社長ブログ・・・意識を変えると景色が変わる

社長ブログ・・・意識を変えると景色が変わる

↓ スズキ機工のホームページには左下のSUZUKIーKIKOHのロゴをクリックして下さい!

早いもので2020年も残りあとわずか

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

コロナの影響で

21世紀になってから大袈裟でなく

今年がイロイロな意味で一番変化の

大きかった年だったと思います

 

町工場のスズキ機工も

試行錯誤を繰り返した一年でした・・・

 

今年2月くらいから突然

感染が拡大してゆき

ディズニーランドはじめとする

レジャー施設が運営停止され

 

さらに小中高の学校の

登校が停止となり

 

ついには

オリンピックが延期されるなど

社会が大きく変化してゆきました

 

そして

スズキ機工の営業活動においても

展示会などがすべて中止になってしまい

 

(写真は例年の展示会の様子です)

 

ベルハンマーはじめとする自社商品の

新規ユーザーさまへの商品PRの場を

失ってしまいました

 

また

空間を共有する形式での

お客様への訪問営業も自粛せざるを得ない

状況になってしまいました

 

八方ふさがりの状況でしたが

私たちはアイデア出し合い工夫しながら

様々な新しい取り組みに挑んでいました

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

コロナの影響で大変苦労したのが

法人向けの販売でした

 

ベルハンマーはじめとする

スズキ機工の自社ブランド商品は

全国の工場で使われています

 

自動車産業はじめ

多くの工場が生産調整のため

操業停止したため

 

機械整備で使う潤滑剤ベルハンマーの

注文が急激に減っていきました

 

何とかしようにも

展示会もすべて中止のうえ

訪問営業も出来ない状況でした

 

ただ

個人ユーザーさんの需要は

それほど落ち込むことなく

堅調に推移していました

 

『何故だろう?』と分析したところ

ネットでの販売、特に昨年から

スタ-トしたお試し企画の購入者数が

大きく増加していました

 

『お試し企画!?』とは

 

購入を躊躇されているお客様は

⇒価格が高いので購入をためらっている

 

購入したお客様は

⇒性能に満足されリピーターになっている

 

であれば、お一人様1回限り一本のみで

通常価格の半額以下で

とにかく一度使ってもらい

ベルハンマーの性能を体感していただき

 

最終的には

安心してリピート購入していただくための

 

言ってみれば有償サンプルをネットで

販売するような企画です

 

『お試し企画』の購入者数は

既に40,000名を超え、コロナ環境下でも

お試し購入ユーザーが周りの

お知り合い・ご友人にご紹介いただくという

サイクルが継続していました

 

ちなみに『お試し企画』は現在も続行中です

(是非、ご活用下さい~)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

そこで

コロナの影響で消費が冷え込んでしまった

法人(工場)ユーザーさま向けにも

こういう時期だからこそ

効果的な企画が出来ないかアイデアを出し合いました

 

そして

コロナ対応でフル稼働となっていた

全国の食品工場さまが

機械トラブルを未然に防ぐために

 

食品機械用潤滑剤H1ベルハンマーを

活用していただく

5+1という企画を立案し実行しました

 

これは、H1ベルハンマー5本購入で

送料無料で、更に1本追加サービスというものです

 

今まで購入されていた代理店さまから

お客様が注文出来るように

ご注文番号をスズキ機工で管理し

商品を直送するとう画期的な企画です

 

ディスカウントの予算は

訪問営業で使えなくなった経費を

すべて振り分けました

 

この企画が大変好評で

多くの食品工場さまでの

H1ベルハンマーの使用数量が増えてゆきました

 

この企画は現在も継続しております

(食品工場のお客様は是非、ご活用下さい~)

https://www.suzuki-kikoh.com/bellhammer/pdf/2012_H1_Campaign.pdf

 

そしてH1ベルハンマーの

食品工場向け企画が好評だったので

次にベルハンマーの旗艦商品

LSベルハンマースプレー420mlも

同じスキームで5+1企画を実行しました

 

追加のディスカウント予算は

中止になってしまった展示会予算を

すべて振り分けました

 

結果

既存のお客様へは強力な販促PRとなり

展示会の中止などが原因で苦戦していた

新規のお客様の獲得にも繋がって行きました

 

ちなみに、この企画も現在継続しております

(法人購入用です、是非ご活用下さい~)

https://www.suzuki-kikoh.com/bellhammer/pdf/2012_LS_Campaign.pdf

 

さらに新しい企画として

昨年から販売を開始した

メガネ曇り止め用特殊クロス

『ベルクラーロ』

 

特に寒くなってきたこの季節に

マスクから出る鼻息でメガネが曇って

困ってしまう人が本当に増えてきました

 

かと言ってコロナ対策のため

マスクを外す訳にはいきません

 

しかも

食品工場などでは単に困るだけでは済まず

安全に関わる問題になっています

 

そこで

このメガネ曇り止め用

特殊クロス『ベルクラーロ』も

まず法人様向けに

9+1の企画を新たにスタートしました

(法人購入用です、是非ご活用下さい~)

https://www.suzuki-kikoh.com/bellclaroall/pdf/2012_BCL_Campaign.pdf

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

宣伝のような形式での

説明となってしまいましたが(笑)

 

これらのプッシュ型の企画が

思いがけず大きく作用していたなか

 

2年前から開発に取り組んでいた

ガソリン自動車専用エンジンオイル添加剤

『ベルハンマーセブン』の販売がスタート

 

沢山のお客様から大変高い

商品レビューを頂いております

 

 

さらに

来年3月頃には次の新製品を発表できる

目途がたっております

こちらは発表をお楽しにして下さい

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

その他にも、ここで書き入れないくらい

『新しい取り組み』を続けた一年でした

 

展示会の出展も出来ない

お客さま訪問営業も出来ない

その時間と予算をすべて

『会社の中で出来ること』に注力した一年でした

 

そして、この後

どのようにコロナが進行してゆくのか

予断を許さない状況が続くと思いますが

 

社員と共に

『挑戦する気持ち』を強く持ちながら

変化に対応してゆきたいです

 

2020年

本当に厳しい一年でしたが

2021年

来たる新年が皆様にとって

素晴らしい年になるよう

御祈念致します

 

良いお年をお迎えください・・・

 

2020年お疲れ様でした~!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!(20201年コロナ撃退)

 

 

 

 

早いもので11月も終わります

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

先月のベルハンマー通信でお伝えした通り

新発売の

エンジンオイル添加剤ベルハンマーセブン

コロナ経済の苦しい状況下で

スズキ機工に大きく貢献してくれています

 

このあと

より多くのユーザー様に広めてゆく

プロモーションが大切になってくると思います

 

しかし

町工場のスズキ機工は残念ながら

広告・宣伝に多くの予算を組むことが出来ません

 

そうは言っても、

広告・宣伝に全く取り組まなければ

たとえ商品の性能が素晴らしくとも

市場に埋もれ消えてゆくことになります

 

十数年前に

下請け体質の苦しい事業運営から

脱却するため自社ブランド事業へ

挑戦した時も状況は全く同じでした

 

当時

予算も実績もないスズキ機工の

自社ブランド商品を

どうやってマーケットに提案するか

 

私は忙しいなか時間を捻出して

様々な本を読んで猛勉強していました

 

その過程で

巡り合えた本を今回は紹介しますね!

 

 

『ブームをつくる』

殿村美樹 著

 

殿村美樹さんは

年末の風物詩になっている清水寺の

『今年の漢字』

滋賀県彦根市のPR大使

『ひこにゃん』

香川県のPRキャッチ

『うどん県』

のPRプロデューサーとして

そのセンスを発揮された方です

 

この殿村美樹さんの本の中には

自社の商品やサービスを如何にして

社会的な「ブーム」や「文化」に導いてゆくか

 

時代の読み方、消費者が共感する

メッセージの発信方法

 

低予算で最大限効果をねらう戦略など

詳細なプロセスが解説されており

 

私は何回も何回もこの本を読み返して

実際に行動に移してゆきました

 

最初にベルハンマー展示会戦略を編み出し

数多くのお客様に効率的に

スズキ機工の自社ブランド製品をPRする

ことに成功しました

 

さらに

インパクトのあるイベントの開催や

その告知方法に

プレスリリースを活用することで

多くの取材を受けるようになりました

 

そしてついには

テレビ業界の方からも

注目を集めるようになり

TBS『がっちりマンデー!』や

テレビ東京『ガイアの夜明け』に

潤滑剤ベルハンマーはじめとする

スズキ機工の自社ブンランド商品が

全国放送の番組で放映されました

 

振り返ってみても

自分の想像をはるかに超える結果を

この本が導き出してくれたと思っています

 

気づきを与えてくれたこの本

『ブームをつくる』

そして

著者の殿村美樹さんに本当に感謝しています

 

新製品ベルハンマーセブンも

今まで培ったノウハウでPRしてゆきます

 

そして、いつの日か必ず

ベルハンマーセブンの素晴らしい性能が

お客様の車のコンディショニング向上に貢献し

 

最終的には沢山のお客様と

「楽しさ」「喜び」を共感出来る

 

そんな商品にベルハンマーセブンを

育ててゆきたいと思っています

頑張ります

 

それでは今月も頑張っていきましょう~!!

オ~!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!(PR大切)

 

季節の変わり目

いかがお過ごしでしょうか?

 

世間ではコロナ下の7割経済のもと

感染防止策を徹底しつつ

何とか冷え込んだ

経済を回復させようと

GO TOキャンペーンシリーズが

スタートしましたね

 

ブレーキとアクセルを

同時に踏むような政策ですが

経済がダメになったら

感染拡大以上の

不測の事態も想定されるので

賛否はありますが必要な政策だと私は思います

 

スズキ機工もコロナ経済を理由に

低迷した状態に甘んじてはいけないと

 

ZOOMを活用したオンラインセミナーや

業務スタッフも電話営業に参加するなど

新しい取り組みに挑戦してきました

 

結果がなかなか伴わず

正直言って現在も苦戦していますが

いつか実を結ぶ日が必ずくると

取り組みを継続しています

 

そんな苦しい状況下でありますが

『未来への種まき』として2年前から

新商品の開発を水面下で着々と進めていました

 

そして

新製品 『ベルハンマー7セブン』

 

 

このタイミングで投入することに

成功しました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

高級潤滑剤ベルハンマー

お蔭様で多くのユーザーにその性能を

体感していただいております

 

2012年に

LSベルハンマースタンダードを販売開始して

 

その後に

食品機械用グレード H1ベルハンマー

 

さらに競技性の高い最高級グレード

LSベルハンマーGOLDを開発販売してきました

 

工場機械の整備から自転車・バイク・車の整備

ラジコン・釣りなどホビーユース

最近ではご家庭でのDIYなど

裾野が広がってきております

 

毎日ネットSHOPで多くの商品レビューを

いただいていた中で

注目していた商品レビューがありました

 

それはエンジンオイル添加剤としての

LSベルハンマーを使用した商品レビューです

 

LSベルハンマーは工場での減速機に

キヤオイルの5~10%を目途に

追加添加するだけで

摩擦が低減し異音がおさまり

機械寿命が延び

そして節電効果があることを

多くの工場で実証してきました

 

その後、その大きな効果を実感した

ユーザー様が車のエンジンオイルへの添加を

自己責任でしたところ同じく大きな効果がでて

そのレビューをネットに投稿

 

その投稿を見た他のユーザー様が

また実験し、その効果を投稿するという

サイクルが生まれていました

 

その商品レビューの

連鎖(スパイラル)を目の当たりにし

エンジンオイル添加剤のニーズを確信しました

 

そして、LSベルハンマーに改良を加え

エンジンオイル専用の新商品開発を決断しました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

処方組み性能試験など

試行錯誤はありましたが

1年後には既に納得のいく試作品もでき

オイル自体は、ほぼほぼ完成していました

 

しかし、後発のメーカーがマーケットに

インパクトのあるPRをするためには

複数の差別化できる特徴が必要です

 

製品の性能が優れていることは

当然、大前提になりますが

 

それだけでは

ライバル商品の中に埋もれてしまいます

 

そこで私は

カーショップやホームセンターに

何度も何度も足を運びました

 

そしてライバルメーカーの商品を

実際に手に取って分析し

私はある共通点を3つ発見しました

 

1つ目は

エンジンオイル添加剤ということは

商品を見ればわかるのですが

その商品に固有の名前(顔)がないこと

 

2つ目は

容器に入っているエンジンオイル添加剤が

どのような色合いで

動粘度(硬さ)どのくらいか

実際に容器を開けて注がないと分からないことでした。

 

3つ目は

商品デザインがどれもこれも

似たような感じで個性が感じられないことでした

 

この消費者目線を満たすべく

商品企画・仕様を練り上げました

 

お客様にエンジンオイル添加剤ではなく

商品の名前(顔)を覚えてもらう

シンプルで耳に残るネーミング

 

何十種類もの候補名を

実際に声を出して検証してゆきました

 

そして

最終的に私の中にストンっと

入り込む名前・・・

『ベルハンマー7セブン』と命名しました

 

次に容器の選定でしたが

中身の色合いや動粘度(硬さ)を

確認するためにはスケルトン(透明)容器しか

ありませんでした

 

しかし紫外線による

オイル劣化の問題が発生して

しまいますので簡単に採用というわけにはいきません・・・

 

ある時

紫外線劣化って他の製品

例えば食品やお酒も同じだよな

 

そういえば高級なウィスキーって

ほとんど箱に入ってるよな

 

そうか!

紙箱にスケルトンボディーの

ベルハンマー7セブンを入れれば

保管時の紫外線劣化な起こらない

 

これだ~!!という経緯を経て

包装仕様を決定しました

 

そして

競合する他社製品と一目見ただけで

確実に差別化できるデザイン

 

あえて

原色は使わず、モノトーンでまとめ

ビンテージ感を出すことで

性能の高さを醸し出すデザインにしました

 

 

こんな感じです~

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その後に製造に取り掛かり

9月末に試験販売として

初期ロット2000ボトル準備して

一部のネットのみで販売をスタートしてみました

 

結果、

数日で初期ロットが完売してしまい

欠品状態に陥るという

私もビックリの大きな反響が起こりました

 

正式な販売開始日を

チバテレビの『踊るチバテレYAGURA』

という番組でベルハンマー7が放映される日

 

そして

スズキ機工の創業者である私の父の誕生日

10月17日に設定していました

 

9月末に欠品してから

本格販売開始日の10月17日までに

 

スズキ機工ホームページへの

商品ページのアップロード

 

SDSその他製品データの

アップロード

 

カタログ作成や自社運営の全ネットSHOPでの

販売ページ作成など

粛々と準備を完了させました

 

現在は個人のお客様、法人のお客様も

ネットや工具商社様など代理店を通じた

イロイロな購入チャンネルで

 

新製品 『ベルハンマー7セブン』を

購入できる体制が整っております

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

未来への種まきとして

このプロジェクトの取り組みを

スタートした時点では

 

まさか、現在のコロナ経済が起きるなど

予想もしていませんでした

 

しかし

余力のあるうちに取り組んでいた

この未来への種まきプロジェクトが

コロナ経済下で苦戦していた

町工場のスズキ機工を力強く助けてくれています

 

そして現在

新しい未来への種まきプロジェクトが

既にスタートしています

 

おそらく1年以内には

皆様に発表出来ると思っています

 

何が上手くいくか失敗するか

正直言ってわかりませんが

『挑戦=未来への種まき』

これからも社員と共に取り組んでゆこうと思っています

 

ベルハンマー7の情報はこちら↓↓↓

https://www.suzuki-kikoh.com/bh7/

 

 

それでは

今月も頑張って行きましょう~!オ~!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!(祝:ベルハンマー7販売開始~)

日々涼しくなってきますね

如何お過ごしでしょうか?

 

先日、巷で大評判のドラマ

『半沢直樹』の最終回の放送があり

私も家内と娘2人の家族と一緒に

ドキドキしながら

千倍返しの結末を見ていました

 

『もう、おしまいデス・・』と言う

困難な状況からでも

主人公の半沢直樹が『感謝と恩返し』で

ブレずに、諦めずに困難を乗り越える姿を

 

10年前の

不安定な町工場の経営者だった自分と

重ね合わせながら毎週観ていました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

10年前、創業事業の

18L缶製造装置のメンテナンス事業が

バブル経済崩壊後に価格破壊の

大波に飲まれ衰退していった後、

 

生き残るために

食品機械の設計・製作業に事業転換し

体を張って仕事に向き合っていました

 

そして、

とにかく何でも全力で取り組む姿勢

やる気と気迫がお客様に伝わったのか

 

大手の食品メーカー様の取引が

徐々に増えてゆきました

 

そんな中、移動に車で2時間半かかる

福島県境に程近い

茨城県北部にある大手食品メーカーとの間で

忘れもしないトラブルが発生しました

 

やっとの思いで取引開始を実現した

その大手食品会社から

『確実に発注するのでとにかく早く取り掛かって欲しい』

 

との要望があり

早朝から現場採寸し帰社してから夜中に

構成図面と御見積書を作成し提出しました

 

ところが

方針が変更になったとだけ告げられ

その案件は流れてしましました

 

数か月後

違う案件で呼ばれ工場に入ると

私が描いた構成図通りの装置が

設置されていました

 

完全な図面転用でした

 

誰でも知っている大手食品会社

銀行の信用や売上・収益を考えれば

グッと堪えるのが中小町工場だった

スズキ機工の立場だったでしょう・・・

 

ただ

車で片道2時間半

月一回の訪問しか出来なかった会社・・

コストのみ重視の会社と

 

信頼関係を築くことは出来ない、取引継続はすべきでないと思い

 

『二度と連絡しないで欲しい・・』

と告げて帰ってしまったことがありました

 

この出来事がきっかけとなり

お客様と深い信頼関係を築くには

御用聞きスタイルで接点回数を増やし

こまめに丁寧に対応することが

中小町工場のスズキ機工の存続の

生命線になると確信し

 

当時、

古田土会計古田先生の著書

『泥くさいけど必ず結果のでる経営計画書の作り方』

 

を参考に策定に取り組んでいた経営計画書に

・規模・業種よりも移動時間・距離を最優先する

・車で1時間以内の取引に特化する

 

と事業運営方針を明文化し

経営の舵を大きく切り直しました

 

そして、その決断が

大きな事業成長につながってゆきました

 

さらに、その後

不安定な事業運営から脱却

そして下請け体質から脱却のため

 

自社ブランド製品の

開発・販売へ挑戦すると心に誓い

経営計画書に

新規事業方針を明文化しました

 

そして数多くの

失敗を伴いながらも

奇跡の潤滑剤『ベルハンマー』

プロ仕様工業用ハサミ 『ベルシザー』

ケーブル収納『パケットリール』など

多くの自社ブランド製品を

生み出して行きました

 

・・・これらの経緯の詳細を書くと、

このメルマガでは収まらないので

 

よろしかったら拙著

『弱者の経営戦略』を読んで下さいね(無料です)

(P.37にくらいから書かれています)

 

http://aiwa-ad.co.jp/suzukikikoh/

 

そして、その後も様々な難しい問題に

直面することも多々ありましたが

 

何とか現在の事業運営スタイルを

構築することが出来ました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

話しは少し飛びますが

私は今年6月頃からに体調を崩しておりました

 

そして先日、その病状が回復した矢先

急性扁桃炎という別の病気を

患ってしまい一週間の入院生活を送りました

 

もしも、一連の体調不良・入院生活が

脆弱な財務体質で、いつも自転車操業・・

体を張って会社と社員を守っていた

10年前のスズキ機工であったなら

即、倒産・廃業の危機でした・・・

 

でも、今回は

数か月間は体調回復優先に努め

入院生活でも本当にリラックスしながら過ごし

 

現在は体調を完全に回復することが出来ました

 

私を信じてコツコツと努力を重ね

しっかり日々の業務を遂行出来るように

成長してくれた社員のお陰です

心から感謝しています

 

またコロナ経済のもとでも

何ひとつ変わらずお取引をいただいている

仕入れ様・お客様のお陰でもあります

心から感謝しています

 

そして今となっては決裂してしまった

あの食品会社にも

気付きを与えてくれたと感謝しています

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

38歳で社長に就任して13年の月日が経ちました

 

あと5年以内に

会社のホールディングス化をし

各事業運営会社の後継者を60歳までに育て

 

65歳でスズキ機工はじめとする

事業運営会社の経営の一線からは身を引きます

 

これからの15年で

社会もスズキ機工も大きな変化を迎えることになるでしょう

 

それでも、どんな時も

『感謝』を忘れずに歩みたいと思っています

 

そして、社員とその家族

仕入れ先様・お客様

スズキ機工が居を構える松戸の地域社会に

『恩返し』の経営をして行きたいと思っています

 

それでは

今月も頑張って行きましょう~!オ~!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!(長い・・・・)

 

猛暑日が続く中

如何お過ごしでしょうか?

 

先月は体調を崩してしまい

(コロナ感染ではありませんが・・)

毎月発行の

メルマガの執筆が出来ませんでした

つくづく健康あっての仕事だな・・と

痛感しております

 

さて

新型コロナウィルスも第2波を迎え

感染者数もかなり増えました

緊急事態宣言を出すことなく

医療崩壊を防ぎながら経済を回す

手探りの状況が続いています

 

ベクトルが相反する複数の事案を

絡まった糸を解すように

正し方向へ導くことが肝要に

なってきています

 

フランスの哲学者ルネ・デカルトは

『困難は分割せよ』

と有名な言葉を残しています

 

また

マイクロソフト創業者のビル.ゲイツ氏も

『問題は切り分けて考えろ』

と言っています

 

コロナ時代はまさに

困難が複雑に絡み合っている状況・・

分割することで試行錯誤を減らし

有効な対策が見えてくると思います

 

中小町工場のスズキ機工も例外でなく

常に多くの問題を抱えています

 

問題全体を俯瞰することは大事ですが

細かくナイフで切り取るように

分割して行くと思いがけない解決策を

見いだせることが多々あります

 

また、その方法(道具)もあります

チョコっと紹介しますね

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

10年前

収益力の高い自社ブランド商品を

開発プロデュースすることで

下請け体質の事業形態から脱し

社員と共に前進すると誓ってから

 

高性能潤滑剤ベルハンマーや

薄物専用はさみベルシザー

5S対応の電線収納パケットリールなど

様々な自社ブランド製品を開発・販売に取り組みました

 

そして

これらの自社ブランド製品を

限られた人財・資金で

いかにPR・拡販してくゆかが

常に事業運営の命題でした

 

当時、考えても、考えても

判断ができない状況に陥ったことが

多々ありました

 

そんな時に活用していたツール

そして現在も使っているツールが

あります・・・

 

それが『マインドマップ』です

 

 

以前も、そして現在も何か壁にぶつかると

スケッチブックやホワイトボードに

ミッション(問題・課題)を書き

それを中心にして

時計回りで枝葉(ブランチ)が分岐するように

思うがまま、閃くがまま、書いてゆきます

 

そして、書き終えた後

その図柄(マインドマップ)を俯瞰(眺める)と

『なるほど、ここは撤退して

すべてここに集中投資すべきだ・・』

みたいな感じで決断していったことが

沢山ありました

 

頭の中で

いくら考えても決断出来なかったことが

マインドマップを書き

俯瞰するだけで即決した!

そんなことも沢山ありました

 

自分でも不思議だったのですが

その理由を自分ではこのように

分析しています

 

人は生きている限り

例外なく様々こと(カテゴリー)に向き合っています

 

家族、仕事、お金、ファッション、勉強、健康などその他、挙げたらきりがありません

 

そして

頭(頭脳)の中で、それらが絡み合うように

同時進行形で混在しています

 

その混在している頭(頭脳)で

難しい問題を考えるから混沌としてしまうのです

 

これは、意識・無意識に関係なく

発生してしまうものです

 

マインドマップで書き出すことは

頭(頭脳)の中で混在している

様々なこと(カテゴリー)からその部分だけを

抜き取って考えることが出来ます

 

ですから、

頭(頭脳)の中で混在している

関係のない他のこと(カテゴリー)から

邪魔されずに問題の本質に向き合えることが

出来る・・と私は分析しています

 

マインドマップに関する本は

けっこう多く発刊されているので

良かったら試してみて下さい

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コロナ時代に突入してしまった現在

『七割経済』の環境下でいかに生き残るかが

企業の最重要課題であると

様々なメディアで言われています

 

スズキ機工では

複雑に絡み合った

様々なカテゴリーを解くように

現在、多くの新たな取り組みを進めています

 

ベルハンマーの新製品の発売

 

 

食品工場向け新開発メカトロユニットの開発

 

そして

 

 

コロナ時代での新しいPR手法などです、

 

マインドマップを活用して

『困難は分割せよ』

『問題は切り分けて考えろ』

その通りに編み出した

これらの新しい取り組みの詳細も次の機会に紹介しますね!

 

それでは暑い日が続きますが

お体ご自愛してお過ごしくださいませ・・・

 

 

皆さまお疲れ様です

 

新型コロナウィルス

非常事態宣言も解除されたなか

如何お過ごしでしょうか?

 

さて

今年も早いもので6月末

折り返しです

 

実は毎年6月が間違いなく

私個人が一番忙しくなる月なのです

確かに6月は決算月なのですが

 

一番の理由は

 

 

スズキ機工の事業運営のすべてを

明文化して社員と方向性を共有する

魔法の書『経営計画書』を

仕上げなくてはならないからなのです

 

ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ

 

↑今から23年前(専務だった母と入社時の社写真)

 

父に請われ28才の時に

スズキ機工に入社しました

 

創業事業の18L缶業界が

バブル経済崩壊のあおりを受け

淘汰の時代に突入・・・

 

入社後すぐに1社また1社と

18L缶製造メーカーが倒産・廃業してゆきました

中小の18缶製造メーカーの

外部保全部門のような立ち位置の

当時のスズキ機工に未来はありませんでした

 

そして

社員8名で年商が1億に満たないころ

初めての業種として取引を開始した

近隣の自動車部品製造メーカーに

4400万円の売掛を踏み倒され

さらに担当していた設計と電気の

社員を引き抜かれ

 

その後、裁判になり完全勝訴したものの、

その会社が倒産・・

 

スズキ機工も存続をかけた

待ったなしの

厳しい状況に突入してゆきました

 

生き残るために

前職の食品原料輸入販売の商社時代の

コネクションを活かし

食品産業の自動機の設計・製作に事業転換をし

 

何とか首の皮一枚で

倒産・廃業の危機を乗り越えました

 

38才の時に

取引していた18L缶製造メーカーの

最後の一社が倒産し

創業事業の売り上げがゼロになりました

 

それと同時に

食品製造機械設計・製作メーカーに

事業転換を果たし

そのタイミングで社長に就任しました

 

ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ

 

その後、

誰にも負けないくらいのハードワークを

自分に課し

ひたすらガムシャラに仕事に向き合いました

 

それでも、ダメでした・・・

毎年、決算を迎えると

悲惨な結果で資金繰りに苦労する日々でした

 

迷走状態・・・

まさにそんな感じでした

 

ワラにもすがる思いで

市中にある経営指南本

読み漁るなか

 

今もお世話になっている

古田土会計の古田土先生が上梓された

ドロくさいけど必ず結果が出る

『経営計画書の作り方』

に出会い

 

9年前に初めて経営計画書を作成しました

 

 

薄いペラペラの10ページほどの

リーフに理念・ビジョン・方針を

自分の言葉で書き込み

 

買ってきた手帳に綴じて

手作りで作成した経営計画書を

当時の社員全員に手渡しました

 

そこから

経営計画書に足りなかった

戦略・戦術を毎年更新するスタイルで書き込んでゆき

 

人の移動を伴う装置事業は

お客様の業種・規模でなく

移動時間・距離を最優先にし

車で1時間以内の狭いエリアに

特化した地域戦略を明文化・徹底し

業績を立て直しました

 

その後、5年10年先を見据え

下請け体質の事業形態から脱し

 

継続循環型の自社ブランド商品での

成長戦略を明文化し

 

ベルハンマーやベルシザー

パケットリールなど様々な

自社ブランド製品を開発・販売に取り組みました

 

SNSを駆使した広告戦略なども

明文化し販路を開拓してゆきました

 

数多くの失敗も伴いながらも

その経験を経営計画書に落とし込み

更新してゆくことを継続してきました

 

そして今では200ページを超える

計画書と行動手帳を一体化させた

経営計画書に進化させています

 

ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ

 

毎年、7月の第一木曜日に

柏のクレストホテルに

社員全員と金融機関様・お取引様を

お招きして大体50名ほどで

経営計画発表会を開催して

スズキ機工がどの方向に

どのように進んでいくのかを

 

 

社長の私から2時間ほどかけて

社員に説明してきました

 

ずっと信じて続けてきた

経営計画発表会も

今年は新型コロナの影響で

ホテルを借りてのスタイルは

中止にせざるを得ませんでした

 

ただ

毎年の経営計画書の更新と

経営計画発表会はスズキ機工の

生命線です

 

何があっても開催しなくては

なりません

 

そこで

今年はマスクを外して発表する私と

社員そして関係取引先様と

空間は共にできなくとも

ZOOMでオンライン開催する方式で

開催することを決定致しました

 

また

ホテルでの開催ですと

会場スペースの関係で50名程での

開催が限界でしたが

 

今回のオンライン開催は

ZOOMのイベント設定(プライバシー保護)を

したうえで一般公開にて行う決断をしました

 

 

現在の混沌とした状況下での事業戦略の説明

 

アフターコロナを見据えた事業戦略の説明

 

そして

ベルハンマーの新製品発表も行う予定です

 

社員15名の町工場

スズキ機工の経営計画発表会

 

ご興味のある方は是非ご参加ください

(もちろん無料です)

 

ニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコニコ

 

7月2日(木)

スズキ機工株式会社

第45期 経営計画発表会

14:00開催(13:30エントリー開始)

参加費:無料

下記URLからご参加出来ます

https://us02web.zoom.us/j/89245187655?pwd=clZ0OFN3bm9xNmdOUnI3eEEvZGpEZz09

 

 

それでは、第45期も頑張って行きましょう~!!!!!!!

オ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(やるぞ~)

 

皆さま、お疲れ様です

 

新型コロナウィルス

日々刻々と状況が変化してゆきますね

如何お過ごしでしょうか?

 

 

生活様式が一変してしまった

このコロナ時代・・・

変化の大きさを痛感しております

(会社のデスクも自家製パーテーションで仕切っております)

 

町工場のスズキ機工も

この環境下で何が出来るか

日々、社員と共に試行錯誤しております

 

先日、ある雑誌に

インパクトのある商品・サービスは

逆転の発想から生み出される・・という

記事を見つけました

 

例えば

椅子のないレストラン

レジのないスーパー

成績の上がらない学習塾

 

 

常識とは逆の発想でも

十分にビジネスになる可能性がある・・と

その記事に深く納得しました

 

今のコロナ時代は

従来の常識の逆になっていることが

沢山発生していると思います

 

スズキ機工の仕事でも

基本的にこの2ケ月間 訪問営業は自粛でした

 

また、食品機械の設置工事なども

非常実態宣言の影響で延期になってしまったり

身動きが取れない状況が続いてました

 

・・・であれば

活動方針を環境に合わせ

『一歩も外に出ないで販売活動する』

『お客様と空間を共有しないで販売活動する』

と方針を定義し

 

ITを活用して何が出来るか!?・・と

取り組みを開始しました

 

最初に展示会と同じレイアウトの

スタジオをつくり

スカイプ・LINE・ZOOM・メッセンジャー

様々な手段でお客様にアプローチして

 

 

現在進行中のキャンペーン

『機械を止められない食品工場支援企画』

食品機械用潤滑剤

H1ベルハンマースプレ-420ml

5本ご注文で1本無料プレゼント~!

 

 

しかも、送料無料!

(6月末まで開催しています・・・)

のPRをしました

 

物凄くお得なキャンペーンなので

説明を聞いた食品工場のお客様は

ほとんど御注文していただけるのですが

 

 

ZOOMなどを使ってのコンタクトだと

そもそも繋がることが出来ない場合が多く

 

それでも何とか

お客様の了承を得れた場合も

通信が成立するまで

お客様に時間と労力を掛けさせてしまう・・との

結論に達しました

 

そんな最中、ミーティングの中で

『最近、無料オンラインセミナー開催』・・って増えたよね?

 

 

『スズキ機工も潤滑剤入門 無料オンラインセミナー』を開催して

 

一度に多くのお客様を

 

 

展示会の様に集客して

効率よく営業活動出来ないだろうか?

という意見が出ました

 

確かにセミナー形式であれば

ZOOMの準備や接続のやり取りは

参加者がすべて準備してエントリーしてくれるので

必要なくなると思います

 

そして何と言っても

1対1のやり取りでなく一度に多くのお客様に

情報発信ができるメリットが生まれます

 

そのうえで

工場の機械メンテナンスでは

ベルハンマーを上手く活用すれば

飛躍的に部品延命・電気代の節約が

実現出来ることや

 

 

バイクや自転車は

正しい使い方でメンテナンスすると

プロ仕様のマシンのような

セッティングになることや

 

 

実際に多くのケイリンTOP選手が

ベルハンマーを使って車両整備を

していることなど

 

 

わかりやすいコンテンツを準備して

潤滑剤入門セミナーに取り組めば

ビフォアコロナ時代には考えられないような

結果を得られる可能性がある!・・・と

スタッフとプロジェクトを開始しました

 

