らぶたん王国の繁栄を目指して(HKTも応援続行中)

らぶたん王国の繁栄を目指して(HKTも応援続行中)

HKTを卒業した、らぶたんこと、女優多田愛佳さんを応援します。
HKT48も、はづき(外薗葉月)を中心に応援続行中

※尚、晩酌をしながらの投稿が多いので、
誤字脱字、早合点、勘違いが頻発。
意図しての「うそ」は言いませんでご容赦を。


テーマ:

一昨日(10月15日)、演劇ユニット【爆走おとな小学生】

第五回特別授業『あたしをくらえ。』千秋楽を観劇して来ました。

場所は、毎度お馴染みの、新宿村LIVEです。

 

10月の活動予定(その2)、なおぽん(岡本尚子)出演の舞台、「あたしをくらえ。」観劇

の内容と重複しますが、舞台情報です。

 

爆走おとな小学生 公式ブログ
第五回特別授業『あたしをくらえ。』情報解禁!!

抜粋

《あらすじ》

あたしたちって生きてんの?死んでんの?

そろそろはっきりさせようじゃないか。

屍がうごめく街に3人の女優が集められ、とある命令が言い渡された。

死にたいガールと生きたいガールが出会った時、何かが起こる。

完全Wキャスト!!オール女性キャストのゾンビ的ヒューマンドラマ!!

 

《出演》

◇team Vウィルス(ヴィーガン)

 

南早紀
和久井優

 

岡本尚子/森岡悠/夏目愛海
鈴木友梨耶/小野瀬みらい/いせひなた
三村遙佳/若松来海/悠木ゆうか
西村ケリー/南彩夏/川原みなみ
渡辺小夏/出萌/來宮そら
速水うた/中川菫/河村茜/平井彩加

 

相澤香純(おとな小学生)
仲谷明香

 

《脚本》 

和久井大城

 

《演出》

林千浪(おとな小学生)

 

《監修》

加藤光大

 

《劇場》

新宿村LIVE

 

《日程》

◇team Vウィルス

2018年10月11日(木)~15日(月)/全8ステージ

①10月11日(木)19:00

②10月12日(金)14:00☆

③10月12日(金)19:00★

④10月13日(土)13:00☆

⑤10月13日(土)18:00★

⑥10月14日(日)13:00☆

⑦10月14日(日)18:00☆

⑧10月15日(月)18:00 

実は、初日の観劇、腹痛(ゲーリー)で行くのを断念しました。

映画観賞ならともかく、観劇での途中退出、戻りは、

観客にも迷惑、スタッフの方にもお手数を掛ける事に。

観劇は殆どが約2時間、不安で集中出来ないので、

断念しました。。

 

 

 

 

=================

開場 17:30

開演 18:00

 

いつもの様に、西新宿ドトールコーヒーで (-。-)y-゜゜゜

今回は、発券するのを、忘れていたので。

早めに出て、通り道のセブンイレブンで発券しました。

憶えて無かったのですが、千秋楽なので、S席を選んだ様です。

 

新宿村LIVE、階段途中の撮影スポットが、ハロウィン仕様に

(⌒∇⌒)

 

なおぽん(岡本尚子)のファンのフラスタは、相変わらず2本。

何か複雑な関係が?(全くの邪推です)

 

なかやん(仲谷明香) のフラスタ。

 

入場すると、S席特典があるとかで。

受け取りました。

ちゃんと予約したキャストのブロマイドです。

日本刀は意味不明ですが(笑)

 

席は前過ぎず、いい席でした。

 

フライアー

 

他に

配役が分かって、助かりました。

================

 開演

 

初っ端で、勘が働きました。

第一声は、なおぽん(岡本尚子)に違いないと。

すると、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

当たりでした!

 

続いて、二人が登場。

 

主演の、ロメロ役、南早紀さん。

助演の、イワコテジマ恨美役、和久井優さん。

この三人を中心に、ストーリーが展開します。

 

それぞれ、女優の道へ進んでいるのですが、

状況は違っています。

アイドルの仕事ばかりさせられたり、

オーディションに落ちつづけたり、

子役からずっと役者を続けていたり。

 

ゾンビ映画の主人公のオーディションを競い合います。

 

今回の舞台は、チームキャスト制で、Vチームは千秋楽でしたが、

Bチームの公演が始まります。

なので、ネタバレ禁止は続き、詳しく感想は書けません。

 

この舞台で気になっていたのは、ベテランなかやん(仲谷明香)の役どころでした。

すめらぎ監督役、なるほど。

舞台「ゴールドフラワー」での、 戸島花さんと同じ様な役どころでした。

流石です。

なおぽん(岡本尚子)初出演の舞台「ゴールドフラワー」、千秋楽を観劇

 

ゾンビ物の舞台ですが、コミカルな内容が多く、結構笑いがが起こっていました。

 

全員が女性で、若い人が多い舞台ですので、

本格的な舞台としての評価は出来ませんが。

五反田タイガー『Casket〜深海から見える星〜』観劇リポート(中日、千秋楽

同様に、皆で舞台を作り上げた感が、伝わってきました。

 

これは、千秋楽ならではの、感覚です。

 

そして、なおぽん(岡本尚子)。

演技、イイですね。

初舞台から、舞台「ゴールドフラワー」から、1年も経っていないのに。

 

 

11月の舞台『魔法少女マジカルジャシリカ』も、観劇します。

この日、一緒に発券てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===================

 

 


テーマ:

愛ちゃん(多田愛佳)の舞台、「六畳一間で愛してる」の次は、

なおぽん(岡本尚子)出演の舞台、「あたしをくらえ。」の観劇です。

 

爆走おとな小学生 公式ブログ
第五回特別授業『あたしをくらえ。』情報解禁!!

抜粋

[Otona Project第十八弾]

演劇ユニット【爆走おとな小学生】

第五回特別授業

『あたしをくらえ。』

 

《あらすじ》

あたしたちって生きてんの?死んでんの?

そろそろはっきりさせようじゃないか。

屍がうごめく街に3人の女優が集められ、とある命令が言い渡された。

死にたいガールと生きたいガールが出会った時、何かが起こる。

完全Wキャスト!!オール女性キャストのゾンビ的ヒューマンドラマ!!

 

《出演》

◇team Vウィルス(ヴィーガン)

 

南早紀
和久井優

 

岡本尚子/森岡悠/夏目愛海
鈴木友梨耶/小野瀬みらい/いせひなた
三村遙佳/若松来海/悠木ゆうか
西村ケリー/南彩夏/川原みなみ
渡辺小夏/出萌/來宮そら
速水うた/中川菫/河村茜/平井彩加

 

相澤香純(おとな小学生)
仲谷明香

 

何と、愛ちゃん(多田愛佳)出演の舞台に続き、チームでのWキャスト。

 

そして、オール女性キャストとは、知らずに予約しました。

舞台のストーリー自体には、期待薄ですが、

面白く、楽しめる内容であれば、良しですね。

 

全く知らないキャストの中に、なかやん(仲谷明香)が。

愛ちゃん(多田愛佳)と、AKB48の初期チームBで一緒でした。

以前観劇した、舞台「緋色八犬伝」でも共演しています。

声優活動を中心に、多くの舞台に出演するベテランです。

《脚本》 

和久井大城

 

《演出》

林千浪(おとな小学生)

 

《監修》

加藤光大

 

《劇場》

新宿村LIVE

 

《日程》

◇team Vウィルス

2018年10月11日(木)~15日(月)/全8ステージ

①10月11日(木)19:00

②10月12日(金)14:00☆

③10月12日(金)19:00★

④10月13日(土)13:00☆

⑤10月13日(土)18:00★

⑥10月14日(日)13:00☆

⑦10月14日(日)18:00☆

⑧10月15日(月)18:00 

場所は、何度目か分からない程、行っている、新宿村LIVE。

明日(10月12日)と、千秋楽に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

===================

追伸:

 


テーマ:

愛ちゃん(多田愛佳)出演の舞台、、「六畳一間で愛してる」

一昨日(10月9日)、無事に千秋楽を迎えました。

 

千秋楽にも、観劇予定でしたが、

時間を間違えていて、起床したら、すでに間に合わない時間

ガガーン!!∑(゚Д゚ll)

 

 

10月6日(土)、B班の観劇リポートです。

らぶたん(多田愛佳)出演の舞台、「六畳一間で愛してる」、初日観劇リポート

で、言った通り、直ぐにでもリポートしようと、思いましたが。

ネタバレを避けると、ほとんど何も書けないので、

千秋楽終了を待って、ブログ書くことにしました。

※ まあ、単なる、言い訳ですが

 

-------------

10月6日(土)、夜の部(ソワレ)観劇レポート

開場 17:30

開演 18:00

 

 

ネタバレ解禁って事で、ストーリーをチョイと説明をします。

※ DVD化されない様なので

 

公演は、休憩を挟んでの2部形式です。

 

昭和40年代の時代背景。

流れる曲も、懐かしいものばかり(年齢バレそう)。

 

【1部】

6畳一間に新居を持った、坂井夫妻。

けれど、入籍も結婚式もしないまま、です。

 

真一の父親が、沙織里が元ホステスなので、納得せず。

一番の理由は、沙織里が子供が出来ない体で、

それを、夫に告げられずに、そのままに。

 

その事実を、間接的に知った真一は、

ある日、そんな事は問題で無いと諭します。

 

その後、6畳間で、仲間だけの結婚式をあげる事に。

式の最後に、父親が乱入し、皆慌てますがますが、結婚を承諾しに来たのです。

 

ハッピーエンド?

 

【2部】

真一が、六畳間にただ一人。

何か、独り言を繰り返します。

棚には、沙織里の慰霊らしき写真が!

 

時が経って、真一は元の六畳間に戻っていました。

 

ここから、舞台はホラーに。

 

やっと、愛ちゃん(多田愛佳)が登場。

役は、真一の会社の同僚で婚約者の田島実香。

様子がおかしいと、真一の弟夫婦と、部屋を訪れました。

 

真一は、  この世にいない沙織里と会話するのです。

愛する余り、沙織里の霊が留まって居たのですね。

 

最初に、霊の存在に田島実香。

霊は訪問者を追い出します。

 

精神病では無いとわかります。

日に日に、衰弱して行く、真一。

 

再演もあると思うので、  ここからラストは内緒です。

 

今回の見どころは、A班と同じ台本でB班だと、どれだけ変わるのか!

 

だだし、田島実香役、日向みおさんのスケジュールの都合で、

昼の部に続いて、愛ちゃん(多田愛佳)の出演です。

席は最前列、右端。

むしろ、真ん中より全体が見れて、頸も疲れません(笑)

 

-----------

感想

やっぱり、キャストが違うと、微妙に雰囲気が変わりますね。

 

例にとると、

ヒロインとも言える、坂井沙織里役のイメージの差です。

A班の山下夏生さんは、控え目で、家庭的なイメージ。

B班の若菜唯さんは、ボイッシュで、サッパリしたイメージ。

 

1部では、若菜唯さん、元ホステス役には社交的でピッタリ。

2部に入ると、薄幸そうな山下夏生さんの方が、合ってる役でした。

内に秘めたものが、強いほど、執着心がでます。

 

面白かったのは、キャストによって、台詞が変わってました。

真一のあだ名が、トカゲ(?) → ゴリラ

元ホステス仲間、古谷昭子、デブ → チビ

 

----------

今回、一番むずか難しいシーンと思ったのは、

真一の、見えない相手とのやり取りです。

相手の台詞は無いのですから、間の取り方が …。

※ 演技は、間が勝負!

 

そこに無い食べ物を食べる演技も、落語などを参考にして、

作り上げたのでしょう?

大変な試行錯誤だったのが伝わりました。

 

----------

帰りに

実は、キンケロ・シアターのなまえの由来に気付いていませんでした。


イイ劇場です。

=============

 

 

 


===================

千秋楽を終えて。

 

えっ!初舞台

ナントッ!!∑(゚∀゚ノ)ノ

信じられない程、いい演技でした。

 

 

 

 

 

 

今後も、エアースタジオの舞台に、是非出てください!

 

いい舞台でした。


テーマ:

先日水曜日(10月3日)、愛ちゃん(多田愛佳)が出演の、

「六畳一間で愛してる」を観劇して来ました。

 

内容については、予告編的なを参照ください。

10月の活動予定(その1)、らぶたん(多田愛佳)出演の舞台、「六畳一間で愛してる」観劇

 

【劇場】

中目黒 キンケロ・シアター

【公演時間】

開演 18:00

公演 18:30

 

何時もの様に、電車の遅れを考え、17:15頃、

最寄り駅の中目黒に早目に到着。

 

東急東横線は停車駅が多く、普段から使い物にならないので。

湘南新宿ラインで、恵比寿駅で乗り換え、一駅です。

 

今回も、ドトールコーヒーで、(^。^)y-.。o○

ほとんどカバーされている、これで、何件目だろう?

 

東山一丁目交差点で、右折

目黒川の朝日橋を渡ります。

しばらく行って、左折。

迷うかと思ったら、直ぐに劇場発見!

 

ここは、ロビーは余り広くないので、フラワースタンドは無しです。

何か、どでかいフラスタは、アイドル系で客を集める舞台だけで、

もう、いいのかなと。

 

物販は、ブロマイドとか無いので、まあいいかと思いながら、台本に。

サイン入りもあるので、頼むと、売り切れです。

後、二回来るので、その時で良いかなと、買わずに。

 

 フライヤー(チラシ)

 

今回の舞台は、Wグループ制で、愛ちゃんはAグループで初日でした。

 

※ 今までの観劇経験では、一番ネタバレ禁止の舞台!

   なので、慎重に書き込みします。

席は、まずまずの移置。

 

公演時間が、約2時間半。

珍しいなと思ったら、理由が有りました。

 

ストーリーが、2部構成だったのです。

 

途中の休憩時間までは、愛ちゃん出演なし!

今か今かと、焦らされました、 ((p゚∀゚q)) ワクワク

 

とりあえず、ココまでが、ネタバレ無しが精一杯です。

 

1部では、結構笑える場面が多く、軽快なテンポで話が進みます。

それでも、最後の方の場面では、思わず涙が!

良かったの、幸福の涙です。

観劇で、滅多に涙しないのに、既に涙とは(。ノ_・。)ウッ・・

 

 

2部開始から、ストーリーの時間がジャンプ!

内容がガラッと変わります。

 

メインはホラー。

ホラーと云うと、アメリカ映画のビックリさせたり、

血しぶきが上がる、安直な怖さを連想しますが。

もっと、執念の怖さの、日本的ホラー要素です。

 

もうラストは、涙ボロボロ!!

周りに気づかれないように、必死でした!

----------------

久々に、色んな要素を含む、内容の濃い舞台でした。

 

まあ、客寄せアイドル系(元アイドルを含め)の出演者が少ないのは、

如何にも、舞台といった感じです。

 

キャストのスキルも高く、稽古にかなり練りこんできた、印象です!

 

久々の、エアースタジオの、本格的舞台、良かったです。

 

 

================

本日(10月6日)、2回目の観劇に行って来ました。

それについては、明日にでも、書きたいです。

出来れば!


テーマ:

大型で強い台風第24号 (チャーミー)の通過と共に、

平成最後の9月が終わりました。

思ったほど、各地の被害も少なくて、良かったです。

 

さて、今月(2018年10月)のイベント参加予定です。

先ずは、愛ちゃん(多田愛佳)の舞台。

 

六畳一間で愛してる - Air studio

タイトル 
 『六畳一間で愛してる』

公演日程 
 2018年10月3日(水)~8日(月・祝)

ホール 
 中目黒 キンケロ・シアター
 〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-15-11

御注意 
 【お祝いのお花に関しまして】

 劇場入口・受付のスペースの関係上、
 お祝い花の受入はご遠慮させていただきます。
 何卒ご了承ください。

脚本・演出 
 藤森一朗

あらすじ

  昭和40年代・・・ 六畳一間で巻き起こる、ホラーラブストーリー

 

※B班日向みおは、10/6(土)18:00の回に出演できません。代わりに、多田愛佳が出演致します。
御予約の際御注意ください。

 

余りにも、内容があっさりなので

エアースタジオ Air studio produce公演 六畳一間で愛してる | Confetti ...

抜粋

公演内容

 昭和40年代。六畳一間を舞台にした二部構成の物語。
六畳一間に引っ越してきた真一と沙織里。
キャラクターの濃い隣人達に迎えられて幸せな新生活をスタートさせる。
しかし、沙織里には真一には言えない秘密があった…。
キャラクターの強い登場人物たちが繰り広げる、笑えて泣ける切ないラブストーリー。

スタッフ

 脚本・演出: 藤森一朗


公演スケジュール <期間>
 2018年10月3日 (水) ~2018年10月8日 (月・祝)

<公演日・開演時間>
10月3日(水)18:30(A)
10月4日(木)18:30(B)
10月5日(金)13:30(B)/18:30(A)
10月6日(土)13:00(A)/18:00(B)
10月7日(日)13:00(B)/18:00(A)
10月8日(月)12:00(A)/16:00(B)

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約2時間30分
チケット 前売:6,000円
当日:6,500円
(税込)

赤文字は予約日

 

今回の舞台は、Wキャストならぬ、Wチーム。

愛ちゃん(多田愛佳)はチームAなので、

初日、10月3日(水)18:30(A)
千秋楽、10月8日(月)12:00(A)

 を予約。

 

さて、仲日はどうしようかな?

 

※B班日向みおは、10/6(土)18:00の回に出演できません。代わりに、多田愛佳が出演致します。
御予約の際御注意ください。

これは、見もの!

違うキャストの同じ、舞台がどう違うのか?

 

それに加えて、恐らく、稽古を殆ど一緒にしていないチームで、

愛ちゃん(多田愛佳)が、どう合わせていくのか?

 

10月6日(土)18:00(B)

で予約、決定でした。

 

=============

エアースタジオ(Air studio.)の作品は、

過去に  10作品以上、観劇しています。

 

昭和の香りが強い、作品群でした。

 

内容的には、当然地味で、本格的な舞台でしょう。

最近、コミカルな舞台が多い、愛ちゃん(多田愛佳) ですが、

それと正反対な舞台かなと。

 

偉そうな言い方になりますが、かなりのプラス。

 

色々な役を演じられる事を目指す、愛ちゃんにとって。

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス