プレイヤーが気になる、遠鳴りする音。

音響工学で考察しています。 あくまでの仮説、実験してみないと確証ないので・・・

前回は音量について書きました。
次に、ピッチと音色の要素についての考察です。

 

楽器の音は、さまざまな周波数の音が重なった複合音です。
#ちなみに、音叉や聴力検査、パソコンなどから鳴るピーというビープ音、などは

 一つの周波数のサイン波からなる音で純音といいます。

 

音の特徴を調べる方法に、周波数解析(スペクトル解析)という方法があります。
どのような周波数で合成されているかを調べるために、
FFTアナライザー(FFT:高速フーリエ変換)という装置があります。
でも、そのようなたいそうな機械でなくても、最近はAudacityといったフリーソフトでも調べることができます。

下の図はヴァイオリン(Stradivari 1699)の解析例です。(E線,F#,748Hz)

ギザギザの音波をスペクトル解析すると、このようなパワースペクトルというグラフが書けます。

これは、ある時間領域における、何Hzの要素がどれだけのパワーが含まれているか、
を示していて、横軸が周波数(Hz)で縦軸がその周波数におけるパワー(dB)となっています。

 

左から周波数が大きくなっていますが、最初のピークは演奏している音(基音、F0)です。
以降、ほぼ均等に基音の倍数の周波数にピークがみられ、これらを(整数次)倍音と言っています。
その倍音のピーク以外の周波数は、非整数次倍音であったりノイズだったりします。
そして、このピークを何となくたどっていくと大きな凹凸カーブがみられこれをスペクトル包絡といって
スペクトルの概形を表し、これも音色の特徴を物語る要素になります。
また、このスペクトル包絡のピークをフォルマントと呼んでいます。

 

以上、ここまでスペクトル解析の概要をざっと説明しましたが、
楽器の音は、弾いている・吹いている音のピッチ以外にも、その倍音が鳴り、

他の周波数もいろいろ混ざった複合音だということが分かります。

この周波数の混ざり具合で音色が変わるのですが、

高音域の要素が多いと金属的な感じになったり、

整数次倍音と非整数次倍音の違い(Q値、S/N比)が小さいくなると

音のピッチが聞こえにくいノイズに違い音になっていったりします。

ただ、音色の表現語とスペクトルの関係は今のところ決定的な法則はわかってなく、

国内外の研究者が分析しているところです。

 

すこし荒い言い方(確証はない)ですが、このピークのパワーとその他の差が大きい傾向にある

金管楽器などは遠くまで音のキャラクタが立ちやすいことが予想されます。

逆に、歌声や弦楽器などのように小さい傾向にある音は、

音の減衰によってこの差分が縮まるときに、雑味の多い不明瞭な音色になることが予想されます。

 

さて、もう一つ、

人の聴覚に関するグラフを見てみましょう。

 

等ラウドネス曲線(説明のため一部を抜き出してます)といって、

おなじパワーの音でもそのピッチによって、大小の聞こえ方が変わることを示しています。
グラフは、縦軸の値(Sound Power Level)が高いほど、大きな音でないと聞こえない、
逆に、値が小さいほどそのピッチが小さい音でも聞き取りやすいということを示しています。
つまり、人の聴覚は低い音よりも高い音に敏感で、特に2000Hzから4000Hzの周波数の音は

小さくても聞こえるということです。

ただし、これは純音による計測で、合成音であったり、スペクトル解析のなかで

でてくるピークもこれに当てはまるかはわかりません。

 

さて、スペクトル解析と聴覚の話をざっとしましたが、

ここで、音の物理と合わせて考えてみます。

 

一般的に音が高いほどパワーの減衰が早いと言われています。
空気による減衰は500Hzと4000Hzでは数デシベルも変わるようです。
また、高い周波数ほど直進性が増し、椅子や壁などの凹凸での回り込みが減り、

柔らかいホールのシートや聴衆の服で吸音されやすくなります。
そうするとスペクトル解析に出てきた高周波成分が、遠くの場所ほど

耳で知覚されにくくなると想定されます。

そうすると、等ラウドネス曲線でみたような聴覚上聞きとりやすい高いピッチが

逆にホールでは伝わりにくい。これは何かの因果といえるのかもしれあせんが、

なんとかしたら音が遠鳴りしてよく聞こえることにつながるのではないでしょうか。

しかし、奏法によっては高周波成分を大きくすることができます。
弦楽器でいえば駒に近い、また弓の速度が速いと高い倍音成分が増えます(筆者の実験より)。

 