すると

イロイロとアイデアが湧き出してきて

セミナー参加された方には

もれなくベルハンマーMINIスプレーを

サンプルプレゼントすれば集客効果が

上がるのでは!・・・とか

 

 

LIVE放映と同時で

チャットやメール・TEL対応を提供すれば

注文につながりやすいのでは!・・とか

 

インパクトのあるキャッチコピーを考え

デザイン性の高いチラシを製作して

FacebookやLINE広告を駆使して

告知すれば多くの集客ができそうだ!・・とか

 

 

もし、この企画が成功すれば

次はタイでセミナーを開催して

タイの日系企業様向けに

ベルハンマーの情報発信が可能になる!・・とか

 

それならば

ベルハンマーだけでなく

ハイブリッド式自動粉掛け装置HS-101の

コンビニベンダー様・冷凍食品工場様 向け

省人・省力実現導入セミナーも

出来るのではないか!・・・とか

 

 

はたまた

パケットリールシステムやベルクラーロ

 

 

独立型振動ふるいNS-450

 

 

プロ仕様工業用ハサミ 『ベルシザー』

 

 

ワイヤ-カットスプロケットなど

 

 

スズキ機工の自社ブランド製品の

活用セミナーも出来るのではないか!・・とか

 

堰を切ったかのように

アイデアが湧き出してきました

 

ただ私はこれらの企画が

いきなり成功しなくても良いと思っています

 

仮に上手くいかなくてもその結果に正面から向き合い

 

原因を突き止め改善し、また挑めば

必ず成功に向かうと思っているからです

 

現在、スタッフと共に急ピッチで

初めてのオンラインセミナー開催の準備を進めています

 

遅くとも6月中旬には

第一回目のオンラインセミナーを実現させます

 

手作り感ありありでクオリティは低いかもしれませんが

必ず実現させます

 

SNSやメールなどで

お知らせ出来ると思いますので

お時間あれば参加して

プレゼントのベルハンマーMINIスプレーを

受け取って下さい~

 

また

この取り組みの経過や結果についても報告しますね!

 

それでは、今週も頑張って行きましょう~オ~!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!(長い・・・)

皆さまお疲れ様です

 

先日の(出題編)から

ちょっと引っ張ってしまいましたが

(解答編)です

 

 

正解は【ドリップコーヒーアロマスタンド】でした~

 

何でこれがアロマスタンドになるの?

何でこれがコロナ対策に使えるの?

疑問に思いますよね・・

 

①作ることにしたキッカケと

②機能と特徴について

説明しますね

 

 

ここ数日の自粛要請で

喫茶店にコーヒーを飲みに行かなかったので

自宅でドリップして一息つこう・・と思ったら

 

顔面蒼白の事態発生 びっくり

『コーヒーの香りを感じられない・・』

阪神の藤浪選手のニュースを見た後でした

 

焦ってドリップしたあとの残りカスの香りも

確認すると

 

 

わずかにコーヒーの香りを感じることが出来

ホット胸を撫でおろしました

 

コーヒー豆の容器のフタが

キチンと閉まってなかったのが原因でした ガーン

 

 

何の気なしに飲み終えたカップに

残りカスフィルターを差して仕事をしていると

 

 

不思議なことに2時間3時間経っても

ほのかにコーヒーの香りがするのです・・目

 

更に不思議だったのは

カップにフィルターを差した直後よりも

2時間くらい経った後のほうが

香りが強くなるように感じましたアップ

 

ふと、

あ~そういう事か!!!

 

フィルター上部の水分が気化すると

下部の濃縮されたコーヒーエッセンスが上部に浸透し

それがジワジワ連続して気化することで

香りを維持する

 

この循環サイクル・・・・

 

 

『アロマスティックと同じ原理だな!!』と気づきましたベル

 

食品機械の設計をするエンジニアとして

これはきちんと計算して作ることにしました

 

 

↑↑↑まず、デザインを決めて

 

 

↑↑↑モデル設計

 

 

↑↑↑3Dプリンターで出力

 

試作品の角度や大きさなど微調整して

最終的に

大体、空気に触れるフィルター面積を

全体の65%くらいになるよう設計にして

気化を促進

 

 

計算通り!

いい感じで気化が進みスタンドの周辺には

ほのかにコーヒーの香りが漂います

大体、7~8時間は軽く使えます

(当然、保持する時間は気温・湿度で大きく変わる思いますが・・)

 

また、1日そのままにしておくと

 

 

フィルターもコーヒー豆も

カピカピに乾燥するので捨てる時も快適です

 

そして、浸透⇒気化の動きを証明するかのように

フィルターの上のふちに気化できなかった

濃い茶色のコーヒーのエッセンスが残りますグッド!

 

さらに最近は子供向けに

 

 

↑↑↑フィルターを畳んでベルシザーでカットして

 

 

↑↑↑広げると、お花バージョンも簡単に出来上がりウインク

 

 

ここまで形状をこだわって3Dプリンターなどで製作しなくても

小さいカップなどを活用して

フィルターがそれなりの面積空気と接するようにセットすれば

アロマスタンドの機能は充分果たすと思います

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

新型コロナ感染の初期症状で

嗅覚に異変を感じる人が多いようです

リラックス出来るコーヒーの香りで

嗅覚CHECKするのも

チョコっとゆとりがあって良いと思います ニコニコ

 

外出自粛など

ストレスのたまる生活が続きますが

 

【ドリップコーヒーアロマスタンド】

 

よろしければ、お試し下さいませ~!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!(長い・・・・)

 

                  【宣伝です】

こちらから BELLHAMMER GOLDお一人様一回限りの特別価格でご購入できます!

 

 

 

 

 

皆さまお疲れ様です

 

今は新型コロナで大変な時期なので
自宅でもオフィスでも使える
遊び心のあるアイテムを
作ってみました🙂

 

↑↑↑

なかなか良い出来で満足しています😎

 

ある出来事がキッカケで

↑↑↑

チョコと閃いたので

こんな感じでデッサンを描いて

 

それから

↑↑↑

設計スタッフにモデル設計してもらって

 

さらに

↑↑↑
3Dプリンターで出力😐

 

10年前なら数日かけて
簡易金型作って十数万くらい費用のかかった試作品が
数時間で300円くらいの費用で出来る時代だな・・と
技術の進歩を感じています😲

 

 

【ここで問題です】


これは、どのように使うモノでしょうか~???

ヒント:私はコロナ対策で使っています🤔

正解は・・・・(解答編)にて←クリック

 

ゆったりした時間大切ですね~!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(長い・・・・・)

 

                【宣伝です】

こちらから BELLHAMMER GOLDお一人様一回限りの特別価格でご購入できます!

 

 

 

皆さま如何お過ごしですか?

松戸の桜は早いもので、少しずつ散り始めています

 

そんな中、スズキ機工も

新型コロナウィルスの対応に苦慮しています・・・・

 

 

先月号のメルマガを執筆していた時

「オリンピック大丈夫かな・・」

「まさか延期・中止、それはないよね」

そんな会話を社員としていました

 

わずか1ケ月の間で

ヨーロッパ・アメリカの感染が

爆発的に広がり、アッと言う間に

オリンピック史上初の延期が決まり

2021年の日程まで確定しました

 

グローバリゼーション

社会的あるいは経済的なつながりが

国境を越えて地球規模で拡大したの中での

 

 

新型ウィルスのパンデミックは

日本はもちろん世界の国々も経験したことがない事です

 

この1ケ月は本当に過去の事例が参考にならないような

想定外の出来事の連続でした

 

スズキ機工のような

体力のない中小の町工場にとっては

 

 

想定外の出来事(=変化)にどのように対応するかが

死活問題になってきます

 

 

【ダーウィンの進化論】

生き残る者は強いものでも、賢いものでもない

変化に対応出来るものである

 

 

会社の壁に貼ってあるので毎日、眺めています

 

私は組織が変化に対応するために

・情報の共有

・方向性の共有

・責任の所在の共有

この共有が大事になると社員に説明しています

 

この数週間で様々な情報を共有しましたが

社員が一番心配していることは

 

自分の生活の維持についてだと思います

 

家族構成や家庭環境はそれぞれですが

子供の養育費や家のローンなど

生活するうえでお金が必要です

 

 

これだけ経済状況が変化すると

日々の仕事に取り組む前に

将来への不安が頭をよぎるのも

無理はないと思います

 

スズキ機工では顧問会計事務所の

古田土会計さんのサポートのもと月ごとに

 

上期下期賞与や広告宣伝費・減価償却費などは按分計上したうえで、それなりの精度で月次決算書を作成しています

 

 

その数字を公開し

全社員が所持している経営計画の所定の記入欄に社員自らの手で

記載させています

 

 

業績の良い月も悪い月も関係なく

そのままの数字を共有しています

 

また、この状況下ですので追加で

借入金額残高・融資を受けている金融機関の数・現預金残高など

現在の資金繰り状況も社長の私からすべて説明しました

 

中小町工場のスズキ機工の財務内容が

それほど強固なものでないことは

経営者の私が一番承知しています

 

しかし、社員にとっては財務内容が

強固であるか、脆弱であるかよりも

知らない事の方が不安になる要素が強くなると思います

 

ですので可能な限り知らないことをなくす様に情報の共有をしています

 

また、先週末には東京都の1日の新規感染者数が60名を超えました

 

緊急事態宣言がいつ出てもおかしくない

ロックダウン(都市閉鎖)の可能性もある

医療崩壊が起きる可能性がある

 

 

3密を避け、不要不急の外出を控える様に

様々なメディアが連日かなりの時間をかけて報道しています

 

このような状況下で自分の所属している組織が

どこに向かっているのか?

 

そして日々どのように行動すれば良いか?

 

ともすると、出社して仕事していること自体正しいことなのか?

 

不安になる気持ちが出るのも無理はないと思っています

 

ですので先日の全体会議では

多くの食品工場の生産ラインを支える装置や部品の設計製作

 

 

潤滑剤をはじめとするメンテナンス製品を供給している

 

私たちの仕事に不要不急でないものはないと伝えました

 

そのうえで一般に周知されている

手洗い・マスクなど衛生管理に気を付け日々の業務にいつも通り取り組もうと伝えました

 

また事業運営の中には

社員同士の強制飲み会や社員旅行の延期

 

そして毎年4月に開催していた生活介護事業所『あゆ-る』との

合同バ-ベQ大会延期など

 

 

苦渋の決断をしたものありました

 

これらの判断が本当に正しいか、否か

正直言って迷いもあります

 

ただ会社のトップが判断を下し

その考え方を社員に説明したうえで

進む方向性を共有することが

一番大切なのではないかと思います

 

もしも、状況が大きく変わり

その判断や方向性を変えることになっても

それは、やむを得ない事だとも

社員には伝えてます

 

 

そして、その決断に伴うすべての結果についての責任は

社長が負うとも伝えています

 

社員には与えられた役割に対する

実行責任を負うように伝えています

 

結果責任と実行責任

責任の所在を明確にすることが大切だと思います

 

前述したとおり

情報を可能な限り共有し

進む方向性を共有し

責任の所在を共有することが

 

迷いや不安による混乱を招かない・・

 

そして

想定外の出来事(=変化)に対応するためにも大切になると思います

 

頑張って前に進みたいです

 

それでは今週も頑張って行きましょう~オ~!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!(コロナに負けない)