医療事故や医学部・大学等の事件の分析から、事故の無い医療と適正な研究教育の実現を!金沢大学准教授・小川和宏のブログ

医療事故や医学部・大学等の事件の分析から、事故の無い医療と適正な研究教育の実現を!金沢大学准教授・小川和宏のブログ

医療事故死は年間2万-4万人と推計されており(厚労省資料)交通事故死の約4-8倍です。医療問題やその他の事件が頻発している金沢大学の小川が、医療事故防止と事故調査の適正化や医学部・大学等の諸問題と改善を考えます。メール igakubuziken@yahoo.co.jp(なりすまし注意)

金沢大学に勝訴、提訴されてから約6年、
 依頼した入力ではなく紙か電子ファイルで点数提出を求めた裁判
  (医学部大学等事件366)


事件番号  金沢地方裁判所 平成30年(ワ)第124号事件
原告    国立大学法人金沢大学
被告    小川和宏
提訴日   平成30年(2018年)3月23日
結果    原告(金沢大学)の請求を棄却する判決言い渡し


 「金沢大学が私に依頼した入力ではなく、紙または電子ファイルでの点数提出」を、金沢大学が私に求めて約6年前に提訴した裁判ですが、金沢地方裁判所は今月(3月)、金沢大学(原告)の請求を棄却する判決を言い渡しました。

 この裁判が未了状態のこの6年間で、私への攻撃での学生逮捕も含めた、数々の新たな事件が起きてきました。

 次は、衆議院第1議院会館で講演(日本弁護士連合会主催の依頼講演)した時のスライドの1枚(約40枚中の)、「逝去や辞職、逮捕等された、関係の方々」ですが、一番下の学生逮捕は、2019年11月28日でした(上記の提訴の約1年8ヶ月後)。


 一番上の教授辞職のところの「H研究科長」は、現在は「H部局長」であり(同じ人)、上記の逮捕学生のアルバイト先でした。
小林製薬の紅麹サプリ摂取した人の死亡5人に、
 紅麹サプリから青カビ由来「プベルル酸」を検出
  (医師・薬剤師・博士・小川和宏の薬の部屋27)


 続報です。

●青カビ由来「プベルル酸」を検出、紅麹サプリから
(時事、2024.03.29)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024032900896&g=soc
(朝日、2024.03.29)
https://www.asahi.com/articles/ASS3Y2HY7S3YUTFL00PM.html

●紅麹サプリ、死者5人には高齢者も含む
(ハフポスト日本版-Yahoo、2024.03.29)
https://news.yahoo.co.jp/articles/620a482430c3010080de5d53197366af6974553d

*「プベルル酸」(”puberulic acid”)は抗マラリア作用を持ち、化学構造式等は次などに出ています。

J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200907071324837390
紅麹を含む健康食品で26人入院か、
 既知の毒性物質シトリニンとは異なる物質か
  (医師・薬剤師・博士・小川和宏の薬の部屋26)


(1)26人が腎障害などで入院

NHK、2024.03.25
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20240325/2000083044.html

時事、2024.03.25
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024032500597&g=soc

(2)既知の毒性物質シトリニンとは異なる物質か

産経、2024.03.22
https://www.sankei.com/article/20240322-MEMSMT2EEJLPHA4TGSWS4QXVPM/

読売-Yahoo、2024.03.25
https://news.yahoo.co.jp/articles/a28e424a738c260fb412956d63a25dc8b92876ad

(3)シトリニンの化学構造など

J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200907095870769300

東京都保健医療局
https://www.hokeniryo.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/kabi/kabi2-4.html

 本来の製造工程でこれまで知られていなかった毒性物質が生成したのか、工程外からの混入が起きたのか、解明が待たれるところです。
すすきの頭部切断殺人事件、精神科医だった父親を含む親子3人を起訴、
 異例の親子3人半年間の鑑定留置後に、
  弁護人は精神鑑定や鑑定医が不適格と意見書を札幌地検などへ提出
   (医学部大学等事件365)


1、すすきの頭部切断殺人事件、精神科医だった父親を含む親子3人を起訴、半年間の鑑定留置後

北海道放送-Yahoo、2024.03.06
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d0061e1ecb5c62721dfd712c9dc1d92f3ee659e

テレビ北海道-Yahoo、2024.03.06
https://news.yahoo.co.jp/articles/e54603e9938fe8c9509a91af69a08583052b86c2

共同-Yahoo、2024.03.06
https://news.yahoo.co.jp/articles/e17d7c1916cba9a65590a47d76f82379be3fd8a3

2、上記1の事件で精神鑑定や実施した鑑定医が不適格と弁護人が意見書を地検などへ提出

HTB北海道-Yahoo、2024.03.05
https://news.yahoo.co.jp/articles/50ceeb9ff585b4798ec33b7186a2890b834562d9

共同-Yahoo、2024.03.05
https://news.yahoo.co.jp/articles/2267c1ed56da9fbc09df2279fb2a810cd7588e1a

3、上記1の事件で異例の親子3人の半年間の鑑定留置が終了、検察が起訴の可否判断へ

北海道放送-Yahoo、2024.02.28
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba28fe89a5100d008f25666fba70879202f17557

朝日-Yahoo、2024.02.28
https://news.yahoo.co.jp/articles/506f741faf777d36e432fc515841ab9e46300fcc
金沢大学を被告として新件訴訟を本日(2/20)提起(速報)
 事件番号 金沢地裁令和6年(ワ)第52号
  (医学部大学等事件364)


 本日(2/20)、法人としての金沢大学を被告として、代理人弁護士を通じて、新件訴訟を提起しました。

 金沢大学に着任して間もない2006年初めの、常態化した不正経理の金沢大学本部への通報とその隠蔽による不正有無の争い以来、多くの事件群が起きてきましたが、昨年(2023年)夏頃から、奇妙なことが次々と多く起きる時期にまた差し掛かっています。

 研究室がある建物内のホワイトボードに「異状死体」の書き込みや(これを書き込んだ人は判明しました)、ネットで「殺さないで」といった書き込みなどがあるものの、以前の何回かのような関係者で死亡があったという情報は今のところ入っていません。
文部科学大臣(元)と政治資金の裏金の報道/
 20年前には裏金が存在していたという報道/
  日本が死んでいく、裏金問題の中、国立大学法人法改正、の報道/
   金沢大学事件(日弁連命名)18年、死者、辞職者、逮捕者次々/
    その初期の文部科学省出向F財務課長らによる証拠隠滅での不正隠蔽の録音証拠
     (医学部大学等事件363)


 多数・多額の裏金(政治資金関係)について最近は多く報道されていますが、今回は、文部科学大臣(元)と裏金や、20年以上前から裏金が始まっていたこと、日本と国立大学の衰退についての報道、裏金隠蔽に始まり日本弁護士連合会が「金沢大学事件」と名づけて私に衆議院第1議員会館での講演を依頼した(講演日は2020年2月4日)18年続く事件群との時間的関係などについてです。

 また、この時期、国立大学の多くで入試の志願倍率が発表されており、金沢大学は公式HPで、一般入試が2、25倍(昨年度は2、43倍)と公表しています。

1、文部科学大臣(元)と政治の裏金の報道

(1)柴山正彦・元文部科学大臣と裏金の報道

共同-Yahoo、2024.02.08
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a05f206bf95fd455d68b9a4c4df1897602f2b5c
東京新聞、2024.02.08
https://www.tokyo-np.co.jp/article/308185

(2)下村博文・元文部科学大臣と裏金の報道


TBS、2023.12.30
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/920530

(3)塩谷立・元文部科学大臣と裏金の報道

毎日、2024.01.29
https://mainichi.jp/articles/20240129/ddl/k22/010/048000c

読売、2023.12.10
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231209-OYT1T50278/

朝日、2023.12.09
https://www.asahi.com/articles/ASRD86JXCRD8UTIL020.html

2、20年前には裏金が存在していたという報道

文春オンライン-Yahoo、2023.12.13
https://news.yahoo.co.jp/articles/e941ea3e290221a31c0c5c78358a6eec5f6cdf9e

静岡新聞、2023.12.04
https://www.at-s.com/news/article/national/1368674.html

時事、2024.01.10
https://sp.m.jiji.com/article/show/3139242

時事、2024.01.11
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024011000891&g=pol

3、日本が死んでいく、裏金問題の中、国立大学法人法改正、・・・の報道

女性自身、2023.12.15
https://jisin.jp/domestic/2272024/

4、金沢大学事件(日弁連命名)が18年(裏金開始後の時期)、死者、辞職者、逮捕者が次々、
その初期の文部科学省出向F財務課長らによる証拠隠滅での不正経理隠蔽


(1)大規模な政治裏金開始後に金沢大学事件、衆議院第一議員会館講演スライド

 冒頭でも触れた、裏金隠蔽に始まり、日本弁護士連合会が「金沢大学事件」と名づけて私に衆議院第1議員会館での講演を依頼した(現在では)18年続く事件群ですが(つまり、大規模な政治の裏金開始より後の時期)、次はその講演での、死亡、辞職、逮捕に至った方々のスライドです。
https://ameblo.jp/iryouziko/image-12574001078-14710472598.html

 上のURLクリックで出るスライドの左右から、前後のスライドに移動することができます。



(2)2006年の不正経理隠蔽開始の、文部科学省出向課長や教授との録音証拠

 不正経理のY教授(当時)や、文部科学省から出向のF財務課長(当時)との会話について、裁判で録音とともに証拠提出済みの録音反訳の一部を引用します。

会話年月日 2006年2月3日 
話者    小川、Y(当時、教授、1年の不正有無の争い後に認め、のちに辞職)


小川「あまりに私は驚いたっていうのもありました。大学から業者へお金が行っているのに、事務や大学が関係ないっていうのは、先週の、」
Y「わかりました、わかりました、もういいです、小川さん。そういうことでは、もう、小川さんといっしょにやれませんね。わかりました。」
小川「平行線ということですか。」
Y「ええ、わかりました。僕を辞めさせるつもりなら、まあ、わかりました。」
小川「そんなことは言っていませんよ。」
Y「わかりました、もう。」
小川「だから、早期に解決すればという指摘を受けたんです。」
Y「わかりました。わかりました。」
小川「で、先週、ああいう話(原告が被告へ、預け金を早く解消して解決することを提案したこと)に、たまたま、先週木曜日でしたか。」
Y「わかりました、小川さん。完全に。僕はお願いしてたと思いますけど、ケアフルにやってくれということは。あのファックス(預け先の業者名等が記載された、研究室専用の発注書のファックス)は、本部の財務課に、財務部長のところへ行ったらしいんですけど。」
小川「財務部長ですか。」
吉本「ええ、小川さんが送ったやつが。Aさんは(預け金の書類を)全部捨てとるって言ってるんで。もう学長のところまで行ってますので。」

会話年月日 2006年2月16日 
話者    小川、F財務課長(当時、文部科学省から金沢大学へ出向していた)


小川「この時期に、この話が出た直後にってことですね、急に(預け金の預け先の業者名を記した様式)廃止して、しかも、(原告が一部のコピーを証拠として財務部に提出した)去年の書類も処分してあると。」
F課長「(他の年度のものは)残してある、」
小川「ああ、残してある、で、17年度の納品済みのやつ(同上)だけ処分してあるということなんですね。それもじゃあ最近始めたってことですよね、これ、しばらくありましたから。これもその日にコピーしたわけじゃあないですから、納品された時に。これコピー、1枚の紙にしてますけど、これ10月17日に、1日か2日後に、これが11月30日発注です。この間、少なくても、残してあったわけですから、その話(「預け金なし」のY主張)も、いかにどういうご主張かっていうことか理解して頂きたいんですけど。」

小川「もう医学系研究科としては、もう手も口も出せないって、はっきりおっしゃってたんですけど、P先生がですね、研究科長(当時の部局長)の。」
F「それはこの時点はそうです。」

Y教授が2月3日に、業者は(証拠書類を)捨てたと述べ、そこから更に13日後である同月16日に、F財務課長が「部局長は手も口も出せない」ことを認め、証拠隠滅を完了させたため、その後の約1年にわたる不正経理有無の争いになり、私が裁判所調停を申し立てたためやっと不正の一部を認めました。

 その時の2名の調停委員のうちの1名(弁護士)が、虚偽報告書を作成してそれを裁判所が外部へ拡散させ(虚偽有印公文書作成罪の公訴時効の7年間、金沢大学との1回目の裁判は争点整理を始めず、紛争と損害が拡大していきました)、私のこのブログ開始の約1ヶ月後に亡くなり(「死人に口無し」状態で、指示した人物が特定できず。調停委員ご本人はその頃、調停で「やりたくない!」と叫んでいて、わたしは後にこの経過を知りました)、その方が上記の衆議院第1議員会館講演のスライドの中の亡くなった方の1名です。

●事件関連の報道のごく一部

不可解すぎる懲戒処分、名門大で起きている異常事態、などの報道(現代ビジネス、2022.03.03)
https://gendai.media/articles/-/92937

内部告発者、組織に屈せず、闘って正しさ証明、大学病院死亡事件(共同通信、2017.07.15)
https://www.47news.jp/735494.html

内部告発者に「報復」する社会、法の欠陥、修正できるか(Yahooニュース、2018.08.02)
https://news.yahoo.co.jp/feature/1037/
金沢大学近くや金沢近郊でも所々で大きな地震被害/
 京都第1日赤へ京都市が立入検査、脳神経外科で死亡や事故が相次ぐ
  (医療事故121)


1、金沢大学近くや金沢近郊でも所々で大きな地震被害/

(1)金沢大学から数百メートルの田上新町で住宅4戸が崩落


東京新聞、2024.01.02
https://www.tokyo-np.co.jp/article/299742

DIAMOND onkine、2024.01.13
https://diamond.jp/articles/-/337052?page=2

(2)金沢近郊の内灘町で液状化被害が甚大

テレビ朝日、2024.01.17
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000332911.html
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000332966.html

2、京都第1日赤へ京都市が立入検査、脳神経外科で死亡や事故が相次ぐ

NHK、2024.01.18
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20240118/2000081271.html

京都新聞-Yahoo、2024.01.18
https://news.yahoo.co.jp/articles/80ae1107eedecab10f20fa4f70ab505318dfcb37
能登半島地震(医学部大学等事件362)

年始から悲しい自然災害です。

 亡くなられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 私の研究室では落下などした物品の割合は少なかったのですが、自宅の室内は物が散乱して悲惨な状態です。

学生逮捕事件訴訟に関する補足説明
 逮捕報道、退学届受理報道、脅迫以外の投稿のごく一部のご紹介
  (医学部大学等事件361)


<12月27日夜追記>

 最近、初めて本ブログを訪ねて下さる方々が多いようですので、日本弁護士連合会が「金沢大学事件」と名づけて、私に衆議院第1議員会館でのシンポジウム講演を依頼した時の、講演スライドの中の1枚のリンク等をお示しします(画像にあてると左右に矢印が現れ、その矢印クリックで前後のスライドも表示されます)。

●逝去や辞職、逮捕等された、関係の方々
https://ameblo.jp/iryouziko/image-12574001078-14710472598.html

●不可解すぎる懲戒処分、名門大で起きている異常事態、などの報道(現代ビジネス、2022.03.03)
https://gendai.media/articles/-/92937

●内部告発者、組織に屈せず、闘って正しさ証明、大学病院死亡事件(共同通信、2017.07.15)
https://www.47news.jp/735494.html

●内部告発者に「報復」する社会、法の欠陥、修正できるか(Yahooニュース、2018.08.02)
https://news.yahoo.co.jp/feature/1037/

 上記の衆議院第1議員会館での私の講演(2020年2月、新型コロナで規制が出る直前の時期)は、教授による常態的な不正経理を2006年初め頃に大学本部に相談・通報した時から、2019年11月の学生逮捕事件(私への脅迫で逮捕されて容疑を認めていると実名報道され、その後の民事裁判でも脅迫などの主要な事実関係は争わずに、カルテ類や紹介状などを証拠提出して精神疾患のため責任がないと主張している。当時の研究科長、現在の部局長のアルバイトだった学生)に至る事件群のごく一部の概略を紹介したものです。

<12月27日夜追記ここまで>

 前回の金沢大学や逮捕学生などとの訴訟に関して、幾つかご質問を頂きましたので、それらの一部について補足のご説明をします。

1、「退学届受理」について

 報道された情報であり、金沢大学による以前の配布物と、時期なども一致していました。

2、逮捕報道について

 私が直接知っている報道は、次の4つです。

(ア)北國新聞の朝刊記事
(イ)(ア)を含む北國新聞の1年分保存版DVD
(ウ)北陸放送MROニュース
(エ)(ウ)をYahooが引用紹介したもの

 いずれの報道も、逮捕者の氏名と居所(東京都文京区で、丁目までのものも)、容疑の脅迫を認めていることが含まれているのですが、私と逮捕者の両方が金沢大学構成員でありながら、記事に「金沢大学」は出ませんでした。
 ただ、東京での職務でない私的な会合で、Yahooニュースに出てすぐに高校の同窓会で拡がったと、その高校の関係者の方から話しかけられました。

3、逮捕報道と警察の説明でわかった、本人のIPアドレスからの投稿のごく一部

 脅迫や暴言、なりすましの投稿も多いのですが、それら以外の内容のものから、ごく一部を紹介します。

「小川和宏先生、休学中の男子学生に関してお持ちの全ての情報を開示してください。」

「・・・・・彼は入院中、精神科医に、退院したければ石川県こころの健康センターに対して退院請求をしろ、と圧力をかけられたそうです。・・・・・さらに、この精神科医は退院する時期は学務係からの指示を受けて決めたと公言しています。市内の病院が国立大学から退院する時期を延長しろと圧力をかけられるのは認められることなのでしょうか。」

小川補足説明:本人側が傍聴人らがいる公開法廷で提出し主張に使用した、この医師と考えられる精神科医からの紹介状に、「学務係」の記述はありませんが、金沢大学と方針を決めていることがわかる記述があります。
 また、逮捕後の拘留期限が切れる日の朝に、担当の副検事(正検事ではない)から私に電話があり、(1回目の)M病院以外の石川県内の病院に措置入院にして拘束を続ける旨の説明がありましたが、後に本人側が公開法廷で提出し使用したカルテでわかったのは、その電話の日に、同じM病院に措置入院したことになっていて、担当も同じ医師であり、初日に親族に対して、措置入院で3ヶ月以上必要でその後も医療保護入院が必要だと説明しており、これは平均期間がかなり短くそのまま通院治療になることも多い近年の実態と大きく異なる説明内容でした。
 前回記事の、本人側と裁判所が求めた精神鑑定と措置入院の書類の送付を、検察庁と石川県庁が拒否したのは、今年(2023年)春です。


「・・・・・そうなる原因を作ったAとB、それにCの3人をなんとしてでも有罪にしたいのですが、芋づる式にこれらのことを行うことは可能でしょうか?警察にこの3人の犯罪行為(精神病院に入院させること、復学を認めないことなど)を認知させることが動機のすべてです。・・・・・」

小川補足説明:上のA, B, Cは医学類の教授実名です。