数札はあまり比較されることがないように思いますが

2なら2、3なら3で比較してみると見えてくることがあります。

 

 

エースもそうですね。

能動と受動の比較にもなるし

過去と未来の比較も出来ます。

 

同じ「1」なので

始まりということには違いないのですが

でも4枚もあるのには

きちんと理由があります。

 

過去×能動

未来×能動

過去×受動

未来×能動

 

の違いがあるわけです。

 

これは他の数札でももちろん言えることで

例えば同じ「2」であっても

目先のやりくりは出来ているペンタクルの2と

絶望の淵に立たされて(座ってるけど)いるようなソードの2では

受ける印象が全然違います。

 

 

 

本来タロットは理論的なものではなく

「印象」で見るものです。

だから、ロジカルに突き詰めて「これが出たからこう」

と言えるものではありません。

中には、サイキックの要素がないから

自分はガリ勉タイプです、

一生懸命教科書を覚えました

と言っている人もいますが

実際に見るときに

その組み合わせを全部覚えたかというと

そんなわけないので

(そんな記憶力あるなら他で使った方が←)

組み合わせによる解釈は絶対に

「印象」で見ているはずなんですよ。

 

でも、例えば7と2が組み合わさるのと

7と8が組み合わさるのでは数字の意味も違うし

絵も違います。

ではその理屈をどう解釈するか?

というところで、サイキックな能力が開花するわけです。

 

 

タロットは「そう思った」ならそれが正解だし

1枚ずつのカードの意味をきちんと理解していれば

覚えなくても出来るようになります。

「そう思う」の土台を作るのが、

カード1枚1枚の意味を理解することにあります。

理解するのと覚えるのは全然違うので

面倒でも最初は

全部並べて(すっごい場所取るけど)

比較してみることをお勧めします。

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

プライマリーディレクションで見てみましょう。

 

これは、自分のアセンダントやMCが

天体にコンジャンクションまたはアスペクトを取る時を見ます。

 

今回はめんどくさいのでコンジャンクションで考えます。

 

 

 

プライマリーディレクションで見るときには赤経を用います。

(黄道と多少ずれる場合があります)

で、自分のネイタルチャートにトランジットを重ねて

自分が生まれた時間から±何分か、を出します。

そしてその分数を4で割って

(アセンダントなどのアングルは大体4分で1度ずれるため)

その数字=年齢です。

 

 

例を出します。

 

 

私のMCは赤経の181度ぐらいにあります。

そして太陽は大体213度。

MCと太陽がコンジャンクションするのは

時刻は12時2分です。

私が生まれた時間よりも2時間6分違いますので

126÷4で31.5。

つまり、大体31歳半ぐらいの時に

(秒まで出していないので概算ですが)

自分の職業に関する転機があったのでは?

と考えることが出来るわけです。

 

では、実際に何があったかというと…

31歳半ということは2018年の4月頃です。

その2か月前に前職の会社に入ったので

大体計算が合っています。

即ち、私の出生時刻も大体合っているということになります。

(これだけで判断は出来ませんが)

 

 

他の天体ではどうでしょうか。

例えば天王星がアセンダントとコンジャンクションになるのは、

私の出生時刻と19分の差です。

4で割って計算すると、

大体幼稚園の頃になりますが…

この頃、福岡から広島へ引っ越したので転園したのです。

天王星っぽい事柄ですよね。

 

 

このようにして転機を測ることが出来ます。

私の次の転機は、

金星的な出来事であれば38になる年。

もう一つは、39になる年。

立て続けですが、

アセンダントにソーラーアークの冥王星が重なる頃です。

 

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

スターゲイザーなどでは、

赤経の値を出すことが出来ます。

 

普通のホロスコープを出すときにはあまり使いませんが、

(普通は黄経を使うので)

プライマリーディレクションの時に使います。

 

そう考えるとスターゲイザーって

本当に機能が充実してますよね~。

 

 

プライマリーディレクションは

未来予測が出来るものです。

言ってみればプログレスのようなイメージですね。

 

 

 

 

 

さて、黄経と赤経の違いとは何かというと

文字通り黄道を基準にしているか

天の赤道を基準にしているか、ということです。

 

赤緯と黄緯も同じことですね。

 

 

天体は赤緯または黄緯によって高さが示され、

黄経または赤経で横の分布が示されます。

「経」の場合は緯度を垂直に、基準の線まで降ろしてくるわけです。

真上から見た図ですね。

 

それを30度ずつで割っているのがサインで、

だから「住所のようなもの」と説明しています。

 

マンションの何階に住んでいても

番地は一緒ですよね。

 

ちょっと話が逸れますが

だからトロピカル方式なのかサイデリアル方式なのかは

あまりこだわらなくて良いと思っています。

どっちも「暫定」のものであって

牡羊座とおひつじ座の差は埋められません。

私はめんどくさいから牡羊座って書いちゃいますけど。

 

 

赤経も使えるようになると、

このプライマリーディレクションが分かるようになります。

 

 

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日はとある講座を受講していました。

 

その中で先生がおっしゃっていたのは

ネイタルチャートをずいぶん長い事(20年近く?もっとかな)

やっているけど、それでもまだまだ分からないことがたくさんあります

ということ。

 

ねぇ~もう終わりがないよねぇ~

と思いながら聞いていました。

 

この先生は古典の方のご専門なので

現代の方とはまた違う規則をやっていらっしゃるのですが

どっちにしても勉強は終わりがないということだけは

よくよく分かりましたね~。

別に終わりがあるとも思っていないのですが

「これが分かった」と言えるのは

相当傲慢か、無知の無知だなとw

 

 

 

 

 

そして同時に、これだけキャリアがある先生でも分からないのだから

私が分からなくても当たり前だし

それで良いのだ、と思えました。

 

これからも鑑定の時にはお客様に色々聞こうおねがい

 

毎回、鑑定をしつつものすごく細かーいことを聞いたりしています。

これってどう出てますか?

っていうのをね。

時には時期的なことの時もあるし

時には資質的なこともあるし。

どんなことでも、「え~どうでしたかね」

って考えてくださるお客様がいるので

私の勉強がはかどりますお願い

本当にありがたい限りです。

 

そして、やっぱり何をどうやったって

出生時間大事…ネガティブ

 

出生時間が分からないと、

プログレスが正確に出せないので…滝汗

 

こればっかりはどうしようもない。

 

でもこれについても先生は

そもそも母子手帳なんてあるような国は、

そしてそれを持てる人たちは

世界規模で見ればそう多くない

とおっしゃっていました。

 

ホロスコープを見れること自体、恵まれているということですよね。

 

 

やーしかし…

また勉強のネタを見つけてしまったな~…

いつになっても終わらないから

一生(飽きるまでは)やり続けないとダメですね。

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

極端な論調というのは賛否両論あれど

やはり一般ウケはいいよなぁ、と思います。

 

 

一方では月で何でもできるかの如く書く人もいれば

他方では月はそもそもないものだと主張する人もいる。

 

 

あまりに偏るのは良くないのと、

月にも出来ること出来ないことがあるため

それを基準にして考えなければ本筋から外れます。

 

 

本筋とは何か。

 

 

 

 

月を命の担保として考え、

自分が生きていく上で最低限必要なものを月の管轄と考える。

それ以外の事、あるいはそれ以上のことは金星の管轄だし

そのためにどうするか、の行動は太陽や火星に任せるべきものです。

何しろ月は受動的で、積極的に何かをする天体ではないからです。

受け身100%。

それは金星も同じですが、

金星の場合はまだ「嫌い(好きではない)」というのがあるため

月よりは多少積極性もあるかもしれません。

 

 

で、月を亡き者にして考える場合

逆に言えば命の担保は出来ている状態なのかもしれません。

必死で戦う必要がないとか。

何かを守らなくて良いとか。

 

そういう人の場合は

あまり月に偏って物事を考える必要はないでしょう。

 

 

よく、「月がどのサインの人はどういうことをしましょう」

と書いてあるのですが

それで一番外れる率が高いのは獅子座ではないかなと思っています。

やりようがないっていうのもありますけどね。

 

古典の考え方では

山羊座がデトリメントになるために

月が山羊座にある人はあまり月をうまく活かせない…

と言ったりもしますが

でもやっぱり、社会生活を送る上では有利なことが多いように思います。

 

しかし獅子座の場合は何となくエンタメに寄れとか

テーマパーク行けとか書いてあるけど

本当にそれが、命を守ることになるか?と考えると

かなり疑問が残ります。

 

それよりも、否定されない状態を作らなければならないわけですよね。

 

某芸人が月獅子座で、自分を無視して話が進むと

「俺おらんことになってる?」

と不安げな顔をすることがよくあって

これが本当に小さい子みたいな表情なので

「こういうことだよな~」と思ったりするのですが

月の獅子座の場合、何かをするというより

自分がいないことにされないようにしなければなりません。

 

で、結果的に某占い芸人に

「押しつけがましい」とか言われるんですけど…。

 

程度の問題ってあるので仕方ない部分ですが

本来月は程度の問題をとらえられません。

だって命に関わるのでそういう調整は出来ないんですよね。

 

 

本来月は崇め奉るものでも葬り去るものでもなく、

ただそこにあってただ要求をして

その為に太陽や火星を動かすだけで良いのだと思います。

感情で言うなら一次的感情です。

火星は二次的感情ですね。

 

 

 

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

ホロスコープ鑑定のご感想を頂戴しました🙌

 

 

 

真由子先生

今日は鑑定ありがとうございました!
初鑑定だったので始まる前はちょっと緊張していましたが、先生の穏やな口調に呑まれ(良い意味です!)あっという間に時間が過ぎてしまいました。

これから色々変化があると思うので、夫の仕事のことや、私自身宙ぶらりんで色々悩んでいましたが、今は準備の時期だと思って粛々と実績を重ねていこうと改めて思えました!

それにしても先生のあの穏やかな空気はどうやったら出せるのでしょうか‥冥王星隠れてました笑 髪型かな‥?
講座を受けている気分にもなり、とても充実した時間でした!
また節目節目で見て頂きたいですニコニコ

ありがとうございましたm(_ _)m
 

 

こちらこそ、ありがとうございましたおねがい

穏やかかどうかは分かりませんが、

大体いつも低め安定のテンションでお送りしております(?

 

 

動きたいときに動けないと

自分が怠けているような、ダメな方向に行っているような気がして

不安になったりしますが

でもそういう時期ってあるんですよね~。

本当に、準備期間。

準備しなくてぶっつけ本番でやれる人もいるけど

そうじゃない人もいるし

その辺も含めて適性を自分で分かっていると

立ち止まって考えた時に自分で答えを出せるから楽になりますねニコニコ

 

また見てほしいって言ってもらえるのは冥利に尽きます。

今後も精進してまいりますお願い

 

 

 

ホロスコープ鑑定は毎月25日~予約開始です!

 

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は鑑定のお客様が続いていました。

で、間で遅めの昼ご飯。

 

あまりにも特急で会計をしたから

「またゆっくりどうぞ」と言われる始末。

ありがたや。

 

 

さて、昨日はたまたま太陽が12ハウスの方が続いていました。

やっぱりどこか似た雰囲気の人たちで

分かりやすい派手さはないけど芯がある、という感じ。

 

 

 

12ハウスに天体が入っている人は大体、

自分だけが知っていれば良いことを分かってるといいですね。

これは個人天体の場合は全般的に言えることです。

でも、何となくみんなで分かち合うのが良いとか

オープンにしてる方がいいとか…

そういう「常識」的なのがどうしてもあるから

何でも開けていて共有できる方が良いような気がしてしまうんだけど

実際は星によって違うんですよね。

例えば起業界隈でよく言われる

「個人でやるなら顔出し必須」

みたいなのも、いやそれ星によるから…とか思うしね。

でも何となく、セオリーとしてそう言われたら

そうなのかなって思うじゃないですか。

 

だけどそういうのに従わなくていいのが12ハウスです。

 

それも包括した上で、自分がどうしたいのか?

って考えるといいし

大体目立ちたいっていう気持ちがないことが多いので

落ち着くやり方をする方がいいですね。

目立ちたいならそれもアリ。

で、目立ってる人を見て羨ましがらないこともコツかもしれません。

 

と言っている私も水星が12ハウスなので…

人が興味持たないところに興味を持ったりしますね。

 

某ジャニーズのコンサートに行った時

結構な量の火薬演出があって。

「火薬どれぐらいの量なんだろう…」

って、アーティストより火花ばっかり眺めてたら1曲終わったこともありました。

 

他にもライブ関連で言えば

アーティスト本人よりも

バックバンドのギターの人が気になって

次のライブからはむしろ割り切って

ギターの人を見に行ってました。

ジャニーズの、ジュニアの追っかけみたいな…。

 

 

ま、そんな感じで、

別に人に理解されなくても良いというスタンスでいることが

12ハウスに特に個人天体がある人は

大事だと思います。

私も理解されないことは分かっているので

基本的には人にこういう話はしません。

一緒に行った人にさえ「どこ見てんねんw」って笑われるので。

 

 

鑑定をして、話を聞かせてもらって、日々勉強であります。

 

 

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

獅子座が明るくあろうとすると

それはやがて怨念になるみたいな

よく分かんない理論を見たのですが…

 

 

あのぅ…

 

 

そもそもこの話題で出ていた獅子座は、

人のことを否定したくないサインです。

だから、自分の事であろうが相手の事であろうが、

ネガティブなことを言う=相手を否定する

ということだととらえるので

それを嫌がるんですよね。

 

なぜか?

 

相手を否定するということは、

自分が否定されても良いということになるからです。

 

何かの名セリフでありますよね。

 

撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ

 

特に獅子座は否定する/されることに非常に敏感なので

相手のことを否定しないために

ポジティブな言い方をするわけです。

別にポジティブにあらねばならないと思っているわけではなくて、

目的はその先です。

 

 

 

 

 

待ち合わせに相手が遅れて

「間違えたのかと思って不安になっちゃった」

って言うのは、

いくら文脈の主語が自分であろうとも

「私を不安にさせるとはどういうことか」

という、相手の行動を否定することにつながると考えるので

それで言わないっていうだけです。

だったら

「遅れないでよ」

って言うほうが、まだまどろっこしさがなくて良いですね。

獅子座は持って回ったような、こねくり回した言い方をするのを嫌います。

すぱーん!と言って後腐れないのが獅子座の良いところ。

いつまでも引きずらない。

 

したがって、怨念にはならないんですよ。

怨念って、引きずるから怨念になりますが

そもそもそういう感覚が獅子座にはないので。

 

もちろん程度の差であって

全くないとは言いません。

ハウスには全てのサインが含まれるし、

他の天体には水のサインがあったりするので

全くないとは言い切れないです。

でも、「獅子座」の概念だけで考えるなら

怨念みたいなものは持たないし

そうならないように、相手にスパッと伝えることが出来るんですよね。

 

 

何でもそうですが

それぞれの行動の真意を汲み取ることって大事だと思います。

何でこういう風にするのか?

それをすることでどのようなメリットがあるのか?

占い師なら尚更、常にそのように考えていたいものです。

 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

講座でドラゴンテイルの話が出たのですが。

 

 

大体ドラゴンテイルってどこで調べても

「過去世でやり尽くしたこと」

って言われますよね。

 

 

うむ。

 

 

ま、それを信じたい人はそれで良いと思います。

信じるものは救われるって言うし。

 

ただ、そういうことが知りたいなら

霊能者のところ行けば良くね?

って思うんですよ。

で、私は霊能力使ったとして「それ知ってどうするん?」

って思うタイプなので、

私のところで霊視してくださいって言われてもちょっと困っちゃうんですけど。

鑑定の時にはやらないし。

 

 

 

 

では、ドラゴンテイルは何を示すか?

というと、社会的休憩場所。だと思っています。

あとさー、ドラゴンヘッドばっかり言うじゃん。

でもテイルはいいの?

って感じよね。

何事もそうなんですけど

MCは言うのにICは言わない、

アセンダントは言うのにディセンダントは言わない、

これって何なんでしょうね?

 

ドラゴンテイルも同じ感じで全然注目されてないですが

ヘッドに注目するならテイルも見た方が良いのでは…と思います。

だからこそヘッドが生きるので。

 

 

例えば私は10ハウスにテイルがあるのですが

だから働くことや何かで認められるために努力することは

言ってみれば「休憩」なんです。

ヘッドは4ハウスということになるので、

もちろんそれもやらないといけないんだけど

機が熟すまでは10ハウスを見ておこう、という感じ。

 

実際私は一人っ子なのでどうしても実家のために

何かしらしなくてはなりません。

介護とか、葬式とか…。

叔父も独身なので、上の親戚縁者の死ぬ順番によっては

ものすごく負担がかかる可能性もあります。

なので、そういう時のために一生懸命働いておいて

物理的にもエネルギー的にも蓄えを準備しておく。

それによって、必要な時に安心して4ハウスに向かうことが出来るわけです。
 
 
あくまでも私が見てきた感じでの話なのと、
確認できないことは除外して考えているので
いろんな考え方の人がいてしかるべきと思っています。
毎度言っているように
その理論の整合性が説明できないと
鑑定の時には使えませんしね。
カルマがとか言われて救われる人がどれだけいるか?
っていう話でもあります。
 
読み方は人それぞれだしこれは今の私の考え方だということだけ、附記しておきます。
 

 

 

 ■現在ご提供中の講座

集中して学びたい,グループ講座が苦手
継続講座スケジュールに合わない方へ
  個別講座をご用意しております

 

現在受付中の鑑定メニューはこちら