「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
芝大神宮様に久しぶりに伺うと
 
夏越の大祓の茅の輪が設えてありました!  
 
半年間に身に付けてさしまった、穢れを祓っていただきます。
 
ありがたいなぁ。。。
 
 
 
そして、6月の神社神様言葉は
 

御世敗式目(ごせいばいしきもく)※ですよ、中学校で習ったわよね。
※鎌倉時代にできた法律ですって。
 
神さまを敬う人の純粋なまごころにふれ、神様の威光はさらに輝きを増し、神様の広き厚きご神徳のご加護で、人は導かれて運をひらく
 
神さまと人とは一方通行ではなく、お互いがお互いを高め合う存在である
 
という意味だそうです。
 
神社でお願い事ばかりするのは、一方的ですよね。
ありがたいなぁーという感謝の気持ちを伝えて、自分の決意を宣言する。
すると、神さまはその姿を見て「努力しているな、後押ししよう」とか「残念だが、今はまだその時期ではないな」というように導いてくださるのではないかと感じます。
 
今年も、もうじき半分が終わります。
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 

しばらくぶりの更新となりました。
仕事をして、学びをして、自分の内面と向き合い、葛藤もしていました(笑)
 
先日、DVD「ザ・パワー・オブ・ザ・ハート 人生の本当の目的を探して」を勉強仲間と共にZoomで鑑賞しました。
 
何の予備知識もなく見たのですが、見終わった後に「ずしん」と来ました。
(世界的に名高い優れた霊的思想家、作家、科学者など、現代を代表する精神的指導者たちがドキュメンタリー仕立てで語る内容(Amazonより):後から気づいたのだかディーパック・チョプラもでていたらしい!)
 
以下、一部内容説明を。
私の記憶にあることなので不確かではありますが。。。。
 
戦争でたくさんの人を殺した若者が、占い師の老婆に問う
「人は死んだらどこに行くのか?戦争で亡くなった両親や友人には天国に行ってほしい。あの人たちは善人だから。」そして「私はたくさんの人を殺したから地獄に落ちるのか?そんなことは嫌だ!そんな予言をするなら、お前を殺してやるぞ!」と。。。。
 
老婆は静かに「人を憎んだり、殺そうとする気持ちが地獄なんだ」と言う。
 
***
 
私たちは、まず「ハート」で感じ「脳」で考え「体」が反応する。
 
直感で動くことは「ハート」に従うことであり、本質は「ハート」に従うことだとのこと。
 
そして、民族間の争い・虐殺を経て、親兄弟を殺した異民族の隣人を赦す女性が出てくる。
 
涙を流しながら隣人に「私はあなたをゆるす」と伝える。
 
赦すことは自分を解放すること。
 
***
 
約20年前に、一人でカンボジアを旅した(私のことです)。
 
大虐殺のあったキリングフィールドに行った時のことを思い出すと共に、カンボジアで出会った地雷で手足を飛ばされても元気に飛びって遊んでいる子供たちにも思いをはせました。
 
ポルポトを憎み続けていたら、地獄から抜け出せない。
赦して、今あるものを見つめて「ただただ生きる」ことをしていた。
 
 
 
今私は、自分のハートに向き合うトレーニングをしています。
 
自分の心が澄まなければ、人の話は聞けないらしいの。
カウンセラーとして、コーチとして、講師として
 
自分の感情とニーズに向き合い、自己理解を深めていきたいと思う今日です^^
 
 
今日は1日、リーダーシップ研修です★
 
仕事の場では、事実だけが重視され「感情」は置き去りにされがちですね。
 
でも、人には感情があり、感情で動くもの。
 
そんなこともお伝えしたです。
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
先日、私の所属している日本プロフェッショナル講師協会(JPIA)様に主催していただき【講師のためのLGBTQ入門〜テキストや表現で注意すべきポイント〜】セミナーを実施しました。
 
 
2時間のセミナーで
前提となるD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)の知識や社会状況をお伝えし、LGBTQの基礎知識、そして講師のスタンス・・・と盛りだくさん。
 
ちょっと詰め込みすぎたでしたが、どれも外せなかった~(;^_^A
 
講師として、無意識のアンコンシャスバイアス(非合理的な思い込み)に気付き、ジェンダーニュートラル※な表現方法をしたいですね。
※ジェンダーニュートラル:男女の性差にとらわれない考え方である。 「女はこうあるべき」といった伝統的に根付いた性別による役割認識をはじめ、性やジェンダーにしばられない言葉や思考、社会制度などを指す。
 
セミナー終了した翌日に、働く女性対象のメルマガから「男性に対するアンコンシャスバイアスアンケート」が届き、タイムリー(笑)と思いました。
 
「男は女子供を守るべきである」
「男性は体力があるから多く残業しても問題ない」
「昭和の男は話を聞けない」
「男がメイクをするのはおかしい」
 
のような設問が10以上並んできました。
 
はい、全てアンコンシャスバイアスですね( *´艸`)
 
「講師のためのLGBTQ講座」続編開催検討中!
私はLGBTアライとして、橋渡しをしていきます!
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
 
キャリアコンサルタントの国家資格を持っています。
 
多くの資格が一度取得したら終わり...ではないように
キャリコンも5年毎に更新が必要です。
 
更新料金のお支払いはもちろん、厚生労働大臣の指定を受けた以下の講座を受ける必要があります。
 
●知識講座8時間以上
●技能講座30時間以上
 
時間もお金もかかります(;^ω^)
 
知識講座は共通ですが、技能講座は選択式で受講できます。
 
私は2018年から計画的に単位取得してきました。
キャリアコンサルティングに必要な技術として私が学んだのは。。。
 
●「メンタルヘルスの理解と応用」
●「職業キャリアの円熟期」
●「女性へのキャリアコンサルティング」
●「体験的に学ぶアンガーマネジメント」
 
そして、先日最後に受講したのが
●「発達障害の理解と応用」です。
 
一昔前に比べて、街中で「放課後デイサービス」の看板を見かけることも増えました。
(放課後等デイサービス. とは、 児童福祉法 を根拠とする、障害のある 学齢期 児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、療育機能・ 居場所 機能を備えた福祉サービス。かつては個別の障害福祉法を根拠としていたが、法改正によって 障害者総合支援法 が根拠となり、 未就学児童 は児童発達支援事業、学齢期児童は放課後等デイサービスに分かれ、身体・発達・精神などの種類にかかわりなく障害児が利用できるようになった(現在は 児童福祉法 に移行)民間事業者の参入も進んでおり、利用者の選択肢が増えている。ウィキペディア)
 
10人に1人の割合で、発達障害のお子さんがいると言われています。
 
しかしながら、成人になるまで問題が顕在化せずに、就職期や結婚という大きなライフイベントを契機に適応がうまくいかなくなることもあります。
 
昔は発達障害という概念が無かったので、大人になってから「発達障害」という診断を受けることも多くなっています。
研修で管理職の方とお話をしていても、部下がそうらしくて・・・というご相談を受けることも少なくありません。
 
発達障害と言っても、様々な症状があります。
グレーゾーンの方もたくさんいらっしゃいます。
対応方法も一概に言うことは出来ません。
だからこそ、話をしっかりと傾聴し適切なアドバイスに繋げる必要があります。
 
研修では4つの事例を用いて、カウンセリングの実習をしました。
 
私は今勉強中のコネプラの技法を用いてみました。
(深く共感する技法なのでクライエント役の方に響いたようでした)
 
うつの原因が発達障害にある場合もあります。
 
不安な気持ちをしっかり受容し、必要な情報提供をするとともに、自己決定権の尊重を大事にしたいと思いました。
 
発達障害の方に対する公的支援策は年々増えています。
 
お困りの方は「発達障害 支援」で検索をしてみてください。
個人への就労支援から、企業への支援策など様々な支援があります。
 
きっと必要な情報が入手できるはずです。
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
2021年3月某日、ベルギー(オランダ)大学生からメールが届きました。


+++++++++++++

発表が終わってから、交換したメールです^^

当日は、沢山の質問が出ました(;^_^Aが

教授が日本語が堪能でしたので、通訳していただきました(ほっとしました)。

 

今後は別の学生とも交流できそうです。

 

++++++++++

 

渡辺しのぶ先生

 

こちらこそありがとうございました。

 

渡辺しのぶ先生が説明した情報と経験などは興味深かく習いました。

私達と先生もクラスメートの人たちも渡辺しのぶ先生の仕事とその情熱に非常に感銘を受けました。

 

渡辺しのぶ先生のおかげでこの発表と研究ができたので、ぜひブログなどで私たちの発表を使って下さい。

 

パワーポイントとテキストは添付ファイルで送りました。

 

そして、LGBTへのハラスメントについてなんですが、二人のクラスメートが今年LGBTについての論文を書いていますが、渡辺しのぶ先生が昨日LGBTのハラスメントについて説明したことについてとても興味を持っています。

 

あのクラスメートに渡辺しのぶ先生のメールアドレスを教えてもよろしいでしょうか。

 

またお目にかかると望んでおります。

 

よろしくお願いします。

 

ルーシー・XXXXX

 

 

 
頂戴したファイルからスライドを抜粋しました。
目次があり、章ごとの扉も作られています。
そして文字数は最小限にまとめられています。
 
普段私がプレゼン講義でお話していることです。
※ルーヴェン大学ではお話していませんが(笑)
 
色合いなどのセンスもよく、シンプルにまとまっていますね。
オンラインなので、書体は明朝体でも気になりません。
リアルであればゴシック体が良いですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「LGBTを理解する」の動画販売を始めました

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
2021年3月某日、ベルギー(オランダ)大学生からメールが届きました。
 
 
今回は具体的なインタビュー内容をご紹介します。
 

 

【1.リモハラというのは、どうしてベルギーより日本は一般的だと考えていらっしゃいますか】

 

 ベルギーではリモハラを始めとする、ハラスメントは日本ほど深刻な問題にはなっていないようです。

私の主観も入っていますが、以下のように回答しました。

 

****

A:日本は上司や先輩に対しては逆らってはいけないということが昔から言われています。

 

以上のことから、立場の弱い存在は我慢を強いられているためセクハラ、パワハラが起きやすい土壌です。

セクハラ、パワハラをしてはいけないという法律が2020年にできましたがまだ徹底していません。

 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。

(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)

 https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 

職場でのハラスメント対策もなされていないうちにコロナの流行により、リモートワークが急速に導入されました。上司はどのように接したらよいのかがわからないということが多いのでしょう。

リモートでは、自宅の様子が映し出されます。

プライベートと仕事の切り分けも難しくなったことが原因ではないでしょうか。

 

 

【2.リモハラを避けるために、どのような対策を講じなければならないと考えていらっしゃいますか】

 

A:組織内での「ハラスメント研修」を実施がよいでしょう。

ハラスメントをする人は、何がハラスメントなのかをわかっておらず無意識にしている可能性があります。

明確に「部屋の中のことを話題にすることはいけない」「化粧や髪型のことを話題にしない」

「リモート飲み会を強要してはいけない」等のNG行為を教えます。

また、リモハラを受ける人も自己防衛をするために必要な知識を学びます。

服装、髪型は職場規定に準ずる(オフィスカジュアル)、背景はバーチャルにするなど。

そして、リモハラだと感じた時には、はっきりと「NO」の意思表示をしなければなりません。

また、1対1のリモート打合せを録画しておくことも良いでしょう。

 

その他以下の質問を受けました。

 

【3.リモハラの特徴はなんですか】

【4. 男性へのリモハラと女性へのリモハラの違いがあると考えていらっしゃいますか。例を挙げていただけますか】

【5. リモートセクハラについてどう考えておりますか。普通のセクハラと比べると特徴は何と考えておりますか】

 

++原文ママ++

 

学生たちはお答えしたことを自分たちなりに検証し、データを用いて客観的に分析した発表に繋げていました。

 

パワポのスライドは40枚以上(ファイルをいただきました)。

 

シンプルでセンス良いまとめになっていました。

 

許可を得ているので、後日一部紹介いたします。

 

 

***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
シェアウィズ様より「LGBTを理解する」の動画販売を始めました

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。
「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
2021年3月某日、ベルギー(オランダ)大学生からメールが届きました。
 
以下、許可を得て複数回にわたり交流をご紹介しています。
 
 
ルーヴェン大学・写真お借りしました
 
学生たちは私のHPやブログを検索して、連絡をしてきてくれたのです。
インターネットってすごいですよね(今更ですが(笑))
 
