THOTHタロットと釣りをこよなく愛する画家…相馬 英樹 の優雅な世界☆

伝説の釣り人・画家・点描の魔術師☆ 相馬 英樹 の、ぶっ飛び電波ワールド♪

占い・点描画・カヌーや動植物・自己分析などなど、そのとき頭の中に思い浮かんだことなどについて、独自の観察眼によって書きたい時に書きたいだけ書いて行くブログです。

テーマ:

出典:TamaeSoumaインスタグラム
 

この8をモチーフにした絵は『8についてブログを書きたいから8にちなんだ絵を描いてください。』と妻に頼まれ一晩で描き上げましたが、出来上がって4時間で、気に入ってくれた苫小牧在住のY・E様が購入して下さいました。
 

ヒデキ感激!

その日のランチは、Y・Eさんと妻と三人で近所のぼくぜんに焼肉を食べに行きました。

 

昨日の『リーディングフェス』もお陰様で大盛況に終わりました。
 

ありがとうございました😊

そして今日は、連日の疲れが溜まって眠っていたのでお昼ご飯を食べ忘れたことにより猛烈にお腹が空いたので、近所のスシローへ行って家族でディナって来ました。
 

明日は郵送の用を済ませたあと、石狩付近で海岸散歩の約束があります。

散歩帰りは東防か西防でテトラでも攻めてみようかと思ってます。
 

水曜日に天気が良ければ、夕まずめから室蘭の赤灯か崎守北防あたりに、テトラ穴釣り&ナイトロック行く予定です。

先日、室蘭赤灯防波堤でのテトラ穴釣り&ナイトロックで40センチ前後のアイナメ5匹と30センチ前後の子持ちガヤ23匹を釣りました。

詳細記事:

大物狙いで穴釣り時々ロックフィッシュ in 苫小牧と室蘭のテトラ帯


なので今回は50センチオーバー狙いでタモ担いでテトラ帯を歩き回る予定です♪
 

室蘭、場所によりますが、60センチ越えのマツカワやクロガシラカレイも結構釣れてるみたいです。

おさかな釣りまくりたい人は、ライフジャケット・ヘッドランプ・釣り具持って室蘭で会いましょう

疲れたら近場で酒盛り+車中泊してテトラ二日目突入です♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が最近ハマって居る釣り方は、自作ブラーを使ったワームや虫餌での穴釣りです。

私は、こうしてブログで釣りについての記事を書いたり、フェイスブックで釣れた魚の写真をUPしたりている為か、私を知る多くの人から、釣りのことを色々と知ってる人なのだろうと思われているらしく、取引のある人から釣りにまつわる質問を受けたり、イベント仲間やその他知人の中には『釣り名人』『釣り仙人』『伝説の釣り人』などという突発的な仇名を付ける人も居り、完全に『釣りのことなら相馬英樹』というポジションが一人歩きしてしまっている次第です。

 

しかしながら恐縮ですが、実はまだ釣りを始めてから、一年と数ヶ月位しか経って居らず、『釣り○○』といった呼ばれ方をする度に、どうにも申し訳ないような気恥ずかしいような感じがするわけです。

なので、ここで一つだけはっきり言って置きます。

知識にしろキャスティングの正確性にしろ飛距離にしろ、私の釣りは全てに於いて標準以下であり、邪道であるということです。

使用タックルは、父が天国へと旅立つ際に遺して行った30年以上も前の安価なものばかりであるし、恐らく姿勢も客観的に見たらヤバいことになっているのではないかと思われます。

坊主『釣りに出かけたにも拘らず一匹も釣れない』ということは殆どありませんが、それは、釣りに出かける際はとりあえず色々なタックルを車に積んで行って、最初に狙った対象魚や釣り方がその日駄目なら、対象魚・ポイント・釣り方・タックルを変えて、その日その時間に釣れる魚を釣るという逃げ場を常に準備してあるからです。

