ぴろきちの日記

ぴろきちの日記

日本料理のお店を経営しておりますが、
ほぼ料理とは無縁のひとりごとを書いております。

前回ブログを更新したのが8月で。

つい最近まで暑かったような気がしましたが

時はもうすでに12月後半。

 

「毎年はえーな。」
 

同じことを言っております。

 

 

生きているとそれなりに色々なことがあるなー。

と思う今日この頃です。

 

傍から見ると順調そうに行ってると思われがちですが、

嬉しいことも、悲しいことも、
もちろん、人並みに辛いこともあります。

 

ふと我に返り、

僕の人生はこのままでいいのだろうか?

と自問したり、

 

過去の自分に戻って、「あーあの時は、もっとこうしておけば良かったと」

後悔をして、罪悪感にどっぷり浸ることがあります。

 

過去を後悔しても何も始まらない。

過去を後悔をすくらいなら、

今日を1日精一杯生きる!

 

そんなことは理性ではわかっています。

 

ただ、たまに過去を振り返り、悲しんだり、悔やんだり、後悔をしたり

する癖が僕にはどうやらあるようです。

 

過去に強烈に残る記憶を消すことはできませんが

時間とともに少しづつ、感情は薄くなっていきます。

そう言い聞かせながら、前を向いています。

 

最近はと言えば

尋常じゃないほどの忙しい日々を送っています。

 

まっ。

うまく行っている証拠なのですが…

 

でも近頃

ちょっとこれはおかしいな?
この状況はありえん!

 

と、思うようになり、

少しづつ緩めていこうと決意しました。

前回のブログとは書いていることが相違しているのですが。

 

 

ただ、今すぐに急ブレーキをかけると、怪我をするかも知れません。

例えるなら

加速がついた列車が急ブレーキをかけると危険です。

 

でも運転手は自分なわけですから、ブレーキを踏むのも自分自身。

 

しかしながら、自分が運転する列車には沢山の人を乗せていますから

安全に早く、目的地まで届けるのも自分の役目です。

 

 

来年は徐々にスピード落とし、止まったら、ゆっくりと降りようかと考えております。

 

しばし、ゆっくりお休みをいただこうと

計画をしております。

 

年内は更新ができるか分かりませんが、

皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

来年は緩やかに、かつ、しなやかに頑張ります。

 

 

日本料理 みや

 

みや別館小春日和

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram

 

 

 

実は新しいビジネスをはじめる予定で

色々と試行錯誤をしております。

 

新しいことを始めるって、

僕にとって、何もかもが初めて尽くしの経験で

良くも悪くも色々と勉強になっております。

 

僕はこう見えても結構臆病で慎重派です。

そして根っからのチキンハートです(笑)

 

今日は「怖がりながら挑戦をする」

こんなテーマで行きたいと思います。

 

 

新しい取り組みと聞くと躊躇する人もいるでしょう。

 

人は無意識のうちに自分のコンフォートゾーンを

超えたくないと思っています。

 

なぜならば

新しいことをすれば、もれなく「失敗」というプレゼントが付いてきます。

残念ながら確実に。

仕事も含め、人生のいろんな場面で失敗を避けて通る「近道」はないのです。

必ず失敗はついてきます。

 

「簡単に成幸する」

そんな都合のいい成幸法則など、あるはずがないのです。

僕はずーと探してましたが(笑)

 

唯一、あるとすれば、この法則。
 

 1考える →    2 気付く

     ↑        ↓
  4 失敗する ←  3 行動する(改善をする)

繰り返しエンドレス....。


成幸者は人より速く、このサイクルを回しているだけなのです。

 

近道なんて、していない。

どんな道を行くのにも失敗はつきものです。

その為にはトライ&エラーをひたすら繰り返すしか、道はないのです。

 

新しい事をやらずに、失敗を怖がり

 

「今、私のできることからやります」という人は
逆を言うと

「できないことはやりません」ということであります。

つまり

「私は成長しません」という宣言をしているようなものでしょう。
僕も昔はそうでした。

僕も今まで散々、失敗を経験してきましたが、

いまだに失敗が怖いです。

でも今では失敗が当たり前になってきて。

怖がりながら、それでもやる。

 

「怖いなあ、どうしようかなあ」

「あー嫌だなー失敗したら、あー不安だなぁ―」

と思いながらも

思いついたことをすぐにやっています。

 

あとは、その時出来た、小さな結果を土台にして、

ベイビーステップを踏みながら

さらに、毎度、毎回怖がりながら新しいことに挑戦しております。

 

「怖がりながら挑戦をする」

 

その繰り返しが、自分が今まで知らなかった

素晴らしい世界まで連れて行ってくれるのだと、僕は信じています。

 

仮に何かの挑戦に失敗して

色々な物を失っても、たった今の自分に戻るだけです。

 

ハイ!以上!

大丈夫です口笛

 

そして

誰に笑われて、恥ずかしい思いをするくらいなものです。
 

さらに

失敗した自分を客観的に見られるという

美味しい特典まで付いてきます(笑)

 

結局は挑戦に成功しても

失敗してもどちらも美味しい体験が出来るのです。

 

自分のできないこと

新しい自分の知らない世界に

怖がりながら新しい一歩を踏み込むこと。

 

その勇気だけが

 

 まだ自分が知らない、

次のステージへの自分自身の贈り物となるのです。


であるのであれば

目の前に、自分の興味のあるアイデア差し出されたなら

もちろん、二つ返事で「YES」


やるよ。

必ずね。

 

なぜならば、人生思い出創り。

 

だから人生は面白くて楽しいのです。

そしてちょっとだけ怖いのです。
 

その怖さを克服するために

 

「怖がりながら挑戦をする」

 

ほんのちょっとの勇気が必要なのです。

 

もし、失敗しても最高の特典がもれなくついてくるから

大丈夫。

命までは取られない。

 

 

 

 

来週夏休みを利用してマレーシアのペナン島まで

リトリートしてきます爆  笑

 

色白なので

しっかり日焼け止めをします^^

 

 

 

日本料理 みや

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram

 

 

 

 

 

 

夏真っ盛りになり、

いい年した大人が毎朝、森の中を駆け回っています。

カブト虫を探しにね。

↑これ僕のことですヨニコ

 

僕は小さいころから、夏が来るとワクワクして森の中に行っておりました。

虫を捕まえに。

 

お陰で自宅は虫だらけ。

きっと母親も大変だったでしょう(笑)

 

「カブトム虫、何がそんなに楽しいの?」

と聞かれますが、

特に理由はありません。

 

探したいから探しているのです(笑)

 

夏はカブト虫に遊んでもらっております。

実は遊ぶって大切なんですよね-。

 

遊びはそれ自体を目的とした行動です。

何かの為にする行為ではなく

 

遊びたいから遊ぶ。

 

ハイ!以上爆  笑

 

しかし、人は大人になって、いつの間にか

 

「遊びなんてくだらない」

「時間の無駄」

「幼稚だ」

 

なんて声に囲まれ、自分のプライベートまで

生産性、合理性などを求めてしまう大人達。

 

残念ながら

「遊びはくだらない」という考えは

大人になると、さらにさらに強く刷り込まれます。

 

子供の頃は誰に教えられなくても遊びを覚えたものです。

子供達は、ほうっておいても、勝手に遊び始めます。

 

「遊ぶ」

 

一見無駄な行動に思えますが。

そうした遊びこそ人間にとって不可欠な行動なのです。

 

最近の研究によると人も含めて、動物は遊びを通じて

脳の主要な認知スキルを発達させているそうです。

 

長年、熊の研究をしている学者が(どなたか忘れました)

よく遊ぶ熊ほど長生きをするという事実を発見しました。

 

遊んでいる動物って、しなやかで美しいです。

 

動物の中でも人はとりわけ遊びが好きですよね。

人は遊ぶ生き物であり、最高の思い出や「生きている実感」をもたらせてくれるのは

遊んでいる時間です。

残念ながら仕事をしている時ではありません^^:

 

研究によると、遊んでいる人の方がストレスの軽減が大きいそうです。

理性が一旦お休みになって感性が発揮されるから。

いわば、瞑想状態になるのです。

スポーツ界ではゾーンとかフローとか言われております。

 

そして遊びは脳の実行機能に良い影響を与えるそうです。

計画、優先順位、スケジューリング、予測、決断などのビジネスに欠かせない

スキルを多く含んでいるそうです。

 

仕事でストレスを感じたとたん、

何もかもが、うまくいかなくなる経験が誰でもあるはずです。

 

携帯電話を置き忘れ、部屋の鍵は見つからず

物にぶつかりやすくなります。

イライラのループ...

 

そんなときは思い切って遊ぶのです(^^)

 

人によって違いがありますが、

僕の場合、自然の中に身を投じるのが好きです。

 

 

カブト虫を探したり

鳥の声に耳を傾けたり

魚釣りをしたり。

 

何も目的を持たずにただ、ただ遊ぶのです。

 

今日もクワガタ君に遊んでもらいました。

 

うひょ‐!

かっこいい!

 

これ同じのこぎりクワガタの♂の成虫です。

成長の過程、栄養などで、同じ種類でこんなに違うのですね。

 

 

みなさんは遊んでいますか?

遊びなんてくだらないと思う人もいるかもしれません。

 

しかし

遊びは、健全な人生を歩んで行くのには必要不可欠。

小さな遊び心こそが何よりも大切なのです。

 

 

日本料理 みや

 

仕出し割烹小春日和

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram

 

 

8月になりいよいよ夏本番。

1年で一番好きな季節です!

 

3年にお友達になった

ヒラタクワガタ君。

越冬したんですよ~!

超かっこいい!ハート

 

※良い子のみんなに説明しよう!

ヒラタクワガタは、オオクワガタに続く、

NO2のあごの力なんです。

少年のあこがれのクワガタなんだよ‐。

 

 

 

僕は無類のカブト、クワガタ好きです。

 

ブログをご覧の皆様に、僕がどんだけカブトムシとクワガタが好きか教えてあげますね(笑)

 

 

今年もらった、カブト虫のケーキ!

 

 

スタッフが書いた僕のマグカップ。

 

ゴ〇ブリじゃない。

カブト虫(笑)

 

 

裏を返すと...

って。コラ!(笑)

 

 

 

今年もお友達を朝から探索しておりまっす!

朝4時に起床!

いざ、カブト虫の聖地へ~!

 

 

あまりにも急いで家を出たもんだから。靴がちぐはぐ(笑)

※赤い靴を複数持ってます。

かっぱ来ているのは、虫よけ。

蜂も多いんですヨ‐。

 

 

ここからは閲覧注意!

虫嫌いな方はこれから先には進まないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速発見!

カブト虫ペア!

 

 

 

コクワガタペア!

 

 

うひょー!

のこぎりクワガタ!ペアで!

 

 

 

ヤバイ!カブト君沢山ハート

 

 

へへぇ

中々のサイズ。

 

残念ながらヒラタ君は見つかりませんでした。

 

さー。

明日もお友達を探しに参ります爆  笑

 

 

日本料理 みや

 

仕出し割烹小春日和

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram

 

 

先日の続き

 

おおた農場さんに行った時のことの続きを書きたくなりました。

 

おおた農場さんのあぜ道には沢山のクローバーが生えていました。

 

クローバーの正式名称は

 

「シロツメクサ」

 

 

※めちゃ沢山!

 

 

クローバー3枚の葉には「誠実・愛情・希望」という意味が込められています。

 

そして、皆様も知っているように4枚目の葉は「幸運」という意味。

 

「幸せの四葉のクローバー」

は有名ですね。

 

しかし、四葉のクローバーの確率は1万分の1。

見つけるのが大変です。

 

 

でもね。

実は、

僕は四葉のクローバーを探すのが得意です^^

 

もし

「四葉のクローバー探し」というオリンピックの正式種目があれば

おそらく、メダルをとる自信があります!

 

へへ。

 

探し始めてあっという間に。

ほら。

 

 

 

こんなに沢山。

 

 

ほら、ほら、もっと…

※写真はスタッフの藤井さんです。

 

実は、四葉のクローバーはある、場所に生えているのです。

 

ある場所.......

 

そう。

 

 

ある場所。

 

 

皆さん!

四葉のクローバーが集まる場所知りたいですか―?

 

じゃ―良い子の皆さんに特別に

ぴろきち君が四葉のクローバーの探し方をおせーて

 

 

(笑)

 

 

四葉のクローバーの生えている場所は

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

+++++++++

人によく踏まれるところ。

*++++++++

 

 

 

赤ちゃんクローバーの葉はとてもデリケートで、葉が傷がつくことによって

四つに分かれ成長すると四葉になるのです。

 

踏まれても、踏まれても、さらに幸運になる

幸せの四葉のクローバークローバー

 

人も同じ…

 

踏まれて、傷ついて、はじめて

本当の幸せを感じるのかも知れません。

 

四葉のクローバー

是非、探してみてくださいね。

きっと

すぐに見つかるはずですニコニコ

 

 

日本料理 みや

 

仕出し割烹小春日和

 

みやブログ

 

みやFacebook

 

みやInstagram

 

 

日本料理みやでは

石川県の白山のおおた農場さんの無農薬、棚田米を使っています。

棚田は、寒暖が激しいので美味しいお米ができるそうです。

 

先日、新幹線でスタッフと白山まで行って来ました。

 

もちろん、駅弁を買ってね^^

 

金沢から..

 

 

レンタカ―で白山へ。

 

1時間ほど走ると

ま―良い景色です^^

 

 

おおたさんとは7年前からお世話になっておりまして、

それ以来、ずっとお米を使わせて頂いております。

 

 

棚田

 

空気が綺麗!

 

ここは日本一ホタルが飛ぶ田んぼとして有名で

今では世界中から、人が集まる田んぼなのです。

 

これほどのホタルが飛ぶのはもちろん農薬を使っていないから。

農薬を使うと、一発でホタルはいなくなります。

草ぼうぼうな田んぼ(笑)

ホタルには、この隠れる場所が必要なのだそうです。

 

今では、平家ホタルと源氏ボタルが両生する

日本でも珍しい田んぼなのです。

 

 

 

オタマジャクシからカエルになったばかり!

まだしっぽが生えてる。

 

1日、おおたさんのお話を伺い。

 

 

晩御飯までご馳走になり...

 

 

いよいよホタルの宴へ。

 

もう、この時期はいつもの1割ほどのホタルしかいないそうです。

 

が!

 

やはり、いつ見ても圧巻!

 

とても幻想的です。

 

 

 

しばしうっとり。

 

 

星と間違えるくらいです!

中々写真じゃこの感動を伝えることができません。

自分の目で見るとマジ感動します。

おおたさんありがとうございました(∞感謝∞)

 

ホテルに戻り、ホタルの余韻に浸りながら..

※↑ホテルとホタルひっかけたのわかった?(笑)

 

地元のお酒で一献。

ゆっくり熟睡ですzzz....

 

 

 

日本料理 みや

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram

7月に入りましたね。

 

今日は亡き父の誕生日でした。

忙しくて何も出来なかったのですが

心の中でひっそりと手を合わせました。

 

亡き父とのエピソードはこちら

https://ameblo.jp/kaisekimiya/entry-12081604018.html

 

3年前の同じ日にもこんな記事を書いております。

https://ameblo.jp/kaisekimiya/entry-12177636063.html

 

 

さて先日の続き…

 

先日の話はこちら

https://ameblo.jp/kaisekimiya/

 

 

最近、本当に忙しくて

※と言っても毎年、毎日この言葉を言っているのだが(笑)

 

ボーっとしたり、リラックスをしたりする暇がないくらいでした。

と言っても、それを選択しているのは自分自身ですし、

立場上、休もうと思えば、いつでも休める環境にあるにもかかわらず

そんな選択をしているんだな。

改めて、最近になって思いました。

 

僕の場合、自分自身の欲張りが出てしまい、

「全部やろう、全部手に入れよう」という考え方が当たり前のようになっていて

やることが山積みになっていました。

 

ま。

ネットでもテレビのCMでも

「あらゆるものを手に入れよ!」

というようなメッセージが聞こえてきますし、

選択肢が増え、色々なプレッシャーが大きくなった現代人は

多くの活動を詰め込もうと奮闘し、

ますます多忙な生活を余儀なくされています。

 

「全部やろう、全部手に入れよう」

 

それは僕に限らず、世の中の隅々まで浸透していると思います。

 

自分の大切な…

本当に大切な時間とエネルギーをどこに注ぐか?

を決めずにいるうちに

他人の目を気にしたり、

人様の評価に一喜一憂し、時間を浪費している次第でございます。

 

気がつけば、僕以外の他の誰か(部下、顧客、世間体、家族等)に

いつの間にか自分がやるべきことを決められてしまっています。

※というより、決めているのは自分なのだが(笑)

 

そうこうしているうちに、目の前の忙しさに追われ、自分にとって何が大事なのかわかなくなり、

他人の言いなりになって、忙しいループに陥っているのです。

 

そのことにハタと気づき、優先事項を優先するには、

後先事項を決めよう。

 

つまり、やらないことリストを作りました。

 

①仕事では、お客様のご要望に沿わない案件を決めました。

つまり、「全ての要望に対応しない」ということです。

 

②だらだらネットサーフィンもやめます。

特にSNSね。

ついつい見ちゃうんだよね(笑)

 

③マメなメール、ラインチェックもしません。

 

④深酒は...

たまにしかしません^^;

 

そして、空いた時間を有効活用します。

 

もっともっと仕事を!
 

ではなく

空いた時間を

「休む」

 

という時間に充てることにしました。

 

毎日、忙しくしている自分にとって、休むことは意外に勇気がいることなのです(^^;

なぜなら、一つの仕事が終わったら、次の仕事。

それが終わったら、次の仕事と..

仕事はエンドレスにあるのです。

 

話は変わります。

 

 

「マイクロフロー」

 

日々の生活の中でちょっとしたリラックスをすることを

マイクロフローと呼んでいます。
 

 フロー理論を提唱したチクセントミハイ氏の言葉です。

 

マイクロフローは

 

ボーっとしたり

雑談をしたり

散歩をしたり

空想をしたり

 

何気ない行為の中に存在します。

マイクロフローは、

一見、無駄な行為に見えるのですが

 

実は、人間が健全に生活をして行く上でとても重要な行為なのです。

 

チクセントミハイ氏は、

マイクロフローを生活から奪うとどうなるか、という実験をしました。

 

被験者たちに、

雑談をしたり、

ボーッとして過ごしたりすることを禁じ、

 

「必要な仕事以外はしてはいけない」と命じたのです。

 

その結果、

被験者達は精神のバランスを崩し、

リラックスできなくなり、注意力が散漫になったのです。

 

仕事の能率もガタ落ちでした。

マイクロフローは人間にとって、必要不可欠だったのです!

 

逆を言うと仕事中のちょっとした休憩、同僚とのたわいもない雑談

おやつタイムなどを取り入れるだけで、仕事の能力もあがるということなのです。

 

これを読んでいる方で

「あーこれ、うちの会社でも同じことが言えるwwww」

と共感された方も多いと思われます(笑)

 

「おしゃべりするな」

「手を動かせ」

「ボーっとするな」

「もっと早くしろ」

 

などと僕も20代のころ、職場の上司に口酸っぱく言われておりました。

でも人の集中力は早々持ちませんよね。

 

おしゃべりしたり、ボーっとしたりする方が

人として健全なのです。

 

あと睡眠時間もとても大切ですよね。

人にとって、睡眠という生理的欲求は、最も優先度が高い欲求です。

 

そこで

睡眠について大変興味深い調査を二つご紹介します。

 

「1万時間の法則」

などは知っている方も多いと思われます。

 

同じことを1万時間、時間をかけてやれば、誰でも一流になれるという法則です。

※僕もこれを知った時は、とにかく、お料理に関して時間をかけました。

 

心理学者のK・アンダースが行った調査で一流のバイオリストは普通の人より

練習時間が格段に多いという事実が明らかになりました。

 

この発見は「生まれつきの天才」という神話を打ち砕き、

質の高い練習と時間こそが一流になれるという新たな考え方を世の中に広めました。

 

ただ、もう一つこの調査で分かったことがあります。

一流のバイオリニリストはよく練習するだけでなく、

 

「よく眠る」

 

という事実です。

 

一流のバイオリニストは1日平均8.6時間をとっていたそうです。

 

『基礎講座 睡眠改善学』という本の中に、

 

小学生の睡眠と学力の関係を調査した結果が載っています。

調査によると、

成績が上位の子ほど、

早い時刻に寝ていました。

 

主要4科目(国語、算数、理科、社会)で平均95点以上を取った子どもの

41%が8時台に就寝し

28%が9時台に就寝していたそうです。

 

就寝時刻が遅くなればなるほど、

テストの平均点が低くなることもわかりました。

 

つまり一流のバイオリニストも成績が優秀な子供も

よく寝ているのです。

 

ボーっとしたり、

おしゃべりをしたり

さらに、

よく寝た方が、何事にもパフォーマンスが良いという結果が出ているのです。

 

たった少しの時間のマイクロフローと

たった数時間、睡眠が増えただけで

それ以上の効果が出る!

 

これはやる以外に他はありませんよね。

 

早速実践をいたします。

 

とかいいつつ、もうこんな時間!

(只今24時)

 

はよねよっと。

 

 

 

 

 

日本料理 みや

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram


 

 

 

 

小さくても会社を経営をしていると

毎日、決断の連続です。

 

「オーナー!トラブりました。

どうしましょう?」

 

「オーナー!大変です。こんなことがありました、どうしますか?」

 

オーナー!

 

社長!

 

宮本さん!

 

ご決断を!

 

 

 

 

決断

 

決断

 

決断…

 

 

まぁ今に始まったことじゃないのですが。

 

10年前は

 

か・な・り・

 

的外れな答えを出していましたが、

最近では、慣れてきたもので、半分くらいの確率で、

ほぼ正確な答えを出せるようになりました。

 

少しだけ人生の経験値が上がったのでしょう。

 

でも、今だに迷う、決断もございます。

一瞬で、見事な答えが出ない時もあるのです。

 

そんな時は、一旦その問題を保留にして、一度大きく息をします。

 

ふー---。

 

 

 

 

そして、自分の人生を逆算して考えるのです。

 

「必ず、死ぬときがくる。あと何年かで自分が死ぬとき

どちらを選択すると後悔しないだろう・・・・」

 

と。

 

すると、弱々しい答えではなく、はっきりと

力強い自分自身の答えが返ってきます。

 

先日もそんな決断がありました。

会社の存続に関わるような重大な決断でした。

 

目先の損得ではなく、今後、絶対に後悔しないだろうという

自分自身の答えが返ってきました。

 

 

本当に決断に迷ったときは、人に相談をするのではなく。

答えは全て、自分の中にあります。

 

もし、あなたが重要な決断をしなければならないとき

人生を逆算して、

自分が死んだとき、後悔しない決断はなんだろう?

と問いて下さい。

 

自分自身の力強い答えが返ってくるはずです。

お勧めです(^^)

 

 

僕は毎週、コーチングセッションを受けております。

優秀なコーチ達による素晴らしい質問により

自分自身の問題解決能力は日々増しております。

 

そして

僕は毎日、毎日真剣に生きているか?

と言えばそうではありません。

 

わりとゆるいです。

 

仕事は真剣。

遊ぶときは遊ぶ。

 

やるときはやる。

ゆるむときはゆるむ。

 

やはり、何事もメリハリが大事。

 

普段から、常に仕事のことを考え、思考も体も

ガチガチになっているので、

むしろ休養やリラックスをする時間を主体的に作っております。

 

僕も含め、今の現代人はやるべきルーティンに追われ

休養が不足がちになっているそうです。

 

休養、リラックスする時間が足らないそうです。

 

ボーっとする。

空想をする。

散歩をする。

雑談をする。

 

など、一見、無意味に思える行為も、人が生きて行く上では必須な作業です。

 

ボーっとしたり

空想をしたり

雑談をしたり

しない人ほど

 

仕事の能率が悪く、注意力も散漫だという実験もあるそうです。

不思議ですよね。

 

パフォーマンスが良いアスリートや技術者、

又は学力の良い学生に共通していることは

 

「よく寝ていること」

 

らしいですね。

 

現代はしっかりとしたデータも出ています。

 

しっかり、休養をして、良く寝て

パフォーマンスが良い仕事をしたいものですね。

 

 

 

 

先日鎌倉に行って来ました。

うぐいすが綺麗に鳴いております。

 

 

へへぇ。

水分補給もね。

※水分じゃねーし(笑)

 

 

 

 

 

休養バッチリニヤリ

 

 

 

日本料理 みや

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram

 

 

 

 

 

 

以前にも書いたことのある記事ですが

最近、ほんとにそうだなー。

と思うような出来事があったので、同じようなことを書きます。

 

実は

少し前に、身近なある人から直接

 

「あなたは人として最低」

 

との評価を頂きました。

 

具体的に言いますと

 

「あなたは仕事のしすぎ」

※僕は好きでしていますドキドキ

 

「何故?あなたはコンビニで物を買うの?」

※コンビニの商品は毒だそうです。

たまにしか行かないんだけど。

 

「あなたは金使いが荒い」

※そりゃそうだ。経営をしているので扱う金額が違う。

でも普段から超~質素。

 

「人として信用ができない」

※そっか!いつも冗談ばかり言ってるからだ(笑)

でも嘘はつかない。

 

他にも盛沢山、ご指導、ご鞭撻、ご指摘を受けました。
 

ま・さ・か

その人が、僕をそんな風に思っているなんて...

 

その時はショックだったので30分くらいは凹みましたが

すぐに立ち直り、テキトーにスルーしました。

※それが僕の良いところ

↑自画自賛(笑)

 

まーね。

僕は人より、悪いところは沢山あります。

人より失敗も多いですし、問題も沢山ございます。

 

 

でもさー。

 

人は良くも悪くも

欠けているものに、すぐに目が行きやすいものですよね。

 

欠けているものって、目立ちますものね。

 

 

実は僕も昔はそうでした。

人の欠けていることや、悪いところが常に気になってしまう体質でしたニヤリ

 

でもそれって、本当に損をしていたなーと

 

思い返せば、そう思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長ったのですが、今日はその話題ではありません。

 

今日のお題は

「意識したものが現象化する」

というテーマです。

 

本題に入ります。

 

例えば僕もそうでしたが、

他人の悪いところが気になる癖がある人は、

実はそこばかり気になり、

 

他人の良いところや素晴らしいところがボケていくそうです。

 

 

カメラのピントを想像すればわかりますが、

ピントを合わせたものはしっかり、くっきり見えますが

それ以外のものはボケてくるものです。

 

 

 

こんな感じかな。

 

どんなに優れた人でも欠点はありますし、

一見悪そうに見える人でも、必ず良いところがあります。

 

どんな人でも光と影の二面性を持っているものです。

 

ただ

どこを見るかは自分で選択が出来るのです。


良いところを見るのか、

悪いところを見るのか。

 

そして先ほど言った、

「自分が意識したものが現象化する」という

仕組みを

僕達は再度、認識しなければなりません。

 

なぜならば

自分が常に内部で観察をしていることが

自分の現実を引き起こしているのです。

そして、自分がフォーカスするものが増大するのです。

これはちまたで言う「引き寄せの法則」とも呼ばれているのですが。

 

自分が意識したもの、フォーカスしたもの、観察したものが現象化して、増大行くということは

量子力学でも実証されています。

 

さらに、僕達の脳には「確証バイアス」というものが働いており

自分の信じ込みと合致する情報ばかりを集めて

それ以外の情報は無視をしてしまう傾向があるそうです。

 

先ほどの例で言うと、「宮本は最低な人間だ」と信じている人は

さらに僕のことを最低の人間であることを証明するような事実ばかりを

脳が認識して、記憶するそうです。

※もちろん、僕は人として最低なことは沢山あるのですが^^;

 

そして、その人の良いところは素通りして
脳のフィルターに認識されないそうです。

 

そして「宮本は超~最低の人間である」

という証拠ばかりを集めてしまうわけです。

 

ある意味、僕達の脳は本当に恐ろしいです。

 

常に自分が考えていること、感じていることを見張っていないと恐ろしいことになります。

なぜなら、自分が意識したものが現象化するからです。

 

さらに、さらに「ピグマリオン効果」という言葉もございます。

 

例えば

組織のリーダーが部下のことを駄目な部下だと思えば、

部下はそのように演じますし。

 

親が子供のことをそう思えば、子供もそのように演じます。

 

つまり、言い換えれば

僕達が目で見える世界は、全て自分の内側の投影なのです。

 

これは全て。

 

僕も最初は信じられませんでしたが。

ハイ。

 

であるならば、

人の良いところを見つけ、感謝しながら生きるのか?

人の悪いところを指摘し、文句を言って生きるのか?

 

どちらも選択できます。

 

どちらもありです。

 

人の良いところを見つけて、感謝をして生きていけば

それが、現象化し、増大し

自分自身が幸せな人生になるし

 

人の欠点ばかりを指摘し、文句を言っていたら

それが、現象化し、増大し

自分自身が不幸になります。

 

他人にどう言われようが、僕は自分が幸せな生き方を選びます。

 

 

人から悪口を言われても

自分は言わない。

 

人の良いところを見つけ

感謝する。

 

騙されても

人を騙さない。

 

自分の選択でどうにでもなるものです。

 

良くも悪くも、自分がやったことがそのまま返ってくるという体験を

痛いほどしているので、普段から、自分の考え方、行いには気を付けております。
 

な~んて

最低人間と言われた僕が言うのも

おこがましいことです(笑)

 

おっと。

オタオタしていたら、もう6月ですねニコ

 

日本料理 みや

 

みやブログ

 

Facebook

 

Instagram