ここまでをまとめると、遠鳴りする音には、(前回の記事も含めて)
・人の聴覚が反応しやすい2000Hzから4000Hz付近の倍音のピーク値が大きい
・倍音のピークとその他の差が大きい(Q値やS/N比が大きい)
・高音域の倍音がある程度大きい
あたりではないかと予想されます(仮説!)。

 

音が音源を離れて徐々に距離とともに劣化しても、これらの条件があれば
そのキャラクタなり音色が明瞭に聞こえ良い音と判断されるのかもしれません。


ピアニッシモで演奏してもこの要素があれば、遠くの席でもオーケストラに埋もれない音になるかもしれません。
(最初に書きました通り、実際に検証してみないと・・・ホントかどうか)

 

これの裏付けにもなるかもしれない先行研究があります。
Benadeの室内平均法(room averaging method)によると、ホールの音響計測は
ミクロな(局所・瞬間的な)計測ではなく、平均的・統計的にマクロでみる法則が提唱されています。
それは、音源に対しパワーPは次のように計算されます。

 楽器の近く: P = Sρf×D(θ)/2r
 遠方: P = Sρf×√(πc/13.82)×√(T/V)
 S:音源の強さ、ρ:空気密度、f:周波数、D:指向性、c:音速、T:残響時間、r:距離、V:ホール容積
 
式はなんのこっちゃ?かもしれませんが、この提唱が真だとすると、ポイントは、
楽器の近くでは、距離rが分母にあるので、距離が遠いほどパワーは落ちる。
ところが、ホールの後方にいると、その距離のパラメータrが式から無くなる、
つまり楽器との距離rは関係なく、指向性Dも関係なく、周波数fによってその強度は変わるということを意味しています。
この式によると、どうやら音源の強度の他は音の周波数がポイントのようです。

(他の変数は演奏による変動量ではない)

 

最後に、舞台上の演奏と指向性のことになりますが、
また金管楽器のようにベルがある楽器は、音の飛ぶ方向の指向性もはっきりします。
ヴァイオリンやチェロでは、低い音は楽器からまんべんなく音が放射されますが、

高い音は前方方向が強いなど出方に偏りが出てきます(violin radiation patternで検索してみてください)。
その観点から、ホールの後方に音の飛びを想像しながら楽器を向けると、

より遠くに音が聞こえるようになることが想像できるかと思います。

#ホルン、チューバやフルート以外の管楽器は必然的に正面を向いています。

#先ほどの式とは矛盾する?ホールの反射も関連?要検討。

 

そして、ソリストとオーケストラのような演奏の場合、もしくは管弦楽曲にてソロを弾く・吹く場合、
聴衆がその楽器を聴こうとしているが為の「カクテルパーティ効果」の要因もあるかもしれません。
つまり、注視している対象の音源の音量が小さくても、周りの音が心理的に小さくなる現象です。
ソリストの音が十分に聞こえてくる為には、ソロと伴奏の音量バランス・ソリストの演奏法・聴衆の

心理効果の関係もあるかもしれません。

 

ではでは、机上の空想はこのくらいにして。
実験しなければ。でも、実験の方法もまた難しいなぁ。

ご協力していただける方お待ちしてます。自分の能力ではすべてやるのは無理だしね。

 

演奏する人にとって気になる話題!

遠鳴りする楽器、そば鳴りしかしない楽器。

 

経験的にはその違いを感じている人もいらっしゃるかと。

ホールでどの様に楽器が鳴り響いているかはプロ・アマ問わず気になるところ。

 

この現象、どういうことなのか?
私も昔から気になっていてなんか測定したいとは思って、日は過ぎてしまい・・・

一念発起、まずは文献下調べをして考察をしたいと思います。
#あくまでも、まだ文献漁って読んだとこのまとめであって、実験により証明できたわけではないので、一見解です。

 

 Museo del Violino in Cremona.

 

まず、「遠鳴り」という言葉。

辞書をみてみると。

遠くから、また、遠くまで鳴りひびくこと。また、その音。(デジタル大辞泉、小学館)

潮や雷などが遠くから聞こえてくるときに使われる言葉ですね。

一方、「そばなり」。

・・・辞書にはないようです。遠鳴りに対して、演奏する人が作った表現のようです。

 

遠鳴り(そば鳴り)について、ちまたではどう解釈されているかをざっとまとめてみると、
・音がホール後方の遠くまで届いている(飛んでいる)様子。
・近くではさほど大きくは聞こえない(ように思っていたが)、遠くまでよく聞こえる音。
・逆に、そば鳴りは、近くではうるさいくらい大きいのに、遠くではさほど大きく聞こえない音。
・遠鳴りする音を出すには、前に飛ばす、まとめる感じで、といったイメージで表現されている。

など、

確かにこれらの表現は、遠からず、感覚的にはなんとなく自分もそうだな、と思うところです。

 

今回の記事では、この遠鳴りについて音響と物理の点で調べて考察を試みます。

 

最初に、音の三要素は、
・大きさ(ボリューム)
・高さ(ピッチ)
・音色
です。

 

まず、音のボリュームを物理で考えてみます。

 

音の物理からするとステージで小さかった音が、客席で大きくなることは、まず考えにくいです。
楽器から出た直接音は、音の基本性質から必ず距離が遠くなるほど減衰します。
(そうでないと、地球の反対側まで、あなたがしゃべった内緒のひそひそ話が伝わっちゃう!)

 

音波は空気の粗密の変化(圧力変動)が伝搬する現象です。

音が空中を拡散していくとき、楽器から出る音の源=音源を点とみなすと、
距離が2倍になるごとに音のパワーは6dB下がります(6dB下がる=音のパワーででいうと約1/4になる)。
これはかなりの減衰で、ステージ上で2m離れていたところで聞いた音のパワーは、

4mで6dB下がり、8m離れてさらに6dB下がり、、、

例えばホール後方が64m(=2^6m 2の6乗m)離れた位置だと、2mの位置からは、

6×5 = 30dBも小さくなっていることになります。

あとは、空中の分子が振動することで摩擦抵抗となって徐々にそのエネルギーを失い、これが約2dBほど下がります。

たとえ反響板があって音の反射が集まって、たまたま集音マイクのパラボラアンテナのように

音が集まったとしても距離の減衰のほうがずっと大きいでしょう。

さらに、反射に関しては音が100%跳ね返ることがないため、壁にぶつかることでパワーは減衰します。

 

パラボラアンテナ、時々公園で見かける丸い物体。

  音を集めて小さい声を反対側に伝えて遊ぶ遊具

 

ということなので、

「そばで聞いたけど良く聞こえなかったけど、ホールでは大きく鳴り響いた!」
といった、小さい音がホールで大きく聞こえることはないでしょう。

素晴らしい楽器をいくら名人が調整し、いかに演奏者が頑張ったとしても、
距離に対して徐々に大きくなっていくような音を出すのは物理的に不可能ということです。
でも楽器の調整という点は、まず音源として大きな音が出るように、

よく共鳴するようにチューニングしてもらうということは差し当たり必要ですね。

 

次に、音色の観点から。

これは、その(2)へ・・・

ちょっと長くなりますので。

 

参考文献:音楽と楽器の音響測定、Hatchinsの例の本などなど

今年の夏(2018)も草津夏期国際音楽祭&アカデミーのサポートをしてきました。
http://kusa2.jp/

# わたくしの音楽祭での主な役割は、、、
 本番の録画とマスタークラスの映像記録です。
 それらをYoutubeにアップしたり公演紹介をしていたりします。

ちなみに、本職(作曲と編曲)の点では、今年はご縁あって

編曲作品をコンサートで2つばかり取り上げていただけました。

 

さて、今年のベスト演奏は!

#音楽祭オフィシャルのレビューでは特定の曲をひいきには書けないので・・・

 

やっぱり、これですね。

 

① Z.コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 作品7

S.ガヴリロフ(Vn)/W.ベッチャー(Vc)

 

 

89歳のガブリロフ(Vn)と83歳のベッチャー(Vc)さんによる172歳デュオ。
まったく歳を感じさせない豪快なコダーイを弾いているのをライヴで目の当たりにすると、
この人たちはサイボーグか!と思ってしまいました。

たしかに、若手のもっとバリバリの素晴らしい演奏ももちろんありますが、
いや、この80過ぎのスーパーおじいちゃんたちが、
こんな難しい曲を楽しそうに、しかも熟達した余裕の弾きっぷりに、
ただただ恐れ入るばかり。
私たちは、年老いたなぁ、なんて言い訳とボヤキはこの人たちの前では言えないですね。

 

動画を作成して音楽祭オフィシャルとしてアップしていますのでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Jv-FdhO47fI

 

