お受験ブルーズ

お受験ブルーズ

現役講師がお受験を通じて世間を眺めています。
大手塾勤務→独立→プロ家庭教師と変わって来ました。(作曲・編曲、戦国シンフォニックメタルバンド「Allegiance Reign」のベーシストとしても活動しています。どっちも本気です)

究極の受験セカンドオピニオン「スーパーコンサル2020」を行っています。受験や進路で悩んだら普段の塾や学校の先生とは違う、忌憚なきコンサル指導を受けてみませんか。

詳しくはhttps://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html へ。



家庭教師のご依頼を可能な限り受け付けております。私立中高一貫校のテスト対策や、テスト前の単発授業なども可能です。詳しくは下記へ、
https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html


ご興味のある方はメールくださいね。
hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)


マイナビさんにて、コラム連載やってます。よろしければこちらもどうぞー。
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/10164

 

 

 本日、9月25日19時予定のYouTubeライブ配信のお品書きです。画一的教育からの脱却のための、提言と生きるのが少し楽になるタイプわけの話です。最後に質疑応答も受け付けます。

 

 話の流れに関係のない質問は、最後の時間にできる限りお願いいたします。話の流れ上の質問は大歓迎です。

 

 下記URLで行います。本の中身の話もちょっとするかもしれません。

 

 

 

<岡田斗司夫さんの4タイプ理論を子育てに活かしてみた >

 

OP ベース演奏(開始時間の少し前からw)

 

4タイプの基準、考え方、判定法の準備など

 

おませタイプ(注目型)

いいんちょタイプ(司令型)

カタブツタイプ(法則型)

ぼっちゃんタイプ(理想型)

生きるのが楽になる4タイプ理論の使い方

 

質疑応答 スーパーチャット(投げ銭)をいただいた質問を優先かつ、ちょっと丁寧めに答えます。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2021、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください。2回目以降の方で以前お伝えしていたケイタイのアドレスはなくなって利用できませんのでご注意ください。こちらのアドレスで大丈夫です)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2021年5月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から10日の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、茨城、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

よろしければ下記のリンクにクリックお願いいたします。励みになります

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城

是非ご覧になってください。僕は烏帽子かぶってるのが僕です。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m

 

下記My Pickをご参照ください

ジュクコ(東大軍師)の著作

 最近では、大学受験において記述や思考を重視する共通テストの改革が志向されてから、中学受験でもその流れが来るようになっています。

 

 結果として、中堅と呼ばれる学校でも、記述式をどんどん取り入れる傾向になっています。

 

 結局、共通テストでの記述の実現はなりそうにもなく、あの騒動は「なんやったの?」という感覚もありますが、世の中の受験が丸暗記志向から、思考・論述志向にどんどん移行しているのは確かです。

 

 元々は中学受験でも御三家や灘のような東大志向の学校でのみ、記述中心ではありました。といいますのも、国公立大の入試は、すべからく記述や論述を要するものが多く、各学校では、そのような試験に将来的に対応できる子が欲したのです。

 

 僕自身は、ずっと幼いころから記述や式を書くのが当たり前の関西の環境で育ってきております。丸暗記に走った経験もありますが、それを踏まえてもやはり、論述で考えたり記述を書くことが、勉強の「本質だ」と思えます。そもそも、文章や言葉で説明する能力を磨かないで、何が勉強だといえるのでしょうか。

 

 中堅校でも国公立大の対策をしていくことが当たり前になり、そういう子が今後はMARCHや関関同立も滑り止めとして受けに来ます。論述で鍛えてきた人間は、丸暗記をさせても結局は強くなります。私大でいい、という方も、そういう子たちと横一線で勝負する可能性を想定しておきましょう。

 

 つまり、受験にしっかり勝ちたいのであれば、私立文系志向であったとしても、どこかで記述を鍛えるべきに思います。

 また、大学付属で内進などされる方は、僕らのような普通民の凡人たちは必死の思いでこのあたりを鍛えてきますから、中高のどこかで能力的には並ぶあたりまで鍛えておいた方が良いと思います。

 大学内進の子は、活字もろくに読まない・読めない子が多いです。それで社会人としていいのかー、と心配に。

 

 今日はそのうえでの注意点を述べてみたいと思います。

 

 

とりあえず書け! 空白は厳禁

 ……今の子の大体の特徴として、「めんどくさそうなのはやらない」「習ってないとやらない・できない・やろうともしない」というのがあります。

 

 特に今の中学受験は、とっとと「型」を教え、すぐさま数問の演習→似たようなものを解いて得点化、という流れがとことん効率化されていまして、良くない流れがあります。上位層の子でも、けっこう、ぱっとわかることしかしたがらない現象があります。(それでは、東大は厳しいですよ)

 

 解くのに時間がかかり、面倒くさい記述は取り組んでも点数にならないからか、さっさと飛ばしてしまうことが多いです。つまり、できない子ほど、記述の解答欄を空白にしてしまいます。これがよくありません。

 

 効率を重んじて飛ばしたのだとは思いますが、それは長い目では効率が悪いです。知能も伸びにくいし、一生記述が書けるようにはなりません。空白(書いてない)なのだから、当たり前ですよね。

 

 別に最初はへったくそで良いのです。いろいろ大人に言われるかもしれませんが、空気など読まずに、どんどん書けば良いのです。

 

 まあ、親御さんも文章をお子さんが書いた場合には、いかなる批判もせず、「よく書けたね」とまずは言ってあげるべきに思います。文章を書くのを嫌がってしまうと、もうそこで伸びは止まってしまいます。

 

 まずは書いたからえらーい、これで良いです。

 

 どうやって書くか、どのように書くか、などのメソッドも存在しますが、そんなものは、書くようになってから、です。書く前からメソッドなど入れる必要はありません。無理です。

 

 石は親が取り除くものではなく、つまずかせて、子供に取り除かせるものです。

 まずは書け。これを突き放してでもさせるべきです(鬼w)

 

 本気で書こうとすると、問題文をしっかり読んでどう書こうかの作戦を考えるものです。そのひねり出しが大事です。最初は、課題文のどこかを丸写しになってしまうことでしょうが、それで構いません。

 

 飛ばしてもいい、と暗黙の了解にしてしまうからいつまでたっても取り組まず、すると出来るようにはならない。

 そして、いずれ時間制限が来るのが受験です。

 

 今まで書かなかった子が書けるようになるには、半年はかかります。つまり、今小6だと、結構詰み始めているのです。でもこれが、下手くそでも書いていれば、メソッドはすんなり入ります。(ある程度の読書量は要る)

 

 失敗を恐れずどんどん書く子は、大人のチェックも入りやすく、アドバイスもたくさんもらえることになります。すると、そのうち書けるようにもなるのです。書かないと、どこがダメかもわかりません。

 

 中学受験であれば、メソッド面は小5後半から入れれば良いです。(出口先生の実況中継に書き方は載ってます。それ以上のものはありません、下記参照)

 

 

・書けるようになるまでのステップ

 ……生徒さんたちを見ていますと、記述問題が書けないのには2種類のベクトルがあります。

どう書けばいいのかわからない(書き方)

何を書けばいいのかわからない(内容)

 

 まずファーストステップは、記述がかけない場合、この2種類のどちらが原因なのかを、親でも先生でも良いので伝えられなければいけません。どっちも、というのも良いでしょう(笑)

 

 「とりあえずわからない」が一番最悪です。考えていない・思考放棄・メンドクサイ、ですので、そのままではおそらく今後も伸びていかないでしょう。お子さんが小4以下の場合は、読書などをして、「なるべく頑張って書いてね」くらいを言い置き、時を待ちましょう。日記などを書かせるのも良いでしょう。(小学校がやってよ、とは思いますが)

 

 また、この場合、普段親御さんがテストで間違っていることをネチネチ言ったり、お子さんに恥のようなものをかかせている場合があって、間違えるのを恐れるあまりそのようになっていることも多いです。見栄っ張りな子にも多いです。

 その辺りも自戒してみてください。

 

 子の性格のせい、とするのはいろいろ早いですが、僕からみると親御さんがそうなるように持っていっている場合が多いです。

 

 

 さて、①に関してですが、これは、「問題文」にどう書けばいいのかは書いています。リード文(ここでは課題となる文)ではなく、(1)とか問4、といった問題の中の問題文が読めていません。

 

 「傍線部のようになったのはなぜですか」「ーー①のそれ、は何を指しますか」など、問題文にどう答えればいいのかが書いています。問題文の訊かれ方で、「ああ、この問題はこういうことを答えてほしいんだな」がキャッチできる子が、国語ができる子です。

 このような子は、他教科もできていきます。

 

 ここまでは、誰でもできるようになるので、問題文にどうこたえるべきか、は、常に意識するようにしましょう。慣れない場合は、問題文を3回くらい読む必要はあります。(それもしない子が多い)

 

 

 問題は②の時です。これは内容把握の問題で、難問系の場合が多く、難しいです。特にサピやグノーブルの記述問題は4行くらいにわたることが多く、これが問題になりやすいです。まあでも、やはり空白よりは何かを書いていきましょう。

 

 これは、リード文の中身の部分で、数か所のチェック→それをつなげて自分の言葉にして→文を再構築、という手順が必要です。

 これは、大学受験でも最上位の難問であり、中学受験の上位層ではこれがもはやスタンダードになりつつあります。特に、サピックスでは小4からこの手の問題が出てきます。

 

 もちろん、難しいので完璧にできる必要はありません。まずは半分の点数がもらえていれば、及第点とすべきです。また、毎回、丸をもらいにいくのではなく、三角で半分を狙いにいくのがセオリーです。

 ま、2点くらいもらえていればまあ良しです。ゼロ点でなければ構いません。

 

 ゼロ点の場合は、上記①で示した齟齬がまだあります。問題文で訊かれていることに答えられていない、かズレたことを言っています。

 

 中学受験の場合は、難問であっても、必ず傍線部の近くに答えのワンポイントは隠れています。まずは傍線部の前後を読み、訊かれていることの答えっぽいところを探すことから始めましょう。

 それで、とりあえずバツ(0点)は防げます。

 

 それが安定してできたら、次は文章構成をとらえ、少し離れた「っぽい」ところもチェックして、つなげてみましょう。通常、2から3か所のチェックポイントがあり(キーワード採点)、慣れたら一つのことだけでなく、もう一つ二つ、ポイントを探して記述にぶっこんでみましょう。

 

 これで、サピの14点満点の問題なら8から10点くらいもらえます。また、ここまで行くと、必ずトップ層になっています。(つまり、最終目標に近い。ここまでできる必要はあまりない)これができる子は、他教科もできるに決まっているからです。100の学力で120の点数がきます。

 

 これができたら、そもそも大学受験の現国でも、漢字以外しなくても取れるようになっています。お得やん。

 

 文章構成に関しては、具体例を見抜くなど、読み方はあるのですがそれはまたの機会に。そのうちYouTubeのライブ配信で課題文をリアルタイムで解く配信をしてみても良いかもしれませんね。

 

 

 まずは、嘘クソでもなんでもいいので、書くことからです。不思議と、逆転合格する子は、まあよくもまあ、というくらい滅茶苦茶書いてきます(笑) 書く量が多いです。

 

 でも書いているうちに、好転してくるのです。これが真理です。

 

 書こうとすれば、何かが花開きます。それに期待しましょう。これからの時代は、考えているだけの人間はダメだと思います。

 行動が大事です。

 

 国語覇者への道①、もご参考までに。

 

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 P.S. 9月25日19時予定のYouTubeライブ配信ですが、下記のアドレスで行います。とりあえず、著作権にかからない何かの曲をOPに弾くかもしれません。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2021、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください。2回目以降の方で以前お伝えしていたケイタイのアドレスはなくなって利用できませんのでご注意ください。こちらのアドレスで大丈夫です)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2021年5月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から10日の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、茨城、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

よろしければ下記のリンクにクリックお願いいたします。励みになります

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城

是非ご覧になってください。僕は烏帽子かぶってるのが僕です。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m

 

下記My Pickをご参照ください

ジュクコ(東大軍師)の著作

 

 このようなブログや受験ブログのほとんどは、御三家や灘などに行く方々のものばかりであると感じます。そもそも、中学受験の大手カリキュラムは灘や開成にいくためのものと位置付けられており、カリキュラムもそのような子にアジャストしやすいように作られていることが多いです。

 

 ただ、特に都市部の中学受験では我が子の可能性を広げるためのもの、という位置付けになってきていて、全員が全員名門校→東大狙い、というわけではないと思います。

 

 御三家から少しの、海城や攻玉社、巣鴨、女子なら鷗友、吉女などを狙いつつ、中高6年間で本人の成長を待って、行きたければ本人がそこから頑張って国公立大に行く、無理ならその時点で良い大学にいく(公立からのコースより大学受験には有利)、というご家庭も増えています。

 

 無理やり名門校を狙って幼い子供に負担をかけて潰すよりは、僕としても良いのかなと思います。

 コロナ後の世界は、唯物論者・功利(合理)主義者だったり見栄っぱりな方ほど、世界がよりデジタル化して、精神がしんどい時代になると思いますので、中学受験に親が必死になりすぎるのは、やはり嫌な予感がします。

 

 精神の健康にも気を使っていきましょう。

 

 ただ、そのあたりの良い学校は開成レベルの子たちの滑り止めでもあるので、競争率は非常に高く、結果としてもう少し下の偏差値帯の学校になってしまうこともあるでしょう。

 

 四谷でいう偏差値50以下の学校を受験する場合と、57,8以上の学校を受ける場合とでは、過去問に対する考え方は全く違います。

 この辺りを混同している方がプロでも多いようですし、塾の先生も、どっちかよりになっていることが多いようですので、今日は基準を述べてみたいと思います。

 

 この間に位置する、50から57くらいまでの偏差値帯の学校は以下のどれかに該当はすると思うので、各自判断のしどころ、つまり勝負点となります。

 

 このブログでは受験学年秋以降の過去問の扱いを慎重にすべきであることを毎年言っています。この時期のブログの過去記事を参考にしていただければと思います。

 

 

・御三家、女子御三家、灘・甲陽またはそれに準ずる学校

 ……基本的に毎年傾向が変わらない学校が多い。だから10年以上やっても良いが、自分の成績が「当落線上」だと思う場合は、過去問をするより、先に、基礎演習をして固めた方が良い。この場合の基礎は、算数でいうとプラスワン問題集レベル。これが基礎と思えないなら、志望校のランクは落とすべき。

 このあたりの学校は、受かっても放任系のところが多く、親御さんが思うようなメリットはないかもしれず、あまりこだわる必要をプロ的には感じない。ちょっと落とした方が、私立中高一貫校の理想はあるかもしれない。

 

 このランクの子は、過去問を直すと答えを覚えてしまうので、同年度をやる意味は薄い。直しもそこそこでいい。

 

 

・偏差値帯57から63くらい、御三家の少し下になる学校

 ……基本的に競争率が高く激戦ミスが普通に命取りになる成績層。ある学校に人気が偏ると、実力相当でも落ちることが普通にある。

 ほとんどの子が「当落線上」のはずであり、学力に余裕はないはず(あるなら御三家レベルを狙うはずなので)

 

 だから、過去問は直近の3から5年分くらいにとどめ、空いた時間でひたすら良質な問題の演習をすべき。最後は量がモノを言うレベル帯。計算力もこの時期に軽視する子も多いが、逆。ミスしない練習をすべき段階の子が多い。

 

 特に、駒東や浅野・芝のように、数年で傾向が変わるところが結構あるので、その場合は、10年もやる必要はない。やってもよいが、その時間を例えば中学への算数を1か月分くらいやったり、4科のまとめで理社知識を固めたときと、どっちが学力があがるのかを考えて、見定めるべき。

 

 基本的に中途半端な学力だからこの層に甘んじているというのを自覚して、各個々人が自分の欠点を直しに行くべき偏差値帯。

 

 過去問に時間をかけすぎるのは危険な層。特に直しに時間をかけすぎたり、何回も同じ年度をしている暇がないことが多いので注意。

 

 

・偏差値50以下の学校

 ……このレベルでは、標準問題以下しか出題されない。しかも、ほとんど傾向は変わらないし、変わる場合は、直前の説明会で大体言ってくれる。秋以降の説明会で大体の傾向や出題分野を言ってくれるところも多く、そこさえ固めれば合格点にはいきやすい。だから、小6夏くらいからでも真剣にやると受かる子が出る。説明会に出ておくことが大事。

 

 基本的に過去問を何年分かやり、毎年または2回に一回出題される分野が、お決まりのパターンであるはずなので、早めに一年分やり、よく出る分野を他の問題集で固めて→再度挑戦、の繰り返しでよい。4割以下しか点数が取れなかった場合は、全問題を解説してもらったのち、2・3週間後にもう一度するのが良い。10年以上やってもアリっちゃありだし、最も効果は高い。

 ただ、一応、全範囲を基礎問題まで押さえていくのが良いとは思う。

 

 10年くらいやると、同じ問題がよく見られるので、(直しをやっていれば)段々点数が取れてくる。過去問直しが最も効く偏差値帯。3年やっても点数が上がってこない場合は、一旦止め、先に問題集をもう1周した方がよい。

 点が取れない場合は、ただの経験不足であることが多いので、1月まで過去問はしなくてもよいことも多い。そこらへんの腹決めも大事。

 

 

<注意点>

 といったところでしょうか。いろいろな塾でのやり方を見ていますと、この上記のうちのどれかのやり方をそのまま全員に押し付けることが多いように思います。

 

 問題は、志望校に対して、「当落線上」の成績層の子たちです。時間を無駄にすると、えらいことになります。

 

 特に、偏差値60前後の競っている層では、開成の子がやるようなやり方(15年分しろ、みたいな感覚)では普通に失敗しますし、かといって、偏差値50もいかない子用の反復のやり方でも無駄が多いです。基本的には、1,2回分やったら、しばらく置いて塾や家庭で基礎演習をし、1か月後くらいにもう一度違う年度をやってみるのが良いと思います。

 

 第1志望ばかりやりすぎて、時間を無駄にしないようにしましょう。偏差値帯で自分の平均偏差値が5以上、上回っているところは、まあ過去問など1・2年やれば必ず対応はできるので、そこでの時間のかけすぎも注意です。

 

 画一的な教育からは脱していくのがこれからの教育であろうと思いますので、各ご家庭ごとに過去問のやり方は考えてみるべきに思います。第1志望が偏差値67、第2が60、第3が55、というご家庭も多いでしょうから、学校ごとに過去問の対し方を変えても良いと思います。

 

 我が家庭にどれが当てはまるかは、上記の基準をもとに考えていただければと思います。

 

 

 それでは、今日はこのへんで。

 すでに直前期には入っています。今年もこのブログに集いし、縁ある人々の受験が、良きものになることを陰ながら祈っております。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2021、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください。2回目以降の方で以前お伝えしていたケイタイのアドレスはなくなって利用できませんのでご注意ください。こちらのアドレスで大丈夫です)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2021年5月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から10日の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、茨城、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城

是非ご覧になってください。僕は烏帽子かぶってるのが僕です。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m
下記My Pickをご参照ください。
 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

 最近気になりますことは、理科分野が苦手な子がやけに多いことです。理科好き(だが数学嫌いw)の僕からすれば、信じられないことです。

 

 まず言えますことは、理科を過剰に社会的に暗記に走ったり、算数的に演習に走ったりしすぎに思います。理科は具体的なイメージが湧きやすいはずですから、座学でやってもつまらない部分があります。また、楽しみやすい部分が多いにありますから、体験でもって、遊びの延長でできる限りとらえていくのが良いように思います。

 

 進学校では、偏差値が高い学校ほど理系の率が高い現実もあります。加えて、今の中学受験は理科の平均点がどうしても相対的に難易度のわりに低いし、最後の最後まであがってこないことが多いです。これは中学受験にも大学受験にも言えます。

  

 つまり、理科が得意であることは、大学受験においても、もちろんその後の就職などにおいてもお得です。得意にしておいて損はないです。

 

 特に中学受験では、算数は成績がなかなかあがりにくいものだし(時間がかかる)、国語は苦手ですと演習ではどうやってもあがらない子も多いです。

 

 そこに膨大な時間を使うよりは、理社を8割9割とってしまって、安定させる戦略が、有効であることもあります。この2教科は本腰を入れれば必ず時間に比例して結果がでるので計算もしやすいです。また、どんな難関の学校でも算(数)・国に比べれば難易度も低いです。

 

 また、僕自身が非常に理科が好きで勉強することに苦がなく、むしろ数学や英語などの間に挟むことで癒しにすらなったほどの理科好きです。

 中学受験では、ほぼ自宅勉強をした記憶がないのですが、8割くらいはとったと思いますし、東大受験でも二次試験で生物が9割、化学が8割という出来栄えだったと自負しています。(どう考えても間違えたりわからなかったものが2から3個しかないので。途中失点しているかもしれませんがw)

 

 算数は大嫌いで、国語はそこそこですから、理科がしっかり人生をすくってくれているのです。もちろん社会も好きなので、文系であればそちらを武器にしたと思います。大学受験でも、理社は予備校などでは得意にしにくいですね。学校の勉強が実験もできて、最上です。

 

 

<きっかけは小学校時代の鉢植え、虫取り>

 まず、僕の通っていた小学校では、今では考えられないほど鉢植えの実習が豊富にありました。兵庫県の公立がそういう方針だったのかもしれません。百ます計算も学校でやっていたし、いろいろと恵まれていたと思います。

 

 まず、小1でアサガオを栽培します。これはどこの学校でもやっているはずですね。これも非常に大事です。

 

 

 ただうちの学区では幼稚園でまずアサガオを栽培し、夏に枯れてアサガオがいなくなった鉢に、つづいてヒヤシンスを植えました。これで球根というものを知ります。その後、また小1でアサガオを植えます。

 

 

 続いて、順番は忘れたのですが、ベゴニア→アブラナ(これは小2冬~小3春だった)→ホウセンカと続きます。クラスみんなのホウセンカの鉢が置いてある通学路を秋ごろに通ると、「パチン」という音がやたらします。「何や?」と疑問に思っていたところ、数年後、それは種がはじけているのだと塾で知ることになります。

 

 

 ベゴニアは面白くて、葉っぱや茎の一部があれば、それを土にぶっさすことでそこから根っこが生えてきて、無限に増やすことができます。後に生物で習う、無性生殖(クローン)です。

 

 あわせて、うちの小学校にはちょっとしたクラスの畑みたいなのがあって、そこで2年時にはヒマワリ、3年からヘチマ、カボチャ、ジャガイモと栽培していきます。たしか、3年か4年のころ、みんなで何か作物を育ててクラスで食べた記憶があるのですが、その種類が思い出せないですね。

 

 自分の鉢植えがあると、自分で水をやり植物の成長を見て感じ、夏休みには持って帰って世話をしたり、成長を毎日眺めることになります。我が家は狭いマンション住まいでしたので、ベランダが非常に近く、ベランダにずっと置いて観察してましたね。アサガオは種が取れると、それをいろいろ自分なりに条件を変えて栽培していました。

 

 また、この植物種をみると、よく入試でも出る種類であることが分かると思います。

 アサガオの花びらが5枚で、アブラナが4枚、というのも、まあ実際にみて触っていれば、単なる文字情報ではなく、体験として刻まれます。それはもはや勉強とかいうものではなく、自然な体験です。おもろいの延長で終わります。真顔で勉強するような内容ではありません。

 

 加えて、小3時にはモンシロチョウの幼虫をクラスで飼って成虫までしたら、一つは中からハチがでてきました。(いわゆるカリュウドバチ)

 当時は幼虫の背中が割れて綿みたいなんだらけになって、あげく黒い八が出てきて「きっしょ」と思ったのですが(笑)、体験的にはいわゆる「当たり」を引いていると思いますね。

 

 中2くらいのころには、白陵中の敷地内の道端でカマキリを拾ったら、ケツからハリガネムシが出てきて感動したこともあります。(我が母校白陵はそういう意味でも、わけのわからん生物にはよく遭遇した。マムシとかキジとかムカデとかw)

 

 これと並行して、僕は幼少からその辺の動物をハントしまくっています。飼ったことがある、というだけでも、モンシロチョウ、アゲハチョウ、ルリタテハ、カブトムシ、クワガタ(ノコギリクワガタ、ヒラタクワガタ、ミヤマクワガタ、オオクワガタ、コクワガタ)、ザリガニ、サワガニ、トンボ(オニヤンマ、シオカラトンボ、アキアカネ、ギンヤンマ)、コウモリ、テントウムシ(ナナホシテントウムシ、ニホシテントウムシ)、カナヘビ、セミ(クマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ)、カナブン、コガネムシ、ハナムグリ、カミキリムシ、タガメ、イモリ、アマガエル、トノサマガエル、クサガメ、バッタ(トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ)、コオロギ、スズムシ、カマキリ(大カマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリ)、ダンゴムシ、トゲバッタなどなどです。

 

 これに、水槽で、夜店で採った金魚を飼ってました。スズムシやカブトムシ、コクワガタは、卵から成虫へのサイクルを数周させたこともあります。(ま、おやじが世話してくれてたような、笑)

 

 うち半分は親父の実家である鳥取県のど田舎(今となっては過疎地)で走り回って採っていました。ギンヤンマやタガメ、イモリなどは、鳥取の清い大自然の中でないと採れず、感動も大きなものでした。鳥取は大仙という山の水がいろいろとしみだしてきていて、水がめっちゃきれいで少しも臭くないのです。イタチやタヌキ、イノシシもいました。ドジョウも採ったなぁ。

 

 新しい種類が採れるたびに、飼い方や餌を調べるのが当たり前で、当時はインターネットがありませんから、本で調べたり、詳しい人に訊きまわっていました。カマキリなどは毎回卵を生みますから、どういうところにどう生むか、などはわかっています。

 

 また、野山を駆け回る上で、ハチに刺されたり、ムカデやヤスデなど、キモいだけでハントの対象にならないものにも遭遇しますから、結構な刺激の量となります。知能や運動能力も伸びると思えませんでしょうか。僕は公文の帰りでも、虫を探して帰ってきていました。(公園を必ず通るw)

 

 

 ペットを飼うのも良いと思いますが、野山(とっても実家は明石市なので山はない)を駆け回るとそれだけでは得られない感動がありました。ま、おかんは虫嫌いで嫌がってましたが(笑) 

 ま、ペットに関しては、犬は小さいころに追いかけられてあまり飼いたくなかったのと、猫派だった、というのはありますね。そもそもマンション住まいで無理だったし、おかんがそういうの嫌いでした。

 

 今でも、犬猫に関しては、他人の家の犬猫が可愛いですね(気楽だしw) ハムスターやウサギ、リスを飼ってる家もあって、そういう家に行くのは楽しみでしたね。

 

 

 このように生き物に触れる中での僕の大きな変化としては、アリのような小さな命でも自分の虫かごの中で翌朝死んでいると、何となくショックに感じるようになるのです。可哀想に思うようになります。こういうところから、生き物や環境を守りたいという意識も生まれてくるのだと、実感をもって思います。

 

 ですからなるべく、環境を整えて飼うようになるし、朝ハントしたものは、夕方リリースする、ということも覚えてました。おかんがしきりに、「虫も家帰られんで可哀想やろ、逃がしたり」を連呼するので、それもあったか(笑)

 

 家に出てくるちっさいイエグモも、じっと観察していると、個体ごとにしぐさが違ったりしてかわいいものです。神道では、クモは神様の乗り物だそうで(神社などでお供え物をする台は必ず8足、などに関係)、いろんな生物に触れた経験があると何となく納得できる部分があったりします。

 

 また、生物が生息していそうな森や叢には、じっと目を凝らしたり、耳を済ますようになります。僕は今でもその習慣が残っているので、東京のど真ん中でも結構な種類の動植物が息づいていることが分かっています。川の上からは、必ず魚がいるかどうかを見ますし、いたらうれしくなります。

 

 

 ま、鳥取の田舎では、これくらいいろいろな動物種を飼っている子はざらにいましたね。センスもいい子が多いと思います。(つまり、受験勉強をさせる環境があれば、僕のように東大に行く子は田舎からもけっこう出てくると思いますね)

 こうしていると、受験で理科の勉強になった時、スッと入れるし、ま、産卵場所や餌など覚える必要などあろうはずがありません。また、ここから理科の関心が非常に強まり、理科そのものが好きになっていきます。

 小学期から中高と、理科の時間は先生が良かったというのもありますが、楽しみでしたね。

 

 

 さて、皆さんのご子息の幼年時代と僕の少年時代と比べていかがでしょうか。受験の準備ばかりして、かえって勉強が嫌いになったり苦手になったりしていませんでしょうか。

 

 特に幼少期など、僕は公文以外はずっと外でハントしてましたから(テレビゲームが出現しても昼間の半分くらいはハントしていた。夜は本を読んでいた)、特に小3まではその勉強量を半分にしてでも、良い経験を積ませてあげることが、結局は東大などにも行きやすくなるかもしれませんよ。

 

 都会の子を見ていると、もう小4くらいで勉強が受験勉強みたいになっていて、必死すぎて結果ばかりを追い求め、功利主義に陥って、どんどん嫌いになっているように感じます。これでは伸びるものも伸びないでしょう。

 

 勉強ばかりの人間が偉い人になって偉い役職に就いたときと、生物が好きでその環境を知りなんとなくでも守りたいなと思える人間が偉い役職に就いたときと、その人間社会がどう変わっていくか。わかりそうなものです。

 

 

 やはり驚くのは、アブラナやナズナの花も見たことがない子がいることで、探せば東京のど真ん中でもそこらへんに生えているものです。これは単に関心を育てられていないのです。親にも関心がないのでしょう。山登りやキャンプなどに連れていってもいいし、虫かご片手にその辺を歩いてみるのも良いと思います。釣りや急流すべりなど、(お金がかかるのは何となくダサいなと思うのですが)、そのようなものも良いと思います。

 

 自然に触れている子が、今後は精神も病みにくい→これからは精神を病む人が増えるので受験でも有利、となっていくことでしょう。

 

 

 また、小学校へのお願いとしては、もう少し鉢植えで育てる種類を増やしてほしいですね。

 ま、もうあてにならないのでご家庭でやりましょう。アサガオの鉢で、アサガオ以外の植物もいろいろ育てることができますから、育ててみるのが良いと思います。お子さんといろいろ種を注文してみて、蒔いてみると良いでしょう。

 

 もうすぐアブラナの種まき時期ですね。中学受験的にはヒヤシンスよりは、アブラナがおススメです。

 3月に咲くやいなや、モンシロのヤロウがめっさきて、あっという間に卵を産んで、虫食いだらけにしていくのをぜひとも体験してほしいですね(笑)

 

 鬱っぽくなったときも、植物を育てていると重症化はしにくい、という知見もあります。そういう実利的なところでも、生き物を飼うことや植物を育てることには意味があります。子供が自分で水をあげたりすることが大事です。

 

 真に大切なことは、長い目でみれば、実利でも意味があるものです。

 

 僕はサボテンを過保護に育てて根を腐らせたことがあります。甘やかしすぎてはいけない、この辺は子育てと同じなのでしょうね。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 本日、講談社にていろいろスチール写真を撮ってきました。どこで販促に使われるかは不明ですが(笑)Twitterも気軽にフォローくださいませ。

 

 僕の受験本、多くの方が予約してくださったようでありがとうございます。まだの方は下記からどうぞー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2021、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください。2回目以降の方で以前お伝えしていたケイタイのアドレスはなくなって利用できませんのでご注意ください。こちらのアドレスで大丈夫です)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2021年5月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から10日の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、茨城、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城

是非ご覧になってください。僕は烏帽子かぶってるのが僕です。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m
下記My Pickをご参照ください。
 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

 かねてよりちょいちょいにおわせていた? 僕の中学受験本が講談社さんよりでます。

 

 講談社の方曰く、このようなものは、予約注文の初動が大事だそうですので、よろしければ下記リンクよりご予約くださいませ。アマゾンがありがたいそうな。

 

↓楽天版はこちら

 

 書店に並ぶのは10月12日ごろから(アマゾンでは14日になってます)だそうです。増刷になれば、講談社さんもこの出版不況の中、助かることと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 内容としては、いつものこのブログの内容を凝縮したようなものになっています。その中で中学受験とそれにまつわる子育てにフォーカスしています。

 

 佐藤ママとはまた違ったになる内容かと思います。すべてに論拠があり、僕の経験と知見から責任をもっておススメできるものとなっています。この本で、少しでも日本の教育が良い方向に向かえばと思います。

 

 僕ぶっちゃけの、おススメの中高一貫校を紹介する「特典動画」も付きますので、ぜひお手にとってご覧ください。この辺は、実際にコンサルや授業で中高一貫校の生徒さんを見ていることが大きいと思います。(まじでぶっちゃけたような。偏差値に影響しすぎないことを祈る)

↑ちょい見せ、ちゃんと鎧着ました(笑)

 

 約1年前から、かなり足繫く講談社さんに通い、編集の方と構成のライターさんとで、楽しくしゃべりまくって、要点が見えてきたところでこのような形となりました。非常に終始楽しく、また、喋っているうちにいろいろまた問題点が整理されたりして、僕にとっても大きな経験となりました。

 ま、コロナ禍でなくマスクがなければさらによかったとは思いますが。

 

 やはり大手というのは違うなと思いますのは、かかわる人数が全くちがいました。僕の見えないところで、宣伝やら営業やらいろいろ動いてくださる方の存在も感じられました。

 音楽の方でも、インディーズと準メジャー、メジャーとかかわる人数が全く変わってくるのですが、この構造と同じものを感じました。

 

 エール出版の問題集の時は、僕がほぼ一人ですべてをチェックし原稿を仕上げ、あとは数人の方のチェックや関わりがあるのみでした。書店といっても、ジュンク堂や紀伊国屋みたいな大規模書店にしか置かれません。kindle対応もぶっちゃけしてほしいところではありますね。

(ですが、非常に気ごころが知れており、これはこれで連携が楽だし、書きたいものがかけるというのでやりやすい部分はあります。つまり本の良し悪しとはまた別の問題です。インディーズメタルがメジャーの音楽と比較し劣るわけではないのと同じです)

 

 内容をざっと紹介いたします。

・スーパーコンサルから見えること

・子供を自走モードにするために親はどうすればよいか

・学校選びの基準

・子供のタイプ別対処法

 などです。かわいい4コマ漫画などもついてきます。

 

 この4コマもすごいなと思ったのが、僕がテキトーにべしゃっているエピソードを編集の方が拾ってそのままネタにして作家さんに投げ、形になっていたことですね。フフフと笑える内容になっているので、ぜひチェックしてください。

 

 

 あわせて、この発売を記念したYouTubeライブ配信も致します。

 9月25日19時より

「本発売記念! 画一的教育からの脱出法提言、4タイプ別子供の判定法と対処法」

 10月17日18時より

「本発売記念、中学受験の功と罪」

 

 

 と銘打ったライブ配信をしようと思います。ま、忙しいと変更になるかもしれません。

 いつものように後半は質疑応答時間も設けます。オープニングにベースを弾くかは未定です(笑)

 

 ということで、拙著「中学受験 自走モードにするために親ができること」よろしくお願いいたしますm(__)m 応援していただける方は、読まなくても良いので買ってください(笑)

 

 最下段の家庭教師と書かれたバナーもたまにクリックしていただけると助かります。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2021、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください。2回目以降の方で以前お伝えしていたケイタイのアドレスはなくなって利用できませんのでご注意ください。こちらのアドレスで大丈夫です)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2021年5月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から10日の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、茨城、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城

是非ご覧になってください。僕は烏帽子かぶってるのが僕です。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m
下記My Pickをご参照ください。
 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2