音楽 楽器 作曲の研究してます

音楽 楽器 作曲の研究してます

大学で先生しています。
作曲・編曲しています。
チェロを弾きます。

クラシック音楽の室内楽曲の編成には、一人で演奏するソロ、二人のデュオ、三人のトリオがあり、そして四人のカルテット・・・と、まあ、多くても9人・10人の編成くらいまでをさします。

その昔、ヨーロッパの貴族や上流市民層の「室内」で楽しむ音楽でした。上流階級とはいえやはり部屋の広さや友人や家族と気軽に楽しむ要素が主ですので、やはり2人から4人という編成で書かれたものが多くなったのでしょう。

なかでもヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロの4人の組合わせである弦楽四重奏はハイドン、そしてもちろん、同時期のモーツァルトやベートーヴェンらによって芸術作品としてのジャンルにまで成長しました。

ですが、弦楽四重奏はなにもハイドンが最初ではなく、もっと古く1600年ころには書かれていたようです。

最初に誰が書いたのか?

いくつか説があるのですが、イタリアのカトリック神父のGregorio Allegri (1582-1652)とも言われています。Sinfonia for Stringsというもので楽譜をみたことがないのですがおそらく編成がこの4つであっただけでハイドンのような高度なものではなかったでしょう。もっとも、ようやくAndrea Amatiによってヴァイオリンがヴァイオリンらしい形になった時期でもあります。あとは、その70年ほど後のスカルラッティAlessandro Scarlatti (1660-1725)が挙げられます。

 

さて、小職も弦楽四重奏をいくつか書いていまして、今回は自作のいくつか聞きやすい・演奏しやすい曲を紹介しようかと思います。(スコアと音源ありです)

弦楽四重奏は作曲家にとって重要な編成です。たぶん、それはベートーヴェンやバルトークらが偉大なる金字塔ともいえるべき作品を遺したということもあるかと思います。それに付随してプロフェッショナルの弦楽四重奏団という演奏グループが歴史的にいくつも出現したということもあります。演奏の需要が多くあるからということですね。作曲上の観点からも、四声というのは和声学や作曲の教科書にもよくでてくるのですが、ハーモニーのバランスに優れていて、古典派以降のモノフォニー(同時に和音変化が動く)による「メロディ+伴奏」という曲の作り方において都合が良いということが言えます。

やっぱり、トリオだと和音の構成要素が一つ欠けてしまいさみしい感じがして、どうしても重音が多用してしまいがちです。一方、五重奏以上になると今度は声部が一つ多くて和音のどの音を重ねるのかに苦労しますし(重すぎる)、メロディを2パートで奏したり…と、やっぱり四重奏が丁度良いのです。(ブラームスとかよく五重奏・六重奏を書いたな…)

 

で、どんな曲を書いたのか?どれもそんなに難しくはないです(アマチュアカルテットの中級くらい?)

まずは、ベートーヴェンのようなロマン派的な小品。これは喜びや幸せな気分の時にどうぞ、といわんばかりの美しく充実したラルゴ。

パート譜 ・スコア

動画(Morgental四重奏団、2021年)YouTube

 

つぎに、もう少しポピュラーな感じでは、ロック調のカノン。ノリよく、楽しく!
最初、これがあのカノン?と思うかもしれませんが実はニ長調を同じ調号でロ短調にしてリズムを変形させたらこうなるのです。あと、チェロのベースラインは曲全体でD→A→B→G…と通奏低音の順になっています。

スコア ・パート

動画(Morgental四重奏団、2020年) 

 

3つ目は、正式な?弦楽四重奏曲、第1番。(第2番を書いているのですがまだ演奏してない…)

日本的な要素を盛り込んだもの。でも1楽章はどことなくショスタコーヴィチっぽいかも。

音源は3楽章だけですが、日本のお祭りをイメージしました。

 

スコア ・パート

動画

 

みなさま、よかったらお試しください!

(もし演奏されることがありましたらご一報を。演奏に関する著作権料は不要です)

次は、もっと現代的な作曲法でかいた四重奏を紹介したいと思います。(アルゴリズム作曲など)

 

今年の秋、赤城山のふもとの前橋で新作初演に特化したコンサートを開催します。

そこで、演奏する楽曲を集めていまして公募をすることになりました!

 

音楽祭のこだわりとして「初演オンリー」というしばりはありますが、

それ以外の年齢や国籍、プロかアマかといった制限はありません。

公募のエントリー代も無料!

演奏は群馬を起点として活動しているプロの演奏家で、

楽器はヴァイオリン、ピアノ、フルート、クラリネットの4つで、ソロからアンサンブルまでとなっています。

締め切りは8月1日です、

詳細はこちら。たくさんのご応募お待ちしております!

 

sense of resonance 2022

11月5日(土)@前橋夢スタジオ

 

皆さん、本屋さんへゴー!
サラサーテという弦楽器専門誌にて誌面による音の連載を始めました。

といっても3回ですが。ご好評なら来年も続編があるかな…

 

弦楽器奏者が知っておくとよい楽器音響について説明していきます。

2022年6月号(すでに発売中)は振動と放射。

ただいま、次号のために音と音色のビジュアル化を執筆中。

 

 

紙面はこんな感じです。

数値シミュレーションした振動と音場の研究成果も紹介。

上の輪ゴムギターの写真はこの原稿のために自分で撮影しました。

マッチ箱は草津温泉の居酒屋おかめのもの。一応、店名が隠れるように配置して撮ってたりして…

是非、お一人1冊、毎回、買って読んでください。よろしくお願いします!

 

音楽をスペクトログラムでリアルタイムに映像化する

 

コンピュータの性能が上がり、今やマイクから拾った音を瞬時にスペクトログラム(前回のブログ参照)にしてCGで表現できるようになりました。20世紀では、ノートPCでお手軽にこんなことができるようになるとは考えられなかった…
前回に続きスペクトログラムによる音楽表現について書きます。

2022年2月にミューザ川崎の企画に講師としてご招待いただきました。
「MUZAミュージック・カレッジ」 第2回「聴く」2022年2月24日
講演:横山真男(明星大学情報学部教授)フルート:濱﨑麻里子 ヴィオラ:多井千洋 ハープ:池城菜香

毎回、斬新な切り口でクラシック音楽の新しい考えをお伝えする企画シリーズのようです。講義と演奏がセットになっていて、今回の演奏者は東京交響楽団の方々で、講義と演奏を交互にバロックから図形楽譜までといった内容で2時間強もしゃべくり倒してきました(^^;)

そのなかで、映像と音楽の融合というトピックのなかで2曲、小職の作品を演奏していただきました。
今回のテーマが「音楽の映像化&映像の音楽化」ということでしたので、前者はスペクトログラムを使ってリアルタイムに演奏音をCGアートにする作品にしました。また後者として、図形楽譜を見て即興で演奏するということをしました。

さて、スペクトログラムをつかった音楽ですが、マイクから入った音波をパソコンでどんどん周波数解析してします。
時間方向に連続してカラーにすると下の図のように鮮やかな模様ができます。
 

(クリックするとYouTubeの動画が見れます)

映像はランダムなスプライン曲線を3次元でひねっていますので、スペクトログラムのリボンのようにも見えます。
Masao Yokoyama“Bagatele for Flute, Viola, Harp and Spectrogram”
フルート、ヴィオラ、ハープとスペクトログラムのためのバガテル
マイクで音をひろってリアルタイムでスペクトログラムを計算しCG画像を作成(初演)

 

音の高さや大きさで、色や位置、大きさが変わっていきます。

これを今回はちょっと工夫をこらして、スクリーンと床に投影しました!だから、奏者の前にお客さんはおらず左右に広がった形で床と壁を見ていただくことにしました。スタッフや奏者の皆さんとアイデアを出したのは良かったのですが、まぁ、セッティングが大変でした(^^;)

 

音楽はというと、スペクトル解析だからスペクトル楽派(倍音楽派)の手法を考えました。

それだけだと直球すぎるし今回の講座のお客さんには聞きにくいかなと思い、第1楽章は、今回のテーマである映像と言えば、やはりドビュッシー!その全音階的な浮遊感をスペクトル楽派とミックスしました。同じ編成のドビュッシーの名曲も意識してます。
第2楽章は、一転して小職の一つのやりかたである日本の伝統的な音楽要素をつかいました。追分節のようなフルートには特殊奏法を取り入れてます。あとは、スペクトログラムに上下行の変化が出やすいようにグリッサンドや音階を多く使っています。ご覧の図のように、映像には富士山と月を配置し、縦に長いスペクトログラムを掛け軸のように配置しています。
 

 

第3楽章もかなり性格の異なるリズミックな舞曲にしました。3334の13拍子で、エッと思われがちですが、意外とノリ易いリズムなのです。映像はリズムが分かるように滝のように上からボールが落ちてくるようにしました。中間部はブルース。名曲You Gatta Moveをジャズ風にアドリブを加えたものです。この楽曲を使った理由は、たまたま仕事で車を運転していたらJ-Waveで流れていて、あの気怠いメロディがリズミカルな主題と対比がくっきりして、それでいて、しっくりと合うような気がして迷わず採用。
なんとも多国籍なミックス音楽になりました。

(クリックするとスコアが見れます)


もうひとつ、図形楽譜の作品も演奏していただきました。
図形楽譜にも色々ありますが(そもそも五線譜だって「図形」…)、小職が用意したのは1歳の娘がスケッチブックに書いた落書き!
4色ありましたのでそれぞれの色を楽器のピッチや音量に見立てて、アドリブで奏者の皆さんに演奏してもらいました。
まー、娘のぐちゃぐちゃの落書きを見せられて、「さぁ、どうぞ、弾いてください!」というのは無茶ぶりなので(笑)
楽譜の解釈は以下の通りに指定しました。

(クリックするとYouTubeの動画がみれます)

特に今回は、通常のコンサートでは「雑音」されるビニールのガサガサする音とか、何か物を落っことしてしまう音などもいれました。楽器の音ばかりが音楽ではない、という解釈です。この考えはミュージック・コンクレート(具象音楽)と言われていて、フランスのピエール・シェフェールらによって提唱されました。
ということで、娘と私の合作ということになりますが、そういった子どもの落書きが実はアートになったりするかもしれませんね。

 

 

この動画は「独奏チェロのための吟詠」という著者の曲ですが、

演奏音にあわせてスペクトログラムを付けて可視化情報を加えた動画です。

 

 

もちろん音だけで音楽を聞くのも良いのですが、こうして音色をビジュアライズしてみるのも一興かと(^^)

最近、楽譜を音楽に合わせた動画が多くアップされるようになりましたが、さらに音色の特徴を映像にしてみたら面白いかなと思ってやってみました。演奏は北嶋愛季さんで、バロックから現代音楽まで活躍されているチェリスト。2019年に演奏していただいた映像と音源から作成しています。

 

ところで、音色と一口に言っても説明するのは意外と難しいものです。そこで、音色は目に見えませんが、スペクトル解析をすることで、少し目で見て分かるような状態にすることができます。

下の図はヴァイオリンの音波をAudacityというパソコンのアプリでスペクトル解析したものです。ラ(A4,440Hz)の音波をスペクトル解析すると、図の下のグラフのように440Hzのラのところにピッとピークが現れます。横軸が周波数で縦がその周波数の成分の量(パワー)を示します。楽器の音(楽音)では、知覚される音の高さを基音といっていて共鳴する倍音成分がいくつも現れます。なお、ノイズが多い音の場合はピークがはっきり見えなくなったり、高周波成分の量が多かったりします。

そして、スペクトログラムとは、スペクトル解析を時間方向に連続的に表示したものです。

下の図は、ベートーヴェンの交響曲第7番の旋律の楽譜(簡略化したもの)をピアノで弾いたときのスペクトログラムです。周波数成分のパワーが強いところがピンク色になっていて、リズムとピッチの変化が時間と共に変わっているのが分かるかと思います。

これを現代音楽で使ってみると結構おもしろく、下の写真はクセナキスの「メタスタシス」という弦楽合奏曲のCD音源からスペクトログラムにしたものです。

楽譜と同じように線が伸びて、かた倍音成分も加わって面白い絵になっています。クセナキスは五線譜ではなく、物理や数学の式から計算して方眼紙に線を書いて曲を残しているのですが、この曲もそういった線集合からなる図形楽譜です。

また「吟詠」の演奏音源の可視化に戻りますが、たとえば演奏の特徴を可視化することもできます。

下の図は冒頭の旋律をスペクトログラムにしたものですが、楕円で囲ったところのようにグリッサンドが曲線状にグーっとずり上がっているのが分かるかと思います。西洋的な直線的なグリッサンドとは違う「演歌的な」グリッサンドになっています。このように奏法の解析と可視化についてもスペクトログラムが結構役に立ちます。

 

ではでは、また次回はスペクトログラムをより積極的に使った映像を加えたマルチメディア作品についてご紹介したいと思います。