あとピアノ演奏部門では、この二つかな。

② カニーノ&遠山慶子

L.v.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 嬰ハ短調 作品27-2「月光」 B.カニーノ(Pf)

https://www.youtube.com/watch?v=6N8oAoDf1Jk

『ベルガマスク組曲』より 第3曲「月の光」 遠山慶子(Pf)

https://www.youtube.com/watch?v=_Ul2RmbM7lU

 

どちらも、熟成された穏やかな安心感と正確さと、、、嫌みや恣意的なものが全くない。
僕はこういった冷静に客観的に書かれている音符を再現した演奏が好きです。

なんか、のたうち回って感情的になりすぎな演奏は嫌悪感すら感じるので。
もしくは、オシャレでウィットを感じさせるアドリブの演奏。
フランス人プレイヤーの弾くバッハやドヴォルジャークも結構好き。余談・・・

 

いかん!
今回は言っては失礼ながらお年寄りの演奏ばかりを挙げてしまっている。

 

ほかは今年初出演のアメリカのデュオZOHOによる演奏も興味深かった。演目は、
I.ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(4手連弾版)
西村 朗:サムドラ・マンタン[乳海撹拌](日本初演)

 

オーケストラ部門としては、毎年お馴染みのペルージャほか出演の、
ピアソラ:ブエノスアイレスの四季
ヴィヴァルディ:「四季」
チャイコフスキー:「四季」
を全部やるという企画もなかなかないですね。

しかもソリスト・奏者が季節ごとに全部変える!というのは

奏者がいっぱい一堂に会す草津音楽祭ならではの試みかなと。

 

ま、聴いている方は、まさにワイナリに出向いてあれこれ飲み比べているような感じ。
でも、最後にはどれがどのワインだったかな~みたいに、
誰が何の曲弾いたか分かんなくなっちゃう感じでもありますが(笑)。
#知り合いのひいき目ではないですが、ブエノスアイレスの秋を弾いたAさんのソロがかっこよかったよーって声が多かったかも(^^♪

 

とまあ、終わってみてほぼ全コンサートを聴いたところ(27日だけは天皇皇后お見えで撮影できなかったので・・・)
今年はこんなところでしょうか。終わって1週間たって、個人的な記憶をたどると・・・

では、また来年。どうなるかな。

 

前々回?クレモナにある私立の方の製作学校Academia Cremonensisをご紹介しました。

今日は、その学校と深い関係のあるLucchi氏のお店のインタビューです。

#Lucchi・・・ルッキと読みます。

 

ルッキメーターを開発しクレモナの弓製作に貢献をしたGiovanni Lucchi氏。

彼が亡くなってからは、お店は娘さんが継いで切り盛りしていらっしゃいます。
ホームページは日本語もあります。
http://www.lucchicremona.com/portal/ja/

 

ヴァイオリン博物館のすぐそばということもあり、
材料を買ったりする製作者のほかにも、お土産を買うお客さんも良く見かけます。

 

先日、アポを取って1時間ほどルッキメーターと木材の研究についてお店にインタビューをしてきました。
Giovanni氏はクレモナで弓作りを始めた製作家というだけでなく、研究者、技術者でもありました。
その息子さんのMassimoさんも今は技術者として働きつつ、父の残したルッキメータの販売や解説、
木の材質に関する講演なども行っているそうです。今も製作学校のために尽力もされているとか。

 

ちなみに、音質を計測する?Androidアプリも作っているようです。http://www.lucchisound.com/
(これはまたの機会に調べてみます)

 

ルッキメーターは、材料の内部音速を超音波発信機でもって計測するもので、
材料の両端に端子を添えるだけの簡単な装置です。

学者仲間内ではその値の厳密さの議論は残りますが
とにかく製作家や木材店ではこれで十分かと思います。

 

そのメーターでルッキ値(音速)を測ると、その材質が軽くて硬い方が数値が上がりますが、

かといって、大きければ大きいほど良いというものではなく
ヴァイオリンや弓では、ある程度の範囲にある必要があります。

 

この適正値は公開されているとのことですが、一部を紹介しますと、

ヴァイオリンの表板(スプルース)4350-6300
ヴァイオリンの裏板(メープル)3300-5200
弓の材料(ペルナンブーコ)4350-6130

なお、ヤング率は、 E = 音速の2乗 * 密度、で計算できます。

 

ヴァイオリンの材料はくさび型にカットされることが多いのですが、
・木の芯に近い方がこれらの値が大きくなる傾向があり音がよくなり、
・どの部位をカットするかをこのルッキメーターで測って切り取るべき、
と、Massimo氏は説明してます。(下の図)

