金平糖の活動案内と事務局の個人的なつぶやき
金平糖事務局sumireのブログしっぽフリフリです。
金平糖は、医療・福祉分野で活動する市民団体です。金平糖の活動は、こちらでご確認ください。


NEW !
テーマ:

小学生の卒業アルバムの寄せ書きに書いた言葉

「可能性の追求」

 

半世紀前のあの日

今日の私を予感していたのだろうか

 

この夏、こども病院で知り合ったフラミンゴ隊(tai)

その名前には

 

+たとえ障がいがあったとしても
A あなたの気持ち
I  いろんな方法で伝えられる

 

という思いが込められている。

 

すべての子どもが可能性を持っている

障がいの種別や程度によって一人ひとりのコミュニケーションの力を低く見積もるべきではない

 

その熱い思いに共感し、11月11日(日)視線入力システムの講演会の共催を決定。

準備をしながら、ふと思い出したのが、小学校の卒業アルバムに書いた言葉。

 

量子力学では、未来の自分が、今の自分の行動を決めている???

・・・そんなことをテレビでやっていたなぁ。

 

フラミンゴ隊と知り合って、初めて重度心身障がい児と言葉を交わした。

といっても、普通のお子さんのように言葉を発することはできない。

でも、私は、確かにその子の目の奥に言葉を見た。

何かを語りかけてくれていた。

 

「視線入力システム」を使いこなせるようになれば、いろいろお話できるはず・・・
その時、チャットしようね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
同じような可能性を持った方々が、いっぱいいるはず。
新しい技術が、その可能性を現実のものにしてくれること。
今は、難しいかもしれないことも、テクノロジーが未来を拓くこと。
きっと、いつか、そんな日が来る。
11月の講演会を通して、そんな気持ちを共有したいと思う。
 
今の私が、50年前の私に書かせた言葉・・・「可能性の追求」
 
11月11日(日) 視線入力システム講演会&体験会
 
b3c03a31739a8a9e96521d736df1dc6e_77436fa01a7aa2c6dfc01b85117e389c491819cef0fe61a_936e1e6c15af8d3
 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス