箱根駅伝公式Webサイト
第87回箱根駅伝 - 日本テレビ
箱根駅伝:往路
箱根駅伝:復路

東洋大V3か早大3冠か…箱根駅伝復路8時号砲
読売新聞 1月3日(月)6時31分配信
 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の復路は3日午前8時、箱根・芦ノ湖駐車場入り口をスタートする。

 午前6時現在、芦ノ湖周辺は曇り。東京・大手町の読売新聞旧東京本社(建て替え中)前までの5区間109・9キロで、20チームが熱いレースを繰り広げる。

 3年連続で往路を制した東洋大は、山登りの5区で柏原(3年)が3年連続となる区間賞の快走で、1区から4区まで首位を守った早大を逆転した。2位・早大との27秒差を守り抜いて、史上6校目の3連覇を果たすことができるか。

 2位の早大は、出雲全日本大学選抜、全日本大学に続く史上3校目の学生駅伝3冠へ向け、復路で逆転劇を狙う。

 3位以下も混戦模様。3位東海大、4位明大、5位駒大までがトップから3分25秒以内につけており、逆転の可能性は十分ある。山下りの6区から、順位の大幅な変動もあり得る。レース終盤には、シード権(総合10位以内)を巡る激しい駆け引きからも目が離せなくなりそうだ。

 3日午後1時30分頃には、大手町のゴールに先頭の走者が到着する見込み。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110103-00000109-yom-spo


2011-01-03 07:20:17
******************************************************************************

追記


早大が18年ぶりの総合V、史上3校目の3冠を達成=箱根駅伝
スポーツナビ 1月3日(月)13時31分配信
 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は3日、神奈川・箱根芦ノ湖畔から東京・大手町までの復路5区間(109.9キロ)が行われ、早大が10時間59分50秒で18年ぶりの総合優勝を果たした。早大は、出雲駅伝、全日本大学駅伝に続く史上3校目の大学駅伝3冠を達成。一方、史上6校目の3連覇を狙った東洋大は2位に終わった。

 復路2位でスタートした早大は、6区の山下りで高野寛基(4年)が東洋大を逆転。7区では、2年ぶりの出場となった三田裕介(3年)が区間2位と好走し、リードを広げた。
 その後、8区、9区で東洋大に差を詰められたものの、トップを守ったまま10区へたすきリレー。アンカーの中島賢士(4年)は辛くも逃げ切り、13度目の栄冠を勝ち取った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110103-00000018-spnavi-spo

1位 早大 10:59:51(大会新記録)
2位 東洋大 11:00:12(大会新記録)
3位 駒大 11:03:53
4位 東海大 11:08:12
5位 明大 11:08:24
6位 中大 11:11:24
7位 拓大 11:11:28
8位 日体大 11:13:19
9位 青山学院大 11:13:20
10位 国学院大 11:13:23
---------------------------------------------------------------
11位 城西大 11:13:26


シード争いのラストは凄かった。
7位までゴールの後 のこる3つの席を日体大・国学院・青学・城西の4人が
ゴール間近まで集団で争い
国学院が先導車のコースから外れたのに それを追い一瞬コースをハズレ・・・
順位変動はあったもののシードは取れて良かった
けれど、シードを落とした城西を思うと うるうるしそうになる・・・。

青春やねぇ~。


月刊 陸上競技増刊 箱根駅伝公式ガイドブック 2011 2011年 01月号 [雑誌]/著者不明

¥1,000
Amazon.co.jp
サンデー毎日増刊 ニューイヤー駅伝 2011 2011年 1/1号 [雑誌]/著者不明

¥600
Amazon.co.jp
陸上競技マガジン増刊 2011箱根駅伝ガイド 2011年 01月号 [雑誌]/著者不明

¥1,000
Amazon.co.jp
報知グラフ増刊 箱根駅伝2011完全ガイド 2011年 01月号 [雑誌]/著者不明

¥600
Amazon.co.jp


blogram投票ボタン  ブログランキング・にほんブログ村へ



http://blog.goo.ne.jp/sonetets/e/ec4d3aa413be3bc8cef7c9aa887d3de5
http://blog.goo.ne.jp/hiroharikun/e/dca72c5ed03ada30a9f0b1c1efbdbd7d
http://blog.goo.ne.jp/zen-en/e/720cd0cc122f10034aa710e08e97d145
http://blog.goo.ne.jp/datian17town/e/6ebf24eec6d295fd267cc22109c8143c
AD
箱根駅伝、8時に号砲…20チームが熱戦
読売新聞 1月2日(日)6時31分配信
 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は2日午前8時、東京・大手町の読売新聞旧東京本社(建て替え中)前をスタートする。

 今大会の焦点は、東洋大の3連覇がなるか、それとも早大が出雲全日本大学選抜、全日本大学に続いて学生駅伝3冠を達成するかだ。優勝争いはこの2校を軸に、3年ぶりの王座を狙う駒大が絡む展開となりそうだ。

 午前6時現在のスタート地点周辺は曇りで、気温5・0度。箱根・芦ノ湖までの往復10区間217・9キロを舞台に、2日間かけて20チームが熱戦を繰り広げる。

 2日の往路は5区間108キロで争われる。各チームのエースが集まる「花の2区」は流れをつかむ重要区間。さらに、最長区間の23・4キロで高低差864メートルを駆け上がる「山登りの5区」は、順位の大幅な変動も予想され、目が離せない。同日午後1時30分頃には、先頭の走者が往路ゴールに到着する見込み。

 3日の復路は、箱根から大手町までの5区間109・9キロで競う。優勝争いはもちろん、終盤に激しさを増すシード権(総合10位以内)争いも見ものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110102-00000041-yom-spo

【速報】箱根駅伝:往路

箱根駅伝公式Webサイト
第87回箱根駅伝 - 日本テレビ


お正月はやっぱり箱根駅伝を見なきゃね
今年はどんなドラマが起きるのか・・・。


2011-01-02 07:23:20
************************************************************************


追記

東洋大が3年連続の往路V、柏原が早大を逆転=箱根駅伝
スポーツナビ 1月2日(日)13時38分配信
 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は2日、東京・大手町から箱根芦ノ湖畔までの往路5区間(108.0キロ)が行われ、東洋大が5時間29分50秒で3年連続3度目の往路優勝を果たした。2位は早大、3位には東海大が入った。

 大会3連覇を目指す東洋大は1区8位とやや出遅れたが、徐々に順位を上げると、トップの早大から2分54秒遅れの3番手で5区の柏原竜二(3年)へたすきをつないだ。柏原は7キロ手前で東海大を抜くと、16キロ過ぎに早大を逆転。そのままリードを守り切り、3年連続で往路のゴールテープを切った。
 一方、大学駅伝3冠を狙う早大は、1区のスーパールーキー、大迫傑が区間賞の快走。その後は安定したペースで4区まで首位をキープしたが、またしても“鬼門”の5区山上りで後退。しかし、猪俣英希(4年)が粘りの走りで柏原に食らいつき、27秒差の2位で復路に望みをつないだ。

■往路の最終順位(上位5チーム)
1位:東洋大 5時間29分50秒
2位:早大 5時間30分17秒
3位:東海大 5時間31分47秒
4位:明大 5時間32分11秒
5位:駒大 5時間33分15秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110102-00000013-spnavi-spo


柏原君は不調からみごとに立ち直ったねぇ
山ノ神は健在でした。



月刊 陸上競技増刊 箱根駅伝公式ガイドブック 2011 2011年 01月号 [雑誌]/著者不明

¥1,000
Amazon.co.jp
サンデー毎日増刊 ニューイヤー駅伝 2011 2011年 1/1号 [雑誌]/著者不明

¥600
Amazon.co.jp
陸上競技マガジン増刊 2011箱根駅伝ガイド 2011年 01月号 [雑誌]/著者不明

¥1,000
Amazon.co.jp
報知グラフ増刊 箱根駅伝2011完全ガイド 2011年 01月号 [雑誌]/著者不明

¥600
Amazon.co.jp


blogram投票ボタン  ブログランキング・にほんブログ村へ



http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/9d968d2cd18fa030c12b7ed03e90fcfe
http://blog.goo.ne.jp/zen-en/e/f201f385bde5434102b6c4353d1a849c
http://aramahosi.cocolog-nifty.com/asaborake/2011/01/post-2bc6.html
http://blog.goo.ne.jp/datian17town/e/143c1da3ff628a1b9efb938309e84971
全日本大学駅伝 - コースマップ
第42回全日本大学駅伝 - スポーツナビ
中継点ライブ配信 - テレビ朝日「第42回全日本大学駅伝」


東洋大がトップでたすきリレー 早大は9位=全日本大学駅伝・第1区
スポーツナビ 11月7日(日)8時58分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第1区(14.6キロ、熱田神宮西門前~愛知県・弥富市筏川橋西詰)は序盤ハイペースで進み、まず早大、駒大、東洋大など有力校が抜け出す。10キロ手前で、東海大の早川翼が仕掛けると、東洋大の設楽啓太、京産大の三岡大樹が追走。早大の矢澤曜はここで遅れ始める。さらに11キロ過ぎに、東洋大の設楽がスパート。2位以下との差を一気に広げると、そのままトップで2区の柏原竜二へとたすきをつないだ。早大は9位。


■第1区の通過順位(上位5校)
1位:東洋大 42分42秒
2位:東海大 42分54秒
3位:京産大 43分05秒
4位:日大 43分13秒
5位:駒大 43分14秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000004-spnavi-spo

早大が2位に浮上、東洋大はトップ守る=全日本大学駅伝・第2区
スポーツナビ 11月7日(日)9時37分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第2区(13.2キロ、弥富市筏川橋西詰~三重県・川越町高松)には東洋大のエース、柏原竜二が登場。本調子からは遠かったものの、1区で作った貯金を守り切り、トップでたすきをつないだ。一方、1区で9位と出遅れた早大は、スーパールーキーの大迫傑が区間新記録に迫るペースで2位まで浮上。記録更新はならなかったが、東洋大との差を25秒にまで詰めた。


■第2区の通過順位(上位5校)
1位:東洋大 1時間20分58秒
2位:早大 1時間21分23秒
3位:駒大 1時間21分33秒
4位:明大 1時間21分34秒
5位:日大 1時間21分36秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000005-spnavi-spo

東洋大が依然トップ、2位は駒大、3位に早大=全日本大学駅伝・第3区
スポーツナビ 11月7日(日)10時4分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第3区(9.5キロ、川越町高松~四日市市六呂見町)では、東洋大の本田勝也が終盤に苦しい表情を見せたものの、終始リードを保ったまま4区にリレー。一方、2位争いでは早大の八木勇樹と駒大の油布郁人がデッドヒートを繰り広げた末、最後は駒大の油布が抜け出し、たすきをつないだ。


■第3区の通過順位(上位5校)
1位:東洋大 1時間48分12秒
2位:駒大 1時間48分35秒
3位:早大 1時間48分43秒
4位:明大 1時間49分21秒
5位:日大 1時間50分03秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000006-spnavi-spo

早大がトップに浮上! 東洋大を逆転=全日本大学駅伝・第4区
スポーツナビ 11月7日(日)10時44分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第4区(14.0キロ、四日市市六呂見町~鈴鹿市寺家) では、早大の佐々木寛文が快走。5キロ過ぎに駒大の千葉健太を抜いて2位に浮上すると、11キロ過ぎには東洋大の川上遼平に並び掛ける。さらに12キロ過ぎにスパートを仕掛けた佐々木は、追いすがる東洋大を振り切り、トップでたすきをつないだ。


■第4区の通過順位(上位5校)
1位:早大 2時間29分06秒
2位:東洋大 2時間29分07秒
3位:駒大 2時間29分45秒
4位:明大 2時間30分46秒
5位:日大 2時間31分35秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000007-spnavi-spo

早大がトップ守る 東洋大は10秒差で追う=全日本大学駅伝・第5区
スポーツナビ 11月7日(日)11時18分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第5区(11.6キロ、鈴鹿市寺家~津市上浜町) は序盤から、早大の志方文典と東洋大の設楽悠太、ルーキー2人の激しいトップ争いが繰り広げられた。9キロ手前の下り坂で東洋大の設楽がいったん前に出たが、早大の志方もぴたりと追走。最後は中継所手前の上り坂でスパートを仕掛けた早大の志方が、東洋大に10秒差をつけて6区へとたすきをつないだ。


■第5区の通過順位(上位5校)
1位:早大 3時間02分53秒
2位:東洋大 3時間03分03秒
3位:駒大 3時間04分48秒
4位:明大 3時間05分36秒
5位:中大 3時間06分13秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000008-spnavi-spo

依然としてトップは早大、2位に東洋大=全日本大学駅伝・第6区
スポーツナビ 11月7日(日)11時55分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第6区(12.3キロ、津市上浜町~松阪市曽原町)では、駅伝初出場となる早大の猪俣英希が序盤をハイペースで入り、2位東洋大との差を広げる。その後、いったんは東洋大の田中貴章に追い上げられたものの、終盤には再びペースを上げ、トップで7区へとたすきをつないだ。


■第6区の通過順位(上位5校)
1位:早大 3時間39分01秒
2位:東洋大 3時間39分14秒
3位:駒大 3時間40分51秒
4位:明大 3時間43分22秒
5位:日体大 3時間43分45秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000009-spnavi-spo

早大、独走態勢のまま最終区へ=全日本大学駅伝・第7区
スポーツナビ 11月7日(日)12時34分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮からスタートした。

 第7区(11.9キロ、松阪市曽原町~松阪市豊原町)では、トップを走る早大の前田悠貴が独走態勢を築き、2位以下との差を大きく広げてたすきリレー。一方、東洋大は9キロ手前で駒大にかわされ、3位で最終区へつないだ。


■第7区の通過順位(上位5校)
1位:早大 4時間14分38秒
2位:駒大 4時間16分00秒
3位:東洋大 4時間16分47秒
4位:明大 4時間19分21秒
5位:日体大 4時間19分58秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000018-spnavi-spo

早大が大会新で15年ぶりV 出雲に続き2冠達成=全日本大学駅伝
スポーツナビ 11月7日(日)13時27分配信
 大学駅伝日本一を決める、第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学駅伝)が7日、愛知県・熱田神宮から三重県・伊勢神宮までの106.8キロ(全8区間)で行われ、早大が5時間13分02秒の大会新記録で15年ぶりの優勝を果たした。2位は駒大、3位に東洋大が続いた。

 序盤にレースを引っ張ったのは、前回2位の東洋大。1区でルーキーの設楽啓太が先頭を奪うと、3区までトップを守った。一方、早大は1区の矢澤曜が9位と出遅れたものの、2区以降は地力の違いを見せて盛り返し、4区で東洋大を逆転。7区以降は独走態勢を築き、2位以下に圧倒的な差をつけてゴールした。この結果、早大は出雲駅伝に続く、学生駅伝2冠を達成。来年1月の箱根駅伝で18年ぶりの総合優勝と3冠達成を狙う。


■最終順位(上位5校)
1位:早大 5時間13分02秒
2位:駒大 5時間15分22秒
3位:東洋大 5時間16分21秒
4位:日大 5時間19分18秒
5位:東洋大 5時間19分45秒
※タイムは速報タイムのため、公式結果と異なる場合があります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000022-spnavi-spo



陸上競技マガジン増刊 大学駅伝展望号 2010年 10月号 [雑誌]/著者不明

¥1,000
Amazon.co.jp

blogram投票ボタン  ブログランキング・にほんブログ村へ



http://blog.goo.ne.jp/zen-en/e/6fed4c76e05e23545c29ac335c6d474e
http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/08e09961b5ee320631e400a4199a8f6b


<体操>内村、貫禄の金…史上3人目の2連覇 世界選手権
毎日新聞 10月23日(土)1時29分配信
 【ロッテルダム(オランダ)平本泰章】内村が歴史に名を刻む偉業を成し遂げた--。当地で22日に行われた第7日の男子個人総合決勝。予選1位を通過した前回覇者の内村航平(日体大)が92.331点をマークして史上3人目となる2連覇を達成。ミスの少ない演技で他の強豪を退け、再び頂点に立った。また、世界選手権初出場で、予選13位の植松鉱治(KONAMI)は8位だった。

 引き続き女子個人総合決勝(日本時間23日午前2時開始)があり、田中理恵(日体大大学院)と、前回大会銅の鶴見虹子(こうこ)=朝日生命ク=が出場。

 ◇愚直に求めた究極の技 ロンドンへ視界良好

 一つ一つの技を正確にこなして、再び頂点に立った。史上3人目の偉業を、内村はいつものように淡々と成し遂げた。

 最初の床運動。高さのある宙返りで会場の拍手を誘って15.566点をたたき出すと、会場から自然と拍手がわき起こった。続く、あん馬、つり輪を無難にまとめ、4種目めの跳馬も2回半ひねりの着地をしっかりと決めて、ここで堂々の首位に躍り出た。

 昨年、20歳で日本人最年少の個人総合優勝を果たしてからも、あくなき向上心で各種目に高難度の技を入れて、演技価値点(Dスコア)を0.6点上積みした。今季は微調整こそしたものの、基本的に同じ構成を貫き、完成度を磨いてきた。「ウチムラ」と名がつくような新技を期待する周囲の声にも、「『美しい体操』の方が大事」と強調。練習では、毎日同じ構成をひたすら通す。単調とも思えるが、「練習とはそういうもの」。愚直に究極の演技を追い求めてきた。

 7月のジャパン・カップ以降、もともと痛めていた左肩の症状が悪化。不安を抱えて迎えた世界選手権だった。それでも、「そこで(痛みを言い訳にして)終わるんだったら、(体操を)やめた方がまし」。テーピングを施し、団体総合決勝から2日続いた試合も、痛みに耐えて乗り切った。

 「周囲は、昨年の世界王者という目で見る。期待は裏切れない」と話していた内村。今後は史上初の3連覇、そして12年のロンドン五輪へ。視界をさえぎるライバルは、現在のところ存在しない。
【平本泰章】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000003-mai-spo


すごいなぁクラッカー

団体で中国に僅差で銀のニュース見て
中国との差は縮んだように見えてた
でも、オリンピックが近くなると 中国は力の入れようが違うからねぇ・・・。

内村君って偏食だって報道が前にあって
そんなんじゃダメだろう的な記事を書いたことあるんだけど
今でも偏食だとしたら とんでもなく申し訳ございません・・・だわ(笑)


目指せ五輪!!人気アスリートVisual File (OAK MOOK 229)/著者不明

¥1,500
Amazon.co.jp

blogram投票ボタン  ブログランキング・にほんブログ村へ