私が茨城大学の非常勤講師をしているというところも、親近感が湧いたのかもしれません。
 
その後、私は代表者のルーシーさんとメールのやり取りをすることになるのですが、少し疑わしいような、心配な気持ちもありました(ごめんなさい)。
 
 
そこで、ベルギー在住の友人である アドラー心理学勇気づけコーチのロケタミコさんに相談してみました。
 
 
すると
「確かにルーヴェン大学に日本学科はあります。
ベルギーでは道を歩いていても、学生から急にインタビューされることもありますよ^^」
ということ。
 
 
私が学生さんたちの学びのお役になてるなら!とお引き受けすることにしました。
 
 
ルーヴェン大学をサイト検索してみたら
なんと、ノーベル賞受賞者の宝庫だそうです。
 
「1425年にオランダ語圏のルーヴェンに創立された、ベルギー最高峰の大学。欧州でも指折りの名門総合大学であり、ノーベル生理学賞を受賞したクリスチャン・ド・デューブやアルベルト・クラウデ、また同国首相を務めたヘルマン・ファン・ロンパウなど多くの偉人を輩出している。」
 
 
実は、上記情報は質問に答えてレポートが出来上がってから知りました。
 
私の知見がどこまでお役に立ったのか、ちょっと心配になりました(;^_^A
 
 
次回に続く
 
 
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「LGBTを理解する」の動画販売を始めました

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
2021年5月19日に「ベルギーの大学にデビュー?」しました。
 
ご本人の許可を得て、交流を複数回にわたりご紹介していきます^^
 


 
2021年3月某日、ベルギー(オランダ)の大学生からメールが届きました。
*****************
 
渡辺しのぶ先生 はじめまして。
 
突然メールを差し上げる失礼をお許しください。 
私たちはベルギーのルーヴェン大学の日本学科の三年生です。
 
現在リモハラについて研究しております。
最近コロナのせいでリモハラが大きな問題になっており、
私達はこのハラスメントの原因と被害者への影響などについて調査しております。 
 
渡辺しのぶ先生はリモハラなどのコンサルタントでいらっしゃるので、宜しければインタビューさせて頂けたらと思うのですが、お時間を頂戴することは可能でしょうか。
 
 
 
ルーシー・XXXX、フェドラ・XXXXX、 ラウル・XXXX、アレクサンドラ・XXXX 、マリロランス・XXX
(連盟の署名)
 
++++++++++
 
ちなみに、上記のメールは日本語で届きましたよ。
 
ベルギーの公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語で、多くの方が英語も話せるそうです。
 
ベルギーからメールが来るなんて、そんなこともあるのね!と驚きました。
 
 
 
次回へ続く
 
 
 
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「LGBTを理解する」の動画販売を始めました

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
2021年5月19日(火)日本時間16時から1時間、ベルギーの大学の授業に出ました。
 
 
「BA News Media Japan」毎週水曜日現地時間のAM9時~11時までの授業だそうです。
 
 
 
学生さんたちがまとめた内容の発表時間は約20分。
その後、約40分間の質疑応答対応(オブザーバー参加と思っていたので、沢山の質問にどぎまぎ(笑))しました。
 
 
 
 
何を話したのか?
 
どういういきさつで?
 
明日から数回にわたり、ご報告させてくださいませ^^
 
 
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。

 

 

 

「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
コロナ禍でテレワークが多くなり、家から出ることが少なくなっています。
緊急事態宣言も発令されており、出たくても出られないこともあります。
 
それをストレスと感じる人もいれば、ひきこもり生活が楽だと感じている人がいることも事実です。
現在の状況が続くことに懸念を感じています。

6年前にキャリコンの学びを始めて、ひきこもり人口の多さに驚きました。
ひきこもりは満15歳から満39歳までの者を対象としています(2018年調査で54.1万人)が、当然のように40歳になっても引きこもったままの人はいます。
 
令和元年の内閣府調査によると

「満40歳から満64歳までのひきこもりの出現率は1.45%で、推計数は61.3万人である」とのこと。

合計で11.54万人(日本の人口は125,708,382人)。

 

調査漏れもあるでしょうし、若い頃からひきこもっていて、65歳以上になっている人もいると思われますので、もっと多いかもしれません。
 

各家庭内で起きているかもしれない問題に関心を持ちたいですね。
専業主婦という名の引きこもりもあります。
 
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。