2023年中学受験、無分別が虎口前の肝要なり
  • 23Jan
    • 数の性質

      最近、小2息子とかけ算を学んでいて、よく面積図を描くからか、身の回りの四角形が全てかけ算の式に見えて大変です。今朝も、通勤途中にあるマンションが面積図に見えてしまいおどろきましたもしかして、疲れてるかも…昨晩は学校の宿題プラスαの家庭学習をする時間がありませんでした。息子が「冥王星はなぜ太陽系の惑星から除かれたのか。どうしても知りたい」と言って図鑑を眺め始めたからです。それでも、学校の宿題「計算ドリル」を使って、『数』について考える時間はありました。昨日の計算課題はかけ算でした。九九の復習で、1×1から9×9までがランダムに出題されていました。昨日はその中から、1×12×23×34×45×56×67×78×89×9を使って、数の性質を考えました。これらの積を我が家では『四角数』と呼んでいます。面積図で表すと形が正方形になるからです。まず、『4』という数が、どのような構成をしているか考えてもらいました。2+2(2の乗数)1+3(奇数の等差数列の和)1+2+1次に『9』について考えました。3+3+3(3の3乗数)1+8→1+4+4→1+2+2+2+2(2n+1、奇数)2+7→2+2+5→2+2+2+3→2+2+2+2+1(同上。他に3+6、4+5も同じ)1+2+3+2+11+3+5(奇数の等差数列の和)他にも単に1を足していくなど『4』や『9』をはじめとする四角数の構成をいろいろと発見しました。最後にやっぱり、図を描いて確認しました。世の中には“共感覚”という特殊能力を持つ方が居るのですって。音や文字、数に色や匂いがついて感じるなど、それぞれの個性を感覚的に感じ取れるらしいです。私が学生の頃、友人が「モーツァルトのピアノソナタは黄色のイメージ」「ショパンは紫」と言っていて、驚いたことがありました。(色についてはうろ覚えです。どちらかはピンクって言っていたかも…)その発言が冗談なのか本気なのかわかりませんが、音に色がつくなんて、彼女はなんと鮮やかな世界を生きているのだろうと思ったのを覚えています。数から色や匂いを感じ、その個性がわかれば、数をもっと愛おしく感じることでしょう。そして、色鮮やかな数学の世界に惹きつけられるでしょう。私も息子も、“共感覚”は持ち合わせていませんが、努力で、数の個性を感じたいと思います。最近息子が「『25』は僕の中で特別な数なんだよね〜。四角数だし、100の1/4だし、50の1/2だから!」と言ってくれたのがとても嬉しい母でしたにほんブログ村

      NEW!

      72
      1
      テーマ:
  • 22Jan
    • 仲間はずれをさがそう!

      次のア〜オの中には抽象度の違う仲間はずれが一つ含まれています。仲間はずれを見つけましょう。  ア、気温の高い日  イ、高い所を飛ぶ鳥  ウ、値段が一億円の宝石  エ、声が高い歌手  オ、当たる確率の高い宝くじ昨夜は、“ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集(小学生版ベーシック)”を使って、息子と一緒に国語の学習をしました。ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]1,512円Amazon昨夜取り組んだのは上のような問題で、抽象度・具体度の違いを見極めるものでした。これまでは“分類の抽象度・具体度”を考えさせる問題が多かったので、“程度の抽象度・具体度”を考えさせる問題は難しいようです。どの選択肢も何かが〝高い〟ことを表しているというのには気がついたのですが、〝高い〟とされる対象が三者三様なので、「これじゃあ比べることができないよぅ」と悩んでしまったのです。でも、〝高い〟とされる対象の抽象度・具体度を比較するのではありませんよね。〝高さ表現〟の抽象度・具体度に目をつけねばなりません。上の問題の場合は、〝高さ〟の程度を1つだけ具体的に述べた文があります。ふくしま式の問題集は良問揃いだと思うのですが、解説に乏しいのが欠点です。故に、大人が教材を研究し、子どもに還元するスタイルを築く必要があると思います。オイラー図を用いた具体・抽象の可視化練習を続けつつ、抽象概念から具体的な表現を派生させるマインドマップのような自主トレーニング教材を作ってみようかと思います。昨日はピアノのレッスンでした。お教室にはピアノが2台あり、先生もお2人いらっしゃいます。それぞれのピアノが防音壁に区切られて、同時に2人の生徒がレッスンを受けられるようになっています。息子の相棒は、小3のお兄ちゃんでした。いつも息子の少し先を行くお兄ちゃんは、息子にとって憧れで、ピアノを続けるモチベーションでもありました。ところが、昨日、その子のお母さんがやけに深々と先生にお辞儀しているなぁ…と思っていたら、「来月から塾に通うので、レッスンには来られません。今月で退会します。」という趣旨のご挨拶にみえていたのでした。そうかぁ、新小4講座が始まる時期かぁ…。寂しいですが、お兄ちゃんの鹿島立ちを心から応援します。にほんブログ村

      69
      テーマ:
  • 20Jan
    • 「宮沢賢治の世界」ときどき「灘入試」

      関西の入試が解禁ですね!小2息子が中学受験を目指していることは、小学校の先生に打ち明けてあります。息子が通っている小学校は私立ですが、外部受験に大変寛容です。難関校にチャレンジされるお子さんも多く、近年は、合格実績がさらに小学校の価値を高めているという感さえあります。もちろん、学校のカリキュラムや校訓、先生方の研修体制など、学校自体が大変な魅了的なのは言うまでもありません。我が家は、こちらの小学校に惚れ込み、専願で受験しました。息子の志望中学校はまだ決定しておりませんが、学校の保護者会や進路相談では、難関校の名前が出てくることが多いです。そこはやはり私立ですから、後ろに“合格実績”というビジネスが見え隠れします。先生方が、低学年ならではの未知数を汲んでいるというのもあります。先日、先生が「リニアが開通すれば関西方面への進学が現実的になるよね。リニアの学生定期券っていくら位だろう〜。」とお話されていました。リニアの開通は息子の受験期よりずいぶんとあとですし、たとえリニアが開通しても、寮か下宿に出した方が金銭・時間の両視点から経済的だと思いますしかし、先生がそうまでしておすすめするほど、魅力的な学校が多いということなのだと思います。算数星人さんのWEBサイト、サーバダウンしていて接続できない〜…今日は、息子と朗読劇の観劇にお出かけしました。題材は宮沢賢治「風の又三郎」でした。演劇は、演出家の作品解釈に大きく左右されます。今日の「風の又三郎」は、子どもたち(特に一郎)の少年から青年への成長が強く表現されていたと思います。面白かったです。違う演出家の作品も見てみたいです。「東の宮沢賢治、西の新美南吉」と言わしめる童話作家の2大巨匠ですが、新美南吉の作品に比べ、宮沢賢治の作品は、思想が哲学的で言い回しも小難しく、方言もあって、息子にはまだ難しいという印象です。かくいう私も、宮沢賢治を「理解が難しい」と敬遠してきたので、なんとも言えません。今は、学校の先生が『音読教材』として、「真夜中の電信柱」や「雨ニモマケズ」、「風の又三郎」の抜粋を配ってくれます。擬音語が多く、聞いているだけでも楽しいものです。「音読教材」としてでなく、「文学作品」として息子が特に気に入っているのは「注文の多い料理店」。何度も読み返しています。「これ、猟師さんたちが滑稽でね〜」などと言いながら面白く読んでいるようです。この作品はテーマを「おごれるもの久しからず」と捉えることができるような気がします。人間と動物、都会と田舎、ブルジョアとプロレタリアの形勢逆転。驕り高ぶる人間が足元をすくわれる姿をあざ笑う小気味よさが、魅力であると思うのです。ここ数カ月、宮沢賢治を読み漁っています。文章が同じでも、挿絵が違うだけで、印象がずいぶんと違うのには驚きました。特に息子は、挿絵からの情報を作品理解の助けにしているようです。そのため、同じ作品でも様々な編集のものを読み比べると、また違う気づきがあるかもしれません。にほんブログ村

      89
      2
      テーマ:
  • 17Jan
    • □のある式

      新年会が続いています。ハイボールの飲み過ぎで頭が痛いですさて、『□を使った式』といえば、中学入試ではド定番ですね。例えばこう。2002年桜蔭中学 算数入試問題より小学生も『□を使った式』を移項で解くのでしょうか。気になって、参考書に手を伸ばしました。すると、簡単な数字を使って逆算(≒移項)のルールを覚え、難解な問題に応用しているようです。小2息子が使っている計算ドリルに『□を使った式』がありました。935−7+107ー□=1000良心的な問題だと思ったのですが、息子は苦戦していました。その後、息子はかろうじて正解を得ましたが、どのようにして解いたのか聞いてみると「そんなの説明できないよ〜」と言われましたので、理解とは程遠いものだと思います。それからしばらく『□を使った式』について考えておりましたところ、「計算式にはすべて□が用いられているではないか」ということに恥ずかしながら今更気がつきました。息子の小1のときの計算ドリルを見てみると、2+3=5+6=7+4=・・・とあるのですが、これら全て等号の右側(右辺)が□ではありませんか。そんなことを考えていたら、以前、息子が、「等号」を単に「計算式と計算結果を結ぶ記号」だと捉えていたことを思い出しました。等号を挟んで右辺と左辺が同等であるという理解がなかったのです。その頃、等号・不等号の意味を教えるため、よくノートに天秤を描いた覚えです。この天秤のイメージを使えば、両辺に同じ量の分銅を乗せたり、下ろしたりする動作イメージで、逆算(≒移項)の意味を伝えることができます。一方、「左辺」と「右辺」が表すものそれ自体を捉えるには線分図が一番だと思います。線分図と天秤イメージを両方使用しながら、段階を踏んで、着実に計算力を身に着けたいと思います。にほんブログ村

      81
      4
      テーマ:
  • 15Jan
    • 日本人の足を速くする

      小2の息子は長距離走が大好きです。足は速くないけれど、長く走ることに関しては自信があるようです。もちろん小2ですから、長距離走といっても2〜3㎞ですが、一度も足を止めることなく笑顔で走り続けるあたり、長距離走好きを豪語するだけあるなぁと思っています。この冬、息子はマラソン大会にエントリーしています距離は1.5㎞。大会なので順位がつくのですが、あまり気にせず、いつものように笑顔で走り抜けて欲しいと願っています。昨日・今日と実家に帰省していました。実家で見つけたのがこの本。 日本人の足を速くする (新潮新書) 734円 Amazon 帰路、電車に揺られる時間が2時間弱あるので、移動のお供に借りてきました。為末さんの聡明さには目を見張るばかり。PDCAサイクルを徹底した論理的な練習を展開しているのが印象的です。最近、「非認知能力」やその外郭としての「メタ認知」について調べているのですが、それらの能力を伸ばすために必要なフレームワークとしてPDCAサイクルを利用するというのはよく述べられているところです。特筆すべきは、為末さんのPDCAサイクルはC(チェック)機能が非常に優れているということです。加えて為末さんは、チェックで浮き彫りになった弱点を補うため、クリエイティブな発想から独創的な練習法を取り入れ、結果を得てきました。この本を1冊読んだだけで、為末さんが非常に「非認知能力」が高く、頭の良い方なのだなということがよくわかります。「走る」という単純な行為の中に、工夫と、工夫によって身につけられた複雑な技術が詰まっていて、とても面白いなぁと思いました。書中、所々に「スポーツと教育は通じているかもしれないな」と思う節がありました。例えば、アフリカ系アメリカ人と日本人の体格差についての言及。体格に恵まれない日本人は短距離走に向かないという話です。 自分に与えられた体をどうやって最大限に生かすか。自らの繊細な五感を信じて神経を研ぎ澄まし、微妙な違いにこだわりながら技を高めていく、という私のやり方は、まさに典型的な職人気質の日本人流そのものです。こんなに楽しいやり方を知ってしまった私が、体まかせ、ポテンシャル頼みの競技人生に満足できるはずがありません。最後の一文などは、『「思考型学習」を楽しいと思えるようになると「記憶型学習」が物足りなく感じる』そんな風に言い換えられるかもしれません。また、反復練習について「現状維持」の目的は認めても「昨日より凄い自分」にたどり着く可能性がないので、回数や量を追い求めるより質の高さで能力を鍛えるべきという教えは、そっくりそのまま心に留めたいと思いますし、練習法についても、 人間の体やスポーツの方法論については、まだまだわかっていないことも多く、そのときどきの主流理論が必ずしも正しいとは言い切れないのです。 いい、とされているものでもまず疑ってみる。そして、自分の頭と体を使って、自分には何が向いているのかを試行錯誤していく。そうした想像力と実行力が大切なのだ、と私は思います。という記述は、どちらかといえば“踏襲的”で、かつ、ブームに踊らされやすい「教育」という分野にとって、とても重要な示唆でないかと感じました。小2息子が出場する予定のマラソン大会まであと1ヶ月!結果にはこだわらずとも、当日ベストパフォーマンスが発揮できるようにしてやりたいです。頑張るぞ−にほんブログ村

      79
      テーマ:
  • 14Jan
    • 「強く生きる」と「正方形の中の正方形」

      会社の先輩に、逆境を耐え抜く勇ましい女性がいます。その方には小学生のお子さんが2人居るのですが、御両親を早くに亡くした上、御主人が病に倒れ植物状態という壮絶な状況で、育児・家事・看護をたった一人でこなしているのです。先日、その方に近況をうかがったのですが、気丈に「親がだらしがないと子どもはしっかり育つね」と語ってくれました。小4と小2のお子さんたちが、何の不満ももらさず、家事をしてくれるというのです。お米を炊くのも、お弁当を作るのも、風呂を入れるのも、掃除をするのも。さもそれが当然だというように。「今じゃ、どっちが親だかわからないわね。」と先輩は言いますが。先輩が愚痴の一つもこぼさず一生懸命に働く姿を示していること、それが一番の教育で、先輩はやっぱり、しっかりと親業を務めているではないかと思いました。今日は電車で私の実家へ。車内でネットサーフィンをし、算数の面白そうな問題を探していたら、横から息子がのぞき込んできて「それ、分かるかも~」と一言。問題は、おなじみ算数星人さんのホームページから。息子は「16倍でしょう!」と意気込んで答えてくれましたが、「なんでそう思うの?」と聞くと「感覚的にそうだから」という回答で拍子抜けしました。多分、答えは17倍。簡単な類題で考え方を考え、解きなおしました。その後、平行・垂直・直角の定義を改めて確認したり、正方形を様々分解してみたりして過ごしました。移動時間を有意義に使うことができました

      72
      1
      テーマ:
  • 12Jan
    • 国語科研究

      先日、急に小銭が必要になることがあり、手持ちがなかったため息子にお金を借りました。すると息子が、“ひとこと日記”に「今日ぼくは、お母さんにお金を貸してやりました。きちんと返してもらえるか心配です。」としたため、なんと学校に提出してしまったのですあぁ、恥ずかしい、恥ずかしい子どもにとっては、日常のありとあらゆることが話の種なのですね。国語の勉強法について、研究を重ねています。購入した本を何巡も読み返して、どのように家庭学習に落とし込もうかと検討しているのです。最近、大手有名塾の国語授業について書かれた書籍を読んだのですが、どうしても私には納得できない御指導がありました。それはまるで学校の授業のように、生徒ひとりひとりに意見を述べさせ、講師が「そういう考え方もできるね。他の考えがある人は?」「そうだね!そちらのほうがより適当だね!」と答えを誘導するのですが、子どもたちに発言をさせることが目的になっているような、ねらいのはっきりとしない授業だと思ったのです。そして、その授業を元に違う課題文でテストをする。果たしてそれで、子どもたちの点数は伸びるのでしょうか。毎週、毎月のように行われるテストで点数に伸び悩む子は「一生懸命授業を受けているのに点数が上がらないのは才能がないからだ…」と国語に苦手意識を持つのではないでしょうか。低学年に点数を取るためのテクニックを教え込む指導法も考えものですが、その低学年を相手に相当難易度のテストを行うのであれば、それなりのテクニックを指導しないと自尊心を傷つけるだけだと思うのです。その点、勉強になったのは武本貴志先生の「中学受験の国語論」です。 中学受験の国語論 1,512円 Amazon 国語力を  会話力  読み書き力  文学力  精密力に大別し、学校国語の目的は主に2と3の能力の向上に向けられているが、国語力に点数をつける受験国語は4の能力を測られているというのです。私個人の意見ですが、文学力の向上は豊かな心理・思考、表現を養う意味で大変重要だと思っています。ですから、受験のために学校国語をないがしろにするつもりは到底ありません。しかし、実社会で求められているのは精密力だと思うのです。物の売買契約一つを見てみても、約款に記された内容が読み取れなければ、損を被る可能性があります。薬を服用するときも、医師・薬剤師の説明が理解できておらず、飲み合わせや用量について誤れば、命に関わる場合があります。「受験国語」というと嫌われますが、国語の精密力を鍛えるという行為はなにも無駄ではありません。その精密力をどのように築けば良いかという点では、福嶋隆史先生の「国語読解[完全攻略]22の鉄則」が勉強になります。 国語読解[完全攻略]22の鉄則 (高校受験[必携]ハンドブック) 1,080円 Amazon 文や文章の構造を見抜く術を授かることができます。短答式の問題は、こちらのハンドブックから、事例の当てはめを行っていけば良いのではないかと考えています。一方、記述式問題は、田代敬貴先生の「田代式中学受験国語の「神技」」の解説が秀逸だと思いました。 田代式 中学受験 国語の「神技」 1,620円 Amazon 今のところ、記述式の問題を自宅で指導するのは難儀でないかと考えています。このような解説本を読んで解答の形式を学び、息子に還元することはできると思うのですが、オリジナル解答が正答に当たるのか、はたまた誤答に当たるのかの判断が難しく、正答と誤答の線引きを私がしっかりと理解していなければ、指導しきれません。小学校に有名な国語の先生がいらっしゃるので、相談をしてみたいと考えています。さて、本を読んだだけではだめなのです。要は、本から得た知識をどう家庭学習に落とし込むかというところが肝心です。算数も国語もいきあたりばったりな家庭学習ですが、今年は体系的な学びを心がけ、カリキュラムを作成して頑張りたいと思います。備忘:受験国語の解説。石原千秋先生は評価が高いので、一度読んでみたい。 秘伝 中学入試国語読解法 (新潮選書) 1,728円 Amazon 小説入門のための高校入試国語 (NHKブックス) 1,156円 Amazon 評論入門のための高校入試国語 (NHKブックス) 3,000円 Amazon 以下、加藤典洋先生が「良いアンソロジー」と評価し、大学の講義で使用していた本。受験とは直接に関係ないものの、良い文章に触れ、考察する機会は大切と思料。 高校生のための批評入門 (ちくま学芸文庫) 1,728円 Amazon 高校生のための文章読本 (ちくま学芸文庫) 1,620円 Amazon にほんブログ村

      111
      2
      テーマ:
  • 10Jan
    • 私が自宅学習にこだわるわけ

      私は仕事を持っています。外的要因によって退社時間を大きく左右されてしまう仕事で、ワークライフバランスの視点からは欠点が多いと思います。子育て世代には特に不評な仕事です。それでもやりがいは感じています。息子には大変我慢をさせていますが、早く帰宅できた日には学校の宿題一つもコミュニケーションのツールだと捉えて、積極的に関わるようにしています。家庭学習もその一環だと思って取り組んでいます。ちなみに、家庭学習は毎日行っているわけではなく、私が早く帰宅できた日だけ。普段の息子は、ノルマ(学校から出される宿題)をこなすだけといったところで、勤勉さの欠片もありません。したがって、「お母さん、勉強しよう今日は、何をする?」と息子がすり寄ってくるのは、学びたいからではなく、私に甘えたいからなのだと思います。休日、小学校のお友達主催のお茶会に参加したとき、あるママから「うちの学校では、小4の80%が通塾しているわ。小5は100%よ。」といったお話をうかがいました。私だって、通塾させて安心したい。指標となるカリキュラムが欲しい。しかしそれでは、息子の甘えたい欲求はますます叶わなくなるし、私は母としての存在価値を失う気がしてなりません(塾弁や送迎は外注することになる…)。それで、ほそぼそ家庭学習を続けております。今日は学校のサッカークラブの日でした。寒空の下校庭を走り回り、相当な体力を消耗したのだと思います。夕食後、身体がゆらゆらさせながら、頑張って漢字練習をしていました。今日は早く寝させて、明日『章』『農』という字を振り返ることにしますにほんブログ村

      128
      テーマ:
  • 09Jan
    • 地理「山」

      ちょうど一年ほど前に、地理に関しての学習方針を記事にしたことがありました。海を知り、山を知り、風を知れば、気候が分かり、気候が分かれば、その土地土地の産物が分かるので、地理はそれら順を追って学習したいというものです。今は、学校の学習を中心に家庭学習を組み立てているので小2の学習要領から離れた地理の分野はは思うように進まず、今、やっと「山を知る」の佳境に入れたか、というところです。今、覚えて欲しいのは、山々の成り立ちと役割です。山を携える地形の気候に結びつけたいと思います。成り立ちについては、大きく★火山活動を起源とするもの★地殻運動を起源とするものとに大別して、それぞれ教えたいと思います。導入は絵本。 あるくやまうごくやま (かこ・さとし かがくの本) 1,836円 Amazon 石ころ 地球のかけら (たくさんのふしぎ傑作集) 6,383円 Amazon 富士山大ばくはつ (かこさとし大自然のふしぎえほん) 1,404円 Amazon 中でも、たくさんのふしぎ傑作集から『石ころ 地球のかけら』は、★火山活動を起源とする山の作りと★地殻運動を起源とする山の作り、どちらにも触れられていて良かったです。岩石土砂の堆積から褶曲まで、小2でも理解できる程度に簡単にまとめられていて助かりました。明日以降、日本地図を見ながら主な山地・山脈の位置を確認していきたいと思います。にほんブログ村

      79
      4
      テーマ:
  • 08Jan
    • 『平行』について30分考えた

      ひょんなことから、小2の息子が『平行』という算数用語を知りました。『垂直』や『平行』は小4で習うそうです。もちろん、息子はまだ『平行』を知りません。1枚の用紙に『平行』な2つの直線を何ペアも描いてやりました。そして「『平行』ってこういうこと。わかる?」と聞いてみました。う〜ん、う〜んと唸っています。「わかるんだよ。正方形の向かい合う辺同士。長方形もそうでしょ。でも、言葉で説明できないよ。」苦しんでいます。「僕が考えるから、答えを言わないで」と言われて、待つこと約30分。「わかったぁ〜間違っていたら許してね。『平行』とは、2つの直線の幅がどこを取っても全て同じであること。そして、その幅を縮めていくと2つの直線がぴったり一致すること!」〝幅〟という表現には不確定なところがありますが、よく考え抜いたと思います。以前に〝一致する2つの直線は平行か〟という議論を見たことがあります。結論は確か、〝平行として扱える〟となっていた覚えです。息子がそういうところまで考え及んだとは到底思いませんが、『平行』から『一致』にまで思考を巡らせたことには感心していますにほんブログ村

      92
      テーマ:
  • 07Jan
    • 国語読解問題へのアプローチ

      絵日記を書く息子が「うーん、この文は主語と述語が対応してないなぁ〜直したいけど…」と頭を悩ませていたので、三行もある長文を2つに区切り、「こういう風にしてみたら?」とアドバイス。するとなんと「お母さんの書く文は、主語を省略しすぎて読みにくいんだよね」と思わぬ指摘を受けました。言われれば納得の御指摘です。それにしても、息子が主語と述語の対応や、主語の省略を意識しながら作文しているというのには感心しました。そういえば昨年秋頃、学校の国語の授業で「主語・述語」を学びました。家庭でも文中の主語・述語関係を見極める訓練をしたいとは常々考えていたことです。サイパーの「文の組み立て特訓主語・述語専科」を参考に、主語・述語の抜き出し訓練を行うことにします。 文の組み立て特訓主語・述語専科 (国語読解の特訓シリーズ 29) 540円 Amazon 国語の読解についてですが、小2ですからどんなテストを受けても難易度はそう高くありません。たまにものすごく平均点の低いテストを見ますが、そのようなテストは課題文が長いのが特徴だと感じています。点数の低い子どもたちは、読解できなかったのではなく、おそらく課題文もしくは問題文を読み切ることができなかったのではないかと思います。そしてこの点は、毎日一定数の文字情報を処理すること、つまり読書することで、解決できると思っています。小5の頃から各種模擬試験での読解問題の難易度が跳ね上がると聞いています。我が家では、低学年・中学年のうちに、高学年で国語を闘うための読解の基礎を強化していきたいと考えています。考えているのは、キーワードの抽出登場人物の整理主語・述語の対応文と文の対比関係文の言い換え(抽象⇆具体)言動と心理の因果関係などを中心にした指導です。この間、息子が私に本を音読してくれたのですが、私が面白い比喩表現を見つけて「この表現面白い!ねぇ、これは何を例えていると思う?」なんて話しかけたら「ちょっとせっかく入り込んでたのにやめてよ」と一蹴されてしまいました。息子は、まるで女児のように妄想にふけったり、お話の世界に入り込んだりするのですが、それはとても有意義なことだと思っています。学習という面では、息子が夢の世界に旅立てない程度の単文・短文を使って、なるべく単調な指導を繰り返し行いたいと思います。無病息災を願って七草粥にほんブログ村

      81
      テーマ:
  • 06Jan
    • 将棋大会に出場する!

      今日は、小2息子が「ちびっこ将棋大会」に出場しました。息子が通っている将棋教室の指導棋士主催のもので、出場者は40名ほど。「僕、絶対にこの大会に出たいから、スケジュール空けておいて」と早々に家族の予定を押さえて、意気込んで出場しました。2018年4月に将棋教室に入会してから、早10ヶ月。ずいぶんと強くなったと思います。4局指して、結果は3勝1敗。良い試合でした。午後からはプロ棋士による指導対局。大変貴重な機会に恵まれ、将棋に対する鋭気を養うことができました先生の仰るには、上達の近道はライバルといえる友人と沢山対局すること。そのためには、友人に嫌われることのないよう、礼を尽くすこと。とても良い教えだなぁと思いました。習い事は、どんどんと整理していくつもりだったのですが、このようにやる気のある姿を見ると躊躇されますね。将棋、サッカー、ピアノはやめたくないとの息子の意向ですが、学業とどのように両立させていくか要検討です。にほんブログ村

      83
      2
      テーマ:
  • 05Jan
    • 太陽の日周運動、季節ごとの差異に気がついた!

      毎朝7時15分。通学する小2の息子をバス停に送っていくのが私の日課です。バス停までは車で5分。自宅から真東に車を走らせます。すると、秋には進行方向の真正面にある朝日が、今は右斜め前方にあることに気がつくのです。ある朝、息子が「夏の終わりから秋ごろには東にあった太陽が、今はずいぶん南に傾いているね眩しさがマシになって運転しやすいでしょう❓」とたずねてきました。車の中から外の様子をよく観察していたのだなぁと思いました。天体の見かけの動きを話すのに適した時期かもしれません。今日は図書館に足を運びました。太陽の日周運動についてわかりやすく説明した本がないかとあれこれ探しました。中学校の理科の教科書のように、北極地点、北半球、赤道付近、南半球、南極点でそれぞれ観測できる太陽の軌跡の比較があれば良いなと思っていたのですが、絵本のコーナーには見つけられず、国立天文台の縣秀彦先生が書かれた「月と太陽ってどんな星?」という本を借りてきました。月と太陽ってどんな星?―もっとも身近で不思議な星を科学しよう (子供の科学★サイエンスブックス)2,376円Amazon時間のあるときに、球を使って太陽と地球を模し、実際の地球の動きと太陽の見え方を確認したいと思いますにほんブログ村

      66
      2
      テーマ:
  • 04Jan
    • 計算の工夫

      今日からまた仕事漬けの日々が始まります。出勤前には「嗚呼、もっと休みたい」と思っていたのですが、出勤してみれば、やっぱり良いものですね。生活にスピード感が芽生えるというのか、メリハリがつくというのか。「私」という個人を見てくれる人が沢山いる。誰かを必要として、誰かに必要とされる。苦しいことも沢山あって、特に子育てとの両立は苦悩の日々ですが、また今年も頑張ってみようと思います。息子さん、母ちゃんのイカツイ背中を見て育ってください。今日は「計算の工夫」について息子と考えてみました。問1. 13579−9999問2. 90+90+90+90問3. 9+99+999+9999問4. 1234567-9999999に固執した出題だったので、私の出題意図は早々にバレてしまいました。「わかる、わかる。〝ぴったりを作るの術〟でしょ〜」中学入試計算名人免許皆伝―計算問題が速く確実に解けるようになる本1,404円Amazonミスをなく素早く計算するのに工夫を凝らすことも大事なのだけれど、どのように工夫するか考えつくことが一番大切かもしれない。ちなみに、問2については、「この問題、足し算を工夫するより、普通に掛け算した方が速いし確実だよ」と息子に指摘され、出題者の力のなさが露呈する結果となりましたにほんブログ村

      81
      テーマ:
  • 02Jan
    • 謹賀新年!我が家は算数パズルに興じています!

      新年、明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたします。おせち料理を作りました。お重に入れるほどの量がなかったので、小皿で少しずつ。それぞれのお料理に意味があるのだよ〜と息子に伝えながら。お正月は、自宅でのんびりと過ごしています。長期休暇のお供は「ふしぎの国のアリスの算数パズル」です。 ふしぎの国のアリスの算数パズル (やさしい科学 (別巻1)) 1,258円 Amazon 最初の1問を抜粋します。  アリスのお姉さんは、白いヒナギクを10本と、ピンクのヒナギクを10本と、むらさきのヒナギクを10本、手に持っていました。  アリスが「お花をちょうだい」というと、お姉さんは「目をつぶって、わたしの持っている花をひきぬいてごらん」と言いました。  アリスは、おなじ色の花が2本ほしいのです。それには最低なん本の花をひけば、必ず手にはいるでしょう? ー山崎直美『ふしぎの国のアリスの算数パズル』ー「僕なら絶対に2回で同じ色のヒナギクをゲットするね〜」と根拠のない自信を見せる息子。「ここはじっくり考えてみようよ」とお誘いしてみました。もちろん、たった2回で同じ色のヒナギクを手にする可能性はあるのです。しかしこの場合、運が悪ければ3本目までは違う色のヒナギクを引き抜く可能性があります。「必ず」と言われたら、最幸運の人も最悪運の人も絶対に同じ色のヒナギクを手にするということです。すると最悪運の人を中心に考えてやらねばなりませんね。2009年のジュニア算数オリンピックトライアル問題に同様の問題を見つけました。なんと、正答率は0.00%!!全員が解けなかった問題です。 25個のマス(縦5マス✕横5マス)に1〜25の数字を1つずつ書き入れたカードを使って、以下のルールでビンゴゲームを行います。 ルール 1.1〜25の数字が書かれたボールが箱の中に入っており、箱から取り出したボールと同じ数字のマスを開く 2.縦、横、斜め、いずれか開いているマスが5つ並べばビンゴ 必ずビンゴになるためには、最低何個のボールを箱から取り出せばいいでしょうか?たった5回で開いているマスが5つ並ぶ幸運もありますが、「必ず」とあるのでこれも最悪の場合を考えます。「相手のビンゴを阻止するゲーム」に置き換えて、いかに少ない布石で相手のビンゴを阻止できるか考えても良いかもしれませんね。にほんブログ村

      93
      テーマ:
  • 30Dec
    • 内田樹「街場の教育論」からの「古事記」

      三重県伊勢市に来ています。明日まで神社めぐりをして大みそかの夜、年越し前には帰宅する予定です。小2の息子が〝古事記〟を買ってくれというので、「へぇ、古事記を読みたいなんて変わっているなぁ…」と思っていたら、ブロ友さんの御子息も古事記を読んでいることが判明。2年生の国語の教科書に掲載されている「いなばのしろうさぎ」というお話をきっかけに、古事記に興味を持つ子どもたちが多いのですね。自宅に内田樹さんの本が多くあります。 子どもは判ってくれない (文春文庫) [ 内田樹 ] 691円 楽天 下流志向 学ばない子どもたち働かない若者たち (講談社文庫) [ 内田樹 ] 572円 楽天 街場の教育論 [ 内田樹 ] 1,728円 楽天 幅広いカテゴリに精通し、持論を持ち、発信し続ける内田樹さんの本を読むと、学びへのエネルギーが湧いてくるような気がします。最近、数年ぶりに「街場の教育論」を読み返しました。こちらは、内田さんが神戸女学院大学文学部において教鞭をとられていたときの講義内容を「学生向」から「教員向」に加筆修正して出版したものだそうです。この本では、「外部」への志向から「知の欲求」が惹起されれば、人は自ら学ぶものだと、繰り返し述べられています。確かに、「受験」「就職」という概念がなかった大古においても人は学んだのですよね。数学や天文学、美術や音楽、神話や文学、歴史。労働などの現実世界から隔離された「外部」に思いを馳せて、そこにある叡智を臨んだのです。教師の役割は、子供たちの「外部の知」に対する欲望を起動させること。そのためには、教師自身が「外部の知」に対して烈烈な志がなければならないと説かれています。最終章に「宗教教育は可能か」という題材があります。政教分離や政策リーダーの神格化などへの言及も多く、感じるところは人それぞれだと思います。しかし、科学一辺倒な教育を受けた者が社会に出て、「奇跡」と呼ばれる非科学的な出来事に出会ったとき。現実社会に溢れるカルト、超能力、スピリチュアル、精神世界などそれら宗教的なものに触れたとき、冷静な判断が下せるか果たして懐疑的だというお話は、私にも理解できるところがありました。私は無神教なので、息子に何か指導をできる立場にはないのですが、古来から伝わる神道、仏教、キリスト教、イスラム教などの起源や教え、どうして布教され淘汰されずに今もなお語り継がれるのかなどは共に学んでいきたいと思うのです。息子が読んでいる「古事記」は、正に神道につながるお話です。私はこれまで古事記を真剣に読んだことはなかったのですが、読めば、古代の日本人がいかに自然を崇拝していたのか分かります。絵物語 古事記1,728円Amazonオススメは、絵物語「古事記」。物語として楽しく読めます。神々がそれぞれさもしく我儘な性格を持っているのところなど、面白いです。明日は、伊勢神宮外宮・内宮(アマテラス)、月読宮(ツクヨミ)、猿田彦神社(サルタヒコ)、二見玉越神社(天岩戸)を回れると良いです今も休まず勉強している受験生の皆さんの合格祈願も

      73
      4
      テーマ:
  • 27Dec
    • 円の中に三角形をみる

      小2息子の学校は冬休みですが、私は12/28まで仕事ですので、今は息子に留守番をしてもらっています。朝食と昼食を作ってダイニングテーブルに並べ、「本日の司令」と題したタスクリストを置いておけば、本当に良い子で留守番していてくれます。テレビの見過ぎだとか、気になる点はいくつもあるけれど、ずっと一人で留守を守ってくれていると思えば許容範囲です私の休暇まで本日を入れてあと2日頑張れ、息子そんな息子が昨晩「自習しといた〜」と持ってきたのは、コンパス練習のためのプリント。円が幾重にも重なって、美しい文様を作り出しています。そういえば、どこかでこんな問題をみたなぁ…と出題してみました。三角形ABCとABDが正三角形となる理由を説明せよ。なお、点A、点Bは円の中心点である。正三角形の定義と円の性質を復習するにうってつけの問題ですよね。これが解けたら、次はこちらです。三角形CDEとCDFが正三角形となる理由を述べよ。図が歪んで見えるのは、私の写真技術の問題です斜めから撮影してしまったこれは、三角形の合同条件や内角の和を習っていないと解けないですね。息子は、円を2つの重ねるだけで正三角形がさまざま出現するのは面白いと言っていました。正三角形だけではありません。三角形ACE(他合同の三角形3つ)は直角三角形だし、三角形ACD(他合同の三角形5つ)は二等辺三角形です。2つの円を用いるだけでさまざまな形が作れること。息子とはすごく楽しい会話をすることができました。にほんブログ村

      70
      3
      テーマ:
  • 26Dec
    • 「魔方陣」と「数列」に向かい合う

      小2の息子は、学校からもらってきたプリントで「魔方陣」に取り組んでいて、その考え方がとても気に入ったので紹介します。その考え方は、言わば「当たり前」なのですが、魔方陣の「解き方の定石」を知っている私にとっては、とても柔軟で良い解き方に見えました。問題はこのようなものでした。11から19の数字をしたの枠に当てはめ、縦横斜め、どの列を足しても和が等しくなるようにしなさい。中央の数が入っているあたりが、低学年向けでしょうか。私ならば、定石通り、中央の数を挟んだ2つの数の和が中央の数の2倍になることを利用して解きすすめていくと思います。さて、息子は。何やら数を並べてつぶやいています。「真ん中はなんで15なのかなぁ…」「真ん中を通るラインは最大4つだから…」11,12,13,14,15,16,17,18,19「あ、数列の中央が15で、15を挟んで左右に4つずつ数字がある!」「対象の数を足していくと、どれも答えが同じになるね!」11+1912+1813+1714+16「どの答えも30だ!15を足したって、45でみんな同じ数!」3×3の9マス問題にしか使えないし、問題文で枠に入る数字の指定がなければ使えない解き方だけれど、中央の数を何に設定すべきかという点からじっくり考えられたのが良かったと思いましたにほんブログ村

      70
      2
      1
      テーマ:
  • 24Dec
    • 門松作りワークショップ

      にほんブログ村 中学受験(本人・親)今日は、小2息子と門松作りのワークショップに参加しました門松は、新年、年神様をお迎えするに際し、「ここにいらしてください」と目印として玄関に飾るものです。我が家は毎年、贔屓の竹細工店で門松を購入していましたが、今年は、児童館で息子と一緒に作ることにしました納得の出来です。あとはしめ縄を購入し、餅をついて鏡餅を作れば年神様をお迎えする準備は完了です息子には、伝統文化をきちんと伝えたいという想いがあります。茶道、華道も機会あるごとに教えていますが、母国の文化を知り、語れる事こそ、真の国際人の素養であると信じていますし、そうすることで、息子が日本人たるアイデンティティを獲得できるとも考えています。今日はクリスマス・イヴですね!家では息子と一緒にブッシュドノエルを作りました記事はホットケーキミックス、クリームは「らくらくホイップ」という絞るだけのものを使って、手抜きしました

      68
      テーマ:
  • 23Dec
    • 国文法の取り組みと「冬至」

      にほんブログ村 中学受験(本人・親)今日は日本語の品詞について確認作業を行いました名詞 de 借り物競走動詞 de ジェスチャーゲーム形容詞・形容動詞 de 読心術の3つのゲームを行いながら、それぞれの品詞の性質を探りました。その後、三文型を復習しました。何が何だ。何がどうする。何がどんなだ。品詞の性質の確認の甲斐あって、述語部分の見分けがつくようになりました。今日は冬至ですね。息子が短い日記をつけていました。今日は、1年で1番日が短い「冬至」でした。今日の日の入りは、午後4時32分でした。冬至なので、おふろにゆずをうかべました。ゆずはよくもんでから、おゆにつけました。とてもいいかおりで、いつもより、おゆがちょっぴり温かい気がしました。

      67
      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス