★5つが満点です!☆は0.5点です。
文中の映画のタイトルにリンクが貼っている場合はその映画のレビューにリンクしてます。(^^)
※コメントは承認制にしています。ご了承下さい。m(__)m
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-13 23:50:53

暗黒女子

テーマ:邦画 あ

清水富美加さん、ちょっと好きなので

気になって観てみようと思いました。


面白かったです。

清水富美加さんと飯豊まりえさんが

逆の役だったらどうだっただろう?と思いました。

先生役は原作でもこんなに若いのかな?

文学座の小林勝也さんが、

意外な役で出てらしてびっくりしました。


清水富美加さんが存在感があるので、

最後のどんでん返しがそれほど意外ではないのと、

暗黒というほど暗黒ではなかった印象でしたが、

楽しめました。(^ ^)

この女優さん、宗教映画に関係なくもっと観たいです。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★


いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「邦画 あ」 の記事
2017-09-09 01:55:27

新感染 ファイナル・エクスプレス

テーマ:洋画 し

先日行った試写会会場のシネコンのポスターに

支配人、イチオシ!”と書いてあって、

え?今見た試写映画はどうなの?って

ちょっと笑っちゃったんだけれど、

韓国のパニック映画って、

そういえばあまり観たことがなかったので、

観てみることにしました。


韓国の俳優さんて、

あまり顔を覚えられないのですが、

主演が「トガニ 幼き瞳の告発 」の主演の人ってすぐわかりました。

今回は家庭を顧みない敏腕ファンドマネージャー役なのですが、

優しい顔立ちなのでちょっと意外な配役でしたが、良かったです。

韓国の特急列車が舞台なのですが、

この邦題考えた人は、思いついたとき、

やった!と思ったでしょうね(笑)

ただのパニック映画ではなく、ドラマもあるので

この邦題は今一つ合ってない気がしますが。(^_^;)


アメリカTVドラマの「ウォーキング・デッド」を観たことある人は

もっと怖かったと思います。

あのテレビドラマのゾンビはゆっくり歩くのに、

こちらは獲物を見つけると、全力疾走!!

怖い(@_@;)

恐らくこの作品の作り手も、あのゾンビの怖さを越えなければと思ったのでしょうね。


韓国映画がいいなぁと思うのは、

もしかしたら皆さん、韓国では有名俳優なのかもしれませんが、

脇役が美男美女ばかりじゃないことです。

あの老姉妹は設定年齢より若い女優さんたちなのでしょうが、

いろいろな人がいた方がリアリティがありますよね。

凄いなと思ったのは、

最初から、生き残るためには手段を選ばずというおじさんがいて、

多分、誰もが、こいつ、ひどい目にあえばいいのに

と思ってるんだけど、

最後、その理由が分かった時、ちょっと感情移入させてしまう。

理由があっても感情移入が出来ない場合もあるので、

それはこの俳優さんの魅力と演出なのだと思います。


最後に子供が歌う歌の選曲がとても意外なのだけれど、

とてもセンスがいいなと思いました。


“支配人、イチオシ!”はどうかと思いますが、

面白かったです。(^ ^)



ストーリー  ★★★
映像     ★★★☆
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-04 01:40:29

愚行録

テーマ:邦画 く

ちょっと涼しくなって、

芸術の秋にはミステリー、と思って観てみました。


面白かったです!

インタビューを受ける人たち、殺された人たち、

いずれも善人ではないのが面白かった。

あまり名前が知られてない俳優さんのお芝居が役にあっていて良かった。

松本さんが好感度の高い美人さんなので、

役が深いものになってた気がします。

美人ていいなぁ。



ストーリー  ★★★☆
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-01 00:33:54

ダンケルク

テーマ:洋画 た

久しぶりに試写会に招待して頂きました。

クリストファー・ノーラン監督の実話を元にした戦争映画です。
シネコンでの上映だったのですが、早めに行ったのに、
席が既に決められていてがっかりでした。(TヘT)
後ろの方の端の席だったのでまだ支障はなかったのですが、
一番前とかだったら困ったなぁと思います。

お話は、

フランスのダンケルクという都市に追い詰められた兵士の救出を描いていますが、
主に3つのエピソードが同時に進行していくので、
特に最初の方はわかりづらいです。
映像は凄いので臨場感たっぷり!
爆撃音が大きすぎて、それが無駄に怖かったです。
それは席の位置のせいもあるかも。(-_-)
救助に参加した民間人の親子たちがとても良かった。
お父さんが、危険を顧みないでパイロットを救おうとする理由が
後にあきらかになるのだけれど、
この人たちのバックボーンだけがとても丁寧だったので
全体的に人物像の描き方のバランスが悪いかな、
とちょっと思いました。
飛行機のことがまるっきりわからないので、
パイロットたちの追い詰められた状況がわかりづらかったです。
ケネス・ブラナーはあまり好きじゃないのですが、
さすがの存在感でしたね。
でも格好良すぎ。
戦争を悲惨なものとして描くのであれば、
あまり格好良くない方がいいのでは、とも思いました。

船に乗り込んだ若い3人の兵士たちの

追い詰められた時の機転が凄かった。
でも生き残るって運だな。


全体的には満足できる映画でした。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★☆
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-28 01:54:17

