もちづき内科クリニック


 

 消化器内科医として日々、便秘をはじめとした

 腸の悩みなどの診察にあたっている、もちづき内科クリニック

 院長 月香織 医師と〈美腸活通信〉編集部メンバーによる

 腸の健康をテーマとしたブログです。


もちづき内科クリニック

東京都品川区戸越4-9-12

TEL:03-6426-2711

HP:http://www.mochizuki-medical.com

※土日も診療


※〈美腸活通信〉についてのお問い合わせはこちら


株式会社メディエイト

東京都渋谷区恵比寿西2-8-4平陽ビル4F

TEL:03-5728-6512

  • 01Apr
    • 筋肉は裏切らないの画像

      筋肉は裏切らない

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部 スタッフMOです。今回は筋肉のお話です。『筋肉の記事を書くくらいだから、筆者はさぞかし美ボディなのだろう』と思っているそこのアナタ、残念!私の体はぷよんぷよんです。(笑)そんなぷよんぷよんの私が、なぜ筋肉について書こうと思い立ったかというと、昔、筋肉のすごさに気づいた経験があるからなのです!その時の経験を、今日はぜひ皆様にお話ししたいと思っています。(注:この方はモデルさんです。笑)マスク生活が始まる数年前、双子の妊娠でたるんたるんに伸びたお腹を「いよいよなんとかしなければ!」と、幼稚園入園を機にスポーツジムに入会、さらに私の給料を全部つぎこんで(笑)パーソナルトレーニングもお願いすることにしました。『ここまでやれば、中村アンちゃんも夢じゃないな…。』心の中でほくそ笑んでいた私を玉砕したトレーナー(以下先生)の一言がこちら。「MOさん、ダイエットは運動だけでは無理ですよ。食生活の改善が何より重要です。」ええっ!運動すれば勝手に痩せるんじゃないの!?何のためにジムに入会したのっ!?ショックで打ちひしがれていた私に、先生はこう続けました。「運動で筋肉をつけると代謝が上がり、脂肪が燃焼されやすくなります。MOさん、筋肉をつけて痩せやすい体づくりを目指しましょう。」それから毎週、先生の地獄のトレーニング(先生ごめんなさい)を受けました。「じゃあ、今日は軽めで~♪」とおっしゃっても、その後3日は筋肉痛で体中がバキバキになります。ちなみに先生は、フィットネスの大会で受賞されるほどストイックな方で、筋トレの知識だけでなく、体や健康に関する様々な資格もお持ちです。レッスンが始まると、手始めに私の体をほぐしながら「今日はちょっとお疲れじゃないですか?」と、毎回体調をピタリと言い当てられます。そしてその体調に合わせてトレーニングメニューを組んでくださいます。また、トレーニングと共に食事の改善についても相談にのってくださいます。これだけきついトレーニングを受けていると、だらしなく生活していることがもったいなく思えてしまい(がんばったものが無駄になる気がする)、おのずと食生活も気をつけるようになりました。「筋肉」というと、それまでは「力持ち・マッチョ」といったイメージしかありませんでしたが、興味を持って調べてみると、筋肉には体を健康に保つための様々な働きがありました。「体を動かす・内臓を守る」という基本的な機能のほかに、先生のおっしゃった「基礎代謝をあげる」ことや、「血液やリンパの循環を促す」といったポンプの役目、「体温を上げる」といった役割がありました。『体温が1度上がると代謝が12%、免疫力が30%アップする』との研究結果もあるそうです。         トレーニング開始から数カ月、もちろん体重も落ちてきたのですが、それ以上に嬉しい変化がありました。・軽く走れるようになった、階段で息切れしなくなった・腰痛や関節痛がなくなったそして何より本当に驚いたのが、その夏は夏バテ知らずだったのです!これまでの人生で、夏バテのない夏を送ったことのない私でしたが、秋になってふと気づいたのです。『そういえば、今年は夏バテしてない…!』本当に本当に驚きました。そして確信しました。筋肉ってスゴイ!     残念ながらその後、マスク生活の始まりでジムには通えなくなってしまい、先生とお会いすることも無くなってしまいました。しかし今でも、あの地獄…とまではいきませんが、そこそこに負荷をかけたトレーニングを、自宅で細々と続けています。なぜか疲れている時ほど筋トレをすると、その後体がスッキリします。さて、ここまで長々と書き続けて、一体何が言いたかったのかというと…。皆さん、筋トレおすすめです!本当にだまされたと思ってやってみて欲しい!!「運動には縁が無いんだよね~!」と言っている方にほどオススメしたいのですが、どうしても嫌なら、まずはストレッチでもいいです!…でも本当はスクワットを勧めたい!(笑)(大きな筋肉は下半身に集中しているので、下半身を鍛えるのがてっとり早いです。)そして、3日に1度のペースでいいから、3か月くらいは続けてほしい!筋肉は1日にして成らず。本当にびっくりするほど体が軽くなるんです。きっと運動不足な方ほど、その効果も大きく感じられると思います。…最後に、この言葉をみなさんに贈ります。筋肉は裏切らない。============================================================================女性医師ならではの決め細やかな診察を心掛けており、患者様一人ひとりにあった治療や、お薬の種類・組み合わせ・量を見つけ、ご提案いたします。生活習慣病等でお悩みの方は、当クリニックにご相談ください。もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 01Mar
    • 自分の体と向き合うということの画像

      自分の体と向き合うということ

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部 スタッフMOです。前回の記事で、「めまいが起きるようになって困っている」という話を書きました。このめまい、発症してからもうかれこれ1~2年経つのですが、初めて症状に気づいたのは、机で書き物をしていた時でした。「あれ?なんか焦点が合わないな…。老眼かな…。」その後、ベッドに横になると、視野がグルグルと回転している(?)ように見えました。その時は気にせず眠りについたのですが…、翌朝、猛烈な吐き気と、支えがないと歩けないほどのめまいに襲われました。(後から聞いたのですが、主人もその様子を見て「これ…死ぬんじゃないか」と思ったらしいです。笑)一人で歩けないので、支えてもらいながら近所の内科を受診したところ、「良性発作性頭位めまい症」と診断されました。めまいと言われると、素人はつい「メニエール病」を疑ってしまうのですが、この「良性発作性頭位めまい症」も、中年女性には意外とメジャーな疾患なのだそうです。耳の中に貼り付いている耳石(カルシウムの結晶)が剥がれ落ち、それが半規管に入り込み動くことで、刺激されて症状が起きるとのこと。「めまい体操」というものを行い、治療というよりは「改善」を目指すのだそうです。その後も、このめまい症は定期的に発症しました。その都度不調が2~3日続き、その間ほぼ寝たきりになるため日常生活がままならず、どうしたものかと悩んでいました。しかし何度か発症していくうちに、私の場合、寝不足気味の時にいつも症状が出ることに気がついたのです。それ以来、これまで集中したい作業は夜に行うことが多かった(なぜか夜のほうが集中できるのです。)のですが、昼間にやるようにして、夜は子供と同じ時間にベッドに入るようにしました。そのおかげか、最近は軽いめまいは起きるものの、寝たきりになるほど悪化することはなくなりました。        40代になってから(ちなみにもうすぐ50なのですが)、これまであまり気にならなかった体の不調にみまわれることが多くなりました。また、「ついこの間までできたのに、突然できなくなった。」ということも増えました。めまい症を起こして間もない頃、それが寝不足によるものと気づいた後も「今まで通り、夜に活動したい!」という葛藤がありました。そして懲りずに寝不足→めまいを繰り返しては、家族や周りの方に迷惑をかけていた時期もありました。しかし、吐き気がするほどの体調不良に見舞われながら「もうこの体は、自分の意思だけではどうにもできなくなった」と思い知らされた時、だんだんと私の中で意識が変わってきました。『老いに抗うことはできない。年齢を重ねていけば、体にそれ相当の不具合も出てくる。この体に合わせた生活をしていかなくちゃいけない。』  めまいを起こすなら寝不足はしない  目が見えないなら、躊躇せず老眼鏡をかける。(笑)  体調がすぐれない日は、夕飯を惣菜で済ます。(言い訳?)  気になる症状が出たら、放っておかずにすぐ病院を受診する。そんなふうに少しずつ歳を重ねる自分の体と向き合いながら、これからも無理せず、毎日を健やかに過ごしていければと思っています。============================================================================めまいをひき起こす原因は様々です。大きな疾患が潜んでいる場合もありますので、自己判断は大変危険です。早めの受診をおすすめします。女性医師ならではの決め細やかな診察を心掛けており、患者様一人ひとりにあった治療や、お薬の種類・組み合わせ・量を見つけ、ご提案いたします。お悩みの方は、当クリニックにご相談ください。もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 01Feb
    • 更年期でお悩みの方にの画像

      更年期でお悩みの方に

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部 スタッフMOです。女性はホルモンバランスの変化によって、心身に様々な症状が現れます。痛みや体の不調だけでなく、イライラや落ち込みなどの不快な症状に悩まされている方も多いと思います。人は一生の間に「思春期・性成熟期・更年期・老年期」という4つのライフステージを経験します。特に女性の「更年期」は、急激なホルモンバランスの変化により、 ・頭痛 ・めまい ・多汗、ほてり ・イライラ、落ち込み ・不眠などの症状が起こることがあります。女性の場合、閉経前後5年の期間を「更年期」といいますが、更年期の症状は人によって異なり、症状が軽い方も重い方もいらっしゃいます。症状が重い方ですと、日常生活に支障をきたすほどの体調不良に見舞われることもあります。私自身もそろそろ更年期にさしかかるのですが、近ごろ突然の動機やひどいめまいに悩まされるようになりました。特にめまいはひどく、横になると天井がぐるぐると回り、船酔いのようなひどい吐き気で2~3日起きられなくなってしまいます。受診したところ、最近はコロナの影響で生活環境が大きく変わり、知らず知らずのうちにストレスをかかえ、普段より症状が顕著に現れてしまうことがあるそうです。私の母は更年期の症状が軽かったそうで、「きっと私も軽く済むのではないか?」と勝手に思い込み、無理をしていた部分もあるののですが、過酷な双子育児(我が家には双子がいます)やコロナ禍など、特殊な環境が影響することもあるのだから、遺伝(それも思い込み)だけを頼りに自分の体のことを判断するのは安易だったなと反省している今日この頃です。============================================================================「そろそろ閉経かしら…?」という時期に体調不良が起こると、「更年期だからしかたない。」と、あきらめてしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、その不調は本当に更年期によるものなのでしょうか?もしかしたら他の病気が潜んでいるかもしれません。体調不良の原因を自己判断するのは大変危険です。まずは検査を受け、病状を正確に把握し、専門医による治療を受けましょう。もちづき内科クリニックでは、「女性更年期・漢方外来」を受け付けております。検査結果に基づき、患者様に合った適切な治療を行っています。また、漢方薬の処方や、日々のセルフケアの指導も行っておりますので、更年期の体調不良でお悩みの方は、当クリニックにご相談ください。============================================================================もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 04Jan
    • 質の良い睡眠をとりましょう。の画像

      質の良い睡眠をとりましょう。

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部 スタッフMOです。皆さんは夜ぐっすり眠れていますか? 布団に入ってもなかなか寝付けない 夜中に何度も目が覚めてしまう 長い時間寝ているはずなのに朝疲れが取れないこのような方は多いのではないでしょうか。今日は睡眠、中でも睡眠の「質」にこだわったお話を、私の体験をもとにお話しします。我が家には子供が3人おり、下の2人は双子です。長男は11歳なのですが、上の子が生まれてから今に至るまでの十数年、ずっと子供と添い寝をしているため、「朝までぐっすりだった!よく寝た~!」と言う日は、以来1日もありません。しかし、これでもだいぶ良くなりました。双子が生まれた当時は、常に睡眠不足で毎日意識が朦朧としていました。睡眠不足と言っても、「睡眠の時間が不足」だったわけではありませんでした。上の子が幼稚園に行ってしまえば双子とお昼寝はできたし、夜は上の子と一緒に早寝ができるし、トータルの時間としてはたっぷり寝ていたはずなのです。しかしなぜか常に眠く、ちょっと横になっただけで、その途端眠りに落ちます。しかし、すぐに起こされます。また横になる、また何かに起こされる。この「こま切れ睡眠」のせいで、睡眠の本来の役割である「体を癒す」ところまで眠りが到達せず、疲労が蓄積してしまったのです。「質の良い睡眠」が不足すると、どうなるでしょうか。 常に眠い (…のは当然) 集中力がなくなる (物忘れがひどくなります) 正常な判断ができなくなる (常にこの生活からの逃亡を企てていました・笑) イライラする (上の子には何度も悲しい思いをさせました…)とにかく心に余裕が無くなり、自分の精神を保つことだけで精いっぱいになります。また心だけでなく、心身にも支障(だるい、体が重い)をきたしてきます。幸いなことに、子育てにはゴールがあります。 「半年後には良くなるだろう」 「来年には楽になる」 「数年後には…」このように子育ては、だんだん状況が良くなっていく見込みがあります。下の子たちが5歳となった今では、何度か夜中に目が覚めるにしても、朝には疲れがとれる程度の睡眠はとれるようになりました。睡眠の質を身を持って知った今は、あまり夜更かししないよう、早寝を意識した生活を心がけています。しかし世の中には、状況の好転が見込めるかわからないこともたくさんあります。仕事のストレスや生活の困窮、病気、介護など…。どうしても自分だけでは解決できないことがあれば、一人で悩まず周りの方に相談してみてください。ストレスを軽減させる糸口が見つかるかもしれません。睡眠の質を下げる要因は他にも色々ありますが、 睡眠時の周辺環境が悪い (部屋が明るい、うるさい 等) 寝る直前まで外部からの刺激を受ける (寝ながらスマホ、テレビ 等) ストレス 運動不足 いびき、睡眠時無呼吸症候群などこれらの中に心当たりがあり、さらにそれがご自身で改善できるものであれば、まずはその要因をひとつひとつ取り除くことから始めてみてください。中でも、いびきや睡眠時無呼吸症候群は、背後に大きな疾患が隠れていることがあります。ご家族や周りの方から指摘されたら、早めに専門医を受診することをおすすめします。「人間は、人生の1/3は眠っている」といいます。それだけ「眠ること」は生きるために大切な行為であり、その質を向上させていくことは、人生の質を向上させることにつながります。私は自身の体験から、質の良い睡眠がいかに心身の健康のために重要かを学びました。皆さんもこの機会に、ご自身の「眠り」について考えてみてはいかがでしょうか。============================================================================もちづき内科クリニック では睡眠時無呼吸症候群の治療 を行っております。女性医師ならではの決め細やかな診察を心掛けており、患者様一人ひとりにあった治療や、お薬の種類・組み合わせ・量を見つけ、ご提案いたします。お悩みの方は、当クリニックにご相談ください。もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 01Dec
    • 腸を美しく保つためにの画像

      腸を美しく保つために

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部 スタッフMOです。このブログのタイトルにもあるように、健やかな「腸」は、心身の「美」しさへとつながっていきます。すでにご存じは思いますが、腸が元気であるために、心がけたいいくつかのポイントがあります。 食物繊維をたっぷり摂る。 十分な水分補給 適度な運動 トイレを習慣づける忙しい毎日の中でこれらの条件を全てクリアすることは大変なことだとは思いますが、便秘の改善は日々の生活習慣を変えていくことが大変重要です。できることから少しずつ始めてみましょう。私事ですが、子供の幼稚園入園を機に自分の時間が持てるようになり、「まずはダイエットしよう!」と一念発起し、生活習慣を改善した時期がありました。(ありました、とすでに過去形になっているところが情けないのですが。笑)私は形から入るタイプなので、まずスポーツジムに入会し、週に1回パーソナルトレーナーの先生に付いて指導していただきました。その時に先生がおっしゃったのは、「運動で痩せるというより、筋肉を付けて代謝をあげ、痩せやすい体作りを目指しましょう。」ということでした。そこで先生がご指導くださったのは、 白米より玄米を摂る 1日1.5~2リットルの水を飲む 筋肉を伸縮させる程度の運動をこまめに継続して行うということでした。「お金もかけているし、絶対痩せなければ!」と固い決意を持った私は、先生のご指導を忠実に実践しました。そのおかげで、もちろん体重(体格)が戻ってきたのは言うまでもありませんが、それ以上に驚いたことがありました。それは、長年の悩みだった便秘が驚くほど改善したのです。思えば、私がダイエットのためと思い実践していたことは全て、腸美活に良いことばかりでした。コロナの影響で、今はスポーツジム通えなくなってしまったのですが、今でも先生からご指導いただいたことは出来るだけ続けていこうと心がけています。============================================================================さらにスムーズな「腸美活」生活を送るために、サプリメントで補うという方法もあります。もちづき内科クリニックでは、便秘予防を心掛けている皆様に適切なアドバイスとともに、安全品質で信頼のおけるメーカーによる、厳選された素材で製造された「医療機関限定のサプリメント」をご紹介しています。ご興味のある方は、当院までお問合せください。便秘を放置しておくと、トラブルはお腹の中だけでなく、肌や心にも広がってきます。たかが便秘とあなどらず、悩んだ時には迷わず受診してください。============================================================================もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 29Oct
    • 院内の掃除(洗浄、消毒)を徹底しています!の画像

      院内の掃除(洗浄、消毒)を徹底しています!

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部です。10月も残りわずかとなり、冬季に向かって、感染症に気をつける時期になりました。10月28日現在の新型コロナウイルス感染症に関する状況は、国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は98,116例、死亡者は1,730名となりました。また、入院治療等を要する者は5,542名、退院又は療養解除となった者は90,807名となりました。(厚生労働省HPより)風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、個々の咳エチケットや手洗い、風邪症状があれば外出を控えるなどの注意が必要です。もちづき内科クリニックでは、患者様に安心して来院して頂く為に、院内の清掃、消毒、除菌対策を徹底して実施しています。(先日、患者様に院内がいつも清潔で安心するといったお褒めの言葉を頂きとても嬉しかったです!)スタッフによる、日々の除菌、消毒、清掃に加えて、清掃のプロによる作業も実施し、清潔維持を保つように努めています。感染ルートには、飛沫感染と接触感染、飛沫核感染があります。飛沫感染は、感染した人のくしゃみや咳が、他の人の気管、粘膜などに付着することで起こと言われています。咳を1回することで、約10万個のウイルスが飛散すると言われ感染力も強いと言われています。(専門機器を使ったプロによる洗浄)接触感染は、汚染した手で、鼻や口を触ったりすることで起こります。ドアノブ、便座、照明スイッチ、パソコンのマウスやキーボードなども注意が必要な箇所です。(定期的な消毒を実施)飛沫核感染は、飛沫の水分が蒸発した後、ウイルスが空気中を浮遊し拡散したり、付着したりすることで起こります。(除菌効果のあるワックスを塗布)もちづき内科クリニックでは、これらの対策として、スタッフのマスク、フェイスガード着用、受付カウンターへの飛沫防止カーテンの設置、指手消毒の徹底、手が触れる場所への洗浄、消毒、玄関マットや床の洗浄、消毒を実施しています。また、換気の徹底、空気清浄機、サーキュレーター、加湿器の設置などを使用し、待合室でも密集状態を回避するよう努めておりますこれからも患者様やスタッフへの感染防止対策を徹底し、安心して来院頂けるようスタッフ一同努めたいと思います。もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 09Oct
    • 2020 季節性インフルエンザについての画像

      2020 季節性インフルエンザについて

      皆様こんにちは。腸美活通信編集部です。今年に入り、新型コロナウイルス(以下COVID-19)のニュースを耳にしては不安を覚える日々が続いていますが、秋になり、季節性インフルエンザ(以下インフルエンザ)の流行も心配な時季になってきました。                            今年は例年に比べ、現段階でのインフルエンザの患者数は大幅に減少しています。COVID-19対策で、マスクや手洗い・消毒などをこまめに行っていることがその一因と言えそうです。インフルエンザもCOVID-19も、発症した際の症状に発熱等の共通点があり、検査をせずに識別することは大変困難です。万一発熱があった際、「これは何による熱なのか?」と不安になったり、「このまま受診しても大丈夫なのか?」と対応に悩んだりと、いつも以上に心配しなければなりません。                          そのような思いをしないためにも、日ごろからのウイルス対策をしっかりと続けて、「かからない、うつさない」を徹底していきましょう。<日常でできるウイルス対策>・マスクの着用・こまめな手洗い、うがい・手指の消毒・体調管理(十分な睡眠、バランスの良い食事、ストレスをためない)・人混みは避ける・予防接種<今期の季節性インフルエンザの予防接種について>厚生労働省によると、今年は過去5年で最大量(最大約6300万人分)のワクチンが供給される予定となっています。なお原則として、・10/1~ 重症化しやすい65歳以上の方々・10/26~ 医療従事者、基礎疾患をお持ちの方、妊婦、乳幼児生後(6ヶ月~小学校2年生)となっており、それ以外の方は10/26以降順次とされています。※接種開始日については、義務ではなく「お願い」です。※日にちについては、「目安」となっています。                           インフルエンザワクチンは、接種してから抵抗力がつくまで約2週間かかると言われ、またその効果の持続は5カ月間です。インフルエンザは毎年11月中旬から3月頃にかけてピークを迎えるので、可能であれば11月中には接種を終えているのが理想です。もちづき内科クリニックでは、10月よりインフルエンザワクチン接種を開始しております。ワクチンの在庫に限りがございますので、ご予約をお願いしております。お手数をおかけ致しますがどうぞよろしくお願い申し上げます。============================================================================もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 08Aug
    • もちづき内科クリニック 三周年のご挨拶の画像

      もちづき内科クリニック 三周年のご挨拶

      残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。「もちづき内科クリニック」は、2017年夏に開院し、今年の8月には、三周年を迎えることが出来ました。これもひとえに、多くの患者様や関係各位からのご支援の賜物と、心から感謝しております。この場をお借りして、厚くお礼申し上げます。三周年を迎えましたこの時期は、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大しており、当院におきましても感染防止のための様々な対策を取りながら患者様の診療に当たっております。これからもスタッフ一同初診を忘れず、適切な医療の提供を心がけ、微力ながら地域の皆様のお役に立てればと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。もちづき内科クリニック 院長 望月香織もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 22Apr
    • 教えて香織先生 ビタミンCの作用について COVID19の画像

      教えて香織先生 ビタミンCの作用について COVID19

      皆様こんにちは、もちづき内科クリニック(腸美活通信)編集部です。毎日増え続ける新型コロナウイルス感染症の患者数に戸惑うばかりですが、外出の自粛、人との距離を取る、手洗い、咳エチケット、そして健康管理に気を配り、うつらない、うつさないを目指していきましょう。今回は、感染症予防にも効果がみられるビタミンCについて香織先生に伺いました。当院で行っているビタミンC注射や販売しているサプリメントに含まれるL-アスコルビン酸(ビタミンC)は人間にとって必要な水溶性ビタミンの一つです。ビタミンCは、肌や筋肉を構成するコラーゲン、そして特定の神経伝達物質の生合成に必要な物質であり、さらに身体の素性の大部分を占めるタンパク質代謝にも関与しています。また、ビタミンCは強い抗酸化作用を持ち、体内で他の抗酸化物質を活性化するだけでなく、ストレス等で体内に増加した過酸化物質であるフリーラジカルによる組織損傷作用を制限する働きもあります。ビタミンCは免疫機能の上でも重要な役割を果たしており、特に外部からのウイルス等の侵入時に免疫細胞に指令を与える「サイトカイン」という物質の調整の役割を担っていると言われています。「サイトカイン」にはウイルス等が身体に侵入時した際に細胞を守る働きと、攻撃する役割の双方があり、通常はその2つの働きがバランスをとりながら身体の免疫機構を支えています。しかし今回のcovid19の感染時にはその両方の機能のバランスが崩れ、サイトカインが過剰に産生され、自分自身の気管支や肺胞などの細胞をも傷つけるような過剰反応(サイトカインストーム)が起きてしまっている為に急速に呼吸困難に陥っていると想定されています。医学雑誌の中では最も高い評価を持つ雑誌の一つである「The Lancet」に発表された最新の文献の中に、「新型コロナウイルス感染によるCOVID-19肺炎は、感染により起った過活動化免疫によって引き起こされる肺の広範な損傷が死亡原因の一つである可能性が高く、COVID-19肺炎の初期段階の治療において高用量のビタミンCの静脈内投与により細胞内の過活動免疫を抑制し、病状を改善する可能性がある」と発表されています。今、私たち個人、ひとりひとりにできることは、野菜や果物に含まれるビタミンCだけでなく、他のビタミン、タンパク質、炭水化物等の全ての栄養素をバランス良く摂取し、睡眠時間を確保し、毎日のうがい、手洗いを徹底する事により様々な細菌やウイルスを出来る限り体内への侵入させないようにする事が最も重要ですが一人暮らしの方や多忙な方はなかなかこういった対処が充分にできない方もいらっしゃると思いますので、ぜひ一度クリニックにご相談にいらして下さい。もちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分

  • 02Apr
    • 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためにの画像

      新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために

      皆様こんにちは、もちづき内科クリニック(腸美活通信)編集部です。新型コロナウイルスの感染が全国で広がっています。東京都において、先週後半から1日当たりの感染者数が増え、感染源が明らかでない感染者も多いことに危機感を感じている方も多くいらっしゃると思います。感染拡大を防止するために一層の健康管理が求められています。感染拡大を防ぐために以下のお願いが日本医師会から発表されています。 毎日の生活の中で3つの条件が重なる場(密閉空間、密集場所、密接場面)に近づくことを徹底的に避けること。 一度に多数の感染者を生むかもしれない行動(屋内で50名以上が集まるイベントへの参加、家族以外の多人数での会食など)を徹底的に避けること 風邪症状(咳や咽頭痛など)がある場合には、外出を控え、まずは自宅で療養すること 海外から帰国・入国した方は、その日から2週間は人との接触をできるだけ避け、健康観察を怠らないこと。体調に異変があったら、近隣の帰国者・接触者相談センターに相談すること 大規模イベントに参加した人は、その後2週間は人との接触をできるだけ避け、健康観察を怠らないこと。体調に異変があったら、近隣の帰国者・接触者相談センターに相談すること【受診の目安】次の症状がある方は(1)(2)を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。※帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。※ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる) や手洗いの徹底をお願いします。≪もちづき内科クリニックからのお願い》※発熱、咳、倦怠感等の症状がある方は、直接受診は避け、先ずはクリニックにお電話を頂ければ有り難く存じます。院内感染を防ぐためにもご理解ご協力の程お願い申し上げます。東京都福祉保険局新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口についてhttps://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.htmlもちづき内科クリニック東京都品川区戸越4-8-12TEL:03-6426-2711※土日も診療※最寄り駅東急大井町線「戸越公園」駅からから徒歩約3、都営浅草線「戸越」駅から徒歩約9分東急池上線「荏原中延駅」から徒歩約12分