めんたいブルース 《Mentai-Blues》

めんたいブルース 《Mentai-Blues》

福岡在住の「コジ」が大好きな音楽・ブルースを中心にお届けするブログです。
気になった記事がありましたら、どうぞ気軽にコメントをお寄せ下さい。Twitterアカウント:https://twitter.com/kojy_blues


テーマ:

これまで僕の中学校、高校時代のロックとの出会いなどについて連続して書いてきました。
邦楽ではなく、洋楽との出会いについても少し触れましょう。
中学校頃からFMラジオで流れるオールディズをエアチェックしていました。この頃にいろんな3コード音楽を聴きました。
チャック・ベリー、エディ・コクラン、バディ・ホリー、ビートルズ・・・。
録音したカセットテープは当時、宝物でした。
で、RC、シナロケがインタビュー記事で、ローリング・ストーンズの事を語っていて、興味を持ったのがきっかけです。
同級生の山田君が「Tattoo You」のLPレコードを持っていたので、貸してもらいました。1曲目「Start Me Up」は理解できましたが、後半に続くテンポの遅いナンバーはあまり楽しめませんでした。
それでも、とにかく洋楽の情報も欲しい、と思うようになり、折尾のレンタルレコードでストーンズは片っ端から借りました。

バンドを初めて練習で黒崎に行くことも多くなり、当時黒崎駅前のそごうの中にレコード屋さんがあったのですが、店頭でPVを流していて、「Waiting on a Friend」が流れていたのを今でも覚えています。

「Tattoo You」は最高傑作とはいえないかもしれませんが、出会いの1枚という事で、僕にとっては貴重な作品です。

刺青の男




PVのミック・ジャガーのダンスは・・・


テーマ:

前回は、僕がRCサクセションでR&Rに目覚めたエピソードを書きました。
北九州・若松生まれの僕にとって欠かせないバンドがシーナ&ザ・ロケッツです。何故ならヴォーカルのシーナさんの生まれ故郷でもあるからです。

彼らを知る前に、YMOの存在がありました。ツアーバンドに助っ人ギタリストとして参加していたのが鮎川誠さんでした。そういう繋がりもあって、2nd Album 「真空パック」はYMOが全面的にバックアップしています。
このアルバムから生まれた名曲が「You May Dream」です。
イントロから入るカスタネット・サウンドやブラスはシンセサイザーのポップ感を曲にプラスしてくれています。
その後発売される「ピンナップベイビー・ブルース」あたりからライブバンドである事を強く主張し始めるシーナ&ザ・ロケッツですが、ちょっとだけYMO人気に乗っかった「真空パック」や3rdアルバムの「Channel Good」はキャッチーで楽しい仕上がりになっています。

僕は、中学時代に若松の商店街で鮎川&シーナ夫妻をお見かけしたことがあります。季節は夏で、まだ娘さんは小学校低学年で浴衣を着ていました。駄菓子屋さんではしゃぐ娘さんをご夫婦で見つめていました。その光景を僕は見つめていました。
オーラが凄くて、話しかけることが出来ませんでした。
勿体無いコトしたなぁ。

その後、高校生になった僕は、仲間とシーナ&ザ・ロケッツのコピーバンドを組む事になります。
バンド名は「クレイジー・クール・キャッツ」でした。
その位、シナ・ロケに狂ってました。

シーナさんは残念なことに2015年のバレンタインデーに亡くなられてしまいました。
鮎川さんはそれを乗り越えて、今でも積極的にライブ活動を行われています。

「You May Dream」はその後、色々なアーティストがカバーしますが、やっぱりオリジナルが一番です!!


テーマ:
僕が音楽・・・ロックを好きになったきっかけがこの曲です。
1980年代の、中学1年生の頃だったと思います。
ラジカセで何でも録音するのが大好きな少年だった僕は、FMラジオの音楽番組のエアチェックも大好きでした。歌謡曲のトップテン番組なんかも週に2,3番組やってて、そこで好きな曲を録音してました。サザンオールスターズとか、世良公則&ツイストとか。あとはアイドル系(笑)
そんなある日、トップ10番組ではないのですが、たまたまラジオで放送され、録音してしまったのがこのRCサクセション「雨上がりの夜空に」でした。
もうね、イントロの歪んだギターリフのカッコよさに、全て吹っ飛んじゃいました。
こんなカッコよくて気持ちよくなる音楽があるんだー!!
今まで聞いてきた歌謡曲は何だったの?
って感じで僕は目覚めてしまったのでした。

そこから僕の、ブルーズまでの長い旅が始まっていくのでした。



悲しいことに忌野清志郎さんは2009年に亡くなってしまいました。
でも、名曲は永遠に残ります。
僕たちファンの心で永遠に生き続けています。
凄い事です。

テーマ:
The Blues Prisoners は休止しましたが、俺の音楽熱は衰えていません。
実はバンド名にブルースという単語を付けた為、これまで演奏曲目にやや窮屈さを感じていました。
個人的には、ロックン・ロール、R&B、ジャズなんかも別け隔てなく聴いていますので。
もしも新しくバンドを始めたら、自分が「やりたい」と思った曲を皆さんにも聴いて頂きたい、そんな事を考えています。
このブログのテーマにも「A Favorite Tune」という項目を少し前に追加しました。
ここに、ブルースだけでなく、自分の思い入れのある曲を書き綴っていこうと思います。

ところで、本日、ブックオフで Betty Wright のベスト盤を入手しました。
60年代後半から70年代前半のソウルは輝いてますよね。好きです。
ブルースのように詳しくないので、ウンチクは語れませんが、良いものは良い。それで良いのだと思います。

テーマ:
2012年に結成したThe Blues Prisonersですが、この度、活動を一旦休止する事になりました。
解散ではありません。
これまで応援頂いた皆様、有難うございました。
いつになるか分かりませんが、また皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス