お受験ブルーズ

お受験ブルーズ

現役講師がお受験を通じて世間を眺めています。
大手塾勤務→独立→プロ家庭教師と変わって来ました。(作曲・編曲、戦国シンフォニックメタルバンド「Allegiance Reign」のベーシストとしても活動しています。どっちも本気です)

究極の受験セカンドオピニオン「スーパーコンサル2022」を行っています。受験や進路で悩んだら普段の塾や学校の先生とは違う、忌憚なきコンサル指導を受けてみませんか。

詳しくはhttps://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html へ。



家庭教師のご依頼を可能な限り受け付けております。私立中高一貫校のテスト対策や、テスト前の単発授業なども可能です。詳しくは下記へ、
https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html


ご興味のある方はメールくださいね。
hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)


マイナビさんにて、コラム連載やってます。よろしければこちらもどうぞー。
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/10164

 本日、4月13日19時くらいから、youtube・ティックトック配信を下記URLにて、配信を行います。

 

 「東大合格数ランキングからみる軍師的おススメ学校」をテーマといたします。普段のコンサルの実感などを交えて、良い中高一貫校評ができればと思います。

 後半はいつものように質疑応答いたします。

 

 スパチャも歓迎いたします。質疑はスパチャのものは詳しく答えます。

 

 下記ページにて行います。チャンネル登録、いいね等、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 ずんだもん先生が東大にいかせてくれるシリーズもこつこつやってますので、よろしくお願いいたします。いいね、してくれると助かります。

 

 

 

 

 

Tiktok配信は、こちら

下記リンク・youtubeチャンネルをフォローください。

 

 
 首都圏では中学受験が全盛です。今年は関西圏でも中学受験生が増えたとのことです。名古屋近辺でも公立中高一貫校ができたり、新たな有力校が出てきたりして、中学受験が一般化しそうな気配があります。
 
 首都圏では、埼玉や千葉だけでなく茨城や宇都宮、群馬にまで中学受験が広がったこともその一因です。東京や埼玉近郊の私立中高一貫校に、いわゆる郊外の学校も鉄道網の発達によって可能になってしまったのです。
 
 僕のコンサルや指導も、ここのところは、静岡や宇都宮、茨城、つくば近辺も多くなっています。
 
 上記のような記事がでたことも、中学受験に拍車をさらにかけることでしょう。
 
 昨今の関東の中学受験熱は異常と言ってもよく、その分、優秀な子の量産化が現実化しています。特にサピックスの台頭の影響は大きく、関東は、やや詰め込み傾向なものの、競争が激化し、結果として優秀な子の頭数が増えています。
 
 数年前から、特に開成や筑駒においては、
・これは受かるだろ
 と思えた生徒さんでも玉砕する例が増えています。自分の指導の感覚で「まあ大丈夫、完璧に仕上がった」と思えても、当日のちょっとしたミスがあったくらいで落ちてしまうのです。
 
 例えば、今年の開成は1200人程度が受験しています。そのうち、開成に「行ける」レベルに達している子の頭数は、受験者数1200人のうち、600名から800名程度はいると思います。開成の合格枠は300名ですから、いかに厳しい戦いかはお判りになると思います。
 
 重要なのはこの後で、開成に落ちた子たちは、本郷や浅野、聖光学院などに普通に受かっています。栄東など1月受験校にいくパターンも多いです。これが数百人レベルで起こっていることでしょう。
 
 ということは、10年ほど前まで栄東や本郷くらいが適性レベルだった子は、今の常識ではその上から転げて来た子たちに押され、さらに偏差値上「下の」学校に甘んじることになります。
 さらに五月雨式に資質の高い子たちがどんどん中堅校まで落ちていっているのが現状です。
 
 ですから、今では中堅と呼ばれる学校にも、資質の高い子がゴロゴロしています。関東の強さはそこにあります。この傾向はサピックスの在籍が5000名を超えたころからはっきりと表れてきました。(手元の資料によると、はじめて5000人を超えたのは2017年、まさに合致)
 
 中堅校でも鍛えれば東大くらいは行けてしまう子が関東では本当に多いです。明日(4月13日)、東大合格数ランキングを分析いたしますが、関東の学校がどんどん東大合格者数を増やしています。
 
 また、それが可能なのです。詳しくは明日しゃべります。
 
 そして、東大合格においても、上記の開成のような現象が起こっています。こちらは親が管理する中学受験ほどではないですが、完成度の高い受験生が増えています。
 
 それは、どこの学校も一律で「体系数学」「ニュートレジャー」をはじめとする中高一貫教育で差がつかなくなり、下剋上を起こしやすくなったことに加え、鉄緑会の情報なども外に漏れ聞こえ、中でどういうことをやっているかは、外部のものでも普通にわかるようになったことに起因すると思います。
 
 すると、頭のいい子は「これくらいやっとけばいい」「学校の勉強で十分」など判断を正しくしていきます。理3に行きたいなら、鉄緑会に匹敵するくらいやっておけば良いし、中高は6年もあるので、中学受験の頃のように3年で勝負をしなければいけないということもなく、コツコツ型の秀才でも勝ちやすいです。
 
 すると、やはり東大に合格できるような学力層の数は、東大合格枠の約3000名に対して、2万人くらいはいる、と考えたほうが良いでしょう。ここから、共テで失敗したりした子が転げ落ちていき、まっとうな競争率となります。
 
 おそらくそのうちの7割程度が関東勢だと思われます。中学受験の隆盛によって、基礎学力のある子の頭数が増えていることも原因の一つとは言えます。
 
 関西や名古屋近辺でも中学受験が増えてきているようですので、そのあたりからの挽回もあるとは思いますが、それも都市部だけで、地方の田舎との経済格差はやはり深刻化すると思います。
 
 
 そこから、共テで失敗した子や模試で結果がでなかった子を中心に地方の国公立大を受け始めます。今は浪人してまで東大や京大にこだわる子は少ないですから、余計に「旧帝大でいいや」、くらいになることでしょう。
 
 東大に比べれば、京大以下旧帝大であっても、問題の難易度はワンランク下がります。ですから、東大を目指してきた子は落ちる気はしないはずです。早慶を含め、東大を目指しているからこそ、そのあたりの大学に落ち着く、という現実もあります。
 
 
 ですから、中高一貫校に入ったのであれば、とりあえず東大、は正義だと僕は思います。目指すのはタダですから、目指してみればよいのです。そのうえで、高3の最終局面になったら、現実的な部分で妥協して、志望を落とすことを考えればよいでしょう。そこまではひたすらにやればよいです。
 
 今後の社会では、高度なリベラル化により、公正な競争が担保されていきます。すると、社会人では、学歴より、「実質的な知性」が大事になっていきます。
 
 大学はある程度のところでよい、という時代にもうなりつつもあります。
 
 であえば、とりあえずは東大を目指しておいて、その知性でもって、どこか早慶や旧帝大くらいに落ち着けば、浪人する必要もないのかな、と僕は思っています。
 
 それより、たくさん本を読んで、いろいろ見識を深めたり、クリティカルシンキングができるようになった方が、今後の人生では良いでしょう。
 
 
4月13日土曜日の19時より、「東大合格数ランキングに見る、軍師的学校の見方2024版」を下記URLにて行います。よろしくお願いいたします。
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
お知らせ
4月19日金曜19時半より、神戸ポートアイランド(計算科学センター)にて、下記のフェスに武士バンド「アリージェンスレイン」で出演いたします。無料のライブなので、ぜひお越しください。終わった後、物販に僕らはいるので話しかけてもらって大丈夫です。

 

3冊目、発売しましたー。売れ行き好調なようでありがとうございます。

 

<コンサルについて>

4月いっぱい(末日)まで募集を停止致します。3月29日朝9時時点でいただいているメールには順次対応致します。

5月1日から5日まで関西コンサルを行います。

 

<軍師の合戦情報> (お子様来場の場合は音楽用耳栓か、イヤーマフ推奨です)

 

しばらくありません。(レコーディング中)

 

4月19日に神戸大熱波フェス(無料ライブ@六甲アイランド)
5月にカリフォルニア(米軍基地)?
6月に軍師講演会→演奏会?

 

詳しくは下記Twitterへ

https://twitter.com/allegiancereign

https://twitter.com/LIONADRIVE

・僕が仲間たちと創った、第1弾ボカロ動画です。いいね、などマジでお願いいたします。たくさんのアクセス、ありがとうございます。(ボカロ用のチャンネル作りました、フォロー等よろしくお願いいたします)

 

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2024、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2024年2月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から2週間の間に必ず返信は行いますので、2週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。ドコモなどのキャリアメールではこちらからの返信が届かない場合があるようです。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。(リマインドは深夜になりがちです。先にそちらからしていただけると助かります)

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、熊谷、栃木、茨城、大阪吹田、奈良、兵庫明石市近辺、京都、静岡、熱海、名古屋などもありました。もちろん、オンラインでも可)

 

よろしければ下記のリンクにクリックお願いいたします。励みになります

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城。是非ご覧になってください。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m

また、各種サブスクでも聞けるようになりましたのでよろしくお願いいたします。

Amazon

https://music.amazon.co.jp/artists/B07D9DZDVN?ref=dm_sh_aad7-acfb-681a-2239-abbc8

Spotify

https://open.spotify.com/artist/3lu4OEYDAjQWl5NIPbTpAD?si=o_6trKczQ2eUvaUBtBEzpA

 

下記My Pickをご参照ください

 

 子育ては本当に難しいな、と思います。長年いろんな家庭にお邪魔していましても、こうしときゃ大丈夫、というのはなかなかはっきりとは言えません。
 
 特に中学受験ではクラス昇降の激しい塾ではずっと親御さんはやきもきするでしょうし、中高以降もなかなか自分から勉強をせぬご子息にモヤモヤしているやもしれません。
 
 僕から言えますことは、そういう子は
挫折をしてもらわないといけない
 ということに尽きます。どちらかというと、我が子を挫折から守りたいあまり、気を病んでいる親御さんが多いように思います。
 
 一生懸命やってもダメだった、ということから人間は多くのことを学ぶのです。中学受験時分からそれが経験できれば、本当に逞しくなります。小学校受験では、これが経験できないからおススメできない面があります。
 
 挫折なき人間は後にもろくなるものですし、優しくもありません。他人に平気で酷いことを言える人間は、挫折を避けてきたか、挫折をしても正面から向き合わず、なんやかやと他人や環境のせいにしてきた方が多いかと思います。
 
 そういう意味では、中学受験や大学受験は、
・本人がそれなりに必死
・自分なりに頑張っている
 という状況を作りやすく、よい挫折がしやすいです。
 
 
 僕がかねてより提案しているのは、
・良い挫折をさせてあげる
 という「挫折はプレゼント」案です。
 
 とはいっても、人生ではじめての大コケがあまりに大きいと立ち直るのに時間がかかる子もいます。性格が歪む子もいます。
 だからこそ、普段の小テストや模試でコケておく必要があるのです。
 
 そのためには、中学受験の方はそろそろサピックスオープンや合不合などが始まると思いますが、
精一杯ガチって、大コケしてもらう
 のが最も良い時期に思います。秋だとマジで間に合わない、気が気でない、もあり得ますから、この時期こそが遠慮なく挫折できる時期なのです。
 
 そう思うと、次の模試で「悪ければいい」と思えることになりますよね(笑)それで良いと思います。
 
 夏前に挫折をすると、「やべっ」となって夏休みに突入できる面もあり、自分の教え子の経験では、後に好転するパターンが多いです。
 
 逆にスムーズにずっと来てしまうと、本番で大コケすることが本当にあります。本番の大コケは、人生に普通に影を落とします。
 
 
 ここからの模試は、どの学年も大いにコケればよいのです。むしろ、「次の模試あたりでコケてくれないかなー」と親御さんが念じるくらいがちょうどよいです。悪い点だったら、「しめしめ」と親御さんが思うくらいが本当にちょうどよいです。(どういうコメントをするか、は考えておきましょう。過程に注目コメントがおススメです)
 
 
 過去、サピのアルファゼロのような最上位クラス常連のお母様などは、
・次の模試でコケてほしい
・その方が欠点が分かる
・このまますんなりいくと、本番が怖い
 など、思っているお母様が多かったです。
 
 ま、そのままコケずに開成や筑駒、桜蔭に行ってしまったパターンもありますが(笑) ま、良しとしましょう。
 
 ということで、(次のテスト)悪かったらどうしよう、ではなく、ちゃんとコケて逞しく優しく育ってほしい、と思っていただければ幸いです。
 
 
4月13日土曜日の19時より、「東大合格数ランキングに見る、軍師的学校の見方2024版」を行いたいと思います。よろしくお願いいたします。
 
 いつも読んでくださってありがとうございます。
 
お知らせ
4月19日金曜19時半より、神戸ポートアイランド(計算科学センター)にて、下記のフェスに武士バンド「アリージェンスレイン」で出演いたします。無料のライブなので、ぜひお越しください。終わった後、物販に僕らはいるので話しかけてもらって大丈夫です。

 

3冊目、発売しましたー。売れ行き好調なようでありがとうございます。

 

<コンサルについて>

4月いっぱい(末日)まで募集を停止致します。3月29日朝9時時点でいただいているメールには順次対応致します。

5月1日から5日まで関西コンサルを行います。

 

<軍師の合戦情報> (お子様来場の場合は音楽用耳栓か、イヤーマフ推奨です)

 

しばらくありません。(レコーディング中)

 

4月19日に神戸大熱波フェス(無料ライブ@六甲アイランド)
5月にカリフォルニア(米軍基地)?
6月に軍師講演会→演奏会?

 

詳しくは下記Twitterへ

https://twitter.com/allegiancereign

https://twitter.com/LIONADRIVE

・僕が仲間たちと創った、第1弾ボカロ動画です。いいね、などマジでお願いいたします。たくさんのアクセス、ありがとうございます。(ボカロ用のチャンネル作りました、フォロー等よろしくお願いいたします)

 

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2024、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2024年2月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から2週間の間に必ず返信は行いますので、2週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。ドコモなどのキャリアメールではこちらからの返信が届かない場合があるようです。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。(リマインドは深夜になりがちです。先にそちらからしていただけると助かります)

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、熊谷、栃木、茨城、大阪吹田、奈良、兵庫明石市近辺、京都、静岡、熱海、名古屋などもありました。もちろん、オンラインでも可)

 

よろしければ下記のリンクにクリックお願いいたします。励みになります

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城。是非ご覧になってください。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m

また、各種サブスクでも聞けるようになりましたのでよろしくお願いいたします。

Amazon

https://music.amazon.co.jp/artists/B07D9DZDVN?ref=dm_sh_aad7-acfb-681a-2239-abbc8

Spotify

https://open.spotify.com/artist/3lu4OEYDAjQWl5NIPbTpAD?si=o_6trKczQ2eUvaUBtBEzpA

 

下記My Pickをご参照ください

 

 

 

 

 まず、僕の本をいろいろな所で紹介してくださってありがとうございます。まずは初週などは売れ行きはお陰様で良いようです。もうちょいで重版かな(よろしくお願いしますm(__)m)
 
 最上記は、まだこのブログがそこまで知名度がないころから取材などを通して知り合った、数少ない同業者の知り合い先生の記事です。非常に僕が書かんとすることを理解してくださっています。よくまとまっているので、参考にどうぞ。
 
 その下は、いつも講演会の会場などでお世話になっているライブハウス「代々木ロッジ」のオーナーであり、サイゾーのライターで、スラッシュメタルバンド「BEREAVED」などのドラムで先輩バンドマン(最初はバンドマンとして知り合った)のレオネさんのポストです。(※注、イケメン)
 
 今後も、このように僕の著書などを紹介していただけていれば、軽く読んでこのブログで簡単に紹介くらいはしたいと思います。コメント欄などにURLのリンクなどをお知らせください。
 
 
 
 さて、今日は別に批判というほどではないのですが、佐藤ママが中学受験をどう変えたか、を論じてみて、その功罪の主にダメな方を指摘しておき、佐藤ママの表面的な部分だけを真似しないように警鐘を鳴らしておきたいと思います。
 
 
<一家に一台、謎のコピー機がある>
 僕は佐藤ママ自体は非常に尊敬しています。呪いのような愛情という意味では、常人にできるような子育てではありません。そのやり方も、完璧ではないものの、参考になる部分は大いにあります。
 
 このブログで何度も申し上げているように、そのすごさは、
 
・4兄弟妹、個性の違う子供たちに合わせてやり方を変えている
・「子供がスムーズに」勉強をやれるように、の配慮感が半端ない
 
 この2点に尽きると思います。
 
 子供へは、「僕(私)は勉強が得意なんだ」「天才ではないけど、できるほうなんだ」という得意意識が非常に大事です。それがないと、自分から勉強などするようにはならないでしょう。
 
 ですから、自走をする上で最も大事なことに各基礎能力の充実をあげているのです。パッと見てせめて半分くらいはわかるようでないと、やる気も湧かないものです。
 これは高校生にも当てはまる部分はあるでしょう。
 
 その点、佐藤ママは必ず子供の次のステップの「準備」をしっかりして、子供を塾なり次のステージに送り出すのが素晴らしい所です。そこで遅れては可哀そう、むしろ上位で推移できるように、ということでしょうか。それ自体は非常に正しいと思います。
 
 僕の4タイプ分類(詳しくは僕の本を参照してくださいw)では、佐藤ママは完全な委員長タイプ(権威が好き、上昇志向の塊、逆に温情などは少な目)なので、時に子供に対して「これくらいやるのは当たり前」という上からの物言いが多いことでしょう。お子さんや旦那さん、スタッフなどにも冷たい(ように思える)言葉もあるやもしれません。
 
 この方の本を読むような熱心なお母様は、委員長タイプが多いのもあって、ブレイクした部分はあるでしょう。でもそれも、全体の4分の1のタイプにしかすぎず、その他世の多くのタイプの方には当てはまらないことを僕からは指摘しておきます。
 
 佐藤家の子供がわりに素直さを多く残し、遺伝的にも恵まれている部分があるからこそ、佐藤ママのやり方は通じた、とも言えます。子供の方もいい子たちだったのは間違いありません。
 
 今の受験や教育の流れでは、佐藤ママと同じやり方をするとむしろ子供はつぶれる可能性もあります。すでに10から15年前のやり方であり、当時はネット情報もなかったし、オンライン授業もアーカイブで学習することもなかったことなどを、皆さんも冷静に見ておきましょう。
 
 
<単なる幼児教育の高年齢化に注意>
 幼少期に絵本2万冊読み聞かせ、などは非常に良いと思います。ただ、そんなに数に縛られなくてもよい気はします。大事なのは数ではなく、印象が深いかどうか、気に入った同じ物語を反復で経験したがるのが小さな子供であろうからです。
 
 僕が子供を授かったならば、数千冊くらいは述べ読んであげたいところです。ま、別にお母様お父様、おじいちゃんおばあちゃんで手分けすればよい気もします。そこもほぼワンオペでなぜしたのかな、とも思いますね。
 
 気になるのは、佐藤ママの影響として、
・子供が式などを書き込みやすいように、親が問題に下記のようなものを用意する(下記はhttps://diamond.jp/articles/-/308561より引用
 
 これが大流行りということです。これをせんがため、どの家庭にも高価なコピー機があります。
 
 中学受験では子供が受験学年になってもこれをかいがいしくやっている親御さんもいます。これ自体は悪いことではないですが、コスパやタイパはお考えになられた方が良いでしょう。
 佐藤ママ関連のネット記事や本は、ややライターさんも扇情的な書き方が多く、違和感を覚えます。広がることで日本を良くしない気がします。
 
 例えば共働き家庭では、これを逐一するのは時間的に厳しいはずです。そこを無理をして、夜なべをしてでもしているお母様お父様が多く、頭が下がる思いです。
 ただ、プロ的にこれで成績があがったことがあるか、と言われると、「やってない家庭と一緒かなw」と思えます。子供が小6時にそこに感謝できているなら素晴らしいのですが。
 
 ですが、そもそも、「それ要る?」「それをしたことで(統計的)有意に成績あがった?」ということを問いたいです。別にスペースがないならノートに解いたっていいわけです。そちらの方が、自分で解答を作成するので、「自分の勉強だ」感は出るのではないでしょうか。
 
 僕は似たようなことを自分で中学のころにやっていますが、あまりにタイパが悪すぎて(コピー→ハサミで切る→スティックのりで貼る→解く)却下した覚えがあります。教科書にいろいろ書き込んだりしたほうが、使いやすいし、無駄がなかったのです。
 
 だからこそ親がやってあげるんだ、って? それは過保護というもので、「一体誰の」人生なのか、わからなくなります。
 
 
 何事もそうでしょうが、
・これをしたら東大に行ける
 のような簡単で画一的なメソッドはありません。いろいろ取り入れたり、却下したりしながら、己のやり方を、主に子供が見つけていくことが東大へ(立派な社会人への)の近道であり、正道です。
 
 その道はめんどくさいですが、これ以外はあり得ません。
 
 このやり方は、幼児教育のそれです。子供の自主性を奪い、自立のきっかけを遅くします。やるなら、勉強に抵抗が出てくる小4から小5前半まで、とするので良いのではないでしょうか。
 
 親が仕事、家事や子育てで切り詰められるように時間を使っている中、このようなやり方が蔓延して、親も子も疲弊していくことに危惧を覚えます。
 
 これらのやり方(他にもいろいろあります、寝ている息子の靴下を履かせるなどw)は、
・母親は専業主婦で子供を自分でサポートしろ
 と言われているようなもので、これから社会に進出し、自己実現をしようとするお母様たちの、その生き方を否定しているような感じにすら思えます。
 
 日本も、女性進出が当たり前の世の中になろうとしています。また、そうでないと、男性主義の今の社会では行き詰まりも来ています。まだ公共のサポートは不十分ですが、10年もすればフランスやヨーロッパのようにこのあたりの福祉面もそこそこ充実するはずです。(頼むでキッシーw)
 
 その時に、このような中学受験のやり方では、女性に仕事やキャリアを捨てながらフォローを強要しているような気がします。(ま、お父様がやってた家庭もありましたがw)
 
 親も子も家族全員がつぶれ、結局子供もそんなに伸びない、というご家庭が増えるような気がしてなりません。実際、そのようなご家庭も多いです。
 
 この10年で、新しい、バランスのよい中学受験のフォローの仕方を、皆で考えていかねばならない時期に来ていることでしょう。僕も皆さんとともに、考えていきたいと思います。
 
 
<結局、どないすればええの?>
 小5後半からは、ノートに自分でやったところのページと番号を書き、式や図を書きながらすればよいです。昔ながらの方法ですが、それが最上で王道です。今の子は式などは書きたがらないので、書けるようになれば、簡単に上位には行けます。
 
 それで伸びなければ、その子供は残念ですが、そこまでの子であり、自覚が芽生えなかったということではないでしょうか。中学以降の目覚めを待ちましょう。教育は待つのも大事です。
 
 問題演習など、昔の東大生はノート代節約のため、広告やプリントの裏にやっているような子もいました。要は身につけばなんでも良いのです。
 
 ノートに問題を貼り付ける方法は、
・子供がどうしても前向きに勉強をしない
低学年の時にまだ楽しくしたいとき
・模試や宿題などで間違えた問題のみ
 など、各ご家庭で工夫してするならばよいと思います。
 
 何事もそのまま真似る、猿真似のようなことはよくありません。ガサツです。自分の家庭ではどうか、自分の子供ではどうか、など、親にも思考力やひらめきがいる、と僕は思います。
 
 ですから、親御さんで入試のしんどさを避けてきてしまったような方は、やはりフォローも変な方向に行っていることが多いです。子供をそうさせないためにも、正しいしんどさを与えてあげるのも、後に大きなプレゼントになるかもしれませんよ。
 
 ほかにも、佐藤ママには、
・小学生は課題が終わるまで寝かせないでいい
・医学部や最高学府ばかり狙わせる
 などなど、違和感ポイントはあるのですが、あまりやると批判記事になりかねませんから、このあたりにしておきます(笑) 何回も言うと逆に怪しいですがw、基本的には尊敬しております。
 
 やはり僕のところには熱心な方も多くいらっしゃるので、佐藤ママのコンサルを受けている方の情報も届いています。僕のコンサルの数倍のお値段がするようで(笑)、なかなか表には書けないようなパンチの効いたこともなさっているようです。
 
 真似はできないな、というのが僕の正直なところです。ただ、参考には大いになりますので、その考え方や、愛情の強さを参考にして、皆さんにはオリジナルのやり方を各ご家庭ごとに、編み出してもらえれば、と思います。
 
 
 4月13日土曜日の19時より、「東大合格数ランキングに見る、軍師的学校の見方2024版」を行いたいと思います。よろしくお願いいたします。
 
 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

3冊目、発売しましたー。売れ行き好調なようでありがとうございます。

 

<コンサルについて>

4月いっぱい(末日)まで募集を停止致します。3月29日朝9時時点でいただいているメールには順次対応致します。

5月1日から5日まで関西コンサルを行います。

 

<軍師の合戦情報> (お子様来場の場合は音楽用耳栓か、イヤーマフ推奨です)

 

しばらくありません。(レコーディング中)

 

4月19日に神戸大熱波フェス(無料ライブ@六甲アイランド)
5月にカリフォルニア(米軍基地)?
6月に軍師講演会→演奏会?

 

詳しくは下記Twitterへ

https://twitter.com/allegiancereign

https://twitter.com/LIONADRIVE

・僕が仲間たちと創った、第1弾ボカロ動画です。いいね、などマジでお願いいたします。たくさんのアクセス、ありがとうございます。(ボカロ用のチャンネル作りました、フォロー等よろしくお願いいたします)

 

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2024、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2024年2月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から2週間の間に必ず返信は行いますので、2週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。ドコモなどのキャリアメールではこちらからの返信が届かない場合があるようです。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。(リマインドは深夜になりがちです。先にそちらからしていただけると助かります)

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、熊谷、栃木、茨城、大阪吹田、奈良、兵庫明石市近辺、京都、静岡、熱海、名古屋などもありました。もちろん、オンラインでも可)

 

よろしければ下記のリンクにクリックお願いいたします。励みになります

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城。是非ご覧になってください。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m

また、各種サブスクでも聞けるようになりましたのでよろしくお願いいたします。

Amazon

https://music.amazon.co.jp/artists/B07D9DZDVN?ref=dm_sh_aad7-acfb-681a-2239-abbc8

Spotify

https://open.spotify.com/artist/3lu4OEYDAjQWl5NIPbTpAD?si=o_6trKczQ2eUvaUBtBEzpA

 

下記My Pickをご参照ください

 

 

 

 

 野球界では、高校時代にとんでもない数のホームランを打った選手が、海外の超がつく名門大学に進学されました。合格率4%という東大など目ではないほどの難関です。

 

 それに対して、心無い方は「野球でスタンフォード行ってズルい」「なんで野球で行けるんだ」という、批判などをされているようです。

 

 中高時代とめちゃくちゃ勉強してなんとか東大に行けた身としては、そう言いたくなるのもわかる気はします。

 

 ただこれは「よい推薦」の部類になるのではないか、と僕は思います。それは、大学の在り方の日米差が影響しています。

 

 今日は、この辺のことも踏まえて大学入試における、よい推薦良くない推薦、を考えてみたいと思います。

 

 

<推薦が大学入学の50%を超えた>

 日本では学力偏重の傾向が見直され、学力だけを重視しない推薦入試制度が一昔前から拡大されてきました。それは、上記海外大学がお勉強ばかりしてきた学力バカだけではない、「様々な」人材を大学に入れていることに影響を受けている、と言われています。

 

 これに対して、いろんなご意見がある方が多いと思います。僕も自分がたくさん偏差値的な勉強をしてきたので、勉強をせずに大学に行くとして、「何しに大学いくねん」という思いが正直あります。

 

 とはいえ、受験勉強的な勉強だけが正しいわけではない、というのは、芸事やクリエイティブなことをする上では嫌というほどわかってもいます。

 また、受験勉強に全集中する中でいろいろ失ったものがあり、それに気づくのに10年、直すのに10年かかった嫌な思い出もあります。

 

 ということで、今一度、大学の定義と海外大学の実態を知れば、このあたりもすっきりするのではないか、と思いました。

 日本の推薦制度のモヤモヤしたのはどこに原因があるのか何が正しくないのか、自分の教え子がAO入試に落ちたりして感じた1年半くらいのモヤモヤが今回、やっと晴れた感じがしたので、記事にしてみたいと思います。

 

 

 最近に下記の2つの本を読みました。また、教え子や知り合いの海外経験のある方からの見解も元にして論じてみたいと思います。

 

 

 

 東大→アメリカ→東大教授→イギリス、というどれも名門大学ばかりなのですが、それらを経験された筆者の方の本です。論理展開もしっかりして、なおかつドキュメンタリータッチの部分もあり、読みやすかったです。海外大学などを考えたり、日米英の教育格差を研究したい中高生にもおススメです。

 

 30年前くらいの本に2010年あたりに注釈をつけたものとなっています。それゆえ、90年代からの流れなどが分かり、僕の世代では日米英の大学のスタイルや大事にする部分、が見えて面白かったです。

 

 むしろ、海外の超がつく名門も日本と同じような問題(生徒が消費者になる問題、難易度や階級格差の問題)にぶち当たっていて、なぜか問題があるのに日本も後追いで猿真似をしようとしている、と感じました。

 

 日本の「偏差値教育に偏っている」という見方も、グローバル基準でみれば、良い面も悪い面もある、ということもよくわかりました。

 

 アメリカの場合は、とくに入学者のうちに人種や性別などに偏りがないことが当然とされてきつつあります。ですから、上記の野球選手もアジア人枠で入れてもらった部分はあるでしょう。

 

 

 注意としては、すでに英米は「階級化」が進んでいて、自由で誰でも入学できる、とは言いながらも、お金持ちの子が私立に入学して良い教育を受け、圧倒的有利さをもって名門大学に進学する構造が厳然としてあります。

 

 日本も現在、同じ傾向を猛追中です。まずはこれを押さえておいて下さい。

 

 

<入ってから大変、という意味ー授業形態の違い>

 よく海外大学は入ってから大変だ、と言うことを聞くと思います。大体は卒業が大変だ、と聞くと思います。

 

 ただ、僕自身は「東大も超大変とまでは言わないが、4年生で授業を受けつつ実験もきっちりして論文の状態で、2徹して発表までやった」「ゼミのたびに数本の論文読んどったし、あんな手抜きでも大変だった」という実感はあり、日本の東大でも4年生は楽ではありませんでした

 

 どうやらそれは僕が理系学部だったから、というのはありそうです。理系はまあまあ海外大学に近い部分がありそうだ、ということがわかりました。

 

 まず、海外と日本で大きく違うのは、

・一つの授業までに読んでくる文献や本の量が膨大

・それを読みこなしてきた前提で、ディスカッションややり取りなどを行う

・日本のような知識を教える、という型の一方的な講義は少ない

 

 というのが挙げられます。海外大学では、一回の授業までに数冊の本や文献を読み、それを前提で授業が進められます。その授業は、日本のような知識伝達型のものではなく、討論や議論が中心です。鋭い批判や新たな視点を加えると「あっ」と言わせることができるようです(笑)

 

 ということは、ある授業が週2コマ(ただし、日本の大学みたいに週に何十コマも入らない)ならその準備でそのたびに数冊の本を読んて知識を仕入れ、自分なりの視点や意見を持ち、授業に参加することになります。これが、学期中ずっとであり、まさにメシを食う暇もなくなるほど読みまくっているようです。

 

 また、学生へのプレッシャーとして、

・試験などで数度落ちるとすぐに退学になる

・大学院などに進む場合、大学での成績がモノを言う

 という特徴があり、学生は良い成績を取ろうと結構必死だそうです。日本では考えられないくらし厳しい環境です。

 

 教授側も、テニュアと言われる終身在職権を取るのに、良い授業をせねばならず(学生からの評価シートがある)、そこも大変なようです。

 

 ここに上記佐々木選手が入学しても、彼も今から毎週ある程度の分量の文献を毎週読みこなすことを求められ(しかも英語で)、それをもって授業に参加できなければ、すぐに退学になってしまうのです。しかも野球もしっかりやる前提です。あまり羨ましいとは思えませんね。

 

 海外の大学生は、長い夏休みなどを除いて、バイトをすることすらできないようです。僕ならバンドはできにくいかもですね(バイトで稼いだお金をバンドにつぎ込んでいたのでw)

 

 

<日本の入試のシステムもよい面はあった>

 この2冊を読んで思うのは、

・意外にも入試が「ある」ことで、国民の多くが高いモチベーションで勉強する

・よって基礎学力の平均は高校時点では世界トップレベル(90年代までは)

 

 確かに、日本では大学での成績は就活に影響しませんし(してもよいような気がする)、大学院は大学での成績がよいと有利になりこそすれ(試験免除などはあります。理系は学振もあったし)、不利になることはありません。大学では、学生も教授陣も授業はぬるいものです。(教授陣は自分の研究の時間を削って多くの授業をしないといけませんが)

 

 その代わりに、日本では高校受験や大学受験があり、子供たちははっきりとした「目標」に向かって勉強をすることができました。それが全体の学力の押しあげに貢献しています。

 これが海外では意外らしいのです。日本がもっと経済的に強国であったころは、アメリカでも真似をして適性検査を作ったりもしています。

 

 アメリカでは、それなりの高校にいって科目を「履修」しておくことが最も大事で、それもかなり複雑で名門校に行くには専門家のアドバイスを受けるそうです。

 大学ごとに高校で履修しておくべき科目がバラバラで、それが一つでも足りないと、応募することすらできないようです。つまり、目的となる科目がない高校に進学してしまったら夢がいきなり破れたりするわけで、詳しい人間がいないと厳しいです。

 

 これが裕福な家庭の子は有利、という状態に拍車をかけています。日本では実態はどうあれ、誰でも高卒資格があれば大学はどこでも好きに受けることはできます。

 

 

<日本の推薦入試はどうなのか>

 これらのことから考えると、海外の影響を受けて「勉強だけ」ではない人材を大学に入れることは僕も有用、だとは思いますが

 

・その代わり、大学での学習・試験を厳しくしなければいけない

・知識伝達型重視を考え直さねばいけない

 

 ということが言えそうです。現状はまったくそうなってはいないのですから、現行の推薦入試はすぐに矛盾が顕在化しそうです。日本の弱体化にも拍車がかかりそうですね。

 

 今の推薦入試や内進の子でいわゆる国内のMARCH・関関同立のような私立名門大に行っている日本の学生は、

・ほぼ本が読めない・読まない

・レポートも書けない子がいる

・一昔前では信じられないほどの学力の低い層がいる

 これが言われていますし、自分の周りにも心当たりの人材がおります。

 

 

 僕は長年の受験指導で、

・勉強の第一歩は本を読むこと

 これに尽きると思っています。

 

 ですからどのような進路をとっても本を読んで情報を取り、自分の意見を持てるようにして、違う意見の他人と論を戦わせることができるならば、それでよい、仮に高卒でもよい(その場合は収入は心配)とすら思っています。

 

 ですから最近では以前のように、大学付属に入学したりAOで大学に来ることも否定的ではなく、時代の流れだし良いと思っています。

 

 ただ、その場合も、ゲームや遊興にばかり時間を使うのではなく、

・本くらい読む、もしくは読めるようにしておくこと

・最低限の読書量をキープして、論じたりクリティカルシンキング(批判的思考)ができること

 が最低条件に思います。

 

 そして、これを大学付属校などでは、「学校側が」できるように指導すべきだし、できないなら即退学、くらいでも良いと思います。単にぬるま湯のようになっているのが気になるのです。このIT情報化の時代、8割の仕事がAIによって一度は撃滅の憂き目にあうと言われる時代にあって、それでよいのか、と憂慮しています。

 

 結局、こういう指導をしっかりしているのは、日本では中学受験で上位にいるような中高一貫校の進学校でしか聞いたことがありません。(ま、東大に行くのに有利にもなりますから)

 

 

 ここ数年は、日本でも大学に入学する約半数が推薦入試や内進となっています。

 東大や京大など国立大の推薦入試では、共テである程度の点数は取らねばならず、最低学力は担保されているようですが、その他の「単に甘いだけ」の入試システムには疑問が残ります。

 

 日本の大学では、講義のたびに文献を読むことを求められたり、教授と議論したり、といったことは稀です(特に文系は)。単に、学生は勉強することがないまま、卒業することでしょう。

 

 特に指定校推薦は、「なんじゃこりゃ」という学力の生徒が入学することにもつながっています。別にいわゆる勉強はそこそこでも良いのですが、本を読んだり最低限のディスカッションはできるようにしていないと、いけない、日本を良くしないとは思います。

 

 大学とは、就活のための資格機関ではありません。今のところ、「大学に行く人間はある程度勉強をして、論じる能力がある」とされているので就職に有利なだけです。

 

 そろそろ、学力や能力が伴わない大学生が半数を超えるようですと、企業の方の対応も変わってくることでしょう。(もう変わっているともいえる)

 

 推薦や内進の後、勉強しない本を読まない生徒たちは、手づから自分の大学の評判を落とし、自分は良くても後輩たちの就職機会などを奪うことになると思います。(そもそももっと起業してもよいのでは、と思いますし)

 

 大企業などが、偏差値的に高い大学でも「推薦の多い所の学生は使わない」という選択をすることもあり得る、と僕は思っています。

・先人が創ってきた大学の評判

 がなくなると、一番損をするのは実能力を育てずに大学に行った人間、ということになります。あなたは大丈夫でしょうか?

 

 自分はその学歴に伴った努力をせず入学し、先人が創ったその大学の評判だけで就職をし、幸せになれると思うなら、甘い話に思います。クリティカルシンキングは知性的な仕事をするなら必須の能力です。また、広い視野もあった方が人生は楽しいでしょう。

 

 

 ただ、英米でもリベラル化に伴って学生側が「消費者」化し、授業や卒業が楽な方、簡単な方へ流れているという向きもあるようです。

 

 大学とは何をすべき場所なのか。研究なのか教育なのか。はたまた、有力企業への就職切符を手にする場所なのか。

 僕の個人的な答えは、大学は「すべてを内包し、突き抜ければよい」だけ、のようにも思います。

 

 

 このブログに集う方は、大学にいくまでに、ある程度の読書をして、クリティカルシンキングができるようになって頂ければと思います。もちろん、それで成績もあがっていくことでしょう。東大へも近道です。

 

 上記の2冊をはじめ、この数年、海外からのコンサルも多かったことや自分の生徒が複数名留学してオンラインで数学などを教えながら実情が知れたこと、日本の実情も幼小中高大と見識が広がってきたことで、かなり見えてきたこともあります。ちょっと書ききれませんでしたね。

 

 海外大学などに詳しい方は、また教えてください。とにかく、日本の教育が破綻しないことを切望いたします。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

3冊目、発売しましたー。売れ行き好調なようでありがとうございます。

 

<コンサルについて>

4月いっぱい(末日)まで募集を停止致します。3月29日朝9時時点でいただいているメールには順次対応致します。

5月1日から5日まで関西コンサルを行います。

 

<軍師の合戦情報> (お子様来場の場合は音楽用耳栓か、イヤーマフ推奨です)

 

しばらくありません。(レコーディング中)

 

4月19日に神戸大熱波フェス(無料ライブ@六甲アイランド)
5月にカリフォルニア(米軍基地)?
6月に軍師講演会→演奏会?

 

詳しくは下記Twitterへ

https://twitter.com/allegiancereign

https://twitter.com/LIONADRIVE

・僕が仲間たちと創った、第1弾ボカロ動画です。いいね、などマジでお願いいたします。たくさんのアクセス、ありがとうございます。(ボカロ用のチャンネル作りました、フォロー等よろしくお願いいたします)

 

 

 

おススメ読書タイトル100、問題集など https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12589194343.html

 

 

リブログ、リンク、引用等は基本自由です。もちろん、一報いただけると助かりますが、特におしらせいただかなくても大丈夫です。リブログしていただければ、「いいね」くらいはしに行きますw

 

スーパーコンサル2024、今年も受け付けております。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。もちろん、2度目3度目の方も歓迎です。ご希望の方は、下記記事を参照の上、メールをください。(読んでない方が多いです。一度はぜひお読みください)メール相談も受け付けております。

【コンサル概要】

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12446458308.html

【メール相談概要】

 

【Youtubeライブ配信】不定期更新。リクエスト受け付けます。チャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCgMMnxez219k4Szi6vNWABA

 

メールアドレス

hasetomo2009☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

 

定期指導(月1または月2)をご希望の方は下記をご参照ください。(2024年2月現在、新規定期指導は厳しい状況です)

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12549048136.html

 

足軽割引き(僕のバンドのライブに来てくれた方やバンド関係者の優遇)を行っています。一度でもライブに来ていただければ、誰でも関係者になれます(笑) 下記をご参照ください。

https://ameblo.jp/jyukuko/entry-12528522329.html

 

 

<メールについて>

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間から2週間の間に必ず返信は行いますので、2週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。ドコモなどのキャリアメールではこちらからの返信が届かない場合があるようです。

 

また、現在、かつてないほどの多忙につき、やや返信が遅れ気味になっております。同時に複数のメールをやり取りしていますので、紛れてわからなくなる場合もあります。返信が滞っている場合は、かまいませんので催促してください。

 

できれば相談内容などは短めでお願いいたします。1件のメールに、1時間近くかけて返信することも多いので、そのあたりをご配慮ください。

 

また、アメブロのメッセージは返信しません。できればヤフーのメールでお願いいたします。

 

はじめての場合やコンサルの場合、前日に必ず確認のリマインドメールを送っております。当日の朝になってもメールが届かない場合は、お手数ですが確認のメールをよろしくお願いいたします。(リマインドは深夜になりがちです。先にそちらからしていただけると助かります)

 

5年生以下(指導は原則小4以上、それ以下は基本コンサルでお願いいたします)や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、熊谷、栃木、茨城、大阪吹田、奈良、兵庫明石市近辺、京都、静岡、熱海、名古屋などもありました。もちろん、オンラインでも可)

 

よろしければ下記のリンクにクリックお願いいたします。励みになります

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

 お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2

<追記>

この度、僕がベース軍師として加入している戦国バトルメタルバンド『Allegiance Reign』の初MV@小田原城。是非ご覧になってください。

◆MV
https://youtu.be/tI4YvWd8sz0

 

また、初のフルアルバム『EiEiO』が発売となりました。ブログでお世話になってっし、応援してやるか、という方は是非お願いいたします。この売上で、今後の僕らの流れも変わりますm(__)m

また、各種サブスクでも聞けるようになりましたのでよろしくお願いいたします。

Amazon

https://music.amazon.co.jp/artists/B07D9DZDVN?ref=dm_sh_aad7-acfb-681a-2239-abbc8

Spotify

https://open.spotify.com/artist/3lu4OEYDAjQWl5NIPbTpAD?si=o_6trKczQ2eUvaUBtBEzpA

 

下記My Pickをご参照ください