Hirogの業務日誌―広島大学総合博物館

スタッフたちによる記録やつぶやき


テーマ:
カエルマタです。

いつものようにゴーヤに水をやっていたところ、窓の下に何やら変なものを発見しました。


赤丸の所、円い筒のようなものが突き出しています。

拡大すると、

こんな感じです。

何だこれ?と考え込んだのですが、すぐに似たものを思い出しました。


姫路城の天守や櫓の窓の下にあるこれ!

実はこれ、排水用の管なんです。

窓に打ちつけた雨水が戸と戸の隙間から下に流れ、敷居の溝にたまってしまいます。
そこで敷居に穴を空けて、細い排水管をつけて外に水を流し捨てるという仕組みです。
この管がないと室内に雨漏れする可能性があるわけです。
うまいこと考えますよね。

ただ万能ではなく、あまりにも激しく雨が打ちつけた場合は、対処しきれなかったようです。

古記録に徳川家康の居城であった駿府城で雨漏れしてしまい、大工頭であった中井正清が叱責されたという記録が残っています。
その後、正清は名古屋城天守を築造しますが、そうとうに気をつかったらしく、より完全に雨水を外に排水する仕組みを考案したそうです。
残念ながら、名古屋城天守は戦災焼失したため現物は残っていませんが…

きっとこれも同じ役割なんでしょう。

現代建築に応用されているとは驚きです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。