 ルッキ氏の資料より許可を得て引用

 ■ 2の切り取り方のほうが値の高いところを使っているから音が良い(ルッキ氏)

 

ここで、

私がよく受ける質問「ヴァイオリンの1枚板と2枚板、どっちが音が良いの?」

についても少し言及をしようかと思います。


上の話を信用すると、もし同じ木であれば2枚板のほうが音質が良いことになります。

ルッキ値の高いところを使うことになるからです。
また、2枚板は楔をちょうど年輪垂直方向に二つに割って張り合わせるため、
左右の材質がほぼ等しくなりますが、1枚板では↓図の右側の部位(木の外側)が音速が低く
左右のバランスが異なることが分かります。

では、1枚板のヴァイオリンは音が良くないか?
これは正直分かりません。

 

板の接合の違いだけについての統計的計測は難しいでしょう。
#つまり、1枚板と2枚板のヴァイオリンをいっぱい集めて測定しても、
そのほかの音色を決める要因が多すぎて統計的な結果は出せない。

裏事情的には製作する身でいえば1枚板の方が作業が早いので好む製作者もいます。
見た目が良くで売れやすいという意見もあります。

 

結局のところ、、、私には結論が出せません!!

 

#余談
いやー職人として作業が楽とか売れやすいとかダメじゃん・・・って言わないでください(^^;
みんな生活がかかってるし、商売をしなければいけないのです。
とかく日本人の愛好家は職人とはこうあるべき!(とある映画のように・・・)

みたいな硬いイメージ(過ぎる)固定観念をもってますが、
こだわりとか理想とか伝統ばかりではダメなんです。
作業効率とかマーケティングとかもヴァイオリン製作には大事で、
しっかりとビジネスとして向き合って仕事していかなければいけない、

と、この業界を見てきたらそう思うわけです。

(実際、こちらの人たちはそうとらえている)

 

最近、クレモナに泊まるときにどこがよい?って聞かれますので、

おすすめというか、ここあたりが良いんではというホテルを挙げておきます。

観光するならやはりアクセスがよくて、日本人が泊ってもある程度英語が

通じるところが良いですよね。安いB&Bもありますが、駅から離れたりしてタクシーとか

使うのも大変だし・・・そもそもがそんなに高いホテルはないです(笑)

※リンク先はBookingです。特に意図はなしです。

 

クレモナ デッレ アルティ ホテル Cremona Hotels Dellearti Design

近代的でおしゃれです。四つ星。ドゥオーモの裏で、目立たない小さいところですが、バイオリンのオブジェが目印。

 

ホテルズ インペロ Cremona Hotels Impero 

ここが四つ星で一番良いホテル(らしい)。ガイドブックにも載っている。ストラディバリ広場の裏。

 

ホテルドゥオモ Hotel Duomo

アクセスとリーズナブルなところ。設備は上に比べればやや劣るが下にレストランもある。

 

 

ホテルアストリア Hoterl Astoria

ここもアクセスとリーズナブルさなら。(泊ったことないので英語がどこまで通じるかは不明です)

 

ガイドブックにはコンチネンタルホテルもでてきますが、駅からも中心地からも遠いので

スーツケースある場合はちょっと大変です。

 

ちょっと長めに滞在するなら、スーパーでお買い物したくなるかと。

コンビニはもちろんありません!

カルフール(Carrefour)が24時間営業しています。ただし夜はリュックは持ち込めない、酒類は時間制限あり。

他にも小さいスーパーはありますが、旅行者的にはここがよいかと

 

あと、イタリアと言えばジェラート!

現地の友達の間でよく行くところは何件かあるのですが、2店ほど人気店を載せておきます。

どちらも中心地ローマ広場Piazza Romaです。

Emilia Cremeria クリーム屋さん。コーンの中にもチョコクリームをいれてます。

Gelateria XXV aprile cremona ここもよく人がいます。

夜遅くまで開いていて飲んだ後の「〆めのジェラート!」 

〆のラーメン店はないかも、というかどこにもありそうな中華店がないんです。日本食の方が多い。

 

あと、人気のピザ屋さんPizzeriaは、ペンドラが一番ですかね。便利さと味ではチョカベックもよく行きます。

Pendla 町の中心から外れますが、いつも並んでます。地元の人もお勧め。19時くらいにオープンするのでそのタイミングを狙って。

Chocabeck Stradivari像のある広場で広い。Chocabeckというお店の名前のついたピザ(アーティチョークがのってる)がお勧め。

Pomodoro ここもよいとのこと。

 

下に地図を載せました!ご参考にどうぞ。