また、『釣れないと思われる時は釣り場に出掛けない』ということと、それでも釣りのことが頭から離れない場合は、メタルジグミノーをはじめ、ワーム用のシンカーやジグヘッド、ブラー・ブラクリなどといった仕掛けを大量に作っていました。

ここで本題
5月19日、苫小牧西港菱中造船所付近テトラポットでの釣果。
この他にも小さなガヤや巨大なフサギンポ&イソアイナメ(※名前の中にアイナメと付くがアイナメとは全く異なる種類)なども多数釣れましたが、15センチ以下のものとソイ・メバル・アイナメの類に属さないものは全てリリースしました。

3枚におろしアニサキスチェック後、刺身にしました。

『もっとファイトのある大型の魚を釣ってみたい!』

タックルと寝袋を愛車に積み込み、先日穴釣りで好釣果を上げた南防波堤へ。

まずは4gの自作ブラーに青イソメを付けて行き当たりばったりの穴にフォールさせます。

 

5メートルも入ったでしょうか…浅いな。

着底したのを確認しフヮッと2センチ位だけブラーを浮き上がらせます。

…ゴンッ!

室蘭に着いて一投目を投入してからここまでおよそ20秒。

41センチのアイナメです。

穴釣りで40センチオーバーは先月苫小牧で釣ったクロソイ以来です。

 

その後も色んなサイズの色んな魚が入れ食いです。


上のアイナメ以外に開始20分で

キープサイズ4匹追加。

 

一時間後には


更に9匹追加です。

 

ここでテトラに擦れたダイソー2号のラインが切れて一旦終了。

釣れた魚を捌いてから市街地へ出て氷を仕入れ、クーラーに詰め込みます。

それにしても何だか…

 

風邪を引いてしまったようです。

少しく寝よう。

夜、南防波堤の基部付近に止めた車の中で寝袋に包まっていると、ナイトロックの人たちが続々とやってきました。

 

結構本当に具合が悪いですが、防波堤の向こうにどんどんと人が入って行くのを見ていると、居ても立っても居られなくなりました。

 

ヘッドランプを点け、白いシャッドテールワームをチョン掛けした自作2グラムブラー(6号チヌ針をセットしたもの)を、ダイソー1.5号ハリス用の60メーター巻きナイロンラインに括り付け、okumaの2000番スピニングリールを取り付けた全長110センチほどの拾い部品寄せ集めロッドというトンデモタックルを握り締め、再びテトラを跨いで水際へ。

目測で40メートルも飛んだだろうか。

 

ベールをニュートラルにした状態のまま人差し指でラインをサミングして着底までラインテンションを一定に保ち、着底したらベールを倒しチョンチョンと2回小刻みにシャクったあと、やはり軽くラインテンションを保ったままフォールさせる。

コンッ

!?

コンッ

ゴンッ!

 

ゴゴンッ!

!!!!

我ながらスルドいフッキングであった。

が、走る!

 

ガヤやクロソイではなくアイナメの引きだということは解るのですが、日中のそれとは明らかに異なるパワーと暴れ方である。

 

もう少しドラグを緩めようと試みるも、ヤバいことに気付く。

 

60メートルのラインは既に出切って結び目が引っ張られた状態。

だましだまし本当にゆっくりと一回転ずつ丁寧にラインを巻き取って行く。


巻き取りながら、今までは感じたことが全くなかったこのリール『okuma』のクオリティーの低さを認識する。

 

ハンドルを一回転させる毎にボディーがギシギシと激しく軋んだような音を立て、何よりハンドルが回転方向に対して真っ直ぐの姿勢を保てて居ない。

 

 

問題はそれだけではない。

 

この魚が1.5号のダイソーナイロンで抜き上げられるサイズなのか…

これだけのことを書いておきながら、時間的には40秒位の苦闘の末

仄暗い水の底から出て来てくれたのは…40センチ程度のアイナメです。

 

ワームでの底釣りでマトモなサイズの魚が釣れたのは今回が初めてです。

 

ここまでの写真は、当日フェイスブックに投稿及び保存しておいたものです。


この日はこれで釣りをするのはやめて、車に戻って朝まで眠りました。

 

朝になって尻ポケットの中に入れてあったスマホが完全に壊れてしまっていた為、写真をとることが出来ませんでしたが、30センチ前後のガヤ10匹、36センチのアイナメ一匹を追加後、自宅に帰る途中で日頃から点描画講座などで場所を使わせていただいている苫小牧のさくらぎ笑楽好へ行き、ガヤを十数匹、置いてきました。

写真は好調の中泉氏が撮ってくれました。

 

さくらぎ名物のワンコイン貞子さんランチを頂いて札幌へ帰りました。

 

 

札幌に着いてもスマホが再び目を覚ますことはなく、妻が以前使っていたスマホにチップを差し替えました。

 

それでは今日はこの辺で。

 

良い毎日をお過ごしください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、私が自分の為に考えてやってみたブラーの作り方だけ簡潔にご紹介します。

①要らなくなった鉛などを適当な大きさにカットする。
 
②ドリルで穴が開けやすい形になるまでハンマーなどで形を整える。
 
③万力に挟み、こまめに潤滑油を差しながら、ドリルで孔を開ける。
 
④孔に市販のスナップ付きスイベルを付けたステンレスワイヤーを通す。
 
⑤短冊状になるまでハンマーで叩き
 
 
⑥余分な鉛をハサミなどでカットする。
 
 
⑦手やペンチなどを使って、形をブラー型に整える。
 
⑧表裏全体にアルミテープを貼り着けると
こんな感じになります。
 

ハリスにビーズを通した釣り針を
⑨スナップ付きスイベルと反対側の輪に縛り付ければ
ブラー原型の完成です。

ここまでの所要時間は、ざっと3~5分といったところです。
 

⑩あとは、そのままでも使えるし、好みの塗料やウレタンコートなどで補強するのもいいね。
 
※素手でやったら鉛の粉が付いたり怪我をするといけないので、ちゃんと手袋つけて作ってね。
 
好みの形、釣り場の条件に合った重さのブラーを作って釣り場に出掛けよう。
 
良い魚に出会えるといいね
 
あ。
私のTHOTHタロットセラピーが

北竜町道の駅で

5月13日14日

受けられます。

 

10時から18時開催されます。

 

遊びに来てね💕

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

釣り生活を始めて1年半になります。


釣りをしようと思ったのは、父親の遺していった大量の釣り具が、なかなかカッコよく見えたことが切っ掛けでした。

 

釣りのことなど何も知らない上、なぜかネットで調べたり人に頼んで教えてもらおうという知恵が働かなかった私は、

 

短い釣り竿と小さなリールを使って釣りをすれば、小魚が釣れる。
長い釣り竿と重いリールを使えば、大物が掛かる。


このように道具と釣れる魚のサイズを比例付けて捉えており

 

頑なに

『そうに決まっている』という確信と

『そんな解りきっていることを調べたり人に訊いたりするまでもない。』

 

『これだけ解っていればあとは何とかなる』という思いがあった。


たとえば

 

一番長い磯竿に8000番のバカでかい戦車のような鉄のリールをセットし

14号のぶっとい糸に合わせて14号の針が沢山付いたソウハチ用のサビキに太目のゴカイを付け、30号の錘を付けて支笏湖で投げ釣りをすれば、大きなヒメマスが沢山釣れる筈だと信じていた。。

 

リールの使い方も解らずに挑んだため、ロックを解除せぬまま5.7メートルの磯竿でホームランを打つかの如く勢いで、30号のシンカーを振ったわけです。

 

結果、

 

バッキリと竿が折れたと同時に私の心もバッキリ折れ

 

ガイドが砕けると同時に夢も砕け

 

ゴカイが千切れて吹っ飛ぶと同時に、『道具が古いからこうなるのだろう』という、大きなゴカイをするに至ったのである。



今となって思えば、何故あんなバカなことをしたのかと思うが

 

ゴカイに至ると同時に、

 

『きっと私には釣りは合っていない』という悟りが芽生え

 

『釣りなんか、くだらない』

 

『やめよう』

 

と心に誓ったのであった。

 

 

 

つづく


 

5月13日14日 10時から18時

北竜町道の駅で私、相馬英樹

イベント出店してます(^^)

 

THOTHタロットセラピー

夢や悩みに神秘性の高いTHOTHタロット

を使い、夢を引き寄せ、悩みは解消への

プロセスを引き寄せる魔術です。

20分 2000えん〜

 

 

 

札幌での鑑定はお家サロンにて承ります。

メニュー

☆THOTHタロットセラピー 

☆アロマタッチ&チネイザン(腸セラピー)

☆リーディング&チャネリング講座(全18回)通信のみ

☆THOTHタロット勉強会

☆ボールペンで描ける点描画講座

 

連絡先 08094690358 (相馬)

 

霊障のご相談も合わせて承ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、午後から小樽で釣りをした。

細かい場所は言えないが、
地元の人なら写真の一部から解るはずだ。



平日水曜だというのに岸壁は完璧に埋まっているが、

朝から居たという釣り人に訊くと誰一人として何も釣って居ないという。



釣らぬなら 釣って見せよう アニサキス …
などと頭の中で下らないことを考えながら、



一人でのんびり出来そうな釣り座を確保しようかと思い始めるのだが、
完璧に埋まった岸壁を今一度見渡すと、
私と同じように岸壁を見渡し、諦めて帰って行く人が見える。



あ!廃船と廃船の隙間があいてる!



そこで廃船の上で整備作業のような感じのことをしてる人に断った上で、
廃船の隙間に釣り座を確保した。

そこでひとつ、私には気がかりな事があった。


20メートルほど離れてはいるが、

隣の釣り座で釣りをしてる人が自分自身のために車の窓を全開にして、
カーステレオから釣り座に向け、結構な音量で音楽を自分に聴かせて居る。



主がちゃらちゃらした若者であれば
場所を移動して心を静めるか
『ヘッドホンで聴いてくれませんかね。』と相談しに行くかしていたかも知れないが、


主は私の父親と同じぐらいの年代だろう。
ちゃらちゃらしていたのはずっと昔のこと。


聞こえてくるサウンドは、赤い鳥、カルメンマキ、ガロ、ジャックスなど、
今をときめかない、懐かしのサブカルフォーク・ロックで、
この日釣りに出掛けなければ一生海辺で聴く機会はなかったであろう曲たち。

主の風貌も、
あの頃からずっと同じ服を着たまま老いてしまった
『過去の人』であることを象徴するかのような出で立ちなのである。
 

千年に一度あるかないかの突然変異的惑星間の座標アルゴリズムの混沌が織り成す、奇跡的な、出来過ぎたシチュエーション。

私は、挨拶がてら、『私はこの曲が好きです。』とだけ言って
自分の釣り座に戻ってきた。



ヒッピーとは反対隣に釣り座を構えているのは旧公務員風の堅そうな老人であるが、
僕が着いてまもなく、この日のこの埠頭初の釣果『クロガシラ40センチ越え』をあげた。

先は越されたが、居るには居ることがわかった。


二号の埠頭釣果は小さくて恐縮だが
私が『シマゾイ23センチ』を釣った。





そして
こんなものや

こんなもの『クリガニ』まで釣れた。

いわゆる邪道である。

測っては居ないし種類も違うが、市場やスーパーで売られている一般的な毛ガニに比べると大高も厚く、はるかに大きい。


クリガニに関しては、密漁になるかも解らないので、埠頭に居た海上保安庁の人にも確認したうえでバケツに入れて持ち帰った。



私が小学校に入学したての春、父と石狩川の河口付近にモズクガニを釣りに行ったことがある。

釣りといっても針ではなく、鮭の頭をタコ糸でぐるぐる巻きにしたものを糸にくくりつけて投げ竿で投げる、というものだ。

暫く放置して置いてから、
頃合いを勘で見計らって引き上げると

急に動き出した鮭の頭を『離すものか!』と、感情的になって強く抱きしめるのであろう。

時には5~6匹のモズクガニがしがみ付いて釣れてくるのだ。



そのときに『クリガニも混じってるから、今日はカニが食べれるな~』と父が言っていたのを思い出した。

釣ってきて、『処理が面倒!』と母に怒られ、
嬉しくて吼えたことにより、飼い主にぶっ叩かれたときの、柴犬のような顔をして、
モズクガニを洗っていたのは覚えている。


恐らく40年ぶりのクリガニ料理である。、

まだ元気に暴れているクリガニを
たわしでよく洗ってから
輪ゴムで緊縛して、塩茹でするだけだが

塩加減と湯で時間の目安だけでも確認して
最高の状態で食べたいのだ。


茹で上がると
形こそ違いはするが、まるで毛ガニのようだ。
茹でると、前脚の爪の先が青黒くなるのが特徴のようだ。
フンドシの形状からオスであることが解る。



実がぎっしり詰まっていて旨そうなので、食べてみる。
う…
 
うまいっ!

うますぎる!



念願の蟹ミソも…
あまりの興奮のため
分けの解らないたとえになってしまって恐縮だが…

何だか、かねさ味噌の様に、ぎっしりと詰まっている。


邪道ガニを食った話、以上だ。




明日は旭川のcocodeという市民活動するところで、生命保険会社主催のイベントに呼んで頂いているので、釣りではなく、タロット占いを堪能しようと思っている。


週末の4月15日と16日は、愛別総合センターで開催されている恒例の『晴れるやinあいべつ』でタロットを堪能する予定。

愛別といえば私の大好物である、きのこの名産地。

きのこを買いにくるついでにでも、会いに来て欲しい。


では、みんなも、面白楽しい一日を!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
 
北海道もじわじわと雪が解けはじめ、陽気の暖かい日などに至りましては、軒先でタイヤ交換をする姿もちらほらと見受けられる季節が、例年に引き続きやって参りました今日この頃でございます。

そんな昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか

さて、先ずはいつも通り、事の始めにご挨拶をさせて頂くこととしましょう。
 
私はといいますと、伝説のスーパースター…もとい伝説の釣り人…もとい…伝説の魔術師として名声上昇中の点描画家、
 
是、即ち相馬英樹という名の神様にございまするでありまするぞ。
 
 
今週は久々に室蘭へと釣りをしに出かけて来たのであるから、先ずはそのときの事から此処に書き記そうかと思うぞ。
 
時を遡ること一年前、幾度となく好釣果をあげた記憶を辿り、大物の予感に夢を抱きつつ釣り場に到着したまでは良いのでありまするが、

待てど暮らせど…
 
大物はおろか邪道小物の類さえも一向に釣れる前触れもなく、
 
幾度となく挫折の陽射しを浴びつ、釣り場の移動を繰り返すことと相成りまして、
 
 
真に以って面目ない有様。

きっと先ほどは潮の頃合いが合わなかったのかもしれないなどと心の奥深くに泣き言を重ねる度にまた幾度となく釣り場を移動したのでございました。
 
 
そうして、釣り人の息吹を感じてたまたま辿り着いた崎守という埠頭の西側に所在する防波堤。
 
後に訊いたところによれば、その名も西防波堤というストレートな名称なのだそうでございまする。


居所を変えては変え、幾箇所と重ねつねり歩けども

ただの一度も釣果を上げている釣り人に会うことの出来ない今日にして

期待は禁物。
 
 
まずは提に立つ釣り人に挨拶がてらインタヴューをしてから具合が良いようであれば釣りを始めるのもまた誉うと、お世辞にも足場が良いとはいえぬ防波堤の上段を手ぶらで闊歩する私なのでございました。
 
 
するなれば基部から最も近くに在りて釣り座を構える老人がやけに気に掛かったわけでございまするので、
 
『どれどれ、お主は何をターゲットに釣りをしており、今日の釣果はどのようなものじゃ。』

というような内容の言葉を現代口語に変換したような感じの言語を駆使して尋ねたところ、

『ははぁ神様、今日は私、ガヤなどを狙いに防波堤へ来たわけでございまして、たった今も釣れたばかりでございます。』

というような内容の言葉を面倒臭い現代口語に変換したような感じの言語を駆使して説明し始めたのでございます。
 
 
そのインタヴューの最中に『おっ!』というような内容の感嘆句を発したかと思えば
 
狙いのガヤではないものの
 
私の目前で少なく見積もったとしても50センチはあろうかというアイナメを見事に釣り上げて見せるという実演をやってのけたのでございました。


今更ではございますが、この様な口調で最後までこの文章を書き続けていては流石伝説のスーパースター…もとい伝説の釣り人…もとい…伝説の魔術師として名声上昇中の点描画家である私という神様であっても尚、すっかりとクタビレ果ててしまうのでございます。


なので此処から先これまでの口調をやめ、現代口語に変換したような感じの言語を駆使して書いていきたいと思います。
 
 
そんなわけで釣れている人が一人でも居ると解ったからには伝説の釣り人としての血が騒がずには居られません。

心の中では冷静さをすっかり失っていましたが、せめて周囲からは落ち着いた足取りに見える風を装ってクルマに戻って道具を抱え、釣り座を確保したのでした。


結論として坊主ではありました。


結論として坊主ではありましたが、疲れ果て、夕陽の沈み行く白鳥大橋を往復して敗れたハートと一日の疲れを夕陽とともに沈めてから、ゆっくりと帰路に就いたのでした。

おわり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は息子の卒業式に出席したのでした。

スーツを着ただけでコスプレみたいになってしまうという噂の僕が、スーツを着るという、きわめて稀な社会現象が起こったのです。

そんなことはさておき…

久々に投稿する記事で『春ですね』などという季節感漂う思わせ振りなタイトルをつけておきながら、その内容の要点がイベント出店情報で恐縮です。

こういう宣伝行為自体が、客観的に見てあまり好きではない事もあり、実は最近もイベント出店していながらも、全出店件数の半分もお知らせできていないのが現状です。
 
さて、肝心のイベント出店の件ですが、本日3月18日(土曜日)19日(日曜日)は北海道士別市大通東16丁目3143に所在する『西條 士別店』の一階広場で開催中のイベント『ナチュラルマルシェ』にてTHOTHタロットによる占い&セラピーで出店します。
 
こちらは、僕がペンで描いた点描画やPCで描いたグラフィックなども展示させていただく予定です。

時間は朝10:00から夕方18:00までです。


翌20日(月曜日)と21日(火曜日)は、北海道雨竜郡北竜町字板谷163番地の2に所在する、道の駅『サンフラワー北竜』で開催される『りりぃイベント』にて、同じくTHOTHタロットによる占い&セラピーで出店します。

両イベントとも、ひょっこり遊びに来てくれたりなんかしちゃった場合、とても嬉しく思うんじゃないかと思うような気がするような気分だと思っちゃったりなんかするかもしれないんじゃないかと思います。

イベントに来られるかたも
今回は訳あって来られないかたも

皆様にとって、美しく愉快な日々が積み重ねられますことを心よりお祈りします。
 
ではまた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私はコーヒーが好きで、

多いときだと日に10杯前後

その日によって異なるが、

少なくとも4杯は飲む。



最近は

コンビニでも淹れたてを飲むことが出来る様になったので、

出先に居る場合などは外で飲むこともあるが、

大抵は家で飲むことの方が多い。



特に、朝10時位にコーヒーを飲むとき

私は甘いものが欲しくなる。

マドレーヌやバウムクーヘン、

スウィートポテトやベイクドチーズケーキ、

モンブラン、マフィン。



そういった私の好物が、

常に自宅にストックしてあるかというと、

かと言ってそうではなく、

クリスマスや家族の誕生日翌日でもない限り、

家にそういうものはない。



なのでクラッカーやバゲットに、

Kiriのクリームチーズを載せ、

ハチミツをかけて食べる。



クラッカーなどの載せものはない場合もあるが、

数種類のハチミツと、Kiri のチーズだけは

常備してある。最近、私はハチミツに拘るようになった。



以前は、

そんなにハチミツに拘りはなかった。



そうなったきっかけは、

ある日の事だ。



いつものように

クラッカーにクリームチーズを載せ、

ハチミツをかけようとした瞬間、

『ちょっと待った!』と

妻が言う。



『そうやって食べるのなら、こっちのハチミツの方が美味いよ。』と。



気付けば幸いなことに、

家には何種類ものハチミツがある。



私が気付かぬ間に、

いつのまにか妻は、

ハチミツにうるさい女になっていたのだ。



今では私も


使用用途に最も適したハチミツがあるということが解るようになり果ててしまった。



クリームチーズも、

以前はフィラデルフィアで充分だったのだが、

今ではKiriしか買わなくなった。



そんな訳で今日、

あなたがもし、

クラッカーとKiriの組み合わせに

ハチミツを添えようというのであれば、



百花ハチミツ

出来ればヨーロッパ産の有機ハチミツで

非加熱のものを買ってきて

試してみて欲しい。



もし

あなたがいつもそうしている人であったり

更に美味しいハチミツを知っているのであれば

私はあなたに、ただ一つの願いを請う。

こっそり

教えて欲しい。



この日記は、これでおしまい。



今日があなた方にとって

そして、

私にとって

良い一日であることと



みんなが出来る限り、

健康で爽やかな日であることを

私は祈っている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、私は相馬英樹という名の神様である。


今日は面白い形のミノーを色々と(合計20個)作ってみたので、釣り好きなおっさんやチビっこ達、そして特にうら若き釣りガールに向けて、一部紹介しようと思うぞ。

いきなり本題に入ってしまっては恐縮だが…

思考に執着するのは神様としてどうなのか、と今は思うので、いきなり本題に入らせてもらう。

今回使用したものは、


・ナス型シンカー(2号/ホームセンター)
・シモリウキ(釣具店)
・ステンレスワイヤー(0.9mm/φ百円ショップ)
・石粉粘土(百円ショップ)
・発泡スポンジ粘土(百円ショップ)
・耐水ペーパー(百円ショップ)
・瞬間接着剤(百円ショップ)
・台所補修用アルミテープ(百円ショップ)
・台所水きりネット(百円ショップ)
・ホログラムシート(百円ショップ)
・ルアー作成用目玉シール(釣具店)

・接着剤(百円ショップ)
・マニキュア(百円ショップ)
・マニキュアトップコート(百円ショップ)

以上がミノー本体の部材となる。

作成手順は以下のとおりである。(写真がない部分は図で説明します。)

① シンカー・補助浮力体を作る。
①-① ナス型シンカーを、ハンマーで叩き潰してから、耐水ペーパーなどで研磨加工する。

①-② 発泡粘土で適当な大きさの補助浮力体をつくる。※形は左右対称であれば適当でよい。
 (発泡粘土は『水に浮く粘土』というような名前で、百円ショップなどで売っています。)

② ステンレスワイヤーで骨組みを作る。

 

③ ①で作ったシンカーと浮力体(シモリウキ・あらかじめ形成・乾燥させておいた発泡粘土)を、シンカー穴や瞬間接着剤を使ってワイヤーに接着固定する。



④ 左右と前後、目測でフォール時に掛かる重心の位置などのバランスを考慮しながら石粉粘土で周囲を覆って行く。

⑤ おおかたの形成を終えたら、少なくとも一晩以上、暖房器具の傍など暖かく湿気の少ない場所で乾燥させる。
 完全に乾燥したら、耐水ペーパーなどで軽く手直し&仕上げ形成し、粘土の表面から内側に浸透させるように瞬間接着剤を塗布する。

⑥ 粘土がカチンコチンに固まったら、まずはアルミテープをボディー全体に貼り、丸箸やヘラなど、出来るだけ角がなく滑らかな棒などものを使って表面を慣らす。


⑦ ホログラムシールを、適当な形状・形に切り整えて貼り付ける。

⑧ ウロコ模様を演出するため、台所用の水きりネットを適当な形状に切り揃えて貼り付ける。

 

⑨ 好みの位置に、目玉シールを貼り付ける。


⑩ マニキュアやトップコートで仕上げて完成。

ところで、この写真…なんか変じゃね。

わかる~?


答えは、道糸を結ぶスナップと目玉シールの向きは同じになるはずですが、このルアーは目玉シールがスナップとは反対側に付いています。


つまりこのルアーは頭を後ろ側にして尻尾側に向かって泳ぐという、斬新なデザインなのだぞ。

名づけて…時代に逆行する『レトログレード1』とでも名づけてしまおう。


実は、浴槽で実際に泳がせてみたところ、めちゃくちゃ安定しているぞ。

正方向に引いた場合の泳ぎも決して悪くはないのですが、試しに逆方向に引いてみたところ、安定は正方向と同じままに、これまで見たこともない様な面白い動きをすることが判明したのだぞ。

いつものように、魚の思考にアクセスした私の率直な感想…『これは釣れる動きだぞ。』

しかも面白いので、あえて目玉シールを付け直すことはせず、このデザインのまま量産して『レトログレード1』として30~40センチ前後の中層魚狙いの際に釣り場に連れて行ってみることにしたぞ。


飽くまでも肴の気持ちがわかるルアーフィッシングに関しては全くの初心者である私が作ったものですが、神様として、伝説の魔術師として、釣果に関しては何故か根拠のない自信があるぞ。

・ このルアーを売って欲しい。
・ このルアーを使ってみたい。
・ こんなルアーを作ってみて欲しい。
・ 作りかたを詳しく教えてほしい。

などなどの疑問がある場合、みんなの神様、みんなの相馬英樹。

出来るときに出来る限り相談に乗るぞ。

俺が出来るとき出来る形でしか対応しないのだから、軽い気持ちで相談すれば善いかと思うぞ。

 

また、直接会って話したいという者がいたら善い情報があるぞ!

明後日(金曜日)から明々後日(土曜日)までの二日間、このようなイベントで出展してるぞ!

詳細は→こちら←別ウィンドウで開くぞ。)
 

あまり長くなってしまっては時間軸を旅するお前達の貴重な時間を奪ってしまいかねないので、続きは(その2)を書きたいと思ったときにでも書くぞ。


そんな訳で今日はこの辺で失礼するぞ。


では、お前達のより豊かな明日を応援しているぞ。





ばいP。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何ということだ!

明後日1月13日(金曜日)~翌1月14日(土曜日)、北竜町サンフラワーパーク北竜温泉2Fで開催されるリリィイベントに出展という予定が入って居るではないか!

 

あの温泉直通の道の駅ではないか!!

 

THOTHを使った占いセラピーの他にも、気が向いたら点描やグルーガンアートのプチワークショップなんかもやるかも知れないではないか!

 

ほかにも色んな出展者が居て、ワークショップや雑貨・服飾などもあるというではないか!

 

冬休み特別企画イベントということは、もしかすると子連れでも、ぼっちでも、例外なく楽しんで貰えるようなカラクリを仕込んであるのではないか!?

 

北海道に棲息する人間というのは、みんな冬になると冬眠してるのではないか?

 

…と思うほど、活性が下る様でヤんなっちゃうではないか。

 

そんな冬こそ熱く元気善く愉しみ尽くそうではないか!

 

まずは北竜で会おうではないか♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。