8人の女たち

テーマ:洋画 は

舞台にもなっている映画。
舞台を観て、気になって観てみました。

衣装もカラフルで、ゴージャスなキャスト陣。
正直、歌はなくても良かったかな。(^_^;)


ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-25 01:59:15

美女と野獣 (2017)

テーマ:洋画 ひ

評判が良いですね。

ミュージカル好きとしては見ておかなくては。


エマ・ワトソンの評判が良いですが、

ベルって大柄なイメージがあるので、

少し線が細いというか、

他の作品では感じないけれど、

少し子供っぽく見えてしまうというか、、、

王子が元の姿に戻った時のバランスは良いのですが、

ちょっと物足りなかったです。

姿を変えてる時の王子の歌が、

姿(野獣)と芝居とちょっと合ってないのも気になりました。

(歌だけ吹替えかと思った)

評判の良いミュージカル映画と言えば、

レ・ミゼラブル 」がとても良かったので

期待し過ぎたのかも。

でも「ラ・ラ・ランド 」よりは楽しめました。


字幕で観たのですが、

日本語版が豪華キャストでそちらも気になりました。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★☆
総合評価  ★★★
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-19 14:41:29

砂上の法廷

テーマ:洋画 さ

裁判ものが好きです。

これはどうでしょう?


最後の展開にびっくり!

予想しなかった。(+o+)

“誰もが嘘をつく”というのが伏線になってるのですが、

なんとまぁ。。。


レニー・ゼルウィガーが最初わからなかったのですが、

役に合ってました。

客室乗務員の人とかも良かったです。

無名でも上手い人は沢山いるのだなぁ。。。


ストーリー  ★★★☆
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-13 19:37:26

ライフ (2017)

テーマ:洋画 ら・り

2014年に観た「LIFE!」は良い映画でした。(^ ^)

こちらのLIFEはどうでしょうか?

真田広之氏が出てました\(^0^)/

日本人キャスト出てると、おおっ!と思います。

しかし、ストーリーは、、、(^^;)

「チャレンジャーの打ち上げを見ていたよ」というようなセリフがあるのですが、

っていうことは、映画「エイリアン」の世代で

当然、映画、観てるよね?

その割には地球外生物に対して、

無防備すぎやしない?そんなに無防備でいいの?


そのゴム手袋大丈夫?と、思っていたら案の定(笑)

色々なところに隙がありすぎて、

同情も感情移入も出来ませんでした。

ラストなんか、少し笑ってしまいました。

映画にもなったH・ G・ウェルズの「宇宙戦争」を読んだし、映画も観たので、

きっとバクテリアがやっつけてくれると思っています(笑)

映像は凄いので、

映画「エイリアン」を観てない世代は楽しめるかも。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-26 00:26:50

ハクソー・リッジ

テーマ:洋画 は

ハクソー・リッジ”って沖縄に実際にあった前田高地という場所が

舞台ということを知り、観たいと思いました。


まず、一番言いたいのは、コピーが

世界一の臆病者が、 英雄になった理由とは──

ですが、主人公は“世界一の臆病者”ではありません。

このコピーはとても違和感というか、

正直好きじゃないですね。

というか、全く合ってないと思います。

何とかなりませんかね。

戦場のシーンは「プライベート・ライアン 」並み。

日本兵がヘルメットをかぶってないのが気になったのですが、

これは事実に基づいているのでしょうか?


実在した人物がモデルになっているそうですが、

その人の美談というより、

戦争のむごさをきちんと描いていると思いました。


メル・ギブソンて、思ってたより

いい人なのかも。(^_^;)

ストーリー  ★★★
映像     ★★★☆
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-09 14:46:30

ゴースト・イン・ザ・シェル

テーマ:洋画 こ

アニメは映画は全部観てるので、

やっぱり観ておかないと、と思って

GWに観に行きました。

既に上映している映画館が少なくて焦った。

あまり良い評判を聞かないのだけれど、

どうなのでしょう?

大好きな川井憲次さんが音楽じゃないので

テンションは低めです。f(^^;)


前半で既に2回程“ダイブ”しました(爆)

まったりしたテンポは同じなんですよね。(^_^;)

面白い映画か?って聞かれれば

う~んてなるけれど、

映画が終わって灯りが点いたら、

隣に座ってた5人グループが輪になって

ああでもないこうでもないと言い始め、

あちこちでもそんな雰囲気になったので、

そういうの楽しみ方をする作品なのだろう、

と思いました。

作り手が作りたいと思うものを作ればいいと思うのですが、

名前の音は外国人のイントネーション「モトコ」ではなく

回想と同じイントネーション「もとこ」と発音すべきだと思うのです。

そうしたら、白人の擬体であっても成立すると思うのだけれど。

これだけは譲れないな(笑)

個人的には

桃井かおりさんがとっても素敵でした。

映画の雰囲気が「ブレードランナー」っぽい。

エンドロールで川井さんの曲がかかったけれど、

作品が別物だから、

やっぱり合っていなかったです。

荒巻は、塾さんにやって欲しいと思っていたけれど、

ビートたけしさんで良かったのかも。

若い女性二人組が

「ビートたけしの無駄遣い」と話しているのが聞こえましたが、

そんなことはなかったと思います。

何回か“ダイブ”しましたが、

観てよかったです。

ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★☆

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。