尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

もうすぐ最終回を迎える月9「デート~恋とはどんなものかしら~」


これ、かなり面白かったですね~(´∀`o)


主役の長谷川博己が演じる男が


ニートではない高等遊民なる生き方を主張するんですが・・・



この“高等遊民”なる生き方。


ドラマを通してかなり話題になっているようですが


私もこの長谷川さん演じる男に共感しまくりで観てました(笑)



“高等遊民”今、かなり注目されてますね。


日曜の新聞にも特集がされてましたぴかっ!



“高等遊民”とは高学歴にもかかわらず就職せず


読書をしたり、映画を観たりして教養を深める生活をする人のこと


だそうですが・・・



こんな生活できたらなんて幸せなの~じゅる・・と私も思った一人(笑)


映画オタクにとってはこんな夢のような生活はないですからね(笑)


観たい時にいつでも映画館に行ける。


観たいときにいつでも一日中家でDVD観れる。


次の日を気にせず夜中まで映画観れる。


初日プレゼントとか舞台挨拶とか仕事気にせずGETできる。


などなど(笑)



実際、他にも世の中には


高等遊民を夢見る人が多いようで話題になっているわけですが。



なぜみんな“高等遊民”になりたいのか??


それは


現代の生きにくい世の中をものすごく反映しているんだろうなぁと


つくづく思いましたね汗



夏目漱石の「それから」に出てくる高等遊民:長井代助は


「僕はいわゆる処世上の経験ほど愚なものはないと思っている。

苦痛があるだけじゃないか。」


と言っているらしいですがぴかっ!



まさにそれですよね( ̄ー ̄;


社会に出て、人の中で働く=苦痛がいっぱいなのですガクリ(笑)



たしかに人と接することでしか味わえない楽しさとか嬉しさ


っつーものもありますが・・・



それより苦痛の方がダントツに多い(;´Д`)ノ


ってーのが現実なわけであせあせ



私も度々


「あ~もう人ってめんどくさいっ( ̄Д ̄;;」とか


「もう嫌だっヽ(;´Д`)ノ」と


些細なことで嫌気がさすこと多い毎日ですaya



世俗を離れて暮らしたい・・・なんて思うことしょっちゅうですやばい



そこで夢見る“高等遊民”ですが・・・


オタクにとってはこれもまた苦難でやばい


オタクは色々と軍資金がいるわけで(笑)



観たい映画が観に行けない。。。


欲しいグッズが手に入れられない。。。


っていうのは何よりの苦痛なので(笑)



となると


やはりお金を稼いで趣味に生きる!!


これこそが


仕事に対しても


オタク業に対しても


やり甲斐となっていくのだろうなやばいという


結論に達するわけで(笑)



それに


働いてても将来不安なのに・・・


親に寄生して高等遊民なんぞしてたら親死んだらどうすんだって


そんな不安で


おちおち“高等”なんて言っちゃおられないのが現実あせあせ(笑)




明日からまた世間に揉まれて仕事すっかaya


非現実的な夢から覚める私なのでありました(笑)




読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は映画館でのあるシステムに対する


ちょっとした不満をつぶやいてみようかと思います(笑)



というのは・・・


前売券の販売場所です。



通常、


パンフレット&グッズ売場で販売している劇場が多いですが



たまに


チケット売り場にて


前売券を購入しなければいけない劇場ありますよね。



あれってすごく不便じゃないですか??


何のメリットがあってチケット売り場で販売してるんだろ~???



って謎で仕方ない私ブーっ??



だって


前売券ってほとんどが土曜日に発売になるのに


土曜と言えば劇場もかなり混む曜日でしょ。



考えてもデメリットの方が多い気がするんですよねぇ・・・



まず


買う人目線ぴかっ!



前売券が欲しいのに


今から映画を観るっていう人たちの列に


ずっと並ばないと買えないというイライラ感が募ります・悪スマ



今から映画を観るのに並んでいる人目線ぴかっ!



ただでさえ混雑しているチケット売り場で


前の人が前売を買いに来ていて


前売を買うのに特典を出してもらったりなんたりで


スタッフさんの作業にも時間がかかり


その人の窓口での滞在時間がちょっと長くなるので


後ろで待っている人は


「なんであそこなかなか終わらねーんだよ?なんだよ!前売かよ!」


などとイライラする可能性あり顔


で、


買っているほうも


そんな後ろからの冷たい目線を感じる可能性ありですあせあせ




最後に


スタッフさん目線ぴかっ!



ただでさえチケット売り場の長蛇の列に


けっこう殺気立ってる感じなのに


そこで「前売ください」と言われると


今からのチケット待ってる人がいっぱいいるのに


「前売かよ。特典とか出すのめんどくさいんだよ。この忙しいのに!


そう思う可能性が大ですアンパンマン


実際けっこうてんてこ舞いされるんですもの・・・aya



で、


買っている人もそんなスタッフさんの様子を見て


申し訳なく思わないといけませんaya




ということで


前売券はパンフレット売場で売った方が


とても効率もよく、みんなのためにいいと思うんですけどね~??




そう思うのは私だけですかねaya??




読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:

3週間くらい前、


毎週見ている番組「サワコの朝」に広島大学准教授の


 長沼毅さんが出演されていました。



彼は生物学者で


極限環境に生息する生命体の調査・研究などをしてて


“科学界のインディ・ジョーンズ”と呼ばれているという。




そんな長沼毅さんは


宇宙飛行士になりたくて


なんと34歳の時に宇宙飛行士の試験を受けたそうですぴかっ!



しかし


その結果は不合格・・・



彼はあまりのショックで


しばらくの間、空(特に夜の空)が見れなかったそうです。



そうしてしばらくの間、


空を見れずにずーっと地面ばかりを見ていた彼は


ある日、ふと思ったそうです。




自分がこうして見ている地面は地球の表面だ。


どうせ自分はこの地球から離れられない人間なんだから


こうなったらこの地球を端から端まで歩いてやろう!




そう思って、彼は地球の端から端まで歩き


その極限の地に生息する生命体について探求し


“科学界のインディ・ジョーンズ”と呼ばれるような存在になったという


現在があるわけです。




この彼の話を聞いて、


また思いました。




やはり人は導かれるものなのだろう。 と。




彼にとっても


夢として抱いていた宇宙飛行士への道が閉ざされ


一度はそれが挫折だと感じられ、


ひどく落ち込んだものでしょう。




でも、


それは、


彼が本当に導かれるべき道へ向かうために必要なことだったんだと。




そうすると


人は人生において挫折することがあっても


それは次のステップへの道しるべととらえることができるのではと。




そうして


人は行くべき道へ導かれるようになっているのではないかと思いました。



しかし


そこへ導いてもらうためには


もちろん自分の努力は必須であると思いますが。




一生懸命生きていれば


必ず


導かれる道が見えてくるのではないでしょうか??





長沼毅准教授はさらに良いことおっしゃっていました。



人生に挫折したり


嫌なことがあって


自殺しようと考える人が増えている昨今。



自ら命を絶とうとする人たちに言いたいと。



そう考えているのはあなたの脳がそう考えているのであって


頭の先から足の先まであなたの体は生命力でみなぎっている。


生命力はそんなこと望んではいないのです。 と。




このお話を聞いて



人生はやはり行くべき道へ導かれるのではないかという希望を感じ



今は決して満足いく成果は出せていないし、


嫌なことやつらいことの方が多いというか


ほぼそんなことしかない毎日だけど


決して絶望することなく


がんばって生きて行こう!!




と思った私なのでありました笑顔






読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日取り上げた「ソウル・サーファー」




この映画の中で私の心にものすごく残るセリフがありました。



片腕を失って、サーフィンもうまくいかず行き詰ってしまったべサニーが


父親と語り合うシーンがあります。



その時に、べサニーが



「今何をすべきか  どうすればわかるの?」



と父親に聞きます。


すると父親は



「わからない。


 時を待つしかない。


 その時まで神に祈り、耳を傾けろ。


 次に何がくるか。」



と答えます。



この映画でべサニー本人に対してもすごく感動しましたが


もう一つ、本当に素晴らしいなと思い、


べサニーは本当に幸せだなと思ったのは


素晴らしい家族に囲まれていることです。



彼女を支える家族も素晴らしいです。



そんな父親の言葉に私も励まされました。



この映画を観て、


自分が日々悩んでいることなんて、


本当にちっぽけでしょうもないことなんだなと思いつつ、


でも、


私が今、置かれている状況というものはこれで、


やはりちっぽけだと思いつつも苦しいものです。


きっと多くの人がそうだと思います。


突然の悲劇に片腕を失ったべサニーに比べて


自分は五体満足なんだ。


片腕を失ったべサニーがあんなにがんばって乗り越えているのに


自分はなんだってできるはずだ。と。


そう反省をしながらも


でも、五体満足でも


やはり逃れられない、どうしようもできない現実というものを


多くの人が抱えているはずです。



多くの人が傍から見てもわからないなにかしらの悩みを抱えて生きています。


私もそんな一人です。



そんな時、


このべサニーの父親の言葉を聞いて励まされました。



そして


やはり人というのは導かれるようになっているのだと。



なので


どんなに苦しい時が続いても


いつかは夜が明けることを信じ、


そして祈り、


次にどうすればいいのか、


その導きのチャンスを見逃さないよう努力を続けることが大事なんだと。



きっと、


今ある現実に絶望し、希望を失っていては


神様がくれるチャンスも、導いてくれている道も


きっと見えずに逃してしまうのだと。



なので、


決して絶望することなく


希望を持って、前を向いて生きていくことが


何より大事なことなんだろうと


私はあらためて感じました。




そして


最後にべサニーが言う言葉があります。



腕を失う前に戻りたいですか?


そう記者から聞かれ



「いいえ。過去は振り返らない。


 今は、両腕で抱くより多くの人を励ますことができるから」



そう答えるのです。




そう思えるべサニーは本当に素晴らしいと思いますが、



べサニーにとってはこの悲劇があったからこそ


見えたものがあったのだと思います。



私もこれはここ数年で思っていることで


といっても私はべサニーのような悲劇に襲われたわけではないので


それほど大きなことをいう資格はないのですが



つらくて、憂鬱で、しんどい状況に置かれ


絶望したとしても


その絶望があったからこそ見えるものが出てくるし


今の自分はそのことがなければ生まれなかったわけで。



私の場合はまだその現実をバネに花を咲かせるところまで


到達できていない途中の段階ですが


日々の悩み多き人生があったからこそ今があると思える人生に


いつか絶対してやるんだと日々思って生きております(笑)




そういう意味で


人生に訪れる試練は意味のあるもので


自分次第で


かけがえのない試練にすることができる


価値あるものなのだと思います。





そして最後のべサニーの言葉



「人生はサーフィンに似ている。


 波にのまれたらまた立て直せばいい。


 次はいい波が来るかも。


 神を信じていればどんなことも乗り越えられる」




この言葉を胸に


明日からまたがんばろうと思います。






読者登録してね




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。