく、焦りながらもゆっくり逃げるワシをゆっくり追いかけてきた。

これはまずいと焦るワシ。

クロヒョウは人混みをスルスルと優雅に進みどんどんワシの所へ近づいてくる。

その時ワシはハッと気づく。

「背中を見せて逃げてるからだ」

ワシはくるりと身体をクロヒョウ側に向けゆっくり後ずさりで逃げる。

するとクロヒョウはワシに興味がなくなったのか他の標的を探しに何処かへ行ってしまった。

再び安堵するワシ。

見知らぬ少女はワシに「ココを離れよう」と建物の中へ行こうと言った。

ワシは見知らぬ少女についていくことにした。

道中、建物内の吹き抜けがある場所で見通しのいい反対側の廊下を大きな熊が歩いているのが目に入る。

熊の視線の先には大勢の人達。

その人達もゆっくり後ずさりしながら熊をやり過ごそうとしていた。

ワシはその人達には申し訳ないと思いながらその場を見知らぬ少女と一緒に通り過ぎた。

コンクリートに囲まれた地下道の様な所を通った。

地下道の遠い先にあるだろう出口付近にさっき助けてくれた中年男性2人の姿が目に入る。

「あ、あの人達だ」とワシは2人を追うことにする。

しかし、ワシが地下道の出口に着いた頃には2人の姿は何処にもなかった。

しばらくあてもなく進んでいると廃墟になった工場の様な場所にたどり着く。

大勢の見知らぬ人々もそこにたどり着き、またあてもなく何処かへ進んでいる。

ワシは立ち止まっていた見知らぬおじさんに2人の中年男性の事を尋ねてみた。

おじさんは「ん?名前は?」と聞くのでワシは中年男性の一人の名前を言おうとするが思うように声に出せない。

必死におじさんに伝えようとするワシ。

おじさんも怒る事なく根気よく聞いてくれている。

そこにスッと目の前を横切る2人の中年男性の姿。

ワシはおじさんに「あ、あの2人です」と伝えると、おじさんは「よかったな」と手を上げて何処かへ行ってしまった。

ワシは2人の中年男性に駆け寄り付いていくことにした。

(ここで目が覚める)

結局、何をしていたのかさっぱりわからない夢でした。

まぁ、それが夢なんですがw

 

でわ、また~^-^ノシ

 

 

はい、ワシです。

悲報です。一富士二鷹三茄子な初夢ではありませんでした。

その代わり「金がない!!」と焦るラストになっており・・・・

嫌な予感しかしないですw

ま・・・いっかwww

 

バベルの塔の様な巨大なビルが人々の生活圏となっている場所が今回の舞台。

ワシはある特殊任務についており、隠密にある人物と接触するために、ビル内の商業施設の区画で目標の人物を探していた。

ワシがすることは「情報」の取引で、所属している組織は別名「忍者」と呼ばれていた。

まもなく目標の取引客を見つけたワシは周囲には気づかれないようにその人物の側へ近づこうと歩き出した・・・・・が、何処からか視線を感じる。

目をそちらへ向けずに視界の端で確認してみると見知らぬ女性に明らかにワシが凝視されている。

仲間ではないその女性。

ワシは取引客の側を素知らぬ顔で通り過ぎワシを見ている女性の様子をうかがうことにした。

あてもなくフラフラとお店を見てまわるワシに適度な距離をとって尾行する女性。

ワシは他に同じ任務のサポートにまわっている仲間2人のそばまで来た、でも互いに仲間だとは勘づかれないように女性の様子を見る。

仲間達には察しがついているようだ。取引客に接触しない時点で何かあるとわかっている。

ワシは側にあった雑貨店に入り店内を見てまわる振りをしていた。

すると、女性がワシの方へ向かってきた。

仲間の男性がこの女性と面識があるようだった。が、友好的ではないのは雰囲気でわかった。

雑貨を見ているワシの肩に女性が手を掛け…かけた瞬間にワシは仲間の男性に腰に手を掛けられてそのまま強く引っ張られた。

きっと彼女は暗殺者で触れられていたら死んでいたのかもしれない。

そのぐらいの危機感を仲間男性から感じた。

仲間男性は女性に対して笑顔で

「やぁ、奇遇だねぇこんなところで何してるんだい?」と女性に訪ねた。

女性は一瞬ハッとした顔をしてすぐ真顔に戻り男性に

「本当ねぇ。その方は知り合いなの?」とワシを指して聞く。

男「あれ?知らないの?この方は○○財閥一族のお嬢さんだよ?」

女「あらまぁあの有名な温泉宿オーナーのお嬢さん?知らなかったわ」

ワシ「えぇまぁ…。でもあの温泉宿のオーナーは○○社長ではなくて私の祖父の物です。○○社長とは親戚ですがさほど近くないので…」

女「えぇ??○○社長の娘さんじゃないのね」

ワシ「はい、ホテル業でのいくつかの成功話は私の家族の物が入っていまして、何故か○○社長の武勇伝になっていますが><」

なんて・・・

こんな会話にはなっているが全部嘘。

ワシはフツーの家庭に生まれたフツーの人間w

だが、裏を取られても大丈夫なようにちゃんとしてある。本業を知られないための組織ぐるみの大嘘だw

女性はワシの暗殺と握っている情報は諦めたようだ。

それくらい仲間男性は女性にとって厄介な相手で面と向かって何かしようとは思わなかったようだ。

 

(場面が変わる)

 

ワシはビル内のあるスーパーに来て買い物をしている。

あれこれ食材を買い物カゴへ入れレジへ向かった。

レジで会計をしようと財布を開けると

何も・・・何もお金が入っていない!!

(うわっお金入ってないの忘れてた…ヤバィ)

「すみません財布にお金入れてくるのを忘れたから支払いを明日にしてもらえませんか?」

とレジ店員さんに伝えると同時にワシは頭の中で

(しゃーない家族に借りるかぁ…トホホ)

と考えていた。

買った商品を後はお金を払うだけにし、明日までキープしてもらってワシはスーパーを後にした。

スマホを取り出し口座の残高を確認するも0円@@;

ワシは働いているのに何故お金が一銭もないんだぁぁぁぁぁと焦っていた・・・。

 

(目が覚める)

 

ホラーな夢を観るより恐ろしいラストで目覚めが非常に悪い新年となりましたwww

さて、雑煮でも作って食べよ・・・

 

でわ、また~^-^ノシ

 

 

 

はい、ワシです。

2022年最後の夢ですw

今日も相変わらず変な夢でした。

 

深い森の中に小さな集落があった。

なだらかな傾斜があり段々になった土地に数件の古民家がポツポツとある。

ワシの家も古民家…というよりただボロボロなだけの昔風な家だ。一階建てで屋根裏部屋がある。家のすぐわきには小川がチョロチョロと流れ心地よい音が周辺に響いていた。

縁側下の奥の方から何やら鳴き声がする。

子猫だ。きっとウチの床下で野良猫が子を産んだのだろう。

覗いてみると母猫が騒がしく鳴く子猫たちの側でぐったりしている。

ワシは猫達を救出して世話をすることにした。

しばらくすると母猫も元気になった。

ワシは「これで一安心。次は子猫たちが大きくなったら去勢手術をしないとなぁ…」と猫達を愛でながら考えていた。

外が騒がしいので玄関先に出ると友達(知らない人)の女性2人男性1人が居た。

突然訪問してきた友達に話を聞いてみるとワシの家の屋根裏に何かが居ると騒いでいる。

その何者かは屋根裏からワシ達の様子をずっとうかがっていると言う。

天井板を見てみると確かに少し隙間が出来ていてそこから誰かが見ているような気がする。

「本当だね…」と友と目を合わせ再び天井板に視線を向けるとさっきの開いた隙間が大きくなっている。

「うわっ!いるいる!」とワシ達は大騒ぎになった。

人の家の屋根裏に勝手に侵入してけしからんとイラっとしたワシは天井板をベリベリとはがした。

すると天井から白無垢姿の女性がワシ達を見下ろしている。

白無垢女性の他にもう一人の気配を感じたが姿が見えない。

ワシは怒りに任せて

「(変な事しやがって)ずっとお前たちを見てるからな!!」と白無垢女性を睨んで言った。

白無垢女性は少しも表情を変えずそのまま下に降りてきた。

するとこの白無垢女性はワシに幻覚を見せる。

この女性は大昔のこの集落の人でワシ達はその子孫だと幻覚の映像で訴えてきた。

そしてそこに立っている友人男性は私の直系の子孫だ…と。

もっと話を聞こうと思った瞬間、映像が途切れ現実世界に引き戻されたワシ。

家の裏の方で母猫が激しく威嚇の「シャーー」という鳴き声を発している。

なんだなんだ?と様子を見に行くと母猫が裏の森に向かって一生懸命に威嚇している。

母猫の視線の先を見てみると草木の間から素早く動くものが見えた。

イノシシくらいの大きさの、白い毛で覆われたサルの様な生き物…。

ワシ達は危険を感じ家中の戸を閉めた。

ワシの家のすぐ近くには祖母の家があった。

「祖母は大丈夫だろうか」と心配しながら戸締りをしていると、白い毛むくじゃらのサル?…いや小さいイエティの方がわかりやすいだろう。

その小さいイエティは母猫に襲いかかってきた。

ワシはとっさに側に落ちていた中華鍋を手に取り応戦する素振りを見せるとイエティは一旦後退した。

その隙にワシは側にあった鉄板の物置を中華鍋で叩き大きな音を出して小さなイエティを追い払おうとしていた。

 

(目が覚める)

 

白無垢女性の目が一重のつるんとしたアーモンドアイだったのがすごく印象に残る夢でした。

 

来年は皆さまにとって健やかで穏やかな年になるよう心からお祈りしております♪

良いお年を~☆彡

 

でわ、また~^-^ノシ

 

 

はい、ワシです。

心霊YouTubeに沼なぅなワシです。

そのせいか見る夢が心霊系になってしまい

ちょうど丑三つ時に目が覚めたので

慌てて塩を舐めましたw

(ちょっとした除霊には効くようです)

その怖い系の夢をココに残します。

 

ワシは知らない男性ととあるスキー場の近くの施設へやって来ている。

なんでも不要になったスキー板を無償で貰えるとのことだ。

ワシは残り3セットとなったスキー板をじっくり眺めてどれが一番自分に合うか吟味していた。

すると施設の職員らしき男性が近寄ってきてスキー板の説明をしてくれている。

実際に手に取って自分の横に立て長さを見ながら話す。

1セット目、2セット目はワシの背丈よりスキー板が短いので使えないね~と話していた。

3セット目、スキー板はワシより短いがこのタイプのスキー板なら短くても大丈夫と職員が説明していたのでワシは知らない男性と目を合わせ「これだね~」とうなずき合いながらその3セット目のスキー板を貰っていくことにした。

ワシは「久しぶりにスキーできるぞぉ♪」と上機嫌だった。

 

(場面が変わる)

 

ワシはとあるレストランでホール係として働いていた。

そのレストランは有名な遺跡跡のある公園内にある。

遺跡跡をコの字に囲む大きな池があり「コ」の字の池の上側面近くにレストランはあった。

沢山のお客さんで賑わっている店内を歩いているワシの目に、入り口近くの座席でぐずる赤ちゃんを抱いた女性が困った顔をしているのが見えた。

ワシは女性に近づき「何かお困りなことはないですか?」と尋ねると女性は「食事の料金を10円安くしてもらえたのはいいのだけど、選ぶことができず出された食事はスパイシー過ぎて赤ちゃんが食べられない」と言った。

ワシは「なるほど」とうなずき、女性にしばらく待つようにお願いして厨房へ向かった。

広い厨房の入り口付近に上司2人が立ち話をしていたので1人の上司に「あの、お客様が…」と話しかけると「ゴメン、今忙しい」とそそくさとその場を離れて行った。

「はぁ?いままでおしゃべりしてたのに急に忙しくなるってなにww」と思いながらワシはもう一人の上司に赤ちゃん連れの女性が出された食事で困っていると伝えると、「あ~わかったよ、赤ちゃん用に卵豆腐か何か出しておくね」と厨房の奥へ消えて行った。

ほっと一安心のワシはホールへ戻る。

すると、友人数人が(知らない人)食事に来ていた。

「いらっしゃ~い」とワシが近づくと友人達は「待ってました!」と笑顔で迎えてくれた。

友人達数名とワシはオカルト研究会の様な仲間で各地のオカルトを検証したりしている。

仕事のワシを気遣い友人達はあえて職場レストランの近くにある遺跡跡のオカルト現象を調査しに来たようだ。

この遺跡跡はオカルト界隈でもすごく有名で昼間であっても大勢の霊体が公園内を徘徊していると多数の目撃証言がある曰くつきの場所だった。

と、何故わざわざワシの近くで皆が検証するのか?なのだが10名の仲間達の中でワシともう一人の友人男性がいわゆる能力者と言われる体質で見える・話せる・祓える事が出来るのが2人だけなのでおのずと2人が揃っていないと調査が出来ないという状態であった。

どちらか1人…ではダメ、必ず2人だった。

友人達はガヤガヤと色んな意見が飛び交いながらもこの地の曰くについて議論し合っている。

すると、ワシ達の共通の知人女性がひょっこり現れる。

ワシは皆と一緒に食事したらどうか?と促すが女性は少しイヤそうに丁重に断って席を離れて行った。

ワシは仕事をしに厨房近くへ戻った。

なにやら店内にいるお客様全員にチケットを配って欲しいとのことだったのでチケットの束をもってワシはホールへと向かう。

さっきの困っていた女性へ1枚目のチケットを渡すと、友人達の席がざわつき始める。

なんだか嫌な予感がしながらも視線を向けると友人達が得体の知れない白い靄に囲まれ始めている。

これはいけないと駆け寄るワシ。

その間も店内の大勢のお客さん達は何も気にせず楽しそうに食事をしている。

ワシ達だけ違う空間に居る・・・

そう思ったワシはもう一人の能力者男性と目で合図し、仲間達へ守護のバリアをかけ始めた。

ワシと能力者男性を中心に近くに囲むように座る4人は能力者男性が…後の4人が何かの呪詛の様な物にかかってしまったのか座る4人の外側をまた囲むようにグルグルと回っている。

その外側の4人にはワシが手をかざしてバリアを張る。

ひとまずは大丈夫と思って視線を下に向けると一人の友人が「これを起動したら突然周囲の空気が変わった」とスマホをワシに見せる。

何かオカルト系のアプリの様でそれで霊体の姿を捉えたり怪しい場所を教えてくれたりするそうだ。

スマホを周囲へかざして辺りを見ていた友人がヒャッっと小さな悲鳴をあげる。

(外側でグルグル回っていた4人は地べたに座っていた)

見るとスマホ画面の中心に黄色のマークが点滅し警告を発しているようだった。

この間もレストラン内は平和そのもの。他のお客さんはワシ達が見えていないようだ。

警告を発する黄色いマークを追っていくと遺跡跡の方を指している。

外側でグルグル回っていた4人をレストランへ残し、他の仲間達は遺跡跡へ向かうことにした。

遺跡跡へ続く道はまるで神社の参道を思わせる様な道だった。ドンドン遺跡へ近づくにつれ警告音もいっそうけたたましく鳴り響く。

突然警告音が止まる。辺りはシンと静寂に包まれる。皆が動きを止めて辺りの様子を見ている…と…。

遺跡跡の方からおびただしい数の霊体がコチラへ向かってくる。

敵意むき出しなので仕方なくワシも応戦することにする。

手刀を作り手に集中する。

向かってくる霊体をバッサバッサと切り捨てる。

数が多すぎて少し「もう無理かも…」とネガティブな考えになってくる…。

(ここで目が覚める)

完全にオカルトどっぷりな脳が見せた夢な気がします。

 

さて、来年の初夢はどんなものだか楽しみですw

 

でわ、また~^-^ノシ